下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

べんてん

弁天町 としおか

今日は「フォビア(恐怖症)」です。
出勤途中の電車に乗っていましたら、座席に座っていたダークスーツに身を固めロイド眼鏡をかけた一見二枚目風の河童系禿頭の中年男性がいきなり目の前の女性に対して、電車内でシャープペンを使うのって危ないだろう。
刺さったらどうするの、って大きな声で怒鳴り始めました。
私はその女性の隣に立っていたので、なにかシャープペンを使って危険な行為をしていたのかと思ってその手元を見ましたら、スケジュール帖に予定を加筆していただけでした。
私はこのカッパさん、先端恐怖症なのだなと思いました。

先端恐怖症
先端恐怖症とは、鋏・針・鉛筆・ナイフ・カッターなど、先端が尖った物が視界に入った時に強い精神的動揺を受ける恐怖症の一種です。
症状の特徴としては、自分が傷付けられたり、刺されたりと言う心配が無いのにも関わらず、先端を異常に恐がってしまうと言った特徴があるのです。
また逆に先端で自分が他人を傷つけてしまうのではないかと言う症状もあります。

私の知っている東大卒の教科書会社の編集長をしていた方はある日突然電車恐怖症になりました。
恐怖症になったきっかけは次の出来事です。
二日酔いで満員電車に乗ったところ二日酔いのムカつきと満員電車のムシムシした熱気に加えてかなり体を圧迫されたことから過呼吸みたいな状態になり、このままでは車内で失神するのではないかと思ったのです。そしてその恐怖から途中下車してしまったのです。
その日は途中下車した駅から会社まではタクシーで行きました。
問題は次の日です。
いつものように通勤電車に乗ろうとしましたら昨日の過呼吸イコール失神の恐怖がフラッシュバックしてその恐怖からどうしても電車に乗れず、通勤電車の車内が閑散となるまで駅で電車を待ち続け、結果会社は遅刻となりました。
以来この恐怖症が固着してしまい、医者にも行ったのですが改善せず、会社には恒常的遅刻で迷惑をかけてしまうという事から自ら編集長という要職を辞退して、倉庫での配送係になったのでした。
皆さまお分かりになりにくいと思いますが、彼の恐怖は他人に迷惑をかけてしまうというこの一点だけだったのです。
万が一過呼吸で倒れて電車を止めたらどうしょうという必要以上の心配が彼を自縄自縛にしてしまったのです。
普通この手のフォビア(恐怖症)の方は、その恐怖で他人に迷惑をかけてしまうということで生活がおかしくってしまう人が多いのです。
卑近な例で申しますと、高所恐怖症で飛行機に乗れず、日本全国新幹線でいく人って少なくありません。
来年には北海道新幹線も開通するので本当に全国を新幹線で行くのでしょう。
この方々は、飛行機内でその恐怖から機内の人に迷惑を掛けてはいけないという配慮で飛行機に乗らなないのでしょうが、その代償の為の対価と時間の無駄はいうまでもありません。
話はもどりますが、上述のカッパさんの恐怖症は異質で、単なる自らの恐怖を我慢ができないお「子ちゃま」なのだと断じさせていただきます。

池に起こった波を消そうとして、新たな波を起こすと、池はますます波立って収拾がつかなくなります。
それと同じように、不快な気分をよくしようとして、心の中でやりくりをすると、ますますおかしくなるというのです。
たとえば人前で緊張したときに、落ち着け落ち着けと自分に言い聞かしても何の効果もなく、よけいにあがってしまいますよね。だから、感情についてはさわらない方がいいのです。
感情は、あるがままに起こってくるままにしておくしかないのです。
例えばクレームで謝りに行かなければならないときなどは、なんと言おうか、許してくれなかったらどうしようかなどと、行かない先からいろいろと心配することが多いでしょう。こういう時は自分の体面・面子を守る事のみをまず考えてしまいます。
大事な事はまずクレームが起きた会社に行ってそれを担当する責任者に謝ってしまうのです。
多分先方は怒りますが、取り敢えず怒りおわるまで我慢をします。
そうすると先方も怒ってしまえば、そこから先は仕入先と販売先という違いこそありますが、実態は運命共同体ですので、こうしてくれ、ああしてくれと対応策を一緒になって考えてくれます。
はじめから完全に仕上げようと思えば気が重くなりますが、取り敢えず相手の懐に飛び込んだ方がましと思えば、気楽に行動できるのだと思います。
誰でも他人からの叱責は恐怖ですが、それでも義務や必要を優先させて行動しなければなりません。
必要だから行動するという態度が肝要だと思います。

事実よりも考え方が重要である。
考え方よりも行動が重要である。
行動が最良の結果を生み出してくれる。
Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)


心が洗われます・・・
途中から現れます白い枠線は無視してください。



IMG_0012
今日は一年に一回の人間ドックです。
意に反しまして健康オタクみたいな生活をしていますので自信満々で健康診断には臨んでいます。
またこの日は会社を堂々と休ませてもらっています。
毎年人間ドックが終わった後は高田馬場にある「べんてん」さんに行くのがお約束でした。
しか〜し「べんてん」さんは昨年お店を閉じられてしまいました。
ところが「べんてん」さんで長年の修行を積んだ方のお店があるとの話を聞きつけました。
そこに行きましょうという事で、今日のお店は自家製中華そば「としおかラーメン」さんです。

住所: 東京都新宿区弁天町20
電話:不掲載
営業時間:11:00〜14:00
定休日:日曜日

IMG_0020

IMG_0018
お店の外観です。

IMG_0021

IMG_0022
店内の雰囲気です。

IMG_0023
メニューです。

IMG_0013

IMG_0014
並びました!
12時11分この方の後ろについて並び店内に入ったのが丁度13時です。
待つこと約50分でした。
11月初旬なのに12月中旬並みの寒さの中、冷たい雨の吹きつけに耐えながら雨にぬりこまれた往来の景色をぼんやりとながめ続けていました。
ちょっと異常なのですが、このような過酷な状況を耐えるのって、嫌いではありません。
マラソンに似ているからでしょうか・・・

今日のオーダー「塩ラーメン(小=150g)」@800円です。
店内は「べんてん」さん同様に緊張感溢れる静寂が店内を覆いつくしており、店主独りが黙々と丁寧な仕事をしていました。

待つこと7分で「塩ラーメン(小)」の着丼です。
IMG_0024
見た目きれいですね。

IMG_0025
それでは実食です。
湯気立つスープから頂きました。
濃厚な動物系と一部魚介系の出汁も併せているのでしょうね、しっかりとした濃いめの塩味は美味しいです。
しか〜し食べている時は丁度よい塩梅でしたが3時間後に炎天下での砂漠の渇水者のように水を求めましたのでかなり塩分は多いのでしょう。
きざみ生姜は相乗効果にはなっておらずこの辛さだけが際立ってしまったので個人的にはいりませんでした。
麺は「べんてん」さんと同様にツルツル感満載で美味しいです。
メンマは歯ごたえよくシャキシャキしていて深い味付けと相まって高評価です。
特筆するのはチャーシューです。
ほっこりと炊けたチャーシューは過不足ない脂が美味しく、噛みしだくたびに滋味が口の中の隅々に広がっていきます。イケますね。
全般的にとても美味しくいただきした。

どうやら私の楽しみの襷は「べんてん」さんから「としおか」さんに引き継がれたみたいです。
このあと他用があったのですが、重要顧客からの「助けてください」と一本の電話が私を会社に向かわせたのです。
頼られるうちが華なのでせうか・・・
こんな日もあります。

それでは(^_-)

高田馬場 べんてん 7th

今日は「imprinting」です。
私達夫婦は史跡巡りが好きです。
正しくは史跡巡り好きの私に奥様が付き合っているだけですが・・
今日は地元の浅草から吉原まで歩いていき吉原弁財天にお参りに行きました。
ここのところ続いています・・・

前回浅草に行った時に奥様がlifeworkのご朱印帳を忘れたので再度の挑戦です。
ご朱印帳は神仏との出会いを感謝しその上でお札と同等の朱印を頂くわけですから「きちんと参拝する」「集印そのものを目的としない」ことが肝要なのです。
決してスタンプラリーではないのです。
で〜もご本人には申していません。
そりゃそうです奥様大明神の逆鱗に比べれば、この世に恐ろしいものは有馬温泉ではなく有りませんので・・・

ところで誰でもいつの間にかimprinting(刷り込み)されているっていう事ってありますよね。
私は今日の今日まで吉原に関して間違ったimprintingをしていました。
多分地元の古老から聞いたのでしょう・・・
何を曲解していたのかを説明します。
宜しかったらお付き合いください。

#吉原遊女の悲劇
IMG_8583

IMG_8586

IMG_0001
吉原弁財天には、関東大震災で吉原遊郭一帯が火に包まれ、逃げ遅れた遊女490人が弁天池に飛び込み溺死した事を慰霊する吉原観音像(上段画像)を見ました。
言葉がありませんでした。
ただひたすら合掌するのみでした。

関東大震災で吉原遊郭は炎に包まれました。木造住宅が密集していたから火の回りが早く、手が着けられなかったのでしょう。そんな状況に加えて遊女が逃げ遅れた理由として、当時の吉原遊郭は遊女が逃げられないよう周囲を高い塀で囲っていたうえ、出入りする門に外側からカギがかけられたためと言われていいます。
そしてこの話が私のimprintingとなっていたのです。
しか〜しこの話は単なる憶断だったのですね。
といいますのも吉原の大門は夜10時に閉門し朝6時に開門ですから、震災発生の午前11時58分には開いていたのです。従いまして490人余りの遊女が無くなったのは憶断のような非人情の結果ではなく不可抗力な大地震に巻き込まれたものでした。
Imprintingってコワイですね・・・
今日まで吉原に対して悪印象を持っていましたがこの部分だけは訂正して上書きする事にしました。

#吉原遊女は門外不出
酉の市2

酉の市
吉原の遊女は苦界に身を落としたら年期奉公を明けるまで「籠の鳥」状態で門外にでることは絶対ないときいていましたので、これがまた私のimprintingになっていました。
ところがちがうではありませんか・・・
11月の酉の日に行われる酉の市では、普段閉じられている裏門が開放されたそうです。
従いましてこの日だけは一般の女性も吉原に足を踏み入れることができたそうです。
さら〜に郭外への外出が禁じられていた遊女達も身元のしっかりとした客となら酉の市へ行く事ができたそうです。
これこそ本当に、マジすか、です・・・
ちなみに遊女は17歳から27歳までが年期奉公ですから門外にでられるのは27歳の春です。
年期が明け開放された遊女は奉公中に約束した相手と夫婦になったり、見初められた相手にもらい受けされhappy endの方もいたそうですが、大半は郭内に残って遊女と客との切り盛りをするやり手として働いたり、外で遊女としの生業(なりわい)を続けていたそうですよ。


今日は大晦(おおつごもり)です。
大晦の日は穴八幡に行きお札替をするのが私のお仕事です。
今日は帰省していた長男が穴八幡に帯同しました。
ということで穴八幡の雰囲気を画像でご覧ください。
IMG_8605

IMG_8606

IMG_8607

IMG_8608

IMG_8610

IMG_8609


穴八幡の後は高田馬場にある「べんてん」さんでラーメンを食べるのが約束です。
ということで今日のお店は行列のできるラーメン屋「べんてんラーメン」さんです。
IMG_8611

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

IMG_8615
お店の外観です。

IMG_8619
店内の雰囲気です。

IMG_8618
メニューです。

今日のオーダー
私は「ニンニク焦がし塩ラーメン(麺少なめ)」@850円です。
長男は「ニンニク焦がし醤油ラーメン」@800円です。
ところで何で塩と醤油で値段が@50円ちがうのでしょうか?
女店員さんに聞いたら、にこっと笑っていました。
多分わからないのでしょうね(笑)

IMG_8620

IMG_8621
待つこと19分で到着です。
相も変わらず見た目盛りつけがきれいですね。
ニンニク焦がしが絶妙なアクセントになっています。
味ですか、美味しです。
特に麺がイケますね。
スープは塩味も醬油味共々コクがあるでのすが以外にもあっさりなのですよね。
ですので麺の美味しさが引き立つのでしょう。
「べんてん」さん二度目の長男も満足していました。
今年もご馳走さまでした

それでは(^_-)

高田馬場 べんてん 6th

今日は「標準語孝」です。
昨日栃木県は那須に打合せに出向きました。
そこで取引先の工場長と打合せが終わった後、呼んでもらったタクシーが来る間、雑談をしていました。
この工場長、栃木県は宇都宮生まれの宇都宮育ちなので、今日の今日まで標準語を話していたつもりだったようです。
先日地元の有名な行事がNHKでTV放送されていたのを偶然見ていたそうです。
するとその行事の紹介の中で地元の方のinterviewがあり、こともあろうにその地元の方の会話の下に字幕が流れていたのでした。
それを見てこの工場長は愕然としたそうです。
といいますのもこの工場長が那須で普段話している言葉は多少抑揚が語尾上がりになってはいるものの、決して方言ではなく、換言すれば栃木弁は標準語と信じていたからなのです。確かにこの工場長の日常会話は、栃木弁特有の語尾上がりがわずかに見受けられるもののほとんど標準語といってもよいと思うのです。
しか〜しそのわずかな語尾上がりが曲者なのです。

実は私の奥様も栃木県出身です。
普通の会話はほとんど標準語アクセントですが、何気ない時に語尾上がりがでてしまうのです。
奥様は東京ではシティガールで通したいらしく、常日頃栃木県出身であることを極力隠蔽?しようとしているのですが、やはり何気ない時に露見してしまうのですね。
そしてそれを私に指摘されると、仕方ないでしょう、栃木出身なんだから、シモツカレ「栃木県の郷土料理(煮物野菜)、個人的には野菜のクサヤだと思っている」好きなんだから、と逆ギレするのです。
例えが悪いのですが、薬物中毒でも深刻な薬物ははやめる事はできるのですが、ヘロインとかニコチンのような軽度の薬物はやめられないのと同じだと思うのです。
事程左様に軽度の方言(抑揚、アクセント)は抜けないのです。
日本人は単独民族で且つ右顧左眄(うこさべん)を必須とする民族なのでこの方言を隠したい気持ちは宣(うべ)なのかなと思います。

”久し振りに手を引いて、親子で歩ける嬉しさに・・・♪”
戦後の日本の数知れぬ人々がこの親しんだ歌を歌い続けた歌手の島倉千代子さんが亡くなりました。
私は亡き母が好きだったこともあり、島倉千代子さんには懐かしさがあります。
それにしても切々と歌う魂のビブラートは心に染みわたりますよね。
多分ですよ、島倉千代子さんをここまで私達に印象付けしたのは、タレントのコロッケさんの影響があるかと思います。
個人的にはこの「東京だョおっ母さん」を聞くたびに、皇居前で(歌では宮城)で記念写真を撮っている方々の飛びかうお国訛りがイメージさせられます。
また一つ日本人の情念を託せる昭和の歌い手が消えましたね・・・
合掌です。


久しぶりに嬉しいニュースです! 日本人ダンサーの蛯名健一さんがアメリカで最も素晴らしいタレントとして表彰されました。紹介の動画をじっくり見てください。



IMG_7675
今日は人間ドックなので朝早く会社に行って懸案をかたづけてから病院にダッシュ。
ここ20年、どこも悪いところはないで賞、をいただいておりました。
今年も同様かなと思ったら軽度の動脈硬化ですと・・・why?
例年なら
I feel like congratulating myself! (自分自身をほめてやりたい!)
ということでいつもは人間ドックの後、高田馬場にある行列のラーメン屋「べんてん」さんに行くのですが、動脈硬化にoily且つhigh calorieなラーメンはまずいでしょう!
で〜も今年も行ってしまいました。
やはりね、人間ドックのあとはね、「べんてんラーメン」さんですよね(笑)

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

IMG_7669
お店の外観です。

IMG_7667

IMG_7673
食前と食後の行列風景です

IMG_7670
メニューです。

IMG_7671

IMG_7672
今日のオーダー「塩こがしラーメン(麺少なめ)」@850円です。
待つこと29分で入店です。
あんど待つこと10分で「塩こがしラーメン(麺少なめ)」の着丼です。
見た目、食欲をそそるぜ、ラーメンです。

それでは実食です。
本日のスープの塩味は過不足ない感じです、イケてます。
アゲネギとニンニクは少しパンチがない感じですが、あまり強すぎますと塩味を相殺してしまいますので丁度良い頃合いかもしれません。
麺はみずみずしくプリプリとしていて美味しいです。
「べんてん」さんはやはり麺でしょう。
と言いつつ味わい深いメンマもloveです。
程良くトロケルチャーシューもbravoです。
ここのラーメンは美味しいですね。
で〜も健康の為にラーメンを食べるのは年に一回がお約束でしょう(笑)

それでは(^_-)

高田馬場 べんてん 5TH

今日は「昔の下町其の七」の話です。 
今日は下町ならではの言い回しです。
カツ丼のアタマ
最近下町ならではの言い回しで人口に膾炙するようになってきたのは「カツ丼のアタマ」です。
これはカツ丼のご飯抜き、つまりカツ煮のことですがこれに準じた下町ならではの言い回しが「天麩羅そばのダイ抜き」です。これは天麩羅そばのそば抜きです。
つまり丼ぶりの中に汁(つゆ)を張り、その中に天麩羅を入れたものです。ダイは台のことですね。下町ではよく蕎麦屋でご酒をいただいた後の締めに頂いていました。

昔の蕎麦屋の出前というのはいい加減であまりにも出前が遅いので催促すると、今お店をでたところです、というお詫びが返ってきますが、その言い訳を蕎麦屋の店内で何度も聞いたことが有ります。
しかし大概蕎麦屋の、今お店をでたところです、は今作っています、もしくは催促がきたので今から作ります、という意味であって、実際は今すぐにでもお店を出なければという状態なのですね。若しくは、そう意味で言っているの知ってますよね、ですか…
たまに早く来ると作り置きの蕎麦で、従って蕎麦が塊になっており、その蕎麦でキャッチボールができる位の硬さでした。
うちの父なんかは、そういうときは日本酒をたらすときれいにほぐれるんだ、といって一升瓶の口を押さえながらオットットと日本酒をかけるのですが、ここまでが蕎麦の分、ここから後は俺の分、と言ってはその一升瓶の口を今度は自分の口に持っていきます。
父がいないときは冷たい水をタラタラとかけてみましたが、別に日本酒でなくてもほぐれるわけで単なる自分が日本酒を飲みたいだけなのだなと理解していました。
でも伸びきった蕎麦に少量の日本酒をかけるのは下町ではよく用いられた生活の知恵です、ハイ。

蕎麦といえば食後の蕎麦湯、湯桶(ゆとう)が付き物ですよね。
下町の大衆食堂ではほとんどのお店が麺類は蕎麦、ラーメン両方作っています。
蕎麦湯はそば打ちに使われるうち粉が溶け込んで、そばを茄でた時にそばから抜け落ちてしまう栄養分が十分に含まれたりしているので、そば湯を飲むことは、つゆを薄める用途だけではなく、栄養分を補う意味もあるのです。
でもラーメンは麺についているカン水はリン酸塩や重合リン酸塩が含まれており身体に悪いのですよね。でも下町の人はそんなことを知っているのか知らないのか皆へっちゃらで大衆食堂の蕎麦湯、ラ―メン湯?を頼んでいました。本当ですよ。

これは良く下町の居酒屋で見かけた判じ文字です。
二升五合」==>「ますますはんじょう(益々繁盛)」-
春夏冬二升五合」==>「商い(秋無い)益々繁盛」
のような縁起言葉になっていますが、次の字は読めますか?

一斗二升五合」これは難しいでしょう。

これは一斗が五升の倍なので「五升倍 升升 半升」と解して「ご商売 益々 繁盛」と読むのです、知ってましたか・・・

2台のバイクとマスタング・コブラのパトカーのドリフトチェイスです。
スゴイ迫力です!



今日は高田馬場に出没です。
寒波の影響か身を切るような北風が吹いていたので、温かいラーメンを食べようと行列のラーメン屋さん「べんてんラーメン」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

IMG_0536

IMG_0535
お店の外観です。
こんな日に並ぶ人はいないと読んで出向いたのですが6人待ちでした。たいしたことないなと見積もったのですがお店に入るまで25分もかかってしまいました。

IMG_0538
メニューです。

IMG_0539

IMG_0540
今日のオーダー「焦がし醤油ラーメン」@800円です。
なんで醤油と塩で@50円値差があるのでしょうか・・・
このお店の行列店の理由を並んでいる時に考えていたのですが、このお店の麺量はdefaultで350gでしょう、ということは普通のお店の約倍ですよね。
ということは2杯で@800円割り返すと1杯@400円ですか、それでこの味ならコスパはイイですよね、行列成程。
今日は待つこと5分で着丼です。相も変わらず麺は美味しいですね。
チャーシューは特筆するものでもありません。
スープは焦がしニンニク&ネギ油の香りがaccentになっていて香りが高く美味しく頂きました。

そうそう隣に座っていたビジネスマンのお兄さんは時計を気にしながらセカセカと食べていました。結構早く食べ終わり、ごちそうさま、と言ってから丼ぶりをカウンターの上に置いて身支度をして店を出る体制をとっていました。
すると御主人は、お客さん、お金!って怒気を込めた声で言われました。
するとそのお兄さん、すいません、払っていませんでしたか、と謝りながらスーツの内ポケットから長財布を出して支払いをしました。それと同時に助手のお姉さんが、すいません、私がお代を言わなかったから、と言ってそのお兄さんにすまなそうに謝っていました。
どうなのでしょうか、一億総中流の中で無銭飲食も形骸化してきた今日です。そしてこのお兄さんは単に失念しただけの様ですし。それなのにお客さん、お金!はまるで無銭飲食扱いですよね。
いくら有名ラーメン店の店主でも、もう少し他の言いかたが有ったような気がしましたよ。

それでは(^_-)

高田馬場 べんてん New Year's eve

今日は「絆」の話です。  
絆
2011年の今年の漢字は「絆」に決定しました。
今年は東日本大震災の甚大な被害により世界の絆、日本の絆、地域の絆、家族の絆の大切さを国民一人一人が感じとった一年だったと思います。
個人的には東日本大震災の夜は鉄道が止まり東京へは帰れず。一人焼津のホテルでまんじりともせずTVに映し出される被災地の業火に心が震え続けていた事が今年のworstの思い出です。
今年も後6時間で終わりです。
そして来年兎君から襷(たすき)を渡されるのは辰君です。
辰だけに昇竜の勢いで世知辛い世相を吹き飛ばしてもらいたいものです。

Amazing to see all that happened this past year!



IMG_0344

IMG_0345

IMG_0346
今日は大晦日です。
という事で年中行事の穴八幡宮にお札替えに参りました。
10時についたのでそれほど混んではいませんでした。

IMG_0348
布袋様に腸炎の快癒を祈願し大枚のお賽銭を投じてから、布袋様の腸の部分を艶光りするほど撫で回しました。これで来年から腸は超調子良くなるでしょう。



今日のお昼は決め打ちです。
今日のお店は穴八幡から近く、大晦日にもやっている行列ラーメン店「べんてんラーメン」さんです。
IMG_0349
11時半に到着したのにこの行列です。
私すごくせっかちの割には実は並ぶのが好きなのです。
IMG_0356
この間も年賀のお品としてガトーフェスタ・ハラダ のお菓子を買うのに一時間も並んだ実績もありますしね、並ぶことNo problemです。

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

IMG_0352
お店の外観です。
結局この寒空の中、62分間並んで待っていました。
一人で並んで待っている間は、誰でもが哲学者になれますね、いわゆる思考の泉状態というやつですか。

IMG_0354
メニューです。
といっても今日は限定メニューのみですが。

IMG_0355
今日のオーダー「特性ラーメン」@1,000円です。
このラーメンスゴイのです。毛蟹、伊勢海老、鯛、するめ、甘海老が惜しげもなくスープ材料として使用されています。
待つこと5分で着丼です。今日はメニューが一種類だけなので出てくるのが早かったですね。
そうそう私が頼んだ今日の麺量は半盛(約180g)です。見た目この位の量が丁度よさそうです。
それでは実食です。スープから伊勢海老等の芳(かぐわ)しい香りが立ち込めてきます。
麺はあいかわらずツルツルしていて美味しいですね。
メンマもコリコリして美味しいです。
スープは熱々で結構なのですが、しかしスープの味に蟹のくどい香りがします。
私は料理評論家でもないので正しくないかもしれませんが、蟹は煮詰めるとあまり美味しくなく臭みがでます。
海老は蟹ほどではありませんがやはり煮詰めると臭みはないのですが味がくどくなります。
というのも私は札幌に7年いたので、蟹鍋のたぐいは通算で軽く100杯位は食べています。
甲殻類って始めから中盤の頃のスープが美味しく後半はくどくなるので今日のスープは蟹海老類を煮すぎたのかもしれません。
しかし全体の味を損なうものでもありませんが、折角の大晦日(おおつごもり)の特製ラーメンですので画竜点睛を欠くのは残念だなと思った次第です。
ということで今年一年の締めのupも終了です。
来年も弊blog宜しくお願いいたします。

良いお年をお迎えください(^_-)

高田馬場 べんてん リターンズ

今日は「Christmas omnibus vol.2」の話です。 
クリスマスがcountdownされています。
もう少ししましたら街中に“Merry Christmas”のご唱和が響き渡るのでしょう。
ところでアメリカでは“Merry Christmas”って言わないのをご存知でしたか。
アメリカは多民族によって形成されている移民国家です(いまでも世界の移民の20%はアメリカを目指すと言われています)。
そうしたさまざまな人種や民族が混合している状態はこれまで「人種のるつぼ」(melting pot)とか「サラダボウル」(salad bowl)と呼ばれてきました。
いろいろな国からやってきた人がたくさんいるということは、すなわちさまざまな宗教を背負った人たちがいるということを意味します。

つまり、アメリカにはキリスト教以外の宗教をもった人びとが数多くいるということです。
そうした人にとってクリスマス(キリストの降誕祭)は自分たちにはまったく関係ないことなのです。
ですから、当然のことながら「クリスマスおめでとう!」( Merry Christmas!)の挨拶もしません。
では、そうしたクリスチャンではない人たちはどんなあいさつをしているかというと、
ほとんどが Happy holidays!(よい休暇を!)か Enjoy holidays!(休暇を楽しんでね!)です。
メールやカードもMerry Christmas!は書かず、 Season’s greetings!(季節のごあいさつ)としてWe wish you all the best for the holiday season (素晴らしい休暇を過ごされますように)などと書くのが一般的です。
「ニュース超速報」参照


「I Love Cinemas」シリーズの評価が高い手嶌 葵が、クリスマス名曲を全編英語でカバーしました。心を揺さぶる透明感あふれる歌声とジャジーでアコースティックな手嶌ワールドをお楽しみください。

eggnog
今日カナダ人と来週やるPotluck party(お料理持ち寄りパーティー)の下打合せをしていましたら彼から、飲み物はEggnogだよね、といわれたので直ぐには意味が分からず、数回聞き直したところ、彼らのクリスマスの時の定番飲み物だそうですよ。
帰宅してからあらためてNetで調べたところ、英米などでは、クリスマスや新年のような冬の祭りに供される飲み物のようです。
このクリスマスにはなくてはならない冷たい飲み物は、ミルク(またはクリーム)、泡立てた卵、砂糖、ナツメグ、さらに、ラム酒が伝統的に使われているようですが、近年ではブランデーやウィスキーを入れてもOKだそうです。
飲んだことがないので来週のPartyの時に作って持って来てよ、と頼みましたので、初飲みです。こういうSurpriseが異文化交流の楽しみですネ・・・

皆さんはどのようなクリスマスをむかえますか・・・

今日はグルマンのメッカ、大行列大盛ラーメンのお店「べんてんラーメン」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

IMG_0219
お店の外観です

IMG_0222
年末・年始休業のお知らせです。
恒例の元旦営業、今年は元旦が日曜日なので材料が入らない為見送ったそうですよ。

IMG_0220

IMG_0221
今日のオーダー「焦がし(焦がし油、葱)塩ラーメン(麺少なめ)」@850円です。
まずここの麺量ですが
Default 350g
中盛 600g(+@100円)
大盛 1,000g(+@300円)
だそうです。
ちなみに今日の私の麺量は240g位なのでしょうか、それでも多いですネ。
食べている時どなたかが半盛を頼まれていたので半盛があるのを知りました。
次回は半盛にしましょう。

味ですか、スープは鯖節を主体とした魚介系のスープです。
スープの熱々は守られています。
少し塩ダレが効きすぎているのか、後半少しきついですネ。
麺は定評あるプリプリ麺です、これは美味しいです。
チャーシューは肉厚があり、なおかつ適度の油がのっており、ホッコリしてイケます。
全般的に美味しいのですが、個人的には麺の美味しさの方に気をとられてしまい、印象が今一つでした。

それでは(^_-)

続 高田馬場 べんてん

今日は久々のSplashダラダラ話ネタです。
知る人ぞ知る、知らない人は全く知らないという、私の殆んど取らない有休の話で始まります。毎年誕生日の前後のどちらかの月曜日は短期人間ドックの為に会社を休むのです。不思議なものでこれだけ大酒飲んで不摂生しているのにも係わらず、健診の結果は「痩せすぎ」意外は何にも引っかからず、少なくとも20年以上は再検すらないのです(マジ)。ところが今年は何と一箇所引っかかってしまいました。何の病気ですって?それは申し上げられません、何たって胃炎ですから・・・どうやら仕事のストレスが溜まっているようです(笑)

ということで昼食の後高田馬場から池袋までゆっくりと逍遥したのです。何でいつもの通りセカセカ行かずにゆっくりと逍遥したかと申せば、昨日マラソンクラブの大先輩の古希祝70分走をマジに走り、結局薬局17kmも走ってしまい、さらによせばいいのに夕方体育館で10km走ったらな何と久々の筋肉通になってしまったからです(阿保

途中面白いお店があったのでパチリしました。お店の名前は「天下鳥ます」さんです。べんてん11
住所: 東京都豊島区高田3−7−19プラザ高南1F
電話:03-3983-3066
定休日:日曜日、祝日

べんてん12
何が面白いのかといえば、このお店芸能人の来店がやたら多いのです、このパチリはそのホンの一部です。このお店の社長は1979年生まれ、大阪市出身で青山学院卒の松井理悦(まついまさよし)さんです。夢はヨーロッパのサッカーチームの買収、この若きアントンプレナーがこの若さで数多(あまた)の芸能人の知己がいるのが不思議です、意外と芸能界のヤクネタだったりして、青学卒だから有りえるかもしれません・・・
※ちなみに松井社長は喩えが穏当ではないのですが、ピーナッツが顎鬚をはやしたような顔の方です

次の途中立ち寄りは三遊亭小遊三さんの次女の次子じっこさん(本名はつぎこといいます)がやっている「ひなの郷」です。つい最近の円楽師匠の死亡記事で知ったのですが、彼女の弟の王楽さんは、円楽師匠の最後の直弟子だったのですね。
お店の外観です。
べんてん13

住所: 東京都豊島区雑司ヶ谷3-3-14
電話:03-5952-1565
定休日:木曜日

べんてん14
これが最近次子じっこさんが力を入れている「子宝たいやき」@170です。これは小豆餡に白玉と豆乳クリームが入ったトリオDE鯛焼です。
味ですか、これがな何と美味いのなんのってイケます。甘味好きの私がいうのだから間違いありません、思うに豆乳クリームって小豆にあうのですね。そうそうクリームあんみつの世界と同じです、ハイ!
ところで次子(じっこ)さん久々にお会いしましたら、言わなかったですけれど太りましたね。小手先のダイエットでは手遅れでは・・・

夢中で脱線していたものですから、本ネタを書くのを忘れそうになりました。去年も確か人間ドックの後に立ち寄りました。今日のお店はつけ麺行列店「べんてん」さんです。
お店の外観です。
べんてん15

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

べんてん16
最近常連達の議論の的、オーダーチエックボードです。私はこのお店良く知らないのですが、常連さんが細かくてマニアックなdirection(e.g.中盛少なめetc)をするのでそれの備忘のためにあるようです。

べんてん17
今日のオーダーは「塩ラーメンラーメン」@850です。この麺は人を狂わせますね、麺は本当に美味しいです。スープはアッサリ系でクドクなく、塩系の王道のような味わいでイケます。シナチクも食感、味付けともに優れていて秀逸です。しかしチャーシューは逆白眉でジューシーさがなくゴワゴワしていて今一です。私にはここの麺量350gは多すぎます、最初美味しくても後半キツク、さりとて残すのは自分のプライドが許さずで、結局ヒーヒーいいながらも完食してしまうので満足感が後半希釈してしまうのです。多分このお店のmantraでも習得すれば、麺量調整も苦もないのでしょうがそこまでする気にもなりませんし、さらに比叡山の修行僧が食事しているような重厚で今にも暗雲が立ち込めそうな雰囲気も息苦しくて好きになりません。よってこのお店は美味しいお店ですが、今日決めました、このお店はFile Closeにします、ご馳走様でした

それでは(^_-)

高田馬場 べんてん

今日は久々に持病の調子がよくないので会社を16:00頃早退して主治医のところへ診察に出向いたのです。ドクターに「なかなかすっきりとは治りませんね」といいますと、ドクターは「近視みたいな一種の体の癖だから、人生の悪友と割りきって長い付き合いしなくちゃ」と宣(のたま)っていました。成るほど成るほどと妙に納得してしまいました。

今日は家には誰もいなく一人飯の日なので、診察後は夕飯のことばかり思い巡らせていました。
私的には池袋の「蒙古タンメン中本」か高田馬場のつけ麺東京一?の「べんてん」にしようかと決めていたのですが「べんてん」は盛が多いらしく、先日千駄木の「つけめん哲」でメニューの内容が良く分からず400gのつけ麺を食べることとなったばかりなので、少し大盛についてはトラウマになっていたのでした。千千に心が乱れる中、最終的には初見参の「べんてん」にしました。
お腹ごなしに池袋から高田馬場までブラリしました。
べんてん1
途中見かけぬホテルがあったので、いつできたんだろうと考えていたら、な何と黒田清子様の マンションのエントランスでした。しばらく呆然とその威容を眺めていましたら出入りする人達が皆若く、小さな子連れ夫婦等もいたりしてあらためて昨今の富の偏在を強く感じたのであります。

今日のお店はつけ麺の雄「べんてん」です。
べんてん2
お店の外観です。風格がるといえば格好いいのですが・・・ちょっと歴史を感じさせる建物です(笑)

住所: 東京都豊島区高田3-10-21
電話:03-3208-3790
定休日:日曜日

べんてん3
今日の獲物は「辛つけ」@850です。
作るところをジーット見ていました。先ず初めにつけドンブリにかなり大量の砂糖を入れます。そして酢、胡椒、ニンニクを事務的にサクサクと入れ、妙に茶色っぽいスープを注ぎ込み、ネギ、メンマ、桜海老?(よく見えず)、辛ダレをさらにサクサクと入れ完了です。甘・辛・酸の割合はどうなっているのだろう、まさか掴(つか)みでやってないだろうなと不安に思いましたが、それは後で杞憂となったのでした。

べんてん4

べんてん5
350gの麺様です。最初お店の店員さんが隣の方の「中盛」を間違えて私のところに置いたのです。わたしはそれを見たとたんに食に対する闘争心が突然に消え失せ、腰を持ち上げこのお店を退散しようと考えたほどです…量が多すぎ(笑)
それと私はつけ麺は温盛が好きで温盛にしたかったのですが、お品書を見ても記載がなく誰か頼むのではと右顧左眄(うこさべん)していたのですが、結果誰も頼まなかったため冷盛となったのでした…これには残念(悲)
味は大行列ができるお店だけあってイケました。特にホロホロのチャーシュー、シャキシャキのシナチクは絶品でしたね。スープもトガッタ味で満足です。辛ダレが私の好きな頭を痺れさせる辛さではなく、喉にくる辛さなので今一でしたが、よくスープをひきしめておりナイスアシストでした。
しかしこのお店量が多いのは結構なのですが、常連の方が多いせいなのか皆がこの大塊(かたま)りの麺ををツルツルと長スピードで手繰るものですから、ついつい私も連られて長高速モードで食べてしまい、あまり味わって食べられなかったのは残念でした(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ