下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

きつねや

築地 きつねや

今日は「ネタバレ君の名は。」です。

映画「君の名は。」をFBの友達が大絶賛していたので流行に敏感な私はこのメガヒットの映画を観に行ってまいりました。事前に調べましたら、この映画のキーコンセプトは古今和歌集で詠まれている「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」という和歌なのですね。
この歌は、実は小野小町の詠んだ歌なのです。
好きな人を思い続けていたらなんとその人が夢の中目の前に現れたのです。だけれども目を覚まして、それが夢だったときのがっかり感という誰しもが経験したことがあろう恋の気持ちを歌ったものです。

1472453958_2_1_0d964abf4637ee48344f485ac83037a7
最初は話がしたいなと思う。
そしてもう少し長くそばにいたいなと思う。
すると少し気持ちが高まってこの人を幸せにしたいなと思う。
この人の為なら命なんかいらないと思う、みたいな初心者恋愛入門編から、ロープで繋がった二艘のボートのように、綱を切ろうと思っても、それを切るだけの刃物がどこにもないみたいな熱い感情に昇華していくのですが、いつまでも繋がっていたいという二人が組み込まれた運命により切り離されてしまう・・・
とこのように書けば純愛ものかと思うのですが、その実態は破滅という渦に巻き込まれていく悲恋をSFチックに味付けしたものです。
ストーリーの後半はかなりメビウスの輪的でわかりにくいのですが、美しい映像がそれをカバーしているので気にはなりません。

若い時の夢で、かけがえのない女性に出会い、あともう少しでその愛が成就するという時に、母親の、学校よ、早く起きなさい。遅刻するわよ、と言う声で目が覚めて、今いいところだったのに、と怒ってもう一度寝直したら、続きが見られなかった感じに似ています。
要は「いつまでもこの夢を見ていたい」と感じさせる映画です。
加えて映像の美しさによって東京や飛騨の街を現実以上に美しく変えてしまう手腕には驚かされました。
希望という名のあなたをたずねて 遠い国へと また汽車に乗る あなたは昔のわたしの 思い出、というような感じですか。

9月19日までの累計成績は動員698万79人で興業収入91億473万9,000円です。
まさかの興業収入100億円突破にリーチをかけたみたいです。
アニメキングであるジブリを完璧に追い抜いたといっても過言ではないと思います。
一食抜いても是非観てください。



IMG_5419

IMG_5420

IMG_5421

IMG_5422

IMG_5423
今日は東京で一番話題騒然な築地市場に出没しました。
今日のお店は「きつねや」さんです。

住所: 東京都中央区築地4-9-12
電話:03-3545-3902
定休日:日曜日・祝日、市場休市日

IMG_5433
IMG_5430IMG_5429
お店の外観です。

IMG_5440
創業以来継ぎ足されてきた八丁味噌ベースの特製ダレでグツグツと煮込まれたモツ
は圧巻であります。

IMG_5435
メニューです。

今日のオーダー「ホルモン丼+半熟玉子」@850+@50=900円です。
このお店は昔よく来ました。
過去の記憶で申せば、このお店のホルモン丼は、熱々の丼に大量の七味を真っ赤になるまでかけまわして一気呵成に食う、食う、食うで、即座に腹に収めることを目的にしていました。
美味いか、不味いかと申せば、腹にすっすっと落ちていくので美味いにきまってるじゃねえか的な味わいです。
要は市場関係者のファストフードですからね、早く食べられ、栄養があり、安い事が求められていたのです。

IMG_5436
待つこと1分で「ホルモン丼+半熟玉子」の到着です。
見た目美味しそうです。
どんぶりの具は国産牛の小腸、肺、コンニャク他諸々です。

IMG_5438
大量のネギをどかすとこんな感じです。
それでは実食です。
ホルモンが柔らかいですね。
八丁味噌が甘からずで結構です。
味ですか・・・
ホルモン丼ですから正直に申せば牛丼の方が美味しいですよ(笑)
で〜も噛みしだく度にパワーが体内に染入っていく感じになります。
ここで美味い不味いは野暮です。
ただただ無心に食べれば、食べ終わった後に、莞爾として笑っている自分がいます。

それでは(^_-)

築地 ととや

今日は築地に出没です。
ここに来るたび笑う話があります。

それは築地場外にある深大寺そば(築地場外にあるカウンター式のお蕎麦屋さん)です。
外国人の方が、深大寺そばに何を勘違いしたのか「天麩羅(Tempra)」のみを注文しました。

するとここのオジサン何故か
「No only Tempra, Please with noodle, We are Soba noodle restaurant」と何度も大声で断っています。英語の意味わかりますが・・・何でですかね天麩羅の単品メニューを書いているのに・・・お蕎麦のお店なので、お蕎麦食べて欲しいのでしょうね。
このオジサンの気持ちはわかりますがネ(笑)

今日は念願の築地焼き鶏丼の名店「ととや」です。
ととや1

勝どき橋を渉って築地の歓迎がこの看板です。


ととや2
ととやさんの店構えです。はたしてお店の中はどうなっているのか興味深深です。

住所: 東京都中央区築地6-21-1
電話番号:03-3541-8294
休日:土、日、祝日

ととや4
お店のなかです。夜の高額メニューからの想像とはかけ離れていて、下町風ですね。


ととや5
今日の獲物「焼鳥丼」@1,050です。この丼は焼鳥×5切れ、ボンジリ×2切れです。味ですか最高です・・・こんなに美味しい焼鳥は食べたことがありません、肉の柔らかさ、弾力、甘みそして焦げ目全てが最高水準です。
とても美味しいです。ボンジリが×2切れと少ないのは焼鳥がOilyなのでボンジリは2切れでも充分だからです。


ととや6
しかし後半焼鳥のシュシィーさが口についてきたので困ったなと思ったらこのタレ君の出動です。味がとてもしまりさらに美味しくいはただけました。このお店はす・ご・す・ぎ・ま・す。夜は高くて行く事ができないのですが、ランチタイムの場内の中国、韓国人相手の刺身料理屋さんに行くならこのお店おはお勧めです。

ちなみに今日の行列場外Best3 は以下の通りです。
1.鈴木水産
2.井上
3.きつねや

でした。


この絵は大江戸線「築地市場」駅にある浮世絵師「勝川春章」画です。この絵が飾られたのは築地を含め明石町、日本橋一帯は浮世絵が開花した地域だからだそうです。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ