下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

そば助

勝どき 串ダイニング秀

今日「最近驚いたこと」の話です。 
まずは「幽霊」の話です。
コロンビアのククタでのできごとです。
白装束の女幽霊を複数の住民が目撃しパニックになっていると、海外のニュース番組が女幽霊の映像を交えて報道していました。
目撃時間は深夜12時~1時の間。場所は至って普通の公園だったといいます。目撃者の一人は「誰かが俺の背中を押したんだ。直感で分かった。これは子どもの幽霊だ……ッ!」と語っています。
これから後は“百聞は一見に如かず”です・・・あなたはこの動画を信じますか?

「ロットニュース24」より転載

次は「ひみつのアッコちゃん」です。アッコちゃんが変身する時の呪文、「テクマクマヤコン テクマクマヤコン」は、「テクニカル・マジック・マイ・コンパクト」を略したものだそうです。そして元の姿に戻る時の「ラミパス ラミパス」は、「スーパーミラー」を逆から読んだものです・・・知らなかった!

そしてウルトラマンの「シュワッチ」という発声ですが、これはウルトラマンを乗せている台を持ち上げていたおじさん達が、「シュワー」という掛け声を出していたことから、「シュワッチ」という叫び声になりました・・・本当かな???

②だまし絵
最後は「だましパチリ」です。これは簡単でしょう?

今日のお店は「串ダイニング秀」さんです。
アレッツ、このお店少し前まで「そば助」さんだったのに?

住所: 東京都中央区勝どき2-8-12東京BUC中銀2F
:03-6318-5566
定休日: 年中無休

IMG_7382
お店の外観です。

IMG_7387
店内の雰囲気です。

IMG_7381
今日のオーダー「鳥そば」@550です。
このお店は虎ノ門「港屋」さんのインスパイア店です。
「鳥そば」とは胡椒、ラー油の入った付け汁で頂くつけ麺タイプの蕎麦です。
このお店基本的に嫌いです。
一番に嫌いなところは、値段が高いことです。
今日はたまたま“そばDAY”だったので、通常@850の「鳥そば」が@550なのですが、通常日の@850は高いと思っています。
次に嫌いなところは、接客です。妙に緊張感のないこのお店の接客は駄目です、イタダケマセン。
じゃあ“何故行くんだ”と言うところなのですが、最近体脂肪率が22%になり2~3年前と比べると130%upになってしまいました、いわゆる中年太りです。
その為に勝どきにくるとこの低カロリーのこのお店に立ち寄るのです。
IMG_7385

IMG_7386
そうそう味ですが、最近安定してきて美味しいですよ。
冷や冷やのそばとパンチのきいた付け汁は美味しいです。
卵つきなので辛さがマイルドになりさらに美味しく頂けます。
最後に店名なのですが原則「そば助」なのですが、夜は居酒屋になるので「そば助」ですと集客が悪くなるので「串ダイニング秀」にしているそうです。
私が「“そばDAY”を定期的にしたら」と提案したところ「雰囲気で決めてるんですよ」とのことです、こういういい加減なところも嫌いです(笑)

それでは(^_-)

勝どき そば助 3rd

今日は「カイロプラクティック考」です。
私の腰痛は結局改善されなく痛みがヒドイweepので会社近くの整体に行きました。すると整体の先生は私の患部を触診して、即座にこれは整体の領域ではないので、形成外科にいって診てもらってください、と丁重に施術を断られたのです。
そして次の日自宅近くの形成外科に行きました。私のレントゲンをみながら先生は、加齢からくる脊髄変形で、なんらからの要因、例えば長いこと変な姿勢で椅子に坐り続けているとか、あるいは急な寒さとかによって神経障害を引き起こしていると思われます。よって安静にするか、それができなければコルセットで患部を引き締め、神経の圧迫を回避するしかありあません、とのことでした。
私が、失礼ですが、忙しくて会社近くのカイロプラクティックとか整体にいっていたのですが、如何なものだったでしょうか、と聞きますと、先生は、レントゲンも撮らないで何で患部の状態を判断できるのでしょうか。例えば患者さん(私のこと)の場合急性期(病気のなり始め、つまり症状の比較的激しい時期)にカイロプラクティックとか整体とかにいって患部に無用のストレスをかけたので悪化したとのだと思われますよ、大体彼らは医者でないのですから、治癒責任もなく、単なる筋肉のマッサージ療法屋さんなのです。それとたまに高齢の方に頚椎の回転伸展操作をして死亡事故等もおきてるんですよ、医者からするとそのような死亡事故は殺人行為で許しがたい施術です、とのコメントでした。
そうかカイロプラクティックとか整体とは筋肉の領域でのみ有効でそれ以外は医者の領域なんだなとあらためて得心したのでした。

ネットでみたら以下の記載が
教育レベルの低さが招く現実
これがどれだけ危険な事なのかは追々お話ししていきますが、こうした状況から、日本カイロプラクティック/整体業界では事故が絶えません。
骨格や神経についての知識がないため、無理な力を加えてしまい、症状が悪化したり、半身不随や死亡事故なども少なからず起きています。
患者にとってはもちろん、人に喜ばれるためにした事が、逆に不幸な結果を生むという、施術側のにとっても悲しい現実です
【国際カイロプラクティック教育審査機構のブログより転載】

さらに厚生省の通知では
各都道府県衛生担当部(局)長あて厚生省健康政策局医事課長通知(平成3年6月28日 医事第58号)において以下のように指導され、また危険性も指摘されている。
1. 禁忌対象疾患の認識
カイロプラクティック療法の対象とすることが適当でない疾患としては、一般には腫瘍性、出血性、感染性疾患、リュウマチ、筋萎縮性疾患、心疾患等とされているが、このほか徒手調整の手技によって症状を悪化しうる頻度の高い疾患、例えば、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、環軸椎亜脱臼、不安定脊椎、側彎症、二分脊椎症、脊椎すべり症などと明確な診断がなされているものについては、カイロプラクティック療法の対象とすることは適当ではないこと。
2. 一部の危険な手技の禁止
カイロプラクティック療法の手技には様々なものがあり、中には危険な手技が含まれているが、とりわけ頸椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要があること。
3. 適切な医療受療の遅延防止
長期間あるいは頻回のカイロプラクティック療法による施術によっても症状が増悪する場合はもとより、腰痛等の症状が軽減、消失しない場合には、滞在的に器質的疾患を有している可能性があるので、施術を中止して速やかに医療機関において精査を受けること。
となっています。結論としてまず医者にいき医者がこれならカイロプラクティックとか整体にいかれたほうがいいですよ、っていう以外は行ってはいけないのですね。しかし今日の今日まで私の腰痛はカイロプラクティックとか整体で治していたので、悩んでしまうのですが、それも今日行った先生は、そこで治るのなら、病院でもなおせるのですよ、と笑っていました。よくよく勉強になった一日でした。

今日はコルセットを巻いているため軽めのものということで、久々に勝どき「そば助」さんに出向きました。

住所: 東京都中央区勝どき2-8-12東京BUC中銀2F
電話:03-6318-5566
定休日: 年中無休


そば助31
お店の外観です。

そば助32
店内の雰囲気です。私語が多い緊張感のない厨房です、私の嫌いなお店のタイプです。

そば助33

そば助34

そば助35
今日のオーダーは「鳥そば」@850です。ここは前払いです、一万円をだすと、なぜかお釣が6,150円です、一体どういう計算をしたのでしょうか(笑)
蕎麦はパスタマシーンでひく?黒い田舎蕎麦風ですが、風味がほとんどないという変わった蕎麦です。今日は注文をうけてから、蕎麦を茹でて急いで冷やしたものですから、蕎麦が生温く今一ですね。鶏肉も注文を受けてから腿肉をきって茹でています。鶏肉はたしか二切れか三切れととても少ないです、しかし腿肉ですから味はそれなりでジューシーです。汁(つゆ)は濃いめでラー油と胡椒が入っています、味はインパクトがありいけます。とくに卵をいれるとマイルドになり結構ですね。
全体的には不味くはないのですが、厨房及びスタッフの緊張感のない雰囲気がいやです、それと@850とるのであればもう少し鶏肉の量と麺量を増やしてほしいものです。

それでは(^_-)


そば助 ( 勝どき / 串あげ )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ

続 勝どき そば助

今日は「政治家の奥さん」の話です。
大統領時代、クリントン氏と夫人は、地方の遊説に出かけます。ヒラリー夫人の故郷を通りかかった時です。ガソリンスタンドの経営者らしき男が、夫人に親しげに手を振ります、
「昔のボーイフレンドよ」と夫人も手を振り、やや嫉妬を覚えたクリントン氏が皮肉にまじりにこういいました。
「へー良かったね。君があの男と結婚していたら、君は今ごろこの田舎町でガソリンスタンドをやっている男の奥さんになっていたんだね」するとヒラリー夫人は「何も分かってないのね。私があの男と結婚していたら、彼が今ごろ大統領になっていたのよ」と言ったというような逸話があります。
この話いいですよねやはり男は尽くしてくれる女性と結婚しなければいけませんね(笑)

そば助21
あいも変わらず私事ネタですが、大事にしていていた穴八幡「お守り」を失くしてしまいました。財布の奥深くしまっていたので、落ちるわけもなく不思議不思議の落し物です。さりとて大事にしていた「お守り」がなくなるのは耐え切れず、今週の休日に穴八幡にその「お守り」を再度求めにいこうと予定していました。
ところがこころが昨日深夜仕事疲れに鞭打って帰宅の途中、駐輪場でなにやらキラキラ光る四角い物体があります。目を凝らしてみるとなな何と私の穴八幡「お守り」が駐輪場のレールの間に挟まっているではありませんか、信じられませんね「お守り」が戻ってきたのです。それにしても駐輪場のレールの間に挟まっていたなんて…奇跡です。
推定で五日間はそこに挟まっていたと思います、穴八幡の神様すいません、爾後は今まで以上大事にしますから神罰を与えないでください。
それにしても良く物をなくしますが、運が強いのか必ず戻ってくる人ですね(笑)

今日は勝どき「そば助」の割引チケットがあるのを思い出し「そば助」に再訪です。
そば助22
お店の外観です。

住所: 東京都中央区勝どき2-8-12東京BUC中銀2F
電話番号:03-6318-5566
定休日: 年中無休

そば助23
今日のオーダー「鳥そば」@350です、まあ割引券を使用したので普段は@850です。

そば助24
味ですか、前回食したときは「蕎麦」は良く水で締められてなく、「出汁」は妙なエグミがありペケポンでした。しかしかかし今日はこの欠点が調整されていました。美味しいじゃないですかhappy01、特に鶏肉はホッコリしていていけます。出汁も虎ノ門「港屋」さんの風味に近づいています。田舎そばも良く冷水で現れていてシャキシャキしており合格です、これなら満足ですね。
でも冷静に考えると、「蕎麦」に@850か考えてしまいますね、そんな吝(けち)くさいこと言っているから神様が財布から逃げ出すんだって…それはいえるかも(笑)

それでは(^_-)

勝どき そば助

今日は「本の虫干し」の話です
貝原好古著「日本歳時記」には曝書、書物の「虫干し」について書かれています。その方法とは以下の通りです。
新しい筵に、表紙を下にして干す事。良い天気であろうとも、一日に一度だけにすること。朝よりさらし、午後二時頃には取り込め。家の中に並べて熱をさまし、一夜おいてから、翌朝箱に収めよ。
およそ書をさらす時は一度に多くをさらすべからず。急に天気が変わって、本を台無しにする事有り。それともう一つ、本が多いと、家の物が嫌がり、飽きてしまってつい乱暴に本を扱い傷める。
確かに本が多いと家人は嫌がりますよね・・・思いあたります(笑)

さらに「虫干し」の話です。一木喜徳郎という古い政治家の少年時代の話です。この人は第二次大隈内閣の文相、法相を勤めた方です。
初夏のある日、母親に書物の虫干しを勧められました。兄は素直に従ったのですが、喜徳郎は耳を貸さず遊んでいました。母親が文句言うと「では虫干しをやります」と答えて、やにわに着物を脱ぎ、真っ裸となり、日差しの中に仰向けに寝ました。母親がたしなめると「なあに、書物は皆読んでしまい、一字一句をこの胸にしまってあります。書物は虫が食っても一向に構わない」と嘯いたそうです。
こういう子供は育てたくありませんし、多分我家にはいないはずです?
【たとえばの楽しみ 出久根達郎著】より参照

いわゆる汗牛充棟(引くと牛が汗を流すほどの重さ、積むと家の棟に届くほどの多さの意⇒蔵書が非常に多いことのたとえ。また、多くの書物)ですか、たしかに本をためると紙魚(しみ・本にたかる虫)がつくので虫干ししなければなりません。私は結婚するまで立派なこの汗牛充棟少年でした。しかしかかしこのDNAは恐ろしい事に我豚児に遺伝していたのですね(笑)
血脈とは恐ろしいものだということを感じる今日この頃です。

今日のお店は勝どきにオープンしたばかりの「そば助」です。
呼び込みのお姉さんが通常@850円の冷肉そばがオープン記念で@500円になるというのでB級グルメとしてはたまらず入ってしまったのです・・・単な金欠症?

そば助1
お店の外観です

住所: 東京都中央区勝どき2-8-12東京BUC中銀2F
電話番号:03-6318-5566
定休日: 年中無休

そば助2
店内の雰囲気です。

そば助3
冷肉そば通常は@850円ですが上述の通り今日は@500円です。

そば助4
卵がFreeです。

そば助5
つけ出汁です。

そば助6
このお店は虎ノ門の「港屋」のコピー店と思われます。味ですか、コピー店の割にはいまひとつです。
つけ出汁がラー油と胡椒を大量に投入されているのでそれなりに刺激的ですが妙な酸味があって美味しくありません。それに蕎麦の冷やし方がいまひとつです。このような刺激的なつけ出汁を使うお店は、お蕎麦をしゃっきりと冷やすのがお約束だとおもうのですが?
いずれにしても今後の精進に期待しましょう。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ