下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

あづちゃん

続 入谷 万人力

今日は「下町雑感」の話です。
IMG_4335
今日は私用プラ〜ス母の命日も相俟って下町に参りました。
母の墓参をすませるとpetit shoppingがあったのでスカイツリーまで足を伸ばしました。
行きすがら思うところがあり以下に綴ってみました。
ということで今日は私の下町雑感です。

IMG_4329
吾妻橋のゆるキャラ「あづちゃんの家」です。
今下町はゆるキャラブームです。

あづちゃん
あづちゃんの他ににも

おしなりくん
おしなりくん

言問姐さん
言問姐さん

ソラカラちゃん
ソラカラちゃん

台東くん
台東くん等多士済々です。
しか〜し前半の3人あづちゃん、おしなりくん、言問姐さんは負け組で、後半の2人ソラカラちゃん、台東くんは勝ち組みでしょう。
いわゆる東京スカイツリーブームに乗ってまちおこしということでしょうが、東京スカイツリーを持つソラカラちゃんと浅草は浅草寺を有す台東くんは抜群の知名度ですのでそれなりの存在感はあります。したがいましてあえてまちおこしをしなくてもよい背景を持ち合せています。
その一方で東京スカイツリーブームに乗ってまちおこしをしようとした本所吾妻橋、押上、業平、向島地区はその東京スカイツリーの恩恵に属さず、東京スカイツリーの出現により周辺の経済の地盤沈下を早めただけという事になってしまいました。

実際スカイツリーの直下業平で寿司屋をやっている同級生はスカイツリーが誕生するまではそれなりにお店はにぎわったとのことですが、誕生以降は一見の客は潮が引くように遠のいたといっていました。それに追い打ちをかけるようにスカイツリー効果により地下が上がった分の固定資産税が重くのしかかっきて困っているとこぼしていました。

さら〜に押上、業平の商店街では当初予定がなかった生鮮食料品店が東京スカイツリー内にあるソラマチにできたということで約束違反だといきまいて墨田区に抗議していますが、これまた遅きに失したというところであります。

このままでは押上、業平の商店街はシャッター商店街になることは必定であります。
これらの商店街はもんじゃタウン月島の様な街全体がひとつのmallになるように仕向けていかないと落ちていく夕日はその後に続く漆黒な夜にバトンを渡してしまうでしょう。
実際ヨーロパの町々は下町の様なshopping mallを数多く有しており今でも活況を呈しています。それは町全体の特徴を明確にfeatureしてそれをconsumerに印象付けています。
例えば“もんじゃたべるのなら月島”“美味しいう焼肉を食べるのなら新大久保”とかいう具合です。
確かに“言うは易く行なうは難し”ですので軽々には申せませんが、下町生まれの私としましては、いま一度地元が往時の輝きを取り戻して欲しいと願うところであります。

IMG_4367

IMG_4368
実際に東京スカイツリー内にあるソラマチは物価が高くこのお店「宙寅屋(そらとらや)」さんのように何の変哲もない「えび味噌らーめん」を@1,100円で供しても客はちんちんに賑わって活況を呈しています。
これがいわゆる相乗効果です・・・

ここから後はending rollです。

とちまるくん

IMG_4334
栃木のゆるきゃらとちまる君です。
栃木PRのキャンペーンが終わったので控室に入ろうとしたらメタボな身体?(頭)が邪魔をした為に扉に引っ掛かって入れませんでした。仕方がないので扉を壊して入室したのです・・・org
嘘です・・・

IMG_4333

IMG_4332
生まれて初めて見た桜島大根です。
鹿児島(かごんま)のよかおごじょ(美女)は約17kgのこの桜島大根をスーパーで買って帰るそうです。
折角のよかおごじょ(美女)も腕が太くなりますよね。
本当なのでしょうか?
ちなみにこの話は鹿児島の観光PRにソラマチに来ていたミス鹿児島のお嬢さんから聞いたものです。

IMG_4330
これはメガトン級のsurpriseです。
なな何と業平橋は「なりひらばし」ではなくて「なりひらはし」と読めというのですか。
1662年の創架以来業平橋は「なりひらばし」です。
そんな与太聞いたこともありません。
この橋の管理責任者でてこ〜い!です。


知らないという事はコワイ・・・



IMG_4328

IMG_4314
今日のお昼はソラマチで並んで食べる程時間に余裕がありません。
従いまして入谷まで車で移動しました。
ということで油そば初体験という奥様のために向かった場所は、下町油そばの絶巓「万人力」さんです・

住所: 東京都台東区入谷1-24-2
電話:03-3876-2420
定休日:無休

IMG_4315
お店の外観です。

IMG_4320
店内の気配りです。

IMG_4327
お店の特集記事です。

IMG_4317
メニューです。

本日のオーダー、私が「並盛(140g)+ワンタンスープ」@600+@100=700円です。
奥様が「並盛(140g)+メンマ」@600+@100=700円です。

IMG_4318
調味料の面々です。
卓上には、お酢とラー油以外にも調味料が豊富に並んでいます。
万人がらし(赤唐辛子)、万人すりごま、おろしにんにく、にんにくチップです。
これは充実していますね。
これだけの調味料があれば自分好みの油そばを楽しむことができます。

IMG_4319
メンマです。
ウンこれは良く炊けていますネ。
これだけ美味しいと昔を思いだしてビールを頼みたくなってしまいました。

IMG_4321
ワンタンスープです。
これは美味しいですね。
特にスープが熱々で、鶏ガラの香りが高くてイケます。
ちょっとクリビツですね。

IMG_4324

IMG_4326
待つこと7分で、油そばの着丼です。
うん相も変わらず芳醇な匂いが鼻腔をくすぐります。
お約束のラー油とお酢を一周半ずつかけ回します。

それでは実食です。
ウンこれは美味しいですね。
油そば初体験の奥様も同様な感想です。
麺はモチモチして美味しいし、特にここの油そばは、油がとってもいいですね。
醤油ダレはきりっとしていて好きな味わいです。
ここはとても、すごく、きわめてお薦めのお店です、ハイ。

それでは(^_-)

築地 すしざんまい 奥の院

今日は「下町逍遥」の話です。 
今日はお彼岸なので下町にある両親の菩提寺に奥様とお参りに出向きました。
その後、菩提寺に車を止めさせて頂いて地元下町を逍遥しました。
ここから先は画像でご覧下さい。

IMG_0446

IMG_0449

IMG_0448

IMG_0447
まずは大正10年創業の甘納豆専門店「平野屋」さんに出向きました。
このお店で主に使用するのは、厳選した7種類の国産豆です。
初代から受け継いだ丁寧な仕事を、2代目ご主人・高柴久嘉さんが50年以上守ってきました。
こだわりの甘納豆は一粒一粒が大きく、さっぱりとした甘さとほっくりとした柔らかさが特徴です。
食べるとホッとする銘菓は、素朴な下町の味です。
ここの甘納豆の美味しさは筆舌に尽くせません。
IMG_0472
白い泡雪の様な砂糖の結晶が豆本来の味を際だたせています。
ここの甘納豆は絶対裏切らないと思います。
機会がありましたら是非お試し下しください。
そうそうここの奥さんは下町気質丸出しでよく喋ります。
色々と奥さんと話こんでいたら、ここの娘さんと私の妹が中学校の同級生だったのがわかりクリビツしました。

※平野屋さん住所
住所: 東京都墨田区本所3-22-7
電話:03-3622-5244
定休日:水曜日

IMG_0451
そして本所から踵を返して浅草に向かいます。
まずは吾妻橋のたもとで「あづちゃん」が出迎えてくれました。
あづちゃんとは吾妻橋地区活性化協議会のイメージキャラクターです。
出身は隅田川沿いのとある職人の家に生まれた年齢不詳のお嬢さんです。
特技は、地元のお店や職人さんについて人一倍詳しく、墨田区の歴史も詳しいとのこと。
踊りも得意だそうです。
参考までにあづちゃんの家の場所を以下に記しておきます。

住所: 東京都墨田区吾妻橋3-1-7-101A
電話:03-3623-6767

IMG_0463
天候に恵まれたためか、スカイツリー効果のためか、浅草は人で溢(あふ)れかえっていました。

IMG_0462
スカイツリー開業のcountdownも残り63日です。

IMG_0450
アサヒさんの東京スカイツリー中ビンの縦看板広告です。

IMG_0452
東京スカイツリー手拭です。

IMG_0453
ご存じ私の信心する浅草神社脇にある被官稲荷です。

IMG_0454
久々に浅草寺にもお邪魔しました。

IMG_0455

IMG_0456
伝法院通りのアヤシイ面々です。

IMG_0457
松屋地下食品売り場にあったやはりこれもアヤシイDoleマンのポスターです。

IMG_0458
かなりアヤシイ浅草地下商店街入口です。

IMG_0459

IMG_0461
味がアヤシイ浅草焼きそば「福ちゃん」です。

IMG_0460
地下街で売っていた私の大好きなビリー・ワイルダー監督作の「失われた週末(The Lost Weekend)」のアヤシイDVDです。ここ以外で売っていたのなら絶対に買ったのに・・・正直画質が心配でした

IMG_0464

IMG_0465
なんという偶然ですか、ヒミコに会いました。個人的な確率かもしれませんが、私はヒミコをあまり見かけないのです。
「ヒミコ」は、松本零士氏が「ティアドロップ(涙滴)」をイメージ・コンセプトに、「子供たちが乗ってみたいと思ってくれる船」として、デザインを手がけられた船です。


今日は奥様の元上司の謝恩会の会場さがしで浅草逍遥のあと築地にまいりました。
今日のお店は、私が奥様に謝恩会の会場として推薦した「すしざんまい」奥の院です。
このお店は私が海外から取引先がくると連れて行くお店の一です。
かつて料亭であった佇まいをそのまま活かした隠れ屋的な雰囲気のお店です。
世界中から厳選した極上の本まぐろをはじめ、築地や産地から毎日直送される新鮮な魚介類が味わえます。
にぎりは全て1貫(103円〜)から注文できます。
一階には小奇麗な庭があるので彼我なく否応(いやおう)なしに日本の雰囲気が味わえます。

住所: 東京都中央区築地4-5-12
電話:03-3524-7252
定休日:無休

IMG_0433

IMG_0435
お店の外観です。

IMG_0434
本まぐろ祭りのポスターです。

IMG_0439
メニューです。

IMG_0442
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「笑(ほほえみ)特選にぎり14カン+サラダ+小鉢+お碗」@2,079円です。
待つこと10分で着皿です。
ここのお店は板場のことを「寿司屋」さんといいます。したがってオーダーを板場に通す時には「寿司屋さん△△をお願いします」と頼みます。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_0437
まずは、おろしなめこ、サラダです。
おろしなめこ、サラダともどもとがった味でイケます。

IMG_0441
特選にぎり14カンは鰹を除けばすごく美味しかったです。
時にトロを筆頭に赤身系はさすがの味という感じですね。
量がすこし多すぎることを除けば大満足の味です。

IMG_0444
この部屋は、今回奥様が謝恩会で使用しようとした宴席部屋です。
雰囲気は良さげですが、掘り炬燵形式でないので足が伸ばせないのと、宴会メニューが寿司系一辺倒なので断念されました。
しかしそれは仮の理由で、最大の断念理由は“女子トイレが汚い”ということのようです。
女性はcheckpointが違いますネ

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ