今日は「大門ブラリ旅」の話です。 
ここのところ続いている休日出勤です。
でも今日は14時頃終わったので奥様と待ち合わせして大門へまいりました。
IMG_9530
大門へきた理由は戦後初めて一般公開された「三解脱門」を見学に参ったのです。
一般公開の期間は9月17日(土)〜11月30日(水)です。
それではこれからはパチリでご覧ください。

IMG_9493
大門から三解脱門へ行く途中のパチリです。
何ですか、この白バイのお巡りさん停止線オーバーじゃないですか。
大学3年生の時、東京都港区三田四丁目と高輪一丁目の境にある魚籃坂下(ぎょらんざかした)で停止線オーバーのため切符を切られそうになったことがありました。
その時は母と妹が同乗していてくれたので、ひたすら謝ってもらいなんとか事なきを得たのですが、それ以前に私が免許証不携帯をしておりお巡りさんから、このままでは返せませんといわれ、往復70分かけて自宅に免許書を取りに帰ったのです。
戻ってみると母と妹が旧知の仲の様に親しくお巡りさんと話しており、完璧に交番の住民として溶け込んでいたのには驚いたものです。
その為か爾来このようなパチリの警察官の不祥事?をみると”訴えてやる!”という気持ちになってしまうのです(悲)

IMG_9492
三解脱門の楼上です。白丸のところへ上がることができるのです。
この楼上は江戸時代も定期的に一般公開されていて、この楼上からは東京湾(江戸湾?)は勿論のこと遥か房総の山々も睥睨(へいげい)できたそうです。
物見高い江戸っ子は我先にと訪れていました。
IMG_9494
しかし急な階段です。画像の階段のさらに上にある階段はほとんど直角です。
現在は仮設の階段があり何とか上り降りが可能ですが、江戸時代は縄か何かをたらして
昇降したのだと思います。
IMG_9495
このパチリは三解脱門の背面です。

その後は人後に落ちない墓マイラーの私ですので特別公開中の徳川家将軍家霊廟に訪れ
ました。
IMG_9496
皇女和宮のお墓です。和宮は明治10年(1877)31歳という短い生涯でした。
没後は政府より遺体を京都に戻すよう沙汰があったそうですが、本人の遺言に従い増上寺はこれを拒絶しましたのでここで安らかに眠られているのです。
IMG_9497
秀忠公、お江様のお墓です。ちなみに左がお江様、右が秀忠公のお墓です。
ということで久々に満足できた休日の歴史探訪でした。


日曜日の大門って食べるところがほとんど休みの為、唯一やっていた「龍馬灯ラーメン」さんにお邪魔しました。

住所: 東京都港区芝大門2-8-9
電話:非公開
定休日:日曜日?

IMG_9483
お店の外観です。

竜馬灯
数週間前に「ぶらり途中下車の旅」で歌舞伎役者の片岡孝太郎さんが訪れたようです。
NTVのプロデューサーの方から、▲▲日に撮影に行きますので宜しくお願いします、との
電話があり、本当かしらと思っていたら、突然ブラリときて撮影となったようです。
ちなみに食事代はNTVの経費で落としたそうです。

IMG_9491
店内の雰囲気です。

IMG_9484

IMG_9485
メニューです。

IMG_9488
私のオーダー「カレーつけ麺」@800円です。
この「カレーつけ麺」は辛さが程良く鰹出汁(だし)に良く合います。
IMG_9490
付け合わせのチャーシューが馬鹿美味です。
平打ち麺もコシがあり結構です
これは紛(まごう)うこと無きお薦めの一品です。

IMG_9489
奥様のオーダー「鰹つけめん」@750です。
これは鰹出汁(だし)がガッツリ効いている濃厚な一品です。
馥郁(ふくいく)たる香りが食欲を高めます。
とても美味しいですね。

それでは(^_-)