前からザリガニって姿・形からするとエビの仲間ではないかと疑問に思っていたのですが
やはりこの疑念は正しかったようです。
正しくいえばザリガニは「ザリガニ科淡水産エビ」だそうです。
何かインド人が白人種なのと似ていますね。
日本には在来種と外来種があり、在来種は茶色で体調は6cmぐらい、外来種はアメリカから搬入された赤茶色の大型種で体調は10cm位になるそうです。
いわゆるアメリカザリガニですね、別名エビカニ(ヤハリナ)だそうです。
日本に食用カエルの餌として、1930年にニューオリンズ産のアメリカザリガニが百匹船便で運ばれ、しかし長い航海で生き残ったのはわずか二十匹です。この二十匹が猛烈な勢いで繁殖し日本のザリガニの最大勢力となったそうです。
椎名誠著「全日本食えば食える図鑑」より抜粋
昔よく四ツ手をもって友達と水元公園に行き、死ぬほどアメリカザリガニをとってきて、母親に頼んでエビ(カニ?)フライにしてもらいハフハフ食べたことが思い出されます。

今日のお店は新潟駅前にある「無尽蔵 花園家」です。
お店のパチリです。

派手な看板ですね。

住所: 新潟市中央区花園1-2-2
電話番号:025-290-6366
営業時間:11:00〜22:30
定休日:不明
今日の獲物は醤油ラーメン@680です。


この「無尽蔵」最大の特徴は麺にあります。
麺のコシを得るために柿渋を練りこんだ極太麺が特徴で、今までに無いツルツル感とシコシコの腰が有ります。スープは「あっさり」「普通」「こってり」味が選べます
個性の強い極太麺に合わせたスープには厳選された鰹・煮干を粉末にして濃厚なスープを取っており、さらに精選した背油を使いインパクトの強いラーメンスープとなっています。

味ですかこれは美味しい。
まず麺がツルツルショキショキです。スープは少し魚介系味が強く感じますが気にはなりません。全体的にスープは濃厚で、しかもハフハフ熱々で美味しいです。チャーシューも美味しいししかも半トロトロです。海苔もパリパリで美味しい。半熟卵もグッ完成度の高いラーメンといってもいいでしょう。


新潟駅駅ビルCoCoLoトイレの入口に貼ってあった注意書きです。これは白昼の死角ですか・・・すごいことを考えるドロさんもいるものです(笑)

それでは(^_-)