下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

しのぶ庭

続 芦原温泉 しのぶ庭

今日は「Pearly Shells」です
今は昔の話です。
私の勤めている会社は英語が必須なのですがその当時はTOEIC試験もなくなぜか英語が話せなくても入社できてしまったのです。
特に営業はほとんどが体育会出身者でして、といっても難関大学の体育会なので精神面は超硬派なのですが、技量面では対した事はありません。

私の大学は皆泳を旨としており、50M以上泳げない学生の夏季体育講習は水泳を選択しなければなりません。
それが以外の学生は自分の得意の体育授業を選択しておけばよかったのです。
maxresdefault
私は6年間剣道をやっていたので必然的に剣道を選択しました。
そしてその講習は大学の剣道部の二本目(準レギュラー)がその指導に当たったのでした。
そして講習の最後の地稽古なのですが、私は全員に勝ってしまったのです。
まぐれですが都大会ベスト16位になってもおりますので、勝利する可能性はあるにしても、全勝は噴飯物であります。そして講習後、指導してくれた先輩諸氏から「是非入部を」の依頼を受けたのですが、すでに私の心は剣道より軟派道に遷移しており鄭重にお断りしたのは言うまでもありません。
このようなものです。スポーツ立国大学以外のレベルは・・・
閑話休題
当時の当社は英語のできない人間は海外転勤させて、その体育会で鍛えた体力で英語習得をさせるというベタな方法が奏功していたのでした。今みたいにTOEIC720点以上が海外勤務条件であるというのではありませんでした。

話は変わります。
私の入社時の部長は早稲田大学建築学科卒業なのですが、このお方は建築の勉強はほとんどしておらず、在学時代はハワイアンのバンドにうつつを抜かしていました。
そしてそのバンド活動を維持するために、英語が得意な事から在日米兵に秋波を送るヨコシマな女性のラブレターの代筆とか、基地内の建築現場の通訳などに勤(いそ)しんでいました。
通訳の時の感動した逸話があります。
それは、ある現場で水がでなくなり、現場の人間が原因調査をした結果、水道管内に異物が詰まっていることがわかりました。
ところが現場の人間のつたない英語ではそれをうまく訳せなく、ああ言えばいい、とか、こういえば言い、とか侃々諤々の議論で沸騰したのです。
そして下した結論が、早稲田のあんちゃんを呼ぼう、という事にあいなったのです。
そしておっとり刀でくだんのあんちゃんがやって来て、状況を確認してから米軍に説明に出向きました。
そして通訳した言葉は「something in pipe」だったのです。
米兵は、そうか、ということで水道管の交換を命じたのでした。
私はこの話を聞いていたく感動したのです。
そして英語をしっかりと勉強しようとしたのでした。
社内の英語研修も積極的に受講するようになり、それとその当時に並行して進んでいた奥様との結婚も具体的になっており、その二人が選んだハネムーンの地はハワイだったのです。
実はハワイの地が私の英語デビューだったのです。
奥様は英語がしゃべれないので分らないとは言いながらも、私の話す英語はたどたどしいもので今この様に思い返しますと赤面の至りではありますが、上述の理由から奥様からは、私の英語能力を尊敬していたのです。
マジです・・・

くだんの早稲田のあんちゃん事元上司はお酒が大好きで、酔うと自分の行きつけのハワイアンクラブに行き、自らもスチールギターで演奏してお店のライブを盛り上げていました。
そして元上司が良く歌われた曲がこの曲です。
日野てる子さんのカバー曲です。
私もたまにカラオケで歌います。
宜しかったら聞いてみてください。
ということで今日のフリネタは私の若かりし頃の思い出でした。



今日は福井に出没です。
IMG_3628

IMG_3627

IMG_3629
正しくは芦原温泉です。
芦原温泉といえばこのお店しかありえません。
今日のお店は「しのぶ庭」さんです。

住所: 福井県あわら市春宮1-8-13
電話:077-673-0006
定休日:日曜日

IMG_3631
お店の外観です。

IMG_3643

IMG_3642
店内の雰囲気です。

IMG_3633
メニューです。

今日のオーダー「しのぶ庭御膳」@1,780円です。
待つこと9分で「しのぶ庭御膳」の到着です。
IMG_3636
見た目豪華です。
「しのぶ庭御膳」は、刺身、天麩羅、さばの味噌煮、越前そばで構成されています。
この様に何から食べようかという「悩み」は幸せです。

最初に選んだのは刺身です。
IMG_3641
刺身は、はまち、海老、まぐろ、あじ、ホタルいか、サーモンです。
うんこれはすべて美味しいですね。
特に海老はほっぺが落ちそうでした。

次は天麩羅です。
IMG_3638
天麩羅は、白身フライ、かき揚です。
白身フライは衣が硬くて私の好みではありませんがかき揚はふんわりと揚がっていて美味しいです。

そしてさばの味噌煮です。
IMG_3640
これは上品に炊かれた味噌煮です。
味もくどくなく身もほっこりしていてご機嫌に仕上がっています。
完成度の高い味です。

締めは越前そばです。
IMG_3637
越前そば辛みのあるおろし大根がさっぱりした感を際だたせています。
うん、これはレベルが高いですね。
美味しいです。

IMG_3639
副菜の豆の煮物もおいしいし、椀物も良い出汁が取られており結構な味でした。
少し財布には厳しいものの、たまには贅沢しないといけません。
大満足なランチでした。

それでは(^_-)

芦原温泉 しのぶ庭

今日は「気が合う人」です。
気の合う人
相手の話を聞いいているのが好きという女性もいますが、それも程度によります。
結婚生活が順風満帆なときはそれでもいいでしょうが、女性に悩みがあったとき、男性の仕事がうまくいかなくなったとき、お互いに「話」ができないと、これを乗り切っていくのがとても難しくなります。
相手に「聞く耳」がなければ、コミュニケーションは成立しません。
「夫婦なら黙っていてもわかる」「以心伝心」と日本人はよく言いますが、これは基本的な部分で「気が合う」、つまり日常的にコミュニケーションをきちんととったうえで、初めて意味のある話です。
日本人の男性は、結婚したとたんに「釣った魚にエサをやらない」タイプが多く、感謝の気持ちや相手ヘの思いを、形にしたり口に出さなくなったりすることが多いです。
仕事の話を家庭でしないというのをいいことだと信じて「信条」にしている男性もたくさんいます。
男性は言語コミュニケーションが不得意でもいいと甘える人もいます。
男性にも個性がありますから、いきなりそれを全部変えろと言ってもなかなか難しいのですが、最低限「気が合う」ことは何より大事です。
気が合うということは、「雑談」も「相談」もできるということです。
毎日、丁々発止議論を繰り広げていてはお互いにぐったりしてしまうでしょうが、特に用事がなくてもゆるやかに雑談ができる、相手の話をいちいち突っかからないで何気なく聞いていることができるかどうかは、「気の合う」ことのひとつの基準です。
コミュニケーションというのは、なんでもかんでも思ったことをお互いがしゃべり合ううということではありません。
「愛している」と毎日言ってもらわないと気がすまない、1時間おきにメールをくれないとイヤ、メールには5分以内で返信してもらわないとダメというのが、「コミュニケーション」ではありません。
気が合うというのは、相手を束縛することではなく、束縛せずに気持ちがわかり、さらに相手の欠点を許せるという関係を築くための「基礎」だと思います。
「幸せの作法」坂東眞理子著より転載
「気が合う人」ですか・・・
とても大事ですね。
最近家庭内別居みたいな同級生が増えています。
要はホテル夫婦です。普段は夫婦それぞれが自分の部屋で生活を完結させて、食事の時のみリビングに現れるのです。そういう意味でいえば、私の子供もそのようなふるまいですが、挨拶はきちんとしていますし、食後の歓談には加わっていますのでまぁそれも有りかなと思っています。
しか〜し夫婦がホテル夫婦とはおかしいでしょう。
私の会社の部下などはホテル夫婦の関係がさらに突き抜けて会話なし状態になっています。
お互いに必要なことがおきたらmailでやりとりしているようです。
如何なものでしょうか?
私は家で仕事をしている時以外はどんなに疲れても極力奥様のつぶやきには耳を傾けています。
最近は朝ドラをみているみたいな感じになっており、それなりに楽しんでいます

ところで女性は一日に約6,000語を喋らないと(FaceBookとかmailも含めて)眠れないそうです。
性質(たち)の悪い事に共感してもらわないとストレスが発散できないそうです。
共感してもらう会話でストレスを発散するのでオチが不要なのです。
オチなんかあったら6,000語も喋れないからです。
従いましていきおい非論理的な話になってしまうのです。
例えば、今日転びそうで転ばなかった話とかを平気でします。
一方、男性は目的のない会話を聞き続けると免疫力が下がるのです。
男性の脳は空間認知力が発達しています。
長らく狩りをしてきた為、危険を察知する空間認知の領域が常に働くようになっているのです。
したがいまして「話の目的はなんなのか」「今はどのポイントを話しているのか」が気になってしまい、とりとめのない話につきあうと疲れてしまうのですね。

今日のフリネタはとても良い話でしょう。
女性のオチのない話は、一日に約6,000語を喋らないと眠れないからなのだという事が分かっただけでもとても参考になったと思います。ということで夫婦がともに健やかに成長且つ発展するために、男性は女性の話に極力耳を傾けなければならないのです。
各々方、努々(ゆめゆめ)にも奥方の話にオチを求めてはなりませぬぞ!であります。
そうはいいながら、真剣に聞こうとすればするほど、その話の目的(なぜその話をしているのか等)を求めてしまう慣らいが男性にはあります。
このフリネタを読んだ限り、今日を境にその慣らいは漬物の樽の底にでもしまい込んでおきましょう。
これが正しい日本の夫(おのこ)であります


人間ってすごい!



IMG_6469

IMG_6468

IMG_6466

IMG_6467
今日は桜の香りがむせ返るような福井に出没です。
ちなみに当地にお邪魔したのは4月8日です。
日本は広いですね・・・

IMG_6474
北陸新幹線に接続する急行を待つ間に福井駅をぶらぶらしていましたらFBCさんの「おじゃまテレビ」の街頭撮影をしていました。
東海佳奈子さんキレイですね・・・
ちなみに福井は美女県だそうです。

IMG_6461

IMG_6460
というこことで今日のlunchは芦原温泉です。
様子の宜しいお店をロックオンしました。
今日のお店は「しのぶ庭」さんです。

住所: 福井県あわら市春宮1-8-13
電話:077-673-0006
定休日:日曜日

IMG_6451
お店の外観です。

IMG_6454

IMG_6456
店内の雰囲気です。

IMG_6453
メニューです。

IMG_6457
今日のオーダー「さばの味噌煮定食」950円です。
待つこと5分で「さばの味噌煮定食」の到着です。
個人的には「さばの味噌」の上に乗っている真紅の紅生姜が好印象です。

しか〜し家族経営なのでしょうか、女将さんのコピーとおぼしき方、即ち女将さんにクリソツなスタッフばかりで驚きました。

IMG_6458
それでは実食です。
継ぎ足してきた味噌ダレは美味しいです。
しいていえばもう少し温めて出してほしかったですね。
で〜もほくほくと炊かれた「さばの味噌」はなかなかのお味でした。
おでんは想像を超えた美味しさでした。
味ですか、総じて結構でした。

まれ
食後時間がありましたので珈琲を頼んでNHKの朝ドラ「まれ」を見ていました。
ところがこのTVを見ていたのは私だけでした。
福井は「まれ」の地元ではないのでしょうか・・・
その後取引先に会ったのでその不可思議さを聞きましたら、当ドラマのロケ地輪島は福井とは同じ文化圏ではないようで、単に北陸だからと括られてもね、とおっしゃられていました。なるほどなるほど・・・
個人的には前作「マッサン」より「まれ」の方が私の感性に合っています。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ