今日は「幕末美系志士伝」の話です。 
幕末美系といえば沖田総司さんですが、彼の美系伝説はmediaの創作のようです。
現在残っている沖田総司さんの肖像画は、総司さんの姉のミツさんが孫・要氏を「総司にどこか似ている」と称したことから、昭和4年(1929年)に書かれたものです。
この肖像画に描かれている総司さんは美男子というよりは、どちらかというとまさに魚(さかな)顔で悪いことはしない人だろうなという印象でした。
八木家の者や新選組に関わった人物の証言では、「総司は美青年であった」とは書き残してはおらず、容姿に関する記述としては、「ヒラメ顔で笑うと愛嬌があり色黒」「肩の張り上がった」「猫背」「長身」と書かれたものが残っています。
ということで今回のrankingから外しております。

中岡慎太郎
私の評価として栄えある美系1位は「中岡慎太郎」さんでしょう。
この写真は左部分がちぎれています。隣にいるのは芸者さんだという説があります。
私はいつもこの写真をみて思うのですが、当時の写真は感度が悪いので撮影時間は5〜6分程かかります。その間ズーッとこの顔をkeepしていたのはスゴイですよね。
素封家の出自であるのに気取らず、行動派です。
志士活動の行動履歴をみてもいつも日本中を駆け廻っていました、その移動距離は軍艦で移動していた坂本龍馬さんを凌駕しています、本当ですよ。
いつも冗談をいって女性を笑わせていた中岡さんには好感を持っています。
イイ男ではないでしょうか。

土方歳三
第2位は土方歳三さんです。
私は新撰組時代よりそれ以後の東北・函館での活動の方が好きです。
若い頃は薬売りの営業をしており、その営業成績はとても良かったそうです、勿論女性fanを上手く取り込んだためと言われています。
この画像は死ぬ前のものだそうです。
函館戦争の時、戦争に参戦した姻戚の子を死なせたくなくこの写真を多摩の実家に届けるように言って助けたそうです。
役者顔ですね。

東郷平八郎
第三位は東郷平八郎さんです。
連合艦隊を率いて日本海海戦で当時世界屈指の戦力を誇ったロシア帝国海軍バルチック艦隊を一方的に破って世界の注目を集め、アドミラル・トーゴー(Admiral Togo 、東郷提督)としてその名を広く知られています。芸者さんにとてもモテたらしいです。
現代でも通用するイケメンですね。

木戸孝允
第四位は木戸考允さんです。
ちょっと性格は粘着質で晦渋な言語を駆使したようですが、元は生粋の剣術家です。
脱出の名人としても有名です。
奥さんは元芸妓の幾松さんで、その脱出を幾度となく助けてくれた彼女には生涯頭が上がらなかったようです。
私は鴨川にある幾松さんの寓居にも訪れ、その時代の雰囲気を確認しました。
ちょっと顔が濃いので今の時代の方が人気はあったのではと思います。

信じられない男

信じられない男
ちょっと信じられない男画像ver.1です。
良くやりますよね!

今日は銀座に出没です。
今日のお店は天然地魚貝の店「さかなさま」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-5-10 銀座ファーストファイブビル5F
電話:03-5524-2085  
定休日:無休

IMG_9137
お店の外観です。

IMG_9148
店内の雰囲気です。オサレです。

IMG_9136
メニューです。

今日のオーダー「天然地魚刺身定食」@980円です。
北陸から天然地魚毎日直送で養殖物は一切使わないそうです。
IMG_9147
サイドメニューの岩のりいりトロロです。いきなり美味しいじゃないですか!

IMG_9144

IMG_9145
今日の刺身は、海老、鮪、蛸、鮭、鱸(すずき)、イクラ、真鯛です。
味ですか、美味すぎる、たまらずほっぺたが落ちてしまいました。
お代りOKのアラ汁も秀逸です、多少値段が高い気もしましたが、銀座でこのコスパはうれしい限りです、ご馳走様でした

それでは(^_-)