下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

やぶ重

大泉町 やぶ重

今日は「大秀才異聞」の話です。 
週刊文春に作家林真理子さんが「夜ふけのなわとび」というコラムで次の様な一文を書かれていました。それは「大秀才」の話です。
先週のこと、本当に驚いた。テレビで「全国高校生クイズ大会」というのをやっていたのであるが、決勝に残った開成と灘高生が、もう信じられないような秀才なのである。
準決勝の際ノーベル賞を受賞した素粒子物理学の益川敏英教授が、 
「宇宙の広さを計算しなさい。ただし▲▲は△△とする」(すみません、この質問すら全く理解出来ない)。すると三人の男の子が、長い長い数式の末、ちゃんと解いてみせた。答えが同じなのが開成と灘で、このまま決勝に進んだのである。 
この子たちって、とても高校生とは思えない。歴史だってオペラだって、文学だって何だって知っている。どれも難問だが、すらすらと解いていく。 
「紀元前の戦争を出来るだけ書き出せ」 
という質問に、開成の男の子は二十二個あげ、解説した大学の教授は、 
「大学院の修士レベルですね」
と感心していた。科学の質問もものすごく専門的で、とても「クイズ」というレベルではない。感心し最後は怖くなった。 
「どうやったら、こんなにすごい頭脳の子どもが育つんだろうか」
彼らは勉強したり、知識を詰め込んだりするのが楽しくて仕方ない様子である。一種の勉強オタクと言ってもいいだろう。世の中の親たちは、アニメやゲームに走るより、こっちの方のオタクになることを切に頭っているに違いない。

私もこの番組が好きで良く見ています。
林さん同様に質問が分からないという事が多々あり面食らうこと夥(おびただ)しいものがあります。
この子たちは皆、当たり前のように東大に行き、学者さんとか官僚になるのでしょうね。

個人的に大秀才だなと思った人は、高校三年生の時、代々木ゼミナール本校で現役国立理科系難関校数轡璽澆鮗講したときに出会った人です。
講義の後半、数学の講師がアポロ衛星の軌道修正の話になり、アポロ衛星は絶えず軌道を予測しなければならないと語っていました。
そして一次関数、二時関数、三次関数、四次関数の説明をされた後おもむろに10個の乱数を書いて、この関数を考えろ、という問題をだしました。
これができないとアポロ衛星はcontrolできないぞ、と付け加えました。
当時の私は、数学が大得意で、10分位ウンウンと考えたのですが、いいところまで行くのですが変数が一つ足らず答えがでません。
講師は、解けなくても考え方だけでもいいんだよ、と言った時に、最前列に座っていたチョット小太りで長髪、黒縁眼鏡の男子学生が手を上げ、こんなふうに考えてみたのですが、と言ったのです。
講師は壇上から降りてきて、その男子学生のノートを覗きこみ、二三の質問を加えた後に、この生徒は今の質問の答えができている、しかも考え方のセンスがいい、今までいろんな講義でこの問題をだしているが最高の解答だ。もし君が東大にいくんだったら、医学部なんかにいかず是非とも数学科に入ってくれ、と懇願していました。
私は愕然としました。私がこの問題を呻吟している間に、まるでお茶漬けを食べるかのようにサクサクと解いてしまった、この同学年の学生に尊敬の念を抱いたのです。
多分この学生は東大に入ったんだろうな、世の中上には上がいるもんだなと思った18歳の秋でした。

今日の画像はfear(怖い)です。
最初の画像はダム穴です、これは絶対合成写真でしょう?
もしガチでしたらこの少女を尊敬します。
ダム穴


これは危ない、急いで逃げなくっちゃ!
怖い話


今日は奥様と二人きりです
健康食を食べようとお邪魔したのがこちら、蕎麦が美味しい大泉町「やぶ重」さんです。

住所: 東京都 練馬区大泉町1-2-2
電話: 03-3922-3352
定休日:水曜日

IMG_9379
お店の外観です。

IMG_9381
メニューです。

IMG_9382

IMG_9386
私のオーダー「肉汁そばせいろ」@800円です。
本当は「鴨せいろ」@900にしようかと思ったのですが、@900円という値段にヘジってしまって、う〜ん何と小市民なのでせうか(笑)
見てください、こんもりと豚肉が入っています。
これはイケますね、せいろの盛が多くて後半お腹がくちくなってきました。
美味しゅうございました

IMG_9384
奥様のオーダー「たぬきそば」@530円です。
これは安定感ある一品です。天カスがカラッと揚がっていて結構です。
ちょっとお汁(つゆ)が濃いのですが、「たぬきそば」はこれ位辛くないと美味しくないと思います、ハイ。

それでは(^_-)

続 大泉町 やぶ重

今日は「お龍さん異聞」の話です。
今日NTVの「ぶらり途中下車の旅」を見ていましたら、「お龍さん」がでていましたので紹介します。
やぶ重21
まずこの有名な写真ですが、これは調べてみたら35歳の時のパチリです。
お龍さんは、龍馬が暗殺された時26歳ですから、それから9年後の時撮ったものです。
以下にでてくる「田中家(創業文久3年の老舗料亭)」で働いていた頃のパチリでしょうか?
このあたりは歴史的にはハッキリとしていません。
やぶ重22

やぶ重23
これは「田中家」さんの社員旅行での写真です。すなわち37歳以降の時ですが、前述のパチリからすると、たった2年間で大分老け顔になったといえます。

そして横浜の老舗「田中家」さんでの「お龍さん伝説」です。
明治八年頃、母と弟に死別して全くな孤独な身となってしまった坂本竜馬の妻であったおりょうは神奈川の田中家(原文は田中屋)という高級料亭の仲居として働いていたが、深酒に溺れるようになっていて、女将も困っていたらしい。当時彼女は三十七歳位であった。
この料亭に遊びに来る客で西村松兵衛という男がいたが、彼は横須賀造船所建設用の資材の回漕業をしていて、度々来るうちにおりょうさんと意気投合し、彼の住んでいる横須賀の地で世帯を持つことになった。入籍は明治八年七月で、この時おりょうさんは西村ツルと名前を変えている。
出典「おりょうさん」追想より、大津観光協会発行より転載

※当時を知る仲居が調査員に語った内容
「おりょうさん」は非常に頭が良く酒を好み、人情深く、客あしらいもうまく、当時無数にいた仲居の中でも飛び抜けて目立つ存在だった。勉強家で英語を喋り海外事情にも詳しく話題も豊富な彼女は別格であっただろう。おりょうはきっぷの良い粋な人であった。泥酔して根っこを生やしてしまったお客様を帰すのにも活躍していたであろうとは想像に難くない。田中家を去った後も彼女を知る贔屓客より「今日はおりょうはどうした?」という声が長い間聞かれ、当時在籍していた多くの仲居が「もういないのにナニヨ!」と嫉妬したという逸話が残っている。
「田中家」HPより転載


龍馬と同じく土佐藩士だった佐々木高行は、お龍のことを「有名なる美人なれども、賢婦人なるや否やは知らず。善悪ともに兼ぬるように思われたり」(大変な美人だが、賢婦と言えるかどうかは疑わしい。善にも悪にもなるような女)と評している。
「楢崎龍-Wikipedia」より転載

「田中家」さんの現女将さんから、ここで語り続けられているお龍さんは毎日一升酒を飲んでいる酒豪でした。そして極めて頭の回転がよく、そのため接客も最高だったようです。さらに独学で英語を勉強し、外国人の宴席にもでていたとか、かなり才気走った姿が彷彿されます。しかし晩年はアルコール依存症状態で、かなり苦労したそうです。
そうか当時のお龍さんは、今でいう肉食系、キャリアウーマンみたいな感じだったのですね、酒が強くて、話が面白くて、美人であれば、さぞかし人気があったことでしょう。
しかし京都生まれのことからとてもprideが高く、さらに狷介なところもあったようで、嫌われる人には嫌われていたようです…
やはり龍馬の膝下にいて、初めて活き活きと暮らせた人ではないかと思います。

今日は久々に寛いでいます。昼飯を何にしようか悩んだのですが、次男がいたので相談のうえ大泉町「やぶ重」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都 練馬区大泉町1-2-2
電話: 03-3922-3352
定休日:水曜日

やぶ重24
お店の外観です。今日はランチのコアタイムを外していったのですが満員でした。マッここ美味しいからな(笑)

やぶ重25
店内の雰囲気です。所謂気取りけのない町のお蕎麦屋さんです。

やぶ重26

やぶ重27
私のオーダーは「天もり」@1,100です。
天麩羅は、海老、ぜんまい、南瓜、茄子です。ぜんまいの天麩羅って生まれて初めて食べたのですが、エグミの中に甘みがあって美味しいですね。それ以外の天麩羅もカラって揚がっていってとても美味しくいただきました。蕎麦はいつも通りです。

やぶ重28
次男の頼んだ「カルビ丼定食」です。これはカルビ丼に野菜の煮物、香の物、味噌汁がつきます。味ですか、お蕎麦屋さんならではのシッカリとした味付けで迷いがありあません、これも美味しいです。

このお店は、いつ訪れても裏切らないので安心していただけます。やはりこのようなお店を手持ちで持っていることは必要ですね。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

土支田 やぶ重

夫婦で風邪をひきました。
子供達もいないので外食です。
今日は最近嵌っている大泉町「やぶ重」に行こうと出かけたのですが何故かお休みで、仕方なく土支田にある「やぶ重」にいきました。ここは大泉町「やぶ重」の修行先です、さぞかし美味しいのでしょう

住所: 東京都 練馬区大泉町1-2-2
電話: 03-3922-3352
定休日:水曜日

ここから後はパチリでご覧下さい。
土支田やぶ重1
お店の外観です。

土支田やぶ重2
お店の看板です。中に入ると多数の芸能人とこのお店の店主とのパチリが飾ってありました。

土支田やぶ重3
民芸調の店内ですが何か統一感のないコテ盛の感じです(笑)

土支田やぶ重4
ナナ何と何処からか持ってきた郵便ポストがおいてありました。

土支田やぶ重5
メニューです。かなりお高い値付けです。


土支田やぶ重6
私が頼んだ大蒸籠@600です

土支田やぶ重7
薬味です。アサツキ、生山葵、オロシ生姜、オロシ大根のフルメンバーで登場です。

土支田やぶ重9
味ですか、見ての通り水切りが悪くて蒸籠がベチャベチャです。蕎麦ももっそりしていて、さらに茹で加減を間違えたのかフニャフニャで腰もありません。つけ汁は意見が分かれると思いますが、少し甘く私は美味しいとは思いませんでした。これなら大泉町「やぶ重」の方が数段上です。このような下克上は感心しませんネ。

土支田やぶ重10
奥様が頼んだ味噌煮込みウドン@1,100です。これは味はまずまずです。
でも八丁味噌仕立てとなっていましたが、あまり八丁味噌の味がしなく多分ブレンド味噌でしょうか
しかし中の豚バラ肉が団子ではいっており、その為肉をはがして食べるということになりました。
多分このお店昔は名店だったのでしょうね。その栄光に胡坐をかいていて今日みたいに気配りのできないお店になってしまったのでしょう・・・残念でした

このお店は永六輔さんのこの言葉を噛み締めてほしいものです。

【QOT】
老舗と書いて、どうして「しにせ」と読むのだろう。
暖かい簾と書いて、どうして「のれん」を守ると言うのだろう。
「のれん」を守る「しにせ」という意味は何なのだろうと辞書をひもどく。
寒い冬の寺で、客の為に隙間風が入らないよう目張りを張った。
このことが暖かい簾、暖簾であり客を大切にすることにつながる。
先代の仕事を守って仕事を似せる。
「仕似せ」を大切にするのが老舗になるのである。
先代の仕事を受けついで、客を大切にすることが「老舗」であり「暖簾」だ。

【UNQOT】

それでは(^_-)

大泉町 やぶ重

M−1グランプリ2008を家族で見ています。
個人的にはU字工事が好きですが、地域ネタなので早々と敗退していました。

【Wikipediaより抜粋】
「北関東は栃木からやってまいりました、U字工事です」と挨拶してから、濃厚な栃木弁による漫才に入る。出身地である栃木県を持ち上げたり自虐的に語る一方、隣接する茨城県・群馬県などと比較したり敵視するネタが持ち味。茨城県と群馬県をライバル視して対抗意識を持つ一方、東京により近い埼玉県に対しては憧憬を抱くなど県に対する見解が各ネタを通して一貫しているのが特徴。

残念来年頑張ってください。
優勝はNON STYLEでした。彼らは巧いですね、優勝には納得です。

今日は長男と大泉町にある「やぶ重」です。

やぶ重1
ここは土支田「やぶ重」の暖簾分けのお店です。
土支田「やぶ重」は正統な蕎麦を食べさせるお店として有名ですので、そこの暖簾分け店ですから味はたしかです。
いつも車で行くので飲めないのが欠点ですが美味しいので我慢しましょう。

住所: 東京都 練馬区大泉町1-40-14
電話:03-3921-4607
定休日:水曜日

やぶ重2
ここは品数が多いです。これでもメニュー全体の四分の一です。

やぶ重3
お酒のメニューも充実しています。日曜の昼には野球チームの人たちが反省会で使っているのですがこれならキッチリと飲めますね(笑)

やぶ重4
私の頼んだ「大もりそば」@580です。
これ美味しいな happy01
蕎麦の香りもキッチリとしているし、蕎麦の茹で方も私好みです。蕎麦つゆも下町風でギリギリのショッパさです。この冷たい蕎麦をツルツルと手繰る時に無常の喜びを感じます。
なお蕎麦は咽で食べるといいますが、私は良くかんで味を噛み締めて食べるタイプです。
咽で食べるとせわしないからですね。

やぶ重5
長男の頼んだ「親子丼」@800です。これも鶏肉が柔らかくホッコリと仕上がっています。割下も程よいショッパさで申し分ありません。
でもここのカツ丼はもっと美味しいのですよ。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ