下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

つけ麺

京都 丸福 リターンズ

今日は「領収書」の話です。 
最近は接待も死語ですネ。
お取引様も忙しいので、お酒を飲んで遅くなるなら早く帰るよ、っていう方が増えてきていますし、1億総中流ですか、そんなにありがたがって食べるものもなくなってきていますからね・・・

接待伝票
これは笑い話ですが、日本で一番多い名前は「上様」です。
ところがこの間取引先と飲んでいたら、大阪に日本電通株式会社という情報通信技術に強い会社があり、そこの代表取締役会長兼社長が「上敏夫」さんというのだそうです。
この方が格式あるお店で個人名の領収書を要求した時はややこしいでしょうね。
皆様ご承知の通り、このようなお店では「上様」領収書は厳禁ですからね。
身分証明書でも見せるのでしょうか?

これはるか昔の実話なのですが、大阪の住友系の会社に豪傑の方がいて、酔ってタクシーで帰宅する際に現金がない時には、自分の名刺にかかった金額を書いてタクシーの運転手さんに渡して、後でその運転手さんが集金に来ていたそうです。
関西は住友系が強いのでさもありなんという事なのでしょうが、東京では交番行きでしょうね(笑)

さらにこれもはるか昔の実話なのですが、取引先が接待で支払いの際、領収書の宛先をブランクにしておいてといって、領収書を良く見ずポケットにねじ込んで帰宅しました。
後日接待伝票の整理をしていたら、ブランク様という宛名の領収書がでてきたそうです。
でもこれは作り話でしょうね、多分・・・


IMG_9559
今日は京都に出没です。
京都のお昼といえばここしかありません。
饂飩、蕎麦の名店「丸福」さんです。

住所: 京都府京都市下京区東洞院通七条下ル塩小路町530-5
:075-371-4258
定休日:日曜日

IMG_9561

IMG_9563
お店の外観です。
下の画像は併設している旧店舗です。今は調理場ですね。

IMG_9564
店内の雰囲気です。

IMG_9560
メニューです。

IMG_9562
今日のオーダー「丸福のつけ麺」@900円です。
IMG_9565

IMG_9566

IMG_9568
待つこと8分で着皿です。
見た目美蕎麦です。
蕎麦は麺に蕎麦殻を麺に練りこんだ挽きぐるみとしているのでとても香り高い一品となっています。付け汁は熱々で味付けは程良いしょっぱさであり申し分ありません。
自慢のチャーシューは良く脂がのっていて美味しくいただきました。
しかしいつも思うのですが、冷たい蕎麦には冷たいつけ汁が基本だと思います。
折角冷水で蕎麦を洗っても、温かいつけ汁につけたら味わい半減です。
メニューの再考をお願いしたいところであります。

それでは(^_-)

続 大泉学園 十兵衛

今日は「黄色人はお酒が弱い」の話です。
元筑波大学教授原田勝二さんによりますと、人類の祖先は今から20〜30万年前にアフリカで誕生し、10万年ほど前に一部は中東から欧州に移動して白人になり、一部はアジア地域に向かって移動を続け黄色人になったとされています。
その時点まで人類は全般的にお酒が強かったのですが、黄色人種の一部が中国南部で突然、お酒に弱い性質の遺伝子を持つようになり、それが中国全土や韓国、日本に移動したのではないかとしています。だから日本人は混血なのでお酒が強い人と弱い人が混在しているのです。
ちなみに国内でお酒の強い人の比率が高いTop3は、秋田(76.7%)、鹿児島(71.4%)、岩手(71.4%)です。逆に比率が低いTop3は、三重(39.7%)、愛知(41.4%)、石川(45.7%)です。ちなみに下町っ子が生息する東京は58%以上60%未満です。
分布図を眺めますと、お酒に弱い人達が中国大陸から九州北部、瀬戸内海を通って、日本の中心だった近畿周辺に移り住んだ様子が分かるようです。
参考までにお酒の強い、弱いはパッチテストですぐ分かるそうです。
【NIKKEI PLUS1】より転載

お酒ですか、私は呑むしどちらかというと強いほうです。父親も呑むし、父方の祖母も呑むし、弟も呑むし、しかも私より強い、妹も呑むし、妹はさらに弟より強いのです。
そういう意味では我家系の祖先は縄文人かもしれません。
お酒はできれば呑まないほうがいいですね…意味不明(笑)
北海道時代突然禁酒をし足掛け5年間まったく呑まなかった時期があったのです。しかし返す返すも復活したことについては今でも後悔しております
北海道の時呑まないのによく接待をしていました。基本的に呑んでも呑まなくてもBehavior(明るく喋る)はあまり変わらないので、こういう性格は得です。
今だから懺悔しますが、当時素面で人が酔っ払っていくのをみるのは楽しみでした。接待の際じっと観察していますと、お取引様が、酔っちゃってごめんネ、とよく言われていましたが、人は自分が酔っていると思うよりそれ程は酔っては見えないのですね…皆さん自信もってください。でも時間が進めば進むほどそこはかとなく壊れていくのですね。まず話がくどくなる、動作が緩慢になる、呂律が回らなくなる、まさに脳にアルコールが滲出してくるのがよくわかります。でも二次会は駄目でした、お取引様のシツッコサが素面の人間にはクドスギるのです。それと二次会になると何故か素面の人間の話は浮いてしまうというか、妙に論理的な会話が場の雰囲気にそぐわなくなってしまうのです。しかしかかし帰りは運転手になるのでそれになりに重宝されていました。定年退職したらもう一度禁酒しようかしらんと思う今日この頃です。

過剰労働がたたり風邪をひいてしまい、以前からYouTubeへの動画アップの仕方がわからなかったので家出PCと格闘していました。結果できましたができてしまえば何てことはありません(悲)

十兵衛21
今日のお店は練馬区つけ麺の頂点無化調のお店「十兵衛」さんです。

住所::  東京都練馬区石神井台3-24-39
TEL:03-3995-3113
定休:月曜日

十兵衛22
店内の雰囲気です。

十兵衛23
お店のお品書きの説明です。

十兵衛24
本日のオーダーは「十兵衛つけめん」@750です。

十兵衛25
十兵衛26
具はキザミチャーシュー、メンマ、ネギ、ナルトととてもシンプルです。麺はモチモチツルツルの中太麺です。スープの甘辛酸は甘みと酸味が強いですね。私はあまりつけ麺好きではないですが、しいていえば誠実な味だといえます。締めにスープ割を飲んでみましたら、鶏、豚など肉系、鰹節、煮干など魚介系がガチに鬩(せめ)ぎあっており、恐れ入谷の鬼子母神という感じでした。

最後に店主の人柄がでているメッセージを記しておきます。

人は一歩一歩歩いていく
平坦な道もあれば上がり坂も下り坂もある
時には、駆け足をすることもある
これが人生何だろう
らーめんも同じに思えてならない


それでは(^_-)

新橋 ビーフン東

今日は新橋台湾料理の頂点「ビーフン東(あずま)」に行きました。
軽く飲んでからの食事ですので話し七掛位で読んでください。
ビーフン東1
お店のエントランスです。
ビーフン東3
厨房の雰囲気です。厨房の人達が無駄口をしないという私の大好きなお店の条件を満たしています。
住所: 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 2F
電話:03-3571-6078
定休日:日曜・祝日

ビーフン東4
最初の獲物「五目ビーフン焼き」@700円です。
最初の五目ビーフン焼きは具沢山です。豚バラ肉、半ウズラ×二個、海老、椎茸、白菜、人参、筍、ピーマンです。味ですか、確かに上品な味ではありますが新橋老舗の台湾料理店ですので何かのサプライズは欲しかったですね(笑)
ビーフン東5
でも不思議不思議この液体をタラタラっとほんの少しこのビーフンにかけますと、とても味が引き締まりマスのでお試しアーレです。

ビーフン東6
次の獲物「山菜入りワンタンネギト油かけ(五個入り)」@800です。
この山菜入りワンタンネギ油かけは本当にサプライズでした。皮がモチモチプルリンプルリンと口の中で踊ります。中の餡もジューシーで山菜のシャキシャキとした味がフーガいたします。これは本当に美味しいですねhappy01お勧めします
店員さんの接客も厭味なくテキパキしていてとても感じが良いです。
再訪したいお店の一つです。

PS 下町っ子フリークのtototaさんのお友達の錦糸町大勝軒「海亀」さんが今開店記念のビラを配っています。運よくGETしますと「トッピング煮たまご」がサービスされますヨ
ビーフン東7


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ