下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

中華街

中華街 萬来亭

今日は「現在モテオ考」です。
この間の新年会、若手社員との雑談の中で、モテオの条件の話になりました。
まずは先行で私から披露しました。
私たちの頃は、スポーツカーを持っていて踊りが上手くてそれでもってお金持ちだったかなといいます、と彼は、勉強ができるは?と聞き返したのです。
勉強?そんなのできたってモテるワケないじゃない。
どういうことだよ、と言いますと、今のモテオの条件は一流大学の体育会ですよ、とキッパリと言い切ったのです。
私は、例えば東大の野球部か、って言えば、そんな感じです、と答えました。
私の元上司に東大の野球部の人がいたけど、決して学生時代はモテオではなかったよ。
それに昔の体育会って脳ミソが筋肉でできていて単なるバカだったぜ。
まして、うちの大学なんか、体育会は試験用紙に塾歌と体育会名と自分の名前を書けば一般教養の授業は通してくれたぜ、といえば、今のトレンドは「文武両道」なのです。
今、一番のモテオは東大医学部のアメフト部なのですよ。
かえってネットで調べてください。
選手より女子マネージャーの方が多いはずですよ、と言われたのです。

hqdefault

cGR81ET

todairika3-1
次の日ネットで調べました。
画像で見る限り、確かに東大のアメフトは女子マネージャーが異常に多いですね。
これは他大学の女子大生が何らかの意図を持ってわざわざ東大医学部のアメフト部のマネージャーをしているからでしょうか。
日本最高の知能、将来の高収入・社会的地位そして体格というすべてのモテ要素を兼ね備えたモテ男イクォールそれが東大医学部アメフト部なのですからモテない方がおかしいのですが、しかしなぁであります
確かにこの大量の女子マネージャーは、東大生と付き合えるか、東大卒と結婚できるかは人生の重要なポイントなのでしょうが、ここまで露骨な女性と結婚してなんの意味があるのでしょうか。
しか〜し、当たっている宝くじみたいなものですから絶対に買う意味はあるのですね。
この当選くじを買う為にどれだけ苦労していると思っておられますの、文句がおありなら買ってからおいいなさいよ、ですか・・・
なんかこのカップル達が結婚して生まれてくる子供が可哀想と思うのですが、このような事を「負け犬の遠吠え」というのでしょうか(笑)


利根川幸雄 伝説のスピーチ


IMG_4955

IMG_4956

IMG_4958

IMG_4959

IMG_4960

IMG_4961
今日超多忙で今年初めての昼抜きでした。
横浜での打合せが終わったら猛烈な空腹感に襲われてしまい昼飯を兼ねた夕食をとる事にしました。
今日のお店は中華街焼きそばNo.1に選ばれたお店です。
実は候補店なのでした。
今日のお店は「萬来亭」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町126
電話:045-664-0767
定休日:木曜日(祝日の場合営業)

IMG_4963
お店の外観です。

IMG_4965
開店前少し前でしたので凍てつく冷気に攻め立てながら店の前で震えていました。
店の対面が製麺所です。
厨房の人が頻繁に出入りしていました。

IMG_4969
店内の雰囲気です

IMG_4966
メニューです。

きょうのオーダー「上海焼きそば&杏仁豆腐」@840円+@320円=1,160円です。

IMG_4968
待つこと1分でお水とお手拭きが参りました。

IMG_4970
待つこと5分で「上海焼きそば」が到着しました。
このお店は、長嶋茂雄さんが監督時代に通っていた名店で、料理に使われる麺は店主自らが打っているとの事ですが、スゴイ麺相をしていますね。
この麺がもう少し太ければ茶色い虫に見えたかもしれません、ハイ。

IMG_4971
気を取り直して実食です。
この太麺はオイスターソースと中国にあるたまり醤油で絡めて味付けされたものです。
青菜も良いアクセントになっていますが思わず、具はこれでだけ、とつぶやいてしまいました。
ごめんなさい。
かすかに豚肉が入っていました。
食べ始めますと、この麺に絡まっているソースが甘いのです。
何だろう隠し味で砂糖若しくは味醂をいれているのでしょうか。
濃厚で且つコクがある甘さ?
ソースというよりもテリヤキタレに絡めた焼きそばのような感じです。
味ですか、麺はすごく美味いですが、味が単調で三分の二を過ぎると飽きてきます。
美味しいですが、二度はNo thank youですね。

IMG_4972
口内が甘い夾雑物で支配されてしまったので「杏仁豆腐」を頼みました。
しか〜し、これが無機的な味で美味しくありません。
なんだかなぁであります。
食評を読み返しますと辛口になっていますが、充分に美味しいのですが私の好みの味ではないだけです。
従いまして、辛口コメントはご放念ください。

食後は中華街をブラブラしながら、家族に重慶飯店さんで「番餅(バンピン)」を求め、関帝廟で新年の寿を祈り、ぬいぐるみみたいなワンコに見送られて家路につきました。
IMG_4974

IMG_4977

IMG_4978

IMG_4979

IMG_4980

IMG_4982

IMG_4981

IMG_4983

IMG_4984

IMG_4986

IMG_4991

IMG_4992

IMG_4995

IMG_4996
次回の中華街はピッツアの名店「ビスコンティ」さんですから・・・

それでは(^_-)

中華街 酔龍

今日は「ゆかり・ミエ・まりコンサートを観に行く」です。
奥様が国宝アイドルである、伊東ゆかり、中尾ミエ、園まりさんという全員の年齢を足すとなななんと210歳を軽く越す喜寿トリオのコンサートに行きたいというので行って参りました。私の年回りからすると、このスパーク娘はそれほど親しみが湧かないのですが、亡き父が園まりさんのファンだったので、付き合って観に行きました。
今回も「ぽけかる倶楽部」さんのツアーに便乗しました。
画像主体ですが、宜しかったらお付き合いください。

#東京駅集合
IMG_2930

IMG_2928
♪集合場所はいつもの丸ビル前です。
この日の天気は雨のち曇りです。
はたして雨は予報とおりに上がるのでしょうか?

#山手西洋館
IMG_2931
♪催行地山手西洋館周辺は晴れ間がのぞいていました。

IMG_2935
♪ベイブリッジです。

♪港の見える丘公園です。
後ろの洋館は横浜市イギリス館です。
IMG_2936

♪外人墓地です。
IMG_2938

IMG_2939
墓地ではありますが、綺麗ですよね。

♪山手十番館さんです。
IMG_2992

IMG_2941
横浜開港の頃、海岸沿いに建てられた外国の商館は「一番館」「二番館」・・・と呼ばれていました。
山手十番館は母体である勝烈庵の十番目の店として昭和42年(1967年)に明治100年を記念して建てられたものです。その後「株式会社 横浜十番館」として独立、馬車道十番館、別館馬車道十番館などを開館し、現在に至っています。

IMG_2993
ここでの結婚式はサレオツですね。
ここで結婚式ですか・・・
いいですね。

IMG_2964

IMG_2942
♪山手資料館さんです。

IMG_2961

IMG_2945
♪山手聖公会さんです。

♪自働電話です。
IMG_2946

IMG_2947
自働電話って何でしょうね。

♪えの木ていさんです。
IMG_2956

IMG_2949
1927年に建築され、かつて外国人居留だった山手に残る数少ない西洋館のひとつです。
暖炉、木製の上げ下げ窓、150年以上昔のアンティーク家具など古き良き横浜の雰囲気が今も残っています。

IMG_2957
もうすぐハロウィンですね。

♪ベーリックホールです。
IMG_2952
サレオツですね。
この建物はスパニッシュスタイルを基調とし、玄関の3連アーチやガーゴイルのある壁泉、四つ葉形の窓など見どころ満載です。戦前の西洋館としては最大規模を誇る建築学的にも価値のある建物だそうです。

♪横浜雙葉さんです。
IMG_2954

IMG_2955
所謂横浜ブランド女学校です。
この地には、フェリス女学院、横浜英和学院、横浜共立学園、捜真女学校、横浜雙葉学園さん等の5大ミッションスクールがありますが、最近では雅子様が出られた雙葉が首一つ抜きんでていますね。

♪山手234番館さんです。
IMG_2958

IMG_2959
朝香吉蔵の設計により、1927年頃に建築された外国人向けのアパートメントハウスで、横浜市に現存する数少ない遺構の一つです。

♪ブリキのおもちゃ博物館さんです。
IMG_2969

IMG_2970

IMG_2979

IMG_2986

IMG_2988

IMG_2990

IMG_2968

IMG_2972

IMG_2973

IMG_2974

IMG_2978

IMG_2976

IMG_2982
ブリキのおもちゃ博物館では、1890年代から1960年代にかけて主に日本で製造された玩具約3,000点を常設展示しています。
北原館長が1973年頃から収集したコレクションの一部です。
多くの人達に見てもらいたい、そんな思いから1986年4月にオープンしました。

IMG_2983

IMG_2977
北原館長は来年の1月で70歳です。
62歳のチャーさんよりも若く見えます。
北原館長の夢は生涯現役で、目指すは永遠の若大将こと加山雄三さん(80歳)だそうです。
加山先輩の若さには、私も憧れております。

IMG_3006
今日のランチは「ぽけかる倶楽部」さんの指定中華料理屋さんです。
今日のお店は「酔龍」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町133
電話:045-663-0919
定休日:無休

IMG_2996
お店の外観です。

IMG_3005

IMG_2998
店内の雰囲気です。

今日のランチは「30種類食べ放題」1,280円です。
個人的には、安かろう不味かろうのお店は嫌いです。

IMG_3002
一応、このような中華料理を取って参りました。
味はまずまずですが、ビュッフェは常時30種類あるわけがなく、ここらへんは中華街のお店ですね、ハイ。
自分の財布ならこの店は行きません。

IMG_3003
それでも「フカヒレスープ」は美味しかったですね

IMG_3004
デザートの「ミカンシロップ」と「杏仁豆腐」はイケました。

IMG_3008

IMG_3011

IMG_3010
♪食事の後は、お土産を求め奥様と私は中華街の「重慶飯店」さんに行きました。
私は当たり前だのクラッカーで「番餅」を求めました。

#3人娘メモリアルコンサート
IMG_3013
奥様お楽しみの「3人娘メモリアルコンサート」です。
会場の雰囲気です。

IMG_20171008_0001
2幕・2時間のコンサートです。
知らない曲はかなりあったのですが、充分に楽しめました。
驚いたのは、コンサートの終盤、ツイスト大会があり、観客と三人娘がツイストを踊り狂うのです。
中尾ミエさんが、皆さん、どうぞ、舞台にお上がりください、と言ったものの、誰も上がらないと思いきや、あっという間に舞台が埋まったのには驚きました。
それにしても団塊の世代はツイストが上手いですね。
みんなサマになっていました。
ちなみに踊っている人の最高齢は81歳の女性でした。
私もツイストは得意ですので、舞台にあがろうとしましたが、隣に座っている方が、みっともないからよして下さい、と私を立ち上がるのを止めました。
こんな日もあります。

♪スパーク三人娘の紹介です。


#東京駅到着
IMG_3021
夜のとばりが降りた東京駅に到着しました。
最高に楽しめた一日でした。

それでは(^_-)

中華街 福楼

今日は「カルメンを観る」です。
IMG_2815

IMG_2817

IMG_2821IMG_2820IMG_2819
出演者の皆様。 掲載許可をもらい忘れましたが掲載お許しください。
長男の友人が音楽関係者です。
たまさか本業ではないのですが、オペラ「カルメン」に演者として出るというので、奥様と観劇にいって参りました。
奥様にとってオペラは眠りを誘うものみたいで、あまり好きではないのですが、今回は幕間の前に、指揮者から次の幕の見どころの説明があり、これが高評価で最後まで飽きずに観劇ちがうか感激して観ていました。
最近、説明付のオペラはブームのようですね。
ビゼーの「カルメン」は、有名すぎるが故に通俗的な曲なのでは、と誤解されることがあるのが大変残念ですが、決してそんなことはなく、本当に美しいフランスオペラなのです。名曲がギッシリでストーリーもわかりやすいのでオペラ初心者にもお薦めですが、初心者だけではなく本当のオペラ好きにも愛される名作中の名作なのであります。
個人的には三幕がおかしいとツッコミをいれていました。
実母が死にそうなので、異母兄妹の妹ミカエラが、兄のジョゼを探しに厳寒の山に入ってくるのは理解できるのですが、町中にいる闘牛士のエスカミーリョまでがなんで同じくこの厳寒の山にあらわれるのかでしょうか、不自然さ満載です。しか〜し、これがオペラなのです。
仮にストーリーが荒唐無稽でも楽しければそれでいいのです。
きれいな歌を聞ければそれでいいのです。
イタリア人が創ったオペラです。
細かいことをあげつらう事がそもそも野暮なのであります。

新国立劇場オペラ「カルメン」ダイジェスト映像。
この「カルメン」は新国立劇場ですから!



IMG_2786

IMG_2787

IMG_2788

IMG_2789
今日は中華街に出没です。
私の中華街デビューはこの「徳記」さんです。
たしか、大学の帰りにテニサーの女子ときて、老酒(ラオチュウ)を飲み過ぎて酔って帰っただけの記憶しかありません。ここの料理は美味しかったのかしらん、と確かめに来たのですが、生憎お休みでした。

IMG_2790

IMG_2791

IMG_2810
少し中華街をぶらつき「思い出探」しをしていたらお腹がすきました。
今日のお店は、中華街の小籠包大王「福楼」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町137-26
電話:045-651-2962
定休日: 無休

IMG_2795

IMG_2796
お店の外観です。

IMG_2807
店内の雰囲気です。

IMG_2802

IMG_2806
フクロウのふくちゃんは今日もお昼寝です。
もしかしてフクロウは夜行性なのでしょうか?

今日のオーダー「牛バラ飯&ヤキギョーザ」@630円です。
13時過ぎの入店でしたので店内の客はまばらでした。
しか〜し、お客の多くはふくちゃんとの記念撮影に興じていました。
IMG_2804
待つこと1分で辛みザーサイと玉子スープの到着です。
口が寂しかったので辛みザーサイを一切れ口にいれましたら、口からボッと火がでました。
なんだこの辛さは・・・

IMG_2808
待つこと13分で「牛バラ飯」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
うん、中華街のレベルではありますが、特筆する味ではありません。

IMG_2809
待つこと17分で「ヤキギョーザ」の到着です。
ずいぶんモッチャリしています。
味ですか、皮がくどいですが、餡はなかなかです。
食べ終えた感想ですが、このお店はコスパとフクロウの福ちゃんです。
財布が痩せた時にお薦めのお店です。

IMG_2811
帰り際に、長男の友人の差入で、私が中華街でいちばんお気に入りの「番餅」を求めました。
これは食べると病みつきになりますので要注意の点心であります。

それでは(^_-)

続 横浜中華街 ニーハオ

今日は「虫の好かない奴」です。
dkelly_tokorosan_img
あまり好き嫌いがなく、誰とでも分け隔てなく付き合っている私ですが、約1億3千万人いる日本人の中で独りだけ大嫌いな人間がいます。
それは所ジョージさんです。
始めて見たのは、どこかのフォークコンサートの会場でした。
所さんは、一番前にギターを抱えて飛び入りの機会を伺っていて、なにかのきっかけに乗じて壇上の出演者にお願いしてというか、お願いするのと同時に相手の了承緒も得ず、勝手に舞台に昇っていき、ギターを掻き鳴らしながら、一曲歌うのですが、それがとてつもなくヘタなのです。
なんだこいつ失礼な奴だな!と思い一緒に来ていた友人達と鼻白んでいたのでした。
当時は武道をしていましたので、相手の了解をも取り付けずに、いけしゃあしゃあと舞台に上がるとは、失礼千万、傲岸不遜、腰間の秋水で一刀両断にぶった切ってやる、と勝手に息巻いておりました。
その後、これに似たシーンをテレビでも観たことがありますので、多分にプロダクションの売り出し策なのかもしれません。しか〜し、たいした事もないのに、たいしたことをする厚かましさは、これこそ唾棄すべき人物とみなしていたのです。

c782b_188_3bf88f3a_2442fe56
最近、顔はしまってきたのですが若い頃はどこから見てもヌケた顔をしていました。
顔も大嫌いです。
人差し指で額をなぞると、大量の油分が手につきそうな、脂ぎった額はさら〜に嫌いです。
さら〜に、額が後退しているのを金髪にしてゴマかし且つおでこにメガネをのせる事でそのハゲ部を隠すアザとさは笑止千万のカモフラコーデと一刀両断にぶった切らせていただきます。
昔からですが自分がおもしろいと思っていることを、おもしろいだろう、センスあるだろう、といわんばかりに、居丈高に前面に押し出すところは特に嫌いです。
何の芸も無いのにレギュラー番組持っていたりすることは許せません。
本当に運のみで生きているのであればいいのですが、実はこのおバカキャラを作るために日夜研鑽をつんでいるとしたら、私はorz(立ち直れません)です

takarakuji_8669
年がそんなに離れていないせいかもしれませんが、今まで私は所ジョージさんをライバル視してきましたが、ここに来て完璧に負けていることは認めざるを得ません。
こんなに一所懸命に働いて来たのに、努力をしてきたのに、累積収入は比べるのがアホなくらい彼の所得はmassive(膨大)であります。
なんでやねん、と方言コスプレで自虐する事実が情けないです。
せめてもの抵抗として。彼がCMキャラクターをやっている宝くじは絶対に買いません。
子々孫々には、彼の出身大学である拓殖大学には絶対にいかせません。
その旨を遺言を書きます。
最後に、彼より長生きして、彼の死亡記事を見てこれだけは勝てたと随喜の涙を流します。
書いていて完璧に落ち込んでしまいました。ミジメというかクヤシイ・・・


IMG_2563

IMG_2564
今日は伊勢崎町に出没です。

IMG_2566

IMG_2565

IMG_2567
青江美奈さんがにっこりと微笑みかけてくれたので立ち止りました。
この赤いボタンを押しますと、無料で一曲青江美奈さんの大ヒット曲である「伊勢崎町ブルース」を唄ってくれます。
試しに押しましたら、本当に歌ってくれました。
しか〜し、独りでこれをやっていますと地方から来た観光客みたいで恥ずかしいです。

IMG_2569

IMG_2585
夜のとばりがおりてきましたので中華街に足を向けました。

IMG_2586
今日のお店ですか・・・
決めました、今日はお腹が空いているのでこのお店です。
今日のお店は「你好(ニーハオ)」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町137
電話:045-681-8281
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_2583
お店の外観です。

IMG_2576
店内の雰囲気です。

IMG_2577
メニューです。

今日のオーダー「牛バラ煮込み+ご飯」@1,580+150=1,730円です
相も変わらず雰囲気があるお店です。
IMG_2578
待つこと10分で「煮込み+ご飯」の到着です。
見た目、牛バラゴロゴロです。
それでは実食です。
牛バラはよく煮込まれていて柔らかいです。美味しいです。
煮込み汁も本格的で且つ八角の香りが立っていてこれまた美味しいです。
なかなかな味わいです。
普段なら残す量ですが、お腹が空いていたので完食です。
大満足な夕食でした。
ご馳走さまでした

IMG_2572

IMG_2582

IMG_2584

IMG_2581
支払いが終わった後で、最近よくTVでフィーチャーされている兄弟店の「福楼」さんの名物フクロウのパチリを撮りたいのですが、と店主の息子さんにお願いしましたら快諾でした。
谢谢您(thank you)を連発して謝意を表しました。
ちなみにこの名物フクロウさんこの時間は昼寝タイムとの事で開眼してくれませんでした。
なんでやねんであります。

それでは(^_-)

中華街 同發本館

今日は「待ち人来たらず」です。
thumb5
恋愛の楽しみは待合せであります。
誘った人が来るか来ないかを一日千秋の思いで待つ切なさは、まさに恋愛の醍醐味であります。
昔の水商売の女性は秋波を送る事が礼儀と考えていたフシがあり、その巧みなリップサービスを鵜呑みにして、銀座の三愛なんかには、バカ面して来もしない女性を待っていた鼻の下の長い輩(やから)はゴマンとおりました。
所謂「待ち人来たらず」であります。
正しくは「待ち人来たらず」ではなく、単にオミズ女性のハニートラップに引っかかった男性が多かったのです。
今の若い人にとってはミステリーでしょう。
しか〜し、不思議でもなんでもありません。
あの頃の私たちは携帯電話を持っていなかったのです。
そういう点で申せば、私たち男性は携帯電話を所有して以来「待ち合わせ」という胸をときめく儀式を失ってしまったように思うのです。
現在において、初デートで二人が待ち合わした時間に相手の女性が現れなかったら、例外なくその恋愛航路は端から欠航なのであります。
まぁ、黒白がすぐついてよろしいと申せばその通りなのですが。
私は、一度、某オミズ系の女性のお誘いがあり、それがリップサービスとは思わず、指定された銀座の歌舞伎座で一時間程待ったことがありました。
結果「待ち人来たらず」だったのです。
しばらくして、そのお店に行き、彼女のスッポカシをなじりますと、あらイヤだ。ちゃんと歌舞伎町で待っていて、とって言っていたじゃない。勘違いもはなはだしいわ、と言われたのです。
しか〜し、あの広大な歌舞伎町のどこに待ち合わせ場所があるのでしょうか?
この勝負、端からオミズ女性の方が上手だったのでした。

この歌を聞いていると私の過去のおびただしいトラウマが浄化されるのです。
さら〜に、私にはかつてこの歌い手と付き合っていたという噂があります。
石川ひとみにさん待ち伏せされるならいいですけれど・・・
待ち伏せの女性がこの歌を創ったユーミンさんでしたらまさにストーカーでしょう。



今日は中華街に出没です。
IMG_0707

IMG_0708

IMG_0716

IMG_0714

IMG_0710
今日はお店選ぶに迷いませんでした。
今日は端から中華街の老舗「同發本館」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町148
電話:045-681-7273
定休日:第1・第3火曜日

IMG_0720
お店の外観です。

IMG_0726
店内の雰囲気です。

IMG_0718
メニューです。

今日のオーダー「牛肉となすのピリ辛炒め&ご飯」@1,760+@240=2,000円です。
同發という店名は、お客様と共にあり、共に発展していきたい、という思いからつけられたそうです。
ホールスッタフさんは、全員日本人という所謂ホーム状態であり、言葉の不自由さは当たり前ですが全くありませんでした。

IMG_0727
待つこと21分で「牛肉となすのピリ辛炒め&ご飯」の到着です。
見た目、オイリーです。

IMG_0729
気を取り直して実食です。
でき立てですので全てが熱々です。
まずは牛肉をいただきます。
良質の牛肉です。
程よい肉の弾力を感じながら噛みしだくと牛肉の美味しいエキスが口内であふれます。
ホンマモンの美味しさです。
茄子は絶品ですね。
これは菜肉が甘くて柔らかいです。
これまた美味しいです。
辛さは後から気が付き程度のものなので少し物足りないですが、逆に素材の美味しさを引き立ています。
ちょっとtoo muchな点を除けば満足な夕餉です。

IMG_0734

IMG_0735
お店を出た後、このお店の斜め前にある同發新館売店で、家族が好きなエッグタルト等をお土産で求めました。
やはり老舗中華料理屋さんは裏切りませんね・・・

それでは(^_-)

横浜中華街 愛群

今日は「士魂商才 其の壱」です。
私は父が起業していましたので、子供の頃から商売の仕方を教えられて、尚且つそれ程好きでもない武道(剣道)をやらされていたので、いわゆる士魂商才魂は幼き頃から叩き込まれて育ったのです。
従いまして、モノを売ることについては、同級生と比べますと卓越したものを持っていました、と偉そうに言っていますが、単に経験から学んだだけで商才があったというわけでもありませんでした。
で〜も、儲けるという事の内発的動機付けは、小学生の高学年において既に身に染みていたのでした。

ora00
大学3年生の時、英会話教材のアルバイトをしました。
と申してしてもノルマのあるアルバイトではなく、入学シーズンに一流大学を廻って英会話教材の実演販売をするものだったのです。
今このように思い返しても、このバイト先のマノス商会の社長のゲームプラン(戦術)は優れたものでした。
マノスの社長の考えは、二流大学の学生のほとんどは英会話教材を買わない。
これは、過去の実績が証明している。
買うのは難関大学の入学者だけだ。
彼らのプライドを極限までくすぐれ。
まして、都内に移住してくる学生は洗濯機、テレビ等の家電製品や新たな借家に納める多額の敷金・礼金等の支払いで金銭感覚がマヒしている。
さらに、彼らは地元では名士になっており、それにより祖母・親戚等から沢山の祝い金をもらっているはずなので財布は膨れている。
彼らのプライドをくすぐれば英会話教材なんか、油紙に火を付けるより簡単だ。
販売成績優秀者にはインセンティブ(報奨金)を付けるぞ、と私たちに激を飛ばしたのでした。

私のデビュー戦は一橋大学でした。
実演販売の仕度が終わった時に、社長が一回だけお手本を見せるから、後はそれに自ら工夫をして売れ、ということでした。
入学式が終わり、多くのエリート達が、私どものような業者のブースに三々五々でやってきました。
社長はその中から、大人しそうな学生をつかまえて、超難関大学名門一橋大学ご入学おめでとうございます。
ところで一橋大学に入るくらいなののですから、英語はできますでしょう。英会話はいかがですか、話せますか、と聞きますと、多少はできるとは思いますが・・・
実は話すのはそれ程自信がありません、と答えたのを聞いた時、社長の眼鏡の奥の両眼(りょうまなこ)がキラッと光ったのを私は見逃しませんでした。
社長は、私は長野の高校しか出ていなく大学には行っていません。
しか〜し、この教材を売るようになってからこれで英語をマスターしました。
一橋の学生さんですから、難易度の一番高いadvanced levelを使って同時通訳を実演してみます。
いいですか適当なところでこのテープを止めて始めます、と言ってからカセットテープレコーダーを回し適当な所でとめて再生ボタンを押し、そこから流れてきた英語に合わせて流暢な同時通訳を始めたのです。
20秒位してからおもむろにテープを止めて、どうですか、内容は合っていましたか、と聞きますと、すみません。
よく聞きとれませんでした、と答えたので、社長は高らかに莞爾として笑い、高卒でもこのくらいはできます。
ましてや一橋大学に入るくらいらの学力ですから、このテープで学習すれば英会話なんかすぐにマスターできますよ。ところで何で東大を受けなかったのですか、と聞きますと、少し偏差値が足りず、高校の先生から安全を見て一橋大学を受けろと言われたのです、と恥ずかしそうに答えたので、英会話で東大生を見返してやりましょう。
それではこのadvanced levelでいいすね、と言ってから、社長は売上伝票を書き始めると同時に、商品を手提げ袋に入れて、その学生に渡したのです。

41glc-IoMuL
私はこれを見ていて、なんだ、これはエリートを相手にしたタンカバイ(啖呵売=ごくあたりまえの品物を、巧みな話術で客を楽しませ、いい気分にさせて売りさばく商売手法)ではないかと思い、これなら自分の得意技だと、こみ上がってくる自信で自らの鼻を膨らませていたのでした。
後編は其の弐に続く。


圧倒的速さ、ソフトボール選手のドッジボール



今日は春めいた横浜中華街に出没です。
IMG_8586

IMG_8587

IMG_8588

IMG_8591

IMG_8592

IMG_8594

IMG_8610

IMG_8611

IMG_8614

IMG_8612


今日のお店は悩みませんでした。
IMG_8613
今日のお店は牛バラ肉ご飯の絶巓「愛群(アイチュン)」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町138
電話:045-641-6245
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)

IMG_8595

IMG_8609
お店の外観です。

IMG_8599
店内の雰囲気です。

IMG_8593
TVでのフィーチャー歴です。

IMG_8608
メニューです。

今日のオーダー「牛腩会飯(牛バラ丼、スープ、漬物、杏仁豆腐)」@800円です。
IMG_8597
待つこと1分でお茶と搾菜が到着しました。
お腹が空いていたので卓上にある搾菜を一口つまみました。
あら、美味しいではないですか。
これは期待が持てますね。

IMG_8601
待つこと6分で牛バラ丼、スープ、杏仁豆腐の到着です。
見た目、光り輝いています。

IMG_8602
それでは実食です。
豚バラは全部で4切れ入っています。
正確には3.5切れですが・・・
うん、脂身の部分はトロトロです。
筆舌に尽くせない美味しさです。
それに反して正肉は少し硬めです。
個人的には全部脂身でお願いしたかったですね。
甘辛で八角がきいたタレも高評価です。

IMG_8606
後半、お店のママの推薦の山椒の辛味噌を加えましたら味が引き締まり、違う味わいに変じました。
これまた美味しです。

IMG_8607
杏仁豆腐は平板な味わいでした。
しか〜しこのパフォーマンスで@800円は大満足です。
ご機嫌な中華街ランチでした。

それでは(^_-)

中華街 彩香

今日は「ミラクル伝説」です。
今日は近々良い事が起こる長男の話です。
札幌に来て早2年、長男は6歳になりました。
文武両道を家訓とする我が家は、新札幌にある「ピープル」という体操教室に入学させました。
しか〜し父に似て脳みその容積が多いために頭が重く、なぜか逆上がりができませんでした。
何回やってもお尻が鉄棒に上がりません。
そんな中、長男には逆上がりの試験が間近に迫っていたのでした。

img03
体操教室だけでは練習が足りないとの事から、自宅近くの白石サイクリングロードにある札幌東冒険公園で猛特訓をしたのでした。
練習の甲斐あって、お尻は鉄棒にかかるようになりましたが、体は鉄棒の上では返りません。
困ったんもんだと思っていたらいつの間にか本試験の日になってしまいました。

本試験の日、妻は勿論私も会社を早退して長男の合格の瞬間を見守る事にしました。
本試験は計3回です。
定刻の時間になりましたので試験が始まりました。
妻はアドレナリンが体中を駆け巡っており、すでにハイテンションの大声で見学室のガラス越しから長男に声援をおくっていました。
一回目の試技が始まりました。
最低です、お尻は鉄棒にすら触りませんでした。
妻はさら〜にテンションが上がり、なぜか隣にいる私に気合を入れ始めました。
時間をおいて二回目の試技が始まりました。
今度は多少練習の成果があり、鉄棒には足がかかりましたが体が起きません。
またもや失敗です。
休憩の間、妻のテンションはさら〜に上がりまさに火山噴火直前の状態です。
いよいよ最後の試技です。
私は妻の噴火を抑える為に、次で頑張ればいいよ、とすでに敗北宣言です。
しか〜し長男もアドレナリンがまわってきたようで、ほんのりとピンク色の顔になってきました。
そして最後の逆上がりが始まりました。
力強くマットを蹴った足は、ゆっくりと半円を描いてその足は鉄棒を越して反転しました。
後は反動を使って体を起こせば逆上がりの完成です。
なぜかそこで時間が止まりました。
体が動きません。
時間にして1秒位でしょうか、奇跡がおきたのです。
固まっていた体はあたかも魔法が解けたようにゆっくりと動き始めたのです。
信じられません。
ゆっくりとではありますが体は完璧に反転して逆上がりが完成しました。
試験に合格したのです。
これこそカミッテる技であります。
爾来、長男は困難のハードルが目の前に立ちふさがると最後はクリアするという奇跡を見せるようになったのでした。この奇跡がそれの嚆矢であります。


Fake?



IMG_6184

IMG_6164
今日は中華街に出没です。

IMG_6165
なにを食べようかと思い悩んでいました。

IMG_6167

IMG_6168
するとこの看板が目に入ってきました。
だまされてみるかと入店しました。
今日のお店は「彩香」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町147
電話:045-681-0838
定休日:無休

IMG_6166
お店の外観です。

IMG_6173
店内の雰囲気です。

IMG_6169
メニューです。

今日のオーダー「マーボーナス」@950円です。

200x200_square_30628069
入って腰が抜けるくらい驚いたのは、台湾で広東料理の修業を重ね来日し、横浜中華街の老舗「順海閣」の総料理長を26年務めた後、2010年に「彩香」のオーナーシェフとなった陳朝生料理長がホールで接客しているのではありませんか。
マジすかであります。
多くのメディアでフィーチャーされこの陳料理長の凄腕料理が楽しめると思ったのにがっかりであります。
この陳料理長は、商売熱心で、私のような独りでの来店は抑揚のない声で、いらしゃいませ、と挨拶するのですが、団体客が入店しますと、まるで別人かのような大きく且つご追従的大音量で接します。

IMG_6177
さら〜に私はランチメニューを見て入店したのですが、席に着くやいなや、この画像のようなメニューを持ってきました。流石に少し驚いて、ランチは終わったのですか、と聞けば、ランチね。ランチやてるよ、と言っておもむろにランチメニューを持ってきました。
まさに「恐るべし華僑商人」であります。

IMG_6175
待つこと3分で、ご飯、スープ、ザーサイの到着です。
お腹が空いていたので少しザーサイとスープでご飯をいただきましたが、ご飯は芯が残っていてゴワゴワでした。
炒飯用なのですかね。

IMG_6178
待つこと8分で「マーボーナス」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
ナスは熱々、炒めも良く火が通っておりご機嫌です。
ひき肉も食感が良いです。
辛さは過不足なく私の好きな味わいです。
所謂ストライクな味です、外れていません。
美味しいです。
今度は伝説の料理長の凄腕を堪能したいなと思いました(笑)

それでは(^_-)

横浜中華街 東光飯店別館

今日は「偏向報道」です。
ベスト電器は7月6日、通販サイトで価格誤表記があったと発表した。ソニー製23V型液晶テレビで、15万3000円とすべきところを1万5300円と誤って表記し、10時間で4万台以上の注文が殺到した。
誤表記の価格での注文には応じられないとしている。
誤表記があったのは「Yahoo!ショッピング」内の「ベスト電器新宿店ネットショップ」
ソニー製23V型液晶テレビ「ハッピーベガ KDL-S26A10」を、7月5日午後10時ごろから7月6日午前8時ごろまでの約10時間、1万5300円と誤表記し、6400件、4万816台の注文が殺到した。
ミスは外部の指摘で発覚した。
同社は、ミスを謝罪するとともに、今後同様なミスがないようチェック体制を強化するとしている。
同社窓口には電話が殺到し、7月6日午後2時半現在もつながりにくい状況が続いている。
「ITメディアニュース」より転載

この事件は今から11年前に起きた事件です。
当時の液晶の値段は1インチ1万円ですから当時の値段を換算すれば23万円になります。
従いまして15万3000円はかなりお安いのです。
今回の顛末は再確認を怠った事で0をひとつ付け忘れたわけというわけです。
これはとても後味が悪い事件でして、6,400件の注文の中にはこのヒューマンエラーに乗じて1,000台を注文した商売人もいたようです。
ベスト電器の対応は、即座に新聞発表して表示ミスを詫び
「受付開始前に訂正もした。1桁間違いでの販売をしない」事を伝えました。
ところが数日後、某新聞が「これは如何なものか」との記事を書いたものですから、抗議が殺到し結果1人1,000円のお詫び金を払う事になったのです。
ごめんで済んだら警察いらん、という反社会勢力的な圧力により、総額640万円が支払われたのです。

28174009016
この話を知り元人事の経験で申しますと、これは不当利得の返還を定めた民法第703条の「不当利得」に当たるのではないでしょうか若しくは恐喝か。現在は法務から離れていますので正鵠を射ていなかったらあいすいません。
例えばコンビニでポカリスエットと週刊誌を800円の品代を5,000円札で支払って、4,200の釣銭を、店員さんが五千円札を一万円札と錯誤して9,200円の釣銭を支払ったとします。
このうち5,000円は不当利得の返還を定めた民法第703条の「不当利得」に当たります。
気がついているのに「自分のものになるかもしれない」と思って黙っていると、刑法第246条1項の「詐欺罪」にも問われます。間違いと認識した時点で、申告する義務が生じるからです。
ちなみに気づかずに家に戻り、そこで気がつくこともあるはずです。
その時点で店側に連絡して、返金しましょう。
これを怠り懐に入れると刑法第254条の「占有離脱物横領罪」に該当します。
いずれにせよ、場合によっては罪に問われるわけです。
実際はこのレベルでは訴訟にならないとは思いますが、罪は罪です。
最近メディアではあり得ないマイノリティーイベントを支援して、変な方向に誘導する傾向があります。
近い将来偏向メディアは淘汰されていくのでしょうね。
否、淘汰されることを祈っています。
偏向報道は忌避しましょう・・・


ゴジラ、横浜に来襲



今日はゴジラが来襲した横浜に出没です。
最近の横浜の小景です。まずは街並です。
IMG_5347

IMG_5348

IMG_5351

IMG_5376


占いが人気です。
IMG_5377

IMG_5378

食べ放題が人気です。
IMG_5349


今日のお店は迷いに迷って選んだお店です。
今日のお店は「東光飯店」別館です。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町147
電話:045-662-0566
定休日:年中無休

IMG_5352

IMG_5353

IMG_5354
お店の外観です。

IMG_5362
店内の雰囲気です。

今日のオーダーは悩みました。
IMG_5355

IMG_5358

original
順当なら「東光チャーハン」にするところなのですが、チャーハンの上に中華丼の餡がのっているように思えて、ちょっと邪道かなぁと思い見送りました。

IMG_5357
あさりのトウチ炒めは、空豆と唐辛子でできた辛味調味料、豆板醤を使ったものなので、お店の方にどの位スパイシーなのかなと思い聞きましたら、、辛くないよ、と言われたので見送りました。

IMG_5366
結局薬局放送局で決めたのは「とんそくの醤油炒め&ご飯」@1,500+@200=1,700円にしました。

IMG_5367
お酒も飲まないのに、料理ができるまでにどうぞ、とピーナッツの唐辛子炒めをいただきました。
このピーナッツはビールに合うのは言わずもがなですが、飲まなくてもイケました。
美味しいです。

待つこと15分で「とんそくの醤油炒め&ご飯」の到着です。
IMG_5370

IMG_5374

IMG_5359
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_5371

IMG_5372
豚足美味しです。
コラーゲンはプリプリ全開です。
このトロトロの肉を歯でそいでしごく快感は筆舌に尽くせません。
加えてスープは醤油トロミで八角がしっかりとしみ入っていて、甘みと辛みも相俟まり得も言われぬ味わいです。
これはほとんど天国状態です。
熱さも最後までハフハフですのでご機嫌で完食しました。
店員さんの気配り接客も心地よかったです。

IMG_5382

IMG_5381

IMG_5380

IMG_5383

IMG_5384
このお店を後にして中華街を逍遥していたら同発中華洋菓子売店さんが目に入ってきました。
家族のお土産として、マカオ名物「エッグタルト」、同店の女性のお気に入りNO.1「コナッツタルト」と朝食に是非という「馬垃羔」という蒸しパンを求めました。
いずれも美味しかったですよ。

それでは(^_-)

横浜中華街 ニーハオ

今日は「朝ドラ『まれ』のロケ地を訪ねて(前編)」です。
IMG_7834

IMG_7773
あまり楽しみのない私ですがプチ楽しみがあります。
それは帰宅して就寝前に奥様とNHKの朝ドラ「まれ」を見ることです。
基本的にこのような「頑張ろう」的ドラマは大好きなのであります。
ということで「まれ」のロケ地横浜に行くことにしました。
加えてこのドラマのロケ地は大学が近かったこともあり、よくテニスクラブの女子と行ったり、はたまた同級生とハマトラコーデのフェリスの女子大生と親しくなるためにいったりして私の青春が埋まった街でもあります。
今この街にいかなければ、ここのところ感じている靴の中に小石が入りつづけているような違和感が払拭できなかったのです。ということで画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#中華料理店「天中殺」
IMG_7762

IMG_7734

IMG_7747

IMG_7737
ドラマではおなじみの中華料理店「天中殺」のある周辺です。
ここの住人に聞きましたら当地での「まれ」のロケは3月と5月の2回だけだそうです。
要は撮りだめなのですね。
希を演じる土屋大凰さんは小柄な美人だそうですよ。
個人的には「天中殺」の激辛の「麻婆豆腐」を食べたかった・・・・

#関帝廟
IMG_7767

IMG_7769

IMG_7770
希の師匠の娘である池畑美南ちゃんが早朝太極拳をしている関帝廟です。
個人的にはここが中華街で一番中国を感じます。

お線香
ちなみにここでのお線香のあげかたです。
日本式にやったら絵になりませんよ・・・

ということでランチです。
多分TVではこのお店の場所が「天中殺」なのです。
今日のお店はチャイナタウンで一番にコスパの良いお店です。
今日のお店は「你好(ニーハオ)」さんです

住所: 神奈川県横浜市中区山下町137
電話:045-681-8281
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

IMG_7738
お店の外観です。
お店はかなり分りにくいのでご注意ください。

IMG_7741

IMG_7742
店内の雰囲気です。

調理人
シェフの強宇春(キョウ・ウシュン)さんです。
佛跳牆(ぶっちょうしょう)という乾物を主体とする様々な高級食材を数日かけて調理する福建料理の伝統的な高級スープの第一人者なのです。

IMG_7748

IMG_7744

IMG_7746

IMG_7757
メニューです。

今日のオーダー
私は「ニーハオ定食(鳥肉カシューナッツ炒め、スープ・ライス・ザーサイ・焼きギョウザ)」@830円です。
奥様は「ニーハオ炒飯」@890円&「杏仁豆腐」@420円です。
二人でシェアした「大根もち」@630円です。

厨房から聞こえる言葉は中国語ですし、ホールスタッフの女性も最近中国からきたばかりなので、日本語が完璧に変です。ここは日本ではありません(笑)
ちなみに今ブログを書いていてわかったのですが精算額もなぜか少なく、これまた中国流?なのでしょうか・・・

IMG_7750

IMG_7751

IMG_7752
待つこと7分で「ニーハオ定食(鳥肉カシューナッツ炒め、スープ・ライス・ザーサイ・焼きギョウザ)」の到着です。
「鳥肉カシューナッツ炒め」は光り輝いているではないですか。
それでは実食です。
うん、この「鳥肉カシューナッツ炒め」はウマウマです。
鳥肉が柔らかいです。
味付けも良いですね。
餃子はモチモチしていて日本の焼きギョウザとは違いますが、これはこれでウマしであります。
白眉はザーサイです。
あまりに美味しいので奥様と取り合いになりました。
しか〜しこれで@890円ですか多分コスパは中華街一でしょう。

IMG_7753
待つこと11分で「大根もち」の到着です。
何とも豊満な姿態であります。
「大根もち」は千切りした大根をうるち米から作った餅の中に入れて長いあいだ蒸しあげますので大根の食感はなく、かすかに匂う大根の香りでこの餅の氏素性を確認できます。
味ですか、これまたウマウマです。
モチモチ感がたまりません。
ブラボーであります。

IMG_7755
待つこと13分で「ニーハオ炒飯」の到着です。
これはどこから見てもtoo muchであります。
味ですか、意外にたおやかな上品の味付けです。
油がよいのでしょうかくどさがなくこれまたウマしであります。

IMG_7758
締めは「杏仁豆腐」です。
透き通るような甘さに拍手です。
なかなかの味です。

総括として味は良かったのですが量が多すぎました。
グルマン(大食漢)の方にお奨めのお店でしょう。
個人的には「ニーハオ定食」を完食するのがやっとでした。
でも高評価ですよ。

それでは(^_-)

続 中華街 景徳鎮

今日は「Hanging around in Yokohama part1」の話です。
今日は横浜に出没です。
大学のある駅から横浜まで急行で11分という利便性から大学一二年生の時は本当によく横浜にいっていました、マジに超ナツカシイ街なのです。
今回私の住んでいる駅からみなとみらい駅まで電車で直通でいけるようになったので早速奥様と連れだっていってまいりました。

IMG_4744

IMG_4758

IMG_4762

IMG_4768

IMG_4769
最初の訪問は私の大好きな昭和歌謡バンドちがうかロックバンドのCRAZY KEN BANDのギタリスト、のっさんこと小野瀬雅生さんのトークショーがあったので見に行ったのです。
実はのっさんのトークショーの相手の元横浜ベイスターズ鈴木尚典さんって全く知らなかったのです。
鈴木尚典さんは2年連続となる首位打者を獲得するという輝かしい実績をもち“ハマの安打製造機”と言わしめたすごい方だったのですね、ハイ。
当然のことながら10時受付のこのトークショーに来た方の90%はこの鈴木尚典さんを見にきているわけで、わざわざ電車で70分もかけてのっさんを見にきた人は私達夫婦プラ〜スアルファのような気がします、多分ね・・・
よく見ればパンフにも鈴木尚典さんがmainと書いてありますよね(笑)
トークショー自体はほとんど横浜ベイスターズ物語プラ〜スカトレヤプラザ伊勢崎一周年記念感謝みたいな構成で、われらがのっさんは、子供の時に父親が野球フアンでウルトラマンのTV放送を見せてもらえなかったので野球がきらいになった、という件(くだり)くらいしか光るものはありませんでした。
そうそう5月に浅草公会堂でCRAZY KEN BANDの芝居がかかるようです。
これはぜひとも見に行かなければ!
トークショーの最後に鈴木尚典さんのサインボールが当たるジャンケン大会がありました。
私は、初回、敗者復活戦ともども最終決戦まで残ったのですが惜しくも負けてしまいました。
ハマの人ってジャンケンつおいのですね(笑)
IMG_4901
のっさんと鈴木尚典さんの色紙です。



IMG_4774

IMG_4775
このあとお昼を食べに中華街に出向きました。
少し画像でお付き合いください。

IMG_4772
今年の横浜DeNAベイスターズはアツいぜ!
ハマの人は今シーズン横浜DeNAベイスターズがマジに優勝すると思っています。

IMG_4793

IMG_4794
まるた小屋さんです。
フカヒレスープが@315円ですと安いですね。
豚耳が美味しいそう、奥様がいなければ買って帰ったのに・・・

IMG_4799
大世界門(お土産やさん)です。
ここは日本ではありません、ハイ。

IMG_4800

IMG_4802

IMG_4801
横浜媽祖廟(天后宮)です。
横浜媽祖廟は2006年3月17日に開廟した海の女神として、世界各地の華僑・華人に信仰されている媽祖(まそ)を祀っている寺院です。
中国福建省と台湾の専門家を招いて建造されています。
高さ16m、関帝廟と並ぶ中華街のシンボルだそうです。
大きな門や、八角形のお堂に施された極彩色の装飾や彫刻は見事です。
媽祖は縁結びの女神様だそうで、寺院の中には芸能人と結婚したいという女性の願掛けの木札が多数ありました。女性は、妊娠、出産、育児に最低でも6年間もかかりますので、特に道徳心の強い女性は、その間男性みたいに浮気をすることができません。従いまして人生最高の男性を選ぶことがその女性の人生を決定するのです。
その結果いきおい最高の男性=芸能人になるのかなと思った次第です、ハイ、他意はありません。

大江麻里子
今日のお店はあのTV東京の大江麻里子アナが“もやサマ”で大絶賛した横浜中華街の四川料理の絶巓「景徳鎮(ケイトクチン)」さんです。個人的には約5年ぶりの再訪です。

住所: 神奈川県横浜市中区山下町190
電話:045-641-4688
定休日:無休

IMG_4789

IMG_4790
お店の外観です。

IMG_4787
店内の雰囲気です。

今日のオーダー
「芝海老の卵白炒め」@1,890円
「ツブ貝の辛子煎り炒め」@1,680円
「海老春巻」@580円
「タピオカ入りココナッツミルク」@580円
13時過ぎだというのに店内は大混雑です。
私達も順番待ちで15分位椅子に座ってメニューを選んでいました。
日本人は四川料理=辛いが好きなようですね。
やっとこさ席に通されたのですが、隣席との距離が近いので妙な圧迫感があります。

IMG_4781

IMG_4782
待つこと22分で「芝海老の卵白炒め」の到着です。
見た目美芝海老です。
それでは実食です。
ウンこれは美味しいです。
卵白のたおやかな調理は本場中国の人はさすがに上手です。
まるでふんわりとしたマシュマロのような味わいです。
しか〜し途中から気がついたのですがこの海老すこし臭いのです。
奥様ともこの件(くだり)は一致していて、多分ですよ、背ワタの掃除が雑だったのではないか、と断じたのです。
こういのうを正に画竜点睛を欠くというのですね・・・

IMG_4783
待つこと25分で「海老春巻」の到着です。
見た目火が入りすぎです。
それでは実食です
ウン、餡が硬いですね。
ここのrecipeなのでしょうか、個人的には春巻は外硬内柔且肉汁過多が好(はお)です。

IMG_4784

IMG_4785
待つこと29分で「ツブ貝の辛子煎り炒め」です。
見た目麻辣です。
それでは実食です。
ウン、これは美味しいですね。
ツブのクビレのコリコリ感がたまりません。
しか〜しこれって熱々ではありません。
個人的には中華とはいかに火を巧く扱いその火力を僕(しもべ)にするかというふうに考えています。
これでは火に家出された様な感じです。
したがいましてこの次に襲ってくる現象は、料理が冷めた時に起きる唐辛子と花椒(ホワジャオ)がその存在を主張してくることです。
要はちょい辛いがすごく辛くなるのです。
特に地雷みたいに所どころに花椒(ホワジャオ)の固まりがありますので、それを食すとまさに地雷を踏みぬいたような感じです。
最後には不要(プーヤオ)になってきました。
かなり残念な一品です。

IMG_4786
「ツブ貝の辛子煎り炒め」の24分後に「タピオカ入りココナッツミルク」の到着です。
これはココナッツミルクにタピオカが入っているもので見た目通りの味です。
特段のコメントはありません。

今から5年前にここの料理に大大感動した夜は一体なんだったのでしょうか・・・
結論として、中華街に超混み合う土日には食べに行かないことですね、ハイ。

それでは(^_-)

横浜中華街 景徳鎮

今日は大学の同級生が難病から奇跡の生還をしたのでそれの快気祝です。
仲の良かった同級生が皆集まり祝宴はそれなりに盛り上がったのですが、帰り際に彼が「人間ってこんな簡単に死んでしまうのか」とか「子供達が親っていうものは死ぬものだと悟った」とか厭世的な発言があり、同じ年の私としては感じいってしまったのでした。

今日のお店は横浜中華街「景徳鎮(ケイトクチン)です。
住所: 神奈川県横浜市中区山下町190
電話:045-641-4688
定休日:無休
続きを読む
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ