昨日は大阪お好み焼き名店「ゆかり」の店内で店長との歓談です。ちなみに私と後輩は当然の事ながら呑みながらの参加です。

店長「アキマヘンワ埼玉は
後輩「ナンデ?」
店長「ここんとこのお客さん、お好み焼きと広島焼きともんじゃの違いが分かりませんもの」
私「そうなん
店長「せやさかいいちいち説明せなあきません。ほんまに・・・疲れまんがな」
後輩「セヤネ」

後輩「大体関東の人は昼飯でもお好み食べひぃんし」
店長「せやせや」

店長「うちとこの親父には関東では関西人がいてへんところにお店出したらあきへんゆうたんやけど聴きよりません。そもそも「ゆかり」の最初の関東のお店は横浜にお店だしたんやけど、関西人なんかいてないもんですからお客が来ぃよりません。
せやさかい黒字になるまでエラゴッツウ苦労しましたわ

中略

店長「大阪の店長でいたとき、梅田の繁盛店の「きじ」に敵情視察にいきましたんや。まだ「きじ」の頑固親父が元気な頃ですわ。私はスパイやから色々お好み頼みますわ。すると「きじ」の頑固親父が若いもんは銭(ジェニ)粗末にしらアカン、腹八文目が丁度エエンヤといわれます。しかし「きじ」の味を盗みにきたんやからこれには困りましたわ(笑)」

でも今では「きじ」より「ゆかり」の方美味しいから良かったのではないでしょうか

今日のお店は上尾No.1横浜ラーメン「あばん」です。
期待がもてます

あばん1
お店の全景です。


住所: 埼玉県上尾市谷津2-1-35
電話番号:048-775-7244
休日:不定休

あばん2
あばんラーメンです。実はこのお店きらいなのです。今日は個人的なことですが朝ご飯食べ忘れてとてもお腹が空いていて、このお店の開店15分前から待っていたのです。なおかつお店の人には何時から開けますかと確認していたのにここのご主人そんなことも考慮せず事務的にお店を開けたのです。並ぶのはこちらの都合ですからいいのですけれど、私が店主ならリップサービスで招きいれたでしょう。
さらにこのご主人調理は女性に任せているようで、「チャッカマンないか・・・あるだろう・・・どこだ」の連発です。なんでしょうか開店時の緊張感がありません、さらに目はショボショボしていて目ヤニもついてます(顔洗ってきなさい)・・・駄目ですいくら美味しくてもこういう店主のお店は(怒)

あばん3
トッピングは充実していますネ(笑)

あばん4
味ですか・・・美味しいですね。でも化学調味料が多いような感じです、舌がピリピリとしびれます。横浜系ラーメン共通で盛りはすくないです。豚骨、鶏ガラを大量につかっているのでスープは美味しいのですが、何かそこらの「家系」との差別化がないような気がします(残念)

それでは(^_-)