下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ぽっぽっ屋

晴海 ぽっぽっ屋 14th

今日は「私が日頃思っている事」です。
世の中には例えば「好きな英語を勉強したいのだけれど時間がない」とかいう人が多いですよね。
確かに現代人は忙しいですし且つすることが沢山あります。
その上に好きな事まで始めましたら忙しくてたまらない、というのが世の中の一般的な考えでしょう。
しか〜し思い切ってその好きなことを始めるとわかるのですが、やってみますと案外に時間のやりくりがつくものなのです。
好きなことをしたい為に他のこともきちんとやらなくてはと感じるので、畢竟能率よく上がり、短い時間で仕事が終わるので、全体としてはうまくゆくことになる事が多いようです。
加えてする事の量が増えれば増えるほど、エネルギーの消耗が激しくなって疲れてしまうというように単純に考えすぎているきらいがあります。
いくらする事の量が増えても好きでやっている時は、エネルギーの流れが良いのでそれ程疲れないものなのです。
何かをしながら、やっぱりあの好きなことをしておけばよかったとか、嫌だなと思っている時は、心の中に生じる摩擦のためにエネルギーを消耗するのです。
この為にあまりする事をしていないわりには疲れるという事になるのです。
 
見るまえに跳べ Leap Before You Look.
飛び上がれ
大江健三郎さんの小説のタイトルにもなっていますので、人口に膾炙されている至言であります。
短いので本文を紹介しますね。

Leap Before You Look
               W. H. Auden
The sense of danger must not disappear:
The way is certainly both short and steep,
However gradual it looks from here;
Look if you like, but you will have to leap.


見るまえに跳べ
               W. H. オーデン
危険の感覚を失くしちゃいけない。
君の行く道は、たしかに、急で険しいものだ、
ここから見ると 緩やかなものに見えるけれどね。
見たけりゃ見なさい、でも君はどのみち跳ばなきゃならないのだよ。

この言葉が好きです。
セッカチの性格なので自分に合っているのかもしれません。
よくこの言葉の紹介で「畳の上の水連」が用いられます。
いくら水泳の方法を本で勉強しても実際に泳いでみたら本の通りにはならないということです。
このような人たちは、溺れるという「the sense of danger」にとらわれて、冒険ができないのです。
要はriskに敏感になりすぎて、全体を見失ってしまっているのでしょう。
仕事でもそうです。
始めての仕事・案件は誰しもが不安になります。
しか〜しここでその不安と向き合っていても進展はしません。
したがってまずは着手してみるべきなのです。
やってみて分らない事があったら、周りの人に相談すればよいのです。これがチームプレーなのです。
私が一番唾棄する人間は、やりもしないで、できない言い訳を連綿と述べる人です。
Noから議論を始める人で良い仕事をした人は未だかつて見たことがありません。
加えて申せば「拙速は巧遅に如かず」です。
スピードも要求されるのです。
ビジネスで成功する人たちは、みな早くてうまい「巧速」です。
しか〜し彼らは新入社員の時から「巧速」だったわけではないはずです。
成長過程において「巧遅よりも拙速」ということを意識し、仕事に打ち込んだその結果として「巧速」の仕事術を身につけたのだと思われます。
早さはとりわけ重要です。スピードこそ「力」なのです。

最後に私の好きな名言で締めさていただきます。
If you want something done, ask a busy person.
何かしてもらいたければ忙しい人に頼むとよい。
Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)


一体全体どうやっているんだろう?



今日は勝どきに出没です。
IMG_9848

IMG_9836
久々にトリトンスクエアに来ました。
たまには美味しいラーメンでも食べるかということで入ったお店は「ぽっぽっ屋ラーメン」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話:03-5144-8259
定休日:無休

IMG_9838
お店の外観です。

IMG_9845
店内の雰囲気です。

IMG_9839
メニューです。

今日のオーダー「ラーメン(半麺=100g・野菜多め・玉ねぎ多め・にんにく)」@850円です。
前回の「駄目だこりゃビックリマークラーメン」でしたweepから約3.5年のご無沙汰です。
今日の雰囲気では厨房スタッフが外国人から日本人変わっていました。
Rebornしているのでしょうか・・・

IMG_9841
調味料の面々です。

IMG_9843
トッピングの紹介です。

待つこと8分で「ラーメン」の着丼です。
IMG_9846

IMG_9847
見た目鮮やかです。
それでは実食です。
茹で野菜はまずまずの味わいです。
しか〜しこのお店の白眉だった木耳(きくらげ)にハリがありません。
天地返しを数回することでぽっぽっや定番の荒縄麺がでてきました。
懐かしい味です、この麺は美味しいですネ。
肝心かなめのスープはどうでしょうか。
ぬる〜いですね。
スープの温度管理くらい何でできないのでしょうか。
本来は美味しいのに、野菜が臭かったり、スープがぬるかったりして味に安定感のないお店でしたが、今回も前回同様に「駄目だこりゃビックリマークのラーメン」でしたweep
いっちょん変らん状態に、驚き呆れとるバイであります。

それでは(^_-)

勝どき ぽっぽっ屋 2012年2nd

今日は「トイレペットペーパー異聞」の話です。 
関東と関西では、トイレットペーパーの好みが異なる。
東京を中心とした関東では二枚重ねのダブルロールタイプが主流で、一方の関西ではシングルロールの方が人気が高いようだ。クリーンネットサ-ビス株式会社の調べでも、ダブルロールを使う人の割合は関東地方が過半数の67.1‰に対して近畿地方では43.9%と、大きな開きがある。 
なぜこのような違いが生まれたのか。 
もともと関東では、トイレットペーパーの元祖たる「落とし紙」には静岡産のチリ紙が使用されていた。対して関西は、四国産の京花紙が使われることが多かったという。
その後、四角に切った「落とし紙」からロールタイプの「トイレットペーパー」へと進化していったのだが、その際、静岡では技術力を駆使してやからかいダブルタイプを製造。一方の四国では和紙づくりの伝統を生かして、張りのあるシングルロールを主に作っていったのである。
つまりは当時、関東では「イマドキ風やわらか」タイプが、関西では「伝統を生かした和紙」タイプのペーパーが主流だったというわけ。これが現在の東西の違いにつながったのでは、と考えられているのだ。
もっとも「関西は金銭感覚が発達しているからシングルロールが好まれている」ともいわれていて現代の事情を考えると、こちらの説が有力だ。
シングルロールの方がダブるよりも巻き付けられているペーパーの長さがあり、ゆえに長持ちする。そのため、経済観念がしっかりしている関西圏では、シングル派が多いというわけだ。 
ちなみに全国でトイレットペーパーを最も消費している県は「仲縄県」。一ヵ月のトイレットペーバーの使用量は、一人につき全国平均が3.3ロールだが、沖縄県ではなんと倍近くの6.19ロール。
金銭感覚あふれる関西人か沖縄人のトイレットペーパーの使いっぷりを見たら、卒倒するのではないだろうか。
「関東のしきたり関西のしきたり」話題の達人倶楽部(編)著より転載


この様なことを調べている方がおられるんですね、エライ
しかし我が家はwashletですので、ほとんどトイレットペーパーを使う事はありません。
ところで沖縄県人はなぜにこのように大量のトイレットペーパーを使うのでしょうか。
一度知り合いの沖縄県人に聞いてみましょう・・・

昨日NHKBSプレミアムで「沢田研二ライブ2011-2012日本武道館公演 瞳みのる・森本太郎・岸部一徳をむかえて ザ・タイガースを歌う」を見ました。
ちなみに私はほとんどTVをみないのでこれはかなり珍しいことなのです。
当初はGSの懐メロショーかと思って見ていたら、GSソングは半分くらいで後はその当時のポップス、若しくはこのコンサートの為の新曲です。
良く構成された内容になっており楽しい一時がすごせました。。
中でも病気療養中の岸部四郎さんが兄の一徳さんの介添えでセンターステージまでエスコートされて、用意された椅子に座って英語曲「若葉の頃」を一曲歌ったのですが、とても感動しました。
このようなサプライズを設営したのはジュリーさんです。
ジュリーさんの昔の仲間への友情に拍手です
ところでこの話を知り合いの若者に話したら、すんません、タイガースゆうたら野球チームしか知りませんねん、ですと。なんかエライ年寄り扱いされたみたいでショックでした。

今回のコンサートの中で私の一押しの「美しい愛の掟」です。
たしか「青い鳥」の次な歌のはずですが、こんなにもロマンチックな歌だったかなという驚きを禁じえません。是非、鑑賞してみてください。



IMG_0431
今日は勝どきに出没です。
今日は前回新menuを食べに来るという誓いをはたしに「ぽっぽっ屋」さんに参りました。
ということで今日のお店はご存じ「ぽっぽっ屋」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話: 03-5144-8259
定休日:無休

IMG_0424
お店の外観です。

IMG_0428
店内の雰囲気です。

IMG_0427
新メニューです。

IMG_0429

IMG_0430
今日のオーダー「豚バラの肉の生姜焼定食(ライス、スープ、漬物付)@700円です。
待つこと10分で着皿です。
見た目美皿です。果たして味はどうでしょう。
それでは実食です。
な何だ、この生姜焼き熱々じゃありません。それに画像の通り肉が少ないです。
しかし、かかし熱くない生姜焼きなんて、クリープを入れないコーヒーのようなものです。
味ですか、美味しくありません。
それに閉店間際だという時間帯のせいか、中国人スタッフはほとんど緊張感がなく、帰宅してからの夕食の話で盛り上がっています。
そんな話は仕事が終わってからゆっくりして下さい、それでなくても私は厨房での私語は大嫌いなんですから・・・
駄目だこりゃビックリマークの夕餉でしたweep

それでは(^_-)

晴海 ぽっぽっ屋 2011年1st

今日は「原発事故は人災!」の話です。 
日本共産党に、吉井英勝議員っていう国対副委員長をやってる人がいる。京都大学工学部原子核工学科を卒業してる原子力の専門家で、現在68歳だけど、自民党が推進してきたデタラメな原発政策について、何年も前から警鐘を鳴らし続けてきた。5年前の2006年3月には、全国の原発の8割が、地震で津波が発生した時には冷却できなくなり、炉心溶融の恐れもあるって指摘してる。

以下は2006年12月22日付、衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書」からの抜粋です。

【質疑 1−1】
原発からの高圧送電鉄塔が倒壊すると、原発の負荷電力ゼロになって原子炉停止(スクラムがかかる)だけでなく、停止した原発の機器冷却系を作動させるための外部電源が得られなくなるのではないか。

【答弁 1−1】
我が国の実用発電用原子炉に係る原子炉施設(以下「原子炉施設」という。)の外部電源系は、二回線以上の送電線により電力系統に接続された設計となっている。また、重要度の特に高い安全機能を有する構築物、系統及び機器がその機能を達成するために電源を必要とする場合においては、外部電源又は非常用所内電源のいずれからも電力の供給を受けられる設計となっているため、外部電源から電力の供給を受けられなくなった場合でも、非常用所内電源からの電力により、停止した原子炉の冷却が可能である。(以下略)

【質疑 1−6】
大規模地震によって原発が停止した場合、崩壊熱除去のために機器冷却系が働かなくてはならない。津波の引き波で水位が下がるけれども一応冷却水が得られる水位は確保できたとしても、地震で送電鉄塔の倒壊や折損事故で外部電源が得られない状態が生まれ、内部電源もフォルスマルク原子力発電所のようにディーゼル発電機もバッテリーも働かなくなった時、機器冷却系は働かないことになる。この場合、原子炉はどういうことになっていくか。原子力安全委員会では、こうした場合の安全性について、日本の総ての原発一つ一つについて検討を行ってきているか。また原子力・安全保安院では、こうした問題について、一つ一つの原発についてどういう調査を行ってきているか。

【答弁 1−6】
地震、津波等の自然災害への対策を含めた原子炉の安全性については、原子炉の設置又は変更の許可の申請ごとに、「発電用軽水型原子炉施設に関する安全設計審査指針」(平成二年八月三十日原子力安全委員会決定)等に基づき経済産業省が審査し、その審査の妥当性について原子力安全委員会が確認しているものであり、御指摘のような事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。

【質疑 1−7】
停止した後の原発では崩壊熱を除去出来なかったら、核燃料棒は焼損(バーン・アウト)するのではないのか。その場合の原発事故がどのような規模の事故になるのかについて、どういう評価を行っているか。

【答弁 1−7】
経済産業省としては、お尋ねの評価は行っておらず、原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。

で、この3つの質疑と答弁を見ただけでも、長年の調査によってホントに危険だと思って質問をしてる吉井議員と、何も考えずに官僚が書いた原稿を棒読みしてるだけの河野議員(安倍晋三の代弁者)の様子が見て取れたと思うけど、3つの質疑と答弁から分かることは、当時の安倍内閣が原発の安全対策についてどんなふうに認識してたのかってことで、それは、次の3点だ。

1.何らかの事故で原発の冷却系の外部電源が切断された場合でも、非常用の電源に切り替わるから何も問題ない。

2.地震や津波に関しては、申請ごとに経済産業省(原子力安全保安院)が審査して、それを原子力安全委員会が確認してるので何も問題ない。

3.地震や津波で原子炉が停止したあとに電源が切断されるというような事態は絶対に起こらないように万全を期しているので、起こった場合のことなど考えていない。

「世界最悪の原発事故を起こした自民党の総理大臣」きっこの日記より転載

これを読む限り今回の原発事故って“完璧な人災”じゃないですか!
吉井議員は大地震の引き波を危惧されていて、今回は津波というプラスマイナスの差だけですが本質は一緒です。
きっこさんは自民党の総理大臣が諸悪の元凶としていますが、しかしその総理大臣を負託したのは我々日本国民ですからね、この点は反省しなければなりません。
しかし日本人は本当に危機管理ができない民族なのですね。
5年前に警鐘を鳴らしていた人がいたとは・・・この警鐘を真摯に受け止めていたらここまで悲惨な状況にはならなかったのでしょう!

こういう暗いネタの後にはスカッとした動画で口直しをして下さい。
当時、2002日韓共催の前にナイキがスタープレイヤーを一同に集めて開催された、シークレットトーナメントです。 懐かしい顔が続々! NIKE CM 完全版!!
なぜか中田さんもでています。


今日のお店は、本当に久々に晴海トリトン内にある「ぽっぽっ屋ラーメン」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
: 03-5144-8259
定休日:無休

IMG_8139
お店の外観です。

IMG_8140
店内の雰囲気です。

IMG_8142

IMG_8144

IMG_8141
今日のオーダーは「醤油ラーメン」@800です。
無料トッピングは野菜、タマネギ多め、ニンニク別皿です。
久々にきたらstaffさんが総代わりしていました。
ミャンマー人がいなくなった代わりに居丈高(いたけだか)と馬鹿丁寧なチャンポン日本語を話す変な中国人がホールstaffとなっていました。
野菜の盛が少し低くなったような気がします。
それでは実食です。まずは野菜の天地返しです。するとおなじみの荒縄麺が登場します。
おもむろにスープをすすります。アレッ、スープが熱々、しかもすごく美味しくなっている、どうしたんだろう、何があったんだろう?
暫くぶりに食べた「醤油ラーメン」はバリ美味ラーメンに変身していました。
もともと美味しいのに、野菜が臭かったり、スープがぬるかったりして味に安定感のないお店でしたが、今回の変貌には大満足です。
これは美味しい、最高です合格合格合格合格合格
また来よう♪

それでは(^_-)

2010年 ぽっぽっ屋 2nd

今日は「月島徒然(つれづれ)」の話です。 
今日は午後から月島に居続けです。
あんまりたいした話もないのですがお付き合い下さい。

IMG_7068
まずはお昼の西仲通りです。
最近修学旅行の学生が昼からもんじゃストリートを占領しています。
しかし昼からもんじゃですか、考えられないですよね。もんじゃはお好み焼きと違ってかなり味が濃いのです、よって昼に食べても良いのですが、もんじゃの残滓(ざんし)が強すぎて夕食のイメージが湧かないのが普通です、お気の毒に(笑)

IMG_7097
ずーっと考え事をしながら歩いていたら何故かトイレの便器に腰かけていました。
考えがまとまったので少し頭に余裕が出てきました。
目についたのがこの張り紙です。へぇーっ、最近は男子トイレにもベビーチェアが設置されているんだなぁと見ていたのですが、男子トイレは女子トイレと違って臭い(大と小の差)がきつくて赤ちゃんも可哀想になぁという思いを巡らせていました。
さらによくよくこの張り紙を凝視していたらイラストの人物が女性と赤ちゃんだったのです。
まさか女性トイレに入ったのでは???
長時間考えながらトイレに入ったのでトイレの性別を確認もしなかったのです。
以前シンガポールでも考え事をしながらトイレに入ったら女子トイレだったことがありました。
二度あることは三度あるのです。マジすか、そうだよなぁ男子トイレにさすがにベビーチェアはないよなと思い、耳を最大限に大きくしてトイレ内の音を捕獲しました。
どうやらこのトイレ内にいるのは私だけのようです、思い切りトイレの扉を開けて出口に向かってダッシュしました、しましたがダッシュしながら横目でにらんだら朝顔が目に入ったのでダッシュをやめたのです。
まぎらわしいじゃないですか、月島公民館のトイレ!と怒っても栓なきことです、男女を確認しないでトイレに入ったあなたが悪い!

IMG_7133
結局薬局月島での打ち合わせが長引き22時になりました。
即に帰宅しようかなと思ったのですが、軽く酒でも飲むかという気持ちも湧き上がり、峻拒する特段の理由もなかったので立ち寄ったのが晴海トリトン内にある「ぽっぽっ屋」さんです。

住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
: 03-5144-8259
定休日:無休

IMG_7106
お店の外観です。

IMG_7111
店内の雰囲気です。

今日の「ぽっぽっ屋」さんはラーメンではなく、居酒屋料理です。
IMG_7105IMG_7113
まずはビールで自分にご苦労さんです。
ここのアルコール類は缶ビール(@300)と缶酎ハイ(@300)だけです。

IMG_7107
最初のオーダー「絶品なめ茸ラー油豆腐」@300です。これはそれほど絶品ではありませんが乾杯ビールにはお手頃です。

IMG_7110
そして次に頼んだのが「がつ炒め」@500です。
この「ぽっぽっ屋」さんは直営店でなく門前仲町にある焼肉屋さんが経営しているのでホルモン系のingredientには間違いがありません。
味ですか絶品です、お酒にあいます、お酒がすすみます。しかし量が少し足りないかなァ・・・

IMG_7114
そして「オイルサーディンのマスタード焼き」@300です。今迄知らなかったのですがオイルサーディンとマスタードって合うのですね、イケます。

IMG_7115
軽く酔いがまわってきたので、店員の中国人とミャンマー人との雑談になってきました。
得意のcross cultural talkです。前から思っていた「ぽっぽっ屋」さんのラーメンのスープの温度はぬるいぞと苦言を呈しましたら、素直にあらためますって言ってくれました。
可愛いじゃないですか中国人とミャンマー人!
私はこのような応対は大好きです。
そしてさらにダラダラ話していたら、厨房のミャンマー人から「マッシュルームの唐辛子炒め」@300の差し入れがありました。美味しいですねこれ!
噛めば噛むほどマッシュルームの香りが口の中で踊ります、結構でした。

また月島にきたらよりますよ。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

続 かちどき しなそば家

今日は「はんぺん」の話です。
なにを隠そう私は「はんぺん」が好きなのです。
こういうネタフリってグルメブログっぽくていいですよね(笑)
まずは「はんぺん」のご紹介です。
しなそば家21
半片(はんぺん、半平)は、スケトウダラなどの魚肉のすり身にすりおろしたヤマノイモを混ぜてよく摺り、調味して薄く四角形または半月型にしてゆでた魚肉練り製品。ヨシキリザメ、アオザメ、オナガザメなどのサメ類やカジキなどが使われることもある。しかし、現在では新鮮なものが入手しにくいなどの問題から、サメなどを原料とするのは極上品とされる。ふんわりとした滑らかな舌触りで、煮汁を良く吸い込む。煮物、揚げ物、フライ、バター焼き、おでんだね、椀だねなどに用いられる。名前の由来には、江戸時代の駿河の料理人・半平(はんぺい)が創案したところからこの名がついた、また椀蓋で半月型に整形したことから名がついたなどの多くの説がある。元々は関東周辺のみで食されていた地域色の強い食品であったが、戦後になって東京の紀文食品が紀文の「はんぺん」として全国的に販売するようになって以降は、この白い「はんぺん」が「はんぺん」として定着した。尚、「はんぺん」の大量生産化を最初に可能にしたのは、この紀文食品であり、特許期限が失効されるまでは、今日のように多くのメーカーから販売されることはなかった。
wikipedia「はんぺん」より転載
「はんぺん」ってこれが食べ物かというほど清らかでなおかつ深窓の令嬢のような品格さえあります。そしてその姿は雪のように輝くばかりに白く、柔らかく、そして傷つきやすい。できればたおやかな世界でひっそりと暮してほしいものですが、ひとたび没義道(もぎどう)な人に出会えば、自らが汚れていくことをいとわず、その姿を放擲(ほうてき)していきます。まるで清貧映画のヒロインです。
このように慈(いつく)しんで、傷つかないでほしいと願いながらもその美味しさの前に食してしまう、私はなんと罪深いのでせう。
まあ美味しいのだから仕方ないですね、最近は週に三回「はんぺん」のバター焼きに山葵醤油を付けて食べています、ちょっとしたmy boomです、ハイ。

今日は行列のできるラーメン屋、勝ちどきにある「しなそば屋ラーメン」さんの暖簾をくぐりました。

住所: 東京都中央区勝どき3-5-14
電話:03-3531-9565
定休日:祝日

22しなそば家
お店の外観です。勝ちどきで行列といえば、晴海トリトンの「ぽっぽっ屋」さんかこのお店位でしょう。

しなそば家23
店内の雰囲気です。このお店いつも重厚な緊張感があって疲れます。基本的に食事するところなのでもう少し寛恕(かんじょ)の姿勢がほしいところですね。

しなそば家24
メニューです。

しなそば家25
今日のオーダー「みそラーメン」@700です。
それでは実食です。まず一口スープをすするりますと、すこし甘い感じがする味噌味です。
私の気になるスープ温度は超熱く大満足です。麺は中太の縮れ麺です。もちもちしていて口内でからみついて口当たり最高です。特筆するのはシナチクです、これは味が濃くてよく炊けておりとても美味しいです、これは味わってみる価値ありといいたいところです。
食べていて思い出したのですが、このお店の味噌ラーメン発祥の地「札幌」で供される味に近いですね、たしかこの味噌の甘さ、すすきの有名店(店名は失念)で食したものとcloseしていました。
久々に美味しいラーメンをいたただきました。

ご馳走様でした

それでは(^_-)

晴海 2009年 ぽっぽっ屋 4th

今日は「最近の若者は車に乗らない」の話です
警察庁の統計によると2008年の20〜24歳の運転免許保有率は79.5%バブル絶頂期の1990年から4ポイント下がりました。特に男性の減少幅が大きく、約6ポイント減です。日本自動車工業会(東京・港)によると身分証明書代わりに免許を取るだけの人も増え、若者の車離れを懸念しているそうです。
バブル崩壊以降に学生時代を過ごした世代はムダを本能的に嫌う傾向があります。お金をかけずに生活を楽しむスタイルを格好良いと思っているそうです。移動手段としては自転車が支持されていて、運動にもなるし、何よりも維持費が安くすむとのことです。
自転車産業振興協会(東京・港)によりますと、若者が好むロードレーサーなどスポーツタイプ自転車の販売台数(標準的な店舗の1店当り)は08年度に5年前に比べて約3倍に増えました。
【日本経済新聞 エコノ探偵団】

なるほど最近の若者は自転車に乗るのですね。
私の小学生時代にサイクリングが流行りまして、確か小学生5年生の時ですか俄に麻疹(はしか)にかかったかのように自転車で全国旅行をしようと発心したのです。その決意を父親に話すと父親は、それはいい事だ。その為に学校は一年位遅れてもいいからやり遂げなさい、と言ってくれ、その当時の最先端モデルの十段ギアの自転車を買い与えてくれたのです。そして手始めにとある日曜日、横浜まで母親手作りのお弁当をもって足慣らしに行きました。片道40km弱ですが何とか到達し、疲労感もほとんどなく全国横断サイクリングもできるなと高をくくっていたのです。ところが帰路の銀座辺りでチエーンがはずれそれを直すのに小一時間もかかりました。そうなのです生来の不器用(ぶきっちょ)の為その修理に時間がかかったのです。そしてこんなことがしょっちゅう起きる全国横断サイクリングは無理だと即に翻心した11歳の夏でした。ちなみに私は今でも、悲しいくらい不器用(ぶきっちょ)です(笑)

ぽっぽっや32
今日はトリトンに行く用事があり、前回的にした「ぽっぽっ屋」の「カレーつけ麺」を食べにきたのです。


住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話: 03-5144-8259
定休日:無休

ぽっぽっや41
ぽっぽっや42
「カレーつけ麺」@850です。

ぽっぽっや43
これは通常の「とんこつつけ麺」に業務用のカレールーをのっけたものみたいです。何故かといえばジャガイモが賽の目状で存在しそれが全く煮崩れてないからです。味ですか、美味いわけないじゃないですか、しかしEasyですね!かけ饂飩にカレールーをのっけってカレー南蛮との発想と一緒です。
もし私が調理人だったら、スパイスに工夫を凝らしトロミをつけたピザっぽいカレーつけ麺にしたでしょうね…これ以外に「ぽっぽっ屋」の荒縄麺にあうと思うのですが(マジ)

それでは(^_-)

小伝馬町 ぽっぽっ屋 本店

神戸の鮨屋の三代目魚武濱田成夫さんの詩集の題名です。
『俺様は約束してない事を守ったりする』
『君が前の彼氏としたキスの回数なんて俺が3日でぬいてやるぜ』
『世界が終わっても気にすんな俺の店はあいている』
『駅の名前を全部言えるようなガキにだけは死んでもなりたくない』
『俺には地球が止まってみえるぜ』
『生きて百年ぐらいならうぬぼれつづけて生きたるぜ』
『おまえがこの世に5人いたとしても5人ともこの俺様の女にしてみせる』
(以上角川文庫)
この方大塚寧々さんの元旦那だとか、私は絶対こんなお兄さんがやっている鮨屋には行きたくないですね…この方もしかしてお鮨屋さんじゃないような気がしているんですが?

ぽっぽっや21
今日のお店は行列のできるラーメン屋「ぽっぽっ屋」本店です。ここのご主人ラーメン二郎「蒲田店」「堀切店」で修行した後、2000年6月8日に小伝馬町のこの地にお店を構えたのです。
当初はお客がぽつぽつくればいいやと思い「ぽっぽっ屋」って店名にしたのです。
エッ私は今日の今日まで、鳩ぽっぽの「ぽっぽっ屋」だと思ったのですが違ったのでした。
したら店名も「ぽつぽつ屋」にしてくれれば勘違いしなかったのに(笑)

住所: 中央区小伝馬町16−12
電話番号:03-3666-2151
定休日:日曜日、祝日

ぽっぽっや22
ツケ麺会の有名店主26名の揃い踏みです。はたして皆さんは何人知っていますか?…その前にこのパチリだと誰が誰だかワカリマセンね(笑)

ぽっぽっや23
本日の獲物「ラーメン」@730です。

ぽっぽっや24
ここのご主人が大事にしているのは「麺」です。顎が疲れるゴムみたいな麺が理想だそうです。味ですか「麺」は美味しいのですが、後は最低です。
一つは「ぽっぽっ屋」でのお約束の野菜増し増し等のオプション選択ができないことです。常連さんはさり気無くしていましたが、お店の方が聞いてくれないので私みたいな当店初心者はどのタイミングで頼んでいいのか分からず結局ノーマルラーメンになってしまいました。
二つはスープがショッパクて深みがありません。
三つはパチリでも分かるようにチャーシューがパサパサです。これなら晴海トリトンの「ぽっぽっ屋」の方が断然美味しいです。久々に期待を思い切り裏切られましたweep

こんな下克上は勘弁ですね…こんな日もあります(悲)

それでは(^_-)

続 ぽっぽっ屋 晴海トリトン店

地球号の乗組員で馬を食べるのは日本人とフランス人らしい。フランス人はタルタルステーキ(牛の生肉を使うことが多いが本来は馬の生肉)を好んで食べています。
私は馬のタテガミ部の刺身が好きです。
もしかすると遊牧国家(モンゴル)の朝青龍は、日本人が馬肉を食べるので馬鹿にしてあのような不遜な態度をとるのか(笑)

今日のお店はラーメン二郎系の「ぽっぽっ屋晴海トリトン店」です。
住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話: 03-5144-8259

この間「ラーメン二郎ひばりヶ丘駅前店」がだったので、今日は「ぽっぽっ屋晴海トリトン店」で口直しです。
獲物は醤油ラーメン@800です。


オプションはチョイ辛、野菜、タマネギ多め、ニンニク別皿です。
drawing
このニンニク別皿ですと、自分の好みの分のニンニクが入れられるのでとても良いです
味ですか今日のぽっぽっ屋はとても美味しかった
麺は相変わらずのごつごつした荒縄麺(太麺)で、こってりスープに良く絡む。
そして今日の最大の勝因は野菜です。今日の野菜ははショキショキしていて歯ごたえ充分で口当たりがとても良かったのです。
この間食した二郎の野菜はグズグズで日光の手前(イマイチ=今市)そして王様の耳はロバの耳のようなコリコリしたキクラゲも最高。そしてお約束の崩れてラーメンとスープに纏わりつく半トロトロのチャーシューも最高。食べた後も満足感が体を包んでくれました。

不味い時はミャンマー人の調理人に唾棄打擲罵倒するのです(嘘)が、今日は本当に感謝の気持ちで「美味しかったヨ」と言いました。そして「もうこの店長いね」とネギライの言葉をかけるともう二年ですと・・・。頑張ってるねミャンマー君。

それでは(^_-)

ぽっぽっ屋 晴海トリトン店

烏賊(いか)って鳥(とり)賊ではなく烏(からす)賊って書くのを知っていましたか。これは烏賊(いか)が死んだふりをして海面に浮かび、餌にしようとして食べにきた烏に足を絡ませ水中に引き込み食べるからです。
でも烏賊(いか)の歯ってそんなに強いのかしら?
でもこれを知って鳥嫌いの私としては、烏賊(いか)好きだったのがさらに好きになりました(烏賊君迷惑

今日のお店はラーメン二郎系の 「ぽっぽっ屋晴海トリトン店」 です。
住所: 東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトン3F
電話: 03-5144-8259

今日の獲物はとんこつ醤油ラーメン@800です。

ここのお店門前仲町にある焼肉屋のオジサンが経営しています。
さらにトリトン内にある焼肉屋(トラジ?)もこのオジサンが経営しています。

しかしこのお店味が安定しません。そういえばラーメン二郎の創業店もそうでした。
でも昔は二郎の二階にあった雀荘にオジサン(総帥)自ら出前してくれたのであまり悪口はいえませんね(笑)

ここは調理人が一定しません。それとなぜかほとんどがミャンマー人の調理人が作っています、何故なんだろう?
ここの一番の欠点はキャベツです。たまに鮮度が悪いときがあって臭いの不味いのって何で味見しないのだろうとミャンマー語で言いたいくらいです。
あと木耳も当たり外れが多いいナ。
それとスープがぬるいのです。ミャンマー人は猫舌?
一時日本人の調理人がいたので、研修はどこでやるのときいたらそれはポッポ屋小伝馬町本店だそうで門前仲町の焼肉店ではないようです。でもそんなに研修は長くないみたいですね。

ここまで読んでいると不味いように思えるかもしれませんが、そんなことはありません。今日みたいに美味しい日もあります、でもマレですけれどね(笑)。
しかし好きだからグダグダいうのです。
最後にお店の入口の床の油のヌメリは綺麗にしましょう。
足の悪い時何度も滑りそうになり恐い思いをしました。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ