下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

かっぱ寿司

御徒町 英鮨

今日は「上野de徘徊?」です。
IMG_7250

IMG_7249

IMG_7248

IMG_7251
前日のブロ グの通り、奥様の意図?錯誤?により、命の次に大事にしていたラン靴をゴミ出しされた私は、極度の悲嘆により尾羽うち枯らし枕を濡らしながら寝いったのです。
しか〜しぐっすりと寝た後はすっかりと元気になりました。
そして今回の事を悔い改めた奥様より慰謝料を頂き、早速御徒町にラン靴を買いに行ったのです。
奥様より頂いた慰謝料はラン靴×2足分ですので、熟慮断行の上、練習用と競技用の2足を買い求めたのです。
冷静に考えればこれって「災い転じて福となる」そのものでありまして、所謂一つの僥倖でも有り、換言すれば「奥様ありがとうございましたm(__)m」なのです。

新しい靴を買い、気分爽快となった私はお腹もすいたのでランチを食べようと上野を徘徊?逍遥?探索?観察?する事としたのです。

IMG_0551
最初に向かった先は「満奈多(まんなだ)」さんです。
Just my luck! (運が悪いなー!)
今日は日曜日なのでお休みでした・・・

IMG_7254

IMG_7253

IMG_7252
そして踵(きびす)をアメ横方面に向けて歩きはじめました。
そして私の目に飛び込んできたのは「磯丸水産」でした。
ここの「貝ちらし丼」を食べようと入店したのです。
しか〜し入店したしましたら13時ちょいすぎだというのに店内は飲屋と化しており、しばらく我慢していたのですが、店員さんはオーダーを取りに来ないわ、となりの酔客に話しかけられるわで、とても落ち着いてお昼を食べる雰囲気ではなく、数分間座っただけでそそくさとお店を出てしまいました。

IMG_7255

IMG_7256

IMG_7257

IMG_7258
酔客といえば昼のアメ横はみなさん開放的に飲酒で明色化をしています。
日本人っていつから昼飲みが定着化したのでしょうか、この殷賑(いんしん)をみるかぎり一つの風景となっています。飲酒をしていた頃、昼飲みは嫌いではありませんでしたが、飲んだ後のけだるくて緩慢な時間がもったいなくてあまり実行しませんでした。

IMG_7263

IMG_7277

IMG_7276
その後「たぬき小路」を抜けて手のし餃子の名店「珍満」さんに出向きしたら、店内超満員で入店を断念しました。

このあたりで頭の中に暗雲がたちこめてきました。
いわゆる「嫌な予感」です。

IMG_7279
次に訪れたのはセレブとんかつ「蓬莱屋」さんです。
ところがこのお店の扉に手をかけた時に、ここの「とんかつ定食」が@2,900円だった事を思い出して扉に手をかけただけで入らずじまいでした。
帰宅してnetでこのお店をのぞいてみたらあまり評価は高くなかったようでしたので私の決断が結果的に正しかったようです。
中学校の頃でしょうか?
ここのトンカツにいちゃもんをつけた客に対して当時の店主が逆ギレし確かバットで殴りかかろうとして、刑事事件になったことがありました。
口さがない下町っ子達は、蓬莱屋はてぇしたもんだよ、カツをあげずに、サツ(警察の事)にあげられたぜ、と揶揄していたことを思い出しました・・・

IMG_7264
ところで私はどこに行くのでしょうか、はたしてランチは食べられるのでしょうか・・・
時計に目をやると14時です、なんてこったい一時間も上野を徘徊してしまいました。
そろそろお店を決めないと死にそうです。
上野に耐久レースをしにきたのではありません。
そこで再度頭のCPUをfull slotにしたところ、寿司屋通りにいけばいいじゃん、という結論にいたりました。
そういえば鯨飲中はよくこの界隈の寿司屋で飲み倒したものでした。
というこで今日のお店は昔さんざん通った「英鮨」御徒町店さんです。

住所: 東京都台東区上野4-2-11 大原ビル 1F
電話:03-3837-3507
定休日:年中無休

IMG_7265
お店の外観です。

IMG_7267
店内の雰囲気です。

IMG_7275

IMG_7268
メニューです。

今日のオーダー「上にぎり」@1,360円です。
入店して分かったのですが、このお店は私が良く食べ?飲み?にきていた寿司屋さんではありませんでした。
仕方ないです、それに気が付いた時には「上にぎり」のオーダーが通っていましたから(笑)
しか〜しこのお店も飲屋と化していました。
お酒を頼んでいないのは私だけです、なんかなぁです。

IMG_7269

IMG_7271
待つこと11分で「上にぎり」の到着です。
すしネタは、中トロ、マグロ、ハマチ、サーモン、玉子、海老、いくら、穴子、かっぱ巻き×3巻、鉄火巻き×3巻の陣容です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
あれっ、すごく美味しいのです。
ネタは肉厚がありますし、寿司にもきっちりと仕事がされています。
特に玉子は甘さ控えめで出汁がきっちりときいています。
併せた海苔が香りと彩(いろど)りを高めています。
さすがに職人さんが直(じか)に握っているので味が違います。
さらに味噌汁が秀逸です。
このお店はホンマモンのお店ですね。

IMG_7272
最後の方にガリがなくなったので追加を頼みましたら気持ちよく出していただきました。

とても美味しいお鮨をいただく事ができました、満足です。

IMG_7273

IMG_7274
ところでこのお店を出てから発見したのですが、私が良く食べ?飲み?にきていた寿司屋さんは「かっぱ寿司」さんでした。で〜もこちらは大行列でしたので、間違わずに来ていても入らなかったでしょう・・・

それでは(^_-)

続 富士見台 麺條居士

今日は「回転ずし受難」です。
回転すし
「30代男性がマクロの皿をとった後にサーモンを選ぶ確率は?」 
あきんどスシローは顧客の注文を先読みするシステムの開発を急ぐ。1人あたりの平均食数は10皿。豊崎賢一社長は「もう1皿を誘うポイントを探し出せ」と専任チームにハッパをかける。 
全国に約350店あるスシローが蓄積する販売データは1年で15億。膨大な経験値を分析して「軍艦巻きを食べた小学生の男の子が卵焼きを食べたくなるタイミング」を狙い澄まして皿を流すサービスに挑む。

週末には60〜90分待ちもある回転ずしの人気店。「くら寿司」のくらコーポレーションはインターネット予約をいち早く導入。顧客の待ち時間を減らしつつ、座席の稼働率を平準化した。景品が当たるルーレットが付いた注文タッチパネルで子供を飽きさせず、店内で待つ顧客にはスマートフォンに電子漫画を配信して楽しませる。 
2000年から12年に市場規模が2倍近く膨らんだ回転ずしの成長のけん引役が、顧客満足度を高めるIT(情報技術)経営だ。裏方でも100万円を超える「しゃり玉ロボット」を導入して省力化。売上高人件費比率もシステム化で先行してきたファミリーレストランより平均で5ポイント低い。 
だが、調査会社エヌピーティー・ジャパン(東京・港)によると昨年10月、24ヵ月連続で前年実績を上回っていた回転ずしの利用客数がマイナスに転じた。同社は「低価格に慣れた家族客がファミレスなどに流れはじめた」とみる。  
変調の波は出店競争にも及ぶ。大手3社が得意とする郊外が一巡。「幹線道路沿いの出店余地が狭まり、都心部に新たな出店地を求めている」
(いちよし経済研究所の鮫島誠一郎主席研究員)
「変調の波回転ずし」日本経済新聞より転載

なな何とデフレキングの回転ずしが調子悪いようです。
理由は色々とあるようですが、一番目の要因は“客離れ”のようです。
低価格に慣れた家族客がファミレスに流れ始めたようです、
要は回転ずしの味に飽きられたのでしょう。
二番目の要因は円安による原料高と日本人の味のこだわりからおきる海外調達の難しさが起因しているようです。
というのも回転ずしの原価に材料費の占める割合は45%と構成比の中で断トツです。
ちなみに他の比率は、人件費が25%、地代、家賃、水道光熱費が25%、営業利益が5%です。
ここで特徴的なのは収益性の低さですね。
例えば安定的に輸入している人気ネタが不漁となれば、他の国から高くても緊急輸入しなければならず、あっというまに10%程度材料コストがあがります。
45%×10%≒5%ですから、瞬間的に5%の利益は吹き飛んでしまうわけです。
そのような背景のなか、かっぱ寿司の13年2月期決算は9億円の黒字予想から20億円の赤字になっているようです。他のくら寿司、スシローも似たり寄ったりの決算です。

このような構造的収益体質から回転ずしでは“脱すし”メニューに力を入れて、魚の使用率を下げる試みをしています。実際にくら寿司ではデザートなどのすし以外のメニュー比率を4割までもってきています。
しか〜しどうなのでしょう、回転ずしにきてデザートを食べる必然性ってあるのでしょうか。
子供客が多いくら寿司では喜ばれるのでしょうが・・・
私は大人客の多い銚子丸にいっていますが、そこでもデザート皿は流れていることは流れていますが、取る人はほとんどいません。
難しいところですよね、すし以外メニューを増やすのはお店の勝手ですが、取ってくれなければ意味がありません。その一方で好きなすしを食べに来ている客は、肝心要のすしが流れてこなくてデザートばかりでは、食の楽しみは半減となりいずれは再訪しなくなります。

いずれにしてもデフレ下で急成長した回転ずしは、景気回復の期待が高まる中、あらたなパラダイムを作り上げなければなりません。
頑張れ回転ずし、たまには食べに行くぜ



巨匠ウディ・アレン監督が、古都ローマを舞台にさまざまな男女が繰り広げる人間模様を¬軽妙なタッチで描くロマンチック・コメディー。『タロットカード殺人事件』以来となる¬ウディが自身の監督作に登場するほか、ベテランのアレック・ボールドウィン、『それで¬も恋するバルセロナ』のペネロペ・クルス、若手実力派ジェシー・アイゼンバーグ、エレ¬ン・ペイジら豪華キャストが勢ぞろい。コロッセオやスペイン階段などの名所をはじめ、¬普通の観光では訪れることがあまりない路地裏の光景など、次々と映し出される街の魅力¬に酔いしれます。



今日は富士見台に出没です、美味しい中華でもたべるかとお訪(とな)いをいれたのは「麺條居士(めんじょうきょし)」さんです。
このお店は美味しいですよ。
今日はどのような喜びを与えてくれるのでしょうか・・・

住所: 東京都練馬区貫井3-16-11 関口ビル1F
電話:03-3999-2185
定休日:無休

IMG_6016
お店の外観です。

IMG_6020

IMG_6025
店内の雰囲気です。

IMG_6017

IMG_6018
メニューです。

IMG_6021
今日のオーダー「海老となすのチリソース」@1,160円です。

IMG_6022
待つこと10分で「トマトのスープ」です。
トマトの酸味がよいですね、味わいは意外とマイルドです。
イケます。

IMG_6023
「茄子としし唐の煮びたし」です。
うん、これは食感が最高です。
美味しいです。

IMG_6024
待つこと11分で「海老となすのチリソース」の到着です。
なんとも色鮮やかな一皿です。
これは海老良し、なす良し、ソース良しです。
白眉はモロッコいんげんです。
これが食感と彩(いろどり)に良いアクセントになっています。
なんとも美味しい一皿です。
チリソースの辛さがこのお店が四川の名店である事を思い出させます。
とても美味しゅうございました。

それでは(^_-)


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ