下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

ごちそうさん

錦糸町 いきなり!ステーキ

今日は「NHK朝ドラ」です。

ほとんどTVは見ないのですがNHKの朝の連続TVドラマは好きでいつの頃からわかりませんがほとんど見ています。個人的には「花子とアン」は好きでした。
「花子とアン」の初回から最終回までの期間平均視聴率が、関東地区で22.6%(関西地区21.6%)だったことが29日、ビデオリサーチの調べで分かったそうですう。
関東地区では、前作「ごちそうさん」や「あまちゃん」「梅ちゃん先生」などを上回り、過去10年間で最高を記録しました。面白かったですものね。
で〜も色々と時代考証を含めて物議を醸したみたいです。
個人的なここがおかしいtop3は以下の通りです。
1.甲府人はあんなに色が黒くない。多くの甲府人が怒っている。
 特に室井滋さんの色の黒さは許せないらしい。(@甲府の安藤家)
2.日本人は座布団の上には立たない。不作法です。(@花子の結婚式)
3.他人の家の訪問者が全員和風玄関の引戸をノックする。あり得ません。
 引戸を開け、玄関の外から「ごめんください」というのが当時の日本の習慣です。(@ほとんどの訪問場面)

脚本家の中園ミホさんが好きでした。
彼女と私は性格が似ているようで色々な場面で「おっしゃる通り」と共感していました。
今回の「マッサン」の脚本家はつかこうへいさんを師匠とする羽原大介さんです。
明日とは、男と女が額に汗して夢を見る熱いまなざしをテーマにしているようです。
まずはその意気込みを以下に紹介します。
ヒロインのモデル「リタ」は、はるかスコツトランドで日本男児と恋に落ち、家族の大反対を押し切って海を渡り、夫の夢を陰に日向に支えながら、懸命に「大和撫子」になろうとがんばりました。
その夫「政孝」は、まだ世間では誰もウイスキーなど飲んだことない時代に、「やがて日本にも必ずウイスキーの時代が来る」と信じ、本場に負けない国産ウイスキーを造る夢を追い続けました。
「国際結婚」と「国産ウイスキー」、時代を間違え、少し早く生まれ過ぎてしまった感のある二人は、共に一途で不器用。純粋さ故に時にぶつかり合い、慰め励まし合いながら、少しずつ本物の夫婦になっていきます。
二人の設定はどこか「つか作品」の登場人物に通じるものがあるかもしれません。
そんな夫婦の七転八倒ぶりを、記録と取材に基づいたエピソードを重ねつつ、大胆なフィクションも交え、笑って泣けるエンターテイメントを目指して紡いでいきたいと思っています。
青い目の大和撫子と、頑固なウイスキーバカの、「国境を超えた壮大な愛の物語」に、どうぞご期待ください。


マッタンの妻 シャーロット・ ケイト・ フォックスさんの演技は好感がもてます。
彼女は既婚なのですね、ちょっと残念(意味不明)です。
いずれにしても「笑って泣けるエンターテイメント」は大大大好きですので、乞うご期待してしまうのです。

このドラマの舞台は北海道は余市です。
ここで先週大学時代の友人と北海道旅行してきた奥様からのトリビアネタです。
余談ですが北海道では「マッサン」はまだ話題にもなっていなかったそうです。
1.リタ(エリー)さんはイカの塩辛が得意料理だった
2.政孝さんの自宅はリタ(エリー)さんの生家に似せて建築した
3.洗面台はリタ(エリー)さんの身長に合せて特注した
4.トイレは洋式にした
5.室内は靴履きで暮らした
6.二人だけの時のcommunicationは英語で行っていた
7.リタ(エリー)さんは「マサタカサン」と発音するのが難しいので「マッサン」と呼んででいた。

P1000645
函館山からの夜景ですが、誰も気がつかないかもしれませんが、私が北海道にいた時より眼下の明かりが減っています。特に中心部です。
函館の人口流出に歯止めがかからなった事の象徴的な画像です。
結果夜景日本一はいまや函館から長崎に変わったようです・・・


IMG_2878
今日は錦糸町に出没です。
めずらしく空腹感がマックスです。
こういう日にはステーキでしょう。
ということで今日のお店は「いきなり!ステーキ」錦糸店さんです。

住所: 東京都墨田区江東橋3-8-12
電話:93-6659-329
定休日:無休

IMG_2877
お店の外観です。

IMG_2876
店内の雰囲気です。

IMG_2871
メニューです。

今日のオーダー「ワイルドステーキ(@300g)」@1,134円です。
このお店は株式会社ペッパーフードサービス(資本金720百万円)さんが経営する、ビジネス街でポピュラーな立ち飲み食いでステーキとワインを楽しむスタイルにより、コストパフォーマンスを追及する的なステーキ屋さんです。

IMG_2874
調味料の面々です。

IMG_2872
待つこと1分でサラダとスープの到着です。
特筆するものはありません。

IMG_2873
待つこと3分で「ワイルドステーキ(@300g)」の到着です。
熱量がすごいですね。

IMG_2875
焼き加減は自分の好みになった時にホットステーキソースをかけて加熱を止めるのです。
炭火焼のために内柔外剛になっていますので中の肉は柔らかいのです。
味ですか、すごく美味しいです。
ガーリックバターとホットステーキソースの相性は最高です。
但〜しこのステーキですが、筋の部分が多いいのです。
さすがにそこは噛みきれません。
時間をかければ噛み切れるのですが、せっかちなのでそこまでしては食べません。
一気に飲み込もうとも思ったのですが、多分喉に肉がつっかえて死ぬなという事が予想できたので敢えてしませんでした。
噛み切れなかった筋の部分が全体の20%位ですか、これでは「コスパ悪し」と言わざるを得ません。
歯と顎の強い方にお奨めのお店です。

それでは(^_-)

岩本町 海味館

今日は「悠太郎の悲劇」です。
ごちそうさん
今週の「ごちそうさん」は、実はテレビドラマの歴史上で画期的なものだといえる。
戦時中の政府や軍による「愚かな政策」によって、空襲における市民の犠牲者が膨大になってしまったという過去の歴史を直視し、空襲における国などの無策をこれほど明確に示したことはテレビドラマではかつてない。

「ごちそうさん」にも紹介されるが、戦時中の市民には「防空義務」というのがあった。空襲時には市民が一丸となって街の火消しに当たれ、というものだ。バケツリレーで水を渡していって消火に努める、というもので、これまでもドラマなどに登場している。
「空襲は恐るるに足りません。防空壕に避難したら、すばやく消火活動にいそしむこと」
これが市民の義務だった。
「ごちそうさん」では、このバケツリレーが本当の空襲では意味がなかったばかりか、数えきれないほどの市民が逃げ遅れる原因になったことを示唆している。

主人公のめ以子(杏)の夫の悠太郎(東出昌大)は、大阪市の防火改修課の課長。
戦時には、建物を「疎開」する作業の責任者だ。「疎開」とは、火災や空襲などでの損害を減らすために、都市に集中する建物や住民を分散すること。
悠太郎がかかわる「疎開」は、建物を減らすことだ。
空襲の際の延焼被害を少しでも減らすため、住宅街に空き地を設けるように邪魔な住宅を「引き倒す」のが彼の仕事だ。
「疎開」に応じない住民に対して、「ならばあなたごと引き倒すまでだ」と言って住宅を破壊する指示を出す悠太郎。
「疎開の鬼」という異名を持つ。
建物を引き倒しても引き倒しても調整が難しく、地元の有力者の家は「疎開」からはずせという指示も来る。

本日2月27日の「ごちそうさん」では、その悠太郎が逮捕されたという知らせが、め以子に届く。
悠太郎は、軍主導の防空演習で実際に火災を発生させて水をかけて防火作業に入るという段階になって燃えているところにガソリンをまく。
「焼夷弾が降ってくるということは空から火が付いたガソリンが降ってくるようなもの。命が惜しかったらとにかく逃げろ。街は人を守るためにある。」
と言いながら。
彼の行為は、防空本部の通達に違反する行為だとしてその場で逮捕されてしまう。
それを知らされた妻のめ以子の言葉がぐっとくる。
「悠太郎さん、何も間違えてないやないですか。正しいことを教えようとしただけやないですか。街の人の命を守ろうとしただけやないですか。捕まらなあかんようなこと何もしてないやなんですか」

悠太郎はなぜ逮捕されたのか。その背景に「防空法」という当時の法律がある。
これを指摘しているのが、早稲田大学法学学術院の水島朝穂教授だ。
憲法改正などの問題について国内外の事情に詳しい憲法学の権威だ。
その水島朝穂教授がまるで「ごちそうさん」の放送のタイミングに合わせるかのように、「防空法」についての本を出版した。
「検証 防空法 空襲下で禁じられた避難 」
法律文化社からの出版だ。
この本を紹介しているサイトで「防空法」と悠太郎の逮捕の関連が記されていて興味深い。
2014年2月第4週の放送で、ついに大事件が発生します。主人公の夫・悠太郎さんが逮捕されてしまうのです。  
逮捕の理由は、「空襲に備える防空訓練で、火を消さずに逃げるよう指示した」というもの。この背景には、昭和16年に改正された「防空法」という法律がありました。  
防空法は、「都市からの退去を禁止する」「空襲のときは逃げずに消火をせよ」という法律です(8条ノ3、8条ノ5)。 悠太郎の発言は、防空法に正面から歯向かうものだったのです。 
今からすれば、市民の命を守るため当然の発言ですが、当時は許されなかったのです。
yahooニュース『「ごちそうさん」で悠太郎の逮捕はなぜ?「爆弾は当たらない」などの宣伝で犠牲者を増やした歴史を直視』より転載

そうですか、悠太郎の逮捕は「防空法」に正面から歯向かうものだったのですか。
良く内容がわかりませんでした。
妻のめ以子が「悠太郎さん、何も間違えてないやないですか。
正しいことを教えようとしただけやないですか。街の人の命を守ろうとしただけやないですか。
捕まらなあかんようなこと何もしてないやなんですか」というようにその通りだったのですね。
この背景を知らなかったので狂気のふるまいかと錯誤してしまいました。

歴史にIFはないのですが今となっては負けるべくして負けた戦争です。
負けた最大の理由ですが、真珠湾攻撃の際、南雲忠一の指揮する機動部隊が、なぜ第二撃の攻撃を行わなかったか、という点にあります。
これはすでにこの作戦が行われる前にも、南雲司令部の参謀である源田実などから提議されていました。
源田は、戦後になって著した回顧録(「真珠湾作戦回顧録」)の序文で、「私の合点できない一つの例は第二撃の問題である」とさえ書いているのですから、よほどの無念であったのでしょう。
第二撃を行うことで、オアフ島港のアメリカ海軍の基地をもっと徹底的に叩けたというのです。
この意見は、実は、戦後になってアメリカ側からも指摘されていますが、具体的には「450万バレルの貯油タンク群を爆破さえしていれば、アメリカ海軍はハワイを基地として使用するのは不可能だった」と分析されていました。 
もうひとつは、やはりアメリカ側からの戦後になっての指摘で「日本軍はあれだけの攻撃をかけたのだから、なぜハワイヘの上陸作戦を強行して、その占領を図らなかったのか。そうすれば、アメリカ海軍としてはアメリカ本土の西海岸を基地とする以外になく、日本軍の作戦は有利に展開しただろう」というのでした。
つまり戦争をどのような状況で収拾するのかという構想がなかったことがこの戦争を敗戦にした最大の要因です。
もっともわかりやすい勝利は、日本軍が連戦連勝でアメリカ本土に上陸してワシントンに攻めいり、この国の中枢を押さえて降伏文書に調印させるということだと思うのです。
だがそんなことはたとえ夢想主義者とて考えることはできなかったでしょう。アメリカ相手では無理です。
要はアメリカが指摘したハワイヘの上陸作戦という発想は、基本的には、このアメリカ本土侵攻の橋頭保といってもいいのですが、いくら真珠湾への急襲が表面上はうまくいったからといって、仮にアメリカの指摘通りハワイヘの上陸作戦を遂行しても、兵站を含めた戦略・戦術がないわけなので途中で空中分解というか瓦解した事でしょう。
やはり負けるべくして負けた戦争だったのです。


IMG_9370
今日は岩本町に出没です。
時計を見ましたら20時半です。
さすがに会社に帰る気もせず何か夕飯でも食べるかという事にしました。
たまには美味しい中華料理でもたべるかとお訪(とな)いをいれましたのは、オフイスビルの屋上にある不可思議な中華料理屋「海味館」さんです。
今日のお店は「海味館」さんです。

住所: 東京都千代田区岩本町1-10-5 TMMビル 9F
電話:050-5796-7892
定休日: 日曜日・祝日

IMG_9363
お店の外観です。

IMG_9362
店内の雰囲気です。

海味館
屋上庭園です。
行ったのが夜でしたのでさすがに画像は撮れませんでした。
昼間はこのような感じです。
なお画像は「めためた坊」さんのものです。

IMG_9364
メニューです。

今日のオーダー「若鶏と五目野菜の四川風炒め」@850円です。
入店しましたらこの広い室内に客はなく店主の小学校くらいの息子さんが客席で宿題をしていました。
ときおり中国人の母親が話す変な日本語をその変な理由を説明しながら直していました。

IMG_9354
客がいない理由ですか、入店の仕方が分らないからでしょう。
まさに普通のオフイスビルですし、怖そうな守衛さんが不審者の入館を厳しくcheckしていますので初見参の方は恐ろしくて入れないからでしょう(笑)
要は「知る人ぞ知る」のお店なのです。

IMG_9360

IMG_9361
待つこと9分で「若鶏と五目野菜の四川風炒め」の到着です。
見た目こんもりしています。
かなりtoo muchですね。
それでは実食です。
鶏肉が柔らかですね、野菜の炒めもクタクタの手前で止めてあります。
辛さは普通にしてもらいましたので、かるいaccentになっています。
味ですか、美味しいです。
このお店は数多く来ていますが、ハズレがありません。
鐡板のお店です。
コスパもよいので、お近くにお越し際はお気軽にお立ち寄りください。

それでは(^_-)

続 神田 THE有頂天酒場

今日は「ポジティブ視点」です。
ごちそうさん
「魚島季節(うおしまどき)の挨拶」。急用ができたからと挨拶まわりに出られなくなった和枝は同行せず、め似子はひとりで鯛を持って挨拶まわりをはじめましたが、どの家に行っても鯛は受け取ってもらえず門前払い。

実は、和枝は、め似子に先駆けて誰にも気づかれぬように、鯛を親戚縁者の各家にすでに送っていたのです。しかも、め似子のことを悪く言う手紙まで添えて。

め似子の用意した鯛は拒絶されて、手元に鯛が残ってしまった上、今度は和枝が密かに贈った鯛のお返しとして、鯛が次々と西門の家に届けられて来たのです。

大量の鯛をめ似子はすべて使い切ろうと、師匠(近藤正臣)に助けを求めに行さました。すると、師匠は一冊の本を貸してくれました。「鯛百珍」という鯛料理の虎の巻です。

ありとあらゆる鯛料理づくりに励むめ似子に、静(宮崎美子)や希子(高畑充希)も面白かって手伝いはしめました。

そうして出来上がった数々の鯛料理を、悠太郎も加わって堪能し、和枝の策略は不発に終わってしまうのでした。
「『ごちそうさん』第七回第42週『たいした始末』」最新エンタメ情報より転載

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」を「あまあちゃん」ロスをいやすために例によって毎日深夜01時頃奥様とみています。
正直に申しまして「ごちそうさん」は「あまちゃん」より面白いのです。

めいこ
当初は単なる大阪嫁いびり物語かと思いきや、そうではありません。
要は「細腕繁盛記」の大阪版ではないのです。
特に今日の放送のようにネガティブ視点をポジティブ視点に変えて見る、視点を変えると違う物が見えてくると言うメッセージは非常に心に染みわたりました。
具体的には今日め以子が言っていたこの件(くだり)です。

これが本当の始末か・・・
美味しく食べる方法はあるのよね。
骨も腸(わた)も人もきっといっしょだよね
骨は食べられないけどいい出汁(だし)がでるし、腸(わた)は扱いにくいけどその分珍味になるし、いやなとこって、見方ひとつっていうか、あつかい方ひとつっていうか、きっとそういう風にすれば楽しいおうちになるのよね。
今日みたいにごはん食べられるのよね。

要は学校教育のように間違えを恐れ、完璧主義で生きることではなく、どうやったら自分の人生を面白くできるかに集中すべきということなのでしょう。
そんな生き方をするためにまず必要なのは、物事を近視的な眼でその表層を見るのをやめることです。
視点の切り替えを行う、換言すれば短所の裏返しは長所になるということなのです。
欠点だけを見つめていては視野狭窄になり、その中おいて二次元的、相対的な価値を考えても人生はエキサイティングになりません。
視点を切り替え俯瞰することにより、短所の中に埋没していた長所を浮き彫りにすることで、問題点が明確になり、その解決の糸口をみつけることができるのです。
その糸口さえ見つけることができれば、今日のめ以子の様な幸せな気持ちになれるのです。

特に日本人は右顧左眄(うこさべん)的性癖から人からどう見られるか、人と比較して自分はどうなのかを気にしすぎる傾向があります。
そのために「こうあるべき」といった画一的な価値観に縛られてしまい、自由な行動を自ら妨げてしまうのです。
自由な行動を促すためには、短所の裏返しは長所であるという極めて当り前の定理に戻るべきなのです。


鉄拳さんの「家族の話」です。じんわりと心が暖かくなること請合います。



IMG_7681
今日は神田に出没です。
今日の昼食は15分で食べなければなりません。
ということでせっかち飯を頂くのはこちらです。
今日のお店は「THE有頂天酒場」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田3-5-1 大蓄ビルB1
電話:03-5577-5622
定休日:土・日曜日、祝日

IMG_7783
お店の外観です。

IMG_7793

IMG_7788 - コピー

IMG_7789
店内の雰囲気です。

IMG_7782

IMG_7787
メニューです。

今日のオーダー「元祖!とりテキ定食(スタミナガーリック)ご飯お替り無料・全品ドリンクバー付」@750円です。

IMG_7790

IMG_7792
待つこと9分で「元祖!とりテキ定食」の到着です。
見た目、ポテトチップスがのっているかと思ったらフライドガーリックじゃん、定食です。
なにか圧迫感ありますね。
気を取り直して実食です。
できたてですので熱さは充分すぎます、というかtoo hot!です。
このとりテキは軽い衣がついています。
聞くところによりますとこの「とりテキ」は、三重県ご当地グルメの「とんテキ」をアレンジしたものだそうです。

味ですか、もう少し衣が美味しかったらイケましたのに、で〜もまずまずの味です。
やはりここの名物「から揚げ」に比べますと格が落ちますね。

IMG_7786
ドリンクバーがあったので個人的には満足です。
せっかち飯なのに多くを求めてはなりません(笑)

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ