今日は「家電の思い出」です。
yjimageEC5KWJWZ
私の大好きな高畑充希さん主演の「トト姉ちゃん」が佳境に入ってきました。
現在は後半の目玉の「商品試験」の序章です。
そこでは、昭和ノスタルジーである電化製品の「三種の神器」というワーディングが出てまいります。
この言葉は、1950年代後半、戦後日本において、新時代の生活必需品として宣伝されたのが白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫の3種類の耐久消費財の事をいいます。
これは歴代天皇に伝わる三種の神器になぞらえられて家電の「三種の神器」と呼ばれたのでした。
新しい生活・消費習慣を表すマスコミ主導のキャッチコピーであり、豊かさや憧れの象徴でもありました。
日本の高度成長とともに三種の神器はあっという間に全国の家庭に普及していったのです。
この頃から日本人の暮らしも徐々に豊かになって参りました。
現在におきまして、家電の三種の神器は時短家電の「三種の神器」に変わっていっています。
時短家電の「三種の神器」とは、ロボット掃除機、食器洗い機(食洗機)、乾燥機付き洗濯機の三つをいいます。
日本経済が右肩上がりになっていく中、人々が汗水たらして働き、すくない貯えの中から求めた昭和の三種の神器とは違います。
皆が買いたい、持ちたいというような憧れの商品ではないのです。
誰にとっても「なくてはならない家電」ではありません。
お金で時間を買いたいと思っている層、特に家事にかける時間をできるだけ減らしたいと思っている層には強い要望がある商品です。ちなみに我が家には何もありません。

大昔、私が新しい家電で衝撃を受けた商品があります。
それは電子レンジです。
確か父が酔った帰りに電気屋さんの前を通ったら、電気屋さんの奥さんは、父が酒に意地汚いのを知っていて、旦那さん。冷えたビールがありますよ。一緒に飲みませんか、と言ったのです。
このような誘いを絶対に断ることをした事がない父でした。
案の定、ビールのつまみは松下電器の新商品の紹介でした。
世の中タダより高いものはありません。
翌週の日曜日に、くだんの奥さんが従業員と一緒にわが家に真新しい電子レンジを持って参りました。
病弱の母はそれを見て小躍りして喜びました。
DSC05945
電子レンジを開梱して、早速くだんの奥様がデモンストレーションで洋菓子を作ってくれたのです。
それは焼きリンゴでした。
実は母は洋食が苦手で、ましてスウィーツなぞは作った事がありません。
そのような洋菓子飢餓状態の我が家で初めての洋菓子が約5分でできたのです。
これには驚きました。
さら〜に驚いたのはその焼きリンゴの美味しさです。
中までしっかり柔らかくできあがったジューシーな焼きリンゴに電子レンジと一緒に持ってきたキャラメルソースをかけ回しますとこの世の物とも思えない味わいだったのです。
この時の感動は今でも心に残っています。
従いまして、今でもアップルパイを食べますと、家族全員が満面の笑みで食べた焼きリンゴの味わいが昨日のことのように思い出されます。
これが私の家電商品での最初のリスペクトでありました・・・


さすがプロの技!



今日は久々に私の母校がある本郷三丁目に出没です。母校は嘘です(笑)
今日のお店は東大生御用達の「ニッキカフェ (NIKKI Cafe)」さんです。

住所: 東京都文京区本郷4-1-5
電話:03-6801-6105
定休日:無休

IMG_4971
お店の外観です。

IMG_0129
店内の雰囲気です。

IMG_4973
メニューです。

今日のオーダー「たっぷりキャベツと生ハム、角切りべーコン、大葉添え、ペペロンチーノスパゲティ&珈琲&アップルパイ」@1,198円です。

待つこと9分で「ペペロンチーノスパゲティ」の到着です。
IMG_4975
彩りがきれいです。
IMG_4974
それでは実食です。
シャキシャキとしたキャベツは、口当たりがよく噛みしだきますとほのかに甘さを感じます。
これに鷹の爪の辛さがからみますので得も言われぬ味わいになります。
生ハムも美味しいです。
私の好きな味わいです。

食後のデザートは「アップルパイ」です。
IMG_0137

IMG_0136
実はこれを食べたので今日のフリネタができたのです。
ここでぼんやりと虚空をみながら珈琲を飲んでいますと自然と疲れが取れてきます。
私の大切な隠れ家であります。

それでは(^_-)