下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ひさまつ

続 新富町 ひさまつ

今日は「アルコール依存症」の話です。
今朝のNHKの「あさイチ」で、女性のアルコール依存症、いわゆる「キッチンドリンカー」の特集をやっていましたが、非常に良い番組だと思いました。

私は本を出したり、Facebookやメルマガで、精神医学の情報を発信していますが、実際に心の病を持って苦しんでいる人は、書店で本を買ったり、インターネットをやる余裕もないはずです。唯一、テレビくらいは見るかもしれません。

ですから、テレビで「心の病」の特集をやるというのは、極めて意味があることなのです。今日の番組を見て、「ひょっとして、私はアルコール依存症かも」と思った人がたくさんいたはずです。この「かも」というのがとても重要なのです。

「私は、アルコール依存症かも」と思わない限り、自分からお酒をやめたり、病院や専門家に相談に行くということはないからです。

この「病気かも」という一番最初の気付き。これが「治療しないとまずいかも」という治療動機へとつながっていきます。

「ひょっとして、うつ病かも」
「ひょっとして、不眠症かも」
「ひょっとして、パニック障害かも」
なんの病気でもいいのですが、この「かも」という気付きがない限り、治療につながらないのです。

では、この「かも」はどこから生まれるのかというと、「予備知識」です。「知る」ことです。

特にテレビというのはビジュアルなので、実際の患者さんが「生の体験談」を語ったりすると、「自分と同じだ!」「自分と似ている!」というのが、直感的にわかります。なので、テレビというのは、「かも」の気付きを非常に得やすいといえます。

もし、「病気かも」と思ったら、できるだけ早く専門家に相談してください。「心の病」は、放置すればするほど治らなくなりますから。
「今日の癒しの言葉」精神科医 樺沢紫苑facebookより転載

アルコール依存症
どうなのですかね?
私もかつてアルコール依存症に近い状態だったので「私は、アルコール依存症かも」と思うだけではなく「私は、アルコール依存症にちがいない」と確信していた時期もありました。

そんな私ですので恐ろしくて恐ろしくて病院に行く勇気はおきませんでした。
何故ですって?そんなの当り前じゃないですか(笑)
もし病院に行ってdoctorから、貴方はまごうことなきアルコール依存症です。長生きしたかったなら今日から禁酒してください、って言われた日には死んだほうがましだと嘯(うそぶ)いていたでしょう、間違いありません!

そしてそれを回避する為に成人病検診等での数値、特に肝機能検査、腎機能検査、糖代謝の値にはsevereにcheckしていました。
幸いの事に私はすべての項目においてA判定でした。
従いまして病院に行く必然性はないと決め打ちしていたのです。
これによりアルコール依存症?予備軍?であったにもかかわらず、A判定であるが故に正々堂々と多飲を続けてきたのです。

私の人間ドックの病院は偶然にもアルコール専門外来が併設されていました。
その中に集団精神療法(ミーティング)というのがあったのです。
その内容を以下に記してみます。
アルコール依存症の治療にミーティングは欠かせない役割をしめています。集団の中で素面で自分のことを語り、他人の話を聞くと言うのがミーティングの基本です。
長年の飲酒習慣における対人関係の持ちよう、アルコールへのとらわれなどを語るとともに、違う見方や考え方に触れることで自分の飲酒問題を振り返り、素面の生き方を探すことになります。治療初期の人の中には「ミーティングでなぜアルコール依存症が回復するのか?」と疑問を抱く人もいますが、回を重ねる中でその必要性を多くの人が感じていきます。
ミーティングは月曜日から土曜日、10時から11時の1時間、4〜5グループに分かれて行っています。さらに就労者の人たちが参加しやすいように、月、水、金曜日の18時から19時の1時間、夜間ミーティングを行っています。
また女性だけのミーティングを火、金曜日10時より11時の1時間行っています。

そしてそれのミーティング内容を記した冊子があり、人間ドックの待ち時間に斜め読みをしていたのですが、恐ろしいことに禁酒を続けられず落ちる人の多いこと、その多さに驚きを禁じ得なかったのです。
要は麻薬のように依存症や毒性の強いものはやめることはできるのですが、アルコールのように依存症の弱いものはなかなかやめられないのですね。
さらにこの人間ドックに置いてある書籍で抗酒剤というものの存在をしりました。
抗酒剤は酒が嫌いになる薬ではないのです。肝臓でのアルコールの代謝過程をブロックして、飲酒時に苦しい反応を起こさせるものなのですね。
従ってこれを与薬してもらうには本人の強い禁酒の決意が必要なのです。
言い換えればこの薬を飲めさえすれば自然とお酒が止められるものではないのです。
この当たりの人はまだ救いようがあるのです。
一番質(たち)の悪いのは、お酒をやめる気のない人です。
お酒をやめる気のない人は、自分がなぜ酒をやめなければならないかを理解することが先決なのですが、大概このような人は心に深い闇を抱えていて、一種の婉曲的自殺行為として多飲を続けているのです。
結果としてこのような人は大概望んだような結末をむかえているのですが、たまらないのはその家族です。
このような人が亡くなる直前にはまるで憑き物が落ちたかのように善人に変わるのです。
この変身によりその家族はなんでもっと早く救えなかったのだろうと深く傷ついてしまうのです。
世の中に地獄というところがあるのであればこのような人を抱えてしまった家族でしょう。

このようにこの病院においてある書籍の読後感は非常に悪いものでしたが、かといってそれは対岸の火事と私は読み変えていたので、禁酒にいたるには至りませんでした。
事程左様に禁酒は難しいのです・・・
ちなみに今私が継続して行っているのは禁酒ではなく停酒(現在561日)ですので宜しくご理解ください。


1999年に流行った映画やゲームを、当時流行したヒットナンバーと共に紹介したまとめ映像。
ヒットナンバーは海外基準だから知らないものもあるけれど、リプリーとかアメリカン・ビューティーとかスリーピー・ホロウとか、1999年の映画を見るとそんなに昔なのかって驚く。
ポケモンはともかくデジモンが出てきたのが以外だったんだけど、海外でも結構放映されてたのかな。



IMG_5475
今日は新富町に出没です。
今日は伝説の「豚の角煮」を食べにきたのです。
今日のお店は「ひさまつ」さんです。

住所: 東京都中央区新富1-10-11
電話:03-3551-2985
定休日:土日祝日

IMG_5443
お店の外観です。

IMG_5444

IMG_5445
メニューです。

IMG_5446

IMG_5447

IMG_5448
今日のオーダーは決め打ちの「豚の角煮定食」@950円です。
待つこと3分で「豚の角煮定食」の到着です。
見た目光っているぜ!豚の角煮です。

なぜか角煮のうえに冠雪のようなとろろ状のマッシュポテトがのっています。
意味があるのでしょうか・・・
満を持して実食です。
二日間手間暇かけて仕込まれている角煮は柔らかいです。
箸で切るのに痛痒を感じさせません。
味は過不足のない甘辛です。
脂の部分はとろとろですが、しつっこさはなく、強いて言えば上品tasteです。
味ですか・・・
美味すぎます!
久々のくりびつてんぎょのいたおどろ!あんど大満足でした。
このような裏切らない伝説はwelcomeです。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

新富町 ひさまつ

今日は「大阪人の精神的風土」の話です。
武士は、東西の町奉行所の士が管理者としているだけで、あとは町人に行政を委託していた。町は三区あって、北組、南組、天満組という。組はいまの区です。区ごとに、それぞれ町年寄が選ばれて、そこから大阪全体の総町年寄が互選で出されます。  
選挙権をもっているのは、自前の家屋をもつ者で、運上金を納めている階層です。裏長屋の住人たち、八さん熊さんには、町年寄の選挙権がない。しかし、彼らも一所懸命働いて、表通りに出て家邸をもつことができれば、選挙権をもつことができる。  
士の数は東西の町奉行所の与力・同心をあわせて二百人ぐらいですから、これが七十万の人ロのなかにはいれば、ほとんど、どこにいるのかもわからない。そのために大阪の町人は、武士のもっている封建的な節度とか美意識とかに影響されずにきたものです。 
考えかたも態度も、行儀が悪くなる。さらにお上を恐れなくなる。お上の恐ろしさというのは、城下町にいないとわからない。あるいは大名の領地の、庄屋が支配している村にいかなければわかりません。  
ともかく大阪には互選の町年寄がいる程度ですから、日本全体が封建的体験をし、封建的美意識の洗礼を受けているのに、大阪だけがその影響をほとんど受けずにきた。そのために、大阪の奴は変な奴だ、ということにもなるんですね。  
たとえば大阪の人間が二十人ほどの団体旅行をすると、まるでその列車全部を借り切ったように大騒ぎをする。何とおそれを知らない、行儀の悪い集団だろうと、大阪人の評判が悪くなる。また、大阪の人間は戦争に行くと弱いと言われます。“またも敗けたか八連隊”などと言われた。
「手堀り日本史」司馬遼太郎著より転載

私は大阪に約2年間住んでいましたので多少は大阪人の事は理解できると思います。
東京の下町で生まれ育ったものとしましては、大阪人は権力というものをなめているというか信用していないなと思いました。
私が大阪で住んでいた頃は丁度星野阪神の初優勝が夢ではなくなってきており、虎キチ達はそれこそ欣喜雀躍して連日連夜大騒ぎをしていました。
たしかマジックが点灯し始めた8月末の頃でしたかね、いつもいく居酒屋さんで近所のオッチャン達と酒を飲みながら阪神VS巨人戦をTV観戦していたのです。
すると8時半頃に阪神が巨人に圧勝してお店の方々がお約束の万歳三唱の上の乾杯をしようとした時、常連のオッチャンの一人が、お前ら待てよ、この放送ってサンテレビやないかい。この勝利は信じられんぞ、あらかじめ阪神が勝った時の放送を切り貼りして作ったのかもしれん。10時のNHK見るまで万歳はお預けや、と言いだしたのです。
するとですよ、お店の皆が、ソヤ、ソヤ、サンテレビやったらその位のことはするで、と言って万歳はNHKのスポーツ放送で阪神勝利を確認するまでお預けとなったのです。
私はこの一連の流れを見ていてとても驚きました。
東京でいえばNTVの野球放映がヤラセかもしれないのでNHKで確認するかということでしょう。
東京ではありえないですよね。
私はこれって大阪独特の悪ふざけかと思いきや根っこは権力というものを信用していないと思うに至った件(くだり)だったのでした。

東京は外部流入の人が多いのです。ところが生粋の東京生まれなのか地方から来た人なのかは親しくなって何かのついでにその事を聞くまでは分りません。そして生粋の東京人は大雑把に下町、山の手で分けられます。従いしまして23区以外の人は東京人とはいいません。
ところが大阪も状況は同じなのですが、大阪へ移り住んできた人達は東京と違って町に隠れようとせずに出身地を明らかにします。さらにいえば生粋の大阪人は大阪での出身地を細かく分けます。
例えば船場はちがうとか天王寺はちがうとかいうことなのですが、東京ではそこまでのsegmentはしませんしできません。
多分ですよ、外部流入者のほとんどがそれぞれの土地にいたままの姿で入ってくるので、町に隠れないという事は土着の感覚を崩さないという事なのでしょうね。
しかしそれが大阪弁という方言で繋がると、皆が町に溶け込んでしまいます。
この事はとても不思議に思ったものでした。


この動画は私の好きな関西在住の陰口剛さんの友人の結婚式でのperformanceです。
これって関西らしいなと思うとともに東京ではこういうノリは難しいのではと思っています。
アニ、もうこのようなperformanceは当り前ですと、すいやせん、最近結婚式にでたことがねえもんですんで・・・


今日は新富町に出没です。
この町って食べるところって少ないですね・・・
仕方なく彷徨(さまよ)っていましたら、私の琴線に触れるお店が出現しました。
美味しいのでしょうか?
今日のお店は「ひさまつ」さんです。

住所: 東京都中央区新富1-10-11
電話:03-3551-2985
定休日:土日祝日

IMG_4209
お店の外観です。

IMG_4216
店内の雰囲気です。
日中だというのにかなり薄暗いです。

IMG_4210
メニューです。

今日のオーダー「日替わり海鮮丼」@950円です。
ここのご主人の橋本さんは飯田橋にある割烹の息子さんだそうです。
橋本さんは一旦サラリーマン生活を経て40年ほど前にこの地でこの店を始めたそうです。
現在、築地の場外で食品販売を行う築地店と和食を供するこの店の二店を持たれています。
本店は九段にある「おそめ」とか、それで「お染久松」なのかと納得するのですが、お店の案内には「おそめ」が載っていないのですが多分実家なのでしょうね。
朝早く築地で魚や野菜を仕入れてから築地の総合食料販売店で物品販売を行い、その後新富店に向かうという仕事を根から愛してやまない方です。
若き日の加山雄三似ということですが少し無理があるように思います。
眼が二つ、鼻が一つ、口が一つというlevelなら別ですがね・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
待つこと4分で到着です。
見た目取り立てて特徴のない海鮮丼です。
のっているタネはまぐろ、ネギトロ、いくら、玉子、カニです。

IMG_4211

IMG_4212
それでは実食です。
味ですか見た目からは想像できないのですがすごく美味しいのです。
とくにまぐろ、ネギロは過不足ない脂がのっていて最高です。
カニも美味しいし、いくらも美味しいのです。
それと私が一番嫌いな後半にご飯があまるという事もありません。
逆に刺身が少し余ってしまったほどです。
こういう逆見掛け倒しはウレシイですね。
Netで確認したらこのお店は二日間かけて仕込まれる甘辛い角煮は垂涎の一品だそうです。
また新富町に来たら絶対によりましょう。
ごちそうさまでした 

それでは(^_-)


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ