下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

すばや

小川町 すばや リターンズ

今日は「40年物の穴」です。
おばあちゃん
父方の祖母が亡くなって40年近くなります。
私にとって祖母はとても優しいおばあちゃんでした。
弟が母のお腹にいる時には母の代理で私の幼稚園の遠足に行ってもらいました。
周りの父兄に分け隔てなく気配りをしていたのですごく評判がよく、皆から、おばあちゃんに来てもらってよかったね、と言われ鼻高々だったのです。

足腰が丈夫な時は不定期に田舎からわが家に遊びに来ていました。
家の中では「暴れん坊将軍」状態の父が借りてきた猫みたいに大人しくなり、夜になれば日本酒好きのおばあちゃんのお燗番をして、ご機嫌をとっていたのが子供心に笑えました。
たまらないのは母です。
気の強い祖母のご機嫌をそこねてはいけないということで、山海の珍味を用意したり、特上の寿司をとったり、まさに獅子奮迅の働きをしていました。
ちなみに特上の寿司を食べたのはこの時が始めてです。
マグロが普段食べているのとまったく違うし、アワビの載った寿司の存在もこの時はじめて知りました。
祖母が帰ると母が気苦労による疲労で必ず寝込んでいました。

人間は誰しも人生の終止符をうたねばなりません。
祖母の場合はその端緒がしゃっくりでした。
最初は不定期なしゃっくりでしたが、慢性化してきました。
その為に安眠ができず、健康状態が悪化していきました。
たまらないのは「おばあちゃん子」の父です。
毎週金曜日の夜から実家に戻っては、つきっきりで寝ずの看病をしていました。
私も数回見舞いにいきました。
正直に申せば「生き地獄」を見る事になりました。
そもそもしゃっくりは人間が母親の胎内にいる時に羊水が間違って咽頭に入った時に吐き出す反射行為です。
従いまして幼児の時はその残滓でしゃっくりがでますが、長じれば誤咽等は大脳で管理しますのであまりでないのです。そんな希な反射行為が止まらないのです。
とてもとても苦しいのです。
気の強い祖母でも耐えられなかったみたいです。
時おり、枕元にいた父に「もういいから楽にしてくれ」と苦しそうな声で頼んでいました。
父は「すぐによいお医者さんを連れてくるから、そんなことを言わないでくれよ・・・」と半泣き状態でその度に慰めていました。
当時金満家だった父は自分の持っている財力と人脈を駆使して、事もあろうに順天堂大学の先生に多額の診察料を引き換えにして実家まで往診をしてもらいました。
順天堂から実家までは50kmもありますので、今ではありえない話であります。
折角の名医の診察ではありますが、当時の医学では原因は突き止められず、昼は点滴と精神安定剤、夜は睡眠薬を処方してしゃっくりの頻度を抑えましたが根治療法ではありません。
その後、祖母は薬石効なく体力の低下から肺炎を併発し、天に召されたのです。

爾来、私もしゃっくりで死ぬのかなと思っていました。
ちなみに私は母系の血筋が濃厚なのでその確率は少ないとは思いましたが、そうは言いながら遺伝ですので十分にあり得る話であります。
ところが今回偶然にも祖母のしゃっくりの病名がわかりました。
それは「延髄外側(えんずいがいそく)症候群」でした。
脳幹障害の一つで、延髄の外側の血管が詰まる事で脳梗塞の発症を引き起こすものです。
それにより延髄網様体はしゃっくりを起こす信号を横隔膜と声帯に送り、しゃっくりを止まらなくしていたのです。
処方としては抗血小板剤を投与して、血小板の凝集を阻害することで、主に白色血栓を作らないようにする事に加えて喉のリハビリです。
しか〜しこれはMRで微細な脳梗塞を探さしてその症状を引き起こしている事を立証しなければなりません。
通常ならその脳梗塞は発見されません。
これは砂浜に落としたコンタクトレンズをむやみやたら探すようなもので、落とした場所を特定しないと探せないのと同じことです。
という事で、私の「40年物の穴」は開いたのです。
もし私が祖母と同じ疾病になっても現代の医学では寛解するのであります。
しか〜しMRすらないその当時の医学では祖母の症例は治療できなかったのでした。
最後は苦しまなく旅立たれたのが孫としての救いです。
合掌・・・


マネしちゃダメですよ(笑)



今日は銀座に奥様とお出かけです。
IMG_9778

IMG_9777
その前にランチです。
たまには体に優しいものを食べようということで向かった先は、沖縄×東京、沖縄の優しさを伝えること、この二つをメインテーマにしたお店は沖縄料理の名店「すばや」さんです。

住所: 千代田区神田小川町2-8サニーセントラルビル1F
電話番号:03−3233−0978
定休日:不定休

IMG_9776
お店の外観です。

IMG_9768
店内の雰囲気です。

メニューです。

今日のオーダー
私「ソーキそば」@790円
奥様「まいにち定食(ゴーヤチャンプル、ゆし豆腐、油みそ、琉球紅芋)」@930円
です。

待つこと5分で「ソーキそば」の到着です。
IMG_9770
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
うん麺はコシがあって美味しいです。
武蔵野うどんみたいな質感でまさに小麦粉です。
スープは肉系と魚系をブレンドしたスープで独特のコクを表現するのが沖縄そばの特徴です。
しかも豚骨スープのように白濁させず澄んだサッパリ感を出していますのでこれまた美味しであります。
IMG_9771
特筆するのはよく煮込まれたソーキ(排骨)です。
これまた美味しであります。
赤いほっぺの紅生姜も高評価です。
個人的には私の満足指数は極大化しました。

IMG_9772
数秒の時間差で「まいにち定食(ゴーヤチャンプル、ゆし豆腐、油みそ、琉球紅芋)」の到着です。
見た目こんもりしています。

IMG_9773
それでは実食です。
苦味がすくないゴーヤチャンプルは好き好きでしょう。
まあ奥様が選んだものですから・・・

IMG_9774
ゆし豆腐はふわふわしていて美味しいです。
スープも美味しです。
意外な伏兵が「油みそ」と「琉球紅芋」です。
なかなかの味わいです。

奥様も私も満足のランチでした。
やるな沖縄料理であります。

それでは(^_-)

続 小川町 すばや

今日は「サラリーマン川柳」の話です。
川柳
「いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦」。第一生命保険が23日に発表した「第26回サラリーマン川柳コンクール」の人気投票結果で「いい夫婦」と2度も盛り込みながら、夫婦のつながりの変化を皮肉った句が、最多の4563票を集めて1位に輝いた。 
第一生命は「結婚当初の良き時代を惜しむ心情が共感を得たのではないか」としている。2位と3位は、職場の人間ドラマを、時代を映したユーモアたっぷりに詠み、人気を集めた。
第一生命は2月に発表した優秀作品100句を対象にインターネットなどで人気投票を実施。約13万票を集計し、ベストテンが決まった。

【サラリーマン川柳人気投票】
◆1.「いい夫婦 今じゃとうでも いい夫婦」
◆2.『電話口 「何様ですか?」と 聞く新人』 
◆3.『「辞めてやる!」会社にいいね!と返される』
◆4.「風呂にいた ムカデ叩(たた)けば ツケマツゲ」
◆5.「ダルビッシュ 一球だけで 我が月給」
◆6.「スッピンで プールに入り 子が迷子」
◆7.「人生に カーナビあれば 楽なのに」
◆8.「すぐ切れる 妻よ見習え LED」
◆9.「ワイルドな 妻を持つ俺 女々しくて」
◆10.「何かをね 忘れたことは 覚えている」
日本経済新聞「社会面」より転載

今年で26回目になるというからすっかり定着した「サラリーマン川柳」のベスト10がきまりました。
栄えある今年の一位は、「いい夫婦 今じゃとうでも いい夫婦」でした。
個人的には「何かをね 忘れたことは 覚えている」この川柳の評価が高いですね。
驚いたのは、「ダルビッシュ 一球だけで 我が月給」でした。
ダルビッシュ投手は年俸が日本円で約4億5000万円、投球数が3,000球なので、1球投げると14万円だそうですよ。
これは聞かないほうがよかったかもしれません(笑)
プラ〜ス『電話口 「何様ですか?」と 聞く新人』ですね、これは本人としては丁寧に言ったつもりなのでしょうが、どこかの会社の新入社員に実在しているかもしれませんね(笑)
天の邪鬼に聞こえたら嫌なのですが、「人生に カーナビあれば 楽なのに」ですが、この川柳はあまり笑えないのです。なぜかと申せば私の自論からすれば、人生は一寸先が闇だから面白いのです。
言い換えれば、人間は長期と須臾(しゅゆ)を操る事ができるから面白いのです。
カーナビのようなもので人生がcontrolされるのであれば、それは人間自らがrobot化するのと同じことです。
いわゆる人間放擲行為です。
長い人生行路において紆余曲折があり苦労された方は、人生の分岐においてもしカーナビのようなものがあればどれほど苦しまなかったのにという意味でこの川柳を詠まれたのは分かっていますが。
少しつぶやいてみただけです・・・

腹の立つことばかりが多い世の中だけに、まあそれを笑い飛ばして溜飲を下げるというのは精神衛生の面では宜しいのかもしれませんね・・・


GW中はさぞかし大混雑しているだろう東京ディズニーシー。
きっと混んでるよなーっと予想できちゃうディズニーシー。
そんな入場客への配慮もあって、場内には清掃員を装ったファン・カストーディアル(通称ファンカストさん)が存在する。
場内を掃除しているように見せかけて、パントマイムやちょっとしたマジックを突如演じ、入場客に笑いと憩いを与えている。
今や有名な話なので、みんな知っていると思うけど、GW中、どこにもいけないというおともだちは、この映像を見ていった気分だけでも味わってみるといいかもしれないんだ。特にこのおにいさんがいい味だしているんだそうだ。いい味だしすぎてて、入場してからずっとおっかけをしている人も存在するらしい



今日は小川町に出没です。
体に優しいものを食べようい考えていました。
今日のお店は沖縄×東京、そしてお店のテーマは「沖縄の優しさを伝える」こと、そのお店の屋号は沖縄料理の名店「すばや」さんです。

住所: 千代田区神田小川町2-8サニーセントラルビル1F
電話番号:03−3233−0978
定休日:不定休

IMG_5451

IMG_5527
お店の外観です。

IMG_5452
「すばや」の「こだわり」です。

IMG_5450
メニューです。

本日のオーダー「日替わり・おすすめ定食(ちゃんぷる〜・汁物・雑穀米・クーブイリチー)」@880円です。
このお店は5年ぶりの再訪です。
お店の外観も変わっていますし、店内もきれいになっていますね。
月日の移ろいを感じます。

IMG_5453
待つこと6分で「おすすめ定食」の到着です。
見た目鮮や沖縄料理です。
料理とメニュー内容が違うような・・・
クーブイリチー(昆布の炒め物)はなく、ちゃんぷる〜とソーキそばではないでしょうか?
メニューを見直すと“例えば”って書いてありましたのでOKです。

IMG_5454
味ですか美味しいですね。
特にソーキそばは秀逸です。
よく煮込まれたソーキ(排骨)はとても美味しくできています。

IMG_5455
チャンプルはあまり感動しなかったのですがまずまずの味です。
全般的に清潔感あふれたもてなしに好感がもてます。

IMG_5460
レジで会計しましたら、「ちんすこう」を頂きました。
ありがとうございます。

それでは(^_-)

神田小川町 すばや

今日は「北海道は甘い」の話です。
道産子の奥さんを持つ部下と「北海道は甘い」の話をしていました。

コロッケ甘いは当たり前、トマトに砂糖も当たり前、そしてぶっ飛んだのはなな何と西瓜に砂糖は当たり前、いくらなんでもこれはありえないだろうと反駁しました。
そうしたら××さん(私のこと)は苺に砂糖はかけないのですかと切替されました。
私はお赤飯に砂糖は許せても、西瓜に砂糖は許せないな〜

今日のお店は小川町「すばや」です。
住所: 千代田区神田小川町2-8サニーセントラルビル1F
電話番号:03−3233−0978

このお店沖縄料理と泡盛の店で、昼はソーキそば専門店です。
獲物は「ソーキそば+ジューシー(沖縄風まぜご飯)+にんじんしゃりしゃり」@840です。
まずはソーキそばですが、肉系と魚系をブレンドしたスープで独特のコクを表現するのが沖縄そばの特徴です。しかも豚骨スープのように白濁させず澄んだサッパリ感を出すのがポイントです。



味ですかマズマズですかね、サッパリ感はあったもののコクはあまり感じませんでした。
しかし麺はあっさりとしながら腰があって結構でした。

そしてにんじんしゃりしゃりです。



これはにんじんのスライスをサラダ油で炒め、ツナとダシの素をいれ軽く炒め合わせ溶き卵を入れふんわりと火を通します。味を見て、塩、コショウで調えますと書いてはいるものの実は食べたことがありません。
最初その存在に気付かず、さつまいものサラダなのかと思っていました。しかしメニューを見るとにんじんしゃりしゃりだったのです(感激)
味ですか結構甘いですね、時折感じるツナの食感がこの料理のアクセントになっています。
初めての体験は美味しかったナということでした。

道産子はこのにんじんしゃりしゃりに砂糖をかけて・・・食べません(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ