下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

くず餅

亀戸 船橋屋 リターンズ

今日は「トランプの米国」です。
ElectoralCollege2016_svg
まずは米国の選挙制度です。
日本の首相が、ほとんどの国民の関係ないところで選ばれるのと違って、アメリカ大統領は、形は間接投票ですが「国民が選ぶ」という点が大きく違います。
ただ、アメリカ大統領選の面白いところは、絶対的な得票数だけで決まらないところです。
では、どのような決め方をするのかといいますと、アメリカの大半の州では「勝者独占方式」を採用していて、州ごとに得票数で上回った候補者が、その州の選挙人の票を独占(総取り)できるのです。
例えば、人口10万人に1人の選挙人がいるとしましょう。
その場合、
A州:1000万人
B州:500万人
C州:100万人
の人口に対して選挙人の数は
A州:100人
B州:50人
C州:10人
となります。
そして州ごとの本選挙で、民主党候補と共和党候補の選挙人の投票結果が以下の通りになったとしましょう。
A州:民主党候補60票、共和党候補40票
B州:民主党候補10票、共和党候補40票
C州:民主党候補0票、共和党候補10票
単純な選挙人の得票数で考えると、民主党候補70票、共和党候補90票で共和党の勝利となりますが、「勝者独占方式」では、州ごとに勝利した党候補が得票数を総取りできるので、結果は以下の通りになります。
A州:民主党候補100票、共和党候補0票
B州:民主党候補0票、共和党候補50票
C州:民主党候補0票、共和党候補10票
勝者独占方式で改めて計算してみると、民主党候補100票、共和党候補60票で民主党の勝利となります。
つまり、州ごとの選挙では一票でも多くの票を得られれば、その州に割当てられた選挙人の得票数を全部獲得できるという仕組みになっているので、単純に得票数で勝っていたとしても、勝利独占方式を採用することで勝利が覆ってしまうことがあるのです。

shutterstock_180341039
今回の選挙でも得票数ではヒラリーがトランプを上回っていましたが、選挙人獲得数ではトランプがヒラリーを上回っており、トランプの勝利が確定したのです。
得票数で対立候補を下回った候補が選挙人獲得数により大統領に指名されるのは、ジョージ・W・ブッシュがアル・ゴアを破った2000年アメリカ合衆国大統領選挙以来16年ぶりとなるそうです。
これは独裁政権を創らないアメリカのセーフティーネットだったのですが、こと2016年にはこのセーフティーネットが裏目にでてしまったのですね。

今回のトランプの勝利の要因を考えてみます。
一つには、世界中で自由に貿易をして、移民も受け入れて、グローバリゼーションを進めていきましょう、とやってきた結果が、今までずっとアメリカの地方にいた労働者の人の利益になっておらず、逆に見捨てられているという実感が「アンチ民主党」につながったのだと思います。
そういう人たちにからしますと、メディアに登場してくるセレブ、シリコンバレーの起業家みたいな人たちが「トランプは経済ナショナリストだ。早晩不景気になる」と叫んだところで「あなた方は金持ちじゃないか。私たち貧乏人の気持ちなんかわからないよね」としか映らないのです。
結局、貧しくなっていった普通の人たちの意見を吸い上げられてなかったのですね。
そうした中で上述のとおりグローバリズムの恩恵を受けられず、かえってその影響で貧しくなっていった地方の工場労働者たちを大量に創ってしまったのです。
リベラル政党が貧しい人を救えなかった事により、民主党の主要な支持基盤を失ってしまったのです。
これが民主党の大失策だったのです。
要は対立する政党がこけた事と中長期的な政策では共和党も民主党も大きくは変わらない事から消去法でトランプに票が流れたのです。

もう一つは、世界的に格差が広がっていることです。
巨大な格差とは、7人に1人が貧困層で、その反対で超富裕層に富が集まり続けています。
もっとも裕福な62人と下位36億人の資産が同じだそうです。
現在の世界の人口が約70億人ちょっとなので、世界の人口の半数の人と62人の資産が同じという驚愕な内容でした。実際にその36億人の平均資産が5万円、62人の平均資産が3兆円という膨大な差です。
米国も同様ですが、米国はその差がさらに顕著なのであります。
ここからうかがえるのは過度のリベラリズムが没落する大量の中間層をつくり、その悲観する中間層が社会を閉じようとする反リベラリズムの潮流を作り、そこにフォーカスしたポピュリズムの覇者であるトランプが勝利したというのが最大の要因であります。
日本でも平成26年には年収300万円以下の人口が全給与所得者の4割を占めているのです。
年収300万円以下の人口は40.9%です。
つまり日本の労働人口の40.9%は年間の収入が300万円以下であるという結果なのです。
日本の代表的な理由はやはり不況です。
要は現状のトップヘビーの状態を変えるのは難しいにしてもお金持ちから気持ちよくお金をはきだせるような税制やインセンティブを確立しないと景気回復は難しいのでしょうね。

PK2017012102100147_size0
1月20日に行われたトランプの大統領就任式典とその演説は、マーケットにとっては大きな材料にはしがたい内容でした。「彼も大統領になれば変わる」という一部の見方を「間違いですよ」と宣言するように選挙戦の時と同じような主張を、いつものジェスチャーで展開していました。
拳を振り上げる大統領就任演説を、私は初めて見ました。
CNNに出演していたあるコメンテーターは、「今回の就任演説は、共和党全国大会の時と似ている」と言っていましたが、多くのアメリカ人が持った印象は「まだ選挙戦を戦っているようだ」というものでした。
ISIS、ポピュリズム、ナショナリズム、ロシアや中国の台頭、移民の問題等が山積している今の世界においては、選挙戦の時のよう「資本家が悪いのだ」というようなワンメッセージで語るには、限界があります。
いずれにしましても今後のトランプの動静については大いなる注視が必要であります。
参考文献:HOW MATCH あなたの悩みと幸せを金額にすると、歩叶コラム、PRESIDENT Online、日本経済新聞、BuzzFeed


RAF'S PERFECT GIRLFRIEND



IMG_7324
今日は亀戸に出没です。
下町の甘味が食べたくてこのお店に入りました。
今日のお店は「船橋屋」亀戸支店さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂1-11 1F
電話:03-5579-8782
定休日:日曜日

IMG_7325
お店の外観です。

IMG_7327
店内の雰囲気です。

IMG_7328
メニューです。

本日のオーダー「貝柱とろろ山菜にゅう麺」@875円です。
「船橋屋」さんは文化2年(1805年)、初代勘助が亀戸天神参道に創業しました。
出身地の地名をとり、屋号を「船橋屋」と称しました。
以降五代目まで個人経営だったのですが昭和43年6月に株式会社になり、最新店舗の東京スカイツリーソラマチ店を含み15店舗を有す企業となったのです。
資本金20百万円、従業員180名。
社長の渡辺雅司さんは、昭和39年、船橋屋の長男として生まれました。
立教大学経済学部卒業後都市銀行に7年間勤務したのちに船橋屋入社し今に至るです。
趣味はボクシング・瞑想・蛍鑑賞・ルアーフィッシングと多種多様であります。
血液型はB型で二児の父であります。

IMG_7329
待つこと8分で「貝柱とろろ山菜にゅう麺」の到着です。
見た目、雅です。

IMG_7330
まずは「貝柱とろろ山菜にゅう麺」から頂きました。
胡麻の香りが和風だしで際立ちます。
山芋とろろのフワフワが口の中でとろけます。
貝柱のコリコリ感がたまりませんね。
これは美味しいです。
イケますよ。

IMG_7331
「まぜご飯」は梅の香りがたかく、少し硬めの炊き加減ご飯には梅の酸味が良く合います。
これも美味しいです。

IMG_7332
お楽しみは最後にとっておきます。
くず餅です。
秘伝の黒糖蜜と香ばしいきな粉をくず餅に加えることで、このくず餅が生まれ変わります。
何百回、何千回食べようとこのくず餅の美味しさは鐵板です。
大満足の下町甘味であります。
コスパも良くプチ満足のランチでした。

それでは(^_-)

続 亀戸 船橋屋

今日は「SM異聞」です
eca7ac56 (2)
官能小説とくにSMの世界での大家「団鬼六」さんのお名前は存じていました。
誤解があるとけませんので私はSMを含めたそのような異常性欲の世界とは無縁であります事をあらかじめお断りしておきます。
実はこの方渥美清さんととても親しかったのです。
そこで「WHY?」という思いが首をもたげて「悦楽王鬼プロ繁盛記」団鬼六著を手に取るようになったのです。
実は今日の今日までこの団先生を単なる変態作家だと決め込んでいたのですが、完璧なステレオタイプの擦り込みだったというのがこの本を読んで分ったのです。
その実は極めてまともな方だったのでした。
関西学院中学部、関西学院高等部を経て、関西学院大学法学部卒業したエリートが舞台の演出家志望であったのが生活のために田舎中学の英語教員になり、インチキ英語を駆使しテレビ洋画の翻訳部に入社し、次にピンク映画のシナリオライター、自分の好色加減を再確認して次にSM作家となり、それだけでは飽き足らず、性倒錯者を対象としたSM雑誌の主幹となるのですが、ご本人曰く、私のSMというものは異常的な助平趣味である、と言い切るように極めて健康的な常識人であります。
たまに異常趣味者が事務所にやってくるみたいでその度に団先生は狼狽していたみたいです。
実際その「浣腸責め」体験の記載が本著にありましたので以下に紹介します。

「なにモタモタしているんだ、川田君、君枝ちゃんの尻の穴を指で揉んだれ。出しやすいようにしたれ」
川田は辻村さんにどなりつけられて机の上に蛙のように縛りつけられている君枝ちゃんに近づき、彼女の双臀を背後からのぞき込むようにしながら菊花の蕾に指をぐっと押しつけていく。
「どや、まだ、出んのか」
川田がいやらしく顔を歪めて双臀の内側をのぞき込もうとした時、彼女はとうとう声をあげて泣き出した。
そして、泣きながら全身を激しく痙攣させてパッとやらかしたのである。
「ひゃあっ」
川田はいきなり顔面に噴射されて、その場に尻もちをついた。
「ああっ、あああ〜」
と悲痛な声を張り上げたのは君枝ちゃんではなくて私なのだ。
溶解した体内の汚物は一発、川田の顔面にパンチを喰らわしてから激しい勢いで発射された尿水と一緒になって便器からはみ出し、私の貴重な飛騨木の机の上にしたたり流れているではないか。
私はもう見るに堪えず半泣きになってその場から逃げ出したのである。

実際この後事務所の人間は飛騨の名机を何度も水洗いをし、机に匂いが残っていないかどうかを確認し、その度に顔をしかめ、また洗い直したそうです。
結局この匂い取の作業はかなり大変だったみたいで、二度とこのようなSMプレーの実験はさせまいと半ベソを書きながら強く心に誓ったそうです。
個人的にこれには大笑いしました。

その後団先生は、性倒錯者達だから彼等の性に対する純粋性というものは幼児的であるがまた、芸術的だといえなくもない。しかし、彼等が如何に純粋とか芸術とか口にしても、一般人、つまり、ノーマルな人種にとっては変態以外の何物でもないと映るはずだ。
変態?何が悪いのだ、と彼らは開き直るはずである。
狂人でないのに狂人扱いされる彼等、病人でないのに病人扱いされる彼らに私はいつしか畏敬の念さえ持つようになってきた、と述べていますように常識人?であることがお分かりになられるかと思います。

渥美清さんとの付き合いは、渥美さんが団先生の相談相手だったみたいです。
お二人の互いの心温まる交流はこのふりネタにはそぐいませんので割愛させていただきます。
その一方で渥美清さんは、「男はつらいよ」が絶頂だった頃でしたのでかなりのストレスを感じていて、団先生とのお付き合いは「一服の清涼剤」だったみたいですよ。


こういうの好き♪



今日は亀戸に出没です。
IMG_1309
たまには「くず餅」でも食べるかとお邪魔したのはこちらです。
今日のお店は「船橋屋」亀戸駅前店さんです。

住所: 東京都江東区亀戸6-26-3
電話:03-3637-2784
定休日:不明

IMG_1298
お店の外観です。

IMG_1303
店内の雰囲気です。

IMG_1299
メニューです。

今日のオーダー「牛すじごぼう温玉にゅう麺」@875円です。
ここは老舗です。天保三年(1832年)刊「金龍山浅草寺」寺門静軒著に「船橋屋」さんの紹介の一文を見つけましたので以下に紹介します。
雷門外の雷おこし、其の名、四方に震(ふる)い、金龍山餅と頡頏(けっこう=張り合って長年たつ)する者、年所あり。香味淡白、古人も口気(こうき=食べ物の好み)思うべく慕うべし。
輓近(ばんきん=最近)名ある、雷門内船橋亭(船橋屋)の菓子の、甘味を極るが如きにはあらざるなり(甘味においてはまだまだである)。
門の内外、風味殊に異なり。以て古今を照らすなり。
当時は厳しい評価を下されていたのですね・・・

店内は年輩の方が多く落ち着いた雰囲気を醸しだしていました。
IMG_1304
待つこと17分で「牛すじごぼう温玉にゅう麺」の到着です。
見た目ボリューミイですね。

それでは実食です。
IMG_1308
まずは「牛すじごぼう温玉にゅう麺」です。
おつゆが熱々で結構です。
牛すじはトロトロしていて且つ弾力があり美味しです。
だしもよく効いています。
特筆するのは温玉です。
この温玉を割れば艶やかな黄色が丼の表面に拡がります。
うん、大満足です。

IMG_1307
「まぜご飯」は梅の香りがたかく、少し硬めの炊き加減ご飯はその香りを際立たせます。
美味しいです。

好物の「くず餅」です。
IMG_1306
秘伝の黒糖蜜と香ばしいきな粉をくず餅に加えることで、このくず餅が生まれ変わります。
何百回、何千回食べようとこのくず餅の美味しさは鐵板です。
大満足の下町甘味であります。
コスパも良くプチ満足のランチでした。

それでは(^_-)

亀戸 船橋屋 亀戸駅前店

今日は「床屋女談」の話です。
この間、高校の女子会に呼ばれた時の話です。
皆がクチャクチャに酔っぱらってきた時に、隣に座っていた女子から、▲▲ちゃんって、全然変わらないわよね、▽▽君(私のこと)、ねぇ、君、聞いていんの、と言われて、◇◇(隣に座っていた女子の名前)、おまえ酔ってんの?年相応に老けてんじゃない、って言うと、何〜▽▽!(私のことを呼び捨て)、貴様、聞き捨てならんぞ、ここにその素っ首だして控えおろう。打首じゃっ!と突然に絡まれたのです。
eva
さらに、▽▽!▲▲ちゃんってさぁ、高校の時からさぁ、聞いてンの▽▽!ゴールデンハーフのエバちゃんそっくりだったじゃない。今でも全然そっくりだわ〜ん、って言うではありませんか。
私はまた、その素っ首だせといわれるのは、嫌だったのですが、確かに目は二つあるし、鼻の穴も二つあるし、耳も二つあるし、本当にクリソツだよな、と返すと、▽▽!何だ、その木で鼻を括ったような言い方は、野田総理が許しても、いやいや李 明博(イ・ミョンバク)大統領が竹島を返還しても、絶対(ぜってぇ)、▲▲ちゃんにそんなナメたような言い方をするのは許せん、控えおろう、その素っ首、即座に叩き斬ってやる、とさらにpower upして絡まれたのです。
ハイハイ、分かりました、とこれ以上逆らわなかったのですが、しかし◇◇!お前って一定の酒量を超えると、必ず絡むね(笑)
ちなみに斯く言う私は、断酒中の為に100%素面だったのですがね・・・
まぁその日、超酒癖の悪い◇◇は他の男子に頼んで、他のヘロヘロ女子を宅配後帰宅したのですが、何故かその件(くだり)だけが強く記憶として刻まれていたのです。

しばらくして近所の床屋さんに出向いた時に、私がいつも指名しているお姉さんにその件(くだり)を話しました。
女性ってさぁ、何で女友達のこと大げさにキレイって言うんだろうね、と聞くと、確かに、そういう面が多々あるのはいなめませんね、と同意してくれました。
我が意を得た私はさらに、そういえば、大学の時に合コンなんかやるときにさぁ、知っている女子から、今回一緒に来る◆◆ちゃんはね、タレントの何チャラさんに、そ・っ・く・りだから、すごく期待してね〜、って言うんだよ。
そういうふうに言われれば、一緒にいく友達とその◆◆ちゃんに期待してさ、胸をときめかせて合コン会場に出向くんだけど、一度たりともそっくりだったことはなかったよ、さらに、男性ならそのようなミエミエの真逆の友達紹介をすると著しく信用を失っちゃうんで、絶対にそんなことはしないんだけどね、何で女性ってそんなミエミエの友達紹介をするんだろう、って聞けばそういうところはありますよね、ってさらに同意してくれたのです。
何でなの、って私が聞き返すと、その床屋のお姉さんは、多分ですよ、女性って全て自分基準だからじゃないんですか、と言います。
自分基準ってなあに、ってさらに聞き返しますと、女性というのは、かなり明確な審美基準を持っており、自分を基準にして誰それより劣っている、劣っていない、というものがあるんですよ。それじゃ、なんでそのように過剰にほめるかといわれれば、あの程度の娘(こ)で、タレントの何チャラさんlevelであれば、それなら私は数段勝っていると計算しているんだと思うんですよ。ブッチャケ言えば、女性って自分さえ良ければすべて良しってところがありまからね・・・。
要は、猫と一緒で自己中の生き物なんですよ、ってスパって一刀両断に答えてくれたのです。
これって私にとって“目から鱗”だったのです。
この説明が正しいかどうかは預かり知れないところなのですが、永年のモヤモヤが晴れたような気がしました・・・

なおこの記載は女性蔑視、女性軽視では決してありませんので予めお断りしておきます。従いまして一切の反駁・反論は受付しませんので重ねてお断りしておきます。


テーブルの上にはバケツいっぱいに詰め込まれた硬貨が置かれています。それを運ぼうとするひとりの少女が、周囲の大人たちに運ぶのを手伝ってもらうよう依頼します。大人たちは快く少女の依頼を受け、いざバケツに手をかけるのですが、それは思いのほか重く、いくら持ち上げようともビクともしません。四苦八苦していると、その横で軽々とバケツを運ぶ少女の姿が目に飛び込んできます。

大人のプライドを傷つけられ、且つ少女の超人的な能力を目の当たりにした際の大人たちの表情をお楽しみ下さい。



今日は亀戸に出没です。
たまには趣の変わったランチでも食べようかと、お訪(とない)をいれたのがこちら「船橋屋」亀戸駅前店さんです。

住所: 東京都江東区亀戸6-26-3
電話:03-3637-2784
定休日:不明

IMG_2213
お店の外観です。

IMG_2216
店内の雰囲気です。

IMG_2215

IMG_2217
メニューです

「船橋屋」は文化2年(1805年)、初代勘助が亀戸天神参道に創業。
出身地の地名をとり、屋号を「船橋屋」とする。以降五代目まで個人経営であったが昭和43年6月に株式会社になり、最新店舗の東京スカイツリーソラマチ店を含み15店舗を有す。資本金20百万円、従業員180名。
社長の渡辺雅司さんは、昭和39年、船橋屋の長子として生まれる。立教大学経済学部卒業後都市銀行に7年間勤務。のちに船橋屋入社。
趣味はボクシング・瞑想・蛍鑑賞・ルアーフィッシングと多種多様。B型。二児の父。

ここは老舗です。天保三年(1832年)刊「金龍山浅草寺」寺門静軒著に「船橋屋」さんの紹介の一文を見つけましたので以下に紹介します。
雷門外の雷おこし、其の名、四方に震(ふる)い、金龍山餅と頡頏(けっこう=張り合って長年たつ)する者、年所あり。香味淡白、古人も口気(こうき=食べ物の好み)思うべく慕うべし。
輓近(ばんきん=最近)名ある、雷門内船橋亭(船橋屋)の菓子の、甘味を極るが如きにはあらざるなり(甘味においてはまだまだである)。
門の内外、風味殊に異なり。以て古今を照らすなり。


IMG_2219

IMG_2220
今日のオーダーは「冷豚しゃぶ胡麻だれそうめん(まぜご飯・ミニくず餅付)@850円です。
下町っ子の私でしたが、「船橋屋」さんで甘味以外をやっているのを知りませんでした。
待つこと7分で着膳です。
涼風感あふれる一品です。
「冷豚しゃぶ胡麻だれそうめん」は細麺で以外に酸味が強いそうめんです。
でも猛暑ですのでこの位メリハリがあった方が好ましいですネ。

IMG_2222
「まぜご飯」は梅の香りがたかく、少し硬めの炊き加減ご飯は充分に満足するものです。

IMG_2221
伝統の「ミニくず餅」は、秘伝の黒糖蜜と香ばしいきな粉を加えることで、冷え冷えのくず餅がさらに美味しくいたくことができます。
これは他所(よそ)に自慢できる下町の名品ですね。

それでは(^_-)


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ