下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ふくのや

神田 ふくのや リターンズ

今日は「メランコタイプ」です
寿司屋
私は良くいく寿司屋さんがあります。
そのお店に入るやいなや席に着き、ガラ携に入っている仕事のmailをもくもくとcheckしています。
場合によっては返信しています。
そしてこの作業が終わると、店内にあるTVに写しだされるNHKを真剣に見ています。
ここまでの間本当に一言も発しません。
しばらくするとお店の大将から、ヘィ、オマチ、と威勢のよい声で「ちらし」が付け台(カウンター)の上に置かれます。
それから本日のネタを確認しておもむろに食べ始めます。

たまに来る一見のお客はこの一連の流れを不思議な面持ちでみています。
理由は分りますよね・・・
そうなのです、私は「ちらしをお願いします」と一言も言ってないのに勝手に「ちらし」が作られて配膳されるからです。

私のブログを長年見られている方はご承知の通り、私は典型的なメランコタイプ(執着気質)です。
従いまして一度決めた事や、やり始めた事はなかなか変えません。
言い換えれば連綿と継続するのです。
まずはこの寿司屋で頼む「ちらし」です。
次にブログ(7年目突入)です。さらにイベントがあった時につける日記(24年目突入)。
毎日つける家計簿(9年目突入)です。番外編で申せば停酒は3年目をすぎたところであります。
定型作業は始めたからには健康を害(そこな)わない限り継続していくのでしょう。
運動でもうせばマラソン(20年目突入)もそうです。
他にも通勤列車の座る席も一度決めたら変えません。
通勤路も同様に一度決めたら変えません。
仕事も懸案事項は翌週には絶対に持ち越しません。
そうそう家電製品のマニュアルなどは必ず熟読して完璧に覚えてから操作します。
他にも沢山あるのですがキリがないのでやめおきます。
正直このような疲れる性格は嫌っていますが、適当にやる苦痛に比べたら楽なので敢えて完璧・完全を求めているのです。

メランコ型の特徴は「自分にこだわる・自分の価値観や生き方を押し通す・努力を好み几帳面(真面目)である」とされていますがが、これらの特徴は個々人による部分が多いように思います。
メランコ型は自己確立を第一義に考え、学校や会社で几帳面にコツコツ努力して成功しようとする事とか若しくは努力しないことの罪悪感から頑張らずにはいられない事とか自縄自縛のドロドロの底無し沼に自ら入水していこうとする性癖です。
しか〜しそれは「自分らしさへのこだわり」というよりは「周囲が評価してくれる行為の追求」でもあるのです。
換言すれば「いつもいい子いい子とほめられたいシンドローム」なのです。
大人になりきれない「お坊チャマ」なのです。

夕陽6
なにか自虐的筆致になってきました・・・
そうそうこのブログの裏話ですが、私はこのブログを毎週土曜日の朝4時半から翌日の1時半迄の間に一気に四話書きあげているのです。
従いましてその日の気分が全てのブログに反映されます。
従いましてその日の気分が明るかったら四話とも明るい筆致になります。
暗ければその真逆となるのです。
最後に、今週の私の心象風景はブルーだったみたいですね・・・


最近華やかなpartyに行っていないな・・・
行きた〜い!



IMG_4090
今日は帷(とばり)の下りた神田錦町に出没です。
なぜか無性に玉子料理が食べたかったのです。
ということで今日のお店は「ふくのや」さんです。

住所: 東京都千代田区神田錦町1-15-11 福田ビル 1F
電話:03-3291-2978
定休日: 日曜日、祝日

IMG_4081
お店の外観です。

IMG_4088
店内の雰囲気です。

IMG_4082
メニューです。

今日のオーダー「ハムエッグメンチ」@820円です。
閉店間際でしたので店内は私以外一人です。
店内のお姉さんはすでに「片付けするわよ」体勢に突入しています。
閉店間際に「ハムエッグ」を食すなんてロックですよね、カッケェではありませんか。

IMG_4085

IMG_4084

IMG_4086

IMG_4087
待つこと3分で「ハムエッグメンチ」の到着です。
見た目、ひよ子の気分です、意味不明です。

それでは実食です。
私の「ハムエッグ」の食べ方はウ―スターソースを三回かけ回した後、おもむろにライスの上にのっけて、それから玉子を崩してトロトロにしていただきます。
目の前に太陽を溶かしたような黄色が急速に広がってきました。
これはたまりませんネ。
味ですか、美味しいですよ。
これがB級グルメの味わいなのです。
加えてカラッと揚がったメンチも良い仕事をしています。
トロリとした密度の濃い口福が私の体を包み込みます。
満腹感に加えて明日への活力もいただきました。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

続 神田 ふくのや

今日は「今ここで頑張らずにいつ頑張る」です。
大好きだった母が旅立ち、冬の雲となってから早いもので、2月の3日に15年目を迎えました。
私も50の齢(よわい)からいくつか過ぎ、人生の縁(ふち)がおぼろげながら見えるようになってきました。
人生の幕引は須臾(しゅゆ)の烟霞(えんか)と同じものだ、とその無常を強く感じるようになってきています。
そろそろ長年の疑問、言葉が眠る時どんな世界が目覚めるのか、をはっきりする時がきたようです。

母が亡くなった時の悲しみは深く、しかしいつかは来世であえるから、と茫漠たる天国を夢想し自分が天に登った時の再会を楽しみにしていました。
しかし15年間の間、母の天国での健やかな暮らしを祈り続けていたのに、一度たりとも母からの連絡はありません。もしかしたら星になってるのではと、ずっと夜空を見上げていても母は答えてくれませんでした。

今日まで数多くの葬儀に参列してきましたが、この儀式は生きているものの為に行われている、と思うのです。
葬儀で死のはかなさを目の当たりにすれば、誰でもがいつかは訪れる死の誘(いざな)いを恐ろしいものと感じる事と思います。それを払拭するのが故人の成仏の祈りであります。
そしてそれを補うのが読経であり焼香なのです
即ち通夜が、葬式が、読経が、焼香が残ったもののおどろおどしい死に対する安寧を得るためのものなのです。
換言すれば死の不安を希釈する儀式が葬儀である、と強く思うようになったのです。
中学生の時は死後の世界はそれなりに受け止めていましたが、それがフィクションであることも同様に受け止めていました。
しかし最近では、死の瞬間に、死者の意思が動き、魂が生れたとはとうてい思えません。
つまり電気のスィッチが抜ける瞬間に別のワークが立ち上がる事はない、という事を死の瞬間に置き換えれば理解が得れることと思います。

言葉が眠る時即ち私達に訪れる死は永遠の漆黒の闇です。
死とは肉体とともに精神も亡び無の世界に入り込む事です。
これは冷徹な事実であります。
死ねば全てが終わりです。
ですので、一生懸命に生きたいのです。
今この瞬間を大切に生きたいのです。

明日への希
最後に京都にある大徳寺内の「大仙院」の尾関宗園和尚の言葉でこの話を終わらせてもらいます。
皆様の人生の活力になれば幸甚です。

今こそ出発点
人生とは毎日が訓練である
わたくし自身の訓練の場である
失敗もできる訓練の場である
生きているを喜ぶ訓練の場である
今この幸せえを喜ぶこともなく
いつどこで幸せになれるか
この喜びをもとに全力で進めよう
わたくし自身の将来は 今この瞬間にある
今ここで頑張らずにいつ頑張る


退役軍人でホームレスの男の人を、プロのヘアメイクアーティストとスタイリストが変身させるという、非営利団体『Degage Ministries』のプロジェクト。この撮影後、彼は自立に向けての一歩を踏み出したそうです。


IMG_8957
今日は神田に出没です。
今日は前回お邪魔して気に行ったお店です。
ということで今日のお店は「ふくのや」さんです。

住所: 東京都千代田区神田錦町1-15-11 福田ビル 1F
電話:03-3291-2978
定休日: 日曜日、祝日

IMG_8951
お店の外観です。

IMG_8952
店内の雰囲気です。

IMG_8956
メニューです。

今日のオーダー
オムレツライス@720円
カキフライ@200円
みそ汁@50円
計970円
です。

IMG_8954

IMG_8953

IMG_8955
待つこと6分でオムレツライスあんどカキフライの到着です。
どこから見ても下町洋食です。
オムレツがふっくらとしていて美味しげです。
さり気ない焼きコゲがオサレですね。
カキフライは揚げ加減が秀逸です。
みっしりとしたカキが中に詰まっているが一目瞭然です。
それでは実食です。
オムレツは中がトロトロではないですか、玉子に包み込まれた鶏肉はふっくら柔らかです。
美味しいです。
カキフライはジューシーあんど滋味あふれる味わいです。
海の味です。
大満足です。
やはり下町の聖地神田です。
すごい名店がさりげなく生息していました。
また来ます、ご馳走様でした

それでは(^_-)












神田 ふくのや

今日は「お賽銭考」 です。
賽銭
みなさんは、初詣に行ったときにいくらお賽銭をお供えしますか?
5円や100円などが多いと思いますが、中には紙幣を入れる方もいますよね。
実は、「お賽銭は、金額が高ければ高いほどお願いを聞いてもらえる」というのは大きな間違いなのです。
ここでは、お賽銭の金額が持つ意味を紹介します。

■そもそもお賽銭って?
「金額が高ければ高いほどお願いを聞いてもらえる」という考え方の間違いの一つは、「お願いを聞いてもらえる」という部分です。お賽銭の「賽」という字を使った、「報賽」「奉賽」という言葉が神社にはあります。
これは、「神様からいただいた幸福に感謝する」という意味です。つまり、お賽銭は「お願いを聞いてほしいから供える」祈り賃なのではなく、「神様からいただいた幸福に感謝をする」ということの意思表示なのです!
しかし、だからといってお願いをしてはいけないわけではありません。
まずは神様に感謝をしてから、お願いを聞いていただくという流れがベストだそうです!

■お賽銭の金額が持つ意味
それでは、お賽銭はいくら供えるのがいいのでしょうか。それぞれの金額が持つ意味をご紹介します。
◎ 良い意味
・5円:ご縁がありますように
・10円(5円2枚):重ね重ねご縁がありますように
・15円(5円3枚):十分ご縁がありますように
・20円(5円4枚):よいご縁がありますように
・21円:割り切れない数字なので、恋愛継続・夫婦円満願に良いとされています。31円でもいいそうです。
・25円(5円5枚):二重にご縁がありますように
・30円(5円6枚):安定と調和のとれたご縁がありますように(「6」という数字が使われる「六角形」には、安定と調和をもたらす意味があるそうです。)
・35円(5円7枚):再三ご縁がありますように
・40円(5円8枚):末広にご縁がありますように
・45円(5円9枚):始終ご縁がありますように
・50円(5円10枚):五重の縁がありますように
・55円(5円11枚):いつでもご縁がありますように・午後に投げるとご縁がある
・105円(5円21枚):十分にご縁がありますように
・115円(5円23枚):いいご縁がありますように
・125円(5円25枚):十二分に御縁がありますように
・485円(5円97枚):四方八方からご縁がありますように
・1万円:1万円は「円万」ということから、「円満に通ず」という意味になります。

全部5円玉でなくてはいけないわけではありません。50円玉や100円玉を使っても大丈夫だそうです。
10円玉は「遠縁」と言われ、縁から遠ざかってしまうと言われているので避けましょう。
◎ 悪い意味
・65円(5円13枚):ろくなご縁がない
・75円(5円15枚):なんのご縁もない
・85円(5円17枚):やっぱりご縁がない
・95円(5円19枚):これでもご縁がない
・500円:これ以上効果(硬貨)がない

このように、高ければいいというわけではないようです!
また、穴が空いている硬貨は、「穴からご縁が抜けてしまうため縁起が悪い」と考える人もいるそうです。
逆に「穴が空いていると先が見通せるため、縁起がいい」という考え方もあるようです。

■ 結局ベストな金額はいくら?
自分がそのときに供えたいと思った金額が一番良いようです。あくまでもその人の気持ちが大事!
無理のない程度に、そっと投げて供えるのがベストです。目安としては、自分の願いが叶えられたときの感謝の気持ちの度合いを表す金額が良いでしょう。ただ、見返りを求めない心で賽銭することに意味があるそうです。

■ 注意点
無理に投げ入れようとはせず、そっと丁寧に、「お供えする」という心構えで投げましょう。
また、お札をお供えするときは、新札を白い封筒に入れて投げるのが正しいやり方です。
たまにむき出しになっているのを見かけますが、あれはよくないようです。封筒には必ず住所と名前を書きましょう。
「お賽銭っていくらがいいの?お賽銭の金額が持つ意味まとめ著」nanapiユーザー著・chomy 編集より転載

こじつけ「御幣担ぎ(縁起かつぎ)」ですね。
久々に笑ってしまいました。
まさかこれって神社庁監修ではないですよね・・・

日本人はこれほど言葉に対してこだわり、慎重になるのは日本の国が古来より、言霊の国であったことと無関係では有りません。
言霊というのは言葉には霊力があるといわれ、言葉に様々な力が有していると信じられてきたからです。
縁起の悪い言葉を縁起のいい言葉に言い換えることによって、少しでも幸せを運びたいという願いが働いているからに他なりません。

個人的には無宗教で神様、仏様は信じていませんが、寺社仏閣へのお参りはかなりの頻度で行っています。
多分私の心根としては、昔の日本人が言葉のいい換えによって福を願い、幸せを願ったように自ら及び自らを取り巻く人達の幸せを願いに行ってるのだと思います。
しか〜しこの語呂合わせは気にいりました。
私のお賽銭の額は25円(二重にご縁がありますように)、若しくは45円(始終ご縁がありますように)の二通りです。
それにしても500円=これ以上効果(硬貨)がない、には笑えました。
これって落語のオチではないですか。
神道のこのようなおおらかな包容力は愛してやまないところであります。


海外のドッキリ魁淵魯ぅ謄3D)


IMG_8733

IMG_8729

IMG_8730

ジョエル・ロブジョン1
ジョエル・ロブジョン
今日は恵比寿にあるウェスティンホテル東京で一仕事済ませた後、神田に出没です。
ここのラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブションで人事の時に忘年会をやりました。
ボーナスをもらって日が浅い事もあり、酔いの後押しもあり完璧に理性の箍(たが)が外れてしまい、それこそ、その当時、今でも高級といわれるワインのメガ飲みを部員全員でしてしまったのです。
私が幹事だったので締めたのですが、支払いの額が一桁違います。
泥酔していたのであまり驚きもせず、取りあえずカードで払っておきました。
しか〜し次の日の精算の時にまさに文字通り凄惨の状況となったのです(笑)
ちなみに一番多く払った人は50,000円でした(悲)
そうそう神田に出没ですよね。
今日のお店は「ふくのや」さんです。

住所: 東京都千代田区神田錦町1-15-11 福田ビル 1F
電話:03-3291-2978
定休日: 日曜日、祝日

IMG_8728
お店の外観です。

IMG_8727
店内の雰囲気です。

IMG_8722
メニューです。

IMG_8723
今日のオーダー「オムライスメンチ」@800円です。
このお店はすべて女性で運営です。
厨房×3名、ホール×2名の陣容です。
いかにも下町っぽくって感じがいいですね。
待つこと5分で「オムライスメンチ」の到着です。
見た目、本当に綺麗な洋食、です。

それで実食です。
ふわふわのオムライスとさっくり揚がったボリューミーなメンチとのコンビネーションはどこから食べてよいのか悩みます。
満を持してメンチから頂きました。
カラッと揚がっています。
ザク切り玉ねぎの甘さとナツメッグの香りがナイスなassistです。
美味しいじゃないですか。
さらにふわふわのオムライスは味がmildです。
そうかメンチの味を活かすためにオムライスをmildにしているのでしょう。
イケますね。おいしいです。
なにやらここのお店は「カキフライ」がゼツな味らしく、次回はこれを目的に再訪しましよう。
良いお店に巡り会えたようです・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ