下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

うどん

飯田橋 雅楽

今日は「受付嬢雑感」です。
受付嬢
年始挨拶でいつも思うのはぞれぞれの企業の受付嬢のキレイさです。
私が人事の時の記憶で申せば企業の受付嬢はほとんどが派遣社員です。
背景は某企業が永年受付嬢をしていた社員を容姿の衰えを理由に解雇しようとしたのですが、解雇要請をされた社員が訴訟にもちこみ職権乱用で敗訴した判例があります。
したがいましてどこの企業も短期間で回せる派遣社員を採用していると思います。

なんで受付嬢に萌えしてしまうのでしょうか。
やはり企業の窓口ですのでどこの会社にいってもそれなりの美形の女性が配置されています。
換言しますと、受付カウンターの向こうにいる女性は、一般男性が通常は相手にもされない所謂「高嶺の花」なのです。それが制服を着ることによってさらに近寄りがたい雰囲気を醸し出しています。
しか〜し彼女達がそのような「高嶺感」を持っているからといって、私達にそっけない態度は絶対にとりません。
誰にでも愛想よく接してくれますし、こちらが事前情報不足、たとえば久々の訪問の為にその訪問者の部署名が変わっていた場合は、まるで我が身に振りかかった問題かのように、一生懸命に対応してくれます。
特に困った時の眉を曇らす風情がそこはかとなく胸にズキンときます。

私は個人的に外国語に強いコンプレックスを持っているので、たまにある光景なのですが、非英会話圏の仏蘭西人の様な訪問の際には、当り前のように彼女達が仏蘭西語をしゃべり対応するのです。
その優雅な光景をみているとたまらなくなるのです。
これは大学時代に六本木で遊興していたとき、一緒にいたテニスクラブの女性の先輩が、たまさか遊びにきていたオサレな仏蘭西人と当り前のように仏蘭西語を話していたのを脇で見ていて、その時に感じたカッコ良さ結びついているのです。

何れにしてもこのフリネタのkeywordは「若さ」です。
例えば由紀さおりさんのような「高齢受付嬢」に応対されたらやはり引いてしまいます。
かといって若いからと「キャバクラ嬢」の様なとんがった若さはno thank youであります。
若い女性に一言申したいのです。
若い時は心の筋肉をつけてください。
気の合う仲間とばかりでなく、あえて違うタイプと交流してストレス耐性をつくってください。
そのようにして自らを磨くことでもう一人の自分を創造して見事に演じきってください。
巷間では吉永小百合さんは「清純派」といわれていますが、実態は違うとおもいます。
亡くなられた高倉健さん、現存している田村正和さんも同様です。
いずれも皆共通している事は、演じているもう一人の自分にブレがない事です。
多分吉永小百合さんは天国へ昇るまで「清純派」を演じているのでしょう。
若い女性が自立して生きるためには、いつでももう一人の自分をしたたかに連綿と演じ続ける事です。
よい女性を演じることで、輝く未来を切り開いていきましょう


素直になりたい 指原莉乃OPV



IMG_4891

IMG_4882
今日は飯田橋に出没です。
今日のお店は「うどんの中のうどん」で有名な行列のできるうどん屋さんです。
今日のお店は「雅楽」さんです。

住所: 東京都千代田区飯田橋3-7-3岡田ビル1F
電話番号:03-3239-8848
定休日:日曜日

IMG_4890
お店の外観です。

IMG_4885
店内の雰囲気です。

IMG_4884
メニューです。

今日のオーダー「雅楽のかきあげうどん+じゃこ山椒めし」@950円です。

IMG_4886
待つこと13分で着盆です。
見た目山椒めしの量が多いですね。

IMG_4889
それでは実食です。
お汁(つゆ)は清涼感あふれるかつお風味です。
うどんはエッジが立っているしこしこうどんです。
このうどんはうどん勝でしょう。
他を圧倒する様な美味しさです。
極論すれば他のお汁(つゆ)とか具とか「刺身のつま」的存在におとしこまれてしまいます。
味ですか、うどんの孤軍奮闘感はありますが美味しいです。

IMG_4888
天麩羅は外硬内硬です。
油切れは良いです。
私はこのように分けて出される天ぷらは丼にいれないで、塩のみでいただきます。
ぷりぷりのエビ2尾と玉ねぎが内包されています。
多分揚げ場の方が意図的に硬めに揚げているのでしょうが、なにか邪道ですよね。
味ですか私の嫌いな硬さなのでコメントできません。

IMG_4887
白眉はじゃこ飯です。
これは美味しいですね。
ほのかに山椒が香り、薄めの味付けが高評価です。
個人的にはこのじゃこ飯とふっくら天麩羅なら最高だなと思うところであります。
うどんはいいでしょう・・・

それでは(^_-)


土支田 小麦屋満月 

今日は「畳替え」の話です。
小麦屋満月1
奥様が突然寝室の畳を替えたいと言い出しました。私は鬱陶(うっとう)しく思い知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいたのですが、ある日この広告が我が家に入ってきたのです。
先着75名様限定ということでしかも国産畳が一畳5,670円とのことです。
ひっかけ広告と思いながらも、見積もりだけはとりに来させました。
採寸を兼ねた見積もり提出日の当日に私は風邪をひいてしまい、絶対勝手に発注しないでね、と奥様に言い残して病院にいったのです。
すると病院にいた私に奥様からのmailが、一畳二万円の畳が、今日に限り一万円だって。買ってもいい?とのことです。一畳一万円ですって、我が家は料亭でないのだからそんな高級畳は要りません、って思いながら典型的なひっかけ商法だなと確信したのです。
帰宅すると業者は次の引合先に行くとのことで既に不在でしたが、本日の経緯を奥様から聞きましたところ
1.一畳5,670円の畳は中国製のイ草で質が良くなく、2〜3年でまた畳替えが必要とのこと→やはり引っかけでした 
2.今回の特性国産畳は残り少なく、今を残すと二度とチャンスはないとのこと→対面販売の典型的なセールストークです

取り急ぎ今日の業者に断りの電話を入れました。そして断った手前どこかで畳を購入しなければならず、近所の畳屋さんでハードネゴしました。だいたい畳はピンキリではありますが普通の家で、畳に縁(へり)込みで7,000〜8,000/畳(防虫ネットは別途)でしょう。ネゴの結果、一畳(防虫ネット、麻縁=非常に高価な畳縁込)8,000円(実質6,000円台後半)で発注することができました。
近所の畳屋さん曰く、ひどい業者だとなんだかんだいって勝手に畳を持っていき、解約しにくい状態にするんですよ、とのことです。
やはり“安物買いは銭失い”になるのですね(笑)

今日のお店はうどんの評判店「小麦屋満月 」さんに奥様帯同で出向きました。

住所: 東京都練馬区土支田4-12-8
:03-6321-6830
休日:火曜日

小麦屋満月2
お店の外観です。このお店もともと和菓屋さんですので、店に入るとすぐに和菓子のウィンドゥケースが目に入ります。ケース内にはnouvelleな和菓子が多く見受けられます。

小麦屋満月3

店内の雰囲気です。

小麦屋満月4
まずお手並み拝見は、「もつの煮込み」@350です。これは美味しいですね。
もつはよく掃除がされていて、なおかつ弾力がります。タレの味が濃いのですが、もつ煮込みですからこの位の味付けでなければ、もつの脂身分に負けてしまいます。

小麦屋満月5
奥様注文の「満月粒麺」@650です。
具はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みパプリカ、白ネギ、刻みネギ、ほうれん草
です。麺は中太自家製縮れ麺です。ダシは鴨ガラとさんま節から取られた和風ダシです。
味ですか、和風系ではtop levelではないでしょうか、バリ美味です。

小麦屋満月6
私注文の「茸うどん」@650です。
具はエノキ、エンリギ、シメジ、蒲鉾です。麺は杵付きで強い食感です。ダシは昆布、鰹、鯖からとった関西ダシです。味ですか、麺、ダシともイケます。特に麺の弾力性は食べることを楽しくさせます。

それでは(^_-)

味気ない話其の二

今日の話は「味気ない話其の二」です。
私が札幌に行く前富士吉田のお客さんを担当していた頃の話です。
そこの社長さんかなり偏屈で狷介で孤高で固陋という頑固業界の首領(ドン)みたいなオジサンで、いつも会うたびにかなり緊張していたことが思い出されます。

ある日この社長がたまには飯食うかということで、富士吉田で一番美味いうどん屋に連れって行ってやるといわれ二つ返事ヘコヘコとついて行きました。
今でこそ富士吉田は「うどんの宝庫」ということで観光スポットになっていますが当時はそれほどブレークしていません。
しかし宴会と祝儀などの時は、必ず「うどん」を食べて終わりにするという位な“うどん好き”な土地柄ですので期待は十分です。

社長のベンツに乗ること二十分位でとある民家(看板も出ていない)に着きました。
すると社長がその民家の引き戸を開け
「今日はやってるかい」
とお店の中にお訪(とない)を入れます。しばらくすると店の中に招き入れられたので、どうやら今日は食べることができそうです。
社長の説明によるとこのお店上手くうどんが打てない時には、店を開けない事もあるようで、うどん作りに命をかけているお店との事です。

社長から最初は素うどんを食べてくれと言われたので、それに従いました。
しばらくすると素うどんが運ばれてきました。
熱々の湯気が立ち上がる丼(どんぶり)の中で艶々(つやつや)としたうどんがまるで生き物のように揺蕩(たゆた)うています。

早速熱々のどうんをすすります。アリャリャ何と味がしません。
まさかと思いながら対面の社長の顔を見ると特段驚くこともなく美味しそうにツルツルとうどんを手繰(たぐ)っています。よくよくみるとこのうどん、汁(つゆ)がうどん湯なのですね。
確か江戸っ子グルメの人が本当に美味しいお蕎麦を食べる時、蕎麦つゆで食べるのではなく、冷やした名泉で食べることで本来の蕎麦の味を味わうという話を聞きましたが多分それのうどん版なのでしょうか。
しばらくすると社長が
「どうだここのうどん腰があってほんのり甘くておいしいズラ」
といわれ私は
「おいしいですね、ただしうどん湯だけですと飽きてきましたので、味が欲しいですね」
というと
「そういう時はそこにある醤油と味の素で味をつけるのだよ」
と返されたので早速実践しました。

味ですか、トホホですよ。出汁(ダシ)もないうどん湯に醤油と味の素を入れただけですからお美味しい分けがありません。
一体これは何という食べ物なのだろうと思わず???と考え込んだ程です。
これが本当の味気ない話でした(笑)


今日のお店は帯広ロッキー大泉店です。
住所: 東京都練馬区東大泉2-34-1オズスタジオシティ1F
電話番号:03-3922-0085
営業時間:11:00〜21:00(スープが無くなり次第終了)
定休日:なし

そして獲物は味噌チャーシュー@1100です。



なにかここ最近味が良くなってきています。
スープは濃厚で、野菜は具沢山です。チャーシューもトロトロで一度口に入れるととろけんとするばかりです。道産子ラーメンフリークとしてはこの店お勧めです。
ただし以前から指摘していましたが、化学調味料少し入れすぎですかね(笑)

それでは(^_-)

山田うどん

本日は雨なのでグダグダしていました。
お尻(ヘモ)の調子が大分良くなったので久々に走りに行きました。
軽めに10km走ったのですが、少し高速ランができないものの、それほど落ちてなく3月のフルマラソンはいけそうな感じです。
まーそのためにジオン注(痔の簡易手術)してその術後苦しんだのですから当然でしょう。

そうそう走る前にギャオで月光仮面見ていたのですが、まー古いですね。
月光仮面は、月よりの使者・月光仮面が活躍する痛快活劇です。
主題歌どおり、最後まで月光仮面の正体が誰だかわからないというのも魅力のひとつです。
何処の誰だか知れないけれどと歌っていましたが、誰もが皆その正体を知っているというほとんどチョンバレなのが今となっては懐かしいです。
オープニング画面の月光仮面がオートバイで走るシーンは、国道1号の品川辺りなのですが本当に何も無いですね。
一体昭和何年の話だったのでしょうか

今日は長男と「山田うどん」です。
山田うどんは、1935年創業のうどん、そばを主力にする外食レストランチェーン。正式社名は山田食品産業株式会社(Yamada-udon co.,LTD )。2006年10月現在、埼玉県内を中心に関東地方1都6県で店舗を展開している。【Wikipediaより抜粋】
でも全店舗の50%は埼玉県に集中しており東京は10%。神奈川県は7%という殆んど都心では知られていない外食レストランです。

今日の獲物は私がチャーハンセット、長男が牛スジうどんです。

チャーハンセット


牛スジうどん

これこそB級グルメの王道です。味ですか、マズマズで美味しいです。
個人的にはここのチャーハン大好きです。これに福神漬けをのせて食べるのが私流です(通常はタクワンです)。
そうそう言いわすれましたが、ここのもつ煮込み (パンチ)350円とても美味しいので是非皆様一度チャレンジして下さい。



これから英会話なので予習しなくちゃ


それでは(^_-)


訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ