下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

どら焼き

本所吾妻橋 モンブラン

今日は「浅草逍遥」です。
今日はお彼岸より一足早く父母の菩提寺に奥様帯同で墓参しました。
その後、春風に誘われて浅草に出没しました。

画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

★亀十「どら焼き」
私は全く知らなかったのですが2014年3月15日付「NIKKEIプラス」のおいしいどら焼きrankingのtop1の地位に亀十さんは燦然と可輝いたのです。
創業90年なのですって全く知りませんでした。
下町っ子ですのでこのお店そのものは知っていましたが、それほど感がなかった、というのうが正直なところでした。
北海道産に小豆を使ったあんは甘さ控え、小豆の自然な風味を生かしているそうです。
手づくりなので1日3,000個の限定販売で、連日「売切御免」続出だそうです。
IMG_9629

IMG_9634

IMG_9633
多少なら並んで買おうかと思ったのですが、さすがにこの行列ではねぇ、と思い兄弟商品のきんつばで代用しようとしたのです。
為念、店員さんに確認しましたところ、あんは気持ちどら焼きよりきんつばの方が甘いのですが、普通の方は気がつきません、と言われ、我が意を得たりだったのです。IMG_9628

IMG_9630

帰宅してから家族できんつばを頂きました。
どら焼きrankingのtop1の名に恥じないあんの美味しさです。
甘さ控えめながら豆が美味しい、という私の好みにストライクです。
これはハマリますね(笑)
IMG_9662

IMG_9663


★やたら腰の低いチンドン屋さん
IMG_9631
東洋館
顔見知りの人に会うとやたら丁寧な挨拶をしていてほとんど仕事をしていません。
いいんですよ、仕事なんかしなくても・・・

★たまには浅草寺にでも・・・
IMG_9636

IMG_9638
と思ったのですが、浅草寺にはいきませんでした。
やはりお参りは信心しています被官稲荷です。
たしか貴方は神仏は信じていないはずです、そうなのですが被官稲荷は治外法権なのであります。

★Furisode Experience
IMG_9643
この女性の着物の着付けがピシッとしていたので、自分で着付けたのですか、と聞きましたら、以下のお店「撫子庵」さんで着付けてもらったそうです。へぇそんな商売があるんだと思いました。
彼女は初着物でかなり興奮しており、I am a real Japanese!を何度も発していました。
説明なんかしなくてもいいんですよ、どこから見ても和服の似合う日本人に見えますから。
実は彼女、この着物姿で浅草寺の前で記念写真を撮りたかったのですが、どのようにお願いしていいのかわからず困っていたそうです。
「義を見てせざるは勇無きなり」です。私が日本人を代表して、きちんと記念写真を撮ってさしあげました。

ここがその外国人相手の着付け屋、「撫子庵」さんです。
着付け代@3,500円、ぶらり散歩代@1,500円締めて計5,000円也で〜す。
外国人からすると安いのかな?
IMG_9640

IMG_9639

IMG_9642


★かなり怪しいstreet performer
IMG_9648

IMG_9644

IMG_9646
costumeが怪しい、performanceが怪しい、BGMが怪しい、の三拍子です。
奥様は気にいっていました。

★浅草名物忍者傘
IMG_9649
一体全体誰が買っているのでしょうか。
会社に持っていったらウケるかも・・・

★河村屋さんのicon
IMG_9652

IMG_9650
「お客様の役に立つ漬物」を世に出すという信念と日本が誇る漬物文化を後世に 伝える使命を持ち、江戸・文化文政期より今日に至り皆様にご支持頂き続けている漬物屋さんです。

★入るのが恐ろしい「とらんくすや」さん
IMG_9654

IMG_9657

IMG_9655

IMG_9656
浅草だけにその筋の方のお店かと思って入店しましたら普通のお店でした。
私の好きそうなトランクスが巨万(ごまん)と置いてあります。

IMG_9661
たまらず風神雷神のトランクス(@1,365円)を買ってしまいました。
これをはいたらもう怖いものなしです、マジです。

★全く似ていない勝海舟の銅像
IMG_9658

IMG_9659

IMG_9660
「太平洋にズームイン!」指さすのは隅田川から続く江戸湾、そして太平洋までですか?
生誕180年記念の2003年に海に想いを馳せた男らしく「海の日」に建立されたそうです。
顔が全くとは言いませんが、本人とはだいぶちがうではないですか。
他の言葉で申せば似ていないです。
さら〜に背の高さも本人は158cmと小柄なのに、なな何とこの銅像では約250cmと長身であります。
で〜もいつか見よう見ようと思っていたのですが、中々できませんでしたので見れてプチ感激です。


IMG_9615
今日のお店は本所吾妻橋にある有名なハンバーグ屋さんです。
今日のお店は「モンブラン」吾妻橋店さんです。

住所: 東京都墨田区吾妻橋2-2-5 吾妻橋アイカワ 1F
電話:03-5608-2155
定休日:月曜日

IMG_9616
お店の外観です。

IMG_9619

IMG_9625
店内の雰囲気です。
まあ店内にはサインがたくさんありますね。
テレビでよく取り上げられる店の一つですかね、実はあまりこのようなお店は好きではありません・・・

IMG_9618
メニューです。

今日のオーダー
私は「オランダ風(ソフトなチーズソース)、ご飯、みそ汁付」@1,280円です。
奥様は「イタリア風(ピリ辛トマトとチーズのソース)、ご飯、みそ汁付」@1,280円です。

IMG_9622

IMG_9621

IMG_9624

IMG_9623
待つこと12分でともに到着です。
見た目、盛付がきれいですね。

それでは実食です。
切ると肉汁がでない普通のハンバーグです。
good pointはありませんがbad pointもありません。
で〜もともにソースが美味しいです。
特に私のオーダーの「オランダ風」はチーズの味わいがふくよかです。
奥様の「イタリア風」はイタリア王道の味ではっきりとしています。
どうなのでしょう下町ですからコスパがよいとは言えませんし・・・
このレベルだと再訪は悩んでしまいますね。

それでは(^_-)

新宿 新宿サミットクラブ リターンズ

今日は「帰省するときに喜ばれるおみやげ(東京編)」の話です。 

以下に紹介します。
■ごまたまご(銀座たまや)(5個入500円~)
東京駅構内を歩いていると良く目にする定番商品。黒ゴマペーストと黒ゴマあんをスポンジで包み、ホワイトチョコでコーティング。今風ながら、和風テイストのため高齢の方にも喜ばれそう。
これは黒ゴマあんが美味しいですね

■東京ばな奈(グレープストーン)(8個入1000円~)
「ひよこ」に次ぐお土産の定番といえばこちら。スポンジケーキにバナナカスタードがたっぷり詰まっている洋菓子です。最近は、ラムレーズンが練り込んである『東京ばな奈のレーズンサンド』が人気なのだそうです。
安定感ありですか、でもあまりにpopularすぎてもらわれる方々は食傷気味でしょう

次に、和風スイーツ。老若男女に喜ばれるので重宝します。
■芋ようかん(舟和本店)(6本詰め599円~)
浅草名物。さつま芋の皮を一本一本手でむき、添加物を一切使っていない素朴な味が評判とのこと。これなら、両親や祖父母にもウケが良さそう!
日持ちがわるいのですが・・・飽きがこない味です

■雷おこし(常盤堂)(21枚入525円~)
ご存じ、浅草の銘菓。米をふかして乾燥させ焙煎したものに蜜やピーナツで味をつけたお菓子。一度食べると、その旨さにやみつきになってしまうのでダイエットには大敵。
引きずる味です、店主がサーファーということに違和感あり

■どら焼き(うさぎや)(1個180円~)
大正2年創業の上野の和菓子屋うさぎや。日本で一番美味しいという人もいるほど! 表面はサックリとして、中はふわふわ。十勝産の小豆を使用しているそうです。保存料なども入っていないため、安心して頂けます。
しかし、ここすぐに品切れになるのですが・・・

ほかには、東京で話題のスイーツをお土産にする人も多いようです。難点は、そのショップに行かないと購入できない点でしょうか。
■ねんりん家のバームクーヘン(しっかり芽ホール1300円~)
メディアでも良くとりあげられる商品。年輪のように凸凹しているのが特徴で、外はカリっとしていて中はふんわりと柔らかい。東京でしか手に入らないので、お土産に重宝されるとのこと。また、これを食べた人は今まで食べたバームクーヘンはいったいなんだったのかと感激するようです。
たしかにここのバームクーヘンは美味しいですね、私の東京土産の定番です。東京駅でも売っていますからね!

■ミルフィーユ(ベルン)(3個263円~)
日本で初めてチョコレートをかけたミルフィユを創った老舗。可愛い包装でくるまれていて、見た目のセンスも良い。チョコとサクサクなミルフィーユのバランスが絶妙とのこと。
丁寧に食べないと机が汚れます

■東京ラスク(シュガーラスク10枚入り420円~)
サクサクっとした軽い口当たりに、ラスクの美味しさを初めて知った方も多いようです。季節限定品もあるようなので、いつも新しい風味が楽しめます。
食べたことがありません、でもラスクはラスクでしょう?
「Pouch」より転載

ちなみに「ひよこ」はもともと福岡の銘菓なので、福岡に行く時は持って行ってはいけません。

個人的に一押しは「うさぎや」さんです。大正2年創業の老舗です。
店名は店主が兎年生まれことに由来します。
その代表作と言えるのが、表面サックリ中はふんわりの皮でやわらかな十勝産小豆をはさんだ「どら焼き」です。できたての温かいものを買うことができるのが嬉しいのです。保存料などは入っていない為、賞味期限は2日間です。また、1個180円とやや高めなので、たくさん買ってみんなに配るというよりは、家族や大切な人へのおみやげにしたいものです。
これまた日持ちが悪いので贈る時はその旨を伝えなければなりません。
店舗は御徒町のみで、16時以降の来店の場合「どら焼き」は予約が必要です。

うさぎや
私が札幌から東京に戻ってきて一番驚いたのは「うさぎや」さんがビルになっていたことです。昔はこんなお店でした。
子供のとき母が御徒町の伯母さんのところに行く時は必ずお土産(オミヤ)は「うさぎや」さんの「どらやき」でした。お土産(オミヤ)を包んでもらう時焼き立ての「どらやき」を一緒に買ってもらったのですが、世の中にこんなに美味しいものがあったのかと子供心に感動したものです。
長じて一人で「どらやき」を買いにいくと、このお店待ち順ではなくて声の大きい順?厚かましい順なのでかなり面食らったものです、勿論下町オバさんが大挙して買いにきたときですがね(笑)
いずれにしても私のsoul foodであることにはまちがいありません。

今日は家族に慶事があったので、かなり奮発して新宿サミットクラブで家族全員の新年会を行いました。

住所: 東京都新宿区西新宿3-7-1. 新宿パークタワーN棟37F
電話:03-5323-5100
定休日:予約制

IMG_7548
お店の外観です。

IMG_7538

IMG_7547

IMG_7553
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「Aコース(先付け、しゃぶ肉(福島牛A5)、野菜、うどん、香の物)@4,200です。
IMG_7542
お酒メニューです、やはりここ高いですね。一合@3,150ですか・・・一体誰が頼むのでしょうか(笑)

IMG_7537
お正月なので日本酒(福娘)サービスです。
升に軽く盛塩をして飲みましょう

IMG_7543
先付け「豆腐の雲丹汚し」です。

IMG_7544
野菜です。

IMG_7545
福島牛(A5)の薔薇盛です。
福島牛の味紹介です。
ふくしまには、美しい自然があります。 福島牛という名の美味しい自然があります。
風味豊かで、まろやかな味わい、 色鮮やかで良質の霜降りをもつ福島牛は、 まさに牛肉の傑作。
つくる人の愛と情熱があふれるほどに注がれ、 伸びやかに育った福島牛は、 食する人たちにいつも、 至福のひとときをもたらしてくれます。
「福島牛販売促進協議会」より転載

これは美味しいですね、秒殺のようにみるみるとなくなっていきました。
結構です、お目出度いときくらい豪勢にしませんとね・・・口福、口福

IMG_7549
締めのうどんです。食べ残った野菜くずを全部すくいあげて、塩と胡椒で味を調えて、さわやかなカボスで香りをつけます、不味いわけがありません、ほっぺが落ちそうな美味しさでした。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ