下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

神楽坂

神楽坂 浅野屋

今日は「未婚異聞」です。
top_big_image_pc_20170309
私たちが若い頃はSNSとかLINEがなかったので、女性との恋愛はダイレクトコミュニケーションがほとんどでした。
所謂、ナンパという女性への声掛けです。
隔世の感があります。
今の若い人たちは、その行為そのものが信じられないみたいです。
ちなみに、現在の若い人たちは、1人でいるのが好きな人が多いみたいですが、そのような草食系の方でも恋愛願望があるみたいです。
そのような方は、真剣な出会い・恋人探しをサポートする恋活・婚活サイトみたいなものに登録して恋愛活動にはいるようです。
これは、みんなに質問して、みんなが回答、みんなが繋がるQ&Aから始まり、婚活・恋活パーティーも開催とかイベントが盛りだくさんで、その中で一番支持を受けているのが、不正ユーザーの徹底排除に加えて決済したのに相手から返信が来ない時の返金保証なのです。
個人的には、返金保証は良いですね。
これに入会しますと、年収を含めた個情報や、性格診断からのベストパートナーが探せるので、ハズレなしみたいです?いずれにしてもこの個人情報開示の恋活・婚活サイトが有卦に入っているようです。

-9211786907972277src=embed
その一方で未婚の男女は増えています。
50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を示す「生涯未婚率」について、2015年の国勢調査の結果、男性で23.37%、女性で14.06%にのぼったことがわかりました。
前回の2010年の結果と比べて急上昇し、過去最高を更新したのです。
私はこの未婚率を押し上げている要因の一つに孤独死の常態化があると思うのです。
私たち世代は、人は子供に看取られて死ぬものだ、という認識が強くて、孤独死なんぞしようものなら、不倶戴天の敵みたいなそしりを受けたものです。
それが最近の未婚の増加に伴って孤独死が増えて緩和され、緩和されたから未婚率が増えるみたいな悪循環に入っているのではないかと臆断しています。
最近では看取り友達みたいなサークルに入って各々の最後を託すみたいですが、これとて最後の1人になれば、それこそ孤独死になるのです。
看取られて死ぬとか死なないよりも、一日一日をどれだけ充実して生きていく方が大事なのではと思う今日この頃です。


神業・・・



IMG_0299
今日は神楽坂に出没です。
今日はお蕎麦です。
今日のお店は「浅野屋」神楽坂店さんです。

住所:東京都新宿区神楽坂6-8
電話:03-5579-2941
定休日:無休

IMG_0302
お店の外観です。

IMG_0305

IMG_0313

IMG_0312
店内の雰囲気です。

IMG_0306
メニューです。

今日のオーダー「せいろ大盛&玉子の天麩羅」@950+@600=1,550円(内税)です。
店内に入って驚きました。
オサレなしつらえです。
BGMはジャズですし、異次元空間です。
IMG_0308
待つこと5分で「せいろ大盛」の到着です。
今日の蕎麦粉は北海道共和町のものです。
と申してもこの蕎麦粉の説明がどこにもないので違いがわかりません。

IMG_0310
それでは実食です。
蕎麦の香りは高いですね、美味しいです。
蕎麦つゆは今一ふくらみとコクありませんでしたが、全体的に雰囲気を加味すれば美味しい蕎麦屋さんといえると思います。

IMG_0315

IMG_0314

IMG_0316
大盛でも蕎麦の量が足りなかったので「玉子の天麩羅」を追加しました。
塩でいただく「玉子の天麩羅」は美味しいのですが、4個はa little bit too muchですね。
ラスト一個は厳しいものがありました。
ここは女性と行くお店でしょう・・・

それでは(^_-)

神楽坂 膳楽房

今日は「長電話」です。
yjimage
昔昔、長電話の親戚がおりました。
母はその親戚が嫌いでその人が掛けてきそうな時間帯の電話には、私を出させて居留守を使っていました。
敵もさるもの引っ掻くもので、はなから居留守を使っていると読み込んでいて、電話口の私に対しても長電話をしていたのでした。
いまや卓上電話での長電話は死語ですよね。
ところがところが拙宅には約1名長電話をかけてくる輩がいるのです。
それは私の元部下です。
色々な事情が重なり会社を辞めたのですが、今でも付き合いはしています。
これが不定期に長電話をかけてくるのです。私の携帯電話にかけてくると登録名から私が電話にでないので、その登録名がでない家の卓上電話にかけてくるのです。
それも酔っぱらうとかけてくるのです。
私がでると、酔って電話するなと、怒るので長電話ができずストレスがたまるみたいで、最近は私のいない時間帯を見計らってかけてきて、奥様と長電話しているのです。
話す内容は、ひたすら昔話です。
長男が赤ん坊だった頃高い高いをして遊んだ事とか、酔っ払った私に殴られた事とか、私が連れて行ったスナックなのにその飲み代を立て替えさせられた事とか、ちなみに私はお金に対してはカミっているくらいキレイなのでこれは彼の勘違いです、とかとか昔話ですからネタは際限もなくあるのです。
ある時、偶然にも私がいる時にかかってきたので、私がこれ以上酔って電話するとこれからの飲み会には誘わないぞ、とキメてから沈静化したのでした。
その為に、その被害は私の違う部下に拡散されていったのです。
要は、ところ変わっても相手変わらず、であります。
しか〜し、その気持ちはよくわかります。
私もかつて酔うと必ず長話をしていました。
そんな性癖ですから誰彼となく電話していました。
多分に嫌がられていたのでしょう。
酔うと長話をしたくなるのは 何故なんでしょうね。

1425440030_photo
最近の世相なのでしょうか。
居酒屋で長時間ダベる若者が減ったようですね。
ラインの浸透で会って話す必要が無くなったからです。
要は孤独を感じなくてよい仕組みができたからなのですね。
だから家飲みが普及したのでしょう。
それの被害を受けたのは24時間営業の居酒屋です。
その為に24時間営業の看板を降ろすところが続出です。
その被害を受けたのが夜勤明けの人達です。
せっかくの楽しみが風前の灯火になりつつあります。
私の知人にホテルマンがいます。
彼の楽しみは、夜勤明けに白昼堂々と泥酔する事でした。
そうしないと寝られないんだ、と言っていましたが、嘘です。
単に、酒に意地気汚いだけです。
かつての私がそうでしたから・・・
花見酒もそうですが、陽の光を浴びて飲む酒はなんとも気持ちのよいものです。
停酒を解除したら真っ先にやりたい事のひとつであります。


手で白鳥の湖を踊ってみた



IMG_7897
今日は神楽坂に出没です。

IMG_7664

IMG_7524
今日のお店は今まで夜の部に4回程行ったのですが、その度に貸し切りで入店できませんでした。
高い障壁ができた時にはゲームプラン(勝つための戦術)を変えるのは必須であります。
従いまして昼の部に行きました。
今日のお店は「膳楽房」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-4 AYビル1F 2F
電話:03-6280-8042
定休日:無休


IMG_7902

IMG_7904

IMG_7898
お店の外観です。

IMG_7901

IMG_7911
店内の雰囲気です。

IMG_7900

IMG_7910
メニューです。

本日のオーダー「本日の日替わりランチ」@950円です。
寒風凍てつく中、震えながら20分並んでの入店です。
神楽坂にはミシュランビブグルマン獲得店が「エンジン」「梅香」「膳楽房」と3店舗もあるのです。
すでに「エンジン」さんは制覇しました。
今回は3店の内の2軒目ですが、なかでも人気なのが「膳楽房」さんのようです。
シェフは渋谷区幡ヶ谷にある人気中華料理店「龍口酒家」出身です。
いやおうにも期待が高まります。

IMG_7912
待つこと5分「本日の日替わりランチ」の到着です。
本日の日替わりランチは、エビとトマトの玉子炒め、五目春巻、ごはん、スープ、自家製漬物という内容です。

それでは実食です。
IMG_7914
まずは「エビとトマトの玉子炒め」です。
玉子にはトロミのあるスープがからんでいます。
その為に玉子の美味しさが半減しています。
個人的にはこの「エビとトマトの玉子炒め」は、熱々のトロトロ玉子にトマトがからむ素材を活かしたシンプルな調理方法が好きです。
この仕上げは私の好みではありませんでした。
海老は美味いのですが・・・
ミシュランビブグルマン獲得店のシェフですので、私のステレオタイプの考えは斬新さがないと思われたのでしょう。

IMG_7915
春巻きは熱々ですが平板な味で、なんのサプライズもありませんでした。

IMG_7913
スープも熱々ですが平板な味で、なんのサプライズもありませんでした。

何ですかね、完璧に肩すかしを喰らいました。
隣の若いリーマン達はシンプルチャーシュー炒飯を大絶賛していましたので、今度は炒飯で再挑戦してみましょう。

それでは(^_-)

神楽坂 アズーリ神楽坂

今日は「パックと美人」です。
maxresdefault
私の奥様はよくパックをしています。
一番いい顔をして、その表情を崩さないようにパックを顔に貼って、モーツルアルトや竹内まりやを聞きながら、素敵なことを考えながらじっとしているこの感じは、お腹の中に赤ちゃんがいる時にそっくりだと我が奥様は申しています。今、この瞬間に着実に間違いなく育っている、正しくは美しくなっている実感ですか。
それに加えて、謙虚に再生と奇跡を待つ気持ちは男性からしますとパックは儀式を超えた宗教のようにも思えます。
パックとは期待する事であります。
パックとは待つという事であります。
s-0001
お月さんの満ち欠け日数(陰暦)による数え方で十月十日間、女性は生まれてくる子供が自らの最高傑作である事を祈って待っています。それと同じように貼ってから15分後、そっとめくったパックの下から現れる顔が、見目麗しき顔に変じる事を祈って待っているのです。
兎に角女性は夢を見ながら待つのが好きな生きものなのです
パックはピタッと肌にくっつくことで、パック自体の美容成分が肌に染み込んでいくのだそうです。
そしてそのときに肌から出て行く潤い成分も一緒に一時的に閉じ込めてくれるのだそうです。
私はパックの持つ科学的な効用は知りませんが、この儀式がもたらす奇跡を信じて待つ気持ちが、まさに女性を美しくしていくものではないか臆断しています。
仮に、使用前使用後の違いを亭主がわからなくても、綺麗になった事を信じる気持ちが大事なのでしょう。
自分の気持ちをだまし、自分にも判らないように嘘をついて、それを信じて楽しく生きていく事、これが「女性が美しく生きていける秘訣」ではないでしょうか・・・


「待つわ’07」 あみん



今日は神楽坂に出没です。
IMG_7892

IMG_7887

IMG_7888

IMG_7889

IMG_7890

IMG_7893

IMG_7894

IMG_7895

IMG_7896
今日はイタリアンの名店です。
今日のお店は「アズーリ神楽坂」さんです。

住所:東京都新宿区神楽坂3-4 AYビル1F 2F
電話:03-6280-8042
定休日:無休

IMG_7861

IMG_7886

IMG_7884

IMG_7883
お店の外観です。

IMG_7882

IMG_7866

IMG_7874
店内の雰囲気です。

IMG_7862

IMG_7863
メニューです。

本日のオーダー
濃厚白子のフラン(洋風茶碗蒸し)@300(テーブルチャージ)
トリッパのトマト煮込み@700
スペイン産ニンニクのシンプルなペペロンチーノ@900
です。

IMG_7868
待つこと8分「濃厚白子のフラン(洋風茶碗蒸し)」の到着です。
見た目、上品です。
それでは実食です。
白子が甘く且つ濃厚です。
これは美味しいです。
ちょっと類を見ない美味しさです。
いきなりトップギアです。

IMG_7869
待つこと11分「トリッパのトマト煮込み」です。
プレートはもう少しソースの汚れを拭いて供して欲しかったものです。

IMG_7873
それでは実食です。
トリッパの掃除が悪いのでしょうかかすかに匂いが残っています。
しか〜し、ノープロブレムです。
このトリッパは美味しいです。
瑕瑾を申せばまだまだ煮込みが足りません。
私はトロトロの煮込みが好みです。

IMG_7875
待つこと20分で「スペイン産ニンニクのシンプルなペペロンチーノ」の到着です。
これは匂いで美味しいのがわかります。

IMG_7881
それでは実食です。
オープンキッチンですから調理人のフライパン振りの一挙手一投足が見えます。
このペペロンチーノの調理人のあおりは卓越したものです。
不味いわけがありません。
アーリオ(ニンニク)とオーリオ(オリーブオイル)の相性最高です。
パスタもアルデンテでコシがあります。
特にオリーブオイルのきらめきを思わせるような香りとコクが素材達を包み込んでいます
大満足のペペロンチーノです。
実はこのお店で今月2回ほど飲み会があります。
今月の楽しみが倍加しました。

それでは(^_-)

神楽坂 トレド 5th

今日は「マーケティング」です。
缶コーヒー
コンビニエンスストアなどでのいれたてコーヒーの普及は国内のコーヒー消費を押し上げる一方、缶コーヒーなど既存市場に打撃を与え、再編の引き金にもなっている。
全日本コーヒー協会(東京・中央)によるとコーヒーの国内消費は2015年に46万1892トンで4年連続で増え、16年も増勢が続いた。
一方、缶コーヒーの市場は縮小傾向が鮮明だ。
飲料総研(東京・新宿)によると15年の缶コーヒー出荷量は14年比0.6%減の約3億4100万ケース。4年連続で減った。かつて1億5千万ケースを販売した日本コカ・コーラの大型商品「ジョージア」も、15年には約1億ケースまで縮んだ。大塚食品の自販機などで缶コーヒーを売っていたネスレ日本は15年に生産から撤退した。
製缶業界への影響も大きい。スチール缶リサイクル協会(東京・中央)の推定では飲料用スチール缶の生産量は15年に71億缶で、このうち8割以上がコーヒー缶。
容器のシェアをペットボトルなどに奪われ生産量が減るなか、「スチール缶にとって最後のとりで」(スチール缶リサイクル協会)だったコーヒーも、コンビニコーヒーの普及で紙コップに主役の座を奪われつつある。
製缶国内首位の東洋製缶グループホールディングス(GHD)と2位のホッカンホールディングスが経営統合を目指す引き金になったのもコンビニコーヒーの普及が背景にある。
日本経済新聞「缶コーヒーに再編の波『いれたて』普及で出荷減より」転載

広義で申せばカニバリゼーション(共食い)、狭義で申せばキラーアイテムですが、珈琲をめぐる市場競争はすごいですね。
市井の喫茶店をドトールのような大手カフェチェーンが飲みこみ、さらにそれをマクドナルドのようなハンバーガーチェーンが追いかけ、それと並走するが如く大手コンビニ各社が煎れ立て珈琲で猛追して、特にセブン-イレブンの「セブンカフェ」は当初の年間目標を早々に上方修正し、年4億5000万杯を販売する勢いです。
購入者の約半数が女性といい、缶コーヒーの代替ニーズだけではなく、既存カフェの需要も取り込み、一躍大手セルフカフェの一角に躍り出てきました。
そこで喫茶店の復活の名のもとにネスレ日本は「カフェ ネスカフェ」の看板を出す契約店の募集を開始し、スーパーなどの店内カフェも積極的に展開しており、カフェ業界の台風の目になりつつあります。
さらにネスレは、人が集まるあらゆる場所をカフェ化していくという戦略のもと、地方のスーパーやドラッグストア、道の駅など、従来コーヒーを売りにしていなかった「異業種」までも巻き込み、カフェ戦争の台風の目となってきたのであります。

d5778-7-206197-0
ネスレの戦略は、実はさらに一歩先を行きました。
このコーヒーマシンを、オフィスに無償で貸し出すようにしました。
それが「ネスカフェアンバサダー」です。
「コーヒーを飲むと仕事がはかどる」という人は多いことから自宅よりも会社のオフィスでコーヒーを飲むことが多い会社員も多いのです。私もその1人であります。
ネスレはここに目をつけたのです。
ネスレのシェアは家庭向けが37%なのに対し、オフィス向けを含む家庭外は3%にとどまっていました。
オフィスはネスレにとって未開拓の市場だったのです。
ネスカフェアンバサダーは職場のオフィスや病院・飲食店・美容室や個人事業主のオフィス等の法人申し込みがメインですが、最近ではネスカフェアンバサダーになると、さらに申込者特典として応募者には自宅用に無料でバリスタアイもう1台プレゼントでもらえるというサービスを打ちしてその快進撃の手を緩めません。
ちなみに2013年「ネスカフェアンバサダー」は日本マーケティング協会から「日本マーケティング大賞」を受賞しています。今回ネスレがとったフリーミアム戦術(消耗品ビジネス)は、コピーのトナー等で知れ渡っていますがこれを珈琲でやり遂げたことがすごいですね。
2015_CEO
高岡 浩三ネスレ日本株式会社代表取締役社長兼CEOは本当にすごい方です。
私が尊敬する経営者の1人であります。


あなたの届けたお花がまとめて返ってきた日



IMG_7657

IMG_7656
ここのところ毎日この輝く星を見ながら歩いています。
いったい何という星なのでしょうか。
シリウスかなと思っていますが合っているか自信がありません。
この星を見ながら宇宙に思いを馳せていますと世の中の雑事がどうでもいいように思えてきます。
あんですか、上を向いて歩いていると落ちているお金が拾えないですと、オアシは親からもらったニホンアシで充分です、ハイ。

IMG_7654

IMG_7655

IMG_7658

IMG_7659

IMG_7660

IMG_7662

IMG_7664
今日は神楽坂に出没です。
今日のお店はお気に入りです。
今日のお店は二丁目食堂「トレド」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂2-6-7 ポルタ神楽坂 1F
電話:03-6280-7079
定休日:月曜日

IMG_7667

IMG_7668
お店の外観です。

IMG_7670

IMG_7674

IMG_7673
店内の雰囲気です。

IMG_7669
メニューです。

本日のオーダー「にんにくチャーハン&味噌汁」@850&@150=1,000円です。
今日は途中から息子さんが手伝っていました。
お母様似でハンサムですね。

IMG_7675

IMG_7677
待つこと9分で「にんにくチャーハン&味噌汁」が到着しました。
見た目、キレイですね。

IMG_7676
食べる時は大好きな福神漬けをのせていいただきます。
具材は色鮮やかな緑色のピーマン、赤色のレッドピーマン、レタス、タマネギ、キノコ、鶏肉の布陣です。
それに1年以上漬け込んだにんにくと特性タレで仕上げています。
それでは実食です。
うん、ケレンみのない味ですね。
ご飯のあおりもしっかりしていて良く炒めてあります。
特性タレはほのかに感じられますがこのくらいの味わいの方が良いですね。
野菜のシャキシャキ感が高評価です。
福神漬けが味を締めてくれて満足な夕食になりました。

IMG_7721

IMG_7722

IMG_7680
食後、奥様のお土産に女子甘味の聖地「紀の善」さんで「抹茶ババロア」を求めました。
帰宅した後、二人でいただきましたが、甘さ控え目で美味しかったですね。
聖地の甘さが味わえて幸せでした・・・

それでは(^_-)

神楽坂 麺屋こころ

今日は「新自殺のメッカ」です。
Shinkoiwa09
新小岩駅の近くに住んでいます・・・
毎回人身事故が起こるたびに「またか」と思います。
なぜこんなに新小岩駅で人身事故による自殺が多いのか気になって調べたところ、心霊系の噂が出てきたのでまとめてみました。新小岩駅問わず自殺は未来永劫幸せになれません。
bluegoatさんのページより転載

新小岩駅での自殺が多いみたいですね。
仕事でよく亀戸に行きますので、そういわれてみれば人身事故で電車が止まりますと、仕方ないので亀戸駅のホームのベンチでiPadairで仕事をしていたました。
全くもって迷惑な話です。
で〜も、このようなフリネタを書きますと、マスメディアの自殺報道に影響されて自殺が増えるウェルテル効果により、さら〜に自殺が増えますのでこれ以上はやめおきます。

SobuRapidLineStations
とある日、この人身事故で電車待ちの中、亀戸駅で初老の男性が駅員に文句を言っていました。
総武線快速が止まるのはわかるけれど、なんで各駅停車まで止めるんだ。
運行管理上仕方ないにしても、快速の下りに飛び込んだんだろう。
上りの各停まで止める必要はないじゃないか。
あんだよそのドーナツを丸ごと飲みこんだような顔は、目上の者にふくれっ面するんじゃねえ。
mig
あにか、電車で轢断された首が宙を舞って各駅の線路まで飛んできたのかって、冗談じゃないぜ。
そいつは平将門の子孫か、なめるな❢
さら〜に「事故信号が発送されました」って何だ❢
意味がわかんねぇぞ。
あに、「発送」じゃなくて「発報」だって、余計わかんねぇじゃねぇか。
そんなわけのわからないこと言ってからよ、自殺のメッカになるんだよ。
関係ねぁ、だと、聞き捨てならねぇ。そのそっ首ぶった切ってやるから、亀戸天神の池の亀みてぃに首のばせ、とまあ下町によくいる言いたい放題の「暴れん坊将軍」ではありますが、言葉は下卑ていますが言っている事は正しいと思って聞いていました。
個人的には、予算の関係もあるのでしょうが一日も早いホームドアの設置をお願いするとこところであります。


孫が叶えたおばあちゃんの夢


IMG_7502

IMG_7539
今日は神楽坂に出没です。
今日のお店はいつも地元の大学生でみっしりと混んでいるお店です。
今日のお店は「麺屋こころラーメン」神楽坂店です。

住所: 東京都新宿区神楽坂1-11 1F
電話:03-5579-8782
定休日:日曜日

IMG_7505
お店の外観です。

IMG_7508
店内の雰囲気です。

IMG_7512
「こころ人気ランキング」です。

IMG_7507
メニューです。

本日のオーダー「カレー台湾まぜそば(麺少なめ150g)」@810円です。
最初は、客がまばらでしたが、時間差で学生達が入店してきて込み合ってきました。
どうやらこのお店は学生割引(academic discount)があるみたいで、それが学生客を吸引している要因かもしれません。

IMG_7515
待つこと10分で「カレー台湾まぜそば」が到着しました。
ビジュアルはきれいですね。

IMG_7516
それでは実食です。
卵黄、台湾ミンチ、海苔、九条葱、玉葱、水菜、大蒜(ニンニク)、カレー粉の鮮やかな色彩の具を極太麺によくまぜると醜い様相を呈します。
なんかまずそうですね。
台湾まぜそばは練馬の「やまの」さん以来自身2度目です。
要は名古屋のローカルフードでしょう。
気を取り直して実食です。
ジャンクな味ですね。
玉葱の辛さと香辛料の辛さとニンニクの辛さの三重奏で口内に火がつきました。
ちょっとこの辛さは私の好みではありません。
麺はモチモチしていておいしいのですが、相対比較でいえば練馬の「やまの」さんの方が好きです。
この「台湾まぜそば」は、いわゆるThere’s no accounting for taste.(たで食う虫も好き好き)な一品ではないでしょうか・・・

それでは(^_-)

神楽坂 和み

今日は「マドンナと会う」です。
20130131_takahashi_32
最近、大学のゼミのとある女性と良く会います。
経済のゼミなので、基本的に女性の人数は少ないのですがそれでも4人もいたのです。
その中で、一番きれいだったのは亜弥ちゃんだったのです。
私は好みが違うので一定の距離をおいていましたが、この難攻不落の美女を落とそうと沢山の友軍が特攻したのですが、ことごとくその直前で墜落して、その船体にかすりもしませんでした。
今回、3年ぶりに会いました。
彼女との再会は、日経の経済教室の執筆者の1人である同期の男子がとある国際的な名誉ある賞を取ったので、そのお祝いを兼ねた同窓会をする為の打合せでした。
決して不倫ではありません。
相も変わらずキレイでした。
しか〜し、3年という歳月が人の上におよぼす痕跡を私はあらためて想わないわけにはいきませんでした。
同窓会の会場で打合せをした後、とあるコジャレたイタリアンで食事をしました。
とりとめない昔話をしていたのですが、何故か彼女のご主人の話になりました。
私は以前からこのような美女はどのような男性と結婚をするのかに興味がありました。
仄聞するにご主人はファッションデザイナーらしく、一時はかなりの羽振りだったみたいです。
しか〜し、彼女から聞く現況はかなり寂しいものでした。
いわゆる「尾羽打ち枯らす」状態になっていて、華やかな結婚当初に比べますと、今や生活は庶民状態に成り下がったようです。
そして事もあろうに彼女からご主人の還暦の写真を見せてもらいました。
そこに写っていたのは、赤いチャンチャンコを着たハゲちらかした頭髪の小太りで太鼓腹の男性でした。
私は白昼夢を見ているような気分に陥りました。
えっあの難攻不落の亜弥ちゃんを攻略したのはこのレベルの男性だったのかと嘆息しきりだったのです。
女性の好き嫌いは分らないものです・・・
多分にご主人の醸し出すブランドに惚れたのでしょう、と思う事にしました。
「美男美女のカップル」はありえないのですね。
そういわれて考えれば、男女の恋愛は「相貌重視」より「連携堅固」なのでしょう。
このような「マドンナ崇拝」においては、その楽屋裏は決してのぞいてはいけなかったのでした。
人生と言うものの冷え冷えと苦く、その中にもどこかに見果てぬ夢を含んだようなものであることを忘れていました。夢の正体をあばいてはいけません。


トメさん強すぎ(笑)



今日は神楽坂に出没です。
IMG_7522

IMG_7540

IMG_7541

IMG_7542
今日のお店は攻略店です。
今日お店はsoba dining「和み」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-2-31 2F
電話:03-3267-5666
定休日:月曜日 第三日曜日

IMG_7564

IMG_7548

IMG_7549
お店の外観です。

IMG_7553
店内の雰囲気です。

IMG_7550

IMG_7552
メニューです。

IMG_7555
江戸ソバリエ認定のお店です。

今日のオーダー「伊達たまごのだし巻き」@750円あんど「ざるそば(10割)」@800円です。
カウンターの席にすわりました。
お店の醸し出す趣きから何となく「福島愛」のお店のように感じました。
しか〜しカウンターの隅に東京にある山口県のレストランガイドがあったので不思議に思い、女性オーナーに聞きましたら、オーナーの生まれは愛媛だそうです。で〜も嫁ぎ先が福島で、いわきの蕎麦屋に長年務めていたため、そちらの郷土料理なども品書きに載せているとの事です。
どうやら私の見立ては間違っていないようでした。
質問の山口県関連については娘の婿さんが山口出身だからだそうです。
娘の婿さんは銀座でレストランをやっているのでそちらも是非にと奨められました。
このお店からはgood vibe(良い雰囲気)を感じます。
心が落ち着きます。

IMG_7554
待つこと5分で「蕎麦茶」の到着です。
湿潤な蕎麦の香りが鼻孔に拡がります。
これで人心地がつきました。

IMG_7558
待つこと12分で「伊達たまごのだし巻き」の到着です。
アイススケート場の氷上のように光り輝いています。
きれいですね。
たまごはフランス原産の肉質を重視した赤鶏である伊達鶏のものです。
それを4個使い丁寧に作ります。
表面がつやつやなのは中温でじっくりと焼きあげるとこのようなツルツルになるとの事ですが、謙遜されておられますがやはり技でしょう。
味ですが、美味しいです。
「だし巻き」って濃い味付けが多いのですが、これは玉子の美味しさとふくよかなダシの風味だけです。
その為にtoo muchな量でしたが最後まで飽きずにいただけました。
かなりの腕ですね。

IMG_7559

IMG_7560

IMG_7561
待つこと21分で「ざるそば(10割)」の到着です。
見た目、充分な涼感を感じます。
私は蕎麦の味はよくわからないのですが、この蕎麦はこしがありかつ香りも良く美味しいです。
蕎麦汁は味醂少な目で蕎麦の脇役に徹した味わいではありますが、存在感は大いにあります。
やはり白眉は氷水でよく洗ったスッキリとした蕎麦の喉ごしの良さでしょう。

IMG_7563
食後蕎麦湯をいただきましたが、魚介系の出汁の香りが残り香として味わえました。
お店の雰囲気もいいし、接客も申し分ありません。
ここは再訪店ですね。

それでは(^_-)

神楽坂 エンジン

今日は「ふるさと祭り東京」です。
IMG_7361
知り合いから「ふるさと祭り東京」のチケット(無料招待券)×2枚を頂いたので奥様と出かけてきました。
正式に買ったら@1,600円もするのものなのです。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#東京ドーム周辺
IMG_7359

IMG_7362
この日は日本全国が寒波に包まれていて、帝都東京も凍てついていました。
厳寒を象徴するかのような青空は美しいのですが、それとは裏腹に肌に感じる寒さは厳しいものでした。

雪
その前々日、私は富山にいて、吹雪が吹き荒れる中、深夜一時まで取引先とクラブでカラオケに興じていたのです。

#会場内部
IMG_7364

IMG_7376

IMG_7385

IMG_7389

IMG_7392
想定内ではありますが会場はみっしりとにぎわっており驚きました。

#全国ご当地どんぶり選手権
IMG_7400

IMG_7401

IMG_7396

3qrk143
第八回の栄えあるグランプリは「八戸銀さばトロづけ丼」でした。
なな何とこのとろけるほど脂ののった「八戸銀さばトロづけ丼」は、2年連続のグランプリを勝ち取ったのです。
この栄冠を勝ち取った「俵屋 さばの駅」の沢上代表は、昨年はフロックだと言われないためにも、再度このグランプリを取るための一年だったと、正直に喜びを噛みしめていました。たいしたものです。

#カピウ&アパッパ
IMG_7410

IMG_7407

IMG_7409
アイヌ音楽の魅力を伝える姉妹ユニットです。
昨年ドキュメンタリー映画も公開されました。
アイヌ楽器「ムックリ」の演奏も聞けました。
「ムックリ」の演奏を聞いたのは20年ぶりでした。

#青森ねぶた祭
IMG_7476

IMG_7469

IMG_7453

IMG_7474

IMG_7482

IMG_7484

IMG_7490

IMG_7492
札幌在住時、夏休みになるとこの「ねぶた祭」を見に行く予定を立てたのですが、一度も予約が取れず見る事が叶いませんでした。
まさかこの帝都東京で見られるとは大感激ですビックリマーク

IMG_7493
最後は見物者もねぶたに参加される事が許されたので、私もラセラ♪ラセラ♪を踊ってきました。
踊りに慣れてきましたら、地元の方に招き入れられ、手をつないで輪になって踊らせてもらいました。
大感激ですビックリマーク

IMG_7495

IMG_7497
東京ドームのベンチを見て表に出ましたら夜のとばりはすっかり降りていて、いったい何時間いたのでしょうか・・・
楽しい事は時間が経つのが早いものです。


航空業界の裏側を描く!



IMG_7322

IMG_7320

IMG_7319

IMG_7292
今日は神楽坂に出没です。
大学時代のテニサーの女子からメールで、林真理子が絶賛したミシュランガイド2016でビブグルマンを獲得した神楽坂の中華料理屋さんにゼミの女友達たちと行ったんだけど、量が少なくて笑っちゃたわよ。
悔しいから、△△君も、行って笑ってきてよ、との指令を受けたのです。
来月、別件でこの女子と会うので無視できないなぁ、と思い出かけました。
今日のお店は「エンジンENGINE)」さんです

住所: 東京都新宿区神楽坂5-43-2 ROJI神楽坂 1F
電話:03-6265-0336
定休日:日曜日 火曜日ランチ、祝日

IMG_7293

IMG_7313

IMG_7312
お店の外観です。

IMG_7301
店内の雰囲気です。

20150310_02
ネットから拝借した店主近景です。
ちなみに右側が松下和昌オーナーシェフです。
まだお若いですね。
ちなみに「ENGINE」という店名は、文字通り、エンジンをかけて突っ走ることから付けられてそうです。
ここから新しい中華を発信すること、また人が集まって円陣となること、などなどいろいろな意味が重なっているそうですよ。

IMG_7302
メニューです。

IMG_7296
座るやいなやドリンクメニューを見せられたので、お酒が飲めないのですが、と言いますと、それではソフトドリンクでお願いします、と言われました。
仕方ないのでドライジンジャエールを頼んだのですが、中華料理には合いませんよ。
水でよかったのです。
個人的にはそれほど貧乏ではないので飲みたくもないビバレッジよりテーブルチャージで請求された方がまだましだったのです。

IMG_7299

IMG_7300
まずは鴨と海老芋と下仁田葱の春巻きです。
待つこと10分で到着しました。
見た目、普通の春巻きです。
ねっとりした海老芋(サトイモの品種のひとつ)の食感は私の好みではありません。
熱々の春巻きの皮にはこの癖のあるねっとり感はくどい感じがしました。

IMG_7304

IMG_7305
次は黒酢の酢豚(ハーフ)です。
待つこと21分で到着しました。
黒酢は美味しいけれどちょっと私には強い味わいです。
その裏がえしで野趣に溢れた堀川牛蒡は高評価です。
口内感触良いですね
しか〜し、肉に甘みがなく平板な味です。
個人的には、酢豚は甘酢よりも肉が美味しければすべて良しなのですが、これ以上のたわ言は天の邪鬼になるのでやめおきます。

IMG_7307
サクサクのオコゲはいらなかったですね。

IMG_7309

IMG_7308
仕事中にお酒をいただく料理人は好きではありません。
プロなのですから、那辺はけじめて欲しいですね。

IMG_7310

IMG_7311
最後は葉山葵奈良漬の炒飯(ハーフ)です。
待つこと22分で到着しました。
炒飯が光っていますね。
炒飯は熱々です。
この熱々は周富徳さんの炒飯に次ぐ熱さです。
しか〜し、葉山葵は香りを楽しむものだと思うのですが、前述のとおり葉山葵に火を通しすぎたのでしょうか香りが飛んでいました。
後半、炒飯が冷めてきますと辛さが際立ってきました。
個人的には葉山葵はいらなかったですね。
締めて、2,646円のデイナーでした。
オーナーシェフの丁寧な接客は好感がもてました。
加えてヌーベルシノワの奇才の片鱗は大いに感じ取れましたが、「不易流行(いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと)」の「流行」だけが目についたような感じがしました。女子の指令の量の少なさの確認はいずれもハーフを頼んだので、その多寡は判断できませんでした・・・

それでは(^_-)

神楽坂 龍公亭

今日は「トランプゲーム」です。
1f1024092c8faa23f41b4e7dd7873e2d
トランプさんが第45代米国大統領に就任しました。
なんでしょうね、この大統領は・・・
政策は思いつきと偏見を団子にして丸めたもので、その団子の中身は、経済ナショナリズム、反グルーバル主義、反移民、イスラム過激主義の徹底拒否、米国の利益を優先したゼロサム思考で構成されています。
そしてその実態と申せば、保護主義政策に加えて徹底した孤立主義です。
多分、トランプさんは、米国を世界の指導者という主役から降板させるのでしょう。
ロシアのプーチンさんは、かつて米国主導の国際秩序を批判して、多極化世界の構築を呼びかけてきましたが、仮に米国が世界の指導者から退けば、ロシアは国際秩序の一翼は担えても米国の代役は務まりません。
例えば、米軍がアフガンから撤退すれば、イスラム原理主義がロシアに波及するリスクは高まるし、イランの核合意が反故にされれば、核拡散の恐れが強まります。
世界の自由貿易が後退し、国際金融市場が混乱すれば、ロシアにも悪影響を与えるはずです。
トランプさんの型破りの言動は、ビジネスで成功を収めた自信からくるもので当初は面白がっていました。
ビジネス的損得勘定で外交ができるのかと応援もしていました。
しか〜し、最近では新種の火種を作るのではないかと杞憂しています。
かかる中、米国で「三権分立」がキチンと機能することを願ってやみません。
三権分立とは、権力の乱用を防ぐために三権(立法権、行政権、司法権)をそれぞれ分散したものです。
たとえば、法律を自由に決められて、自由に政府を動かせて、自由に人を裁判でさばけるなんていう状況はまさにブラック国で、これでは独裁政権と言わざるを得ません。
それを避けるために権力を分散し、それぞれの権力が相互に抑制、均衡させるシステムがきちんと起動する事を信じています。

加えてジャーナリズムの復活です。
トランプ当選を読めなかったジャーナリズムは真摯に反省すべきです。
国家権力の腐敗を防ぎ、政府の横暴を監視・批判しながら市民の声を代弁する役目を担ったジャーナリズムなのに、いまやはそうした輝かしい座から滑り落ち、三大権力に次ぐ、第四の権力になり下がってしまいました。
換言すれば三大権力を補完する存在になってしまったのであります。近年では、ジャーナリズムは政府や企業に恐れられることによって、権力を維持しようとしているようにすら見受けられます。
Twitterのような自作自演の言論操作の媒体に負けないよう、臥薪嘗胆で巻き返し真実の報道に徹するべきです。
まだトランプゲームは始まったばかりなのですから。

trump4
昨年、あるアメリカ人とトランプさんの事を話しました。
彼曰く、トランプはポピュリズムの推進者のように思えるが、彼は成功した実業家でその実態は大金持ちである。従って、今後の政策は、富裕層に有利な方向に誘導するし、できもしない公約(メキシコの壁等)もすぐに化けの皮が剥がれる。
これによりイスラム国含めて彼を嫌いな人を沢山創りすぎた。
このトランプゲームを終わらせるのは、一発の銀色の銃弾だよ、と一刀両断に切り捨てていました。
個人的には、彼の政策は目標を実現するようには設計されていない、と言わせていただきますし、このコメントは正鵠を射ているでしょう。
なお、政治ネタは極力避けていたのですが、たまには許してください。


ナツカシぃ



IMG_7334

IMG_7349

IMG_7350

IMG_7351
今日は神楽坂に出没です。
今日のお店は、明治22年からの120年以上の長い歴史を持つ老舗中華料理店です。
今日のお店は「神楽坂 龍公亭 」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-5
電話:03-3260-4848
定休日:年末年始

IMG_7336
お店の外観です。

IMG_7338
店内の雰囲気です。

IMG_7339

IMG_7340
メニューです。

今日のオーダー「水餃子」@600円あんど「五目チャーハン」@1,300円です。

IMG_7342
調味料の面々です。

IMG_7345
待つこと9分で「五目チャーハン」と「玉子スープ」の到着です。
見た目チャーハンに輝きがありません。

IMG_7346
それでは実食です。
ご飯のあおりはいいですね。
加えてさすが老舗での仕事で熱々に仕上げています。
具材のチャーシューと隠し味のザーサイは高評価です。
で〜も、後半は熱さが半減してそれにともない味も半減です。
大ぶりの海老が×5匹ありましたが際立つものではありません。
ご飯一粒一粒に油分のコーティングがされていないので冷めやすいのですね。

IMG_7348
待つこと10分で「水餃子」の到着です。
皮がイマイチです。
水餃子は麺類で皮が主役と言いますが、皮がモソモソしています。
私の好きな水餃子の皮はツルツモチモチです。
ちょっとこのお店の考え方とは違います。
餡も平板です。
味ですか、残念ですが私の好みではありませんでした。
いくら老舗といえども、もう少し「不易流行(いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと)」に励んでいただきたいものであります。

それでは(^_-)

神楽坂 トレド 4th

今日は「言い訳列伝 其の壱」です。
E3
人は物事に窮しますと言い訳をします。
今回から六回に亘ってアトランダムでその言い訳のタイプをご披露します。
何かの時にお役に立てれば幸甚です。

#とても型
この「とても型」の人間は、自分の能力に自信が無いため、将来に対して悲観的な予測をする事が多く、不安感から、自分が本来やるべきことを回避しようとします。
従いまして、このタイプの口癖は「とても自分にはできません」、「とても無理です」、「できれば他の人に頼んでください」であります。
このタイプの性格は、遠慮が多い、失敗を恐れる、他人依存が高い事があげられます。
この手の方は、端から自分の限界をきめています。
昔、将棋漫画で格下の棋士が名人と対戦した時に、最初の一手を見てしばらく熟考し、なるほど先生ならではの鮮烈の一手ですな。恐れ入りました。
そこに置きましたか。あっぱれな妙手です。
先生の慧眼お見それしいたしました。
私の負けです、と言って投了したくだりがありましたがこれに似ています。
どんな難関もやればできる部分があります。
端から無理だと決めつけずに、まずは着手して見る事が大事なのです。

仮にこのような部下がいて、何も挑戦せずに失敗したらきつく叱責すべきでしょう。
場合によっては降格させる場合もあるでしょう。
一度降格になっても新たに挑戦して成果を挙げれば、再度抜擢すればいいのです。
一方で、存分に挑戦した結果、失敗したならばその時は寛容の心で接すべきではないでしょうか。
ちなみにこのような部下は嫌いです、嘘です。
しか〜しこの手の人間は多いですね。
砂漠でロバに水を飲ませられない例えのとおり、このような人間にはどのようにしその気にさせるかでしょう。
その為には、日ごろからよくコミュニケーションを取り、彼らが想定しているハードルが低い事をすり合わせる事が必要です。要は、幽霊の正体見たり枯れ尾花、という様な指導ができれば宜しいかと思います。
経験的にはこの手のタイプの指導は困難を極めます。


いい人・・・



IMG_6599

IMG_6601

IMG_6600

IMG_6612
今日は夜のとばりが落ちた神楽坂に出没です。
今日は玉子料理を求めてきました。
今日のお店は二丁目食堂「トレド」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂2-6-7 ポルタ神楽坂 1F
電話:03-6280-7079
定休日:月曜日

IMG_6611
お店の外観です。

IMG_6606

IMG_6610
店内の雰囲気です。

IMG_6603
メニューです。

今日のオーダー「オムレツ定食」@1,000円です。
この「オムレツ定食」は一日四食限定の稀覯メニューです。

IMG_6607
待つこと6分でご飯、味噌汁、副菜の到着です。

IMG_6608
待つこと8分でオムレツの到着です。
想像を超えた大きさです。

IMG_6609
それでは実食です。
オムレツはトロトロで結構です。
オムレツの中には何やら八宝菜みたいな野菜を餡でくるんだものが入っていました。
うん、美味しいですね。
洋食というより中華のカテゴリーでしょうか。
最後まで熱々で美味しくいただきました。
想定外の量でしたが満足な夕食でした。

それでは(^_-)

神楽坂 おかむら リターンズ

今日は「消せるボールペン」です。
yjimage
ダイヤモンド社さんは、今年の新入社員は、見かけは普通で特別な姿ではないけれど、実は新しい・際立っている機能を持っているという新入社員の特徴にかけて「消せるボールペン型」と名付けました。
その理由としては、書き直しができる機能だそうです。
これが消せるボールペンの特質ですが、新入社員になぞらえて言えば「変化に対応できる柔軟性」です。
上の世代にはいろんなものを背負ってきて硬直化している人もいるでしょう。
それに対して、若い人たちはこれから仕事を始めるわけですから何も持ってはいませんが、その分柔軟性もあり、会社に新しい要素を取り込む力にもなります。
そういう意味でも会社は、変化に対応できる柔軟性を活用しなければ、もったいないでしょう、という事らしいのです。

どうですかね、相対的評価でしょう。
なんら統計学的な根拠もなく単に雑誌を売りたいが為のアイキャッチなのでしょう。
この間も支店の中堅と話していましたら、最近の若い人はプライドが高いので困難な仕事をアサインされても、できませんとか、知りませんとか、即座に言えず結果仕事がたまる傾向があると言っていました。
聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥、という言葉を知らないのでしょうか。
img_fe243aae98fff5a50677351e86ac9e3a249613
具体的に申せば、私のところの新入社員もご多分に漏れずプライドが高く、彼のミスを問いただすと、必ずスライドアウト(質問の本質に向き合わず話題を変える)します。
そのような応答は必ず振り出しに戻すのですが、一度、なんでそのようにスライドアウトを繰り返すの、と聞いたところ、怒られるのが怖いのです、と正直に申したので、別に怒っているわけではなくて、君の犯した過ちはプロファウンドなので看過できなんいだよ。
このような振る舞いはすぐに直さないと再現する。
さらにすぐに正さなければ悪しき振る舞いがさらに肥大化し悪しき性格として固着してしまうからだよ。
言い換えれば癌の早期治療みたいなものだな、と言いますと、分っているのですが、心の弱さから逃げてしまうのです、と返したので言葉を失ってしまいました。
心の弱さは誰にでもあるのだから、それはすり替えだし、もしそれを認めたら組織が機能しないだろう、と言えば今度は放送事故のように何も発しなくなります。
別に彼を追い込むのが目的ではないのでいつもここらへんで切り上げるのです。

伊藤忠の岡藤社長が「がむしゃらに働き、悩み抜く力が一流の条件」と常日頃言われていますが、まさしくその通りだと思います。
仕事の90%はトラブルシューティングです。
で〜も90%の労苦があるので10%の成功が楽しめるのです。
イチローさんのように特別な素質があって、日ごろから人の何十倍も練習を重ねていても絶頂期では打率は4割に達していないのです。
つまり世の中ではうまくいくよりも、うまくいかない確率の方がはるかに高いのです。
従いまして、うまくいかなくても、それを含めたものが自分であり、うまくいかないことを踏み台にしてこそ成功の喜びに酔い痴れる事ができるのです。


圧巻!空手少女、高野万優ちゃんの型



今日は神楽坂に出没です。
IMG_5864

IMG_5873
いつきても華やかな街並みです。
今日のお店はとんかつ「おかむら」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-6-89
電話:03-3235-9196
定休日:土曜日・祝日

IMG_5865
お店の外観です。

IMG_5868
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「豚味噌焼定食」@1,360円です。

IMG_5869
待つこと1分で「突き合わせ」の到着です。
蒟蒻の煮付美味しいですね。味付けが絶妙です。
辛からず甘からずで、私の好みでした。

IMG_5872
待つこと11分で「豚味噌焼定食」の到着です。
見た目美味しいそうです。

それでは実食です。
IMG_5871
味噌汁美味しです。
三つ葉が入っていて味を深めています。
味噌汁のお手本みたいな一品です。
味噌焼は、けれんみのない味わいです。
できれば熱々で供していただきたかったのですが問題はありません。
全般的に安定感のある味わいです。
豚カツ屋さんですから、たまには豚カツを食べませんと・・・

それでは(^_-)

神楽坂 トレド リターンズ

今日は「ジャーナリズムは死んだか」です。
maxresdefault
基本的には芸能人のスキャンダル等の記事は読みません。
ですが定期的に行く床屋には週刊誌しか置いていませんので仕方なく目を通します。
旧聞に属しますがベッキーさんの件ですが「不倫」で騒がれました。
そもそも「不倫は民法上の不法行為にあたり、配偶者から慰謝料を請求されることがあります。
これはあくまで、民事上の責任であって、刑法上の犯罪とは異なります。
民事上の責任は、当事者間でのみ発生します。道義的な問題は別として、法的には無関係な第三者から非難されたり、責任を追及されたりすることはありません」となっていて民事事件をなんでメディアが糾弾できるのでしょうか。
コンプライアンスがかまびすしい昨今ですから、メディア会社も那辺の要諦は押さえているとは思うのですが本当にそうなのでしょうか。
そもそも論で申せば、犯罪者でもない一個人をバッシングする権利をジャーナリズムが持っているのでしょうか。
もしその権利があるのであれば、せめて取材して記事を書いた記者名を明らかにすべきです。
無署名・・・
これで記事の内容を信頼してもらえるのでしょうか。
何か間違いがあっても、記事に書かれる側も記事を書く側も批判を受けにくいと思います。
要は特定されないからです。逆に言えば、緊張感がなくなる事になります。
記事に書かれる側はいい加減にしゃべり、記事を書く側もいい加減に書くという展開になりやすいのです。
加えて申せば、記者は署名記事の中で自分の意見を述べる際には、それが正しいことを客観的に証明できるだけの材料を集めなければなりません。
こうすることによって記事に込められる視点が「私見」とは異なるものになるのです。
そして、それに対する反論や異論は受ける用意がありますという覚悟が署名には込められているのです。
それがないから悪意にまみれた個人叩きができるのだと思います。
ジャーナリズム特権という鎧を着た一種の反ルサンチマン的(貴族的価値評価)なふるまいだと申しても宜しいかと思います。近い将来特にTVはネットにその地位を譲るでしょう。
各社の業績の悪化がそれを予言しています。


懐かしい・・・



今日は神楽坂に出没です。
IMG_4072
今日のお店は最近気に入ってよくお邪魔しています
今日のお店は、二丁目食堂「トレド」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂2-6-7 ポルタ神楽坂 1F
電話:03-6280-7079
定休日:月曜日

IMG_4073
お店の外観です。

IMG_4077
店内の雰囲気です。

IMG_4074
メニューです。

今日のオーダー「ハムエッグスライス」@850円です。
前回お邪魔したときには幻の卵が払底していてこの「ハムエッグスライス」は食べられませんでした。
今回は満を持してのオーダーです。
IMG_4075
待つこと5分で「ハムエッグスライス」の到着です。
見た目美味しそうじゃないですか。

それでは実食です。
IMG_4076
ハム美味しトマト甘しです。
幻の卵は、幻の卵の意味は最後まで分らずじまいでした。
全般的にイケました。
玉子好きですから評価は悪いわけがありません。
「おいしいは幸せ」を実感しました。
プチ満足の夕食でした。

それでは(^_-)

神楽坂 大吉飯店

今日は「李下に冠を正さず」です
今日は今話題沸騰の舛添都知事のフリネタです。
TVでご高覧のとおり、舛添都知事は何度聞いても、何を聞いても「第3者の目に委ねる」としか答えなかったのですが、これにより努力しているという印象をつえけたいというのはすごくよくわかるのです。
しか〜しそんなことにだまされるわけもなく、「第3者の目」というのは、目くらましで終わってしまうことが多いのです。
役所や企業の不祥事でも「第3者委員会」の設置っていうのが昨今大はやりなのです。
例えば、マンションのくい打ち不正の旭化成とか、あるいは不適切会計の東芝の例などが、記憶に新しいところであります。身内による調査では、厳正さが期待できないだろうということで、外部の専門家にお願いするのが「第3者」なのです。
加えてこの「第3者」に委ねる事で、中立・公正で、真摯な取り組み姿勢を印象づけられますし、何よりも、事態をとりあえず沈静化させて、長期に亘って時間を稼げるというメリットもあるわけです。
実は、この舛添都知事の場合も、外部の専門家を自分で人選して「第3者委員会」とか言っていますけれども、結論を先延ばしにして、ほとぼりが冷めるのを待つという効果を狙っているのです。目的はここでしょう。
自分に対して、厳しい人を人選するかどうかっていえばするわけないじゃないですか。
従いまして、今回「第3者委員会」ではなく、あくまで「第3者の目」というのがミソなのです。
これが1人の「第3者」なのか、複数なのかも現段階ではわかりません。
この調査の範囲を、おそらく舛添都知事が自分で、「じゃあ、何年から何年の支出について調べてください」みたいなことを言いかねませんし、あるいは「自分でヒアリング」は、自らがヒアリングの対象者になるって言っているのです。
こうなりますと、舛添都知事がヒアリングにちゃんと全面的に協力するかどうかによって、その調査の結論というのが、左右されてくるわけです。
要は「自作自演」になる可能性が高いのです。
そうしますと、舛添都知事が描く、シナリオ通りの調査結果っていうことになってしまいます。
この事は、舛添都知事のための「第3者の調査」になりかねません。
都民のため、あるいは有権者のための調査じゃないとだめなのです。
FNN風間 晋編集委員コメント参照

かつて舛添都知事の元妻である片山さつきさんの本を読んだとき、元夫の旧悪をディスクローズしていました。
片山さんは、1986年大蔵省(現財務省)に勤めていた27歳のときに10歳年上で当時、東京大学助教授だった舛添氏と見合い結婚しました。しかし舛添氏の暴力が始まり、わずか3か月で離婚を考え始めたといい、弁護士を立てて2年3か月後に離婚しています。
当時、片山さんは給料から毎月5万〜10万円を渡していたことまで明かし「彼にとって他人は利用する、寄生する対象でしかない」とまで言い切っています。
要は、この舛添さんという人は、自分の物は自分の物、人の物も自分の物という幼弱性の強い方のようです。

舛添知事の疑惑に対する都議会側の姿勢は、6月1日に開会する定例会が焦点となるそうです。
共産党はそれ以前に臨時議会を開くなどして知事をただすべきだと主張しています。
猪瀬前知事の資金疑惑を厳しく責め立てた自公両党は、今回は表だった批判はしていません。
猪瀬氏は史上最多得票で当選した当初から都議会を軽視するような言動で反感を買っていた上、発覚した資金問題がまさに知事選にかかわるものだったのです。
しか〜し舛添知事の場合は、海外出張費や公用車の使い方も、庶民感覚とはかけ離れているものの、形の上では都の規定から外れていない事が及び腰になっているのです

自公が舛添氏の責任追及に動かない理由は、もともとは政策を共有し、選挙戦で支援した経緯に加え、舛添知事に代わる後任候補がすぐには見当たらない事情もあるとささやかれています。
また今夏の参院選に都知事選が重なる事態を避けたい思惑もありそうです。
敢えて火中の栗を拾なくてもよいのではとの見方が出ています。
しか〜しあいまいな状態のままで世論の批判が強まれば、矛先は議会にも向きかねません。

個人的には、この方は前妻のご指摘のとおり、お金に関する倫理観が欠落しているのでしょう。
従いまして67歳となった今では直しようもなくこの性癖は変わらないと思います。
舛添知事
評論家の故大宅荘一氏は、「男の顔は履歴書」と申していましたが、いかがですか、舛添さんの顔は・・・
多分、舛添さんは逃げ切れるでしょう。
政治がワイドショー化して都政が停滞しないことを祈るのみです。
最後に舛添都知事さん「政治家は李下に冠を正さず」ですぞ。


優しさあふれる国・・・




今日は神楽坂に出没です。
IMG_3580

IMG_3579

IMG_3578
目の前に美味しそうな中華料理の看板が飛び込んできました。
今日のお店は「大吉飯店」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂5-26
電話:03-3235-8806
定休日:日曜日

IMG_3577
お店の外観です。

IMG_3570
店内の雰囲気です。

IMG_3571

IMG_3576
メニューです。

今日のオーダー「豚玉(とんたま)丼」@750円です。
お店に入りますとこていな店内です。
中華料理屋さんなのに麺類がありません。
あれま温泉です・・・

待つこと8分で「豚玉(とんたま)丼」の到着です。
IMG_3573
見た目エリマキトカゲですね。

それでは実食です。
IMG_3575
固めの温泉玉子が美味しいですね。
溶岩のようにとろけだすのが多い昨今このような固めの温泉玉子は高評価です。
ちょっとスパイシーな照りのある豚肉も好評価です。
美味しいじゃないですか。
意外に刻み海苔が良いアシストです。
気に入りました。
次回は餃子に挑戦です。

それでは(^_-)

続 神楽坂 トレド

今日は「マスコミが騒ぎすぎでは?」です
WR20160419_00050254-2
以下が「マスコミが騒ぎすぎでは?」と思うニュースTOP10だそうです

1位 著名人の熱愛・結婚・不倫・離婚 250pt
2位 政治家の「失言」 190pt
3位 芸能人やスポーツ選手の「失言」 168pt
4位 著名人のお家騒動 132pt
5位 芸能人のブログやTwitterなどの「炎上事件」 85pt
6位 著名人の懐事情や金銭問題(年収や借金など) 82pt
7位 TV局・番組の視聴率の良し悪し 69pt
8位 首相のプライベート 63pt
9位 アップルの新製品 50pt
10位 食品の異物混入事件 30p

ワイドショーなどが最も得意とするネタでもある「著名人の熱愛・結婚・不倫・離婚」が1位になったっています。
私は、ワイドショーは行きつけの床屋さんで月に一回「サンジャポ」を30分間だけ見ています。
30分の理由は、10時30分に散髪が終わるからです。
何が面白くてこんな非生産性のニュースを流しているのでしょう。
私の床屋の担当のお姉さんは、やはり、人の不幸は蜜の味ではないですか、とキッパリと申していますが、私のように芸能人の知見がないものからしますとまったく意味がわかりません。
個人的には、著名人の恋愛事情なんてまったく興味がありません。
加えて申せば、恋愛はその人の自由だと思うので何の権利があってメディアが「プライバシーの侵害」ができるのでしょうか。これらの不倫報道を芸能人の方々が「プライバシーの侵害」だと思わないのであれば、「騒がれてなんぼ」とのマスコミとの共存共栄の関係を維持したいが為の出来レースなのでしょうね。
この様な愚行を懲りずにTV局が垂れ流していますと、我が家みたいにTV離れはますます加速していくのでしょうね・・・

Thanks to words, we have been able to rise above the brutes; and thanks to words, we have often sunk to the level of the demons.
言葉のおかげで野獣よりは、上にあがることができた。
また、言葉のおかげで悪魔の域まで沈むこともしばしばだ。
Aldous Huxley(オルダス・ハクスリー)


こんな社交ダンスご覧になったことありました?



今日は神楽坂に出没です。
IMG_3035
美味しい洋食が食べたくなりました。
今日のお店は、二丁目食堂「トレド」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂2-6-7 ポルタ神楽坂 1F
電話:03-6280-7079
定休日:月曜日

IMG_3037
お店の外観です。

IMG_3039
店内の雰囲気です。

IMG_3038
メニューです。

今日のオーダー「トルコライス」@1,050円です。
トルコライスは、チャンポンほど有名ではありませんが、長崎発祥の食べ物としてその地位を築いているのが「トルコライス」だそうです。
具体的には、トンカツ(トルコ)、カレーピラフ(インド)、スパゲッティ(イタリア)ーを1つの皿に盛ったものです。
そしてこの三国の中心国がトルコなのでトルコライスと相成ったようです。
このお店では、チキンカツレツ、ナポリタン、継ぎ足しカレーの構成となっています。
長崎で洋食を扱っているところであれば、たいていはこのトルコライスがメニューにあるそうですよ。
さらに申せば、長崎では「大人のお子様ランチ」とも言われているそうです。

待つこと7分で「トルコライス」の到着です。
IMG_3040
見た目美味しそうじゃないですか。

それでは実食です。
IMG_3041
ここの「トルコライス」はチキンカツレツ美味しです。
これだけサクサク揚がっていれば大満足です。
ナポリタンはまずます、カレーはコクがありますね。
これは総合点でも高評価です。
満足なディナーでした。

それでは(^_-)

神楽坂 トレド

今日は「島岡御大」です
rugby_img
新年度になりどこの会社でも新入社員が配属されます。
私の部にも2名が配属される予定で現在研修中であります。
その内の一人が明治大学卒なのです。
私が新入社員の時の部の上司が明治大学空手部主将だったので、とても厳しく今このように思い返えしても戦慄します。要は私にとって明治大学と申せば、この上司の負の遺産の為に良い思い出がないのです。

そんな私が明治大学OBと言って思い出すのは星野仙一さんです。
くだんの上司から聞く星野さんは無茶苦茶な人でした。
学生運動が華やかし頃の話ですが、くだんの上司とその上司の二年後輩だった星野さんは、バリケード外しの為、それぞれの監督の命令により左翼学生運動家をそれこそ本当にぶっ飛ばし続けていたそうです。
また六大学野球においては史上初ともいえる、自ら投げた渾身の一球の判定がボールだったことから、審判に詰め寄り怒鳴り倒したなど、私が知りうる星野さんの無茶苦茶な愚行は枚挙にいといません。

そんなピカレスク(悪漢)の雄である星野さんですが、この世で唯一無二の恐れた人が島岡御大です。
島岡御大とは元明治大学硬式野球部監督である島岡吉郎さんの事であり、ラグビー部の北島忠治監督と共に、明治大学の名物監督として知られた人物です。
愛称は御大(島岡御大)です。
東京六大学リーグ戦優勝15回は、監督として歴代1位の記録を持たれています。
この御大は明治大学應援團主将で野球経験はありません。
従いまして応援団出身で野球未経験監督の就任は、大学当局と駿台倶楽部(明治大学野球部OB会)の対立や、部員の集団退部という事態を招くこととなったのです。

以下は星野さんがあるTVで語っていた御大の思い出です。
御大は應援團出身だったことから、星野さんがピンチになるとタイムをかけてマウンドに駆け寄ってきて、なんとかせい、命がけでいけ、魂を込めて投げろ、と言ってまたスタスタとベンチに戻っていくそうです。
本当にただそれだけだそうです。
星野さんは、そんなこと言われんでもわかっているわい、と思いながらも、再度気持ちを奮い立たせて渾身の一球をバッターに投げ込んだそうです。

星野さんが、ある早稲田戦で気分がのらず適当に投げていたらノックアウトされました。
不貞腐れて合宿で寝ていたら夜中の1時に御大から起こされ、パンツ一枚で出てこい、と言われて、マウンドで正座させられたそうです。
そしてグラウンドの神様に謝れと言われて、グラウンドの神様、申し訳ございません、と何度も何度も謝り続けて3時間が経ちあたりが少しだけ明るくなってきた頃に、ホームベースのあたりに人影があるような気がしました。
その人影が徐々にはっきりするとその人物がわかりました。
御大が同様に正座していたそうです。
星野さんは、うわぁ〜参った。一生このオヤジには頭があがらない、と思ったそうです。

星野さんが中日の監督になり初優勝した時の話しです。
色々なTV局から優勝インタービューを受けて深夜に帰宅して寝付いた頃、夜中の3時に家の電話が高らかに鳴ったそうです。奥様が何事かと思い慌てて電話にでますと御大からだったそうです。
奥様にその旨を告げられた星野さんはバネ仕掛けの人形のようにガバッと起きて、電話口に出ますと、当然のことながら、仙、よくやったな。おめでとう、と言われると思って息を殺していますと、お前、今調子にのっているだろう。
その気になったらこの世界は終わりだぞ。その気になるんじゃねぇ、と言ってガチャっと電話切られたそうです。
星野さんは、オヤジ独特のよくやったな、だとは思いましたが他の言い方はないのかとも思ったそうです。

これらの話をアナクロの精神論だと捉えるか、ウォームハートの熱い思いやりだと捉えるかは人それぞれでしょうが、私は御大の選手に対する真剣な向きい方が伝わるエピソードとしてこれらの話がとても好きなのです。
明治大学はやはりいいですね・・・


The present



IMG_2704
銀座で打合せがあり、その後飯田橋に所用があり、そこから神楽坂まで歩いてデイナーです。

IMG_2715
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は、二丁目食堂「トレド」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂2-6-7 ポルタ神楽坂 1F
電話:03-6280-7079
定休日:月曜日

IMG_2705
お店の外観です。

IMG_2710

IMG_2711
店内の雰囲気です。

IMG_2708
メニューです。

今日のオーダー「トレドライス」@920円です。
このお店は気になっていました。
多分下町っ子の感性に合っています。
最初はハムエッグライスが食べたかったのですが、ハムがきれたので作れません、ということで悩んでいましたら、ご主人が、スタミナ付けるなら「トレドライス」を食べてください。牛丼の×5倍は美味しいですよ、と奨められたのです。これにしました。

500_13601388
店名のトレドですが、ご主人がスペインに放浪旅行に行った時に、トレドをとても気にいり一ヶ月滞在していたというご主人の青春の歴史が刻まれた町だそうです。

IMG_2713
待つこと7分で「トレドライス」の到着です。
見た目どこから見ても「他人丼」です。

それでは実食です。
IMG_2714
うん、肉が柔らかくて美味しいです。
所謂B級グルメです。
割下の濃さも私好みでご機嫌な味です。
牛丼の×5倍ほどの美味しさではありませんが×2.5倍という感じでしょうか。
イケました。

それでは(^_-)

神楽坂 コグスダイニングカグラザカ

今日は「異文化?」です
P013517025_480
大阪に住んでいたこともありよくミナミには出没していました。
その繁華街でよく見かける看板は「たこ△△」というものでした。
個人的にはタコ焼き生誕の街ということで、その出自に対してのリスペクトからの「たこ△△」かと思っていましたが、「たこ」というのはЦ(コ)の字カウンターでお客相手の商売をする形式を「たこ」というのですね。
実際、調理人が四方に手を伸ばして接客するさまが、まるでたこが八本の足を使って相手をしているように見えるからです。

「関東煮(かんとだき)」とは関東の「煮込みおでん」が関西に伝わり関東煮、と呼ぶようになったのが通説ですが、これにも異説があるそうです。
P023464534_480
そもそも1923年に起きた関東大震災で、関東の料理人が関西に避難したり、逆に関西の料理人が復興需要を当て込んで関東に進出したりしました。
東西料理人が行き来したおかげで割り下を使う関東風のすき焼きなどもこの時期に関西に伝わったとされています。関東煮もその1つだったということです。
しか〜し1844年創業の老舗、大阪はナンバにある「たこ梅」さんが関東大震災前から関東煮を看板に掲げていたそうです。くだんの「たこ梅」さんの大将は「堺の浜で中国人の食べていたごった煮をヒントにして、初代が作ったのを広東煮(かんとんだき)としたと伝わっています」と申していますが、真実は「薮の中」であります。

ぐつぐつとさせない弱火の中でじわじわ炊く「東京のおでん」とは異質のものです。
まず「関東煮(かんとだき)」は香りがよいのです。
加えて、鰹ダシをベースに沸騰させることで鯨の身や皮のうま味をしっかりと抽出させます。
これによりダシは白く乳化して濃くまろやかになります。
要は豚骨ラーメンのスープを炊くのと同じです。
羊頭狗肉とはいいすぎですが、看板などの表示と内容が一致しないようなものでおでんとは違う食べ物なのでしょうね・・・
実は「関東煮(かんとだき)」っていまだかつて食べたことがありません。
多分食わず嫌いなのでしょう・・・
万が一不味かったら嫌だなと思っているだけですので、来月奥様と関西に行きますのでその時に是非ともトライしてみましょう。


マリオのつぶやき・・・



今日は神楽坂に出没です。
IMG_1915

IMG_1918
パン屋さんがやっているイタリアンがあるということでお邪魔しました。
今日のお店は「コグスダイニングカグラザカ」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-6 三丁目テラス1F
電話:03-5579-8795
定休日:日曜日(第3月曜はランチのみ営業)

IMG_1921

IMG_1920
お店の外観です。

IMG_1924
店内の雰囲気です。

IMG_1923
メニューです。

今日のオーダー「パルメザンチーズのスパッゲティ」@1,200+@400(チャージ)=1,600円(内税)です。
店内は女子会のお客様で煮えたぎっています。
その中、黒一点黙々と仕事をしている私は異邦人であります。
それにしても意識的に聞いていたわけではないのですが、女子会の会話ってストーリー性がないのですね。
間欠泉のように飛び出てくる話題に皆で相槌を打っているだけのように思えました。
確かにこれはストレス解消になりますね。納得です。
多分、男性ならこのような脈絡ない会話には耐えられないでしょう。
女性恐るべしであります。

待つこと9分でall you can eat(食べ放題)のパンが到着です。
IMG_1925

IMG_1926
これはエクストラバージンオイルでいただきます。
うん、ほかほかのパンは美味しいです。
ご機嫌になりました。

IMG_1930
特にレーズンパンは美味しかったのでお代わりしました。
これハマリますね。

待つこと14分で「パルメザンチーズのスパッゲティ」の到着です。
IMG_1927

IMG_1928
見た目シンプルです。
きれいなのでしばらく見ていましたらパスタの余熱でパルメザンチーズが溶けてきました。
食べごろかなと思い実食です。
うん、これはパルメザンチーズを楽しむスパゲティでしょう。
奇をてらうパスタより心に食い込んできます。
美味しいですね。
ソースの乳化もよく久々に「simple is best」を楽しみました。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

続 神楽坂 おかむら

今日は「檀家崩壊」です
houji1-2
これまでもあらゆる商品が扱われてきたのだから、驚くことではないかもしれない。インターネット通販大手、アマゾンのサイトを通じてお坊さんが「出品」され、話題になっている。その名も「お坊さん便」。僧侶を手配して自宅やお墓に派遣してくれるサービスだ。

通常の法事・法要であれば、お布施や車代を含め、全国どこでも一律3万5千円。戒名の授与が加わると、別コースの料金になる。注文のための画面にある「在庫」や「返品について」などの言葉が、なんともシュールに響く。お坊さん便を出品している葬儀関連会社は、すでに400人に上る僧侶と提携しているという。

業界のしきたりや前例を簡単に乗り越えるネットの力に驚けばいいのか。それとも時代の移り変わりに感慨を抱くべきだろうか。仏教界からは「宗教をビジネスにしている」といった批判の声が上がる。うなずける気がする一方で、僧侶を依頼する方法や費用がよく分からず、不安を感じる人が多いのもまた事実であろう。

お坊さんを手軽にネットで注文するなんて世も末、という話にはなるまい。都市部に限らずお寺との付き合いは薄れつつある。結局はお坊さん個々人の見識や力量がいままで以上に問われるのではないだろうか。法事の席で「なるほど」と得心のいく法話や所作に触れられれば、出会ったきっかけに善しあしはないと思う。
日本経済新聞「春秋」より転載

ざまぁみたらし団子です。
仏教界が長年の檀家制度に胡坐をかいていたツケが廻ってきたのです。
檀家制度とは、 檀家が特定の寺院に所属して、葬祭供養一切をその寺院に任せる代わりに、布施として経済支援を行う制度です。
現代における檀家制度は、先祖の葬祭供養において、独占的に檀那寺が取り仕切り、寺院墓地に墓を構えるなど、色濃く残っています。
現代においては、寺院や僧侶と関わる機会が減り、葬祭や法要の司祭者としての僧侶として接するのみという場合も増えています。
同時に、現代の急激に変化する社会状況の中では、減少する一方の檀家に拠る檀家制度のみをよりどころとした寺院経営は、継続が難しくなっているのも事実です。

皆様の人生行路の中でお寺にその行く末を相談しに行ったことがありますか。
おそらくほとんどの人はないでしょう。
それは仏教徒が魂の救済を長い時間をかけて放置したことから檀家そのものが離れていったからです。
所謂巷間で揶揄されている葬式仏教です。
本来の仏教は、葬礼を重視するような教えはなく、魂の救済や真理を追究する宗教であったはずですが、現代の日本においては「葬儀のために寺があり僧侶がいる」 といった状態にまで成り下がっているのです。

実際私の両親が眠っている菩提寺の跡取りは次男です。
その次男は、長男がお寺の跡を取る既に事がすでに決まっていました。
その為、仮に僧侶になっても就職先がないのですが、自分はそもそも何の取り得もなくて且つ頭が悪いので取り敢えず駒澤大学に行って坊主になる、と言って坊主になって家でクスぶっていたのでした。
一時は将来の不安から坊主なのにノイローゼ状態に陥っていたのです。
しか〜し長男が乞われて有力なお寺に婿に行ったことから運が廻り、菩提寺の跡取り坊主になりえたのです。
こんな為体(ていたらく)が檀那寺の将来の責任者ですからね、高額なお布施なんか気軽に渡せません。

宗教は好きではありません。
本来やらなければならない事をやらないで不幸になったのに、信心がたりない、の一言で宗教家は安易にすりかえてはいないでしょうか。
加えて申せば、我々はよく「神も仏もないものだ」という言葉を困惑の極みにおいて発しております。
この「神、仏の沈黙」は悪い意味で認知されかつ人口に膾炙しているところであります。
その「神の沈黙」に対してこれまた多くの宗教家は「悲しみの連帯」即ち「神は沈黙していたのではありません。
共に苦しんでいたのです」と説明します。
仮にキリスト教若しくは他の宗教でも「困窮の極みの時の神・仏等の沈黙」に対して「悲しみの連帯」以外に明快な回答を持っているのであるのであればおおいに傾聴するところであります。
いずれにしても個人的には制度が老朽化した業界にはニュービジネスが勃興するのは必定であります。
そういう点で申し上げればこの「お坊さん便」はウェルカムではないでしょうか。


家族の時間・・・



IMG_1613
今日は神楽坂に出没です。

IMG_1590

IMG_1592

IMG_1593
成人映画をやっている映画館(ハコ)ってまだあるのですね。
ちょっとクリビツしたのでパチリしました。

IMG_1595
有名な「神楽小路」です。

IMG_1596
ちょっとピンボケですがこれは「獅子舞」の一行ですね。
これまたクリビツしたのでパチリしました。

IMG_1610

IMG_1611
この建物はお気に入りなのです。
目的のお店が近づいてきました。

という事で今日のお店はとんかつ「おかむら」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-6-89
電話:03-3235-9196
定休日:土曜日・祝日

IMG_1600
お店の外観です。

IMG_1603
店内の雰囲気です。

IMG_1601
メニューです。

今日のオーダー「豚味噌漬焼定食」@1,360円です。
相変わらず清潔感あふれる店内です。
多分店主の性格なのでしょう。

待つこと1分で突き出しの到着です。
IMG_1606
ちょっとつまみ食いしましたが店主の巧が入った突き出しでした。

待つこと6分で「豚味噌漬焼定食」の到着です。
IMG_1609
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_1607
サラダ美味しです。
キャベツのサクサク感は多分帝都東京のトップクラスでしょう。
豚味噌漬焼は肉が柔らかいですね。
味噌もたおやかな味わいで結構です。
味噌汁には柚子が入っていて馥郁たる香りをたたせています。
すべてが美味しいですね。
敢えて神楽坂ならではの一店といわせていただきます。


それでは(^_-)

神楽坂 鮒忠

今日は「splashな日々」です。
今日は最近撮った画像を主体に纏めました。
宜しかったらお付き合いください。

#これはスゴイ誤字です。
IMG_7373
しかしすごい誤字ですね。
久々なクリビツです。
書いた方は社員研修にいくより漢字研修にいくべきでしょう、ハイ。

#ようおこし。
IMG_7398
これは御堂筋線の心斎橋駅内のトイレです。
さすが大阪ですね。
東京ではこのようなセンスはありません、ハイ。

#オペラに行って参りました。
オペラ
色々な偶然が重なりましてオペラを見に行く事になりました。
実は今迄オペラを見たことがありません。
それなのに超有名な外国オペラをしかも特等席(S席)で予約してしまいました。
さらにさらに家族全員で行く事になったのです、マジです。

そこで足慣らしということで「モーツアルトレクエイム」を観に行く事にしました。
一人では心もとないなので音楽に造詣の深い長男に頼み込み一緒にいったのです。
オペラ歌手は歌の技術を競っているのだそうです。
例えば、ソプラノやテノールなどの歌手は、普通では考えられないような高い声を出します。
しかもそれを立派に歌いきるのです。
例えばスケート選手がジャンプを成功させた瞬間に、私たちが「おおっ!」と思うのと同じように、歌手がすばらしい声を出したときも、私たちは心を揺さぶられるような感動を体験できるのです。
さら〜に難しい高音を出すことだけが評価されるわけではなくて、そこにたどり着くまでの歌の旋律を、いかに美しく優雅に歌えるかを観るのも鑑賞のポイントだそうです。

IMG_7520

IMG_7511

IMG_7514

IMG_7519
約90分間の公演ですが、あっという間に終わってしまいました。
私の持論では、あっという間に終わってしまうものは面白いのです。
加えて人間があのような大音量の声を出せる事を目の当りに見れたのは感激でした。
これでオペラの楽しみ方が分かったので、本チャンのオペラ観劇が待ち遠しくなりました。


I can't even put into words how dangerous this is・・・



IMG_7525
ということで今日はオペラ観劇の流れで神楽坂にやってまいりました。
知っているお店は22時すぎということで全て閉店していまして、唯一食べられるお店として残っていたのは「鮒忠」さんです。今日のお店は「鮒忠」本家神楽坂店さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂5-34-1
電話:03-3260-6323
定休日:無休

IMG_7526
お店の外観です。

IMG_7533
店内の雰囲気です。

IMG_7528
まずは長男とお疲れ様乾杯です。

IMG_7529
付出しのジャガイのにっころがしとホタルイカ@300円です。
画像のとおり光輝いているホタルイカは美味しです。

IMG_7530
ごま塩きゅうり@400円です。
きゅうりはエッジがたっていてこれまた美味しです。
レベル高いですね。

余談ですが、大学の同級生に鮒忠の息子さんがいたような気がします。
ここでちょこっと蘊蓄を・・・
鶏肉はその昔高級食材だったことから、焼き鳥そのものはかなり高級な食べ物でした。
それまでの庶民の間で焼き鳥といえば、ガラ、スジ肉、あるいは雀を使ったものでした。
そこで鮒忠の創業者の根本忠雄さんは 鶏肉を使った焼き鳥の儲けを度外視して売りだしてみると思いのほか売れたのです。
鮒忠
お店のあった浅草千束の目と鼻の先に吉原にも深夜まで売って歩きこれらが相俟ってお店は大繁盛したそうです。
当時の人気プロレスラー力道山も焼き鳥を食べに来ていました。
その後、昭和二十六年頃に安い食肉用ブロイラーが普及すると、 焼き鳥は本格的に大衆の間に広まっていき今日の隆盛の礎を築いたそうです。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_7532
続きまして「とり唐揚げ(もも肉・皮)」@820円です。
これは中身が物足りなかったのですが、ことのほか衣がカラッと揚がっていて美味しゅうございました。

IMG_7534

IMG_7535

IMG_7536

IMG_7537
締めに頼んだのは「串焼き塩おまかせ10本」@3,400円です。
まかせ10本は、豪傑焼き鳥、ささみ、手羽、レバー、皮、つくねだんご、やげん軟骨、砂肝、ピーマン肉詰め、はつの盛り合わせです。

IMG_7538
焼鳥の取り外しの金具がありました。
これは便利です。

味ですか、やげん軟骨以外はすべて美味しかったです。
とくに豪傑焼き鳥は秀逸です。
ちょっと高いような気がしますが量が多かったので「コスパ良し」と言わせていただきます。
たまには焼鳥もいいものですね。
ちなみに私の幼い頃の食卓にはよく鮒忠さんの「鰻のかば焼き」がおかずになっていました。
酒好きの父が鮒忠で飲んだ後にオミヤとして買ってきたからです。
今は昔であります。

それでは(^_-)

神楽坂 おかむら

今日は「神楽坂逍遥」です。
今日のフリネタは「神楽坂」です。
都内のデートの場所といえば、渋谷?六本木?銀座?赤坂?広尾?まず下町浅草はないでしょう。
特に最近の女子はオヤジ化していろんな所に行っています。
だからこそ、知らない場所につれていってドヤ顔するのが正解パターンでしょう。
一本通りを外れるとそこは大人の小道・・・
神楽坂はそんな街です。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#神楽坂界隈
NHK

IMG_5709

IMG_5711

IMG_5743

IMG_5745

IMG_5744

IMG_5746


#レオニダス神楽坂店
IMG_5742

IMG_5733

IMG_5738

IMG_5734
レオニダスさんは、ベルギーで行われたインターネット投票ではチョコレート部門で3年連続第1位を勝ち取るなど、その人気の高さが際立っているベルギーのチョコレート屋さんです。
今回神楽坂に出没したのもここのチョコレートを求めたかったからです。

IMG_5749

IMG_5750

IMG_5751
私が求めたチョコは
上段が「フラッシュプラリネミルク」です。切り株をデザインしたソフトでシンプルなプラリネ(アーモンド・ナッツの糖衣菓子)です。
中段が人気No.1の「マノンカフェ」です。コーヒーフレバーのフレシッシュクリームにローストしたヘーゼルナッツをトッピングしたチョコです。口どけ柔らかい味わいと豊かな香りが特徴です。
下段が「ノアゼットミルク」です。ヘーゼルナッツを丸ごとのせた風味豊かなプラリネです。
味ですか、美味しいですけれどかなり濃いですね。
私はベルギー人にはなれそうにありません、という事がよくよくわかりました。

#山ちゃん
IMG_6642

IMG_5748
久しぶりに「山ちゃん」の前を通りましたら、店構えが激変していました。このお店は「麻婆豆腐」の隠れた有名店です。当時は息子さんがかなり不健康でして不定期にお店を休まれていました。
お店をrenovateしたということは健康を取り戻したのでしょう。
このお店、かつては不明朗会計が著しいという認識でしたが最近ではどうなのでしょうか。
「麻婆豆腐」の味の確認を含めて今度再訪してみましょう。


IMG_5727
今日はデイナーです。
山の手随一の花街を有する神楽坂ですから凛としたお店をさがしました。
今日のお店はとんかつ「おかむら」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂3-6-89
電話:03-3235-9196
定休日:土曜日・祝日

IMG_5725

IMG_5715
お店の外観です。

IMG_5719
店内の雰囲気です

IMG_5717
メニューです。

IMG_5720

IMG_5721

IMG_5722
今日のオーダー「ポークソティー定食」@1,730円です。
待つこと17分で「ポークソティー定食」の到着です。
見た目、重厚ですね。

それでは実食です。
肉が柔らかく滋味あふれ美味しいです。
この柔らかさはかなりのものですね。
肉が良いのか熟成の仕方がうまいのか焼き方が匠なのかわかりませんが過不足ない柔らかさは大満足です。
キャベツ美味しであります。
味噌汁に一かけらの柚子が入っており高評価です。
しいて瑕瑾を申せば、和風シャリアピンソースが余計でした。
このソースでいただきますとちょっと味がくどくなりますね。
これだけお肉が美味しいのですから、しょうゆ 、酒 、砂糖 、ニンニク 、バターでの普通の味付けでも充分美味しかったのではないでしょうか。
あくまでもこれは個人的な好みであります。
個人的に好きなポークソティーのソースは人形町「きらく」さんの先代の味付けです。

昭和の香りがむせかえるような店内、外連味(けれんみ)のない接客は凛としています。
さすが神楽坂の洋食屋さんですね。

それでは(^_-)

神楽坂 無庵(むあん)

今日は「虹は七色?」の話です。 
虹はナゼ七色、というのでしょうか。
これは、科学的に虹の色の数が何色なのかという問題ではなく、いくつあるように見ようとするかという文化の問題のです。
虹の色は連続しており、赤から紫へと色が連続的に変化しています。
たとえば、赤色はここからここまで、青色はここからここまで、というように区別することはできません。
虹は自然現象ですから太古の昔から人は知っていました。虹の色を初めて科学的に研究したのはイギリスのニュートンと言われています。
ケンブリッジ大学の一室で、プリズムによって太陽の光を虹に分解し、詳しく観察したことがニュートンの著書「光学」に記されています。
虹の色の数を7色と見るべきだということは、その時代の雰囲気にあったようです。
当時、音楽は数学・幾何学や天文学と並んで権威ある科目でした。その音楽のオクターブが意識されて、虹を見るとき、7という数が自然に意識されたということです。
それ以前の虹の基本色は、赤・黄・緑・青・菫の5色でしたが、二色を加えて7としたかったようです。そのためには色を表す単語が必要でした。そこで、赤と黄の間に果物のオレンジ色を、青と菫の間にインドから輸入されていた植物染料のインディゴの色を新しい色の名として採用しました。
現在、私たちが虹は7色であると考えるのは、明治以来の日本の学校教育にあります。虹は7色と知識として記憶しているのです。
日本の学校の試験では虹は7色と答え、しかも赤から紫への順で答えるのが普通ですね。虹の絵が七色でないとき、色の数が間違っていると多くの人が感じるでしょう。しかしながら、欧米では必ずしも7色とは限らないようです。
「光と色の100不思議」東京書籍より転載

さらにじゃ7色以上でもいいじゃないかというのですが、人間は、7桁までは記憶できるのですが、8桁以上になると、覚えきれなくなるという結果があります。
これは、心理学的にはしっかりとした裏づけはできていないのですが、こうした7という数字のもつ不思議な性質をマジカルナンバー7というのです。

今世界で一番見られている癒し画像「不思議な絵本」です。
癒されますか・・・

The Ice Book (HD) from Davy and Kristin McGuire on Vimeo.


今日は神楽坂に出没です。
今日のお店はつけ麺処「無庵(むあん)ラーメン」さんです。

住所: 東京都新宿区神楽坂6-36 神楽坂ビル1F
03-5228-0702
定休日:無休

IMG_7982
お店の外観です。このお店は飛び込み店です・・・見た感じ美味しそうな雰囲気でしょう?


IMG_7985
店内の雰囲気です。

IMG_7983

IMG_7984
今日のオーダー「特性塩らぁめん」@780です。
画像を見る限りは美味しそうですよね。しかしスープはぬるく、麺はのびのびです。
卵は美味しいし、チャーシューも美味しいし、特製塩味も美味しいのですがね、何でこんな調理をするのでしょうか。
期待して入ったお店でしたので残念でした・・・こんな日もあります。

それでは(^_-)

神楽坂 山ちゃん

今日は「谷風伝説」です
426px-Yokozuna_Tanikaze_Kajinosuke[1]
天名2年(1872年)の二月場所七日目、谷風が破れました。決まり手は小股すくい。倒したのは新鋭の小野川喜三郎です。江戸中がひっくり返る様な大騒ぎになりました。
というのも1778年(安永7年)3月場所初日から1782年(天明2年)2月場所7日目まで分・預・休をはさみながらではありますが、江戸本場所で土つかずの63連勝が止まったのです。とこのように書くとピンとこないかもしれませんが、足かけ五年間無敗だったのですよ!
のち昭和の時代に双葉山が69連勝を達成するまで、約150年にわたって記録保持者であり続けたのです。もっとも、この63連勝は江戸本場所のみの連勝記録であり、京都本場所、大坂本場所での成績も含めると98連勝となるのです。一般に連勝記録は江戸本場所のみの63連勝を指しますが、江戸本場所、京都本場所、大坂本場所まで含めた連勝記録である98連勝は最多連勝記録であり、いまだに破られていません。
さらにその敗北の後に43連勝を記録。さらにその後8年間で、7連勝、21連勝、10連勝、9連勝、最後35連勝を続けているなかインフルエンザで死亡したのです。
もし薬石効あり、生き返っていれば連勝記録続行の可能性があったのです?
江戸本場所における通算成績は49場所258勝14敗16分16預5無勝負112休で勝率9割4分9厘、優勝相当21回と「天下無敵」の名にふさわしい記録が残っています。
また、天下無双の大横綱にふさわしい実績から四股名「谷風」は止め名になっています。連勝を止められたその後も小野川との対戦は興行が札止めになっても観客が詰めかける話題の取組となりました。
あらためてすごい横綱だったのですね!
参考文献「Wikipedia」、「ホリイのずんずん調査」堀井憲一郎著より転載
IMG_6655
実は相撲好きで、大相撲はよく見に行きました。下町育ちで近隣に相撲部屋があり、相撲取りが身近にいたせいかもしれません。
贔屓の関取が勝つととてもうれしくTV桟敷の前でガッツポーズをしていました。
一度札幌巡業で当時の横綱貴乃花関に、貴、頑張るんだぜ!って肩を叩いて、気合を入れたら、守衛のオジに、横綱になな何て事するんですか、って死ぬほど怒られたことがありました、ハイ。
横綱の肩を叩いてはいけないなんて、全く知らなかったのですね・・・反省

あまり飲みにいった場所は取り上げたくないのですが、たまにはいいでしょう(笑)
今日のお店は神楽坂のdeep spot「山ちゃん」さんです。取引先とヘラヘラ状態で入店しました。

住所: 東京都新宿区神楽坂4-4-3
電話:03-5261-1828
定休日:火曜日

IMG_6608
いつも来るたびに思うのですが、神楽坂って小京都ですよね。しかもその小京都がHigh-endのお店とJunkなお店が混在しているのですからタマリマセン。

IMG_6642
お店の外観です。見るからに無国籍です、ここは香港か!

IMG_6648
店内の雰囲気です。このお店はお兄ちゃんとそのお母さんの二人体制できりまわしています。ちなみにこのお兄ちゃんは独身です、営業時間が18時から4時までですので女性と付き合う時間がないからね、と言っておりましたが、私は違う理由のためと思っています・・・
お店に入るやいなや、お客さん、料理だけでは駄目よ、うちは必ずお酒頼んでもらうんだからね、とそのお母さんからキメダシがあります。
そんなこと知ってらい、といって即にビールを頼みました、いいんですか、splashさん、このお店で三軒目ですよ、大分聞こし召してますよ!

IMG_6640
まずは「お通し」@200です。「お通し」が野菜炒めですか信じられません!
とても美味しかったですね、酔っていたのでよく覚えていませんが、あらためてパチリでみると色々な野菜が入っていたのでした。

IMG_6650

IMG_6646
「辛い麻婆豆腐」@900です。、これも酔っていたのでよく覚えていませんが、ネギがこんもりとのっていたのでした。このお店は「麻婆豆腐」の隠れた有名店です。味ですか私的には辛さが少し足りなかったのですが、美味しかったです。

これでお分かりかと思いますが、お酒を飲んだ時には、記憶がなくなる傾向があるので、blogが成り立たないのです、だから取り上げたくなかったのですが・・・
最後にお母さん、二人でいったので@200×2+900=1,300にお酒代が加わるのですが、何でピッタリと@4,000になるのですか、2,700も飲んでないですよ(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ