下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

にしむら

巣鴨 にしむら

今日は「お岩さん異聞」の話です。 
IMG_9837

IMG_9852

IMG_9839

IMG_9840

IMG_9841

IMG_9848

IMG_9842

IMG_9843

IMG_9844

IMG_9845

IMG_9846

IMG_9847
かつて次男が卒論で「東海道四谷怪談」を書くというので四谷左門町にある「於岩稲荷田宮神社」に付き合いで一緒に行ってきました。
正しく申せば次男のゼミでは「東海道四谷怪談」を卒論で取り上げる時には、この神社にお参りに行き、不吉なことがおこらないようにするのが暗黙の約束なのです。
しかし、お岩さんのお墓には行った事がないので今回連れていきました。
お寺の名前は、法華宗陣門流の妙行寺といいます。
妙行寺は、丸山本妙寺の妙音院日慶上人が寛永元年(1624)赤坂に創建、江戸期には四谷鮫ヶ橋南町にあったといいます。
東京府による市区改正事業のため明治40年当地へ移転しました。
境内には、四谷怪談のお岩さんの墓所、浅野家遥泉院供養塔の他、うなぎ供養塔、魚がし供養塔、浄行様があります。

お岩さんという女性は幕府の御家人、田宮又左衛門の娘で、夫、田宮伊右衛門とは人もうらやむ仲のよい夫婦だったそうです。
しか〜し、家は大変貧しかったので、家計を支えるため商家に奉公に出ました。
お岩は日頃から田宮家の屋敷社(やしきがみ)を熱心に信仰しており、その甲斐あって、夫婦の蓄えも増え、田宮家はかつての盛んな時代に戻ることができたそうです。
ということでお岩さんは貞女だったのですね。
寛永13年(1636)にお岩さんは亡くなりましたが、お岩さんの信仰によって田宮家が復活したという話は評判となり、近隣の人々は田宮家の屋敷社(やしきがみ)を於岩稲荷と呼んで信仰したのです。
享保2年(1717)田宮家は屋敷神の隣に稲荷祠を建立しました。
参拝を求める人が増えたので、屋敷を開放して参拝を許可することになり、以来、「於岩稲荷」、「大巌明神」、「四谷稲荷」、「左門町稲荷」などと呼ばれて、家内安全、無病息災、開運、さらに悪事や災難除けの神としてますます江戸の人気を集めるようになったのです。
つまりお岩さんという女性は怨霊のかけらもない人なのですね。

Kuniyoshi_The_Ghost_in_the_Lantern
原作者の鶴屋南北はかねてから、「於岩稲荷」のことを聞いて知っていました。
お岩さんという女性が死んでからもう二百年がたっています。
それなのに今でも江戸で根強い人気かあることに注目したのですね。
人気のある「お岩」という名前を使って歌舞伎にすれば、大当たりは間違いない、と見当をつけた南北は台本書きに入ったのです。
お岩さんは、皆が信心する様な善人では面白くありません。
刺激の強い江戸の人間を呼ぶにはどぎついまでの脚色が必要だったのです。
鶴屋南北は「お岩稲荷」からは「お岩」の名前だけを拝借して、江戸で評判になったいろいろな事件を組み込みました。密通のため戸板に釘付けされた男女の死体が神田川に浮かんだことがあったので、よし、これを使おう。
主人殺しの罪で処刑された事件もあったので、あれも使える。
姦通の相手にはめられて殺された俳優がいたので、それも入れよう。
四谷左門町の田宮家には怨霊がいたことにしようと、江戸の人間なら、だれでも記憶にある事件を鶴屋南北の空想力で操り、脚本はできあがったのです。
しかし、四谷が舞台では露骨すぎます。
「お岩」の名前だけ借りれば十分なので南北が付けた題名は「東海道四谷怪談」でした。
この題名で四谷の於岩稲荷とは無関係な創作であることを示すことにしたのです。
天才的な劇作家が虚実取り混ぜて創作したのが、お岩の怨霊劇だったのですね。

ちょっと混乱した方がおられるかと思いますが、お岩さんの菩提寺は私たちが行った巣鴨の「妙行寺」にあります。
四谷にありますのは、田宮家の屋敷社(やしきがみ)です。
昔は、敷地内に神社を建立する信心深い人が多かったのです。
田宮家もそうした信仰に基づいて「於岩稲荷田宮神社」を作ったようです。
ところが四谷の「於岩稲荷田宮神社」の前には「於岩稲荷霊神・陽運寺」があります。
これについては、どちらが屋敷社(やしきがみ)の正統なのかは不明です。
いずれにしても現在では神仏分離ですのでどちらとも正統ともいえますが、以前、私が次男と言った際は、この四谷の「於岩稲荷田宮神社」は、田宮伊右衛門・お岩夫妻の子孫が代々の宮司を務めているとのことでした。
その当時の宮司さんは、十一代目の田宮均さんでした。
「於岩稲荷霊神・陽運寺」の方は不明です・・・


昭和8年の復刻サーバーでおいしいビール、2杯まで 流川の「重富」 昭和8年の復刻サーバーでおいしいビール



IMG_9806

IMG_9807

IMG_9808

IMG_9823

IMG_9825

IMG_9826

IMG_9829

IMG_9830

IMG_9831

IMG_9833

IMG_9834

IMG_9835

ということで今日のお店は巣鴨の行列のお店です。
今日のお店は「八ツ目やにしむら」巣鴨店さんです。

住所: 東京都豊島区巣鴨3-34-2
電話:03-3910-1071
定休日:日曜日

IMG_9809

IMG_9813

IMG_9811
お店の外観です。

IMG_9821
店内の雰囲気です。
ここは行列必至のお店です。
11時半に訪れた時は7人の列ができていました。
前回の目黒店で行列は懲りたのでの今回は予約をしておきました。
予約した席は2階でした。
しつらえが落ちついています。

IMG_9822

IMG_9832
お店を出る時はこのような行列が店外までできていました。

IMG_9810
メニューです。

今日のオーダー「鰻重定食(上)&鰻重定食(上・大盛)&肝焼き」@3,500+@3,600+@800円=7,900円です。

IMG_9817
待つこと29分で「肝焼き」の到着です。
目黒店と比べます今日の「肝焼き」と少し冷めていました。
それでは実食です。
柔らかい部分と弾力がある部分が交互に口内で踊ります。
香ばしくて美味しいのですが、冷めた分だけ興ざめです。

IMG_9818
待つこと31分で「鰻重定食(上)」の到着です。
今回は上を頼みましたので、お重の90%は鰻で占められています。
ゴージャスですね。

IMG_9819

IMG_9820
それでは実食です。
皮はパリっと香ばしく焼きあがっています。
内側はふんわりと焼き上がっています。
所謂、ふわふわトロトロであります。
タレは甘辛に過不足がなく所謂江戸前の味わいです。
副菜の香の物も出すぎない味付けで結構でした。
最後の一口まで美味しくいただきました。
次男は顔に恍惚の表情を浮かべていました。
しいて瑕瑾をもうせば「肝焼き」同様熱々ではありませんでした。
こういう事をまさに「画竜点睛を欠く」と申すのでしょう。
最近、夢中で食事をするのは「鰻重」だけです。
至福のひとときを親子ともども堪能しました。

それでは(^_-)

目黒 にしむら

今日は「目黒は秋刀魚に限らない!」です

東京都目黒区には行楽地として人気を博したこの地に西郷吉之助にゆかりのある、目黒不動尊 瀧泉寺(りゅうせんじ)があります。江戸時代には徳川将軍家から庇護(ひご)を受け、その伽藍(がらん)は「目黒御殿」と称されるほど、華麗を極めました。
目黒は、日帰りで行き来できる距離であったことから多くの人が訪れ、門前は立ち並ぶ店でにぎわいを見せたといいます。嘉永七年(安政元年)当時まだ6歳だった島津斉彬の嫡男「虎寿丸」が突然死去。
また、その直後には島津斉彬も大病を患います。
西郷隆盛は島津斉彬の回復をこの目黒不動尊で祈願したそうです。
その後、島津斉彬の体調は回復。
以降、西郷隆盛は目黒不動尊を信仰し、明治になってからも度々訪れたそうです。
ロコナビ「西郷隆盛ゆかりの東京『よりみち8選』」より転載

IMG_0514
流行に敏感な我が夫婦は目黒不動尊に行って参りました。
まずは西郷(せご)どんの足どりをトレースしてみましょう。
当時、西郷どんが居た薩摩藩上屋敷跡(現NEC本社ビル)から目黒不動尊まで4.7kmです。
歩いたら56分、走ったら25分ですか、まぁそんなに苦にならない距離でしょう。
行きは登りできついかもしれませんが、帰りは下りです。
まさに「行きはよいよい帰りはこわい」の真逆になります。

IMG_7145

IMG_7149
目黒不動尊の参道を真っすぐ上がって右折しますとこの山門が目に飛び込んできます。
想像以上の威容です。

IMG_7168

IMG_7172

IMG_7173

IMG_7175

ans-458729904
山門をくぐりますと、西郷どんが水ごりした独鈷の滝がありましたが、ちょっとサイズ的に無理があります。
大河ドラマでは鹿児島の奥地にある滝で水ごりのシーンは撮影されたようです。

IMG_7174
私たち夫婦は西郷どんのように水ごりまでして祈願する悩みはないので、滝の傍らにある身代わりで滝に打たれてくださる「水かけ不動」に水をかけることで省略しました。

IMG_7176

IMG_7177

IMG_7178

IMG_7180

IMG_7183

IMG_7182
男坂の急な階段を昇りますと、目黒不動尊の寺院が目に飛び込んできました。
これが目黒不動尊ですか・・・
確かに霊験あらたか的迫力はあります。

IMG_7181
境内の脇にある「ラビリンスウォーク」は「歩く瞑想」です。
個人的には「瞑想」より「目眩」ですね。
気分は目が回る蜻蛉(とんぼ)であります。

IMG_7188

IMG_7185

IMG_7186
大本堂裏手の林の中に「大日如来像」が、屋根付きで鎮座しています。
まず4メートル弱の高さに驚かされました。
さら〜に、座高282僂量4割を占める頭部の高さにも驚かされたのですが、これは大仏仏像の共通の特徴でもありますので驚いてはいけないみたいです。
そもそも大日如来は、不動明王の本地仏(ほんじぶつ)であり、しっかりとお参りしておきました。

IMG_7189

IMG_7190

IMG_7192

IMG_7191
折角ですのでお寺の裏側にあるさつまいもの栽培を広めた食料の恩人である青木昆陽先生のお墓もお参りしてきました。

IMG_7193

IMG_7194

IMG_7195

IMG_7196

IMG_7197

IMG_7198

IMG_7199

IMG_7201

IMG_7204
来た道を戻りますと美しい庭園も堪能できました。

という事でランチです。
今日は目黒不動尊参道には美味しい鰻屋さんがあるとの事でその暖簾をくぐりました。
今日のお店は「にしむら」目黒店さんです。

住所: 東京都目黒区下目黒3-13-10
電話番号:03-3713-6548
定休日: 水曜日

IMG_7147

IMG_7151
お店の外観です。

IMG_7153

IMG_7155
店内の雰囲気です。

IMG_7219
メニューです。

今日のオーダー「うな重定食(中)&肝焼き」@3200×2+@500=6,900円です。
IMG_7148
実はこのお店は行列必至なので10時40分から並んだのです。
それでも10番目でした(笑)

IMG_7166
さら〜にこのお店のテーブル席は飛び地というか離れたところに店舗があります。
そこまで店員さんが運んでくれるのです。

IMG_7154
待つこと1分テーブルセットが用意されました。

IMG_7157
待つこと4分お茶が用意されました。

待つこと12分で「肝焼き」が到着しました。
IMG_7158

IMG_7159
勿論、七味をかけていただきます。
見た目美味しそうです。
奥様は「肝焼き」は嫌いなので私のみがいただきました。
これはコリコリしていて美味しいです。
テリも私の好みです。
強いて瑕瑾を申せば少し冷めていました。
本当に残念であります。

IMG_7160
待つこと14分で香の物がきました。
お新香は自家製なのでしょうか。何種類か盛り合わせです。
かば焼きの香の物は奈良漬が必定ですがありませんでした。
奈良漬も入っていたらよかったのにと思った次第です。

IMG_7161
待つこと16分で差し替えのお茶が来ました。
いよいよ「うな重定食」の到着みたいですね。
期待が高まります。

IMG_7162
待つこと21分で「うな重定食」の到着です。
これは食べなくても分ります。
美味しい面相をしています。

IMG_7163

IMG_7164
山椒を多めにかけ回していただきます。
それでは実食です。
皮はパリっと香ばしく焼きあがっています。
内側はふんわりと焼き上がっています。
所謂、ふわふわトロトロであります。
タレは甘辛に過不足がなく所謂江戸前の味わいです。
副菜の香の物も出すぎない味付けで結構でした。
肝吸いも遜色ないものでこれまた結構でした。
奥様からも今まで食べた鰻の中ではこの鰻が最高でしたと大絶賛です。
私も異論はありません。
GWですから少しくらい贅沢をしませんと・・・

IMG_7205
お店をでましたら行列はさら〜に長く伸びていました。
空腹は最大の調味料ですから行列の皆々さん美味しくいただいてください。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ