今日は「もっきり」の話です。 
まずは軽くジャブから。

お酒をコップのギリギリまで注ぐと水面が盛り上がりますね。これは表面張力によるものですが、この盛り上がりは冷酒と熱燗ではどのように違うでしょうか?

A冷酒のほうが盛り上がる
B熱燗のほうが盛り上がる
C変わらない


正解は 「冷酒のほうが盛り上がる」です
お酒に限らず、液体の表面張力は温度が高いほど小さくなります。これは温度が低いほど分子がお互いに結びついてじっとしていようとするからです。フライパンに油を引いて加熱すると油がサラサラになるのもこのためです。

もっきり
さてこの画像は居酒屋さんで良く見られる画像です、いわゆる「もっきり」ですね。
もともとは、酒屋等の立ち飲みのお店でコップに並々と注ぐ「もっきり」から来たものです。「盛り切り=もっきり」ですね。
コップ酒の場合は1合+アルファのおまけ的な意味合いでしたが、今の居酒屋さんでは、もっきりグラスには1合も入らないので枡にこぼした時点で1合なんですよね。

私みたいな日本酒好きはこのグラスに注いでもらうこの瞬間が大事で、息をつめてギュッと親の仇を見るかのように睨(にら)みつけています。バイトの店員が万が一グラスのてっぺんで後5mmといったところで手をとめたのならば大騒動になります。
最近は受けの皿の方までがこぼれんばかりについでくれないと“男だろ、気持ちよくいこうぜ”コールがでてしまいます、ちょっと意地汚い。
 
ちなみに貴方のもっきりの飲み方は、先にコップの酒を少し飲んでから升の酒をコップに注ぎ入れる派、それともコップを浮かして先に升の酒を飲んでからおもむろにコップの酒を飲む派、どちらですか?
私は前者です、後者の方の中には升を歯でぐちぐち噛んで木に染みいった酒まで飲もうとしていますので、サスガにね〜って考えてしまうからです、ハイ。

面白画像です。
L滅魏菫

ぬ滅魏菫



今日は同期の新潟支店長のお付き合いで彼の新幹線の待ち時間の間に東京駅近辺で軽飲みしていました。そして締めで入ったお店がこちら「唐人吉華(とうじんきっか)」さんです。

住所:東京都中央区八重洲1-6-16
電話:03-3281-3087
定休日:無休

IMG_9607
お店の外観です。

IMG_9606
店内の雰囲気です。

IMG_9609
今日のオーダー「麻婆豆腐(大辛)」@1,500〜1,600円?(酔っていたので正確に覚えていません)
多分ですよここの「麻婆豆腐」の辛さは日本では三本の指に入るでしょう。
一番目はどこですかって?もちろん横浜Chinatownの 「景徳鎮」さんです。
しかしここ「唐人吉華」の辛さも殺人的です。特に喉への攻撃力が強く、誰もがこの「麻婆豆腐」を一口入れるとむせて咳き込みます
八角の風味が強い点とトウチが多い点が他店では見受けられませんが、特筆すべきはやはり画像でもお分りの様に理性を超えた山椒の量でしょう。
スパイスの辛味・風味の刺激と発酵調味料のコクとがmariageしている麻婆豆腐と言えます。辛い料理の好きな方にはお奨めのお店です。

それでは(^_-)