下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

アルコール依存症

神田 松榮亭

アルコール依存症
今日は「AC(Adult Children )」です。
実は私、正真正銘の「AC」であります。
アダルトチルドレン(Adult Children)とは、「機能不全家庭で育ったことにより、成人してもなお内心的なトラウマを持つ」という人のことを指します。
幼少期から青年期までの私が傷ついた件(くだり)は、思い出したくもなく、多分書けばその当時のみじめさに押しつぶされてしまい筆がすすまなくなりますので敢えて割愛します。

2010年5月、WHOは全世界でアルコール有害使用を減らす取り組みを行うことを決議しました。
WHOの「タバコ」に続く取り組みです。確かにタバコは健康被害のトップです。
アルコールは三番目です。しかし・・・です。
タバコで、交通事故は起こりません! 
タバコで、家庭暴力は起こりません! 
タバコで、児童虐待は起こりません! 
タバコで、家庭崩壊は起こりません!
タバコは、次の世代に生き辛さをもたらすことはありません! 
タバコには、家族の嗚咽(おえつ)はありません!
タバコには、涙の出るような家族の長い長い長い回復の努力は必要ありません!
ということでタバコと違って酒害が及ぼす影響は根深いのです。

私が年に一回訪れる人間ドックはアルコール依存症対策のクリニックでもあり、その関係の書物が診察室においてあります。たまさかドックの待ち時間に自分には関係ないや的風情でパラパラとページをめくりながら読んでいますと、本当にアルコール依存症を家族にもつと大変だなぁ、とあらためて実感したのでした。
特に腹オチしたのは、アルコール依存症の人を持つ家族の多くは、飲まない時はとても良い人だからという擦り替えにより、アルコール依存症の人を容認し、かばい、支えてしまう、という件(くだり)でした。
まさに我が一家の事を見ていたのか!と思わずつっこみたくなってしまいました。
さら〜にこういった機能不全家族で成長した子どもが感じているのは、「両親に様々な面で束縛され続けている」といったトラウマの記憶の継続なのです。
親が情緒的な問題や依存症の病気を抱えていたが為に、子どもは親の身勝手な振る舞いや暴力に振り回されてしまい、自分自身の人生を自由に自立して生きることが出来ないという観念に縛られてしまっているそうなのです。
一方親から過大な期待を掛けられて過保護に育てられた人は、「親の期待に沿った生き方をしなければならない」という強迫的な観念に束縛されて窮屈な気持ちになって萎縮してしまうそうなのです。

ちなみにACにはさまざまなタイプがあるそうですが、自分に当てはまるタイプがあったので記してみます。

※マスコット(ピエロ、クラウン、道化師):おどけた仮面を被って不安を隠してきたタイプ」です。
外面: 過度にかわいく子どもっぽい、家族の笑いと関心の対象
内面: 自己評価が低い、恐れ、孤独、無力感言動 - ふざけ、ユーモア
弱点: ひょうきん、ストレス処理が下手、いつもヒステリー寸前
長所: 人あたりがいい、良き友人となる、頭の回転が速い、ユーモアのセンスがある、有能

※ヒーロー:家族の期待を一身に背負ったタイプ
外面: 小さな親、小さな大人、生真面目、努力家
内面: - 心の傷、不適応感、罪悪感、過剰な自尊心言動 - 他者に自分の評価を押し付けて尊敬を得ようとする
弱点 :仕事依存、依存的な人と結婚、人を支配し操作、完全主義
長所 : 自身の失敗を許容しない、自己に厳しく他人にも厳しい、管理職の適性有り

私の性格は上述の「マスコット」と「ヒーロー」で構成されていたのでした。実はこのフリネタを書くまで、自分の性格がACを体験したがために醸成されたとはユメユメにも思っていませんでした。
どうやら私のイビツな性格の外輪はACなるがゆえにできたようです。
それならば、つらいときは、「つらい」と言ってもよかったのですね。
周囲の緊張にいつも自分が責任をもつ必要はなかったのですね。
あらゆることを完璧にこなす必要はなかったのですね。
自分も人も能力や努力だけで評価してはいけないかったのですね。
ホッと息抜きできる時間を持っても良かったのですね。
なんだか書いて嫌になってきました。
決心しました、今日から考え方を変える努力をしましょう。
多分無理でしょう?
始めてです自分のフリネタでここまで落ち込んでしまったのは・・・
こんな日もあります。


日本人なら会話の最中に相づちがないと不安になりますよね?


IMG_1408
今日は夕方の淡路町に出没です。

IMG_1409
若い頃停止線オーバーで捕まった事があります。
従いまして、このような違反行為には強い憤りを感じます。

今日のお店は夏目漱石が常連だったという都市伝説のある老舗の洋食店です。
ということで今日のお店は「松榮亭」さんです。

住所: 都千代田区神田淡路町2-8
電話:03-3251-5511
定休日:日曜日・祝日

IMG_1410
お店の外観です。

IMG_1415

IMG_1414
店内の雰囲気です。

IMG_1413
メニューです。

今日のオーダー「オムライス」@900円です。
広い店内は19時前だというのにお客は一組だけです。
乾いた空気が店内を濃密に支配しています。
座って5分待ちましたが、水さえ出てきません。
後1分待って案内がなければお店を出ようと思っていましたら、ガタイのよいシェフがのそっと水の入ったコップを持ってでてきました。
何にします、って言われたので、「何にします」って言われたって、そもそもメニューがないじゃない、ていうかないよね、それならあなたが水と一緒にメニューを持ってくるべきじゃないの、とブツブツつぶやいていたら、どうやら前方の壁に貼ってあるのがメニューらしくて、そこから選べよ、みたいな感じでした。
黒い幕に切っ先の鋭いナイフをすっと走らせたような痛みが心の中におこりました。
一体全体なんなんだこの店は・・・
目が良くないので、その壁に貼ってあるメニューを見るために立ちあがったのです。
しか〜し体はまったく別の行動をしていました。
気がつけばそのシェフの方に向かって歩いて行き鋭い視線をぶつけたのです。
それを受けてシェフも鋭い視線で返したので、数秒間お互い対峙したままでした。
さすがに大相撲の仕切りをしにきたのではないよな、と思い直して一言「オムライス」とボソッっと言い放ち席に戻ったのです。

IMG_1416

IMG_1417
待つこと4分「オムライス」の到着です。
見た目昭和のオムライスです。
玉子は今風のトロトロ風ではありません。
それでは実食です。
玉子は見た目通りの味です。
ライスはベチャコライスです。
鶏肉が数える程度入っています。
最初は特筆するものはなかったのですが、後半味がなじんできたみたいで、がぜん美味しくなったのです。
ちょっと不思議です。
神田ですからコスパはまずまずです。
睨みあいのお好きな大相撲ファンの方にお勧めのお店です、ちがうか・・・

それでは(^_-)


小川町 魚然

今日は「熟睡  好(ハウ)」です。
半年間治らなかった頑固な不眠の患者さんが、生活習慣の改善だけで、不眠が治りました。

以前、外来に通院していたAさんという40代の男性がいました。

とにかく、夜眠れない。2、3時間も眠れるかどうかわからない。疲れもとれないし、仕事にも支障が出ているということで、睡眠薬の調整を始めました。

睡眠薬を2錠出しても眠れず、4錠に増やしても眠れず、精神安定剤と合わせて6錠処方しても、まだ「ほとんど眠れない」と言うのです。

半年以上も外来で治療しましたが、全く良くなりません。

私は、飲酒による不眠を疑い、Aさんに「お酒を飲んでいませんか?」と質問しましたが、飲んでいません」という答えでした。ここまで頑固な不眠症は私もみたことがありませんでしたので、入院して治療することしました。

そうすると、驚くべきことに、入院してたった1週間ほどでぐっすりと眠れるようになったのです。

薬もドンドン減らしていき、1錠まで減らしてもぐっすりと眠ることができました。どうみてもおかしいです。通常は、こんなことはありえません。

私はAさんにもう一度尋ねました。「家にいたとき、お酒を飲んでいませんでしたか? 怒りませんから、隠さず教えてください」。Aさんは言いました。「実は、毎日お酒を飲んでいました」。

毎日お酒を飲んでいたAさんは、睡眠薬と安定剤を6錠飲んでも眠れない程の重症な不眠症に陥りましたが、それが入院してお酒をやめただけで、スッキリと改善したのです。

恐ろしいですね。このように、お酒は、不眠症の重大な原因となります。なので、不眠症を治したければ、まずお酒をやめてください。

追伸 この文章は、『精神科医が教えるぐっすり眠れる12の法則』より、1項目まるまる引用させていただきました。

この本では、12の生活習慣を改善するだけであなたの不眠を改善する方法が書かれています。「お酒」もその中の重要な項目です。

「眠れない」と悩んでいる方は、まずお酒をやめる。それで効果がない場合は、その他、「11個」の睡眠に悪い生活習慣を改善していけば、必ず今よりぐっすりと眠れるはずです。
「精神科医 樺沢紫苑」FBより転載


不眠症
でしょう(笑)
お酒は睡眠によくないのです。
たしかお酒には導眠作用はあるのですが、お酒に頼った睡眠の質はよくないのです。
後数週間で停酒2年を迎えます。
停酒して良かった事は巨万(ごまん)とありますが、一番良かった事は睡眠の質が改善したことでしょう。
多分ですよ、私は多飲によりアルコール依存症になっていて、睡眠障害になっていたと思います。
従いまして飲酒なしでの睡眠はかなり難しいものがありました。
その為に睡眠の質は劣悪だったと思います。
それが停酒してからというもの睡眠の質は極端によくなりました。
いわゆる、ぐっすりと寝たな、と実感した日は数えきれないくらいあります。
これはまごう事なき事実であります。
その為に寝起きからすぐにfull slotで働けます。
正しくもうせば低血圧ですので、full slot状態は午後からですが、それを差し引いてもかなりの気質的改善は、はかれています。

日本人の5人に1人は不眠症と言われています。「寝付きが悪い」「グッスリと寝られない」「すぐに目が覚める」「昼夜逆転生活になっている」など睡眠に関する悩みを持っている人は、たくさんいるはずです。
「睡眠」は、健康の基本です。「睡眠」は心と身体が回復する仕組みそのものです。
きちんと睡眠がとれていれば、肉体的な疲れも回復し、ストレスも解消できます。
逆に睡眠がとれないと、肉体的な疲れがたまり、ストレスも蓄積します。
睡眠不足は、心血管系疾患をはじめ、多くの身体疾患のリスクを何倍にも高めます。
健康のため、病気の予防のために、「ぐっすり眠る」ということは不可欠なのですよ。

さりとてお酒は「人生の悪友」です。
私みたいに停める必然性がなければお酒は飲めばよいのです。
お酒は食べ物を美味しくさせますし、特に落ち込んだ時には悪友から親友に変わります。
それと語らいに奥行きができます。
で〜も私の様な習慣性飲酒にならないようにしなければなりません。
その為には「dry day(お酒を飲まない日)」を作りましょう。
理想でいえば「dry day(お酒を飲まない日)」比率は50%でしょう、
人生にはメリハリが必要です。
美味しいお酒を飲みたいのであればそれは最低のお約束だとおもうのですが・・・

不意にボールを掴んだイヌが「手の素晴らしさ」に気づいた映像は、かつての人類のように思えます。



IMG_7524

IMG_7514
今日は小川町に出没です。
魚が食べたいなぁと思っていたら飛び込んできた看板が「魚然」さんです。
これは私にとっての「必然」でしょう。
ということで今日のお店は「魚然」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町2-2-7 レインボービル 2F
電話:03-3233-0107
定休日:無休

IMG_7516

IMG_7522
お店の外観です。

IMG_7521
店内の雰囲気です。

IMG_7515
メニューです。

本日のオーダー「金目鯛定食」@800円です。
このお店はすごいですね、ご飯、味噌汁のお替り無料、味海苔、味海苔、生玉子無料です。
待つこと5分で「金目鯛定食」の到着です。
見た目、旅館の朝ご飯、でしょう。

IMG_7518

IMG_7519
それでは実食です。
まずは金目です。すこし硬いですね。
煮詰めた感ありありです。
味ですか硬さをのぞけば美味しいです。
煮汁にここの大将のセンスを感じます。
特筆するのは唐揚げです。
デラ美味です。
衣は美味しいは、肉はjuicyだは、お約束の熱々は守られているは、で完璧です。
味噌汁も美味しいです。
副菜はそれなりです。

IMG_7520
最後に、海苔、生玉子、味噌汁お替り無料、ごっつあんでした。
久々にしっかりとした日本食をいただきました。

それでは(^_-)

続 新富町 ひさまつ

今日は「アルコール依存症」の話です。
今朝のNHKの「あさイチ」で、女性のアルコール依存症、いわゆる「キッチンドリンカー」の特集をやっていましたが、非常に良い番組だと思いました。

私は本を出したり、Facebookやメルマガで、精神医学の情報を発信していますが、実際に心の病を持って苦しんでいる人は、書店で本を買ったり、インターネットをやる余裕もないはずです。唯一、テレビくらいは見るかもしれません。

ですから、テレビで「心の病」の特集をやるというのは、極めて意味があることなのです。今日の番組を見て、「ひょっとして、私はアルコール依存症かも」と思った人がたくさんいたはずです。この「かも」というのがとても重要なのです。

「私は、アルコール依存症かも」と思わない限り、自分からお酒をやめたり、病院や専門家に相談に行くということはないからです。

この「病気かも」という一番最初の気付き。これが「治療しないとまずいかも」という治療動機へとつながっていきます。

「ひょっとして、うつ病かも」
「ひょっとして、不眠症かも」
「ひょっとして、パニック障害かも」
なんの病気でもいいのですが、この「かも」という気付きがない限り、治療につながらないのです。

では、この「かも」はどこから生まれるのかというと、「予備知識」です。「知る」ことです。

特にテレビというのはビジュアルなので、実際の患者さんが「生の体験談」を語ったりすると、「自分と同じだ!」「自分と似ている!」というのが、直感的にわかります。なので、テレビというのは、「かも」の気付きを非常に得やすいといえます。

もし、「病気かも」と思ったら、できるだけ早く専門家に相談してください。「心の病」は、放置すればするほど治らなくなりますから。
「今日の癒しの言葉」精神科医 樺沢紫苑facebookより転載

アルコール依存症
どうなのですかね?
私もかつてアルコール依存症に近い状態だったので「私は、アルコール依存症かも」と思うだけではなく「私は、アルコール依存症にちがいない」と確信していた時期もありました。

そんな私ですので恐ろしくて恐ろしくて病院に行く勇気はおきませんでした。
何故ですって?そんなの当り前じゃないですか(笑)
もし病院に行ってdoctorから、貴方はまごうことなきアルコール依存症です。長生きしたかったなら今日から禁酒してください、って言われた日には死んだほうがましだと嘯(うそぶ)いていたでしょう、間違いありません!

そしてそれを回避する為に成人病検診等での数値、特に肝機能検査、腎機能検査、糖代謝の値にはsevereにcheckしていました。
幸いの事に私はすべての項目においてA判定でした。
従いまして病院に行く必然性はないと決め打ちしていたのです。
これによりアルコール依存症?予備軍?であったにもかかわらず、A判定であるが故に正々堂々と多飲を続けてきたのです。

私の人間ドックの病院は偶然にもアルコール専門外来が併設されていました。
その中に集団精神療法(ミーティング)というのがあったのです。
その内容を以下に記してみます。
アルコール依存症の治療にミーティングは欠かせない役割をしめています。集団の中で素面で自分のことを語り、他人の話を聞くと言うのがミーティングの基本です。
長年の飲酒習慣における対人関係の持ちよう、アルコールへのとらわれなどを語るとともに、違う見方や考え方に触れることで自分の飲酒問題を振り返り、素面の生き方を探すことになります。治療初期の人の中には「ミーティングでなぜアルコール依存症が回復するのか?」と疑問を抱く人もいますが、回を重ねる中でその必要性を多くの人が感じていきます。
ミーティングは月曜日から土曜日、10時から11時の1時間、4〜5グループに分かれて行っています。さらに就労者の人たちが参加しやすいように、月、水、金曜日の18時から19時の1時間、夜間ミーティングを行っています。
また女性だけのミーティングを火、金曜日10時より11時の1時間行っています。

そしてそれのミーティング内容を記した冊子があり、人間ドックの待ち時間に斜め読みをしていたのですが、恐ろしいことに禁酒を続けられず落ちる人の多いこと、その多さに驚きを禁じ得なかったのです。
要は麻薬のように依存症や毒性の強いものはやめることはできるのですが、アルコールのように依存症の弱いものはなかなかやめられないのですね。
さらにこの人間ドックに置いてある書籍で抗酒剤というものの存在をしりました。
抗酒剤は酒が嫌いになる薬ではないのです。肝臓でのアルコールの代謝過程をブロックして、飲酒時に苦しい反応を起こさせるものなのですね。
従ってこれを与薬してもらうには本人の強い禁酒の決意が必要なのです。
言い換えればこの薬を飲めさえすれば自然とお酒が止められるものではないのです。
この当たりの人はまだ救いようがあるのです。
一番質(たち)の悪いのは、お酒をやめる気のない人です。
お酒をやめる気のない人は、自分がなぜ酒をやめなければならないかを理解することが先決なのですが、大概このような人は心に深い闇を抱えていて、一種の婉曲的自殺行為として多飲を続けているのです。
結果としてこのような人は大概望んだような結末をむかえているのですが、たまらないのはその家族です。
このような人が亡くなる直前にはまるで憑き物が落ちたかのように善人に変わるのです。
この変身によりその家族はなんでもっと早く救えなかったのだろうと深く傷ついてしまうのです。
世の中に地獄というところがあるのであればこのような人を抱えてしまった家族でしょう。

このようにこの病院においてある書籍の読後感は非常に悪いものでしたが、かといってそれは対岸の火事と私は読み変えていたので、禁酒にいたるには至りませんでした。
事程左様に禁酒は難しいのです・・・
ちなみに今私が継続して行っているのは禁酒ではなく停酒(現在561日)ですので宜しくご理解ください。


1999年に流行った映画やゲームを、当時流行したヒットナンバーと共に紹介したまとめ映像。
ヒットナンバーは海外基準だから知らないものもあるけれど、リプリーとかアメリカン・ビューティーとかスリーピー・ホロウとか、1999年の映画を見るとそんなに昔なのかって驚く。
ポケモンはともかくデジモンが出てきたのが以外だったんだけど、海外でも結構放映されてたのかな。



IMG_5475
今日は新富町に出没です。
今日は伝説の「豚の角煮」を食べにきたのです。
今日のお店は「ひさまつ」さんです。

住所: 東京都中央区新富1-10-11
電話:03-3551-2985
定休日:土日祝日

IMG_5443
お店の外観です。

IMG_5444

IMG_5445
メニューです。

IMG_5446

IMG_5447

IMG_5448
今日のオーダーは決め打ちの「豚の角煮定食」@950円です。
待つこと3分で「豚の角煮定食」の到着です。
見た目光っているぜ!豚の角煮です。

なぜか角煮のうえに冠雪のようなとろろ状のマッシュポテトがのっています。
意味があるのでしょうか・・・
満を持して実食です。
二日間手間暇かけて仕込まれている角煮は柔らかいです。
箸で切るのに痛痒を感じさせません。
味は過不足のない甘辛です。
脂の部分はとろとろですが、しつっこさはなく、強いて言えば上品tasteです。
味ですか・・・
美味すぎます!
久々のくりびつてんぎょのいたおどろ!あんど大満足でした。
このような裏切らない伝説はwelcomeです。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

勝どき たなか 10th

今日は「お酒との向き合い方」の話です。
私のような人間は、一年中病院のベッドで暮さないまでも、できるだけ安静にして規則正しい生活を送るべきであり、それが養生というものなのかもしれない。しかし、そういう養生をして少々長生きしてもそれがいったい何なのだ、という気持がある。さりとて、あまりに無茶なことをして、わざわざ命を縮めることもない、という気持もある。そこで、自分勝手な病気対応策を考えるようになる。 
自己流の養生法も、考えることになる。 
養生法というものについてあたりを見まわしてみると、世の中はさまざまである。禁酒禁煙を励行している人がいるかとおもうと、酒もタバコも嗜むばかりでなく、そのほか健康に悪いといわれているもろもろのこともどんどんやる、という人もいる。もしも病気になったときには何か一つをやめれば、その分だけ健康によいわけだ、平素何もやっていないとなると、いよいよのときにやめるものがないではないか、と言うのがそういう不養生不摂生の人の意見である。 
こういう考えの方が、私は好きである。飲みたくない酒なら、飲むことはないが、大好きなものをわざわざ抑えて我慢するのは、かえって健康に悪いのではないか。もっとも、好きなものを自分に禁じる人の気持が分らぬわけではない。ストイックに自分の身を縛ることは、快感につながることは明らかであって、その快感の方をより一層好む、というのなら話は分る。しかし、養生を目的として禁酒禁煙というのは、話が貧乏くさくていけない。
「淳之介養生訓」吉行淳之介著より転載

依存症
今断酒していますが決して養生を目的としているのではありません。
時間を有効的かつ効率的に使いたかっただけです。
あれほど飲んでいたお酒ですが、今となってみて本当に好きだったのかなと自問自答しますと、お酒が好きなのではなくて単なる習慣性飲酒だった様な気がします。

通常、飲酒行動は、初めは毎日飲酒するのではなく、何らかの機会に時々飲むだけと言う所から始まり、 その後、何らかの原因から毎日飲む「習慣性の飲酒」になる事が多いとされ、 習慣性飲酒になると次第に飲酒量が増えていきます。
「アルコール依存症」と「習慣性飲酒」はとても深い関係にあり、全ての方に当てはまると言う事ではありませんが、依存症に陥る危険性は非常に高いといえるのではないでしょうか。

飲酒に関し本人が好んで飲酒していると誤解を招いたり、本人も好きで飲酒していると錯誤したりする場合も多いといわれています。本人に自覚がない場合、医者から「貴方は依存症です」と告げられると認めない方も多く アルコール依存症は「否認の病気」ともいわれているのですよね。

重症になると断酒より禁断症状が出るため、今度は禁断症状の辛さから逃れるため、飲酒に走ります。 このような状態になるともはや自分一人の意志だけではどうにもなりませんし、お酒を断つことは不可能に近いとされています。

つまりお酒というのは嗜好でとどまる人は少数で多くの人は習慣性飲酒者であると断言してもよいでしょう。
いずれにしても自分の人生ですから付和雷同、右顧左眄(うこさべん)的に健康に専心する必要もなく習慣性飲酒であっても自分でそれを受け入れるのならそれもまた人生でしょう。
最近ビジネスマンの間では、お酒を飲んではいけない日(ドライデイ)を作るのが流行っています。
これもお酒とのよい向き合い方の一つではないでしょうか。
私も過去一度5年間のドライデイを作ったことがありました。といいたいところですが、これは単に自分が意志薄弱・軟弱の為に5年間しか続かなかっただけです。
でもそれも人生です。
やり直しのきかない人生です。
後悔しないのであれば好きに生きればいいのです。
後悔するのが嫌なのであれば自らを律すればいいのです。
そのように考えます。


キリスト教文化ではヤギを悪魔の象徴として扱うことが多く、「悪魔崇拝者が好んでヤギの仮面をかぶったりする」「悪魔の化身としてのヤギに乗って空を飛ぶ魔女の版画などもある」とのことですが、どう聞いても人間の叫び声としか思えない鳴き声のヤギの映像を総まとめにしたムービーがある意味で圧巻です。



IMG_4537

IMG_4538
今日は勝ちどきに出没です。
たまには美味しいお刺身でも食べるかという事になれば決め打ちでこのお店です。
ということで今日のお店は「たなか」さんです。

住所: 東京都中央区勝どき1-7-1
電話:03-5548-3188
定休日:水曜日

IMG_4539
お店の外観です。

IMG_4540
メニューです。

IMG_4542

IMG_4543
今日のオーダーは、このお店一押しの6名限定の「刺身定食」@800円です。
今日の刺身は、鯖、帆立、カンパチ、マグロ、カニ、タコです。
これに味噌汁、香の物、サラダ、ご飯が付きます。
そうそう今日は大将が炊飯器のスィッチを入れ忘れたらしくlaunchの開始が遅れました。
それを奥様が、ボケたんじゃないの、とからかったら、大将軽く受け流すかと思いきやマジギレでした。
思い当たるところがあったりして・・・

味ですか、超美味しいですよ。
この美味しさが@800円で味わえるとはこれこそ口福です。
また行きますね。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ