下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

三鷹市

続 三鷹 グラバー亭

慶應高校熱狂応援について考えてみた
慶應高校の野球部は、今年の夏の甲子園で107年ぶりに優勝しました。
その際には、慶應大学の学生や卒業生が大勢応援に駆けつけました。
例えば、早稲田実業が勝ち進んだ時に大学だけ早稲田大を出た人が喜ぶとか、日大三高が優勝しそうな時に日大OBが盛り上がる事はありません。

慶應応援
今回は慶應の盛り上が理由を考えてみました。
最大の理由は、慶應の運動部にはセレクションがない事が挙げられます。
甲子園の怪物と言われた江川卓が慶應大学を受験した際に、200点満点中の40%の80点以上を取れば入学できるという話を先輩から聞いたことがあります。
その話を聞いた私は、江川は80点も取れなかったのか、と驚いた事があります。
この事は、江川卓の自伝「たかが江川されど江川」にも書かれていませんし、慶應大学の入試制度にもそんな特例は記載されていません。
という事でこの話は都市伝説のようであります。
実際には、江川卓は1974年2月に慶應大学の法学部政治学科、文学部、商学部の3学部を受験しましたが、すべて不合格となりました。
その理由としては、日本史の試験で6点しか取れなかったことや、野球部セレクションによる加点が行われなかったことなどが挙げられます。
彼の学力が慶應基準に達していない事がその理由かと思われます。
そんな彼ですが法政大学には入学できたのでした。
彼が法政大学に入学できた理由はセレクションによるものです。
具体的には、法政大学の「スポーツに優れた者の特別推薦入学試験」を受けて合格し、法政大学法学部二部法律学科に入学しました。
このような事でわかるように慶應大学のスポーツ選手は東京大学のスポーツ選手同様に高校時代に活躍した選手が受験戦争を勝ち抜いて選手になっているのです。
それ故に、慶應社中(学生・卒業生・教職員など、すべての義塾関係者の総称)の人たちは、慶應スポーツについて親近感を抱いているのです。
慶應のライバルと称される早稲田大学には、スポーツに優れた者を対象とした総合型選抜という入試制度があります。この制度では、スポーツの競技歴や成績、推薦書などをもとに、書類選考や面接試験を行っています。
一般的な入試とは異なり、共通テストや学力試験の得点は必要ありません。
ですので慶早戦で慶應が勝利しますと歓喜の雄叫びをあげるのは、早稲田に勝ったこともありますが上述のハンデゲームに勝った事も含まれているのです。
大学ですらそうなのですから慶應高校野球部も文武両道の選手が活躍しているので親近感が湧き応援にも熱が入るのです。

次に挙げられ事は、慶應義塾は、幼稚舎から大学院まで一貫した教育を行っており、幼稚舎から大学まで共通して歌える塾歌(校歌)や応援歌があります。
そのため、慶應義塾に所属する人たちは帰属意識が強く、高校野球などのスポーツにも熱心に関心を持ちます。
特に今回の慶應高校の応援は「もりばやしが足りない」以外は大学の応援と同じです。
従いまして慶応社中の人間は、慶應高校の応援イコール慶應への応援と置き換えたのだと思います。
107年ぶりの甲子園優勝で、慶應高校の生徒と一緒に塾歌を歌えたことは、夢にも思わなかった喜びでありまさに驚天動地の感激の極みだったのであります。

纏めますと、慶應高校野球部員は真水の部員である事、慶應高校の応援は大学の応援と同じである事に相俟って、そこに甲子園という至高の野球の聖地での決勝ということが爆発的な化学反応を起こしたのでした。
Hope you understand what I mean❣


IMG_5404
今日は三鷹に出没です。
今日は暑いので「皿うどん」です。
所謂逆張りです。
今日のお店は「グラバー亭」さんです。

住所: 東京都三鷹市下連雀3-25-8
電話:0422-45-1267
定休日:日曜日

IMG_5405
お店の外観です。

IMG_5409a
店内の雰囲気です。

IMG_5408
メニューです。

今日のオーダー「皿うどん」@950円です。
店内は今日も満員です。

IMG_5407
座るやいなやお水が用意されました。

IMG_5410
待つこと6分で「皿うどん」が到着しました。
餡が光っているではありませんか。
どこから見ても美味しそうです。

IMG_5411
具材は、小松菜、イカ、タケノコ、キャベツ、カマボコ、アサリ、モヤシ、豚肉など、とにかく具だくさんです。
それではお酢と胡椒をかけて実食です。
パリパリの乾麺が音を立てて口の中で弾けます。
これにしっとりとした餡が絡みます。
これは絶ウマです。
途中から乾麺が柔らかなくなりますと第二ステージに進出です。
しっとりした麺が餡とからみますと味わいが倍加します。
ここで酢を増量して味を締めます。
エッジの立った味わいが私を襲います。
美味しいです。
食べれば食べるほど味が深まってきます。
満足な気持ちに包まれて完食しました。
ごちそうさまでした

IMG_5413

IMG_5414

IMG_5415

IMG_5416
食後の後は吉祥寺に肉のさとうのコロッケを買いに出向きました。
我が家はここのカレーコロッケがお気に入りです。
しか〜し、まだ明るいのに飲んでいる人が沢山いるのに驚きました。
日本は平和ですね・・・

PS:来週から火・水・木の週三回掲載にします。
乞うご期待ください<(_ _*)>

それでは(^_-)

三鷹 カオマンガイ バザール

アメリカ人大学生に日本語を教える 後編
kuroitankutoppu
授業を始めました。
分かった事は、彼女はほとんど日本語ができない事でした。
仕方がないので英語で授業を始めました。
最初に、なんで日本を興味もったのかを聞きますと、亡くなった母親が父親の影響で日本贔屓だったので、それがキッカケのようでした。
挨拶のような簡単な日本語は母に習っていたようです。
従いまして、日本語の発音はいいのです。
この日は、日本語の基礎を教えました。
やはり日本語のベタッとした発音には苦労していました。

二日目です、今日はカリフォルニアの空のような真っ青なTシャツを着てきました。
金色の髪にスカイブルーのTシャツは良く似合います。
彼女がファミレスの中を通過しますと、廻りの人達、特に若い男性は彼女に突き刺さるような視線を送っています。そしてその先にいたのはチャラい恰好をしたオジの私なのです。
このアンマッチに皆は驚いています。
正しくは驚いているように感じました。
最初は昨日の出来事を日本語で聞きましたが、ほとんど話せないので英語に替えて聞いてみました。昨日はお父さんと寿司を食べにいったようです。
大トロはアメリカと比べると格段に美味しいようです。
今日はこれ、それ、あれ、どれ、という「こそあど」の日本語の基礎を教えました。

三日目です、今日はオレンジ色のカットソーを着てきました。
金髪にオレンジ色はよく合います。
今日も、皆の注目の目が彼女に集まっています。
今日はスーパーでの買い物の仕方を教えました。
今日のテキストは以下のようなものです。
アンジェラ:Sumimasen. Tomato, doko desu ka.
Angela:Excuse me. Where are the tomatoes?
店員:Kochira desu.
Clerk:This way.
Let's change the words and speak.
Cucumbers, orange, eggplant, squash.

最終日です。
今日は薄いピンクのワンピースです。
外国人が日本語に慣れてきて一番驚く言葉はこの「ワンピース」なのです。
この言葉は外国人、正確に申しますとEnglish speakerからしますと「水着」の事なのです。
したがいまして、明日のデートはワンピースを着ていくとというと、それを聞いた外国人は、水着でデートに行くと思うので、腰が抜けるくらい驚くそうです。
閑話休題(お話は戻りまして)
今日はハンバーガーショップでのやりとりの仕方を教えました。
ビン:Kore, onegaishimasu.
Binh:This, please.
店員:Hai.
Clerk:All right.
店員: Tennai de omeshiagari desu ka soretomo omochikaeridesuka.
Clerk:Will you be eating here or taking out?
この中で最後の行の発音に手こずっていました。
これは日本人でも難しいので仕方ありません。
彼女の困った顔は、くっきりとした二重まぶたの眼を曇らせて、ある種の美しさを醸し出していました。
ということで短いような長かった4日間が終わりました。
実は、年頃のアメリカ人女性とこんなに詰めて話したことはありませんでした。
良いお思い出になりました・・・

IMG_5098
今日は三鷹に出没です。
行列ができている店があったので並びました。
今日のお店は「カオマンガイ バザール」さんです。

住所: 東京都武蔵野市中町1-3-2 ハウスプランニングビル 1F
電話:050-5590-5142
定休日:年中無休

IMG_5099

IMG_5100
お店の外観です。

IMG_5103

IMG_5101
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「グリーンカレー」@980円です。
店内はほぼ満席です。
人気店ですね。

IMG_5102
座るやいなやお水が到着しました。

IMG_5104
待つこと9分で「グリーンカレー」の到着です。
このお店は、バンコクの超有名店「ソンブーン」よりやってきたナチャダ料理長が腕を振るっています。
そのような先入観もあり目の前におかれた「グリーンカレー」はとても美味しく見えました。

IMG_5105

IMG_5106
それでは実食です。
ゴロゴロ入った野菜は圧巻です。
ナス、マッシュルーム、鶏肉、ヤングコーンは、味わいに加えて口内感触が良かったです。
スープはココナッツミルクの甘さをベースにしていたのですが、それでも充分にスパイシーでした。
それぞれの具材が個性を主張しながらも口内ではひとつになっています。
突き抜ける香りが高らかに口の中で拡がれば、そこはタイの高級レストラン「ソンブーン」の世界であります。
かつてタイでは色々なレストランに行きましたがここのグリーンカレーほどの味はめぐり合えませんでした。
とても美味しいグリーンカレーです。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

三鷹 グラバー亭

PCインストラクター
IMG_5191 (2)
PCインストラクター講習を受講しました。
日本語教師もそうなのですが、私は人に何かを教える事が好きなようです。
今回のPCインストラクター講習は、倍率が高く一次募集ではその選から漏れました。
しか〜し、主催者が募集人員を増やしたことで、私はその待機枠から選ばれました。
しばらくして主催者側から送ってきたスケジュールをみますと「エクセルの基礎知識」だったので、エクセルが得意な私は、これは簡単だなと甘く見ていました。
講習当日がきました。
講習は四日間、イチニチ午前2時間、午後3時間の計5時間、通算20時間との短い講習です。
初日は、インストラクターとしての必要な資質、講習準備のポイント、わかりやすい講習運営のポイント、を学び、模擬講習を通して、インストラクターのスキルアップを図るものです。
これは、一方的に聞くだけでしたので、正直申して退屈でした。
特に、午後は食後の後だったので眠気との戦いです。
二日目は、講師によるテキストを用いた講習です。
これはPCを操作しながらやるので、楽しく学べました。
しか〜し、これまたエクセルの基礎ですから簡単で退屈でした。
やり始めて1時間くらいで私は大事な事を思い出したのです。
今回の講習は、このようなエクセルの操作方法を学びものではなく、この講師のように教える事ができるようにするものです。
としますと、このような基礎を教えるのは大変なのです。

23035cc98af5833d7b9dbd4377397112
今まで適当に覚えていたPCやエクセルの中の名称も、正しく覚えなければなりません。
一例をあげますと、この画像のギザギザを、私はマウスコロコロと呼んでいました。
正しくはマウスホイールというのですね。
実は知りませんでした。
さら〜に、講習の要諦は、受講者全体の90%以上が良く分かったとさせることです。
講師の方曰く、受講者の60%は、与えられたテキストを整理して読み上げただけで、よく分かった、というそうです。問題は残りの40%です。
その対策としては、その人達のために苦手なところを詳しく説明する事で10%、ヘルプ専用の講師の直接の指導で10%、併せて20%は解決します。
問題は残りの20%、20人のクラスなら4人をどうやって理解させるのかが課題なのです。
さりとてこの4人に目線を合せて授業を進めると、他の方から、そんな簡単なことばかりを繰り返しての講習は退屈だと不満がでます。
こういう方々には、後で補足資料を渡して、昼休みに補修を行うのが一般的な様です。
従いまして、講師のお昼は取れない事もあるのが普通です。
このような内容の講義で二日目は終了しました。
三日目の午前中は、相対参照と絶対参照の使い分け方と新機能の講習でした。
そして午後は、シラバス(授業行程)の作成です。
れこは自分が講師になって生徒に教えるときの工程表です。
簡単な内容は短く(5分)て難しい内容は長く(10分)します。
これが殊の外大変な仕事なのです。
全部で101の講義内容を6時間で終わるようにするのです。
これが殊の外大変な仕事なのです。
そして最終日は自らが講師となって受講者に講義をします。
その為に前の日にはそのプレゼンテーションをつくならければなりません。
疲れた身体で帰ってから、その資料を作りました。
当日は完璧な資料を作ったので120%のデキで講義を終わらせました。
受講している仲間からの拍手も心なしか多かったような気がしました。
これで4日間の講習は終わりました。
今の自分が「最高」であるという気分は心地よいものでした。

round06
最後に参加者の1人が関数についてとてもうまく説明していたので紹介します。
普通、関数というのは、関数(引数1,2,3,4,・・・)、というようになっていて何のことだかわかりません。
それを以下の様に説明します。
婚活応援=IF関数(相手、地域、年齢、顔、背、収入、語学・・・)
として、そこに相手=男性、地域=栃木県、年齢=28〜32歳、顔=イケメン、背=180cm以上、収入=10百万円以上、語学=2カ国語)と入力すると、返す答えが0となる。
これは分かりやすいと思います。


今日は三鷹に出没です。
今日は暑いので「皿うどん」です。
所謂逆張りです。
今日のお店は「グラバー亭」さんです。

住所: 東京都三鷹市下連雀3-25-8
電話:0422-45-1267
定休日:日曜日

IMG_5088
お店の外観です。

IMG_5093

IMG_5090
店内の雰囲気です。

IMG_5092
メニューです。

今日のオーダー「皿うどん(太麺)」@950円です。
店内は混んでいます。
人気店ですね。

IMG_5095
待つこと15分で「皿うどん(太麺)」の到着です。
餡がツヤツヤと光っています。
これは美味しそうです。

IMG_5096
お酢と胡椒をかけて実食です。
具材は、小松菜、イカ、タケノコ、キャベツ、カマボコ、アサリ、モヤシ、豚肉など、とにかく具だくさんです。
スープは意外にも主張がすくなくこれが具材の美味しさを引き立てています。

IMG_5097
焦げた太麺がいいですね。
この茶色のメイラード反応が味を膨らませるのです。
それにしても美味しいです。
結構な量でしたがあっという間に胃の中に収めてしまいました。
ここは再訪店ですね。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ