下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

かんだやぶそば

神田淡路町 かんだやぶそば

今日は「テレビで中国語」です
語学についていえば、私は英語より中国語の方がセンスあるのではと思っています。
それと申しますのも片言の中国語を話している時に中国人の方からよく、発音がいいね、と言われているからです。勿論リップサービスであることは百も承知、二百も合点であります。

そんなものですから不定期に「テレビで中国語」を見て勉強していました。
51Joy2mOk0L
正しく申せば、中国語を話す壇蜜さんに興味があったのです。
彼女の四声の発音はとてもきれいですね。
ところがこの番組も開始して一年たったものですから壇蜜さんは卒業と相成ったわけです。
そこで最終回は卒業旅行なのでしょう。
中国は北京にある北京第二外国語学院に出向き、そこの学生さんと懇談をしました。
この北京第二外国語学院は、周恩来さんの提案で1964年に設立されました。
ここでは各種言語の専門学科の他に、旅行者向けホテル・旅行経済管理等の専科を設けています。
言語学科には中国語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、日本語、朝鮮語及びアラビア語の九大言語を設定しているという壮大な学院なのです。
ちなみに在校生は10,000人で内日本語を学んでいる学生は500人です。
勿論、中国語習得の海外からの留学生が含まれているにしても日本語専攻は5%ですか、意外に少ないですね。

その番組の中で日本語学科の生徒さんに壇蜜さんが今まで日本語を勉強した中で一番驚いたという「日本語びっくり単語」を聞いていました。
順不同に一気に紹介します。

#娘→中国語の意味=母親
#大丈夫→中国語の意味=立派な男性
#手紙→中国語の意味=トイレットペーパー
#勉強→中国語の意味=能力範囲を超えた事をする
e.g. 不要勉強→中国語の意味=無理をしなくていい

かなりビックリポンの内容でした。
特に娘には驚かされますね。
全く真逆ですから・・・
さらに日本語学科の生徒さんの好きな日本の言葉も紹介します。

#情けは人の為ならず→中国語の訳=好心有好報
#人を信じよ、しかしその百倍自らを信じよ→中国語の訳=相信別人、更要一百倍地相信自己

中国語訳も何となく分るのは日本は中国伝承の漢字の国だからでしょう。最後にこの間台湾に行った時にガイドの張さんに教えてもらった一番好きな中国語を紹介して締めさせていただきます。
それは・・・「加油(ジャンヨ)=頑張れ」でした。


ふなっしーのポルトガルダンス



今日は神田淡路町に出没です。
IMG_2155
神田生まれのくせして一度もこのお店の暖簾をくぐったことがありません。
今日は満を持してお邪魔しました。
今日のお店は「かんだやぶそば」さんです。

住所: 東京都千代田区神田淡路町2-10
電話:03-3251-0287
休日:水曜日

IMG_2156

IMG_2151

IMG_2152

IMG_2153
お店の外観です。

IMG_2145
店内の雰囲気です。

IMG_2140
メニューです。

今日のオーダー「せいろうそば×2枚」@1,440円です。
火事で焼けた時は即座に火事見舞いに行ったほど思い入れがある店です。
入店しますと、新築の店内はがっしりした格天井を始め黒光りした木の柱等江戸風情が店のいたるところに残っております。ひょっとしてこれらのしつらえが価格にのっているだろうかと思いましたら、がま口が酸欠になりパクパクと音鳴りを始めました。

今回のお訪(とな)いの第一目的である名物女将の詩吟のような通し言葉は聞くことができました。
しばらくしましたら帳場を替わった若女将もその詩吟のような通し言葉も駆使できるみたいで、注文をその言葉で通していました。
この通し言葉は歌舞伎のような伝承芸能化しています。
その一方で花番(できたそばを運んだりする人)さんはパートさんみたいでかなりのギャップがあります。
老舗なのだから浅草の「尾張屋」さんみたいな一体感が欲しいところでもあります。

待つこと7分で「せいろうそば」の到着です。
IMG_2139

IMG_2141

IMG_2143

IMG_2144
見るからに量は少ないですね。
それでは実食です。
蕎麦自体は外一みたいですが特段の感動はありませんでした。
つゆは伝統の甘辛で少しザラメ感は強いものの美味しいですね。

案の定これでは量が足りませんので追加をたのみましたら、待つこと7分でまったく同じ「せいろうそば」が来ました。
IMG_2146

IMG_2147

IMG_2149
下町っ子の感覚では、このようにせいろを追加で頼みましたら間髪入れずに次のせいろだけを持ってくるものです。
そうしませんと時間差による膨満感で折角の味が落ちてしまうからです。

「創業明治13年、100世年変わる事ない味と技」がキャッチのようですが不易流行(残し伝えるべきものを残し、変えるべきものを変えること)はどうなっているのでしょうか。
明治人の舌と現代の舌では美味しさの感じ方は変わっています。
明治の歌舞伎を現代で上演してもウケないのと同じです。
色々ゴタクを並べて失礼しました。
上述のように思いれがあり過ぎて過剰に反応してしまったようです。
総括しますと「コスパ悪し」です。
要は蕎麦屋へ来たと思うから臍が横を向くので、憧れの観光地に来たと思えばいいのでしょう。
そんな気がします・・・

それでは(^_-)

西新宿 もうやんカレー 利瓶具 十二社店

今日は「オムニバスな一日」の話です。
久々の「オムニバスな一日」です。
◆神田やぶそば火事見舞い

創業130年のかんだやぶそばの火災から一夜明けた20日、4代目の店主は「建物は解体することになると思うが、半年後には再開したい」と再建を誓った。周辺は東京大空襲を免れ、バブル期の地上げにも耐えた歴史的建造物が数多く残る地域だけに地元老舗店にも動揺が広がったが、関係者は再建に向け地域で協力するという。
濃いめのそばつゆは、池波をして「時の流れをとめてしまう」(『東京のうまいもの』)とうならせるほど。そのそばつゆの材料となる秘伝の「返し」は火災で失われたが、4代目店主の堀田康彦さん(68)は「返しはその都度つくるもの。伝統が味をつくるのではなく、技術が味をつくる。再建後も同じ味は出せる」と強調する。
【中略】
ただ、関東大震災直後の大正12年12月に建てられた店舗は焼け、解体せざるを得ない状況に。昭和25年ごろから通い続けている常連客、高須治雄さん(79)は「このたたずまいが残っていたのが奇跡的だったが…。残念だ」と変わり果てた姿に言葉を失った。明治17年創業の老舗そば店「神田まつや」の女将、小高登茂子(ともこ)さん(76)は「昨夜は眠れず涙が出た。地域で助け合い再建に協力したい」と語る。老舗の鳥すきやき店「ぼたん」の主人、桜井一雄さん(65)はいう。「うちも昭和4年の古い木造建築なので火災には相当気を使っているが、今回の火災は人ごとではない。やぶそばの再建に向け地域で手を携えていきたい」
「産経ニュース」より転載

IMG_4515

やぶそば
下町ビギナーさんと「かんだやぶそば」の火事見舞いに行ってまいりました。
神田老舗街に入るまでもなく、淡路町交差点を少し神田老舗街に食い込んだ辺りから焼け焦げた木材の嫌な匂いが鼻腔に突きささってきます。
これはすごい火事だったんだ、と思って歩をすすめていると、やぶそばは従前通りその景観を保持しています。
あれっ、やぶそばは、焼けずにあるじゃない、と思ったほどです。
実際にが画像でも残っていますよね。
やぶそばに着いてから、やぶそばの周辺をぐるりと回ってみたのですが、焦げ付いた匂いがするのみでやはり外観には異常が見られません。
どうやら店の奥まったところが火元のようです。
個人的には秘伝の「返し」が火事ですべて蒸発してしまったので、何てこったい、と悲嘆にくれていたのですが、その「返し」はその都度作るものだったのですね。
全く知りませんでした。
世が世なら「返し」ですので、今回の火災で「返し」が蒸発してしまい、返し返しも残念でしたと、お店に火事見舞いをするつもりでした・・・ただの与太です、ハイ。

◆ミニストップに夢中
もともと甘党だったのですが、お酒をやめて以来さらにsweetsにハマるようになりました。
個人的にはミニストップさんのsweetsがmy favorite oneです
ここは数あるCVSの中でもセンスが良いですね。
さすがイオングループの先鋭的会社です。
711さんのsweetsはミニストップさんと比較すると完璧に見劣りしますものね。
ミニストップさんは他のCVSとの差別化を図るためにコンビニエンスストアとファストフード店を融合させたコンボストアというコンセプトを押しだしている為に食材系は力を入れているのですよ。特にsweets categoryは力を入れており、その「happyrich sweets」ブランドは高い評価を受けているものであります。
 
1プリン
2プリン
3プリン
4プリン

私の最近の大好物は「カスタードプリン」@150円と「クレーム・ベルギーチョコレート」@180円です。これにプラ〜ス店内でドリップしたコーヒー 「M’s STYLE COFFEE(エムズスタイル コーヒー)」を一緒にいただいており、この組合せをいただく時間は無常の幸せでもあります。

IMG_4517
あまりに頻繁にいくのでとうとう「WAON」を作ってしまいました。
先日「WAON」をお店で取り忘れたことに気がつき、後日取りに行ったのですが、取り忘れの方が私以外に3人もいました。
換金性が高いカードなのにうっかり取り忘れする人っているのですね。勿論私もその中の一人なのですが・・・
それとカードの裏面にサインをしておかないとカード照合するときにかなり面倒臭いのです。
「WAON」に限らずカードの裏面にはサインしておくことを奨励しておきます。

◆海を見ていた午後

最近JUJUさんがカバーした松任谷由美さんの「海を見ていた午後」を懐かしがって聞いています。
私は松任谷由美さんのstalker的歌詞は、聞いていて寒気がするのであまり好きではありません。
しか〜しこの詩はいいですね。
叙情的はなく叙事的でかつ無機的な情景描写が好きです。
横浜に近い大学だったので、山手のドルフィンさんには足繁くテニスクラブの女子達と通っていました。
何度このお店でソーダ水を飲んだことでしょう。
青春の一ページであります・・・


今日は西新宿で打合せです。
打合せが終わって時計を見ればはや21時です。
夕飯でも食べますかと訪れたのが「もうやんカレー 利瓶具」十二社店さんです。

住所: 東京都新宿区西新宿6-25-14 第2中川ビル1F
電話:03-5323-5539
定休日:日曜日

IMG_4478
お店の外観です。

IMG_4485
IMG_4488
IMG_4484
店内の雰囲気です。
店内は思いっきりHawaiian tasteで統一されています。

IMG_4479
IMG_4480
メニューです。

IMG_4481
IMG_4482
薬味の面々です。

本日のオーダー「もうやん式ドライカレー(5辛)+八分盛り」@1,100-@150=850円です。
もうやんカレーはかつて大忍具店さんに行ったことがあり、味より量というimageが固着しているのですが、本日は味に期待です。
Hawaiian tasteの店内風景からロコモコ (locomoco)をassociateさせられてしまいドライカレーにしたのですが、少し嫌な予感が・・・

IMG_4486
IMG_4487
待つこと17分で到着しました。
見た目美カレーです。
どうやらこのドライカレーはカレーチャーハンではなくライスの上にカレールーをのせオーブンで焼き上げた一品のようです。

それでは実食です。
まずは赤丸の5辛をご飯に混ぜ込まなければなりません。
気分はビビンパです。
こういうのはあらかじめお店でルーの中で完結して欲しかったですね。
正直面倒臭いです・・・
味ですか、なにかhodgepodge(ごちゃ混ぜ)感が強くて、美味しいのだかどうだか分かりません。
スープンをサクサクと口に運んでいるので不味くはないのでしょう。

IMG_4483
で〜もこのお店には薬味という力強い援軍があったのです。
薬味がおいしい、とくにらっきょは秀逸です。
だんだん薬味の量がおおくなりドライカレーを食べているのか薬味を食べているのかわからなくなってきました。
何しに来たのですかね(笑)
ということで本日の結論、もーやんドライカレーはもうぃやん、でした。

IMG_4489
食後のコーヒーはrefill(お替り自由)でしたし、Hawaiian feelingは楽しめたし、薬味は美味しかったし、それなりに満足な夕食でした、ハイ。
That is all for today! .(今日はこれで終わります!)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ