下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

アメリカンジョーク

西方町 そば処「大倉」 4th

今日は「American joke final」です。

ウルトラマン
# 一を聞いて十を知る
西郷従道海軍大臣が渡米した。演説を依頼された。
西郷「わしゃ演説なんちゅうもんは苦手じゃきに、
    おはん適当にやっちょくれ。」
それをうけた通訳の演説は延々30分に及んだ。
聞いていた群衆「ほお、日本語はあんなに長い内容が
           一言で済むむのか。便利な言葉なんだな。」

#正直な人は誰?
ある時、キリストが町を訪れました
広場では少年達が女の子に向かって小石を投げています
一人の少年を捕まえ、問いただしました
「なんで石なんかなげるのかね?」
少年は
「こいつはウソをついたからさ!」と答えました
キリストは考え、
「この中に一回もウソをついたことがなく、やましい思いをしたことがない人は石を投げ続けなさい」
と言い放ちました
すると、一人、また一人と石を投げる者はいなくなっていき
最後にはキリストが一人だけ石を投げていたのです

#国民性
いろいろな国の人が、飴玉に群がるアリを見つけた
日本人は、巣穴を探し始めた
アメリカ人は、自慢げに右足で踏みつぶした
イギリス人は、アリの列に水をかけた
フランス人は、皿に飴を乗せてやった
イタリア人は、青い服の女に愛をささやいた
ドイツ人は、飴を捨てたのは誰だ?と叫んだ
ロシア人は、サボってるアリを見つけて箱の中に入れた
ブラジル人は、飴玉でサッカーを始めた
インド人は、アリの数を数え始めた
中国人は、アリを潰し始めた
ケニア人は、アリを食べ始めた
韓国人は、飴玉を自分のものだと主張した

#金満大国日本
とある日本人商社マンが、アメリカの画廊にやってきた
商社マンは次から次へと高額の絵を買い漁り、青くなっている画廊の店主に
きっちりキャッシュで支払いを済ませ、こうつぶやいた
「・・・よし、クリスマスカードはこれぐらいでいいか。次は年賀状だな」

#そこに着目したのか
先生「油は燃料として用いられる他に、減摩剤としても用いられますね?」
生徒「先生!減摩剤とは何ですか?」
先生「貴方はもっと勉強を頑張るべきね。摩擦を少なくする物質のことですよ。」
生徒「でも・・・。」
先生「でも・・・?」
生徒「国際間の摩擦は、油の所為でよく起こりますが・・・?」

#就職難
メキシコ人が職業安定所にやってきて、彼はまっすぐカウンターに向かった
「仕事が欲しいんだ」
担当官は頷いた
「ちょうどいいときに来たな。いま金持ちのオヤジから娘を守る屈強な運転手兼ボディーガードの募集がある。
娘は結構イケてるらしいぞ。でかい黒ベンツを運転するんだ。制服のスーツは全て支給される。
長時間勤務になるからな、食事もつくぞ。娘の休暇に海外にもつれてってやらなきゃならん。年俸は20万ドルだ」
それを聞いてメキシコ人は言った。「おい、からかってるのか?」
担当官は肩をすくめて言った。
「おまえが始めたんじゃないか」

#いつ起きるんだ?
ジムがバーに飛び込んできた
「マスター!一騒動起きる前にバーボンをダブルでくれ!」
「で?」マスターはグラスを差し出しながら聞いた
「騒動ってのはいつ起きるんだ?」
「今からだ」ジムはグラスを空けて言った
「実は懐に一セントも持っていないんだ」

#大都会
Q.青森は大都会である。それを証明せよ
A.青森人「アップルストアならそこらじゅうにある」

#その通りじゃないか
「韓国人は怒りやすい」と書いた新聞社に、韓国人から抗議の手紙が来た。
「ふざけるな! 我々は怒りやすくなんかない!」

「日本人は言いたいことをはっきり言わない」と書いた新聞社に、日本人から抗議の手紙が来た。
「先日の御社の新聞に掲載された『日本人は言いたいことをはっきり言わない』という記事ですが、
この記事は虚偽の情報に元づいた根事実無根の内容であり、当方としても大変困惑しております。
つきましては記事の訂正と謝罪記事の掲載をご検討いただきたく思います。
貴社編集部の御賢察をどうぞよろしくお願い申し上げます。」


インドの環境美化団体が行っている、立ち小便撲滅対策が容赦ない。
立ち小便をしているところを団体に発見されると、放水をされる。
団体は、立ち小便の根絶を目的にしている。


今日は所用があり奥様と栃木に出没です。
今日は暑いので蕎麦と、夫婦の思いは一致しました。
蕎麦と言えば栃木で一番美味しいここでしょう。
今日のお店は、そば処「大倉」さんです。

住所: 栃木県上都賀郡西方町大字真名子597−1
電話:0282-92-2516
定休日:木曜日

IMG_1303
お店の外観です。

IMG_1310
店内の雰囲気です。

IMG_1311
お店の紹介です。
へえ〜ここのご主人、昔はビジネスマンだったのですね。
悪い意味ではなく、まったくそのように見えませんでした。
といいますのも蕎麦職人のオーラが絶えず出まくっているものですから。

IMG_1301

IMG_1302
メニューです。

今日のオーダー
私は「もつ煮込みそばセット」@900円
奥様は「冷やしとろろ+もつ煮込み」@800+@400=1,200円
です。

IMG_1307
今日は家族客が目白押しで店内は超満員です。
待つこと30分で奥様の煮込みが到着です。
このお店、美味しいものは色々ありますが、煮込みは特に美味しいのです。
もつそのものにパンチがありかつ肉が良く掃除されているために一切の夾雑物がありません。
従いましてもつそのものの美味しさが楽しめます。
噛みしめるたびにもつの滋養が口内に広がっていきます。
これは一食抜いても是非お試しください。

IMG_1305

IMG_1306
待つこと40分で私の「もつ煮込みそばセット」の到着です。
見た目こんもりしています。
もつは先ほどコメしていますので割愛させていただきます。
従いまして蕎麦を紹介します。
蕎麦はうす黒い色で粒粒が微かに入っている田舎蕎麦です。
そばを口いっぱいにほおばり、噛みしだく快感、はてしなく続く草原のような香りはさわやかな気分にさせてくれます。加えて咽越しのツルンとした感触は蕎麦好きならたまりません。
今日は特に冷水での洗いが良くされていてその清涼感は真夏の早朝の高原を想起させます。
とても美味しいです。

IMG_1308
待つこと41分で「冷やしとろろ」の到着です。
見た目とある夏休みの一日です。トマトの赤が目に鮮やかに映ります。
これはとろろ勝ちです。
地のものを使っているようで、とろろの味が深いのです。
とろろって本来はこういう味だったのだと、都会人ならどなたでも腹オチするでしょう。

今日は超混雑していましたので空きっ腹との根くらべでした。
しか〜しここの蕎麦はそこまでしても食べる価値があります。
お近くに来た際は、お立ちよりください。

それでは(^_-)

勝どき センプレ ピッツァ

今日は「American joke vol.5」です。

打ちっ放し
#そこかい!
FBI本部の電話が鳴った。
「もしもしFBI?」
「そうですが、なにか?」
「隣の奴が薪の中にマリファナを隠してるぞ」
「情報をありがとう、で、住所は?」
次の日、その家に捜査官がやってきて、薪の中のマリファナを捜索した。
でも何も出てこなかった。「どうやらガセネタだったようだな」FBIは帰っていった。

次の日、その家の電話が鳴った。
「よう、俺だ。昨日FBIが来ただろう?」
「ああ、来たね。俺は何もしちゃいねえのにさ」
「薪を全部割っていったか?」
「ああ割っていったよ。それはそれで助かったけどな」
「よし上出来だ。今度は君がFBIに電話してくれ。女房に菜園を耕してほしいと言われてるんだ」

#ちがうだろう!
ラクダに乗って砂漠を旅していて性欲を持て余した男は「ラクダとやればいいんだ!」と思いつく。
だがラクダに挿入しようとしたがラクダはすすっと逃げてしまう。
男はラクダを追っているうち、喉をかわかした若く美しい女に出会った。
女は「水をください」といったので、男は「水をあげたらなんでも言うことを聞くか?」と聞いた。女はうなずいた。
そして男は水をあげ、女にこう頼んだ。
「ラクダを押さえていてくれないか?」

#ケチっていいたいの?
子「何でユダヤ人は鼻が大きいの?」
親「空気はタダだからさ」

#どっちが怖い?
変態が8歳の女の子を森深くに連れて行きました。
女の子は
「こわいよーこわいよー」といいながら泣き出しました。
変態は
「こわい?俺は一人で帰るんだから、もっと怖いよ。」

#男と女
A子「男と女ってどっちが賢いのかしら?」
B男「女に決まってるだろう」
A子「あら、悪い気はしないけどなぜ?」
B男「女は男と結婚するだろ、実に賢明な判断だ、しかし男は女と結婚するだろう、実に愚かで馬鹿な判断だよ」

#熱の話じゃないのか
韓国の医学校にて
「先生、三十八度を超えるとどうなりますか」
「射殺されます」

#優先順位
ある島に食人族の親子がいた。息子に食人族としての技能を教えきるころには他の島民は食べつくしていた。
ある日親子は海岸に若い女性が漂着しているのを発見した。
息子は喜んでこういった
「やったねパパ!今日は若い女性が食べられるね!」
ところが父親は
「いや、今日のご飯はママだな」

#ちがうだろう
テキサスのおじいさんの家に、都会から孫が遊びに来たのですが、孫は田舎で退屈そう。そこでおじいさんは、
「猟銃を貸してやるから森で撃ってきていいぞ。この猟犬を連れて行くといい」
「うん、わかった」
そしてしばらくして帰ってきました。
「どうだった。楽しかったか?」
「面白かったよ!他に犬はいないの?」

#真実
「トム、お誕生日おめでとう。プレゼントよ。」
「うわーい、パパママ、ありがとう!」
トムに贈られたのは、本物そっくりのポルシェのゴーカート、最新パソコンそしてアニメDVD30本。
「よかったね、お兄ちゃん。」
「ジョニー、お前の誕生日には何を貰った?」
「僕はミニカーが1つだけだったよ。手に乗るようなちっちゃなやつ。」
「そんなけち臭いものだったのか?へへ、うらやましいだろ?」
「ううん、そうでもない。」
「やせ我慢するなよ、羨ましいくせに!」
「でも僕は癌じゃないからさ・・・」

#できない事
イギリス人はビスケットと紅茶を禁止され、皮肉を言ってはならない。
フランス人はワインを飲まず、フランス語以外で話しかけられた場合、フランス語を使ってはならない。
アメリカ人はむやみに裁判をもちかけてはならない。
ドイツ人は無秩序状態の部屋ですごさなくてはならない。
イタリア人は居住区を男女別々に分け、パスタを食べてはならない。
日本人は絶えず自己主張を続けなくてはならない。
タイ人は叱責されるときには人通りの多い場所にいなくてはならない。
中国人は食事量を日本人並に減らし、謙虚にすごさなくてはならない。
韓国人はキムチを食べず、自分達の区域を統治して、トラブルを他区域住人のせいにしてはならない。


ユーモアと、うえっと顔をしかめる感覚が絶妙に合わさったCM。思わず舐めたくなるほどのおいしさを宣伝しているわけだが、デスクの男性はオーケーが出るまで何回くらい舐めたのだろうか?


IMG_1096

IMG_1095
今日は勝ちどきに出没です。
晴海トリトンにナイスなピザ屋さんができたとかで立ち寄ってみました。
今日のお店は「センプレ ピッツァ 」晴海トリトン店さんです。

住所:東京都中央区晴海1-8-8 晴海トリトンW棟
電話:03-5547-4554
定休日:無休

IMG_1228
お店の外観です。

IMG_1226
店内の雰囲気です。

IMG_1093
メニューです。

今日のオーダー「クアトロフォルマッジ」@630円です。
まずはお店の案内です。
「日本のピッツァはカレーやラーメンのような国民食になりつつあります。しかし、本格的なナポリピッツァとなると国内での歴史はまだ浅く、価格が高いこともあり、その広がりは一部のグルメ・富裕層の方のみに限られています。
ピッツァの本場、イタリア・ナポリではピッツァは特別なご馳走ではなく、誰もが気軽に食べられる手頃な食事として根付いています。ファストフードでありながら、安心安全の地元食材と職人の卓越した技術を使って調理する伝統的な「スローフード」の形を保っています。
こうした食文化を日本にも根付かせることができないかと、2011年都内に「sempre pizza(センプレ・ピッツァ)」を開店いたしました。sempre pizzaはその名のとおり、本格的なナポリ・ピッツァを「いつでも」しかもナポリさながらの低価格で日本全国、多くの皆様に召し上がっていただくことを目指しております。」

IMG_1089

IMG_1090
待つこと9分で「クアトロフォルマッジ」の到着です。
見た目かわいらしい感じです。
クワトロフォルマッジとはゴルゴンゾーラ、マスカルポーネ、モッツアレラ、パルミジャーノの四種類(クワトロ)のフォルマッジ(チーズ)で作られたピザです。

それでは実食です。
ベースはモチモチで美味しいですね。
少し塩分が強いような、で〜も気になる強さではないのでno problemです。
トッピングのチーズは上述の通りに入っているかは不明ですが、味はイケています。
美味しいです。
しか〜し「クアトロフォルマッジ」が1,000円以下で食べられるとは驚きです。
この店は知り合いのアメリカ人も絶賛していましたので、この味は万国共通の「Good!」でしょう。
個人的にはコスパ最高です。

それでは(^_-)

銀座 あずま

今日は「American joke vol.4」です。

American joke
#安全性
「このパラシュートはもちろん安全だよな?」
「モチロン!その証拠に故障したという苦情は一件も寄せられておりませんよ」

#手の内チョンバレ
大学生A「カネがなくてよ、実家に電話したんだ。教科書が買えないからカネ頼むって」
大学生B「そんで?」
大学生A「そうしたらお袋のヤツ、教科書を送ってきやがった!」

#酩酊基準
息子「父ちゃん、酔っぱらうってどんなことなの?」
父 「ここにグラスが2つあるだろう。これが4つに見えだしたら、酔っぱらったってことだ。」
息子「父ちゃん、そこにグラスは1つしかないよ。」

#烏合の衆
エンジニアと物理学者と数学者の3人が一緒にいるところで、火事が発生した。
エンジニアは自らの知識を総動員し、火を消す方法を見つけ出した。
物理学者は自らの知識を総動員し、火を消すのに必要な水の量を算出した。
数学者は自らの知識を総動員し、火を消すことが可能であることを証明した。

#目には目を
とても内気な男が酒場に入っていくと、カウンターにきれいな女性が座っていた。
1時間ほど迷ったあげく、男はようやく女の方に近づき、ためらいがちに尋ねた。
「あのう、ちょっとお話をしてもよろしいですか?」。
この質問に女はあらん限りの大声で反応した。
「何、言ってんのよ。今晩あんたなんかと寝る気はないわ」
バーにいた全員がこの光景をまのあたりにした。
男は当然ながら救いようもなく、大恥をかいてすごすごと自分の席へ引き上げた。
数分後、女が男に近づき微笑みを浮かべながら謝罪し始めた。
「ごめんなさいね。驚いたでしょ。私、大学院で心理学を専攻しているんだけど、
ばつの悪い状況にみんながどう反応するか研究中なの」
今度は、男の方があらん限りの声で応えた。
「どういうつもりだ、200 ドルだって?」

#料理の味を聞いているのに・・・
女「ねえ、私の作った料理どうだった?」
男「愛してるよ」
女「料理の味を聞いてるのよ。食べたんでしょう?」
男「食べたさ。それでも君を愛してるよ」

#馬鹿は誰
「パパ〜馬鹿って何〜?」
「相手に何かを伝えるとき、簡単に済むことでも、
 わけのわからない長ったらしい方法で伝えようとしてしまって
 結局相手に何が言いたいのか伝わらなくなってしまうような人のことだよ
 わかったかい?」
「わからないよパパ」

#近所迷惑?
「この前、娘にピアノを買ってやったんだ」
「どうでした?」
「儲かったよ」
「どうして?」
「隣の家を半値で買い取った」

#ムチャブリ
子「ねぇお母さん、アメリカって遠いの?」
母「黙って泳ぎなさい」

#視野狭窄
アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、
無重力状態ではボールペンで文字を書くことができないのを発見した。
これではボールペンを持って行っても役に立たない!
NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、
10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、
どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!


The Sausage Thief !!
こんな犬飼ったら面白いでしょうね。
大変だと思うけど・・・


IMG_1046

IMG_1056
今日は銀座に出没です。
ナイスなお店を求めてそぞろ歩きをしていましたら、忽然と像が現れました。
これが“本当の驚いたゾウ“です。
今日のお店はレストラン「あずま」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-7-6 西六ビル 1F
電話:03-3571-0392
定休日:無休

IMG_1047
お店の外観です。

お店からの案内です。
「銀座6丁目でご愛顧頂き40余年、アットホームな昔ながらの洋食屋さんです。
ボリュームあるじゅうじゅう焼、ふっくらとろりとしたオムライス等、変わらぬ味・値段に惹かれ長年のリピーターさんも多数いらっしゃいます。是非一度気軽に寄ってみませんか。きっと貴方を笑顔にする事が出来ると思います。
皆様のご来店お待ちしております。」

IMG_1054
店内の雰囲気です。

IMG_1049
メニューです。

今日のオーダー「ケチャップオムライス」@1,000円です。
銀座は隅から隅まで知っているつもりでしたが、このお店はなぜか見落としていました。
創業から44年との事ですが、外観からは古き良き庶民の銀座を感じることができました。
どこからみても下町の洋食屋さんですよね。

IMG_1050
待つこと4分でコンソメスープの到着です。
所謂洋食屋さんのコンソメスープです。
安定感あります。

IMG_1051

IMG_1052
待つこと10分で「ケチャップオムライス」の到着です
見た目昭和のオムライスです。

それでは実食です。
卵はあまりフワフワ感ありませんが、バター勝ちなのでしょうか、美味しいです。

IMG_1053
中のオムライスはベチャコちゃんです。
確かにこのような作り方はありますが・・・
かなり汁気が多いので、もう少し飛ばして欲しかったですね。
白眉はサイドメニューのハンバーグです。
かなり弾力感があり、肉も美味しいです、これは秀逸です。
全般的にはハンバーグ勝のオムライス負けでしょう。
で〜も銀座であればまずまずのコスパではないでしょうか。

それでは(^_-)

日本橋 利休庵

今日は「American joke vol.4」です。

American joke
#電気製品
「あら、忘れてたわ、来週はお義母さんのお誕生日なのに何も買ってないわ!」
「まぁ大変、お宅のお義母さん、どんなものが好きなの?」
「お義母さんはモダンなひとで、電気製品が好きなんだけど・・・」
「じゃあ、電気椅子なんてどう?」

#ダイエット?
「あんな男とこのまま生活をしていたらイライラのし通しでやせ細ってしまうわ。」
「じゃあ、さっさと別れてしまいなさいよ。」
「もちろんそのつもりよ。でも後10キロ痩せるまで我慢するつもりなの。」

#賢い人
池に身投げした男が死にきれずに岸に這い上がってきた。
やがて近くの木に首を吊ろうと決心し、枝に下げたロープに
首を突っ込んだ。
それを見ていた男
「頭のいい奴だな。あれなら服も身体もいっぺんに乾く」

#過去形
先生:「I go to Tokyo」を過去形にしなさい。はい、太郎君!
太郎:「I go to Edo」

#数列
幼児「センセイ。ボク、冬休みに数の勉強をしたの」
先生「そう、おりこうさん。数えてごらんなさい」
幼児「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、ジャック、クイーン、キング」

#世界一のきこり
「私は世界一のきこりです。昔はサハラできこりをしていました」
「サハラは砂漠じゃないか、なに言ってんだwwww」
「ね?」
※サハラ砂漠は元々木が生えていて、きこりが全て切り倒して砂漠にしたということです。

#動機
裁判官 「あなたはなぜ夫を椅子で殴ったのですか?」
妻    「それは、テーブルがあまりにも重かったからです」

#ジョージ・ブッシュ
が死んで天国の門番のところにやってきたそうだ。
そこで、門番にこう言われた。
「お前は本物のジョージ・ブッシュか?ならば、証拠を見せよ。
アインシュタインがここにやって来たときは、相対性理論について語ってくれた。
ベートーベンが来たときには、ここで運命を演奏してくれた。さて、キミは何をする?」
ブッシュはしばらく考えてこう言った、
「ええっと、アインシュタインとベートーベンっていったい誰ですか?」
すると門番は言った、
「確かにキミはジョージ・ブッシュだ!疑って悪かったな。さあ、ここを通れ。」

#代替食料
ある弁護士が道で草を食べている男を見つけた。
弁護士:「どうして草なんかを食べてるんだ」
男:「職がなく、食べる物もなく草を食べているんです」
弁護士:「私の家に来なさい。さあ、車に乗って」
男:「でも、私には妻と二人の子供がいるんです」
弁護士:「かまわない。みんな呼んできなさい」
そういって車にその家族を全員乗せた。
男は弁護士に礼を言った。
男:「家族全員に・・・なんとお礼をいってよいか」
弁護士は言った。
弁護士:「なぁに、かまう事はないよ。うちの家の草は30cm以上伸びているから」

#因果応報
「ねえトム、どうしてそんな心配そうな顔をしているの?」
「ああメアリー。隣のボブに明日、お金を返す日なんだけど、返せそうもないんだ」
「なんだ、そんなことだったの。私にまかせておきなさい!」
メアリーは窓を開けて隣の家に叫びました。
「聞いてる? ボブ! トムがね、明日お金返せそうにないんだって!」
メアリーはにっこりして言いました。
「さあ、これで悩むのは向こうよ」

世界中の子供が夢中! パパママも是非見せたいアニメと言えば、やはりスタジオジブリの作品だろう。
海外サイトが、そんなジブリ作品を人気アニメとコラボさせた映像を公開、カオスすぎて笑いが止まらないと話題になっている。人気者同士を合体させたらどうなっちゃうの!?
ご覧くださいm(__)m


IMG_0988
今日は日本橋に出没です。
今日は日本橋に美味しいお蕎麦屋さんがあるというのでお訪(とない)を入れました。
今日のお店は「利休庵」日本橋店さんです。

住所: 東京都中央区日本橋室町1-12-16
電話:03-3241-4006
定休日:日曜日・祝日

IMG_0989

IMG_0995
お店の外観です。

IMG_0990
メニューです。

IMG_0991

IMG_0993
今日のオーダー「納豆蕎麦(大盛)」1,070円です。
待つこと10分で (大盛)」の到着です。
「納豆蕎麦」とは蕎麦の上に納豆や削り節や海苔やカイワレや玉子の黄身が乗った冷し蕎麦です。

「納豆蕎麦」ですので食べる前にかき回します。
私は農林水産省食品総合研究所の指定の100回かき回しではなく、某納豆メーカーご推奨の50回派です。
それではかき回しの支度が整いましたので実食です。
蕎麦はコシのある白い更科そばでedgeも立っています。
出汁は少し味醂が強い甘めです。
味ですか美味しいです、掛け値なしで・・・
しか〜しB級グルメを名のっている私としては、見た目と味が一致する食べ物の評価はあまり高くありません。
そいう意味で申せばここの「納豆蕎麦」の味は想像通りでした。
確かにここの「納豆蕎麦」は美味しい事は美味しいのですが、他のお店の「納豆蕎麦」と比べて格段に美味しいかと言えば「否(いな)」です。
で〜も老舗の風情と安定感はこのお店の奥深さを感じます。
一度は訪れる事をお勧めします。
ちなみにコスパの悪い事は予めお断りしておきます。

それでは(^_-)

神田 ビストロダンドリヨン

今日は「American joke vol.2」です。
アメリカンジョーク
#2インチ
新婚の部屋で、若い夫が裸で鏡の前に立ち、自分の肉体に見惚れていた。
「後、2インチあれば、僕は王様さ。」誇らしげに彼は言った。
「そうね」と妻は言った。
「反対に2インチとれば、貴方は女王様よ」

#紆余曲折
「人は判断力の欠如によって結婚し、忍耐力の欠如によって離婚し、
記憶力の欠如によって再婚する」

#親孝行
警官が下着泥棒を捕まえた。
警官「君は盗みをする時に、故郷のお母さんのことを思わなかったのかね?」
泥棒「思いました、でもお母さんにちょうどいいサイズが無かったんです」

#現実
問題: 事業で大成功し、巨万の富を得た男が、裸のキャメロンディアスとニコール
    キッドマンを両脇にはべらせ、ジャグジーで最高級のシャンパンを呑んでいる。
    さて、この男が次にすることは何?
答え: 目覚まし時計に起こされる。

#オチは?
「4人のゲイが一つの椅子に座るにはどうしたらいいかって?? 」
「椅子をひっくり返せばいいのよ。
椅子には脚が4つあるだろ・・・ 」


#不倫
「おや?今日は凄く上等なスーツを着ているな」
「ああ。妻からのプレゼントなんだ。
昨日僕がいつもより早く帰ったら、疲れていたのか妻が寝ていたんだけどね、
その脇の椅子にこれが掛けてあったのさ」

#lip service
「メアリー、君は光り輝く星さ」
「トムったら何キザなことを言ってるのよ」
「本当さ。星は遠くから見るととてもきれいだが、近くから見ると
地表に溝やらクレーターやらいっぱい…」

#対応策
カップラーメンが好きな上司がいます。
彼はスープまで飲み干すのが何よりの楽しみだそうです。
そんな彼ですが、ある日医者にこういわれてしまいました。
「貴方は塩分の取りすぎだ。摂取量を半分にしなさい。」
この日以降、彼はスープを二倍に薄めて飲む様になりました。

#馬の悲鳴
「いや〜かみさんがネ、ダイエットのために乗馬をはじめるなんて
 いいだしてね」
「へぇー、どれぐらいやせたんです?」
「二週間で10キロもやせたよ」
「へぇー、そいつはすごい!!」
「馬がね・・・・・」

#シルビア
シルビアはどうしてもワニ皮の靴がほしかったが買えなかった、
そこで自分でワニを捕まえることにした。その後彼女は捕まえたワニの皮を手に靴屋へ行き
「これで靴を作ってちょうだい」と言った。
彼女は足を喰われていた・・・


粘液モンスターが、鼻をぐずぐずさせている哀れな女性を追いかけて町を走る。こうしたモンスターに捕まって、本格的な風邪ひきにならないよう、ひきはじめに服用して撃退しましょうというCMです。


今日は神田に出没です。
今日はなぜか無性に「卵」が食べたかったのです。
そんな私がお邪魔したのは「ビストロダンドリヨン」さんです。

住所:東京都千代田区神田須田町1-4-6 吉川ビル 1F
電話:03-3256-2310
定休日:日曜日

IMG_0893
お店の外観です。

IMG_0894
店内の雰囲気です。

IMG_0891
お店のPRです。
ここ数か月、雑誌に頻繁に取り上げて頂けるようになり、神田の人気店に一歩近づきました。気軽にお立ち寄りください。そして気軽にお声掛け下さい。
掲載誌 大人の週末(1月) TOUKYOデートスペシャルナビ(12月) 大人のための極上レストラン(11月) 食楽(10月)などなどです。

IMG_0892
メニューです。

今日のオーダー「スフレオムレツ」@950円です。
「スフレオムレツ」とは、卵白をあわ立てて、ふわふわのやさしい味わいのオムレツです。
なめらかな口当たりがあとひくおいしさ、それが「スフレオムレツ」なのです。

お店の人から、卵白のあわ立てに時間がかかりますので、15分程お待ちください、とのことでした。

IMG_0895

IMG_0896
待つこと17分で「スフレオムレツ」到着です。
見た目大きく、ふわふわ感満載であります。
それでは実食です。
口当たりが良いですね。
しばらくして突然とフォークが止まりました。
実は・・・ここの料理人さん、塩加減を間違えています。
食べられないほどのしょっぱさではないのですが、お客からお金を取る料理ではありません。
この様な当り前の事を当り前のようにできないお店は大嫌いです。
よっぽどクレームを申そうかとも思ったのですが、実はこの食事は遅いlunch(17時30分頃)だったのです。
さらなる作りなおしで、もう17分も待つ気はありませんし、帰社しなければならないのです。
こんな日もあります、ぷんぷんであります。

それでは(^_-)

燕三条 四十六時中

今日は「American joke vol.1 」です。
アメリカンジョーク
#シェークスピア
トッティの彼女が
「アナタの頭の悪さをバカにした話がはやってる。
本でも読んで教養を身につけましょう。
手始めにシェークスピアは?読んだことあるでしょ?」
「もちろん読んだことあるさ。ただ、作者名がちょっと思い出せないんだ。

#3歳児用
トッティがチームメートにジグソーパズルを見せびらかし、
「オレって天才だよ。たった3カ月で完成させたもんね。
普通にやれば、3年はかかるヤツなんだぜ」と自慢した。
ジグソーパズルの箱をみると「3years(3歳児用)」

#悩み
女「どうしたの深刻そうな顔して」
男「ちょっと悩んでんだ、ほっといてくれよ」
女「ふーん、話変わるけどさぁ、髪薄くなった?」
男「話変わってねーよ」

#いいニュース
妻「あなた今日はいいニュースと悪いニュースの2つあるの
  どっちを先に聞きたい?」
夫「そうだなー、やっぱり。いいニュースだな」
妻「あなたの車の、エアーバックは正常に動作したわ」

#出生届け
男が納税手続きのため役所にやってきた。
「次の方、お名前は?」
「マママママイケル・スススススミスです」
「あの、どうか落ち着いてください」
「私は落ち着いていますが、父が出生届けを
 出したときに緊張していたもので・・・」

#幸せ者
普通の男「君、今度結婚するんだってね? 盲目というハンデがあって結婚できるなんて、君は本当に幸せ者だ」
盲目の男「いや、僕は本当に幸せ者だよ。花嫁の姿がわからないんだから」

#大金持ち
ある大金持ちがホテルへ行き、一番安い部屋を予約した。
すると支配人に、「息子さんはいつも最高級の部屋にお泊まりになりますが」
と言われたが、大金持ちは一言、
「ああ、彼には大金持ちの親父がいるからな。だが、私にはいないんだ」

#考え方
ある土砂降りの雨の日、一人の死刑囚が死刑執行の時を迎えた。
庭の隅にある絞首台までの道のりを歩きながら男は嘆いた。
「俺は何てついてない男なんだ。よりによってこんな土砂降りの日に死ぬなんて」
すると男に連れ添っていた看守が言った。
「お前はまだいい方さ。俺なんてこの土砂降りの中をまた歩いて戻らないといけないんだから」

#嫌なやつ
A「ものすごく嫌いなやつに会ったら、おまえどうする?」
B「もちろん無視して逃げるさ。・・・おい・何処行くんだよ、おい!無視すんなよ!」

#男と女
「新聞で死体とか遺体とか書いてありますよね。死体なんですか遺体なんですか」
「・・・・・それはまあ、二つあるんだよ」
「二つ? どういうことで?」
「男と女だな」
「男と女?」
「男がシタイで、女がイタイ・・・」


コンパーニャ・アスレチカのトレーニングのすすめ授乳という行為がすばらしいことなのは間違いない。だからといって、赤ちゃんに自分のお乳を吸わせる男性はそう多くない。ホンモノのおっぱいと間違えられてしまうほどタプタプしていて人に見せられない体型の男性は、すぐにスポーツクラブに行って体を絞りましょうという宣伝なのだ。


IMG_0408
今日は燕三条に出没です。
ここって本当に食べるところ少ないですね。
今日のお店は「れすとらん四十六時中」イオン県央店さんです。

住所: 新潟県燕市井土巻3-65 イオン県央店1F
電話:0255-66-1134
定休日:年中無休

IMG_0412
お店の外観です。

IMG_0411

IMG_0410
メニューです。

IMG_0422
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「サーモン三昧小丼華籠」@999円です。
このお店はイオンの関連店なのでしょう。
イオンがあるところにはほとんどこのお店が出ていますもの・・・

IMG_0415
待つこと6分で到着です。
早っ!です。
盛り込みは、天麩羅(海老、さつま芋、茄子)、サーモン小丼、茎わかめ辛しマヨ和え、茶碗蒸し、ざるそば、白玉あずきという内容です。
見た目きれいですね。
それでは実食です。

IMG_0417
天麩羅はフライヤーで揚げたようでカラリとではなくてパリンと揚がっています。
で〜もまずまずですよ。

IMG_0416
サーモン小丼は、以外に美味しいのです。
多分サーモンそのものが良いのでしょう。

IMG_0418
蕎麦はすこし蕎麦を茹でてから時間放置があったみたいで少し乾いていますがイケています。
白眉は白玉あずきです。小豆が美味しかったですね。

茶碗蒸しもバリ美味ではありませんがイケています。
多分セントラルキッチンで作られているので素材そのものは安定しているのでしょう。
それをお店で二次加工するのでそこそこのlevelなのです。
で〜も私にとってはこの味で満足です。美味しゅうございました。

唯一の瑕瑾はイオングループなのでポンタで入金してから支払おうとしたら、レジのアルバイトの方がそのoperationを理解していなく、ただ紋切り型に、できません、できません、の一点張りの対応に鼻白んだことですか。
なんで、その方法はわかりません、と言えないのでしょう。
嘘はいけません、正しく、アルバイトなのでその方法はわかりません、と言って欲しかったものです、ハイ。

それでは(^_-)

続 大手町 リトル小岩井

今日は「American joke last installment」 です。
huhuhu
American jokeって面白いですよね!
笑って下さいm(__)m

#侯爵夫人
太った婦人がアヒルを連れて酒場に入ってきた。
「ダメじゃないか、こんな所にブタなんか連れてきたら」
「何よ、この酔っ払い。どうしてこれがブタに見えるのさ」
「今、俺はアヒルに話しかけたんだ」
男が侯爵夫人をブタ呼ばわりしたとのことで
訴えられた。裁判長は男に言った。
お前には罰金を科す。二度と侯爵夫人のこ
とをブタなどと言うのではないぞ」
「わかりました裁判長様。二度と侯爵夫人の
ことをブタとはいいませんが、ブタのことを
侯爵夫人と呼ぶのもいけないのでしょうか」
「それはお前の勝手だ」
「わかりました。さようなら、侯爵夫人」

#ホールインワン
ゴルフ好きの神父がいた。
ある日曜日、あまりによい天気なのでゴルフに行きたくなってしまった。
彼は仮病を使って礼拝をサボり、信者や知人に知られないよう、
誰も来ないような遠くのゴルフ場でプレイすることにした。
その様子を天国で聖ぺテロが見ていた。
「我らが神よ。あのような者を許すわけにはいきませんな」
神が答えた。
「そのとおりだ。あの者が1番ホールでティーショットを打ったら、その球はまっすぐピンに向かい、そのままカップインするだろう。420ヤードのホールインワンだな」
「我らが神よ。なぜあの不信心者にそのような好運を与えるのですか」
「その好運を誰に自慢できるというのかね」

#新事務所
ボブは念願の独立を果たし、事務所を構えた。
初日、自分の机でにんまりしていると、初めての客が来るのが見えた。
ボブははったりをかまそうと、電話で商談をしているフリをした。
「かしこまりました。では500万ドルは前金として早速振り込みます。
商品が届きましたら残りの500万ドルを。では失礼」
ボブはうやうやしく受話器を置くと、客に向かって言った。
「お待たせしました。ご用件は?」
すると客が言った。
「電話の開通工事に来ました」

#楽?
男の子がパン屋へおつかいに来てパンを二ドル分買った。ところが今日はいつもよりパンが小さい。
「このパン、いつもより小さいよ」
するとパン屋の主人が言った。
「いいんだよ。そのほうが持って帰るのに楽だろ?」
そう言われると、男の子は一ドルをカウンターにおいて帰ろうとした。パン屋の主人が慌てて
「おい、坊や。お金が足りないよ」
「いいんだよ。そのほうが数えるのに楽だろ?」

#新ネタ
新しい囚人が刑務所に着いた。
入所手続きが済み監房へ入れられると、程なく誰かが大声で「52」と叫んだ。
すると囚人全員が笑い出した。
静かになってからしばらくすると今度は誰かが「23」と叫び、またみんな笑い出した。
不思議に思ったその新米は、番号が言われただけでどうしてみんな笑っているのかを古参の囚人に尋ねた。
するとその古株から、答えが返ってきた。
「俺らはここが長いもんだから、同じジョークを何回も聞かされているんだ。
そんで、時間を節約するために各々のジョークに番号を振ったっていうわけだ」
その時、また一人の囚人が「37」と叫んだが、みんな静まり返ったままだった。
新米が古株に「どうしてみんな笑わないんだ?」と尋ねると、
「なぁに、あいつは冗談の話し方っていうもんが分かってないのさ」という返事だった。
「俺もやってみていいかなぁ?」、と新米。
「おお、やってみな」、と古顔。
そこで、新米はしばらく考えて「97」と叫んだ。
すると大騒ぎになり、みんなヒステリックなほどに笑い始め、床の上を転げ回って喜んでいる者もいた。
30分ほど経っても、まだ思い出し笑いをしている者がいる。
新米はジョークが受けたことに気をよくして、「面白いヤツだったんだろうね?」と古顔に言う。
「ああ、最高だった。何せ、新ネタだったもんな」

#独りじめ
算数の授業にて。
先生「スージー、あなたがりんごを八つ持っていて、私が二つちょうだいと
   言ったら、あなたは幾つりんごを持っていますか?」
スージー「八つです」

#知能犯
ワシントン大学での英語学序論の期末試験でのことである。このクラスは800人も学生がいたので、1年生の他の多くの科目と同じく、この試験も新しい学生を振り落とすためのものだった。
試験は2時間で、問題用紙が配られた。
教授はとても厳しい人で、きっかり2時間後にこの机の上に提出しないと受け取らないこと、従って試験には落ちることを学生たちに言い渡した。
試験が始まって30分後、1人の学生が息せき切って駆け込んできて、教授に問題用紙を下さいと言った。
「もう最後までやる時間はないと思うがね」
と教授は用紙を渡しながら言った。
「いえ、やります」
とその学生は答えると、席についてやり始めた。
2時間後、教授が試験の終了を宣言すると、学生たちは列をなして答案を提出し、出ていった。
後には、遅刻した学生がただひとり残って、書き続けた。30分後、机に向かって次の授業の準備をしていた教授のところに、その学生がやって来た。
彼は机上に積み上げてある答案用紙の上に、自分の答案を置こうとした。
「駄目、駄目。受けとれんよ。もう、時間切れだ。」
学生は不信感と怒りを露わにした。
「先生は私が誰だか御存知ですか?」
「いいや、どなた様か知らんね。」と皮肉な口調で答えた。
「先生は私が誰だか御存知ないのですか?」と再び学生が聞いた。
「知らんね。関係ないだろう。」と高圧的な口調で教授が答えた。
分りました。」と学生は答えると……
答案用紙の山をさっと持ち上げ、素早く自分の答案用紙をその中ほどに差し込んで教室をでていった。

#真面目?
米ニュージャージー州のハンター2人が狩りに出た。1人が木から落ちてしまった。
仰天した連れのハンターが携帯電話で『息がない』と緊急通報した。
救急隊のオペレーターが『落ち着いて。大丈夫。
まず、生きてるのか死んでるのか、はっきりさせて』と声をかける。
一瞬の静寂後、オペレーターの耳に1発の銃声。
続いて、『はっきりさせたよ。これからどうしたらいい?』というハンターの声が響いた。

#順序
ジョンとリチャード。2人の兄弟とその母は、ジョンがかわいがっている老猫と暮らしていた。
ある日ジョンは、仕事で5日間外国へ行くことに。
「リチャード、猫と母さんの世話を頼むよ」
「わかった。安心して行って来い」
でも猫が心配なジョンは、外国から毎日電話でリチャードに猫の様子をチェックした。
「リチャード。猫の様子はどうだい?」
「元気だよ」
次の日も
「リチャード。猫の様子はどうだい?」
「元気だよ」
毎日そんな感じで、5日目もジョンは電話でたずねた。
「リチャード。猫の様子はどうだい?」
「病気で死んだよ」
あぁ、なんてこった!……リ、リチャード!!!今まで元気だと言ってきたのに、そんなことをいきなり聞いたら僕がショックを受けるのはわかるだろ!
悪い知らせは徐々に聞かせるもんだぞ。1日目に『元気だ、でも屋根に上ってる』、2日目に『屋根から落ちた』、3日目に『獣医のところにいる』、4日目に『様態が悪化した』、これで5日目に『死んだ』と聞く方がどれだけ救われるか!」
「ごめん」
「…もういいよ。それより母さんは元気か?」
「元気だ。でも屋根に上ってる」

#賄賂
ある被告人と弁護士の会話
被告人「裁判官に賄賂贈ったらどうだろう?葉巻とかさ。」
弁護士「やめておきなさい。あの裁判官は倫理観にとても厳しい方です。裁判中にっこり微笑みかけるのも控えた方が良いでしょう。」
そして裁判当日、被告人は終始無表情のまま裁判を終えた。
判決は被告人に優位な結果となった。
被告人「弁護士先生、葉巻のアドバイスが役に立ちました。」
弁護士「そうですか。贈らなくて良かったでしょう?」
被告人「いや、贈ったんです。いかにも安物の葉巻をね。」
弁護士「え?」
被告人はニヤリと笑って続けた。
被告人「原告の名刺と一緒に。」


海外のドッキリ押淵▲ペラ)


IMG_8741
今日は大手町に出没です。
たまにはロメスパ(焼きスパ)でも食べるかと伺ったのは、なな何と5年ぶりの再訪です。
今日のお店は「リトル小岩井」さんです。

住所: 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル地下2階
電話:03-3201-2024
定休日: 日曜日、祝日

IMG_8740

IMG_8734
お店の外観です。
相も変わらず「行列」のお店です。

IMG_8736
店内の雰囲気です。

IMG_8735
メニューです。

今日のオーダー「イタリアン」@510円です。
このお店は小岩井農場の関連会社が経営するお店で有楽町「ジャポネ」はこちらを独立した方だとか、そういう歴史からすればやはりこのお店はロメスパの絶巓(ぜってん)なのです。

IMG_8737
待つこと1分「コールスル―」の到着です。
5年振りの再食ですが、美味しくありません。
なんでこのように不味く作れるのでしょうか(笑)

IMG_8738
待つこと7分で「イタリアン」の到着です。
「イタリアン」はベーコン、エビ、玉ねぎ、ピーマン、マッシュルームの塩味です。
味ですか・・・
ロメスパですからまさに焼きスパです。
個人的には有楽町の「ジャポネ」さんみたいにしっかりと焼いた方が好きです。
プラ〜スロメスパは醤油系の方が美味しいと思います。
味ですか、まずまずですね。

IMG_8739
後半飽きてきますので後半はチーズとタバスコを少少かけると味がしまります。
ウン、これでしょうロメスパの醍醐味は・・・
自分好みに味が変えられますからねビックリマーク
それにしても大手町で@510円のスパゲッティーというのは驚異的です(笑)

それでは(^_-)

日本橋 タイかぶれ食堂

今日は「American joke Vol.3」 です。
huhuhu
American jokeって面白いですよね!
笑って下さいm(__)m

#知らぬが仏
不幸な身の上のジョンはある日、孤児院の先生に尋ねた。
ジョン「先生。どうして僕にはパパとママがいないの?」
先生「あなたのご両親はね、ジョン。あなたが小さい頃、黒人の強盗に殺されてしまったのよ」
ジョン「どうして僕は歩けないの?目が見えないの?」
先生「その強盗にひどいことをされたからよ」
ジョンは黒人を恨んだ。全ての黒人を憎んだ。
無理だと分かってはいたけれど、いつか犯人を探してぶち殺してやろうと思っていた。
ある日先生がいった。
先生「喜びなさい、ジョン!あなたの足と目が治るのよ!」
ジョンはまず足の手術を受けた。
そして目の手術をした翌日、ジョンは治ったばかりの足で電車の前に飛込んだ。

#墓石
墓地にひときわ立派な墓石が建っていた。
表面にはこうある。
「偉大な政治家
 精錬潔白な男
 ここに眠る 」
通りかかった老人がそれを見てつぶやいた。
「二人の人間を一つの棺に入れることができるなんて、わしゃ知らなんだ」

#野党体質
激しい与党叩きで有名なA党は、民意の追い風を受けて、ついに第1党を追い落とした。
その日党首は党員たちを集め、深刻な表情で言った。
「知っての通り、今日からは我々が与党だ。
 そこで諸君に聞きたい。
 我々はこれから、一体誰を叩けばいいのだろう?」

#ロス市警
LAPD(ロス市警)とFBIとCIAと言えば泣く子も黙る犯罪取締り組織だが、捜査の腕はどこが一番?という話になり大統領が一計を案じた。
森にうさぎを1匹放して先に捕まえた者が勝ちという競争をやらせてみることにしたのだ。
まずはCIAが入った。森全域にスパイ網を張り巡らし、ありとあらゆる動物と鉱物をしらみ潰しに当たって目撃情報を集める。
3ヶ月の大がかりな捜査の末、うさぎはいないとの結論に達する。
今度はFBIが入った。なんら手がかりが得られぬまま2週間が経過、森を焼き払って、うさぎもろとも皆殺しにしてしまう。
謝罪はせず、出火元はうさぎ、ということにする。
次はLAPDが入った。ものの2時間でボコボコに殴られたタヌキを1匹しょっぴいてくる。タヌキは叫んでいる。
「オーケーオーケー、分かったってば! 俺がうさぎ!俺がうさぎだ!」

#言い訳
会社に遅刻しそうになったジョンは猛スピードで運転する車の中で遅刻の言い訳を考えていた
試行錯誤の末、三つの言い訳を思いついた
〕達と朝まで呑んでたから
¬訝戮迄TVゲームで遊んでいたから
J譴熱を出したので寝ずに看病してたから
ジョンは決めた
「よしっ!H屬」
そして会社に着いたジョンに部長が
「何で遅刻したんだっ!」
ジョンは自信を持って言った・・・
「H屬任后」

#白と黒
教会での結婚式に参列していた小さな男の子が小さな声でママに訪ねた。
「ママ。あの女の人ドレスはどうして白いの? 」
「白いウェディングドレスは,幸福の色なのよ。 人生で一番幸せな日に着るのよ 」
「フーン 」
男の子はしばらく考えて,また聞いた。
「じゃ,ママ。なんで隣の男の人は黒い服を着てるの? 」

#免許証
真面目な警官ボブは、猛スピードで走り抜けようとしたスポーツカーを停止させた。中からでてきたのは、車同様真っ赤なドレスに身を包んだタカビーな感じのブロンド
「免許証をお見せください」
「まあ!ロサンゼルス市警ってなんていいかげんなの!大体、やってることに一貫性がなさすぎるわよ。昨日は免許証を取り上げたくせに、今日は免許証見せろだなんて!」

#プレゼント
「トム、お誕生日おめでとう。プレゼントよ。」
「うわーい、パパママ、ありがとう!」
トムに贈られたのは、本物そっくりのポルシェのゴーカート、最新パソコンそしてアニメDVD30本。
「よかったね、お兄ちゃん。」
「ジョニー、お前の誕生日には何を貰った?」
「僕はミニカーが1つだけだったよ。手に乗るようなちっちゃなやつ。」
「そんなけち臭いものだったのか?へへ、うらやましいだろ?」
ううん、そうでもない。」
「やせ我慢するなよ、羨ましいくせに!」
「でも僕は癌じゃないからさ・・・」


グーグルグラスが発売されます。値段は69,800円ですって・・・


IMG_8742

IMG_8743
今日は兜町に出没です。
ホテルオークラ
最初は東京証券会館にあるホテルオークラレストラン、ニホンバシでコ洒落たlunchをしようと思ったのですが、security checkが厳しくkick outされました。
というのは冗談でどうやらこのレストラン、予約客以外は駄目みたいです。
また証券業界以外の会社でも、利用することはできるようです。

ということで失意の中、踵を返して向かった先は「タイかぶれ食堂」さんです。
以外にタイ料理が好きです。
ちなみにタイに行って喋ならければ、私は現地で外国人に見られた事がありません・・・

住所: 東京都中央区日本橋1-5-6 藤ビル 1F
電話:03-5542-1617
定休日:日祝日

IMG_8752
お店の外観です。

IMG_8748

IMG_8749
店内の雰囲気です。

IMG_8744
メニューです。

今日のオーダー「ガバオ」@690円です。
店内は妙にキレイな日本語を話す店長(もしかすると日本人)とタイ人女性がかいがいしく働いています。
タイの人って礼儀正しいので好きです。

IMG_8747
待つこと3分でスープの到着です。
鶏肉で出汁をとったスープです。
これすごく美味しいですね。
絶妙な塩味に拍手です


IMG_8750

IMG_8751
待つこと11分で「ガバオ」の到着です。
何ですかこの小山は・・・
確認しましたら大盛サービスですって、いらないのに(笑)
結構おおきめの鶏挽肉です。
「ガバオ」は挽肉系が好きなのですが、肉が美味しかったのでno problemです。
甘辛魚醤味に地元とうがらしでおいしい辛みを感じます。
味ですか、美味しいですよ。
タイのほこっりした雰囲気を味わいながらリーズナブルなタイ料理を楽しみたい方にお奨めです。

それでは(^_-)

続 練馬高野台 ビッグボーイ

今日は「American joke Vol.2」 です。
アメリカンジョーク
American jokeって面白いですよね!
笑って下さいm(__)m

#落し物
医者が道に落ちている千円札を見つけたが後ろから人が歩いてくるのに気づいて
拾おうかどうしようか迷っていると後ろから歩いてきた坊主がすかさず拾った。
医者「それは私が先に見つけたのに」
坊主「医者が見捨てたものは坊主のものと決まっておる」

#ブッシュは馬鹿
ブッシュ大統領とチェイニー大統領補佐官、ラムズフェルド国防長官が飛行機に乗って話していた。
大統領が「ここから100ドル札を落とすと誰かが幸せになれるね。」
大統領補佐官は「私なら10ドル札を10枚落としますね。そうすれば10人が幸せになれる。」
「いや。」国防長官は「1ドル札を100枚落とした方がいいでしょう。」という。
するとパイロットが言った。「あんたら3人を落とせば世界中が幸せになりますよ。」
この後怒ったブッシュはこのパイロットを飛行機から突き落とした。

#賭け
ひどく酔っ払った男がバーテンダーに言った。
「おい、賭けをしようぜ。俺の右目をもし俺が噛むことが出来たら100ドルだ」
酔っ払いの言うことだ、とバーテンはその賭けを引き受けた。
すると酔っ払いは義眼の右目を取り外し、それを噛んで見せた。
酔っ払いは更に飲み、今度はバーテンダーにこう言った。
「今度は200ドル賭ける。次は左目を噛んでやる」
バーテンは男の左目をよく見てからその賭けを引き受けた。
すると酔っ払いは入れ歯を取り出し、入れ歯でその左目を挟んだ。
バーテンはかなり悔しがっていたが、酔っ払いは相変わらず飲み続けた。
酔っ払いは次にこう言った。
「あのショットグラスをカウンターの上に滑らせてくれ。
滑っているグラスの中に一滴漏らさず小便をしてやる。500ドルでどうだ」
バーテンは喜んで賭けを引き受け、目にも留まらぬ速度でグラスをスライドさせた。
男は立ち上がったが、小便をバー中に撒き散らした。
それを見たバーテンは500ドルの大金に大声を上げて喜んだ。
その後ろで別の男が悪態をついていた。
バーテンが事情を聴くとその男は言った。
「あの酔っ払い、バーに小便を撒き散らしたらバーテンが喜ぶって1000ドル賭けてたんだ」

#天の助け
ある敬虔なクリスチャンの男が川沿いを散歩していると、誤って足を滑らせ川に落ちてしまった。
岸に向って必死に泳いでいたが、流れが急で全然進まない。
すると、そこへ偶然にもボートが通り掛かり、助けの手を差し伸べるとその男はこう言った。
「いや、大丈夫。私には神様がついている。神様が助けてくれるから、助けは必要ない」
しばらくすると、また別のボートが通り掛かり、同じように男を助けようとした。
「私のことは神様が助けてくれるから大丈夫だ。さぁ、行ってくれ」
しかし、結局男はそのまま力尽き、死んでしまった。
天国に着いた男は神様に会うとすこし怒りながら尋ねた。
「神よ、どうして私を助けてくれなかったのですか?」
神は言った・・・
「何を言っておるのだ?2回も助けのボートを出したではないか・・・・・」

#世界一のビール
ビール大会の後、ビール会社の社長が連れだってバーに行った。
コロナの社長が席について言った。
「俺は世界最高のコロナビールを頼むとしよう」
バーテンダーは棚の奥からボトルを出してきた。
バドワイザーの社長も
「俺は真に世界最高のビールを頼もう。"キング・オブ・ビア"バドワイザーだ」
と、バーテンダーに頼んだ。
クアーズの社長は
「俺ならロッキーマウンテンの湧水でつくられた、あのクアーズを飲むね」
と頼んだ。
ギネスの社長が最後に言った。
「コーラをくれ」
他の社長が、なぜギネスを頼まないのか不思議そうに尋ねると、彼は答えた。
「君達がビールを頼んでないのに、わたし一人で飲むわけにはいかんよ」

#精神病院でのひとコマ
ある患者が大声で「俺はナポレオンだ!」と叫んでいる。
看護婦があわてて主治医を呼んだ。
駆けつけた主治医が訊ねた。「いつからあなたはナポレオンになったのですか?」
するとその患者は言った。「今朝からだ。夢の中に神様が現れて『お前はナポレオンだ』と仰ったんだ」
それを聞いていた同室の患者が言った。「俺はそんなことを言った覚えはないぞ!!」

#悪い知らせ
医者「悪い知らせともっと悪い知らせのどちらを先に聞きたいですか?」
患者「じゃあ、悪い知らせのほうを・・・」
医者「では・・・あなたの余命は残り2日です」
患者「なんてことだ・・・しかしそれより悪い知らせとは?」
医者「それを昨日言い忘れたことです」

#悩み
「どうしたの?深刻そうな顔して」
「ちょっと悩んでんだ、ほっといてくれよ」
「ふーん、話変わるけどさぁ、髪薄くなった?」
「話変わってないんだけど…」

#確信犯
あるバーに酔っぱらいがやってきて言った。
「ブドウをくれ」
バーテンが「ブドウなんてうちにはないよ。ここはバーだからな」と言うと、酔っぱらいは残念そうに帰っていった。
翌日、また同じ酔っぱらいが来て言った。
「ブドウをくれ」
バーテンが少しいらついて「ない」と言うと、酔っぱらいはまた帰っていった。
翌日、また酔っぱらいが店へ来ると、バーテンは堪忍袋の緒が切れて怒鳴りつけた。
「おい!どの世界にブドウを出すバーがあるってんだよ! また同じ質問をしやがったら、
その間抜けな口を縫いつけてやるぞ!」
酔っぱらいは困った顔でしばらく黙っていたが、やがて口を開いて言った。
「縫い針と糸をくれ」
「そんなもの、どこにもねぇよ!」
バーテンが答えると、酔っぱらいは安心した顔で言った。
「ブドウをくれ」

#釣りバカ
サムとジョージが川にボートを出して釣りをしていると、ちょうど橋の上を葬送の列が通り掛かった。
サムはそれを見るとボートの上で立ち上がり、帽子を脱いで胸にあて、葬列が過ぎるまで頭を垂れていた。
葬列が過ぎるとサムは帽子を被り、座って釣りを再開した。
それを見ていたジョージが言った。
「サム、君がそんな敬虔な人間だとは思わなかったよ。正直、感心したよ」
するとサムが言った。
「まあ、さすがに40年も連れ添った女房だからな」

#いい知らせ
妻「ねえ、いい知らせと悪い知らせがあるの、どっちから聞きたい?」
夫「どっちからでもいいよ」
妻「じゃあ言うわね、実は赤ちゃんができたの、あなたパパになるのよ!」
夫「そうか、で、いい知らせってのは?」

#探し物
ある職人が客の家でカーペットを敷き終わり、
一服しようとしたが、ポケットに入れておいたはずのタバコが見つからなかった。
職人がタバコを探してあたりを見渡すと、カーペットの一部が盛り上がっていた。
今さらカーペットを敷き直すのは面倒だったので、
職人は木槌でカーペットの下のタバコの箱を潰して平らにし、
何ごとも無かったように客に作業の終わりを告げた。
「まあ、何て見事な仕上がりなの!」
カーペットを見た婦人が喜びの声を上げ、ポケットをまさぐりながら言った。
「あ、そうそう。これがキッチンに落ちていましたよ」
婦人は職人にタバコの箱を差し出した。
「ところで、私のハムスターを見掛けませんでした?」


海外のドッキリ亜too big!)


IMG_8713
今日は所用があって練馬高野台に次男と出向きました。
お昼でも食べようとお店を探しましたが適当なところがありません。
結局アンパイなお店に行こうということになりました。
向かった先は「ビッグボーイ」練馬高野台店さんです。

住所: 東京都練馬区高野台2-5-15
電話:03-5923-7001
定休日:無休

IMG_8697

IMG_8698
お店の外観です。

IMG_8705
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
私は「高山にんにく直火焼きチキン」@1,153円です。
次男は「ダブル大俵ハンバーグ(450g)」@1,573円です。
ともにサラダバー、スープバー、カレーバー、ライスバーが付きます。

IMG_8701

IMG_8702

IMG_8703
サラダバーです。
相も変わらずサラダバーは充実しています。
葉物は4種類ほどで茹でたほうれん草やオクラ、豆やポテトサラダ、デザートのゼリー、杏仁豆腐、パイナップル、ドラゴンフルーツなんかもあります。
ちょっと今日のサラダはエッジが立ってなかったですね。

IMG_8706
中華スープです。
まずまずの味です。トロミが良いですね。

IMG_8707
カレーです。
辛さは中辛ですか。美味しいですよ、ウン。

IMG_8704
私のサラダボールです。
ドラゴンフルーツが彩(いろど)りを添えます。

IMG_8708
待つこと13分で「高山にんにく直火焼きチキン」の到着です。
見てください、ニンニクがゴロゴロと入っています。
これはスゴイですね(笑)
味ですか、皮をもっとジューシーに焼いて欲しいものです。
これではパリッパリッではないですか(悲)
肉が美味しいのですごく残念です・・・

IMG_8710
待つこと14分で「ダブル大俵ハンバーグ(450g)」の到着です。
ジュウジュウに焼けています。
肉はレアですが、“焼き石”が用意されていますので、自分好みの焼き加減で楽しめます。
味ですか、ここのハンバーグは調理勝ちではなく肉勝ちです。
飽きのこない美味しさです。

ちょっとお値段が高い気もしますが、サラダバー、スープバー、カレーバー、ライスバー付ですので、グルマン(大食漢)系の方には宜しいかと思います。

それでは(^_-)

神田 ど丼がぁドン 4th

今日は「American joke Vol.1」 です。
アメリカンジョーク
American jokeって面白いですよね!
笑って下さいm(__)m

#チェルノブィリ産
お婆さんが市場でトマトを売っていた。トマトには大きな字で「チェルノブィリ産」と張り紙がしてあった。
客「おばちゃん、こんな張り紙したら、誰も買わないんじゃないの?」
婆「お若いの、修行が足らんね。皆、たくさん買っていくよ。」

#出生届
税務署にて
「では次の方どうぞ」
「ママママママママイケル=スススススススミスです。」
「あの、落ち着いて下さい。」
いいえ、私は落ち着いていますが、父が私の出生届を出すときに緊張していたもので」

#毒ヘビ
A「なあ、俺たち毒ヘビだよな?」
B「ん? ああ、俺たちは毒ヘビだよ」
A「・・・」
B「なんかあったのか?」
A「さっき、舌噛んじゃった・・・ ・・・」

#スイカ泥棒
あるスイカ畑の農民は、自分の畑から時々スイカが盗まれるのに困ったので、ひとつ策を施すことにした。
「この中にひとつ青酸カリ入りのスイカがある。」と書いた看板を立てたのだ。
すると、それ以来1つもスイカは盗まれなくなった。
そしてついに収穫の日、農民が畑を見ると、例の看板にこんな張り紙が
「今は2つ」

#妻の理由
裁判官 「あなたはなぜ夫を椅子で殴ったのですか?」
妻 「それは、テーブルがあまりにも重かったからです」

#世界一のきこり
「私は世界一のきこりです。昔はサハラできこりをしていました」
「サハラは砂漠じゃないか、なに言ってんだwwww」
「だから世界一なんだ」

#ブッシュは馬鹿
ジョージ・ブッシュが死んで天国の門番のところにやってきたそうだ。
そこで、門番にこう言われた。
「お前は本物のジョージ・ブッシュか?ならば、証拠を見せよ。アインシュタインがここにやって来たときは、相対性理論について語ってくれた。
ベートーベンが来たときには、ここで運命を演奏してくれた。さて、キミは何をする?」
ブッシュはしばらく考えてこう言った、「ええっと、アインシュタインとベートーベンっていったい誰ですか?」
すると門番は言った、「確かにキミはジョージ・ブッシュだ!疑って悪かったな。さあ、ここを通れ。」

#草食
ある弁護士が道で草を食べている男を見つけた。
弁護士:「どうして草なんかを食べてるんだ」
男:「職がなく、食べる物もなく草を食べているんです」
弁護士:「私の家に来なさい。さあ、車に乗って」
男:「でも、私には妻と二人の子供がいるんです」
弁護士:「かまわない。みんな呼んできなさい」
そういって車にその家族を全員乗せた。
男は弁護士に礼を言った。
男:「家族全員に・・・なんとお礼をいってよいか」
弁護士は言った。
弁護士:「なぁに、かまう事はないよ。うちの家の草は30cm以上伸びているから」

#ブッシュは馬鹿
小学校を訪問していたブッシュ大統領が、あるクラスで質問した。「誰か "悲劇" の例を挙げられる子はいるかい?」
小さな男の子が立ち上がって答える、「隣に住んでる一番仲のいい友だちが道で遊んでいます。そこへ車が来てひき殺されちゃったら、それが悲劇だと思います」
「いや。その場合は、"事故" だろうね」、ブッシュが答えた。
今度は女の子が手を上げた。「スクール・バスに 50 人の子が乗っています。崖から落ちてみんな死んじゃったら、それが悲劇だと思います」
「残念だがね、それはね、"大きな損失" って言うんだよ」、ブッシュが答えた。
教室は静まり返り、誰も手を上げようとしない。
ブッシュが言う、「どうしたんだね、みんな? 悲劇の例を挙げられる子は誰もいないのかな?」
ついに後ろの方に座っていた男の子が手を上げた。そして、自信なさそうに言った。「ジョージ・ブッシュ一家を乗せている飛行機が爆弾で吹き飛ばされたら、それが悲劇じゃないですか?」
素晴らしい」、ブッシュは顔をニコニコさせた。「すごいよ、君。で、教えて欲しいんだけど、どうしてそれが悲劇だと思ったの?」
その子は答えた、「だってこれは事故じゃないし、それに大きな損失でもないと思ったんです」

#ブッシュは馬鹿
トニー・ブレアとジャック・シラクとジョージ・ブッシュがある研究所に集められ
ウソ発見器にかけられることになった。研究者が3人に言った。
「この椅子に座って日頃から考えていることを自由に喋ってください。
もしそれが嘘だったら、ビーッと音が鳴ります」
まず初めにブレアが装置を頭に付け、椅子に座った。
ブレアは言った。
「私はいつも考えています。イラクに真の平和が訪れればいいなと」
「ビーッビーッ」
次にシラクが座って喋り始めた。
「私はいつも考えています。イラクが豊かな国になって繁栄すればいいなと」
「ビーッビーッ」
最後にブッシュが椅子に座って喋り始めた。
「私はいつも考えています」
「ビーッビーッ」

#ハエ
とある男がハエに芸を仕込んだ。
そのハエは賢く、ありとあらゆる芸を覚え、一攫千金も確実と思われた。
男はハエを見せるために、とある酒場へ向かい、マスターの前でハエの芸を見せる事にした。
「おい、マスター。このハエをみな」
マスターはハエを見ると
「おっと、すみませんね旦那」とたたきつぶした。

#ワシントンの桜の木
先生「ワシントンが桜の木を切ったことを正直に話したとき、
   彼の父親はすぐに許しました。
   何故だか分かりますか?」
生徒「はーい。ワシントンはまだ斧を持っていたからだと思います」


すげえ・・・身体の一部があんなことに!衝撃的なマジックが話題になっています


今日は神田に出没です。
たまにはほっこりとしたランチでも食べるかと訪れたのがこちらのお店です。
ということで今日のお店は「ど丼がぁドン」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-5-7 村瀬ビル 1F
電話:03-3293-1010
定休日:日曜日

IMG_8460
お店の外観です。

IMG_8464
店内の雰囲気です。

IMG_8461
メニューです。

今日のオーダー「野菜チーズ煮込み」@780円です。
久々ですね、このお店。
なな何と1年近く来ていません。
ということで久闊を叙しながら奥様と世間話をしていました。
正月は帯広から両親が来てくれたのですね。
東京から帰省すると交通費だけでも大変ですからね。

IMG_8462
待つこと2分でポテトサラダの到着です。
相も変わらずここのポテトサラダは美味しいですね。
味付けもさることながら奥様の実家から送ってくれる十勝産のポテトが良いのでしょう。

IMG_8463
待つこと8分で「野菜チーズ煮込み」の到着です。
野菜の甘さとトマトの酸味とチーズのまろやかさが渾然一体となって、言うに言われぬ味わいとなっています。
とても落ち着いた味わいで美味しいです。
強いて苦言を呈するのであれば自家製チャーシューは少し温めてからのせた方が違和感ないように思います。
でも後半、煮込みの熱で温まりますので、no problemですよ・・・

それでは(^_-)

淡路町 歓酔亭

今日は「意味が分ると面白いアメリカンジョークfinal」の話です。 

ドイツで最近、牧師に懺悔してどうしたらよいか尋ねた男がいた。彼はすすり泣きながら言った。

男 「懺悔することがあります。第二次世界大戦の最中、私は難民を天井裏に匿ったのです。」
牧師「それは、罪とは言えませんよ。」
男 「だけど、彼に家賃を払わせたのです。」
牧師「それはさすがによろしく無いことだ。しかし君自身もリスクを背負ったのだ。」
男 「本当にそう思いますか?ああ、牧師様、ありがとうございます。あなたがそう言ってくれた事でどれだけ私の良心が救われたことか。しかしながら、もう一つだけ質問があります。」
牧師「それはなんでしょうか?」

男 「彼に戦争が終わったことを教えてあげなくちゃだめでしょうか?」


ドイツ軍とイタリア軍の対峙する前線。
両軍とも塹壕に篭り、相手に損害を与えられないまま戦線は膠着状態となった。
塹壕に篭ったイタリア兵を狙撃するためドイツ軍は、イタリア人によくある名前を叫んで
頭を出したところを狙撃するという策に出た

独兵士「おーい、マルコ!マルコはいないか?!」
伊兵士「ここだよー」
と、頭を出して答えたイタリア兵は撃たれる

この策で多くの損害を出した末にイタリア兵もようやく学習し、同じことを
ドイツ兵に対して試みた

伊兵士「おーい、アドルフ!アドルフはいないか?!」
独兵士「今俺の名前を呼んだのはどこの誰だ!」
伊兵士「はい、私です!」
頭を出して答えたイタリア兵は撃たれた


ジョージ・W・ブッシュが演説でイラクを非難して言った。
「無能で傲慢な指導者のために経済は滞り、街は失業者で溢れている。
国際社会と協調することもなく、周辺諸国に脅威を与えている!こんなに恥ずかしい国は他にない!」
演説を聞いていた人たちは、なぜ彼がアメリカの批判をするのか理解できなかった


「ウェイター、俺に石みたいにコチコチのタマゴと冷たいベーコン、
 それに黒焦げになったトースト、薄くてぬるいコーヒーを持ってきてくれ」
「申し訳ございません、当店ではそのようなご注文は……」
「どうしてできない?昨日は確かにそんな料理が出てきたぞ」


「ようミュラー。だいぶ変わったな。髪は白くなったし、ヒゲも生えてる。それに太ってしまったな」
「でも、私はミュラーじゃないです」
「名前も変わったのか」


AはBとCに対して「一枚の切符で電車に乗る方法」を教えていた

「まずは1枚だけ切符を買っておく。そして電車に乗るんだ」
「電車が出発したら、二人でトイレにこもって用を足してる振りをするんだ」
「そうしたら、車掌がドアをノックしたらドアの隙間から一枚だけ切符を渡す」
「これで一枚の切符で二人が電車に乗れるってわけさ」

この話を聞いたBとCは早速言われたとおり一枚だけ切符を買い、電車に乗った
Aは切符を買わず同じ電車に乗ってBとCが入ったトイレの前に立ちノックすると
ドアの隙間から切符が出てきた。Aは切符を受け取り、悠々と自分の席に座った。


「その葉巻はいくらだね?」
「一本で十五セント。二本なら二十五セントで」店主が答えた。
「一本でいい」客は、十五セント出して葉巻を一本とって立ち去った。
そのやり取りを見ていたジョンがすかさずカウンターに行って十セントを出した。
「残りの一本をくれ」


生徒:「なにもしてないのに罰をうけることってある?」
先生:「もちろん、そんなことないわよ。」
生徒:「よかった・・・ボク、なにもしていないんだ・・・宿題・・・」


A「なあ。きみは患者に恋したことがあるか」
B「ああ。医者だって恋はする。たまたま相手が患者だったというだけさ」
A「・・・そうか。そうだよな。患者に恋したっていいんだよな」
B「なんだよ、もしかしてお前」
A「うん・・・。立場上、許されない恋かと悩んだこともあったけど、お前の話を聞いて安心した。
 患者に恋するのはいけないことじゃない。恋はすばらしい。恋の炎は誰にも消せやしない」

B「でも、お前は獣医だろ」


影のtrickです。
影

影


今日は淡路町に出没です。
今日は猛暑です。
サッパリしたものが食べたくてお邪魔したのがこちら「広島酒蔵 歓酔亭」さんです。

住所: 東京都千代田区神田淡路町1-1 神田クレストビル 1F
電話:03-5296-7538
定休日: 日曜日・祝日

IMG_8772
お店の外観です。

IMG_8781
店内の雰囲気です。

IMG_8777

IMG_8775
メニューです。

IMG_8773

IMG_8779

IMG_8780
今日のオーダー「真鯛とカンパチのお刺身丼」@950円です。
この料理には小鉢、漬物、生卵(丼の時は付かない)、はっさくゼリーがつきます。
味ですかさすが高級魚真鯛とカンパチは身がプリンプリンしていて美味しいですネ。
胡麻醤油仕立てのつけ汁は胡麻と醤油のコラボですが刺身に良くあいます。
作り手のセンスの良さが現れています。
しかしこのような魚介系丼を食べる時いつも思うのですが、刺身の量とご飯の量が合っていません。この丼も最後の方ではご飯が余ってしまいました。
どうしてでしょう、値付けが先にあるので後は逆算して刺身数が決まってしまうのでしょう、従って刺身とご飯の量は斟酌しないのでは穿って見てしまうのです。
多分作り手は完食までの試食しないのでしょうね・・・
何れにしてもstressが残ってしまいました。

それでは(^_-)

続 岩本町 駄文

今日は「意味が分ると面白いアメリカンジョーク其の四」の話です。 

「トム、お誕生日おめでとう。プレゼントよ。」
「うわーい、パパママ、ありがとう!」
トムに贈られたのは、本物そっくりのポルシェのゴーカート、最新パソコンそしてアニメDVD30本。
「よかったね、お兄ちゃん。」
「ジョニー、お前の誕生日には何を貰った?」
「僕はミニカーが1つだけだったよ。手に乗るようなちっちゃなやつ。」
「そんなけち臭いものだったのか?へへ、うらやましいだろ?」
「ううん、そうでもない。」
「やせ我慢するなよ、羨ましいくせに!」
「でも僕は癌じゃないからさ・・・」


ある墓にこんな事が書いてありました
「誠実な男、そして政治家だった男、ここに眠る」
近くを通りかかった新人神父はこう言いました
「これは珍しい。一つの墓に二人も埋めるなんて。」


刑務所:三度の食事が無料で出る
会社:一食だけで,しかも自費。

刑務所:真面目に働けば早く出られる
会社:真面目に働けばさらに仕事が増える

刑務所:専用トイレがある
会社:トイレは共用

刑務所:経費は税金から支払われる
会社:給料から税金が引かれる

刑務所:いじわるな見張りがいる
会社:いじわるな見張りがいる


「パパ〜馬鹿って何〜?」
「相手に何かを伝えるとき、簡単に済むことでも、
 わけのわからない長ったらしい方法で伝えようとしてしまって
 結局相手に何が言いたいのか伝わらなくなってしまうような人のことだよ
 わかったかい?」
「わからないよパパ」


旅客機に乗客が乗り込み、しばらくしても出発しようとしなかった。
1時間もした頃、機内アナウンスが流れた。
「こちらは機長で本機はエンジンにトラブルが見つかりましたので、離陸は中止いたします」
それを聞いた乗客は、散々待たされたイライラもあり、口々に「ふざけるな!」と叫んだ。

やがて再び機内アナウンスがあった。
「じゃあ、飛びます」
機内は大パニックになった

面白像です。
つまむ

軽い


今日は岩本町に出没です。
岩本町といえば関西風自家製うどん「駄文」さんに再訪です。

住所: 東京都千代田区岩本町2丁目12-8
:03-3866-0282
定休日: 日曜・祝日

IMG_8673
お店の外観です。

IMG_8674

IMG_8675
メニューです。

IMG_8676

IMG_8677
今日のオーダー「冷やしカレーつけ麺」@870円です。
ここの味付けはお気に入りです。
はたして初挑戦のカレーつけ麺は如何でしょうか。
早速実食です、モチモチ、腰のあるうどんをつけ汁につけていただきます。
アレッ!これは普通のお蕎麦屋さんのカレーですね。
決して不味くはないのですが、やはり最近のtrend、パンチがありません。
最近分ってきたのですが、つけ麺はつけ汁が熱く、麺も熱いのが一番です。
つけ汁が熱く、麺が冷たいと途中でつけ汁が冷めてきて、味わいが落ちるのですね。
これって当たり前の感覚だと思うのですが如何でしょうか?

それでは(^_-)

嵐山 モール

今日は「意味が分ると面白いアメリカンジョーク其の四」の話です。 

ある会社の社長婦人と新入社員のトムが浮気をしていた。
他の従業員が帰った後、いつもの社長室で密会をしていると足音が近づいてきた。

社長婦人「大変!夫が帰ってきたわ!トム早く窓から逃げて!」
トム「だってここは13階ですよ!?」
社長婦人「こんなときに縁起を担いでいる場合じゃないわ!」

トムは死んだ


ブロンドにクレジットカードの請求書が届いた。
彼女はクレジットカード会社に出向いて言った。

「支払いをしにきたわ。カードでお願い」


あるところに言葉をしゃべるアヒルがいた。ヨチヨチと歩き、コンビニに行き
「川魚おいてある?」
と聞いた。店員は
「申し訳有りません。当店には御座いません」
仕方なくアヒルはヨチヨチ帰っていった。すると15分後また同じコンビニで
アヒル「川魚ある?」
店員「先ほども言いましたが御座いません」
またアヒルは帰っていった。と、思っていたが、また15分後アヒルが同じコンビニで
「川魚ある?」と聞くのです。店員は「次来やがったら、お前の水掻きを釘で
地面に打ちつけてやるからな !!」しかたなくアヒルは帰っていった。
するとまた15分後アヒルが来て
アヒル「釘ある?」
店員「コンビニにあるわけ無いだろ!」
アヒル「川魚ある?」


先生「キャシー、あなたがリンゴを5つ持ってるとするわね?
   そしてメアリーにリンゴを2つちょうだいといってもらったとします。
   そのあと私がリンゴを3つちょうだいって言ったら、
   あなたの持ってるリンゴは一体いくつ?」
キャシー「7つです」


ある青年が、らくだと共に砂漠を旅していました。
しかし思った以上に長く続く砂漠に、若い青年の性欲は耐える事が出来ませんでした。
そこで青年は思い付きました。
「そうだ!らくだとやろう!」
青年はらくだの後ろへまわると早速自分のものを入れようとしました。
しかしその時らくだはトトッと数歩前へ。それに青年が近づき再びチャレンジ。
しかしらくだはまたもやトトッと数歩前へ。その後、何度も試したけど同じ事の繰り返し。
青年は行為をあきらめ、再びらくだと旅を続けました。
そしてしばらく歩いていると、なんと前方にきれいな女性が倒れているではありませんか!
青年は女性に言いました。
青年:「大丈夫ですか?」
女: 「あ、、の、のどが乾いて死にそうなんです・・・」
青年はここぞとばかりに言いました。
青年:「じゃあ、水をあげたらなんでも言う事をきいてくれますか?」
女: (ためらって)「はい、なんでも言う通りにします……」青年は水をあげた。
女: 「ああ、ありがとうございました。おかげで助かりました。」
青年:「よし。言う事をきいてもらうぞ」
女:「・・・はい」
青年:「じゃあちょっとラクダを押さえててくれ」

アヒルの話はアメリカンジョークっぽくていいですね。
ラクダのジョークは有名です、ハイ。


IMG_8641

IMG_8301
今日は嵐山町に出没です。
駅でいえば東武東上線の「武蔵嵐山駅」ですか、ここの駅前って食べもの屋さんは中華料理の「精華」さんしかありません。
ところが今日はその「精華」さんが定休日ではありませんか。
万事窮す、困った。少し視点を変えて見たら「精華」さんの2階に喫茶店がしかもランチサービスをやっているとのこと、これはついている!
ということで今日のお店は、こちら軽食と喫茶の「モール」さんです。

住所: 埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷135
:電話0493-62-5530
定休日: 不明

IMG_8642
お店の外観です。

IMG_8643
階段を上って入店です、二階だから当たり前か(笑)

IMG_8647
店内の雰囲気です。

IMG_8644
メニューです、全般にかなり値付けが安いですネ!

IMG_8645

IMG_8646
今日のオーダー「ナポリセット(ナポリタン+アイスコーヒー)」@650円です。
見た目美味しそうです。
ここのナポリタンは中太麺+ピーマン+玉ねぎ+ハムの洋食屋っぽい構成です。
味はやや辛め、炒めは野菜炒め級で固め、ソースはシャツには飛びにくい系です。
美味しいじゃない〜ですか!
しかしこの日粉チーズを切らしていたので、それがあれば私的には大満足でしたのに、ハイ。
150円のサービス券をもらったので今度はピラフに挑戦しましょう。

IMG_8640
ところでこの中塚清子さんですか、なぜかこの妖艶な笑顔をみていたら、金縛りにあったように動けなくなりました。
折角ですので記念の写真を撮りました、嵐山は奥深いぞ(笑)


それでは(^_-)

銀座 善光寺蕎麦銀座

今日は「意味が分ると面白いアメリカンジョーク其の参」の話です。 

イギリス人にジョークを言うと三度笑う・・・話した時と、意味を説明した時と、何日かたってその意味がやっとわかったとき。
アメリカ人にジョークを言うと二度笑う・・・話した時と、そのジョークを彼が漫画雑誌に売ったとき。
日本人にジョークを言うと一度しか笑わない・・・話した時愛想笑いをするだけ。その意味がわかることはないから、二度と笑うことはないのだ。

教授はレントゲン写真を見せながら、学生たちに説明した。
「この患者は、左のヒ骨と頚骨が著しく湾曲している。そのため足をひきずっているのだ。
スティーブ、こういう場合、君ならどうするか言ってみなさい」
スティーブは一生懸命考えて答えを出した。

「えっと、僕もやっぱり足をひきずると思います」


宝くじで三億円を手にした男が、テレビ局のインタビューに答えていた。
「当選おめでとうございます!このお金は何に使いますか?」
「はい。5ヵ所の消費者金融に借金を返そうかと」
「なるほど。で、残りはどうします?」

「はい。残りのところには、もうちょっと待ってもらおうかと」


入院したばかりの男のところへ、担当医師がにこやかな表情で現れる。
「良い知らせをもってきましたよ。あなたはごく軽い肺炎です」
それを聞いても、患者の表情は浮かないまま。
「私の父は、軽い肺炎と言われて肺ガンで死んだんです。全然安心できません」
医師は患者の手を握り、やさしく言い聞かせた
「安心しなさい。私に限ってそんなことはない。私が一度肺炎だと言えば、死ぬときは肺炎で死ぬのです」


ある日の事、地獄に優秀な技術者が送られてきた
技術者は、地獄の釜を簡単に修理し、針の山を鋭くし、拷問器具もより効率のいいものを創りだしてしまった
悪魔はこれは良いひろいものをしたと喜んでいたが、そこに天使がやってきた

天使「その技術者はもともと天国へいくはずだったんだ。引き渡せ」

悪魔「断る、技術者を渡すわけにはいかない」

天使「なんだと?では神の名のもとに法廷を開こうではないか」

すると悪魔はニヤリとして言った

悪魔「いいだろう、だが弁護士はみんなこちらにいるぞ」


今日の画像は日本の高所清掃です。
私には絶対出来ません(笑)
日本の高所清掃

日本の高所清掃



IMG_8601
今日は銀座に出没です。
いつもこの狭い路地から人が出てくるので気になって入ってみましたら、なな何とお蕎麦屋さんだったのです。
ということで今日のお店は、こちら「善光寺蕎麦銀座」さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルB1F
:03-5579-9555
定休日: 無休

IMG_8602
お店の外観です。

IMG_8613
この急な階段を下りて始めて店内です。
意外と広い(30席程度)店内に驚きました。

IMG_8605

IMG_8606
メニューです。

IMG_8609

IMG_8611

IMG_8612
今日のオーダーは「三色とろろせいろ大盛」950+100=@1,050円です。
となりの人の蕎麦量を見て大盛にしたのですが、着蒸篭した蕎麦量を確認したら実は隣の人も大盛を頼んでいたというオチでした。しかし量がすくないですね・・・
蕎麦自体は冷水でよく洗われていて清涼感たっぷりでイケます。
蕎麦にはコシもあり、ほのかに蕎麦の香りもし、なかなかのものです。
三色とろろの内容は、おくら、めかぶ、とろろです。
めかぶが臭いですネ、ちょっと興ざめですか。
ところでこのお店、もりが@550円ですので減算すると三色とろろ単体は@400円です。
この値段は天麩羅蕎麦の天麩羅単体と同値です。
このお店の値付け少し高いのではないでしょうか、それに大盛であの量というのも考えてしまいます。
何れにしても震災チャリティの天麩羅蕎麦の割引券をもらったので後一回だけ行ってみようと思います・・・乞うご期待!

それでは(^_-)

静岡市 やがら

今日は「意味が分ると面白いアメリカンジョーク其の壱」の話です。 

先生「ワシントンが桜の木を切ったことを正直に話したとき、彼の父親はすぐに許しました。
   何故だか分かりますか?」
生徒「はーい、ワシントンはまだ斧を持っていたからだと思います。」


毎晩、夫がどこにいるか確実に知っている女性は?
答:未亡人。


息子「お父さん。酔っぱらうってどういうことなの?」
父親「うーん、説明しづらいんだけど、例えばそこにグラスが2つあるだろう。 それが4つに見えたら酔っぱらっているということだ」
息子「でもお父さん。グラスは1つしかないよ?」


ある男が街を歩いていると、少年に呼びとめられた。
「おじさん、今1ドル落としませんでしたか?」
男はちょっとポケットを探っていたが
「ああ落としたようだ。坊や、拾ってくれたのかい?」
「いいえ」少年はポケットから手帳を取り出し、なにか書きながら言った。
「今ボクたち、この町に何人ウソつきがいるか調査しているんです」


ある早朝のこと、母親が息子を起こすために部屋に入って言った。
「起きなさい。学校へ行く時間ですよ!」
「なんで、お母さん。学校になんか行きたくないよ」
「なぜ行きたくないの?理由を言いなさい!」
「生徒たちは僕のこと嫌ってるし、それに先生たちまで僕のこと嫌ってるんだよ!」
「そんなの、理由になってないわよ。さあ、早く起きて支度しなさい」
「それじゃあ僕が学校に行かなきゃならない理由を言ってよ!」
「まず、あなたは52歳でしょう。それに、校長先生でしょう!」

如何でしたか?
ワシントンの斧のジョークは有名ですよね!
個人的には二番目のジョークが一番好きです。


今日の画像は思わず頭が下がるものです。
このお坊さんは震災があった時、青森から草鞋で歩いて被災地まで行脚した方だそうです。
お坊さん

お坊さん


今日は静岡に出没です。
今日のお店は勘で入りました「やがら」さんです。

住所: 静岡県静岡市葵区紺屋町6-4
電話:054-254-8230
定休日:日曜日

IMG_8515
お店の外観です。
店名の「やがら」は「宝魚」の魚の名前のあて字です。
とても口の長い珍しい魚で、皇室に献上されるような高貴な魚だそうです。

IMG_8516
お店の紹介です。
実はこの記事を見て入店を決めたのです。

IMG_8517

IMG_8518
メニューです。

IMG_8519

IMG_8526
今日のオーダー「葱たっぷり穴子定食」@980円です。
そもそもこのお店はランチタイムの書き入れ時だというのに料理人長谷川宝さんしか厨房にいません。そんなことで結構待たされたのです。

それと何を勘違いしたのかこの穴子定食を煮穴子と勘違いしていたのです。
ところが出てきまましたのは豈(あに)図(はか)らんや天麩羅でした。
ウーン天麩羅はカロリーが高いのでそれと知っていたのなら頼まなかったのにです。
味ですか、天麩羅はカラッと揚がっていて美味しいのですが、その上に味の付いた葱がのっているのですがハッキリしなかったのです。
味噌汁を飲んでみて、ここの料理人長谷川宝さんの料理の腕はかなり高いと分ったのですが、この「葱たっぷり穴子定食」に限ってはペケポンですね。
久々に読み違えたようです、こんな日もあります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ