下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

そば処「大倉」

西方町 そば処「大倉」 4th

今日は「American joke final」です。

ウルトラマン
# 一を聞いて十を知る
西郷従道海軍大臣が渡米した。演説を依頼された。
西郷「わしゃ演説なんちゅうもんは苦手じゃきに、
    おはん適当にやっちょくれ。」
それをうけた通訳の演説は延々30分に及んだ。
聞いていた群衆「ほお、日本語はあんなに長い内容が
           一言で済むむのか。便利な言葉なんだな。」

#正直な人は誰?
ある時、キリストが町を訪れました
広場では少年達が女の子に向かって小石を投げています
一人の少年を捕まえ、問いただしました
「なんで石なんかなげるのかね?」
少年は
「こいつはウソをついたからさ!」と答えました
キリストは考え、
「この中に一回もウソをついたことがなく、やましい思いをしたことがない人は石を投げ続けなさい」
と言い放ちました
すると、一人、また一人と石を投げる者はいなくなっていき
最後にはキリストが一人だけ石を投げていたのです

#国民性
いろいろな国の人が、飴玉に群がるアリを見つけた
日本人は、巣穴を探し始めた
アメリカ人は、自慢げに右足で踏みつぶした
イギリス人は、アリの列に水をかけた
フランス人は、皿に飴を乗せてやった
イタリア人は、青い服の女に愛をささやいた
ドイツ人は、飴を捨てたのは誰だ?と叫んだ
ロシア人は、サボってるアリを見つけて箱の中に入れた
ブラジル人は、飴玉でサッカーを始めた
インド人は、アリの数を数え始めた
中国人は、アリを潰し始めた
ケニア人は、アリを食べ始めた
韓国人は、飴玉を自分のものだと主張した

#金満大国日本
とある日本人商社マンが、アメリカの画廊にやってきた
商社マンは次から次へと高額の絵を買い漁り、青くなっている画廊の店主に
きっちりキャッシュで支払いを済ませ、こうつぶやいた
「・・・よし、クリスマスカードはこれぐらいでいいか。次は年賀状だな」

#そこに着目したのか
先生「油は燃料として用いられる他に、減摩剤としても用いられますね?」
生徒「先生!減摩剤とは何ですか?」
先生「貴方はもっと勉強を頑張るべきね。摩擦を少なくする物質のことですよ。」
生徒「でも・・・。」
先生「でも・・・?」
生徒「国際間の摩擦は、油の所為でよく起こりますが・・・?」

#就職難
メキシコ人が職業安定所にやってきて、彼はまっすぐカウンターに向かった
「仕事が欲しいんだ」
担当官は頷いた
「ちょうどいいときに来たな。いま金持ちのオヤジから娘を守る屈強な運転手兼ボディーガードの募集がある。
娘は結構イケてるらしいぞ。でかい黒ベンツを運転するんだ。制服のスーツは全て支給される。
長時間勤務になるからな、食事もつくぞ。娘の休暇に海外にもつれてってやらなきゃならん。年俸は20万ドルだ」
それを聞いてメキシコ人は言った。「おい、からかってるのか?」
担当官は肩をすくめて言った。
「おまえが始めたんじゃないか」

#いつ起きるんだ?
ジムがバーに飛び込んできた
「マスター!一騒動起きる前にバーボンをダブルでくれ!」
「で?」マスターはグラスを差し出しながら聞いた
「騒動ってのはいつ起きるんだ?」
「今からだ」ジムはグラスを空けて言った
「実は懐に一セントも持っていないんだ」

#大都会
Q.青森は大都会である。それを証明せよ
A.青森人「アップルストアならそこらじゅうにある」

#その通りじゃないか
「韓国人は怒りやすい」と書いた新聞社に、韓国人から抗議の手紙が来た。
「ふざけるな! 我々は怒りやすくなんかない!」

「日本人は言いたいことをはっきり言わない」と書いた新聞社に、日本人から抗議の手紙が来た。
「先日の御社の新聞に掲載された『日本人は言いたいことをはっきり言わない』という記事ですが、
この記事は虚偽の情報に元づいた根事実無根の内容であり、当方としても大変困惑しております。
つきましては記事の訂正と謝罪記事の掲載をご検討いただきたく思います。
貴社編集部の御賢察をどうぞよろしくお願い申し上げます。」


インドの環境美化団体が行っている、立ち小便撲滅対策が容赦ない。
立ち小便をしているところを団体に発見されると、放水をされる。
団体は、立ち小便の根絶を目的にしている。


今日は所用があり奥様と栃木に出没です。
今日は暑いので蕎麦と、夫婦の思いは一致しました。
蕎麦と言えば栃木で一番美味しいここでしょう。
今日のお店は、そば処「大倉」さんです。

住所: 栃木県上都賀郡西方町大字真名子597−1
電話:0282-92-2516
定休日:木曜日

IMG_1303
お店の外観です。

IMG_1310
店内の雰囲気です。

IMG_1311
お店の紹介です。
へえ〜ここのご主人、昔はビジネスマンだったのですね。
悪い意味ではなく、まったくそのように見えませんでした。
といいますのも蕎麦職人のオーラが絶えず出まくっているものですから。

IMG_1301

IMG_1302
メニューです。

今日のオーダー
私は「もつ煮込みそばセット」@900円
奥様は「冷やしとろろ+もつ煮込み」@800+@400=1,200円
です。

IMG_1307
今日は家族客が目白押しで店内は超満員です。
待つこと30分で奥様の煮込みが到着です。
このお店、美味しいものは色々ありますが、煮込みは特に美味しいのです。
もつそのものにパンチがありかつ肉が良く掃除されているために一切の夾雑物がありません。
従いましてもつそのものの美味しさが楽しめます。
噛みしめるたびにもつの滋養が口内に広がっていきます。
これは一食抜いても是非お試しください。

IMG_1305

IMG_1306
待つこと40分で私の「もつ煮込みそばセット」の到着です。
見た目こんもりしています。
もつは先ほどコメしていますので割愛させていただきます。
従いまして蕎麦を紹介します。
蕎麦はうす黒い色で粒粒が微かに入っている田舎蕎麦です。
そばを口いっぱいにほおばり、噛みしだく快感、はてしなく続く草原のような香りはさわやかな気分にさせてくれます。加えて咽越しのツルンとした感触は蕎麦好きならたまりません。
今日は特に冷水での洗いが良くされていてその清涼感は真夏の早朝の高原を想起させます。
とても美味しいです。

IMG_1308
待つこと41分で「冷やしとろろ」の到着です。
見た目とある夏休みの一日です。トマトの赤が目に鮮やかに映ります。
これはとろろ勝ちです。
地のものを使っているようで、とろろの味が深いのです。
とろろって本来はこういう味だったのだと、都会人ならどなたでも腹オチするでしょう。

今日は超混雑していましたので空きっ腹との根くらべでした。
しか〜しここの蕎麦はそこまでしても食べる価値があります。
お近くに来た際は、お立ちよりください。

それでは(^_-)

西方町 そば処「大倉」 リターンズ

今日は「鬼平江戸処」です。
今、サービスエリア&パーキングエリアが楽しいのです。
NEXCO東日本は、東北自動車道(上り線)羽生パーキングエリア(PA)に、「鬼平江戸処」をさる12月19日午前10時にオープンさせました。
このプロジェクトは、時代小説「鬼平犯科帳」の作者・故池波正太郎氏の生誕90周年にあたり実現を目指すもので、小説の主人公である鬼平こと長谷川平蔵宣以(のぶため)が生まれた1745年から、江戸の町人文化が隆盛を極めた文化・文政年間(1804年〜1829年)に焦点をあて、建物から小物に至るまで、“本物”にこだわった江戸の空気感あふれる空間を演出しているのです。
食事処(フードコート)では、江戸の味を今に伝える老舗や名店の味はもちろん、江戸の庶民に親しまれた食材を使った丼ぶり、串ものなど、鬼平犯科帳に登場する軍鶏料理屋「五鉄」を再現した飲食スペースが楽しめます。
また、両国広小路のにぎわいを演出した一角にある売店では、江戸を感じさせる数々の土産を取りそろえています。
従業員の所作やどこからか聞こえてくる物売りの声などの演出にも江戸のエッセンスを散りばめており、あたかも江戸時代にタイムスリップしたような体験ができますよ。

しか〜し羽生PAはよく立ち寄りますが、まさか江戸の街並みが出現するとは驚きを禁じ得ません。
江戸の街なので私の大好きな珈琲が飲めるお店はありません。
今回羽生PAに「江戸処」ができたのは、羽生PAの側にある栗橋には、江戸時代、栗橋関所があり、江戸の入口として「入り鉄砲に出女」を厳しく取り締まっていました。
そこで羽生PA(上り線)を東京すなわち江戸への入り口として見たて、古き江戸時代へのタイムスリップを実現したのです。

ここから後は画像でお楽しみください。

鬼平江戸処の外観です。
IMG_8924

IMG_8904

IMG_8907

IMG_8908

IMG_8909


店内の雰囲気です。
IMG_8906

IMG_8690

IMG_8692

IMG_8693


お店の案内です。
江戸処


舟橋屋さんです。
すごい行列ですので店員さんも気合が入っています。
IMG_8915

IMG_8919


折角ですので、あんみつ@420円と心太(ところてん)@396円を求めました。
舟橋屋さんの黄金コンビです。
この黄金コンビがあるからこのようなお店を「甘辛屋」さんというのです。
味ですか、いずれも鉄板で外れなしです。
個人的には心太(ところてん)に座布団一枚です、キッパリ!
IMG_8916

IMG_8917

IMG_8918



IMG_8889
今日は義理の弟の見舞いに栃木に出没です。

IMG_8888
しか〜し何ですかねこのロケットは?
とても気になったのでパチリしましたが、帰宅してからnetで調べてみましたがわかりせんでした。
なんかのmonumentなのでせうか?

今日のお店は多分栃木で一番美味しいお蕎麦屋さんです。
今日のお店は、そば処「大倉」さんです。

住所: 栃木県上都賀郡西方町大字真名子597−1
電話:0282-92-2516
定休日:木曜日

IMG_8890
お店の外観です。

IMG_8897
店内の雰囲気です。

IMG_8893

IMG_8895
メニューです。

今日のオーダー
私は「かけ」@600円
奥様は「ちたけ」@1,000円
二人でshareした「とりから揚げ」@500円あんど「もつ煮」@400円です。

IMG_8898
待つこと7分で「もつ煮」の到着です。
ここの煮込み絶品です。
もつがすごく柔らかいのです。
加えて味噌の味付けが絶妙です。
東京でもここまでの味をだせる店は少ないでしょう。

IMG_8899
待つこと11分で「とりから揚げ」の到着です。
見るからに美味しそうな揚がり方です。
これまた肉がジューシー且つふわふわです。
油切れもよいのでするすると胃の中に吸い込まれていきます。
ここの揚げ場の方はかなりのレベルです。
美味しいです。

IMG_8900

IMG_8901
待つこと12分で「かけ」の到着です。
蕎麦はうす黒い色で粒粒が微かに入っている田舎蕎麦です。
蕎麦を一口入れて歯噛みしてみると、それほどコシの強さは感じられないものの、咽越しはツルンとしており美味しくいただけます。
今日は冷水での洗いが良くされていて清涼感抜群です。
蕎麦の味が際立っています。
いけますね、とても美味しいです。

IMG_8902

IMG_8903
待つこと12分で「ちたけ」の到着です。
ちたけとは夏きのこの一種です。
もともと生をさくと乳白色の汁が出ることから乳たけ(ちちたけ)と呼ばれていたようです。
八溝山地から福島県にかけて珍重され時には松茸より高値がつくこともあります。
風味豊かなだしがとれ、うどん・そばどちらとの相性も抜群です。
味ですか、ちたけの風味がそばによくあい深みがあります、美味しいですね。
ちなみにちたけを食べる方は栃木県民と福島県民の方だけです。
したがいまして、この夏きのこの存在を知っている方がいれば、いずれかの県の出自でしょう。

全て美味しゅうございました。
また来ます、ご馳走様でした

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ