下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

みんみん

宇都宮 宇都宮みんみん

今日は「splashの最近考えた事」です。
宿題を強制的にさせられてきた子どもは、宿題を忘れた子供に宿題の答えを教えません。
この例えの拡大解釈で、どのような辛いことも、ただただ耐え、努力するだけで生きてきた人にしてみれば、安易に流されて生きてきた人を優遇する社会の仕組みは許せないのです。このような考え方は、社会的常識一般からいえば歪んでいるのでしょう。
しか〜しその「歪んだ考え方をする」人々も、その人が置かれた状況の中で考えれば自然なのです。
自分の運命として、厳しい状況に素直に反応した結果、社会的に多少歪んだ考え方になっただけです。
常識的な考え方をする人だって、同じようにあらゆる苦しみに耐えて、嫌なことをしながら頑張って昇進したときに、安易に流されて怠けてきた人が要領の良さだけで昇進したなら納得しないでしょう。
そうなのです、辛い思いに耐えて生きた人々が、易きに流されて努力をしない人を認めたら、自分の今迄の生き方、自分の価値、自分の存在を否定することになります。
若いころから刻苦勉励して生きてきて、社会的に成功した人が超保守主義に傾くのは自然なのです。
換言すれば「お前達は、俺のように辛い努力をしなかったではないか」ということなのです。
というか、何よりも、辛い努力をしないで安易に生きてきた人が嫌いなのである。許せないのですね。
私を含めてこのような人っていますよね・・・

最近の新人育成はマニュアル中心のOJTです。
何か困難ことがあると新人はマニュアルを要求してきます。
いわゆるstandard operating procedure(標準作業手順書)です。
たしかに業務効率の点からしますとマニュアルは便法なものです。
で〜もマニュアルは、その作業をする時に考えずにやるためのnavigatorです。
その要諦は考えてはいけないという規律を要求する物です。
それがマニュアルの本質でもあります。しか〜しマニュアルを作る側は本質を見つめて作るのですが、残念ながら新人には那辺を十分に教育しないで使わせますと、彼等は心得ぐらいに捉えて読みます。
本質は守らなければならないのです。
本質を忠実に行うから良い結果が出るのです。

マトリックス
しか〜しマニュアルの最大の欠点は業務全体の森羅万象を網羅しているわけではありません。
マニュアル記載されていない事象が起きた場合は、マニュアルの手順をすべてキャンセルして問題の本質を掘り下げて対処することです。
特にビジネスの世界にはマニュアルで解決されないことが多々あり、その為に「応用力」言い換えればinsightfulな行動が要求されるのです。
新人の方にはここを強調したいのです。
世の中の言い古された言葉に「男は敷居を跨げば七人の敵あり」というものがあります。
ましてdog yearの昨今です。映画マトリックスの例でいえば「男は敷居を跨げば数えられないほどの敵あり」となります。従いまして今迄以上に「地頭(じあたま)」を強くしておきましょう。

トラブルは避けられません。
生きている以上、色々なトラブルに巻き込まれます。
そこで「自分は駄目な人間だ」などと決して思ってはなりません。
自分は良く頑張ってきた人間なのだ、どんなトラブルを抱えようが自分は素晴らしいという確信を持ち続ける事です。
私の好きな言葉に「問題は解決されるためにある」というのがあります。
これは日本興行銀行の重鎮だった中山素平さんのものです。
「最初からあきらめてどうします。問題は解決されるためにあるのですよ。」
問題があるから挑戦できる。挑戦できるから、失敗もできるのです。
失敗もできない(信用されない、なにもまかされない、認めてもらえない)ようになっては、人生つまらないじゃないですか。
ドキドキするような緊張と、ワクワクするような興奮を持って、問題に立ち向かっていきましょう。
もう一度繰り返します。トラブルはあなたの価値を下げません。
問題に立ち向かっていく姿が素晴らしいのです。
結果はその次でしょう。
こんな事を書く日もあります。


今世界的ブームになっているHAPPYの福島版を作りました。
総勢200名、たくさんの人を巻き込むカバー動画作り、とても勉強になりました。福島のHAPPYをぜひ、感じてください!



IMG_1293

IMG_1292

IMG_1300
今日は夜のとばりが落ちてくる時間帯の宇都宮に出没です。
今日は20時までに帰社せねばならず多分退社の23時越えは必至であります。
そこで新幹線の待ち時間を利用しましてかるい夕食をとりました。
今日のお店は「宇都宮みんみん」ホテル アール・メッツ店さんです。

住所: 栃木県宇都宮市川向町1-23 宇都宮駅ビルパセオ 3F
電話:0286-600-3151
定休日:不定期

IMG_1294
お店の外観です。

IMG_1296
店内の雰囲気です。

IMG_1295
メニューです。

今日のオーダー「焼餃子+水餃子+ライス」@605円です。
宇都宮「みんみん」は何度もきていますが、パセオさんに入っているこちらへは初めてです。
ホテルの中にあるのでとてもオサレです。
基本的にこのようなしつらえのお店は大好きであります。
しか〜しホールスッタフさんの動線はよくなく見ていてイライラします。
プラ〜ス私語が多い事もあり好感は持てませんでした。
いくらアルバイトであるからといって、仕事中ですので客にその内容が分かるような私語はいけません。
多分マネージャーが日ごろ注意していないのでしょう。

IMG_1297

IMG_1298

IMG_1299
待つこと10分で「焼餃子+水餃子+ライス」の到着です。
見た目美味しいそうです。
まずは「焼餃子」をガブリです。
皮がカラッと焼かれていて、芳醇な小麦の匂いが口の中に広がります。
餡は抑えめな野菜味ですが、これが皮の美味しさを倍加させています。
美味しいです。
それに反して「水餃子」は見た通りのあじです。
スープに浸されてでてくるのかなと思ったのですがただのお湯でした。
もしスープ浸しでしたらごめんなさい。
味音痴のブログですので・・・
結論ここは「焼餃子ウマシ」のお店です。
あんど「コスパ良し」のお店でもあります。
以外にここ穴場かもしれません・・・
雰囲気を大事にする方にお勧めのお店です。

それでは(^_-)

宇都宮 みんみん

今日は「昔の下町其の弐」の話です。 
前回のupで下町の子供達が鼠取りで捕まえた鼠を川で始末した話を書きました。
川と言えば私の実家のすぐそばには北十間川があったのです。

私が小学校高学年の頃、台風の翌日にはどこからかともなく大量の「軟球」が北十間川に流れてきました。私はこの大量の「軟球」をすくうために、紐をつけたバケツを川に何度も投げ込み、軟球を拾い揚げていたのです。
そして家に持ち帰り、洗剤でごしごし洗いそれからお日様で乾かして「運動具屋」さんに持ち込み買ってもらっていたのです。
「運動具屋」さんはそれを私から買ってC級品として店頭で売っていました。
いくらで買ってもらったかはもう記憶が希釈していて覚えていませんが「夜店」で2カ月は大豪遊できるお金でした。
その当時にそんなことをする子供はいなかったのでほぼ寡占状態の儲けでした。
かなりぼろい思い出であります。

そうそう川といえ私が幼稚園児だったときの話しです。季節は真冬。
いつもの通り川っ縁で遊んでいたら、プカプカト大きな人形が流れてきました。
人形にしては妙にリアルなので刮目したら、どうやら土左衛門さんのようでした。
私には断定ができないので、近所のオジサンに確認してもらいましたら 、間違いなく土左衛門さんでした。
すると近所のオジサンは、こんな寒いのにずーっと水に浸かっていたら可哀想だ、成仏できやしねぇ、って言って交番に届けにいきました。
すると交番のお巡りさんがオジサンと一緒に戻って来てこの土左衛門さんを見て、間違いなく水死体であります、と言ったきり何もしませんでした。
お巡りさんは川の流れに合わせて土左衛門さんについて歩いていきます。
その頃には物見高い下町ですから、砂糖に群がる蟻さん状態となり黒山の人だかりです。
ある橋まで来ましたら、ここから先は本官の管轄外でありますので、自分は交番に戻るであります、と声高らかに周囲にいる野次馬達に宣言し、その言葉の通り踵を返して交番に戻っていこうとしたのです。
すると周りの野次馬から大booingで、人間は死んだら皆仏様だ、仏様に管轄なんかあるけぃ!すぐに陸(おか)にあげろ、との怒声がどこからともなく湧きあがったのです。
しかしお巡りさんは、管轄は管轄でありますので、できないものはできないのであります、と言ってやはり交番に戻ろうとしました。
すると野次馬達がお巡りさんを囲み、そのお巡りさんを小突きまわし始めたのです。

世の中には本当に偶然というものがあるのですね。お巡りさんと野次馬達との揉みあいがい始まったまさにその時、川の潮目がかわり引潮となったのです。
するとそれにより土左エ門さんはお巡りさんが恋しいのか管轄にゆっくりと戻ってきたのです。
お巡りさんは事ここに至っては仕方ないと思ったようで覚悟を決めてこの凍てつく寒空の中、越中褌一丁の裸になり川に入っていったのです。
近所の舟屋「上総屋」さんも釣り船をだして協力し、この土左衛門さんのすくいあげ作業が始まったのでした。
数十分後、この土左衛門さんは毛布にくるまり、救急車で搬送されました。
可哀想なのは、このお巡りさんです。寒中作業により、唇は土気色、顔は青ざめ、大きなクシャミを連発しています。多分風邪をひかれたのでしょう。
すくいあげられた土左衛門さんよりこのお巡りさんのほうが顔色が悪くなっていたのでした。
第一発見者の私は子供心に“土左衛門さんを見つけてごめんなさい”とお巡りさんに手を合せて詫びていたました。

思わずジーンときてしまう動画です。



IMG_0463
今日は一日中宇都宮にいました。
昼食が餃子だったのでさすがに夕食は“餃子は無しよ!” と思っていたら、夕方に取引先に行く時に乗ったtaxiの運転手さんが宇都宮の餃子名店を紹介してくれました。
運転手さんのお奨めは、一に「みんみん」、二に イキイキ、三に正嗣 、後は中華トントン 雅秀殿 のようです。特に「みんみん」を食べずに帰る宇都宮出張はあり得ないとまで言い切りました。
同乗していた提携先が、それなら行くっきゃないですよね、と言い始めましたので,今日のお店は宇都宮の泉タクシーさん一押しの「みんみん」さんです。

住所: 栃木県宇都宮市宮みらい1-13
電話:028-651-6810
休日:不定休

IMG_0471
お店の外観です。

IMG_0466
メニューです。

今日のオーダー「焼餃子」@240円、「揚餃子」@240円、「水餃子」@240円です。
ちなみにこの店のアルコール類はビール飲みですのでお酒好きな人は“要注意”ちがうか“酔う注意”です。
IMG_0464
まずは泉タクシー運転手さん一押しの「焼餃子」です。
この餃子の餡は、基本のキャベツ・ニラ・しょうがといった野菜類に、豚バラのミンチで構成されているようです。いわゆる羽根付餃子ですね。
味ですか、美味しいですネ。餡が秀逸です。

IMG_0468
そして「揚餃子」です。これは栃木だけに日光の手前、所謂今市ですね。
餃子をあげる意図がよくわかりません。

IMG_0470
最後は「水餃子」です。これが一番餡の美味しさが良くわかります。
皮のツルリンと食感がたまりません。

前日のblogで書きましたように日本一の餃子の町は浜松市で決定です。
マラソンでいうと宇都宮市は浜松市の背中が見えない状態です。
泉タクシーの運転手さん始めとした51万強の宇都宮市民は観光客ばかりに餃子をたべさせるのではなく、自らが餃子を食べないと浜松市にcatch-upできませんよビックリマーク

それでは(^_-)

吉祥寺 餃子 みんみん

人間の体は約六十兆個の細胞から成立し、肝臓ひとつをとっても、それに匹敵する工場を建設するには京浜工業地帯の何倍かの広さが必要であり、もし大脳の働きと同じ機能をもつ人工頭脳を作ろうとすれば、地球の全表面を覆ってしまうほど超巨大なものになります。さらに、人間の一個の体に張り巡らされている血管を全部つなぎ合わせると、毛細血管も含めてその全長は9万6千キロ、地球を二周以上する長さです。
そう人間の体は偉大なのです。

昨日は午後15:00から雨がフルというので、朝早くからチャリで吉祥寺までお買物です。正しくは一昨日新宿ヨドバシカメラで買った携帯電話用マイクロSDにさらにアダプターが必要となりそれを求めてのものです。

ヨドバシ吉祥寺のDOCOMOのコーナーでアダプターについて説明を受けたところ、何やら不要とのことで、一昨日買ったものでやりくりができるらしくとても親切に使い方を教えてくれました。さらに日頃疑問に思っていた携帯電話の使い方も懇切丁寧に教えていただき深謝です。

少しケチクサイ話しなのですが、結果何も買わなくて良くなった為、領収書が貰えませんでした。そうなのですここは領収書がないとチャリを泊めたヨドバシ専用駐輪場では@400を取られるのです。
そこで恥ずかしながら「買うつもりで有料駐輪場に泊めたのですが」といいますと、「大丈夫ですよ、無料駐輪扱書をお持ちします」ですと…何と親切
前からヨドバシカメラ好きだったのですがさらにファンとなりました。

今日のお店は餃子で有名な吉祥寺「みんみん」です。
みんみん外観
みんみんのお店です。いかにもハモニカ横丁内という感じですね。

みんみん店内
みんみん店内です。何やら下町っぽい(笑)

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9
電話:0422-22-5015
定休日:無休

このお店イツも行列ができているので味は間違いなさそうです。
ということで今日の獲物は「餃子定食」@680です。
みんみんメニュー
みんみんメニューです。値段は吉祥寺ではB級ですか。

餃子定食
この餃子定食はオオブリ餃子が五個、真っ白ご飯、塩味スープ、ザー菜の組み合わせです。
まず餃子ですが、皮はモチモチパリパリでほのかに甘く最高です。但し餡がパサパサでジューシーさがなく少し塩味が強いような感じです。
しかしご飯は甘くて美味しく餃子のタレに良くあいます
塩味スープも濃くがあって美味しい
何故か脇役のザー菜も個性があり申し分ありません
何か四人兄弟の長男餃子だけが少し物足りなさがあったものの後の兄弟が盛りたててくれたので全体としては美味しかったのです。

餃子の餡
餃子の餡ですが、ヤハリ画像でもパサパサ感がうかがえます。何故何だろう?
今日だけデキが悪かった
吉祥寺の人々はこの味が好き
皮が命なので餡には力を入れていない
野菜餃子なので肉餃子みたいにジューシーにはできない
いずれれにしてもかなり美味しいのにもったいないナと思う今日この頃です。

餃子の焼き方
持ち帰り用の「餃子の焼き方」です。でもここの餃子かなり大きいので家庭では美味く焼くのは難しいと思います。

帰り際超行列店の「肉のさとう」が珍しく行列ができていなく、久しぶりに「メンチカツ」を買いましたら・・・値上げしていました。
毎日あれだけ行列ができて繁盛しているのだから、付和雷同しないで欲しかったなこのお店だけは…残念

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ