下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

きじ丸の内店

丸の内 きじ 6th

今日は「Tears in Heaven」です。
tears-in-heaven-3-638
「Tears in Heaven」は、私のフェイバリットソングの一つです。
歌っているのはエリック・クラプトンです。
今迄それとなく意味は分かっていましたが、改めて和訳を見ますと本当によい歌ですね。
メロディに言葉を越えた魅力があるのかも知れませんね。
この歌は、息子さんの死を悼んで クラプトンが書いた曲ということで広く知られています。
1991年、まだ4歳だった息子のコナー君が、アパートの53階から転落して亡くなったのです。
その後は悲しみのあまりに外に出ることができなかったということですが、この曲を1992年に発表し大ヒット、そしてクラプトン は1993年のグラミー賞のいくつかを受賞しました。
ネットで調べましたら、この曲は「息子の死を乗り越えて」というように人口に膾炙していましたが、実は全くの逆で、「息子の死の悲しみを乗り越える」ためにこの曲を書き、歌っていたのですね。
と申しますのも、Daphne Barak とのインタビューで、クラプトンは、「僕は自分のために音楽を、治療薬としてほとんど無意識のうちに使っていたんだ。そして驚くことなかれ、うまくいったよ。
音楽から多くの幸せと癒しをもらったんだ」と語っています。
要は、クラプトンは晴れ上がった空がのしかかるようだった毎日に新鮮な空気が入ってくるようになるのには実は12年間もかかっていたのです。
で〜も個人的には、コナー君を亡くすまでのクラプトンの人生は、1970年代には薬物依存症、1980年代にはアルコール依存症・交通事故・胃潰瘍、そして度重なる不倫というような破天荒な人生を歩んできましたが、息子の死をきっかけに立ち直ったのです。
まさに「人間塞翁が馬」の如しであります。
ちなみに Tears は「涙」ではなく「深い悲しみ = grief」との事らしいです。
Technical Translator's Blog参照

Would you know my name
If I saw you in heaven
Would it be the same
If I saw you in heaven
I must be strong, and carry on
'Cause I know I don't belong Here in heaven

もしも天国で会ったなら
君は僕の名前を覚えているだろうか
もしも天国で会ったなら
以前と同じでいられるのだろうか
僕は強くならなくてはいけない
そして頑張って生きていかなくてはならないね
ここ天国は僕がいるべき場所ではないとわかっているから

Would you hold my hand
If I saw you in heaven
Would you help me stand
If I saw you in heaven
I'll find my way, through night and day
'Cause I know I just can't stay
Here in heaven

もしも天国で会ったなら
君は僕の手を握ってくれるだろうか
もしも天国で会ったなら
僕が立っていられるよう助けてくれるだろうか
僕は自分の進むべき道を見つけていくよ
昼も夜もね
ここ天国に僕がいることはできないとわかっているから




IMG_6149

IMG_6152

IMG_6154
今日は夜のとばりが落ちた東京駅に滑り込むように大阪から帰ってきました。
今日は多忙なのでお昼はクイックランチでした。
お腹がすきました。
大阪で食べようと思っていたお好み焼きを食べたくなりました。
今日のお店はお好み焼き「きじ」丸の内店さんです

住所:  東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルB1
電話:03-3216-3123
定休日:不定休

IMG_6155
お店の外観です。

IMG_6157
店内の雰囲気です。

IMG_6158
メニューです。

今日のオーダー「スジ焼き」@1,200円です。
このお店主人の名前が「木地」さんなので「きじ」だそうです。
てっきりお好み焼きだけに「生地」かと思っていました(笑)

IMG_6159
待つこと6分でテーブルセットの到着です。

IMG_6161
待つこと12分で「スジ焼き」の到着です。

IMG_6162
ちなみに私は、マヨネーズはお好み焼きの上に櫛の歯みたいにかけ回す派ではなく、このようにお皿に盛ってもらって好きなだけ付ける派です。

IMG_6163
それでは実食です。
お好み焼き自体は上質なクレープのような味わいです。
スジ肉は硬軟あり、たまに遭遇するクニュッとしたスジに当った時が最高にうれしいのです。
お好み焼きは鉄板の上で余熱を与えますので時間が経てば経つほど味わいが引き締まります。
鉄板でいただくお好み焼きは、「時間を楽しむ」ように思います。
最初は柔らかいお好み焼きは、時間が経つに連れて時効硬化していき、美味しさが可変します。
食べるタイミングで味が変わり且つそれを楽しめるのがうれしいです。
個人的にはラスト10マイル当たりの外硬内柔の食感が大好きです。
味ですか、大満足のお好み焼きでした、という事で行間を読んでください。

それでは(^_-)

丸の内 きじ リターンズ

今日は「暑い夏には涼しい画像を・・・」です。
暑いですね・・・
暑い夏には涼感あふれるものをお届けしましょう。


北海道・美瑛町白金「青い池」です。
この池を撮影した画像が、アップル社MacBook Proの、2012年7月25日に発売された新OSであるMountain Lionのデスクトップの背景に使われる壁紙に採用されて話題をよんだのが端緒であります。
もともと十勝岳が噴火後、火山災害から美瑛町を守るため、火山泥流を貯める施設として、コンクリートブロックによるえん堤が完成しました。
その結果、ブロックえん堤に水が溜まり、いつの頃からか、「青い池」とよばれるようになったそうです。
青く見えるのは白金温泉地区で湧出している、アルミニウムを含んだ「白髭の滝」などから流れいでる水によってだそうです。
これによって生まれたのが「青い池」なのです。
青い池の中でカラマツなどの木が立ち枯れていている景色が幻想的に見えるので口コミでその評判が広がってきており今では多くの観光客を集めています。
季節や時期によって池の色の濃さが変わります。

夏の海

夕陽4

夕陽2
暑い時には海でしょう。
私は海で泳ぐのは大好きですが、子供達がプールで泳ぎを覚えたものですから、奥様が海での泳ぎを厳禁してしまい、東京に帰ってきてからは海で泳いだことはありません。
高校生くらいまでは母の実家がある伊豆の海で良く泳ぎました。
勿論泳ぐだけでなく、年上の従兄弟達と海に潜りサザエやアワビを取り、海岸でバーベキューをしたのが最大の夏の楽しみであり喜びでありました。

勤務先がwaterfrontにある関係で、会社近くになると潮の干潮の関係により、むせかえるような潮の香りに包まれる事があります。耳をすませば繰り返す波のざわめきが聞こえてくるような気もちになり、遠く過ぎ去った夏の思い出が恋しくなります。
私はあの夏のきらめきを、一体どこに葬ってしまったのでしょうか。
もう一度灼熱の太陽を浴びながら光り輝きたいと思う今日この頃であります。

私の夏の思い出といえばこの名曲です。
石川セリさんの「八月の濡れた砂」を紹介して終わります。



IMG_1582

IMG_1599
今日は東京駅に出没です。
暑い日には「お好み焼き」でしょう。
今日のお店は「きじ」さんです。

住所:  東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルB1
電話:03-3216-3123
定休日:不定休

IMG_1584
お店の外観です。

IMG_1587

IMG_1589

IMG_1588
店内の雰囲気です。

IMG_1586

IMG_1585
メニューです。

今日のオーダー「スジ焼き」@1,110 円です。
東京の「きじ」さんは8年ぶりです。
大阪の「きじ」さんの方がよく通っています。
といっても通算4回程度ですが。
このお店主人の名前が「木地」さんなので「きじ」だそうです。
てっきりお好み焼きだけに「生地」かと思っていました(笑)

きじ店長
私が通っていた頃の店長は戸田さんでした。
関西「きじ」で10年の修行の後で2005年秋独立開店したそうです。

To be honest,積極的に入店しようとは思いませんでした。
というのも並ぶからです。
今日はお目当ての「つるとんたん」さんに行列が無いのでそちらに行こうとしたのですが、「きじ」さんの行列が6人程度だったので方針変更したのです。
それでも待つこと36分で入店です。

IMG_1594

IMG_1596
接客が丁寧且親切なのは前回同様であります。
待つこと7分で「スジ焼き」の到着です。
緑色と茶色のコントラストが食欲を高ぶらせます。

「スジ焼」は小口切りの青ネギがどっさりトッピングされています。
そして中には甘辛味の牛スジがたっぷり入っており、この牛スジとネギの風味が醸しだす味わいが最高なのです。

それでは実食です。
お好み焼き自体は上質なクレープのような食感です。
スジ肉は硬軟あり、たまに遭遇するクニュッとしたスジに当った時が最高に美味しいのです。
お好み焼きは鉄板の上で余熱を与えますので時間が経てば経つほど味わいが引き締まります。
個人的にはlast one mile当りの外硬内柔の食感が好きなのです。
今日も時間を見計らって、自分の満足の食感のところをたっぷりと食べることができました。
味ですか、美味しいです、大満足です。

IMG_1597
このように並ばないのなら月に一回は来たいものです、ハイ。

それでは(^_-)

下町っ子関西特攻前編(番外編)

今日は「下町っ子関西特攻前編」の話です。 
私達夫婦は毎年秋口に一泊二日で旅行することがお約束になっています。
そして今年は関西に出没です。
ここから先はパチリでお楽しみください。
新大阪のホームに新幹線が滑り込んだのは12時少し前でした。
お昼何しようかな、って考えていたら奥様から、明石焼きが食べたい、とのことでした。しかしそれはないよ(私があまり好きでない為)ということで、少し目線を変えて今日のお昼はお好み焼きにしました。
ということでお邪魔したのがこちら「きじ本店」さんです。

住所: 大阪府大阪市北区角田町9-20 新梅田食道街 1F
電話: 06-6361-5804
定休日:日曜日

IMG_9769
何故か暖簾がでてないので二階から一階のパチリです。

東京の「きじ丸の内店」さんには3〜4回行っているのでこちらの味は承知です。
したがってオモムロにメニューを見てオーダーを選んでいると
IMG_9770
この値段は丸の内店と比べてややっ安い じゃないですか、何でなんだろう?東京はインフレか?

IMG_9771
奥様の「モダン焼き」
IMG_9772
私の「すじ玉(牛スジ・ネギ)」

本日のオーダーですが、奥様が「モダン焼き」@770円(東京店では@980円)、私のオーダーが「すじ玉(牛スジ・ネギ)」@850円(東京店では@1,050円)です。
食事の前にこのお店暗いですね、店内は屋根裏部屋的風情で昭和の香りが色濃く残り結構なのですが、雰囲気までもレトロっぽっくしなくてもよいのに。
それと「得免・あに」さんですか、煙草を喫(の)まれるのはいいのですが、石鹸で手洗い(水洗いはしていました)もせずにアルコールで手を拭いていたのはいただけませんでした。これだけでは手にヤニの匂いが残ると思いますが…
味ですか「モダン焼き」はさすが大阪、ホンマモンの味っていうことでイケましたが、「すじ玉(牛スジ・ネギ)」はスジが硬くて後半飽きてきました、ハイ。
関西・東京で味がちがうのでしょうか?東京店の方が美味しかったですネ。

IMG_9778
食後、腹ごなしに「お初天神」を参拝しました。
「曽根崎心中」は、元禄16年4月7日(1703年5月22日)早朝に大阪堂島新地天満屋の女郎・はつ(21歳)と内本町醤油商平野屋の手代である徳兵衛(25歳)が西成郡曾根崎村の露天神の森で情死した事件に基づいているそうです。
たまさかその日の朝に現場を通った近松門左衛門が閃(ひらめ)いて、その情死を題材としてこの浄瑠璃を一日で書きあげたそうです・・・この件(くだり)は大阪にいた時参加した浄瑠璃walkで教えてもらいました。

IMG_9781
そして今回のmain eventの大阪城です。
今の天守閣は三代目で昭和6年に建てられ今年で80周年だそうです。
第二次世界大戦に耐え現在最長不燃距離を更新中です。

IMG_9786
ご存じ大阪城の鯱鉾です。

IMG_9787

IMG_9785

IMG_9788
天守閣から眺望です。

IMG_9794
大阪夏の陣の戦闘ジオラマです。

アクアクルーズ

IMG_9798

IMG_9811
そしてJTBさんからのプレゼントのアクアライナー(大阪城・中之島めぐり)の船観光です。

IMG_9799

IMG_9803
これは中之島公園の大噴水です。

IMG_9801
国の重要文化財の中央公会堂・中之島図書館です。
水都大阪の名建築です。

そして夜の帳(とばり)が落ちてきましたのでディナーです。
明日は高野山に昇る?ので体力勝負です。
ということで出向いたのが、大阪のスタミナタウン・鶴橋です。
そして訪れたお店がこちら「鶴橋焼肉 牛一」さんです。

住所: 大阪府大阪市天王寺区下味原2-7
電話:06-6772-9155
定休日:年中無休

IMG_9814
鶴橋の雰囲気です。

IMG_9815
お店の外観です。

IMG_9818
店内の雰囲気です。

IMG_9817
今日のオーダー「Aセット」@2,900です。
これはA5の佐賀牛で和牛カルビ、和牛赤身ロース、和牛バラ、和牛クラシタがついてこのボリュームです。味ですか、美味しすぎます、タマリマセン、口福、幸福、満腹となりました。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ