今日は「美坊主コンテスト2016」です。
IMG_5025
最近、ヒューネラルビジネスに興味があり、エンディング産業展にまいりました。
そこで時間があったので以下のキャッチに誘われて美坊主コンテストを傍観していました。
美坊主コンテストとは、僧侶としての見た目は勿論、立ち振る舞い、姿勢などを総合的に評価し、僧侶の日本一を決めるイベントです。
これらは、厳かな時間が流れる中で培われる「こころ」の美がないと備わらないものなのかもしれません。
普段接することの少ないお坊さんの世界。
髪型だけでごまかすことの出来ない風貌。
日本一の僧侶を決めるのは、イベント観覧者のあなたです!


#参加者プロフィール
ph_haseo01
#浄土宗 大法寺(愛知県)長谷雄 蓮華
<自己PR>
「供養の駆け込み寺」を目指し活動をしております。
道に迷ったとき、困ったときに最後に訪れて頂けるよう、「不条理な事以外はNOと言わない!」がモットーです。
ラジオのパーソナリティを長年しており、リスナーからの悩み、相談に日夜お答えさせて頂いております。
落語家(白龍亭蓮華)としても活動しております。
学校、病院、各宗団体、施設、などで、笑って健康、笑って長生きを目指し、活動しております。

#曹洞宗 茂林院(東京都)佐々木 厚史
ph_sasaki01
<自己PR>
はじめまして。今回知人の推薦で初めて参加させていただきました。見た目の美しさではなく所作など立ち振る舞いや姿勢などを評価していただくということでまだまだ未熟な自分が、どのように評価されるのか、他人からどう見られているのかを知るいい機会だと思い参加させていただきました。
よろしくお願いします。

#真言宗 非公開(東京都)堀越 瑤盛
ph_horikoshi01
<自己PR>
堀越瑤盛(ほりこし ようせい)と申します。私が幸せを感じるときは、仏様の絵(仏画)を描かせていただいているときです。近々、奈良県の門跡寺院に入室予定です。
三島由紀夫さんの遺作となった「春の雪」のモデルとなったお寺です。
拝観の一般公開はしておりませんが、映画「春の雪」のDVDで山門や御本尊様は拝むことは可能です。
メッセージを読んでいただきましてありがとうございます。
会場で私をみかけましたら、気軽にお声かけいただけたら幸いです。

#日蓮宗 法榮山 真住院(千葉県)横山 諦元
ph_yokoyama01
<自己PR>
僧侶は亡くなってから初めて故人にお会いすることが少なくありません。臨終に立ち会える、若しくは間際の世話が出来ればと考え、看護師としても働いております。
そういった経緯もあり故人または家族に苦しみの共感と寄り添えの出来る僧侶でありたいと思っております。
体育大学の出身であり現在も空手道マスターズにおきまして関東大会に県の代表として出場しております。
仏道だけでなく医療、スポーツといった多方面からの視野も備えております。

優勝したのはこの方でした。
IMG_5015

IMG_5016

IMG_5014 (2)

IMG_5023
ご講話を聴いていましたが、ドレファソラシド♪みたいです。
要はミ(身)がないのです。
会場の説明では、美坊主の定義は見た目の美しさだけではない、と言われていましたが、こんな短時間で一体全体何がわかるでしょうか。
他宗教の方々はこのような軽佻浮薄(けいちょうふはく)なふるまいをしているでしょうか。
私の通勤駅ではキリスト教の信者が二日毎に駅前に立ち布教活動をしています。
無宗教の私ですが、その熱心さは私の心を揺さぶります。
1612年に幕府が行ったキリスト教を禁止した寺請証文に端を発した檀家制度に依存してきた仏教徒は、魂の救済に力を入れることなく、葬式仏教に依存してきたその400年のツケが払えなくなっただけです。
ビジネスでいえばデフォルト状態のようなものです。
たまさかこのコンテストを見たのが「エンディング産業展」でした。
エンディングするのはもしかしたら私たちだけではなく仏教界も同じかもしれませんよ・・・


先入観はいけません・・・



今日は炎天下の木場に出没です。
IMG_5248
ここらへんは裏通りに名店があるのです。
今日は那辺を念頭においてお店をさがしました。
今日のお店は「モダンタイムズ」さんです。
はたして私の直感は冴えているでしょうか。

住所: 東京都江東区木場2-18-7 1F
電話:03-3630-1180
定休日:土曜、日曜・祝日

IMG_5237

IMG_5238
お店の外観です。

IMG_5241
店内の雰囲気です。

IMG_5236
メニューです。

今日のオーダー「チョリソーのアラビータ(サラダ・珈琲付)」@900円です。
店内はほとんどが常連さんです。
いかにも下町の喫茶店です。
厨房には鬼軍曹のような女性チーフが陣頭指揮をして厨房を繰り回しています。
このピリッとした感じいいですね。

待つこと19分で「チョリソーのアラビータ」の到着です。
IMG_5242
見た目a little bit too manyですね。
これは時計の針を高校生の時まで巻き戻さないと完食できませんね。
気を取り直して実食です。

IMG_5243
味はシンプルで良いのですが食べても食べても減らない不条理の世界に没入してしましいました。
ソーセージは美味しいのですが、いかんせん量が多すぎです。
しいて苦言を申せば、鷹の爪が最後の方に大量にでてきたので、最後の方でアラビータ(イタリア語で怒りん坊)となりました。
随所で怒って欲しかったですね。
デザートのプリンはなかなかのお味です。
美味しいです。
周りを見ていますと、常連さんはフライものかハンバーグでした。
このお店ではこちらが王道なのでしょう。

IMG_5246
珈琲はなかなかのものでした。
喫茶店ですからね(笑)

それでは(^_-)