下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

だるま

淀屋橋 上海亭

今日は「Rhapsody in Osaka」です。
大阪には約2年いました。
大阪に住むまでは、大阪とは生き馬の目を抜く的人が住む街というイメージがあったのですが、そのイメージが三次元化して自分の前に現れますと違った様相を呈したのです。
要はエネルギッシュですがその裏に潜んでいる優しさがわかるとなんとも人情味あふれる街だなぁという感慨をもちました。そんな大阪の私の思い出をしるしてみました。
宜しかったらお付き合いください。

#ジャンジャン横丁のおもろいオッサン
パチパチパンチ
転勤してしばらくして大阪は地下鉄動物園前駅から大阪の代表的なタワー「通天閣」へと続く約180mの商店街「 ジャンジャン横丁」へ出向いたのです。
そこで見た出来事というのは、この画像のような相貌のオッサンがランニングシャツ一枚の姿で、バットを両手で持って天を突きさすようにして高々と上げています。
何かの絵図があるようです。
そこに気の弱そうな青年がそのオッサンの方に向かって歩いてきました。
すると蜘蛛の巣にかかった蝶々を見つけた蜘蛛のようにそのオッサンはその兄ちゃんに向かって言葉を発したのです。ワシ、今コーラ飲みたいんやけど、人に頼まれてな、今このバッド降ろされへんのんや。このポケットに財布があってな、なかに五百円玉がはいってんやけど、その財布から五百円玉取って代りにコーラ買ってくれへん、と言ってから射るような眼(まなこ)でその青年を睨みつけたのです。
すると青年は蛇に睨まれた蛙のようにビビりながらも、ええですよ、コーラ買いますよ。と言って、自分の財布から100円玉×2枚を取出して自動販売機の投入口入れようとすると、誰がじゃら銭で買えゆうたんじゃ。このバットでドタマかち割るぞ、と割れんばかりの大声で怒鳴りつけたのです。
そう言われた青年は、そうでしたね。五百円玉っていうてはりましたね、と言ったものの5百円玉がなかったみたいで仕方なく千円札で買ったのです。
ガチャンとコーラが自販機の取出し口に落ちると間髪入れずに、手が降ろされんさけ、兄ちゃん飲ましてや、と畳み掛けたのです。
こんなオトロしいオッサンとこれ以上かかわりたくないと考えたのでしょう。
この青年は、急な用事を思い出したので、手が降ろされるようになったらご自分で飲んでください。お釣りもええですから。それではサイナラ、と言って脱兎のようにその場から立ち去ったのでした。
たまさかその一部始終をみていた私と目があい、そのオッサンは満面の笑みを浮かべながら、なんやら恐喝しているように思われるやん。かなわんな、と私に言い放ったのです。
私は心の中でお見事と言ってその場からおっとり刀で立ち去ったのです。
東京ではこのような面白い恐喝ってみたことがありません。
仮にコーラが@150円だとしますと、このオッサンの想定通りでしたら500-150=@350円が一回当たり入手できて、さらにそのコーラも再利用されると思われますので結局、薬局、放送局で@500円のシノギです。
またこの様な恐喝に引っかかる人がいること事態、大阪の平和のあかしでもあります。
何とも大阪らしいなと思ったのでした。

#大阪の食文化のアイコン
だるま

IMG_8208

IMG_8207 (2)
学生時代から「だるま」の串カツをこよなく愛し続けてきた「浪速のロッキー」こと赤井英和さんは、3代目大将が店をたたもうとしていることを知り、「この味をなくしてはイカン。発祥の名店は残さなければ」と立ち上がりました。
赤井さんに「だるま」閉店の危機を知らせたのが、高校のボクシング部の後輩で、赤井さんとともに「だるま」によく通っていた上山勝也さんだったそうです。
赤井さんは当時保険会社に勤めていた上山さんに、「オマエが後を告げ」と説得をし、その「だるま」の大将に上山さんを4代目に就任させるべく奔走したのでした。そして「だるま」の大将に上山さんを見てやってほしいと頼み込み、上山さんは修行の末「だるま」4代目社長となったそうです。
今日偶然にもくだんの上山社長に遭遇しましたのでパチリさせていただきました。よく「だるま」の人形のアイコンは、大阪市内ではよく見かけていましたが、ナマの上山社長は初めての邂逅であります。

#大阪で一番夜景が綺麗な橋
栴檀木橋
この画像は「大阪および近畿の景観 〜 Scene of Osaka and Kinki 〜」さんより転載<
この橋の名前は栴檀木橋(せんだんのきばし)と言います。
深夜遅く、この橋を大阪市中央公会堂に向かって歩いていくと、ヘッセがシュヴァルツヴァルトの石畳を歩いたおりに感じる哀愁と同質のものを感じます。
そして視線を川面に移しますと、川面に映るきらめくナトリウム灯のオレンジ色の光の輝きは、悲しみに浸されたようにどこか虚ろな表情をたたえています。
個人的にはこの橋からの夜景が大阪では一番好きです。

IMG_8205

IMG_8199

IMG_8201

IMG_8204
またこの橋の突当りにある大阪市中央公会堂は大阪ハーフマラソン大会の出発点でもあり、私の大阪時代のマラソンの歴史にあらたな1ページを書き加えた場所でもあります。


今日の夕食は在阪時代よく食べに行きました中華料理屋さんです。
今日のお店は「上海亭」さんです。

住所: 大阪府大阪市中央区高麗橋4-8-7
電話:06-4707-3751
定休日: 土・日・祝日

IMG_8198
お店の外観です。

IMG_8197

IMG_8192
店内の雰囲気です。

IMG_8190
メニューです。

IMG_8194
今日のオーダー「広東風やきそば」@1,050円です。
待つこと12分で「広東風やきそば」の到着です。
見た目光り輝いています。

IMG_8195
それでは実食です。
「広東風やきそば」は冷めたら味が急速に落ちますので一気呵成に食べなくてはなりません。
麺が熱々でしたが舌の火傷覚悟でワシワシと頂きました。
うんこれは美味しいですね。
得に麺の炒め具合は最高です。
外硬内柔です。「広東風やきそば」の麺の炒め方の見本のような感すらあります。
具も青梗菜、筍、銀杏、海老、人参、茸、豚肉等沢山の具にトロ〜リとした濃厚の醤油とオイスターソースがきいた餡がからみます。
たまらない美味しさです。
まさに口福の神がまさに降臨されたかのような味わいです。
大満足の夕食でした。

それでは(^_-)

門前仲町 ポポラマーマ

今日は「門前仲町居酒屋列伝」です。
IMG_6877
今日は所用があり門前仲町に参りました。
この町はかつて飲み倒していた町であります。
往時の行きつけの居酒屋は今も健在でしたのでブラリしながら思い出のお店をパチリしました。
宜しかったらお付き合いください。

#「魚三酒場」さんです
IMG_6887
門前仲町特集番組などでは必ずfeatureされるお店です。
どうですかね確かにコスパは良いですが。
混んでいると著しくサービスが低下するきらいがあります。
ちなみに私は、門前仲町店が混んでいる時は森下店に行っていいましたが、ここは「サービス悪い」「料理遅い」「店員オチャラケ」と三重苦のお店でした。
もちろん現在は改善されていると思いますが・・・
いずれにしても余り過度の期待はしない方が良いと思います。

#「大阪屋」さんです
IMG_6881
このお店は今日のお店は、東京三大煮込み屋さんの一つです。
ちなみに三大煮込みとは月島「岸田屋」、北千住「大はし」、そしてこの「大阪屋」さんです。
門前仲町にあるのになんで「大阪屋」なのでしょう。
このお店の煮込みは昔の新宿のションベン横丁等でよく見られた串刺し煮込みです。
下町界隈でいえば月島の「げんき」 なんかもそうですね。
申し訳ないのですが、私この串刺し煮込みはすきではありません。
ここの八丁味噌をベースとしたタレは良いのですが、煮込みすぎなのか肉は硬かったからです。
もちろん現在は改善されていると思いますが・・・
そうそうこのお店はアテが少ないので鯨飲家は悪酔い必死ちがうか必至です。
ご注意ください。

#「だるま」さんです
IMG_6879
美人姉妹が有名なお店です。
上の二軒に比べると安心且つ落ち着いて飲めるお店です。
個人的にはメンチカツがお勧めですが量が多いのでこれを食べますとお酒がすすまなくなります。
したがいまして鯨飲家は酒た方ちがうか避けた方が良いかと思います。
ステレオタイプの大衆酒場と思っていただければ間違いありません。

#「ゆうちゃん」さんです
IMG_6882

IMG_6883
お店の名前「ゆうちゃん」はご主人のご子息の名前からつけられました。
今回お店の前を通ったらゆうちゃんに子供が生まれたみたいで、お店の外に迄ほのぼのオーラが出まくっていました。あのご主人もとうとうオジイサンですか(笑)
そうそうご主人は長いこと築地市場に勤めてから独立した方なので、魚の目利きは確かです。
昔、私の一統に酒癖の良い方がいてご主人の逆鱗にふれて出禁になった事もありましたが、このくだりは我が一統に問題があったものの、このご主人と話す時、話の筋を間違えると面倒くさいことになります。
無難なのはご主人の故郷の福島特に会津ネタで話題をふっていれば良ろしいかと思います。

#辰巳新道です
IMG_6886
戦後まもなく、駅前に出ていた露天商が集まってできた飲食街で30軒ほどが軒を連ねています。
最初はヘッセがシュヴァルツヴァルトの石畳を歩いたおりに感じる哀愁や、ドーデーが風車小屋のすみで感じた寂寥などの思いに苛まれますが、慣れてきますと何か惹きつけられる魅力に浸漬されます。
私もその魅力にとり込まれた一人です。目の子でいえば、7割くらいのお店を制覇しています。
コスパは良いですが、決して飲み過ぎてはいけません。
ここの新道では、後入れ先出しがお約束です。
さっと飲んできれいに帰りましょう。それができれば病みつきになりますよ・・・


これはスゴイ!



という事で以前なら帰社していたのですが、iPad Air 2様のお陰でチャチャと懸案事項を喫茶店で処理したので夕食をとる事にしました。ということで今日のお店は「ポポラマーマ」門前仲町店さんです。

住所: 東京都江東区富岡1-7-6 杉ビル 1階
電話:03-3820−4417
定休日:無休

IMG_6890
お店の外観です。

IMG_6892
店内の雰囲気です。

IMG_6897
メニューです。

今日のオーダー「大粒アサリのボンゴレビアンゴ」@810円です。

ポポラマーマ
実は私フランチャイズ店が嫌いなのです。
ところがこのお店のことは全く知りませんでしたので、フランチャイズ店だと思わず入ってしまったのです(笑)
こういうこともあります・・・

IMG_6894
待つこと6分で「大粒アサリのボンゴレビアンゴ」の到着です。
見た目どこから見てもヴォンゴレ (vongole)ではないですか。

それでは実食です。
フライパンにスライスしたにんにく、オリーブオイルを入れ火にかけ、にんにくを焦がさないよう弱火で香りを出して 、にんにくの香りがでたら、ザルにあげたあさりを入れ、中火にかけて軽くフライパンをゆすります。
塩ひとつまみと白ワインを足し、軽くフランベしてからフタをしてあさりの口が開くのを待ちます。
フタをとり、パスタの茹で汁大さじ2〜3杯を加えます。
みじん切りにしたイタリアンパセリを加えて、フライパンをふります。
たっぷり目の塩をした湯でアルデンテに茹でた生スパゲッティを入れ、軽く和えてから火をとめ、さらに満遍なくソースにからめ、皿に盛って完成って感じですか。
大粒のアサリが12個入っているのが差別化です。
これって家でも作れちゃうじゃないですか・・・
プロがつくるので一工夫欲しいところであります。
味ですか、ウン、過不足ない美味しさでした。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

札幌 たこ八本店

今日は「My wife meets up again with her old friends. Part two」の話です。

IMG_2806

IMG_2807
前回の続きです。
20時半に札幌駅に着いた私達夫婦は宿泊先である、三井ガーデンホテル札幌にそそくさと向かいました。慌ただしくcheck inを済ますと、ここからは別行動です。
奥様はすでにホテルで待っていた友人と会食に、私は会社の後輩(転勤で北海道在勤)とすすきので待ち合わせしているので小走りに歩いて向かいました。

IMG_2795
TV塔の時計は丁度21時に変わっていました。
キレイなilluminationですね。

IMG_2796
狸小路です。
あまり人通りが多くないですね。JR札幌駅まで直通の地下道が開通したので、人の流れが変わり狸小路やすすきのに流れてこないとはきいていましたが、少しくりびつです。

IMG_2797
すすきの交差点です。
相変わらずの不夜城です。

青木商事
車中でnetを見て知ったのですが、すすきのを代表する青木商事さんが倒産していたのですね。
【紹介記事】
道内で飲食店などを経営する青木商事(本社釧路市・青木一晃社長)が経営破綻し12月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けたことが、取引業者や関係者を中心に波紋を広げている。

釧路を発祥の地とする同社だが、以前から主戦場はススキノ地区。マンモスキャバレー「エンペラー」が閉店した06年9月以降も、高級クラブ「聖林華」、ラウンジ「ふりる」「邁」「はじまり」をはじめライブハウス「ケントス」、それに和食レストランや「美の家」の名前で知られるラーメン屋などを展開していた。

青木商事ばかりではないが、歓楽街で商売を営む飲食店の取引先は実に多岐にわたっている。大家であるビル事業者をはじめ業務用酒類販売業者、カラオケ業者…。今回の破産により、これらの業者の売り掛けが回収不能になったことは想像に難くないが、関係者が懸念するひとつは、青木商事の破綻が取引業者にどの程度のダメージを与えることになるかだ。
よ2008年12月9日「北方ジャーナル」り転載

青木商事の青木専務とはよく飲みに行っていました。たまには青木専務のゴチで「ケントス」にも踊りにいったりしていたので、当時の殷賑は肌で知っています。
従って今回の倒産はちょっと信じられませんね。といっても4年前の出来事ですか。
いずれにしても北海道の景況感の悪化を象徴する出来事なのでしょうね。不景気になれば真っ先の削られるのは遊興費ですから、さもありなんです。

IMG_2799

たこ八
「たこ八本店」さんです。
ここのタコ焼きは美味しいですよ。
少なくとも300回は食べています。
ここでは定番のたこやきを頼むといろんな味付けができますよ。
ダシにひたして明石焼とか、マヨネーズ、ソース、かつおぶしで関西風にするとか、まさにAs you likeで楽しめます。
関西からの出張族の取引先もここは合格といっていましたので外れはないと思います。
ということでここは紹介のみです。

住所: 北海道札幌市中央区南四条西3-3 第1グリーンビル 1F
電話:011-518-2065
定休日:日曜日

IMG_2800
「たこ八本店」さんを尻目にしながら後輩との待合場所に参りました。
このビルは所謂風俗ビルです。実はこのビルの地下に本日の食事をとる焼肉屋「焼肉亭」さんがあります。
ここのビルの前で、ボーっと立っていると一分間に一回は呼び込みのお兄さんに声掛けされます。
多分ですよ、すすきので声掛けNo.1spotだと思います。
地下は地下でド派手な風俗店が櫛比しており、初回で誰の紹介もなく「焼肉亭」さんに入る人はある意味ですごい人だと思います。

IMG_2801

IMG_2802
ここは安美味ですね、特に牛舌元とか・ギアラ・ガツなど塩味で食べる内臓肉が豊富で美味しいのですね、スペアリブみたいな“エッ、こんな部位あるの”肉もお勧めできます。
最近は鹿肉がboomのようです。
客筋はANAさんを始めとし、大手企業のビジネスマンが多く、location以外は安牌のお店です。なおここは私の札幌での隠れ家なので詳細は割愛させていただきます。
オジサン、オバサン、断りなしに画像アップしますが許して下さいね。
写真撮った後、断るのを忘れていましたm(__)m

IMG_2803
そのあと馴染みのsnackにいきノンアルコールビールでママと雑談していました。
今日の今日まで知らなかったのですが、ママの元旦那って多情性恋愛性癖でママと別れてから、現在の奥様が5人目なのだそうです。
ママは、元旦那は、ハッキリ言って“病気” よ。複数女性と絶えず関係していないと不安になるみたい、って言っていました。私は、じゃ最初はその性癖わからなかったの、って聞きますと、すぐにわかったわ、堂々とではないんだけれど、バレルこと事態に全く罪悪感がないみたいなのね、ヘーェッ・・・そんな人いるんだ。でもなんですぐ別れなかったの、と聞きますと、それがねぇ、すごく気配りするし、すごくマメなのね、それにすごく優しいし・・・それと浮気がバレた時には、本当に涙を流さんばかりに謝ってくれるのよ。だから自分の愛の力で取られた女から取り戻そうとしたのよね。この悪循環は分っていたんだけれど、正直なところ抜けられなかったの、と思いだしながら話してくれました。
ママ、それって今取りざたされている“モラルハラッサー”ですよ。よくモラ夫ともいわれていますが、そのような人を治すのは愛情では無理なようですよ。彼等は人間ではないのですから。結果として離婚して良かったんですよ、と言うと、ヘー、そういう人って治らないの、ということは本当に“病気”だったんだ、としみじみと自分の言葉を繰り返していました。

IMG_2804
ジンギスカンの行列店「だるま」さんです。
札幌の超有名ジンギスカン屋「だるま」さんは、2007年2月に巨額の脱税が発覚し、 北朝鮮へ送金していたという事件は全国ニュースにもなりました。しかし「美味しい物を食べることができれば問題なし」という人が多いのか、今日もそれなりに混んでいました
いくら美味しい物を提供するからといって脱税して北朝鮮への送金するお店にお金を落とす人の気心が知れませんね・・・

IMG_2805
時計の針が12時を廻ったのでホテルに戻ることにしました。
地下道ですすきのからホテルまで行けるときいたので早速に利用しました。
これは便利ですね、根雪になったらもう誰も地上は歩かないでしょうね。

IMG_2842

IMG_2841
ホテルに戻ってから大浴場にわざわざ行きました。
そしてその大浴槽で旅塵(りょじん)をおとしました。
やはり日本人は大浴槽で手足を伸ばして、のんびりとお湯に浸からないと疲れは取れませんよね。
高級ホテルなのに大浴場がある「三井ガーデンホテル札幌」って最高です!

住所: 北海道札幌市中央区北五条西6-18-3
電話: 011-280-1131
定休日:無休

To be continued!

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ