今日は「ゼネラル乃木 前編」です。
04e6ca
今の若い人で「乃木坂46」の乃木から乃木希典さんを思い浮かべたとしましたら、その方は歴史好きです。
E78987E780ACE6B5B7E5
個人的には、若い時に右翼的性向が強く、一時期は「明治天皇」を尊敬していた時期があり、その「明治天皇」が身罷(みまか)った時に乃木将軍は夫妻で「殉死」されました。
始めてこの事実を知った時には衝撃的でしたが、どちらかと申しますとおどろおどろしい気持ちになったというのが正直なところです。そのくだりは続編に述べますが、巷間で喧伝されている悪しき乃木伝説はどうやら司馬遼太郎先生の「坂の上の雲」「殉死」によるもののようですね。
実際、私は司馬遼太郎先生フリークでありますので両著は数回に亘り読み返していますので乃木無能説は今日の今日まで妄信していいました。
しか〜し、これまた私の好きな作家の渡辺淳一さん著「静寂(しじま)の声」を読みましたら、乃木将軍の性格そのものはエキセントリックに書かれていましたが、決して無能ではなかったように思えました。
このくだりは、netでfighter_nxさん説明が適切に思えましたのでここに紹介します。
僕は「乃木無能説」は司馬遼太郎の個人的好き嫌いによるものだと思っています。
当時は大きな戦争に「観戦武官」という他国の軍人が戦争について回る風習がありました。
そこでの評価は決して乃木将軍が無能だったとは言っていませんし、従軍記者についても同様です。
第一次総攻撃では15,000人の死傷者が出ましたが、本当に無能なら第二次ではそれ以上に膨れたかもしれません。 一番批判が激しい二〇三高地の三次に渡る総攻撃ですが、コンクリートと盛り土でしっかりと構築された要塞には砲撃はそれほど効果がなく、最終的には歩兵による突撃が正攻法であったという評価になっています。
その証拠に日露終戦後に勃発した第一次世界大戦では、ロシア軍が要塞攻略で乃木と同じ戦法を取っていますよ。
はじめから二〇三高地を攻めればよかったという点においては陸軍と海軍の戦略の違いであったとも思います。
二〇三高地からの砲撃を優先したかったのは、旅順艦隊さえいなくなればそれでいいという海軍の考え方。
陸軍は攻撃目標の都市などを占領するのが本分ですから、乃木の旅順要塞攻略が間違ってっているという批判はそれ自体が陸軍の戦争を知らないということになります
指揮官としても人間としても素晴らしい人だったと思っています。
こんな日本人はそう多くはなく、その後の軍人には皆無だと思います。

個人的には、旅順艦隊は黄海海戦と、大弧山や海鼠山からの観測射撃で大損害を被っていたのでこれを修理する設備は旅順港にはなかったのです。
歴史の後付ですが旅順港を攻める意味はそもそもなかったのです。
さら〜に、装甲巡洋艦以上の大型艦を入渠できるドックをロシア軍は極東ではウラジオストクに1個持っているだけであり、旅順港の艦隊維持能力は低かったのでした。
このため旅順艦隊は黄海海戦後には乗員や火砲を陸揚げして防衛戦に投入させており、実質消滅していたのです。日本側は第三軍などの観測調査である程度のことは掴んでいましたが、大本営や海軍側はこれを信じず、第三軍側もそれを実証する証拠もなかったので、艦隊は戦力を保持しているという前提で203高地攻略の是非を議論し続けることになったのですね。
結論として、冒頭のとおり203高地の占領は戦略的にも戦術的にも日本側に寄与しなかったというのが正しい見方ではないのでしょうか。
しかし、この戦争の為に両軍併せて戦死者20,400名(内日本兵:15,400名)、負傷者60,000名(内日本兵:45,000名)という惨憺たる数に至ったのでした。
この数字からは戦争の無意味さを感じますが、そうは言いながらやるからには勝たなければならず、死ぬことを少しも恐れずに、最後の1人が斃れる間まで攻撃を続けた明治の英霊には敬意を表します。
実際この事は、旅順要塞を守ったロシア将兵は本国の電文に「ノギの部下は打ち殺しても打ち殺しても、血の底から湧き出るようなに迫ってくる」と恐怖にあふれた内容で示されていました。

私の祖父はこの戦争には力持ちであった事から砲兵として参戦しておりました。
幼少の頃、祖父にこの戦争の事を聞きましたら、沢山の兵隊さんがなくなった、しか言いませんでした。
すると脇でそのやりとりを聞いていた気の強い祖母が、じいさんは気が小さいので露助を一人も殺さずに帰ってきた、と詰め寄ったのですが、祖父は、虚空を見上げながら、だから生きて帰ってきたんだ、とポツリといったのが今でも思いだされます。
まさしくその通りで、もし祖父がお国の為に戦死していましたら、私は生まれていなく従いこの拙文も皆の目に触れることはなかったのですから。
冒頭のように、祖父は戦争の最中はかなり後方で参戦しており、戦死のリスクはかなり少なかったのですが、これを問う祖母の見識がおかしいと思うでしょう。
しか〜し、戦争中に銃後を守る祖母としては、白箱で帰ってきた多くの近隣の遺族の方々からは、かなりの嫌味(死ぬ事が少ない処で戦っている)を言われ続けていたのだろうなと忖度しています。
祖母そのものの発言は矛盾していますが、祖母の気持ちもわかります。


「泣けるほど感動」ご主人が溺れていると勘違いして泣きながら助けに行く犬。



IMG_3295
今日は富山に出没です。
なにやら高岡で美味しいカツ丼を食べさせるお店があるとか・・・
行ってまいりました。
今日のお店は「ますや食堂」さんです。

住所: 富山県高岡市清水町1-5-1
電話:0766-23-1203
定休日:第3火曜、毎月6・16・26日

IMG_3285

IMG_3287

IMG_3286
お店の外観です。

IMG_3289
店内の雰囲気です

IMG_3294
メニューです。

IMG_3291
きょうのオーダー「勝どん」@720円です。
このお店、完璧にジモティ御用達です。
このお客の中で下町っ子は私だけでしょ(笑)
所謂、昭和の大衆食堂ですね。
待つこと5分で「勝どん」の到着です。
見た目、THEカツ丼です。

IMG_3293
それでは実食です。
おっ、カツは揚げたてですね。
口の中でホクホクします。
丼つゆは少し甘めですがカツ丼のタレは甘辛にすべしと日本国憲法でも決まっていません。
これは美味しいです、
特に玉子好きにはこのトロトロの溶岩みたいな白と黄色のコントラストはたまりません。
これで@720円ですか、コスパも最高です。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)