下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

どさん子月島店

月島 どさん子月島店 2009年1st

どさん子31

今日は出張で岐阜へ、そこでご当地のお土産を求めました。お土産の名前は「下呂の香り」です。片仮名で読むとシュールですよね。誰がこのような名前つけたのでしょう(笑)

今日のお店は結構来ているのですが、Blogには久々の登場の月島「どさん子」です。
どさん子32
お店の外観です。

住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話番号:03-3531-8870
休日:月曜日の場合が多い

どさん子33
今日の獲物「カレーチャーハン」@700です。
久々にきたら調理する人が変わっていました…大常連の私にそのような重要な変更のメールが来ないとは、多少なりとも憤りを感じていたのです(嘘デス)
味はどうのでしょう、フフフ(笑)何と何と美味しかったのです。パリパリ、ホロホロのご飯とチャーシュー、ほのかにきいているスパイシーなカレー風味イケますね。ここは下町B級グルメのお店の名に恥じません。ご馳走様でしたhappy01

それでは(^_-)

月島 どさん子月島店 リターンズ

今日東京都交通局のフリーペーパー「ミニ荷風」をおもむろ見ていたら、な何と勝どきの「池のや」が載っているではありませんか。
池のや

しかもあそこの家族構成は姉妹を中心に妹さんの息子というトリオだったそうで、さすがの私も知りませんでした。
そうか仲良しのお兄さんは妹さんの息子だったんだということがわかったりして。
二人のオバサンをたまに間違うことがあるのですが、姉妹だから仕方ないですよね(笑)
でもこれでこれを見たお客さん達がドーットくると、常連さん達はクサリますよね。

札幌の大谷地に住んでいた頃「大連」というとても大好きなラーメン屋さんがあったのですが、「どさん子ワイド」というTV番組に取り上げられてから、雲霞のようにお客さんが訪れ地元客が入れないという事態となりました。
結果流れお客さんが来なくなり平静が戻った頃には、地元のお客さんは来なくなるは、味は落ちるはでとんでもない帰結となったのです。お願いですから「池のや」さんその轍を踏まないで下さいね。

今日のお店は久々の月島「どさん子」です。
どさん子店舗


住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話番号:03-3531-8870
休日:原則無休

さすがにほとんどのものを食べつくしたのでメニューを縦から横から斜めから見たのですが、目新しいメニューはなかなか目に飛び込んできません。
面倒くさくなってオジサンに「何かかわったものないの」と聞けば「ロースー丼食べたことある」とのこと「ロースー丼って何さ」と聞けば「豚肉と白菜とピーマンが入っている中華丼もどきと思えば間違いないね」ですと。

チャレンジしましょう(笑)
今日の獲物は「ロースー丼+スープ+大盛漬物」@650です。


画像の通り、豚肉と白菜とピーマン筍のシンプルな食材ですが、これが美味しいこと美味しいこと
豚肉は弾力があって甘く、白菜はシャキシャキ、ピーマンはホロニガ、サクサクの口当たり、黒子ではあるが存在感のある筍のエグミ、タマリマセン。
さらにこれらのカルッテットを包み込む薄醤油味のトロミ餡・・・完璧です
これをB級グルメといわずなんといいましょうか。
「どさん子」のオジサン・・・貴方はB級グルメ調理人の頂点でしょう(イイスギカナ

それでは(^_-)

続 月島 どさん子月島店

今日は高速バスで辺鄙なところに出張です。
降りたところが「葡萄村」な何とFruityな地名だわと感動したところ・・・よくよく見れば「ぶどう」ではなく「ふうど」村ですと、何とマギラワシイ事。
たしかにこの高速バスでもう少し足を伸ばすと、そこは銚子だけにこれが本当の銚子パズレです(笑)



そしてこの「ふうど」村でお昼を食べようかなと探したところ、嘘みたいに全く食べるところがなく、結局唯一あったレストランでポニーさんを見ながらのどかなバイキングをいただきました。



今日は遅い夕食に「カレーチャーハン@700」が食べたくて食べたくて、月島にある「どさん子 月島店」に行きました。
住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話番号:03-3531-8870
休日:月曜日の場合が多い


今日はいつもの雇われオジサンが遅番の為不在で、鍋をアオルのは中国人のアルバイトお兄さんでした。ちゃんと作れるのかなといぶかしんでいたらさすがに中国四千年ですね、大変美味しくおつくりいただきました

私は、チャーハンの最後に香り付けで鍋際に醤油を廻して軽く焦がす味とカレーチャーハンのカレー味が混ざりあうところの香ばしさがたまらなくすきなのです。
またここのチャーハンはとても良くアオッテイルので、フンワリパラリと全然油っぽくないし胃にももたれないスグレものです(笑)

そうそうここの特製は「海鮮チャーハンカレー味特別バージョン」ではなくて(メニューにあった)「カレー味シーフード焼きソバ特別バージョン」でした(訂正

それでは(^_-)

月島 どさん子月島店

今日は何故馬が骨折すると死んでしまうのかの話です。
馬には「血管叢(ソウ)」という心臓と同じ働きをする器官が大腸と蹄の間にあります。
よって「血管叢(ソウ)」には、心臓同様の動脈とか静脈とかその間につらなる毛細血管があります。そして深刻な骨折によって一本の足を骨折した時は、残った三本足で立たなければなりません。義足を使えばよいような気がしますが、しかしその際でも馬が血流の流れを四本足から実質三本足で補いますので、一つの足=「血管叢(ソウ)」に最大133%の負荷がかかりその為に蹄(心臓と同機能の「血管叢(ソウ)」が腐る「蹄葉炎」(テイヨウエン)にかかってしまい死んでしまうのです。
それならば骨折した時に立たなくて横に寝ていて骨折を治せばいいと思うところですが、馬は長らく横たわっていますと今度は大腸に付近にある「血管叢」(ソウ)が圧迫されこれまた腐って死んでしまうのです。「競馬名勝負列伝」洋泉社参照
成程ですね・・・骨折くらいで馬の「安楽死」は残酷な気がしますがこのような因果関係が背景あったのです。

今日は「カレーラーメン」が食べたくて、月島にある「どさん子 月島店」に行きました。
住所: 東京都中央区月島3-29-5
電話番号:03-3531-8870
休日:月曜日

ということで今日の獲物は「カレーラーメン」@620です。


ここのお店は雇われ調理人のオジサンが料理を作るのですが、基本的に何を食べても美味しいのです。
一押しは「海鮮チャーハンカレー味特別バージョン」(メニューにはありません)です。
これも美味しいので是非チャレンジしてください。

味ですか、美味しいです。今日はランチタイムにいったのでまとめて麺を茹でていた為、私のカレーラーメンの麺は少し伸びていましたが・・・これは仕方ないですね(笑)

スープは安定して美味しいのですが、特筆すべきはモヤシのシャキシャキ感です。
新鮮なモヤシを使っているのでしょう、それとメンマです。
自家製かどうか聞き忘れたのですがこれも美味しい
スープ、モヤシ、メンマの三位一体美味しさ攻撃には完璧に降参です。

月島ブロガーにも絶大な評価を得ています。
月島にお立ち寄りの際は是非おたちより下さい。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ