下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

めんくい

光が丘 めんくい 7th

今日は「夕立受難」です
65514_main
関東地方は27日夜、湿った空気の影響で大気が不安定になり、局地的に大雨や雷に見舞われた。
交通機関にも乱れが出て、帰宅客らに影響した。
朝日新聞デジタルより転載
という記事で思い出した方もおられるかと思いますが、この日はすごい夕立でした。
私はこの時間は地元駅におり、改札内にまで吹き込む風雨に呆然としていました。
偶然ですが、近くに奥様がいるようで、次男に車で迎えにきて、とLINEでお願いしていたのを見て、私もLINEで、私は駅構内で缶詰になっている事を伝えました。
それにしてもすごい風雨です。

IMG_9589
電車の運行時間中ではありますが、駅のシャッターは半分降ろされ、駅構内への風雨の侵入を防いでいました。
しばらくはどうにもならんという事で、駅構内にあるドトールコーヒーでお茶していようと思い入店しましたら、すでに満席でした。
世の中には、ハシコイ人がいるようです。
仕方ないので珈琲だけ買おうかと思って、順番を待っていましたら、駅の天井をつきやぶるような落雷があり、それからしばらくして、ドトールの天井に台風からの贈り物が届きました。

IMG_9590

IMG_9591

IMG_9592
最初は、ダラダラと落ちていた雨漏りは、次第にその水量が纏ってきて、あたかも水道の蛇口をひねったかのような勢いになってきました。
私は、ここにこれ以上いる「必要性」を感じておらず、お店を出ようとした瞬間、今度は駅を揺するような落雷が響きました。
大停電です。
駅はしばらくしてバックアップが働いたので明るさが戻ったのですが、そのバックアップ電源をもらえないドトールは漆黒の闇の中に閉じ込められました。
しか〜し、ドートールの店内の中の客は誰一人と出てきませんでした。
雨漏りがする店内で、場所によっては、ブレンドがアメリカンになった珈琲を飲んでいるのでしょうか・・・
これには驚きました。
確かに私みたいに立って駅構内で待っているよりは、まだましかもしれませんが、暗い喫茶店でポツネンとしている絵図は、私の中ではありえません。
帰宅してから、その旨を奥様に話しましたら、皆、スマホを見て時間をつぶしているのよ、と笑われました。
そうなのですね・・・
私は天国に昇った両親から、暗い所では字を見てはいけない、と躾けられたのでそのような事は想像だにありませんでした、ハイ。

Procol Harum - A Whiter Shade of Pale, live in Denmark 2006



今日は光が丘に次男と出没です。
暑い時に熱いものという事でラーメンを食べにきました。
今日のお店は「めんくいラーメン」さんです。

住所: 東京都練馬区高松5-14-9
電話:非公開
定休日:月曜・火曜日

IMG_9364
お店の外観です。

IMG_9366
店内の雰囲気です。

IMG_9365
メニューです。

きょうのオーダー「とんこつ+のり」@700+@100=800円です。
ここのご主人は「千石自慢ラーメン」で修行されたようで、ラーメンの雰囲気も似ておりますが似ているのはここまでです。
このご主人そして奥様共々「千石自慢ラーメン」とは異なって無口です。
こういうのは愛想がないとはいわないのでしょう。
それこそ挨拶の声こそ小さいのですがキチンとされていますので。
しかしこの二人は喋らないですネ。
多分ですよ、この夫婦はテレパシーが使えるのです。
大変失礼しました。
以心伝心なのでしょうね。

IMG_9367
待つこと14分で「とんこつ+のり」の到着です。
見た目、黒一色です。

IMG_9368
それでは3種類のトッピングトリオ、生姜、ニンニク、高菜をのせていただきます。

それでは実食です。
IMG_9369
麺はリフティングのとおり、緩めのストレート麺です。
スープは、とんこつ系博多ラーメン、家系、背脂チャッチャ系のいい所を合わせたようなスープです。
ここの特徴は背脂の「粒」が大きいいのです。
表面のギトギトの5mmほどは脂で構成されています。
味ですか、とても美味しいです。
この味は好き好きです。
コッテリ系が好きな方にはお薦めです。
で〜も、貴方がこの沈黙の店内に耐えられたらですが・・・

それでは(^_-)

光が丘 めんくい 6th

今日は「どうなのでしょう?其の壱」です。
#scene1 有名なバイオリン弾き
ある寒い1月の朝、一人の男がワシントンD.C.の駅で座りながらバイオリンを弾き始めました。彼はバッハの曲を1時間程演奏しました。その時間帯は通勤ラッシュだったため、約1,100人がその男の前を通りました。

3分後、ある中年の男はバイオリンを弾いている人がいると気づき、足を止めました。しかし、結局止まったのはほんの僅かな時間で、数秒後にはその場を離れました。

1分後、バイオリニストはやっとお金を稼ぐことができました。ある女性がケースに1ドル札を投げ入れましたが、彼女は止まることなく歩き続けました。

少しした後、壁に寄りかかって彼の音楽を聴く者が現れましたが、腕時計を見るとすぐに歩き始めました。会社に遅刻しそうだったのです。

一番彼の音楽が気になったのは、3歳の男の子でした。彼のお母さんは急いでいて、男の子の腕を強く引っ張りました。それでも男の子はバイオリニストを聞こうと足を止めます。お母さんは男の子の背中を強く押し、無理やり歩かせました。それでも男の子はずっと後ろのバイオリニストを見ながら去って行きました。他の子供も同様でしたが、親は全員例外なく止まることなくその場を去りました。

彼が演奏した一時間内で、足を止めて彼のバイオリンを聞いたのはたった6人でした。お金を入れてくれたのは20人程でしたが、止まった人は誰もいませんでした。稼いだお金はたったの32ドル。彼が演奏をやめ、駅が沈黙に包まれた時、気付いた人は誰一人いません。拍手はなく、このバイオリニストを認める人はいなかったのです。

バイオリニストの名前はジョシュア・ベル。
彼は世界で最も才能のあるミュージシャンの一人です。彼はたった今、歴史に残る傑作を演奏したのです。それも3億円のバイオリンを使って。

彼の駅での演奏の二日前、彼のボストンでのコンサートのチケットは、一枚一万円するものの全て売り切れました。

これは実際にあった話です。ジョシュア・ベルが素性を明かさず行ったこの演奏は、人々の視覚・嗜好・優先順位を研究するための実験としてワシントン・ポスト紙によって行われました。私たちは本当に「美しさ」を理解しているのだろうか?
それをちゃんと足を止めて味わっているのだろうか?予想していない状況でも、才能を感じ取ることはできるのだろうか?

一つ結論として言えるのは、

もし私達は世界で最も才能のあるミュージシャンが、歴史上一番の傑作を演奏してさえ気付かないのであれば、私達は他にもきっと多くの「美しいもの」を見過ごしているのではないか?
YoshiheYamasakiさんのFBより転載


どうなのでしょうか、判断がわかれるところだと思うのですが。
音楽は、アーティストが良い演奏をすることで、来てくれたお客さんのラポール(rapport=相手と自分との間に心の橋が架かっている状態)を感じることで盛り上がり、そこで初めて一体感が醸成され高い熱量を持った演奏会が作られていくのです。
それを一方通行的に行われ、それに気づきがないと言われても・・・
We weren’t conscious of creating a new kind of music experimental trial.
いくら良い音楽といえども、音楽を受け入れ楽しみ感動するのにはやはりTPOが必要だと思っています。
従いましてこのような試みには賛同できません。
またこのような試みをした意図も個人的には汲み取れません。
うがった見方をすれば、これはある種の音楽に対する冒涜(ぼうとく)ではないのでしょうか・・・


今日は炎天下の中、地元マラソンクラブの記録会に出場しました。
今日は5.25kmrunでの出走です、一応一着にはなりましたが、timeが伸びていません。
練習不足なのでしょうね・・・
その後所用があり光が丘に、光が丘といえばラーメン、ラーメンといえば「めんくい」さんです。
ということで今日のお店は「めんくい」さんです。

住所: 東京都練馬区高松5-14-9
電話:非公開
定休日:月曜・火曜日
IMG_5754
お店の外観です。

IMG_5758
店内の雰囲気です。

IMG_5756
薬味三兄弟です。高菜、ニンニク、紅生姜が自由に選べます。

めんくいメニュー
メニューです。お安いですね

IMG_5757
今日のオーダー「とんこつ(麺堅)」@600円です。
待つこと6分で着丼です。
見た目、脂ギトギトラーメン、です。
それでは実食です。
スープは背脂の「粒」が大きいいですね。スープの表面5mmほどは脂の層です。
とんこつ系博多ラーメン、家系、背脂チャッチャ系のいい所を合わせたようなスープです。
麺は緩めのストレート麺です。
チャーシューはトロトロです。
味ですか、とても美味しいですよ。
特に「千石自慢ラーメン」系の流れを汲んだスープは秀逸です。
麺量があいもかわらず少ないのは気になりますが、如何せん@600円ですからね。
仕方ないでしょう。
疲れた体にenergyを注入したい時にお奨めのお店です。
その際は、にんにくの増し増し投入をお忘れなく・・・

それでは(^_-)

光が丘 めんくい 5TH

今日は「昔の下町其の四」の話です。 
昔の下町っ子の娯楽は色々ありましたが、個人的には寄席鑑賞が好きでした。
亡き父が落語が好きでよく浅草にある松竹演芸場に連れていってもらった影響でしょうかネ。
当時は木戸銭が安く入場料は映画と変わらなかったので、下町の人達は気楽に寄席に行っていましたよ。
下町の人達は芸には厳しくて、つまらない話をすると露骨に新聞を広げて新聞を読み始めたり、ビールを買いに席を外したりして、やられた方はたまらなかったでしょうね。

林家三平
My favorite rakugo performerは昭和の爆笑王“林家三平”さんです。
この人は天才です。兎にも角にもこの人の話は面白かったのです。
とくにアドリブというか当意即妙のネタ廻しは子供ながら瞠目していました。
しかしそのネタの中で当時わからなかった話があります。
何故か今でも覚えているのでここに記(しる)してみます。

オバA「奥さま、最近何でもかんでも値上がりして大変ですわね、とくに野菜がお高くて大変ですわ〜」
オバB「そういえば今日市場(いちば)の“八百八”さんで大根のお特売があるんですって。これから行きませんこと」
オバA「そうですの、それじゃせっかくだから御一緒させていただくわ」
三平「この二人がおっとり刀で”八百八”さんに着いてみるとまさにイモの子を洗う混雑です。
二人は人波をかき分けもみくちゃになりながら山のように積まれた大根の中からめぼしい大根を引っこ抜きはじめました。」
オバB「あーた、あーた、何してんのよ!」
オジ「何してるって、見りゃわかんだろう。瑞々(みずみず)しい大根を見っけたから引っこ抜いてんだよ」
オバB「あーたが引っこ抜こうとしているのはあたしの太腿ざんす」
オジ「どうりで葉っぱが黒々としていたわけだ」
三平「もう大変なんすから。本当に身体だけは大事にして下さい。お坊っちゃんたちには難しかったですかね。この話のどこが面白かったのかは、お家(うち)に帰ってからお父さん、お母さんに、聞いてくださいね。今聞いちゃ、だめっすよ♪」


という内容です。
サスガに子供だった私はこの話のどこが面白いのかが分からず、寄席を観終わってからしつっこく父にこの話のどこが面いのかを聞きました。
すると父は「今わからなくてもいいんだ、大きくなったら自然と分るんだから」と憮然として答えていました。
これ以上聞くと父が怒り始めるなと思い不問に付したのですが、爾後長いこと私にとってなっていたのでした。
皆さんは分りますよね・・・

林家正楽
そして色物では二代目「林家正楽」さんです。
この人は江戸言葉とは異なる埼玉弁特有のアクセントが抜けない為、落語の師匠の正蔵から比較的早い段階で噺家を断念させられたという経歴の持ち主ですので、話し方が面白かったのですネ。
当時の下町っ子は江戸言葉を流暢に話せたものですから、方言というのは優越感の対象だったのです。
それ以上に面白かったのは、この正楽さんは「切れないものはない」とまでいわれ、お客様の無茶苦茶な切り絵requestも類まれなる頓才で切り抜いていたのです。
当時の記憶を絞り出してみますと、「闇夜のカラス」「銭湯に入る透明人間」「ハゲ頭のおでこ」「雪の日の白犬」等(など)などです。
このようにrequestをして切り抜いてもらった作品をかなり家に持ちったのですが、一枚も残っていません。
もし現存していたならばすごい価値になっていたのでしょうね、そんなこともないですか(笑)


ダンスの神です、この子供は天災、ちがうか天才です。



今日は二年ぶりに光が丘にあるSilentラーメン屋「めんくいラーメン」さんです。
相も変わらず沈黙operationは堅持されているのでしょうか・・・

住所: 東京都練馬区高松5-14-9
電話:非公開
定休日:月曜・火曜日

IMG_0472
お店の外観です。

IMG_0474
店内の雰囲気です。
後ろ姿はご主人です。
すみません、このshotは断りをいれませんでした。

IMG_0473
御存じ3種類の薬味王です、高菜、ニンニク、紅生姜が自由に選べるのが魅力です。

IMG_0475

IMG_0476
ここのご主人は「千石自慢ラーメン」で修行されたようで、ラーメンの雰囲気も似ておりますが似ているのはここまでです。
このご主人そして奥様は「千石自慢ラーメン」とは異なって本当に無口です。
こういうのは愛想がないとはいわないのでしょうネ、挨拶は声こそ小さいのですがキチンとされていますので。
しかしこの二人は喋らないですネ。多分ですよ、この夫婦はテレパシーが使えるのです。ちがうか正しくは以心伝心系なのでしょうね。

閑話休題おはなしはかわりまして
それでは実食です。
まずスープですが、背脂の「粒」が大きいいですね。スープの表面5mmほどは脂の層です。全体を俯瞰していいますと、とんこつ系博多ラーメン、家系、背脂チャッチャ系のいい所を合わせたようなスープです。麺は緩めのストレート麺。チャーシューはトロトロです。
味ですかとても美味しいですよ、自信ありビックリマーク
強いて瑕瑾(かきん)を申せば麺量が少ないのと、麺がゆるめでしょうか。
しかしそれを割引いても充分に美味しいのです、ハイ。

それでは(^_-)

続 光が丘 めんくい 4th

今日は高知県坂本龍馬記念館監修「坂本龍馬検定」初級編の紹介です

このblog読まれている方が竜馬Fanでしたら以下の問題に挑戦してみてください

Q1 天保6年(1835)の龍馬の誕生日には諸説あるもっとも一般的な誕生日はいつ?
10月15日
11月10日
11月15日
Q2 「龍馬」という名前は幼い頃の名前である。本名にあたる諱(いみな)はどれか?
直柔なおのり
直方なおかた
直海なおみ
Q3 土佐勤皇党は文久元年(1861)八月江戸で結成され、二十七歳の龍馬は一番目に血盟した。この党のリーダーは誰か?
吉田東洋
武市半平太
中岡慎太郎
Q4 龍馬が勝海舟の護衛を頼んだ土佐の人は誰か?
平井収二郎
近藤長次郎
岡田以蔵
Q5 慶応元年(1865)薩摩藩と長崎・小曾根家の協力を得て龍馬が作った会社の名前は?
亀山社中
海援隊
陸援隊
坂本龍馬記念館プレゼンツ「坂本龍馬検定!」より転載

この問題元の「坂本龍馬検定!」は結構難しいのですがお試しアレ!URLを叩けば問題がでてきます。
なお上記の答えは末尾にあります。
竜馬フリークである私も、初級編に腕試しで挑戦してみました。解答するのに時間制限があったので少しあわてましたが結果は以下の通りです
龍馬検定


今日のお店は光が丘にある、無愛想系ラーメン屋さんの頂点「めんくい」さんです。
めんくい41
お店の外観です。暖簾が「赤」から「黒」に染め直されています。

住所: 東京都練馬区高松5-14-9
電話:非公開
定休日:月曜・火曜日

めんくいメニュー
メニューです。お安いですね

トッピング
3種類のトッピングトリオ、生姜、ニンニク、高菜が自由に選べるのが魅力です。

めんくい42
今日のオーダー「とんこつラーメンラーメン」@600
ここのご主人は「千石自慢ラーメン」で修行されたようで、ラーメンの雰囲気も似ております。
まずスープですが、背脂の「粒」が大きいいですね。スープの表面5mmほどは脂の層です。全体を俯瞰していいますと、とんこつ系博多ラーメン、家系、背脂チャッチャ系のいい所を合わせたようなスープです。麺は緩めのストレート麺。チャーシューはトロトロです。このお店少なくとも50回はきています、ということはマジに美味しいから連食しているのです(笑)
それとここのお店の楽しみは、Shyな夫婦が恥ずかしさを乗り越えながらの“接客”を見ることです。本当に恥ずかしがり屋さんですね、夫婦で普段どのような会話しているのか聞いてみたい今日この頃です。

坂本龍馬検定回答
A1 E景殤伺(1835)11月15日 お龍の証言に基づいている。暗殺日は慶応三年11月15日
A2 直柔なおのり最初は直陰なおかげだったのを、自分で直柔と変名した。
A3 武市半平太 龍馬の縁戚。文武両道で人望が厚い。
A4 2田以蔵 「人切り以蔵」 賊を切り捨てた以蔵をたしなめた勝に、斬らねば先生の首はなかったと返した。
A5 ゝ技骸卉罅…杭蠅竜技海砲弔った。後の海援隊。


如何でしたか当然のことながら全問正解ですよね

それでは(^_-)

光が丘 めんくい

なな何とメンズブラがはやっていると・・・(笑)
メンズブラ
ちなみに販売しているのはWish Room で以下がお客様からのThank You Messageです。
【QOT】
今日メンズブラを含む注文した品を受取りました。商品ページにあるとおり、とても優しい気持ちになれます。正直私もですが、メンズブラを購入した男性は、恐らくレディースのブラをつけた経験があると思います。Aカップであれば余程カリガリの人でない限りそれなりのつけ心地があると思うのですが、やっぱり男性と女性は体つきが違うので、どこか違和感を感じた人も多いと思いますし、女性用の下着という意味で本当にここちよくなれないという人もいたでしょう。このメンズブラは、そんな人に本当に嬉しいです。感激です。
【UNQOT】

かなり気持ち悪い…ですよね

今日は久々に光が丘にある「めんくい」に行きました。
めんくい外観


住所: 東京都練馬区高松5-14-9
電話:03-3997-7841
定休日:月曜・火曜日
ここは無口系ラーメン屋さんのトップでしょう。
今日は奥様が洗い場にいましたが、奥様も無口です。
一体この無口な二人はどのような愛の育み方で結婚というゴールを迎えたのだろうかとイツも考えさせられてしまいます(笑)
全く無口とは関係はありませんが、ご主人は千石自慢ラーメン@千石の出自のようです。
めんくいメニュー
今日の獲物は「とんこつラーメン」@600です。

めんくいラーメン
とんこつ系博多ラーメン、家系、背脂チャッチャ系のいい所を合わせたようなスープです。

めんくいラーメン
個人的にはここのラーメン大好きです。
スープがとても熱く最後まで美味しくいただけます。 

トッピング
それと3種類のトッピングトリオ、生姜、ニンニク、高菜が自由に選べるのも魅力です。

チャーシューもトロトロでイケます。
麺が少し柔らかいのですが、これは仕方ないので「麺硬」の注文でしのいでいます。
もしこの哲学的な静謐な雰囲気を味わいたい方は是非お越しください。

それでは(^_-)

光が丘「めんくい」

金曜日からずーっとダラダラと飲み続けています。
まず金曜日は英会話学校の忘年会です。
月島スペインクラブで一本7,000円もするワインをガンガン飲みその後門前仲町でカラオケを歌い続け結局皆でタクシー帰宅でした。
そうそう今月から京都大学法学部卒でTOEIC850点の若い人が仲間になったのですが、面白いことにそんなに英語ができません。
これですね英会話の面白いところは・・・(笑)
でも彼は頭の回転はいいですよ、今度の大河ドラマの「篤姫」の素性を聞いたら立て板に水という感じで説明してくれました(若いのに)。
私は私大卒なので五科目受験の国立大生にはいつも敬意を表してしまうのと、下町っ子なので京大生にはほとんど知り合いがいないので京大生はとても珍しくてたまりません(パンダか)。
昨日は昨日で業界の忘年会がありました。
何と日曜日にですよ(そんな日にやるの)。
ほとんどが大河ドラマ「風林火山」の戦術論で啄木鳥(きつつき)の戦法VS車懸りの陣がどうしたこうしたという話で4時間近く盛り上がっていました(異常というかほとんどオジ飲み)。

今回の獲物は光が丘「めんくい」です。
久しく行ってなかったのですが、再訪しました。
アルバイトが集まらないのか、何と奥さんが洗い場をやっていました。
このご主人極めて寡黙の方で相変わらず喋りません。
この緊張感いいですね
頼んだものはネギトンコツ@700円です。


好き嫌いが分かれるラーメンかと思いますが、私はこの味好きです。
基本的にかなりコッテリ系で日によって脂っこさが変わるのですが、今日の味は特に美味しかったですね。
チャーシューも口の中でトロケル質感がたまりません。
でも一番好きなのは、ニンニク、紅生姜、高菜が入れ放題なことでですね(下町っ子は貧乏性)。
その日の体調に合わしてトッピングできるので(笑)
できれば麺を縮れ麺に変えて欲しいといつも思うのです。
それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ