下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

かいぼり

石神井公園 エン座 4th

年頃の男の子がなる病気
老人になった証としてかかる病気の一つである「前立腺肥大」になりました。
男性だったらほとんどの人がなるので致し方ありません。
前立腺が肥大する原因はまだはっきりとは解明されていません。
しか〜し「男性ホルモンの働き」が関与していることは間違いなく、中高年になって男性ホルモンを含む性ホルモン環境の変化が起こることにより、前立腺が肥大すると考えられています。
私の場合は「夜間頻尿」です。
去年、薬を飲み続けていたら治ったのですが、寒くなってきたらぶり返したのです。
それもパワーアップして帰って来たのです。
頼んでもないのに・・・
会社を辞めたので医者を変えました。
変えた理由は通うのが大変だからです。
今度の先生は泌尿器科どっぷりの先生です。
腕はいいみたいですがかなり変わっています。
先週、定期健診に伺いました。
先生に、状況があまり改善しません、というと、薬が合わないのかな。
頻尿の薬は難しいんだよ。
夜中に何回くらいトイレに行くの?と聞かれたので、平均3回です。
おかげで毎日寝不足ですよ、と言いますと、そりゃつらいよな。
前にもいったけど、夜間頻尿には疲労が一番なんだ。
運動してる、と聞かれましたので、月/100勸未倭っています、と言いますと、一回にどのくらい走るの、と言われたので、7〜8劼任后
というと、もしかして走った後は疲れていないんじゃない、と聞かれたので、ルーテインですからね。
疲れは残りませんね、といいますと、それだな。
前にも言ったじゃない、疲れるまで走らないと。
走る時はヘトヘトになろうよ、と言われたので、疲れが残ると抵抗力が落ちコロナには良くないのでは、と言いますと、よくいうよ。
寝れば抵抗力が付くから大丈夫。
走る時は死ぬ一歩手前までね。
水は飲んでる?
水ですか、喉が渇かないのであまり飲んでいません。
妻からも水を飲むようには言われていますが。
それだな、夜間頻尿の多くは昼間の水が足りないんだよ。
だから夜に小水が溜まるんだ。
そんでトイレが近くなるんだ。
で〜も、喉が渇かないのです。
それはね、貴方が良くても、カラダは悲鳴をあげているよ。
永ちゃんの言うことは聞くけど、自分のいう事は聞かないのとおんなじだよ。
えっ、永ちゃんって、矢沢永吉の事ですか、と聞きますと
いるんだよね、そういう人って。
いい、一時間に必ず水は100娑んでね。

8-3-3
今度は尿流量測定(ウロフロメトリー)やるからね。
貴方の頻尿を科学的にあぶりだそう。
治るよ、いや、治すよ。
その日まで頑張ろう、と言い切って診察は終了しました。
この先生は体育会系の方で、ツボにはまると発言がこのようにエキセントリックになります。
たまに何を言っているのかわかりませんが、まぁ、先生を信じて夜間頻尿を治していきますか(笑)


Golden Retrievers Patiently Wait to Get Paws Cleaned



IMG_2469

IMG_2467

IMG_2470

IMG_2474
今日の石神井公園池は「かいぼり」です。
「かいぼり」とは池から水を抜き、一定期間干して、清掃、堤や水路の点検補修を行う作業を言います。
今日は暖かいから皆ニコニコしながらこのかいぼりを見ていますが、厳冬だったら見てる方はさておきボランティア活動の方々は地獄だったでしょうね。

IMG_2471

IMG_2476
ところでこの自転車はどのようにしてここに沈んでいるのでしょうか。
謎であります・・・

IMG_2443
という事で今日のランチは武蔵野うどんです。
武蔵野うどんの名店「むさしの エン座」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都練馬区石神井町5-12-16石神井公園ふるさと文化館内
電話:03-3995-1577
定休日:月曜・第1火曜

IMG_2444
お店の外観です。

IMG_2466

IMG_2444

IMG_2453

IMG_2455

IMG_2454

IMG_2458
店内の雰囲気です。

IMG_2452 (2)
メニューです。

今日のオーダー「霙糧(みぞれかて)うどん」=900円 です。
超混雑の為、約1時間待ちとの事。
仕方ないので名前を書いた後、ふるさと文化会館内で時間つぶしをしていました。
1時間後に戻ると後3番目だそうです。
食べる前に疲れます。

IMG_2456
水はセルフサービスです。

IMG_2459
店内はコロナの為かピリピリしています。
席に着いたのでマスクをはずしていました。
花番(客の注文を奥に通したり、できたそばを運んだりする人)さんが、注文を取りに来ましたら、オーダーはマスクをつけて言ってください、ときつく怒られました。

IMG_2461
待つこと16分で「霙糧(みぞれかて)うどん」の到着です。
糧(かて=おかず)うどんは画像の通り白地の麺に緑と桃色の麺が紡がれたような感じでいきおい食欲をそそります。茹で上げた濃緑のホウレン草は以前うどんの脇にのっていたのですが薬味の処に移されていました。
薬味は針生姜と葱です。
つけ汁は豚肉、お揚げ、牛蒡が入っています。

IMG_2462
それでは実食です。
うどんはしなやかで滑らかで弾力系のコシあって、これは凄い美味しさです。
ほのかに甘みさえ感じます。

IMG_2463 (2)

IMG_2465 (2)
つけ汁の肉は固まりになっていて興ざめです。
つけ汁は不味くはありませんが美味しくもありません。

IMG_2464 (2)
白眉は霙(大根おろし)です。
これは清廉というかよい香りがして美味しかったです。
体内の溜まった有害な毒物を排出させるデドックスになりますね。
総括として1時間強待って食べるものでもないと思います・・・

それでは(^_-)

続 吉祥寺 オリジナルパンケーキハウス

今日は「I love butter!」です。
ちびくろサンボ
かわいそうなちびくろサンボ。お気に入りの上着もズボンも靴もカサも取られ、泣きながら歩き出しました。
すると、突然、恐ろしい声が聞こえてきました。
「グルルー」
声はだんだん大きくなってきます。
「大変だ、虎がぼくを食べに来る!」
ちびくろサンボはあわてて近くの椰子の木に隠れ、そっと様子をうかがいます。
「おれがいちばん偉いんだ」
「いや、おれだ」
どうやら、あの4匹の虎が、誰がいちばん偉いのか、ケンカしているようです。そのうち、みんな本気で怒りだし、いっせいに飛び上がって取っ組み合いの大ゲンカを始めました。上着もズボンも靴もカサも放り出し、爪を立てたり牙でかんだりと、たいへんな騒ぎです。
虎たちはぐるぐるともつれ合って、ちょうどちびくろサンボが隠れている椰子の木までやってきました。ちびくろサンボはさっと飛び出して、カサの陰に隠れます。
ケンカはいっそうひどくなっていき、それぞれの虎が互いのしっぽにかみつき始めました。4匹の虎が、それぞれ前にいた虎のしっぽをかんだわけですから、椰子の木を中心にして、虎の輪ができあがりました。
ちびくろサンボは遠くに逃げて
「虎さんたち、上着もズボンも靴もカサもいらないの?」
と大声で叫びました。けれども、虎はうなるだけです。
「いるのなら、いるといっておくれよ。でなきゃ、全部もっていっちゃうからね」
こう叫んでも、虎たちのケンカはいっこうに収まりません。そこで、ちびくろサンボは落ちている上着とズボンと靴とカサを取り戻して、逃げ帰ってきました。
虎たちのケンカはまったく収まりません。相手を食べてしまおうと、あいかわらずお互いのしっぽをかんだまま、木の回りをぐるぐると回るばかり。虎の輪はだんだんとスピードをあげていきました。輪の速さはぐんぐんと上がっていき、いまや、どれが足でどれが頭かさえ分からないほどです。それでも虎たちは早く早く走り続け、そのままとうとう溶けてしまいました。椰子の木の回りに、溶けた虎のバターができたのです!

ちびくろサンボのジャンボパパが仕事から帰ってくるとき、ぐうぜん、このバターを見つけました。
「これは上等のバターだ。おみやげに持ってかえって、おいしい料理を作ってもらおう」
ジャンボパパはこう言うと、持っていた大きな壺にバターをたっぷりと入れて、家に持ち帰りました。このバターにマンボママは大喜び。
「さぁ、晩御飯はホットケーキのごちそうよ」
マンボママは、粉と卵とミルクと砂糖とバターをこねて、ホットケーキのもとを大量に作りました。それを虎のバターで焼いてみると、ケーキは黄色と茶色に焼き上がりました。まるで虎そっくりです。
さぁ、晩御飯の時間です。3人はホットケーキをたっぷりと食べました。マンボママは27個、ジャンボパパは55個、そして、ちびくろサンボは、なんと169個も平らげてしまいました。
おなかがペコペコだったんですね。
頑張った自分へのご褒美温浴「不朽の名作「ちびくろサンボ」全文公開!」より転載

私はパンが好きです。
で〜も本当にそうなのかしらんと考えてみたら豈図らんや実はバターが好きだったことに気が付いたのです。
その端緒がこの「ちびくろサンボ」です。
多分この本を読んでからバターが好きになったのです。

入道雲がわき上がり、青空がまぶしい夏の日に母にお願いして初めてのホットケーキを作ってもらいました。
黄金色に焼き上がったホット―ケーキからはかぐわしい匂いが立ち込めています。
その立ち込める匂いを鼻腔にふくらませまて、私はホットケーキの脇に待機させていたバターをおもむろに取り出し、バターナイフに盛って、ホットケーキの全面に塗りたぐりました。
しばらくするとバターはホットケーキの余熱でマグマのように溶け始め落ち着き場所を求め広がっていきます。
そしてその浸食がとまった時に巧妙で鮮やかな模様がホットケーキの上に描かれました。
そして次に私は茶色のメープルシロップを同心円を描くようかけ回しました。
すべの儀式は完了したのです。
そしていただきました。
何という美味しさなのでしょうか、未経験の口福が私に訪れました。
牛乳と卵と薄力粉が醸しだす味の芸術、それを最大限に引き出すのはバターです。
この日以来私はバターのとりこになったのです。
その後バターピーナツを知り、長じてはウィスキーにはレーズンバターが合う事をしりました。
しか〜し熱々のホットケーキで溶けたバターの前では全て顔色を失ってしまうのです。
I love butter!

今日は吉祥寺に奥様と出没しました。
ただいま井の頭公園は100周年記念では池の「かいぼり」を行っていました。

今回の「かいぼり」は、池の水を入れ替えると同時に外来種の駆除等を行うそうですよ。
「かいぼり」とは「魚類を捕るために、池や堀などの水を汲み出すこと」をいうのですって、初めてこのような言葉があるのをしりました。

折角ですのですので画像で紹介します。
IMG_9341

IMG_9340

IMG_9342
IMG_9332


IMG_9330

IMG_9331

IMG_9335

IMG_9336

IMG_9337


IMG_9333

IMG_9334


番外編です。

何とも愛嬌あるワンコ(陶製)でした。IMG_9329


ちょっとクリビツの女性です(笑)
IMG_9343


奥様お気に入りのperformerです。
客イジリが上手いですね。
なな何と奥様は彼のご祝儀に英世さんを一枚渡していました。
以外とお金持なのです・・・
IMG_9338

IMG_9339



ということで今日のフリネタからというか・・・
このお店に行くのでこのフリネタをつくったのです。
そうです私の奥様もホットケーキのたぐいは好きなのです。
今日のお店はアメリカで創業60年の伝統と歴史のあるパンケーキ専門店「オリジナルパンケーキハウス」さんです。

住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺店 1F
電話:042-226-6378
定休日:不定休(丸井吉祥寺店に準ずる)

IMG_9314

IMG_9315
お店の外観です。

IMG_9319

IMG_9318

IMG_9321
店内の雰囲気です。

IMG_9316

IMG_9317
メニューです。

今日のオーダー
「ダッチベイビー」@1,280円です。
「ベーコン&ホワイトチェダーオムレツ」@1,400円です。
これを2人でshareしました。

IMG_9323
待つこと5分で「ダッチベイビー」の到着です。
オーブンでじっくり焼き上げたジャーマンケーキのパンケーキです。
お店の人が仕上げの作業をしてくれました。

IMG_9324
最初にバターをふんだんに塗りまわします。

IMG_9325
そして砂糖粉をふります。

IMG_9326
完成です。
見た感じ硬さがあるのかなと思いましたがフワフワの焼き上がりでした。
すごく美味しいですね。
ここのバターはそふとあんどまいるどなのです。
ですのでこのパンケーキの味わいを最大限に引き出しています。
後半奥様の提案でレモンを絞ってかけたのです。
これが想像を超えた味の引き締まりでこのパンケーキの味を極大化させたのです。
病み付きになりそうな味です。
これは美味しいですね。次回はホィップクリームを追加しましょう。

IMG_9327

IMG_9328
待つこと16分でです。
これはふわふわオムレツに厚切りベーコンとホワイトチェダーチーズが入っています。
前回 頼んだ「チーズオムレツ」が初心者向けとしますとこの「ベーコン&ホワイトチェダーオムレツ」はベテラン向けという感じですか。
これは厚切りベーコン勝です。
これがこのオムレツの味を引き締めています。
とても美味しいです。

このお店はしばらく来そうです・・・

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ