今日は「勝手な思いこみ」の話です。 
世の中には「思いこみ」っていうことがあります、刷り込みともいいますがnetであった面白い話を以下に紹介します。

赤い靴、でしたっけ?赤い靴はいてた女の子でしたっけ?その歌の最後で異人さんにつれられての部分をずーッっとイイ(良い)爺さんだと思って歌ってました。

うなぎの蒲焼にかける山椒の粉を山椒魚の粉末だと思ってました。
大人って気持ち悪いものをかけてうなぎを食べるのだなぁと思っていました。

扶養家族は不要家族だと思っていました。収入がない家族は、不要だということなんだと。
結構、つめたい言い方するんだなーと子供ながら不愉快に感じていました。

選手宣誓のときの最初の言葉「センセイ!」を「先生!」だと思っていた。

クリスマスの歌「ジングルベール・ジングルベール・ジングルオードブル(本当はオールドベル)」だと思っていたので、クリスマスのご馳走を想像しながら歌っていました。

ニュースで、「○○大学山岳部のパーティが冬山遭難信号を出し、行方不明・・・」(救出活動等の映像が流れる)→(幼いとはいえ、あの冬山の映像をみると雪のたくさん積もっているところは危険な事は当たり前だと思っている)冬山でパーティ?そんなところでパーティなんて開くからだ!バチがあたったんだ!と思っていました。

テレビやラジオの台風情報などで「○○線は始発からフツーになります」を聞いて、特急や急行がなくなり、全て鈍行になるだけだと思っていました。子供の頃こう思っていらした方、結構多いのでは?

ポスト小泉は郵政民営化を推進している小泉首相のニックネームだと思っていた。

誤って滑落したというのは、謝って滑落したと思っていたので一種の自殺だと思っていた。

「トタールカテゴリーを網羅する」というのを「トタールカテゴリーをモ―ラする」という英語だと思っていた。

「オブラートに包む」というのは一つのメタファ(隠喩)だとおもっていた=>これは私です。

プロ野球放送では必ず「ブルペンの様子はどうですか」というアナウンスがあったので、各チームには必ず「ブルペン」という投手がいると思っていた。

結婚した人達はハネムーンという地名のところに行くものだと思っており、その場所はハワイの近くなんだろうなと考えていた。
しかし世界地図には載ってないので不思議に思っていた。

東大の三四郎池は昔映画で姿三四郎(柔術家)がなげこまれた池なのでその名前にちなんでつけられたと思っていた(正しくは夏目漱石の小説「三四郎」がその名前の由来です)。

いかがでしたか・・・


この若人達はすごいですね!
私も若かりし頃はこの位はできました・・・嘘にきまっています(笑)

今日は埼玉県は坂戸に出没です。
坂戸といえば株式会社「ぎょうざの満州」本社・坂戸工場があるという土地柄ですので、敬意を表して今日のお店は「ぎょうざの満州ラーメン」坂戸駅前店さんです。

住所: 埼玉県坂戸市南町3-3
:049-284-6303
定休日:無休

IMG_7591
お店の外観です。

IMG_7593
店内の雰囲気です。

IMG_7592

IMG_7594

IMG_7596
今日のオーダー「ニラ玉ラーメン」@500です。
具はニラ(群馬県産)、白菜、人参、豚肉、溶き卵(埼玉県産)、ネギです。
ニラは胃腸を整え、血行促進にいいそうです、その体に良いニラをたくさん使ったラーメン、実はとても美味しいのです。
まず餡が美味しい、野菜が甘い、スープにコクがあって約束の熱々、麺は中太ストレート麺ですがセントラルキッチン系にしてはかなりの美味しさです。
こりゃすごいお見それしました、こんなに美味しいラーメンが1月度限定ですか、これは美味しいじゃなく惜しい、いつの日か復活させてください、「ぎょうざの満州」金子会長、池野谷社長!

それでは(^_-)