下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

銀座

東銀座 アメリカン

今日は「人生すべて当たりくじ」です
b0253432_12295061
私どもの会社はセブン&アイホールディングスのフード事業会社として一昨年(2007年)設立されました。
デニーズジャパン、ファミール、ヨーク物産の三つを吸収合併し、レストラン、ファストフード、それに社員食堂などのコントラクトフード事業の店舗展開(2009年2月末現在、計959店舗)を図っています。
いま「生活で何を節約しますか」と聞かれて約七割の方が「外食」と答えるような時代です。
このように外食産業が大きな曲がり角にある厳しい時だけに、やはり事業を集約して仕入れ先などを統合し、食という一つのテーマを追求していくべきではないかと。
ただ、業績は大変厳しくて、初年度は赤字でした。
何とかこれを黒字にしたいと思いまして目下奮闘している最中なんです。
もう一つ、私にはイトーヨーカ堂取締役中国総代表という仕事があります(取材当時)。
月に約一週間は店舗がある中国の北京や成都に行って現地のイトーヨーカ堂の責任者たちと会議をして、今後の事業展開などを話し合うんです。
売り上げは一千億円弱といったところでしょうか。
おかげさまでこちらのほうは大変順調に利益が伸び続けております。
セブン&アイ・フードシステムズが設立された後、中国から呼び戻され、二つの重責を担うようになりました。
中国室長の辞令をいただいたのは十三年前の平成八年、メンバーは私一人でした。
それまで営業本部長だった私には二万五千人の部下がいたんです。
それが突然ゼロ、しかも中国は初めての土地です。
周囲からは左遷と見られ、これから一体どうなるのかという思いでしたね。
しかし、一緒に行きたいと名乗り出る仲間が現れて、彼らが必死にやってくれたおかげで今日があると思っています。中国という大地に播いた種は、花を咲かせて、実を結ぶようになりました。
やはり大事なのは、どのような厳しい環境でも、そこに踏みとどまって頑張ることだと思いますね。
逆境や不遇の時、「いやだ、いやだ」と逃げ回ったり自己逃避したり、じっとしてるだけでは何の解決にもなりませんから。そんな時は、自分の心を強くして、闘い、克つ以外にないんです。
人事異動でも何でも世間の誰もが「外れくじ」と思う出来事ってありますね。
でも、世間や周囲の人がどうあれ、自分だけは「このくじは当たりだ」
と思うことが大事なんです。
そのように考えたら、何事があろうと「人生すべて当たりくじ」じゃないですか。
私は子供の頃から、随分と劣悪な環境の中で生きてきましたが、その時、常に自分に言い聞かせてきたのが、この「人生、すべて当たりくじ」という言葉でした。
『致知』2009年7月号 特集「道をひらく」より転載

この話し手は塙 昭彦(はなわ あきひこ)さんです。
彼は、日本の企業家でデニーズジャパンの元社長です。
人生すべて当たりくじとは何ともすごい方ですね。
確かに負荷を与えなければ成長はなく、成長のないところに成功はありません。
成功は成長の果実ともいわれています。
個人的にはここまで風呂敷を広げなくてもいいように思います。
例えば朝目が覚めた時「仕事行きたくないなぁ」「会社辞めたい・・・」と感じたことはないでしょうか。
こういった後ろ向きな姿勢を前向きにすることは、最初はなかなか身につかないかもしれませんが、小さくても成功体験をし続けると自然と身についている自分に驚くものです。
地道にコツコツが成長・成功への王道であると思っています。
私の好きなアメリカを代表する哲学者・心理学者の一人でウィリアム・ジェームズさんという方がおられます。
彼は以下の事を言われています。
物事をあるがままの姿で受け入れよ。
起こったことを受け入れることが、不幸な結果を克服する第一歩である。
人生は価値あるものだと信じなさい。
そうすればあなたのその信念が、人生は価値あるものだという事実を生み出すでしょう。
そして心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。
私はこの箴言(しんげん)を信じて生きています。


シンガポール 泣ける感動CM 家族 日本語字幕



IMG_7723

IMG_7722
今日は東銀座に出没です。
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は「アメリカン」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4丁目11-7
電話:03-3542-0922
定休日:土・日・祝

IMG_7724

IMG_7725

IMG_7730

IMG_7731
お店の外観です。

IMG_7732

IMG_7741
店内の雰囲気です。

IMG_7729

IMG_7726

IMG_7727
芸能人が多数来店されています。

IMG_7728
メニューです。

今日のオーダー「玉子サンドセット」@1,200円です。
行列必至という事でした。
案の定行列ができていましたが長蛇の列ではありませんでした。
店内のお客の回転が悪いみたいでなかなか列が進みません。
待つこと31分で入店とあいなりました。。
店内を見ますとお客お過半は女性客でした。
そして皆がバレーボールみたいな食べ物と格闘している光景をみましたら、完璧に入るお店を間違えたように感じました。キツネ顔のホールスタッフさんは、切れ目がない満席が続く状態に疲れているみたいです。
その副作用で目は吊り上がり、口をとんがらせています。
感じ悪いことこの上なしです。

IMG_7734
待つこと2分でおしぼりとお水がテーブルの上に置かれました。

IMG_7736
待つこと9分で「玉子サンドセット」が到着しました。
なんかこのお店は人が食べられる量を勘違いしていませんか?
もしかしましたらこの量を知らずに入った私が欠礼なのかもしれません。

IMG_7737
向きを変えますと私の驚天動地の気持ちがお分かりになるでしょう。

それでは実食です。
IMG_7738

IMG_7739
食べにくいことこの上ないです。
上の方を頬張ると下の方から具の玉子がはみ出てきます。
これを繰り返すと手が玉子で汚れてきました。
おしぼりで手を拭きながら食べています。
早くも食べるのが嫌になってきました。
肩で息をしながら食べ続けていましたが、途中から馬鹿らしくなったのでやめました。
店主お気に入りアメリカの一般家庭のガレージをモチーフにした内装もこのような状態になったら、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いみたいになってきてうっとうしいです。
味ですか、不味くはないですが、過ぎたるは猶及ばざるが如しです。
パンだけはふんわりしていて美味しかったです。
持ち帰りができるみたいなので、自分でパックしてホッチキスで止めて持ち帰りサンドウィッチを作りました。
この後、私は銀座の馴染みお店に行くので、そのお店の私の担当の方に進呈するつもりです。
為念申し添えますが、私はB級グルメではありますが、グルマン(大食漢)ではありません。
いずれにしましても事前調査をしなかった私の不明を恥じるところであります。

IMG_7740
珈琲だけは美味しかったです。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

東銀座 YOU リターンズ

今日は「踊りたい!」です
8237c015-ae21-439a-aab8-d82f5009df25
多分に母方の血筋なのでしょうか私は子供の頃からはしゃいで騒ぐのが大好きなのです。
加えて、目立つのが大好きです。
長じて人前で話すのも大好きになりました。
これは人事の時に、大勢の学生の前で沢山の会社説明会を沢山やった際に仕込んだネタがウケた時の感動の残滓であります。
乞食と役者は三日やったらやめられない的な経験がそうさせたのです。
換言しますと私はso-called「目立ちたがり屋」なのです。
なんでなのかなとググってみました。
1.目立ちたがり屋は、人の注目を浴びたいと常に考えています。
それは、浴びていないと寂しいという気持ちに包まれてしまうからです。
2.寂しがり屋な性格でもあるこの目立ちたがり屋の人は、注目を浴びることでその寂しさを紛らわせているところがあります。
3.これは、子供の頃から家族の中心として可愛がられてきた末っ子に多く、誰かがそばにいないと寂しい、誰かの目が向いていないと悲しいと感じます。
上記の中で3番目の理由が私に該当します。
私は長男でしたが次の弟妹ができるまで5年の月日がかかっています。
加えて、幼少の頃は、病弱でしたので母親の愛情を一心に受けていました。
特に二番目の弟妹が流産したことで母親の愛が普通の可愛いがり方から溺愛に変わっていきました。
加えて、母も病弱でしたので幼少の頃はしょっちゅう入退院を繰り返していて、そのせいもあったのでしょうか私も母親の愛に顔を埋めて暮らすようになっていきました。
以来、誰かの目が向いていないと悲しいと感じるようになってきたのだと臆断しています。

結婚式 余興 バブリーダンス 1人で 本気で 踊ってみた。

その目立ちたがり屋人生の中で一番目立ったのはダンスでした。
ダンスはルックスやファションだけでは目立ちません。
換言しますとルックスやファションがたいした事もなくても踊りさえ上手であれば尊敬されます。
だから大学の時にDiscoにハマったのです。
ディスコダンスは素質もさることながら練習さえすればある程度は踊れるようになるのです。
特に仲間と踊りを合わせてDiscoのセンターでステップを合わせて踊っていますと、まるモーゼ十戒の海を割るシーンのように他の踊り手が私たちの踊りの邪魔にならないように同心円上に下がるのです。
この皆から注目を集めることに成功した時の凄い喜びと快感はまるで精神麻薬です。
しか〜し、踊りの世界は弱肉強食ですから、私たちのチームより踊りが上手い人たちがセンターにでれば、私たちも同様にそのチームを中心にした同心円上で踊るわけです。

0FBBF3A1-4068-4630-95A4-5FE5AC625869
前フリが長くなりましたが、私の数ある夢の中の一つにこのムービーのように次男の結婚式で踊る事があります。
さすがに独りではヤル気はなかったのですがパートナーができました。
それは孫の白蓮です。
ちなみに白蓮の画像は白蓮パパからクレームがついて生後一年間のみの掲載許可です。
しか〜し、額面とおりに受け止めたら噴飯物です。
いずれにしましてもたまにしか掲載しませんのでこれは貴重な画像なのであります。
閑話休題
次男はしばらく結婚する予定はありませんので私の夢には大きな可能性があります。
加えて、白蓮ママはダンスを教えていた事があり、加えて白蓮には私の血も八分の一は流れていますので、白蓮はダンスが上手い可能性は高いのです。
そうはいいましてもこのタクラミを我が奥様が許すわけがありません。
負ける戦いはしないが私の人生哲学なのですが・・・
本当に本当に結婚式で踊りたいな〜!なのであります。
仕方がないので、学生の時のDisco仲間に声をかけてはいるのですが、みな洋梨型の体形になっていてましてやダンスのような有酸素運動は無理みたいです。
多分私の夢は定年後Ojisan-Obasan-Discoで昔を訪ねて踊るだけでしょう。
こんな夢もあります。


IMG_6802

IMG_6803
今日は花の銀座に出没です。
今日のお店は「YOU (ユー)」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F
電話:03-6226-0482
定休日: 年末年始

IMG_6804

IMG_6805
お店の外観です。

IMG_6806
店内の雰囲気です。

IMG_6808
メニューです。

きょうのオーダー「オムレツ、トースト&珈琲」@1,300円です。
このお店は圧倒的に女性客が多いです。
唯一の男性は学生風の2人連れです。
「オムレツ、トースト&珈琲」を2人でシェアしそれに加えてアイスコーヒーを頼んで不公平感を無くしていました。
個人的には銀座でこのような経済的注文するのはスゴイなと感心しました。
今の若い学生さんは銀座のもつブランド力にヘジらないのですね。

IMG_6810
待つこと17分で「オムレツ、トースト&珈琲」の到着です。
見た目、喫茶店の風情です。
まあこのお店は喫茶店ですからこれでいいのですが・・・

それでは実食です。
IMG_6811

IMG_6815
オムレツはトロリしていて美味しいのですが、さすがに三回目ですので舌が慣れてしまい感動が反比例的に希釈されてしまいました。
トーストは上品に焼き上げていましたが美味しさの感動はありませんでした。
もしかしましたらこのお店は美味しいですけれども銀座ブランドなのかもしれません。

IMG_6813
今日の珈琲は像さんを創ろうと思ったのですが駝鳥の頭みたいになってしまいました。
しか〜し、味に影響は与えませんでした。
このお店はハレの日使いではなく普段使いのお店なんだなとあらためて認識いたしました。

それでは(^_-)

銀座 花山うどん 5th

今日は「In the year 2525」です
a6580916-ddaa-45c7-9657-addf498f4e8b
いつもの通りコジャレタお店で仕事をしていいますと、この曲が流れてきました。
懐かしい歌だねと思って聞き入っていました。
歌の意味はおおよそわかったのですがあらためて調べてみました。
宜しかったらこの昔に流行った未来の歌にお付き合いください。

Zager & Evans - In the Year 2525


In the year 2525,
If man is still alive
If woman can survive,
they may find

西暦2525年
もし男がまだ生きていたら
もし女が生き伸びていたら
人類は気がつくかもしれない

In the year 3535
Ain't gonna need to tell the truth,
tell no lie
Everything you think, do and say
Is in the pill you took today

西暦3535年
真実なんて言う必要はない
嘘も言わなくていい
考えたこと すること言うこと
すべてが今日
あなたが飲んだ薬のなかに入ってる

In the year 4545
You ain't gonna need your teeth,
won't need your eyes
You won't find a thing to chew
Nobody's gonna look at you

西暦4545年
歯は必要がなくなるだろう
目だってそうさ
噛まなきゃいけないものはない
誰もあなたを見やしない

In the year 5555
Your arms hangin'
limp at your sides
Your legs got nothin' to do
Some machine's doin' that for you

西暦5555年
腕は身体の横に
だらりと垂れさがってる
足があってもすることがない
機械が代わりに働いてくれる

In the year 6565
Ain't gonna need no husband,
won't need no wife
You'll pick your son,
pick your daughter too
From the bottom of a long glass tube

西暦6565年
夫なんていらなくなる
妻も必要なくなる
息子は摘み上げるんだ
娘も同じく摘み上げるのさ
長い試験管の底からね

In the year 7510
If God's a-coming,
He oughta make it by then
Maybe He'll look around Himself and say
"Guess it's time for the Judgement Day"

西暦7510年
神が降臨したならば
首尾よく事を行うはずだ
自分の周りを見回して
こう言うだろう
"どうやら審判の日がやってきた"

In the year 8510
God is gonna shake His mighty head
He'll either
"I'm pleased where man has been"
Or tear it down, and start again

西暦8510年
神は万能の頭を横に振り
"人類の行きついた場所は喜ばしい"
と言うか それとも
この世を破壊し やり直すか どちらかだ

In the year 9595
I'm kinda wonderin'
if man is gonna be alive
He's taken everything
this old earth can give
And he ain't put back nothing

西暦9595年
私は悩んでるだろう
人類は生き残っているだろうか
人類はこの年老いた地球が与えるもの
そのすべてを奪い取り
何も返していないんだ

Now it's been ten thousand years,
man has cried a billion tears
For what, he never knew,
now man's reign is through

そして今 一万年の時を経て
人類は何億もの涙を流してきた
どうして 人類はわからないのか?
そして今 人の世は終わりを告げた

But through eternal night,
the twinkling of starlight
So very far away,
maybe it's only yesterday

しかし永遠の夜を越えたところで
星の光がまたたいているのだ
その気の遠くなる遠さを考えれば
人類の歴史などほんの昨日の出来事

In the year 2525,
If man is still alive
If woman can survive,
they may find

西暦2525年
もし男がまだ生きてたら
もし女が生き延びてたら
気がつくかもしれない…

In the year 3535
Ain't gonna need to tell the truth,
tell no lie...

西暦3535年
本当のことも言う必要がなくなり
嘘もつかなくてよくなり…

Songwriters Evans, Richard Lee
Released in 1969
US Billboard Hot100#1(6)


IMG_6555

IMG_6556

IMG_6558
今日は銀座に出没です。

IMG_6568
当初は「YOU」さんに行きたかったのですがコアタイムはこのような大行列なので見送りました。
今日のお店は創業明治27年「花山うどん」銀座店さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-14-13
電話:03-6264-7336
定休日: 無休

IMG_6560
お店の外観です。

IMG_6564
店内の雰囲気です。

IMG_6561
メニューです。

きょうのオーダー「鬼釜(鬼ひもかわうどん)」@980円です。
IMG_6562
待つこと1分でテーブルセットの到着です。

IMG_6563
料理がくる前に箸休めを頂きます。
今日の香の物は野沢菜と沢庵です。
どちらも美味しいです。
本来は箸休めですが、まぁ、いいでしょう。

待つこと9分で「鬼釜(鬼ひも川わうどん)」の到着です。
IMG_6565
見た目、狸うどんです。

IMG_6566
それでは実食です。
IMG_6567
まずは鬼ひも川(幅広麺)から頂きました。
分厚くてコシのある麺は食感も良く且つ香りが高いです。
よく冷水にさらしてあるので清涼感も高いです。
美味しいです。
付け合せの肉ですがお店そのものが北関東の出自ですので甘辛く煮つけてありまさに私のスイートスポットの味付けです。
なんでしょうか、ここの麺を食べていますと、川のせせらぎを感じます。
何とも言えない幸せな気分におおわれたのでした。
ごちそうさまでした。

それでは(^_-)

銀座 花山うどん 4th

今日は「上野の西郷さん」です。
IMG_4800
今日のフリネタは「西郷さん銅像」です。
話題沸騰予定の「西郷(せご)どん」ですが、上野公園に銅像として建立されているのは周知の事実であります。
これまで、西郷さんは西南戦争を起こしたことで「逆徒」という事になっていました。
しか〜し、明治22年に大日本帝国憲法発布より、明治天皇がその恩赦として西郷さんの汚名を解いて正三位の位を追贈された事が端緒です。
それを受けて友人の吉井友美がご下腸金をベースに醵金(ある目的のために金を出し合うこと)を得て、当時の彫刻界の巨匠である高村光雲に依頼して4年の歳月の後完成したのです。
しか〜し、なんでこの地に銅像を建てたのでしょう。
ネットで調べますと、ネットでは以下のような説明がありましたので、参考にしました。
1. 上野は彰義隊の戦跡であるから思いで深い地であると思われたみたいです。
2. 西郷さんは当時朝廷側の指揮官だったのでその功績を顕彰する意味で且つ上野公園は帝室御用地なので、政府・皇室の肝煎りで西郷を顕彰する意味で選ばれたみたいです。
また維新最大の功臣を逆賊として殺してしまったことに対する、政府の高官たちの良心の呵責をつぐなうために、公的に彼を弔う必要があったのだと思われます。
もともとは銅像を千代田城に建てるつもりだったのですが「許可を得たりしたが都合ありて之を撤回して」という事でこの地になったようです。

IMG_4801
個人的には、これは官軍主体の思想背景があったと臆断しています。
当時の江戸っ子は、彰義隊の墓の前に西郷さんの銅像が建つのを快く思っていませんでした。
それは当然であります。
よりによって彰義隊の墓の前に西郷さんの銅像が建ったからです。
そもそも彰義隊は徳川慶喜の死刑を命かけて嘆願しようとしたのです。
それ故に、28,000人の官軍に対してわずか2,000人との少数で挑んだわけでありまして、はなからその敗北は想定内なのです。その為に多くの江戸っ子侍が切り死したのです。
それなのにこの地面の元の持ち主である徳川家の菩提寺である寛永寺がなんで俄然と猛反対しなかったのでしょうか。そうは言いながら、寛永寺では今日現在でも上野戦争当日の5月15日に一山住職が揃って毎年法要を行っております事を付け加えないといけませんね。
要は、官軍で構成されている時の政府は江戸っ子の哀悼なんかどうでも良かったのです。
それよりも西郷さんの思い出の地ということなのでその悲憤を上書きしたのです
というかこれは勝者の論理です。
加えて明治4年から明治6年に吹き荒れた「廃仏毀釈(神道国教化政策のもとでの寺院、仏像、仏具などの破壊)」の影響が残っていたので、天台宗の寛永寺は発言力がなかったのでしょうね、多分。
まぁ、一番良い考えは「戦争の後はNOSIDE」という考えで、戦跡の地に建てられたのでしょう。
さら〜に、戦争のイメージを払拭する為に、当初の銅像コーデは軍服だったのですが、当時の樺山海軍大臣が製作工場にきて今の普段着に変えたようです。


60312 父の視点と娘の視点



IMG_4656

IMG_4655

IMG_4657
今日は銀座に出没です。
美味しいうどんを食べようと思いました。
今日のお店は創業明治27年「花山うどん」銀座店さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-14-13
電話:03-6264-7336
定休日: 無休

IMG_4658
お店の外観です。

IMG_4664

IMG_4661
店内の雰囲気です

IMG_4659
メニューです。

きょうのオーダー「明太鬼ボナーラ」@1,350円です。
今日の「花山うどん」さんは、海外旅行者で混んでいます。
暇だったので、香港から来たカップルに何でこのお店を知っているかと聞きましたら、インスピレーション、ですと・・・
これには笑いました。
ガイド雑誌で下調べしてきたのではないのです、
凍てつく銀座の風に震えながら待つこと40分で店内に招き入れました。

IMG_4666
待つこと6分で「黒豆茶」の到着です。
身体が温まります。

IMG_4667
待つこと16分で「明太鬼ボナーラ」の到着です。
見た目、美味しそうです。
それでは実食です。
箸がきていません。
何かこのお店は来るたびに災難が降りかかります。
難無三であります。

IMG_4668
気を取り直して実食です。
鬼ボナーラ(カルボナーラ)鬼ひも川うどんは、汁(ソース)とが美味しいです。
イタリア人もそういうでしょう。

IMG_4669
玉子を溶くとさら〜にまろやかになります。
時折プチプチはぜる明太子が高評価です。
これはデラ美味うどんです。
心も体も温まります。
しか〜し、これを鬼ひも川うどんで食べる必然性があるのでしょうか。
パスタの方が美味しいような気がしました、ハイ。

それでは(^_-)

銀座 お多幸

今日は「いてこましたるぞ」です。
BxTcHNsCEAInh1C
ネィテブ大阪の人と酒席でどうでもええ話をしていましたら、関西で一番コワイ言葉は「いてこましたるぞ」と話していました。
そこでその意味を調べるためにスマホでググって見ましたら、言って誤魔化すから転訛した言葉で嘘や大袈裟な表現を使い巧みに口説き落とす、というふうに書いてありましたので、あんだ、ナンパな言葉じゃない、と言いましたら、そうじゃなくて、殺すぞという意味です。
最低の大阪人が使う言葉ですので覚えんといてください、と言われました。
東京の下町っ子としては「いてこます」は「it's commerce(それは商い)」というように聞こえてしまい、仕事でも使えるのでは錯覚してしまいます。
いずれしましても、パンチパーマで紫のスーツを着て白いエナメルの靴を履いた方から、おどれ、いてこましたるぞ、と言われたら、人だかりのある方に向かって最速で逃げた方がいいそうです。
その際に、誰か助けて!殺される〜って絶叫しながら走るのがmust-doingだそうです

itekomasu
個人的には、吉本新喜劇の人気スター岡八郎さんが言っていた「ケツの穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタ言わしたるぞ」が好きな脅し文句のフレーズです。
要は、俺のいう事を聞かないと奥歯がガタガタ震えるほど恐ろしい目に会わせるぞ、という意味なのでしょうが、下町っ子としましては、奥歯がガタガタ震えたのは寒中水泳の時しか経験がありません。
従いまして、恐怖で奥歯がガタガタ震えるという事は理解できにくく、たんにケツの穴から奥歯まで手は届きようがないのにそれを言いきってしまうところにだけ笑いが生まれるのであります。
ちなみにくだんのネィテブ大阪に私の好きなフレーズの評価を聞きまわしたら、そもそもこれって、テレビコメディ番組「てなもんや三度笠」で、 主人公・あんかけの時次郎(藤田まことさん)が、 劇中、悪党相手に啖呵を切る場面で「耳の穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタ言わしたるぞ」と言っていたギャグのパロディーです。
今となってはオッサンしか知らない死蔵ギャグですよ、と言いきっていました。

ちなみに私が生まれ育った下町のオトロしい言葉は、てめえ、ざっけんじゃねぇぞ、ブツ殺す、であります。
ここまで言わしたら、すいません、簀巻きで許してください、と土下座で謝りませんと、殺された後ドラム缶にコンクリ詰めされて隅田川に放り込まれます。
若しくは富士山の樹海に手足を縛れて頭だけ出して埋められる事でしょう。
後者の経験者は周りにかなりいました、ハイ。
タレントの石倉三郎さんも同様の経験をしています。
前者の経験者は聞いた事がありません。
皆、死んでしまったからでしょう(笑)


数人のお母さんがいます。
目隠しをした子供に、自分のお母さんを当ててもらいます。



IMG_4169

IMG_4172

IMG_4174
IMG_4186
今日は夜のとばりが降りた銀座に出没です。
なんだかおでんが食べたくなりました。
銀座でおでんと申せばこのお店でしょう。
今日のお店は「お多幸」銀座八丁目店さんです。

住所:: 東京都中央区銀座8-6-19
電話番号:03-3571-0751
定休日:日曜日(12月の第一・第三日曜は営業致します。)

IMG_4184

IMG_4175

IMG_4185
お店の外観です。

IMG_4182

IMG_4183

IMG_E4179

IMG_4180
店内の雰囲気です。

IMG_4176
メニューです。

本日のオーダー
「おまかせ盛り合わせ(とうふ、こんにゃく、ふくろ、串団子)+いいだこ+茶飯」@1,000+@500+@250=1,750円です。
お多幸さんは高いのであまり行きません。
加えて熱燗の酒タンポが上げ底で量が少ないのです。
コスパ悪いので、敬遠していました。
今は、お酒は飲まないので那辺の心配がないので再訪したのです。

ここのお出汁は、たっぷりの砂糖と薄口醤油のベースに、毎日お出汁を継ぎ足し継ぎ足して作られています。
具材は、最初は玉子、下茹でした大根等味の染み込みにくいものから入れていきます。
およそ40分煮た大根は一度出して冷やして味を染み込ませます。
そして練り物を入れて味をふくよかにしています。
待つこと7分で全てが揃いました。
気持ち飴色になっています。
IMG_E4178

IMG_E4177

IMG_4181
それでは実食です。
うん、普通のおでんです。
甘しょっぱい出汁は好き好きです。
私は、家のおでんの出汁の方が好きです。
味ですか、美味しいことは美味しいですが、やはりコスパ悪いですね。
さすがにいいだこは美味しかったですが、蛸はタコです。
食べている最中、となりの紳士が、オタクの日本酒は正一合ないな。
ちゃんと入れろよ、と笑いながら突っ込みを入れていました。
やはり、ここのおでんは「観光おでん」でしょう。
二度は行かなくて宜しいのではないでしょうか・・・

それでは(^_-)

銀座 花山うどん リターンズ

今日は「鬼熊事件雑感」です。
mqdefault
私が日本史を好きになったのは100%亡き父の影響です。
父は独特の歴史観を持っていて、それを私に自慢タラタラで擦り込みます。
そのような歴史観への反駁もあり、日本史は特に勉強しました。
中学生の時、父が何かの拍子で「鬼熊」は偉いとホメていたのです。
私は「鬼熊WHO?」という事で、「鬼熊」事岩淵熊次郎が起こした事件を調べてみました。
当時の、私の見解は、女にだらしないミツグ君が、貢いだ相手から袖にされたのを逆恨みし、傷害事件を起こして投獄されたのですが、その後、色々あって(詳細は以下をご覧ください)最終的には5人を殺害して、最後はその責をとって自殺した事件です。
しか〜し、彼は、同業(荷馬車引き)に新人が入ると四日でも五日でも手弁当で仕事のやり方を教えていますし困った人の借金の世話もしています。
恩義を受けた人には水火も辞さない心意気で、馬車挽き仲間でも顔役だったのです。
要はなかなかいい人だったのです。その証左にくだんの傷害事件も 旧主の五木田元県議や弁護士の暖かい面倒を受け、執行猶予で出所したのでした。
彼は、恩は命がけで返し、恨みも命をかけて復讐するという両極端の性格の持ち主だったのです。
当時の世論は凶悪殺人犯である彼を支持して、実際に地元の住民は彼の逃亡を手弁当で助けています。
さら〜に、驚くのは被害者の祖父母が自裁した熊次郎を弔い、お前も不幸な男だったなぁ、と遺骸に手を合わせたとか、当時のメディアの報道では、鬼熊より殺された人間が悪かったので致し方ない、みたいな人権を無視した偏向報道が飛び交わっていたのでした。
父は、自ら犯した罪を公的制裁ではなく自裁で決着をつけ、それも先祖の慕前で行ったことはたいしたもので、武士たるものの責の取りかたであると「鬼熊」をホメていたのでした。
私はこれの是非を論じているのではなく、たんに時代がそう言わせたのだといいたかったのです。
価値観というのは定理ではなく変遷するものだと言いたいのです
従いまして、当時のヒーローは今では受け入れられません。
最後に、なんで「鬼熊」の事を思い出したのかと申せば、一週間前に成田に仕事で行った際に、取引先の方からここで昭和の始めに「鬼熊事件」という事件があったのですよ。
知らないでしょう、と聞かれたので、よく知っています、と答えたのが端緒です。
「鬼熊」の出身地久賀村の出沼は成田国際空港の東南にあるそうです。
現在は、出沼の北にはグレンオークスカントリークラブ、南にゴルフ倶楽部成田ハイツリーなどのゴルフ場があり現在ではゴルフ銀座として有名ですが、今から90年前に「鬼熊」がこの辺りを疾走していたと思い返しますと、歴史好きとしては感慨深いものがあります。
最後に「鬼熊」事岩淵熊次郎の顔はコワイですよね・・・

prm1507250006-p1
1926年8月20日、荷馬車引きの岩淵熊次郎が、親しかった小間物屋の女性・けいが他の情夫と交際していたことを知り殺害。
その後、けいと情夫の仲を取り持っていた知人の菅松の家を放火、けいと交際していた情夫とけいの働いていた小間物屋の店主も殺害し、駆けつけた警官に重傷を負わせ山中に逃亡した。
岩淵は「鬼熊」と呼ばれ、警察官、消防団、青年団など計5万人を動員し山狩りを行った。
しかし、過去に岩淵に世話になり事情を知っていた村人たちは、岩淵をかくまったり嘘の情報を流すなど捜査を長引かせた。また、身軽で山中に詳しかった岩淵に隙をつかれ捜査員が怪我を負わされ、さらに9月12日には巡回中の警察官が殺害されている。
当時のマスコミが事件を大々的に報道した結果、「鬼熊」の名は全国に広まり、「鬼熊狂恋の歌」という曲が作られるほど人気を博した。
9月30日、岩淵は先祖代々の墓所に逃げ込み、恨みはすべて晴らしたとして、取材に来ていた新聞記者や知人の前で村人の用意した毒入りの最中を食べ、剃刀で喉を切って自殺した。
なお、岩淵は死亡の2日前である1926年9月28日の時点ですでに自殺を決意していたらしいが、28日は酒を飲んでいるうちに眠ってしまい、翌29日に首吊りや頚動脈を切るなどしたが、元々体を鍛えていたことから死に切れなかったと言う。
事件後、岩淵を匿ったり自殺に立ち会った村人や新聞記者が裁判にかけられるが、自殺幇助となった記者や知人はいずれも執行猶予つきの温情判決が下され、村人たちも無罪とされた。


暗いフリネタの後には胸ウルの動画です。
ロシア人ドライバーの小さな親切に世界中がホッコリ感動 しました。


IMG_2523

IMG_2524
今日は銀座に出没です。
今日のお店は再訪店です。
今日のお店は創業明治27年「花山うどん」銀座店さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-14-13
電話:03-6264-7336
定休日: 無休

IMG_2525
お店の外観です。

IMG_2530
店内の雰囲気です。

IMG_2415
メニューです。

今日のオーダー「丸ごと玉葱の南極カレー(うどん)」@1,300円です。
前回はうどんを頼んだのにつゆの中から鬼ひも川(幅広麺)ができて、麺喰ってしまう、ちがうか面喰ってしまいましたのでそれのリベンジです。

IMG_2527
席に着くやいなやテーブルセットが用意されました。

IMG_2528

IMG_2529
まずは美味しい漬物をいただきます。
たくあん美味しです。

IMG_2531
待つこと10分で「カレーうどん」の到着です。

IMG_2532
為念、麺種を確認しました。
今日は間違いなくうどんです。
それでは実食です。
まずは美味しいつゆをいただきました。
美味しい?
うん何だ、つゆが煮詰まっています。
カレーをよくかき混ぜていなかったのですね。
家ではたまにやりますが、飲食店ではアウトです。

IMG_2535
後半、私がつゆをかき混ぜながら食べていましたら味が整ってきました。
このカレーうどんは高評価です。。
カレー美味し、みっしり入った鶏肉美味しです。
ご機嫌な味です。
ついに丼底が見えてきました。
ここから一気に完食しました。
やはりここのカレーうどんは東京一と言っても宜しいでしょう。

それでは(^_-)

続 銀座 花山うどん

今日は「『メシ・風呂・寝る』から『人・本・旅』へ」です。
無題
白河 まずは、日本の労働生産性についてお聞きしたいです。
働き方改革実現会議では、合言葉のように「日本の労働生産性が低い」といわれ、22位というグラフが繰り返し出てきました。
出口 日本は高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)が約27%もあり、世界一高齢化が進んでいる国だと言えます。
何もしなくても、介護、医療、年金などにかかる費用が毎年5000億円以上増える構造になっているのです。
その分を取り戻さなければ、貧しくなるしかありません。
そのためにはどうすればいいか。国内総生産(GDP)を上げていくしかありません。
「GDP=就労人口×生産性」ですから、人口を増やすか、生産性を上げるか、という二択になります。
しかし、人口は急に増やせませんから、僕たちの選択肢としては、生産性を上げるしかない。
ところが、日本の労働生産性は、OECD加盟35カ国のうち22位(2015年)。
G7では、24年連続最下位です。
しかし、これは逆に、改善の余地が山ほどあるともいえるのです。
続いて、なぜ日本は生産性が低いのかということを考えてみましょう。
例えば、出版社にAとBという二人の編集者がいたとします。
Aは、朝8時に出勤し、夜10時まで働きます。
昼食も、自分の席でサンドイッチをかじり、仕事に励んでいます。
しかし、頭が固くて、いい本を生み出すことができません。
一方、Bは、朝10時くらいに出社し、すぐにスタバで誰かと話をしています。
そのままお昼を食べて会社に帰ってきません。
夜は、6時になったら飲みに行って、会社に戻りません。
しかし、たくさんの人に会ってアイデアをもらっているので、ベストセラー本を年に3回くらい出します。
白河さんがこの出版社の社長だったら、どちらを評価して給与を上げますか?
白河 ベストセラーを出して、実際に利益を出しているBさんです。
出口 そうです。では、これがカラーテレビを作る工場だったらどうでしょうか。
Aが担当するベルトコンベヤーは、朝8時から夜10時まで、ほぼ休むことなく動き続けてテレビを製造します。
一方、Bのベルトコンベヤーはそれほど稼働しません。
つまり、製造業のような「工場モデル」と、発想力を競う「サービス産業モデル」とでは、働き方が違うのです。
出口 工場モデルの時代は、長時間労働で利益を伸ばすことができましたが、現在のサービス産業モデルでは無理です。理由は、医学的に見て、頭を使う仕事は長時間労働ができないからです。
脳は、体重の約2%しかないのに、エネルギーは20%以上使っており、まさに超高性能のエンジンです。
だから、世界中の脳科学者の共通見解として、人間の集中力は2時間程度しか続かないといわれているのです。
2時間×3、4コマくらいが、脳が働ける限界なのです。
白河 ということは、休みながらもトータルで6〜8時間。それ以上は、受け入れる情報が過多になって、不快になってしまうんですね。
出口 そうです。この話を講演ですると、50〜60代のおじさんたちは、「そんなことはない。自分たちの若い頃は、徹夜して、長時間働いたら達成感があった」と言うんです。
これも医学的に証明されています。
脳は疲れると、脳内から快感を伝えるホルモンを出すのです。
白河 長時間労働をすると、能率が上がっているのではなくて、「仕事をした気分」になっちゃうんですね。
出口 その通りです。生産性とは全く関係のない、脳の自衛作用なんです。
例えば、次のような興味深い話があります。
福島第一原発事故が起こった時、東京電力の幹部たちが必死で会議をしていました。
その時の録画を見ると、気力・体力・能力に優れたエリートたちが必死になって議論しているのに、時間の経過に従って能力が下がっていくことが確認できたのです。
相手の発言がすぐに理解できずに、聞き返す頻度が増え、ボキャブラリーの数が減っていくのです。
物理的に長時間労働は持たないということを端的に示した例でNHKで放送されました。
では、どうすれば生産性を高められるかと言えば、僕はいつもこんなことを提案しています。
労働時間を2時間×3、4コマにして、ちゃんと休んで、「人・本・旅」の生活をすることです。
「人・本・旅」とは、人に会う。本を読む。
最後の「旅」は、現場のことです。
おいしいパン屋さんができたら、行って、買って、食べて、初めておいしさが分かります。
脳に刺激を与えなければ、アイデアなんか出てこないんですよ。
長時間労働をして、ただ「メシ、風呂、寝る」を繰り返す生活では、日本の経済はもう持たないのです。
ライフネット生命保険創業者 出口治明さんインタビュー(前編)NKKEI STYLEより転載

近所の外国人は脳に2時間以上の負荷をかけるタスクは認めていません。
人間の集中力は2時間程度しか続かないといわれているので、休みながらもトータルで6〜8時間でそれ以上は受け入れる情報が過多になって、不快になってしまうみたいですね。
成程、もう大和魂的長時間労働は駄目なのですね。
良い時代になったものです。
これを読む限り精神論的根性労動に対する「No Thank youの時代」は足元まで来ている様です。
個人的には、過去の刻苦奮闘の長時間労働は生産性の観点からしますと全く意味がなかったのかと思い返しますと、寂しいものがあります。
しか〜し「過ちては改むるに憚ることなかれ」ですので、考え方を変えましょう。
出口さんが言われているように「人・本・旅」とは、おいしいパン屋さんができたら、行って、買って、食べて、初めておいしさが分かるのです。
脳に刺激を与えなければ、良いアイデアなんか出てこないのですね。
大いに脳に刺激を与えて、未来の収穫の為にさら〜に一所懸命に働きましょう。

We must always change, renew, rejuvenate ourselves; otherwise we harden.
我々はつねに、自らを変え、再生し、若返らせなければならない。
さもなくば、凝り固まってしまう。
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ 


ご主人様が湖に落ち・・・ワンコの行動に涙 。



IMG_2428

IMG_2413
今日は銀座に出没です。
今日のお店は再訪店です。
今日のお店は創業明治27年「花山うどん」銀座店さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-14-13
電話:03-6264-7336
定休日: 無休

IMG_2414
お店の外観です。

IMG_2422
店内の雰囲気です。

IMG_2415
メニューです。

今日のオーダー「丸ごと玉葱の南極カレー(うどん)」@1,300円です。
前回同様店内は混み込みです。
美味しいからでしょう。

IMG_2417

IMG_2418
まずは今日の漬物です。
いぶりがっこと野沢菜です。
いぶりがっこ美味しいですね。
うどんが来る前に食べ過ぎてしまいました。

待つこと9分で「丸ごと玉葱の南極カレー(うどん)」到着です。
IMG_2421
えらく早いなと思って食べ始めましたら、つゆの中から鬼ひも川(幅広麺)が出現しました。
うどんを頼んだはずなのに・・・
頭の中にが大きな?マーク浮かんだのです。

IMG_2425
数分後にこのお嬢様に同じく「丸ごと玉葱の南極カレー」が到着しました。
この時点で私は全容がわかりました。
私は斜め前に座っているお嬢様に、麺はうどんではないですか、と聞きますと、つゆの中に箸を突っ込んで麺の様相を確認してから、その通りです、と答えてくれました。
やはりな、ホールスタッフがオーダーの配膳を間違えたのです。
だいたい、後から頼んだ私なのに、先に座っていた斜め前のお嬢さんより早く着くのはおかしいと思っていたのでした。敢えてお店の不運を申せば、こんな炎天下に熱くて辛い南極カレーを食べる人間が同じテーブルに座っていたことでしょう。誠にご愁傷様でございます。

閑話休題
IMG_2419

IMG_2420
暑い日にはさら〜に暑くです。
唐辛子を投入しました。
それでは実食です。
まずはつゆをいただきました。
丸ごと玉葱と称するだけあって甘みの有る辛さですが辛さはかなりspicy(辛い)です。
美味しいです。
このような美味しいカレーうどんは始めていただきました。
さら〜に、つゆの中には鶏のかたまり肉が格納されていました。
これが柔らかくて程よく脂がのっていてこれまた美味しいのです。
ちょっと筆舌に尽くしがたい美味しさです。
しいて瑕瑾を申せば、これは表面積の少ない普通のうどんで食べたかったですね。
カレーうどんは鬼ひも川(幅広麺)では食べにくいし味が濃くなります。
で〜も、美味しいことに揺るぎはありません。
これは東京一でしょう、キッパリです。

それでは(^_-)

銀座 花山うどん

今日は「私が正しい」です。
20170623-OYT8I50011-L
一世を風靡した豊田議員のようなタイプは、学校の成績が優秀ということが、常に評価されてきたと思われます。
「人がいい」とか「思いやりがある」ということは、二の次になってしまったのでしょう。
数学や英語ができれば褒められるけれど、人格的に優れているかどうかは、どうでもいいことになっているのかもしれません。
極端に共感性が低い傾向も見受けられます。きつい言い方をすれば相手がひどく傷つくとか、自分が言われたらイヤな気持ちになる、自分が不快と思うことを他人にはしないといった当たり前のことが理解できていないようです。
というのも、たとえ他人への共感性が乏しくても、成績が優秀だから褒められ、官僚となって評価され、国会議員に選ばれるという勝者の道を常に歩んできたのです。
だから、自分が間違っているなんて、露ほども思わないのでしょう。
「私は間違っていない」「いつも私は許される」。こういう思い違いをし、我が物顔で振る舞う人は豊田議員に限りません。会社の同僚や大学のサークルなどにも、こうした「やっかいな人」はいるでしょう。
他人の忠告やアドバイスに耳を貸さないため、会社でも腫れ物に触るように扱われてしまいがちです。
そのため、次第に自分が間違っていることにさえ気づかなくなり、むしろ、「やっぱり私は正しい」と、思い込みを強くするケースもあります。
こういったタイプの人には、「周囲の人の反応をよく見なさい」とアドバイスを繰り返す必要があります。
周囲がうんざりし、あきらめてしまうと、態度を改める機会を失ってしまいます。
もちろん、本人は自分とは立場の違う人がいることを理解しなければいけないし、注意されたら謙虚に受け止めなければなりません。
さもなければ、今回のように、とんでもない不祥事が明るみに出て、はじめて問題の大きさに気づく羽目になります。
世の中には、自分の思い通りにならないこともあるでしょう。
だからといって、感情的になってしまったら、これまでの生活や社会的立場を脅かす恐れもあります。
怒りをコントロールすることは、人生のリスクマネジメントの一つなのです。
「豊田真由子議員が抑えられなかった怒りの元凶は?」 安藤俊介著より転載

この手の輩(やから)はどこにも生息しています。
高学歴の割にはなぜか仕事ができない、成果の出せない人の中に「私が正しい」人は多く存在します。
肥大化した自意識は被害者意識として現れる事が多いのです。
成果を出せない原因、目的を達成できない原因を他人に押しつけ、自分で責任を持とうともせず「私が頑張っているのにうまくいかない理由」をあれこれ並びたてる人は実在します。
このようなふるまいを受動性攻撃といいます。
受け身の皮をかぶって人を攻撃し、組織に生じるはずの価値を損ねている人は、自分は大きな組織の非力の駒にすぎないと見せかけることで、実際には自分の行動の責任は取ろうとしません。
このような自意識を守ろうとした人には高い見返り(penalty)を払わせましょう。
自分に主導権があると思いたいから、あえて深堀はしないで、表層的な事でお茶を濁している人にもの申したい、そういう時にこそ自らが乗り出して解決を目指すべきなのです。
仮に満足な結果を得られないとしても、少なくとも次に何を判断するかの情報は得られます。

フィリピンのタクシー運転手の月給は?1
他罰・他責的ふるばかりしていますと、タクシー運転手で申せば無乗車運転となり、多大な時間を浪費しているわりには実車(成果)がないということになるのです。
組織は成果があって成り立つのです。
先ほどのタクシー会社の例で申せば、走行距離ばかり長くて、実車距離が少ない人は絶対に評価はしません。

Don’t find fault, find a remedy; anybody can complain.
あら探しをするより改善策を見つけよ。不平不満など誰でも言える。
Henry Ford(ヘンリー・フォード) 


方言彼女・・・



今日は花の銀座に出没です。
IMG_2299
この橋を渡って左折しますと

IMG_2300

IMG_2301
このような街並みを見る事ができます。
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は創業明治27年「花山うどん」銀座店さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-14-13
電話:03-6264-7336
定休日: 無休

IMG_2316
お店の外観です。

IMG_2309
店内の雰囲気です。

IMG_2310

IMG_2315
お店の紹介です

IMG_2304
メニューです。

今日のオーダー「鬼釜」@980円です。
今日のオーダー「鬼釜」は、うどん天下一決定戦で3年連続日本一に輝いた名物うどんです。
これは鼎の軽重を問うしかないねとお訪(とな)いを入れました。
私の今までの経験では「名物に旨い物なし」という事になっているのですが、この桎梏、呪縛から解き放されるのでしょうか・・・

IMG_2306

IMG_2307
まずはこれまた名物の漬物です。
牛蒡と野沢菜です。
牛蒡の漬物・・・
美味しすぎます。
何だろうこの食感、味わい、これこそ日本一です。

IMG_2311
待つこと8分で「鬼釜」ではなく「狸」の到着です(笑)
見た目、どこから見ても狸であります。

IMG_2313
それでは実食です。
まずは鬼ひも川(幅広麺)から頂きました。
分厚くてコシのある麺は食感も良く且つ香りが高いです。
よく冷水にさらしてあるので清涼感も高いです。
美味しいです。
付け合せの肉ですが北関東の出自らしく甘辛く煮つけてありまさに私のスイートスポットに当たりました。
存在感ある脂身はこの甘辛味に毅然と戦いながらも充分な相乗効果を表しています。
これまた美味しいです。

接客も良く夏の陽ざしが燦燦と降り注ぐ店内は清潔感溢れて避暑地の気分です。
ご機嫌で且つ大満足なランチでした。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

銀座 一木 リターンズ

今日は「逆プロポーズ」です。
xe594f58567605d6d63e7fa35731
女性から男性に対して行う、逆プロポーズですが、近年少しずつ増加の傾向にあるようです。
それを報じたメディアによりますと、それは、男女平等という価値観が浸透してきたこと、そして草食男子のように恋愛や結婚に対して消極的な男性が増えたことが背景にあると申しておりました。
個人的には、若年層の低収入が背景にあり、その為に結婚後は共働きに移行するのですが、それに対する保育所の不足が輪をかけて悪循環=逆プロポーズになっているのではないでしょうか。
要は、夫婦生活が維持できないので若い男性は結婚に踏みきれないのです。
さら〜に、人手不足でほぼ完全雇用の状態とされる日本経済ですが企業が一斉に人工知能(AI)導入などの省力化投資に動き始めたことで次第に余剰人員が膨らみ、2020年代には完全失業率が再び上昇に転じるとの観測も出ています。そういう意味では、今の若い人には、毎日を、そして人生を捧げる仕事に対して新たな意識と危機感を持って臨んで欲しいと強く思うところであります。
いずれにしましても女性受難であります。
会社の若い女性との飲み会があり、雑談の中でまさにこの話がでましたので、ご高説を拝聴していました。
大きな流れとしましては、逆プロポーズはないみたですが、彼女たちの言葉でいう「追い込み」はあるようです。
と言いますと責めるような言い方で「私と結婚する気あるの?ないの?」とか、それにプレッシャーをさらに上乗せした「私の両親がまだ挨拶こないのかって言っている」とか「結婚する気がないなら別れるから!」とかのような丁半博打のようなリスクのある「追い込み」ではないそうです。
もし男性がこのような「追い込み」が今でも現存していると信じているのなら、それはTVドラマが創った虚構の世界の擦り込みです、と一刀両断に切り捨てていました。
彼女たちがいう「追い込み」とは、時限爆弾みたいに炸裂する期日が織り込まれたものです。
一般的によく使われているのは「誕生日爆弾」のようです。
彼から誕生日祝いのプレゼントをもらう際に、来年は同じ名前でもらいたいな、とか言ってリトマス試験紙の反応を見るかのように相手の反応を見ているようです。
そうはいいながら、これはあまり効果がないみたいです。
彼女たちの最終兵器は「転勤爆弾」です。
彼が転勤する時、相手の単身赴任という不便に乗じて「追い込み」をかければ、ほぼほぼ成功するみたいですし、それでもプロポーズしてくれないのであれば、別れるきっかけにもなるので一石二鳥みたいです。
しか〜し、この時限爆弾は、時限ではなく、これだけを待ち続けているとマルコウ(高齢)になるリスクもあるので必ずしも鐵板ではないようです。
事程左様に女性が結婚に至るのは大変なようです。
しか〜し、男性にはプロポーズしたいというプライドもあることも覚えておいてください、とは喉まで出かかっていたのですが言うわけがありません、ハイ。


明治の人が予想した100年後の世界をまとめてみた。



IMG_2284

IMG_2285

IMG_2286

IMG_2287
暑いです。
バテそうな気がしましたので、このお店にきました。
今日のお店はグルマン定食屋「一木」さんです。

住所: 東京都中央区銀座8-7 銀座ナイン2号館 B1F
電話:03-3573-7676
定休日: 日曜日・祝日

IMG_2290
お店の外観です。

IMG_2294
店内の雰囲気です。

IMG_2291
メニューです。

IMG_2292
きょうのオーダーはランチ特別割引「海鮮丼」@1,000円です。

IMG_2293
まずは「海鮮丼」ができるまでの間、セルフサービスのおばんざいを取ってきます。
きょうのおばんざいは、麻婆豆腐、苦瓜の漬物、梅干し×2個です。
いずれも個性的な味わいでシャキッとしました。

IMG_2295

IMG_2297
待つこと5分で「海鮮丼」の到着です。
見た目、具材がこんもり丼です。
それでは実食です。
エビ美味し、トロ美味し、イクラ美味しです。
なかなかですね。
しか〜し、酢飯の酢がきき過ぎていてご飯がくどいです。
食べ始めて半分くらいで味わいが急変しました。
何事かと思って見ましたら、ネギトロの下に温泉玉子が仕込まれていて、それを箸で突き破ったみたいです。
うん、このジャンクな味わいは高評価です。

IMG_2298
別腹でカレールーをいただきました。
ここのカレーはかなりhot(辛い)ですが美味しいです。
これだけ元気のもとを食べれば熱天からくるスタミナ不足なんて雲散霧消になるのは間違いありません。

それでは(^_-)

銀座 佐藤養助 リターンズ

今日は「カープ女子」です。
20120705012242f53
子供の頃、父親が産経新聞というマイナーな新聞を取っていたせいか、販促品が多く供されていました。
その中で、たまにもらうのが東京スタジアム(旧:東京オリオンズ→現:千葉ロッテマリーンズ)の野球観戦券です。
実は、私の父親は野球をあまり好きではないと思っていたのですが、これが私の思いに反してオリオンズ戦には私を連れて行くのでした。
と申しても通算5回くらいなのですが・・・
当時の東京スタジアムはコンクリートのベンチシートなのです。
従いまして、座布団を持っていきませんと、お尻が冷えて冷えてたまらないのですが、ケチな父はそのような上等のモノを持っていくわけはありません。
冷たく凍えたコンクリートベンチを尻体温で温めて野球観戦をしていました。
しか〜し、知っている選手がいない野球観戦ほどつまらないものありません。

20170212055339916
当時の東京スタジアムのファウルエリアは球場敷地が狭隘なためやや狭く、内野フェンスも低かった為、要は選手がすぐ傍に見える事ができたのです。
人気チームでもないオリオンズ戦は観客も少なく、本当に観戦している人数が数えられ程でした。
中には寒さをしのぐ為に、石油缶の空き缶にどこからか持ってきた木の切れっぱなしを焚き木として入れて暖をとっていたツワモノもいました。
しか〜し、それを咎める球場管理者もおりませんでした。
ましてこの球場は、山谷地域に隣接する南千住にあったものですから、観客の質も悪くて、観戦中はヤジの応酬で聞くに堪えられないものがありました。
稀に酔った観客同士がガチな殴り合いをしていまいした。
また先ほどの説明にもあった通り、選手との距離が近いものですから、絶対に言ってほしくない醜聞的なヤジにはマジギレして、馬鹿野郎、ここに降りてきて勝負しろ、と激高する選手もいたのですが、上等だよ!テメエなんか、球場でしか生きられない野球カタワじゃねえか。
文句があるなら没収試合覚悟でここまで登ってこい、と返され真っ赤な顔して地球を蹴っ飛ばしていました。
実は、父親はこのヤジ合戦を聞くのが好きだったのです。
小心なものですから、最初はおとなしくこのやり取りを面白おかしく聞いているのですが、暖を取るために呑んでいたお酒が体に回る頃には、誰かのヤジにかぶせてヤジっていました。
子供としては、恥ずかしくもあったのですが、野球とはこのようなものだと思っておりました、ハイ。

d_09151949
それから幾星霜、今、野球応援と申せば「カープ女子」が話題を集めています。
「カープ女子」とは、カープの連覇を強力に後押しをし、恋ちがうか鯉のためならお金も時間も惜しまないcheering groupなのです。「カープ女子」は華やかな見た目とは裏腹で、野球への取り組み方で選手を判断する硬派のグループなのです。
そのかけるお金は観戦一試合11,413円で、二番目にお金を使うソフトバンクファンの8,813円の1.3倍です。
その応援にかけるお金は他球団より頭一つ抜きんでいます。
年間100万以上野球観戦にかけている熱心なファンも珍しくないそうです。
この「カープ女子」効果は球場の雰囲気も変えています。
カープの投手が四球を与えそうになりますと励ましの拍手が起きます。
失策にもドンマイの声が出ます。
きついヤジを飛ばすオジサンがいるとみんなで睨みます。
従来のステレオタイプのヤクザチックなオジサンファンとカープ女子との選手の鍛え方は違いますが、うまくなって欲しい、強くなって欲しいという思いは一緒の様です。
これでは広島カープが強くなるのは当たり前ですね。
ちなみに私は、野球はバッティングセンターで白球をかっ飛ばしに行く以外は興味はありません、ハイ。


自転車ドリフト。



今日はザギンに奥様と出没です。
お店に行くまで少し銀ブラしましたのでご紹介します。

#歩行者天国終了後の銀座七丁目
IMG_2109
危ないですね・・・

#歌舞伎役者が信心する神社
IMG_2113

IMG_2111

IMG_2112

IMG_2110
豊岩稲荷神社が建てられた年月は未だ不明ですが、16世紀に活躍した武将、明智光秀(あけちみつひで)の家臣が、主家の再建を願ってこの地で神様を祀ったことが始まりと言われています。もとは一般的な神社の形態をもっていたものの、相次ぐビル建設の影響で、現在のような姿に変貌したのだそうです。
1800年代後半に活躍した歌舞伎役者・市村羽左衛門(いちかわうえもん)も生前、この神社を度々訪れて興行の無事を祈願したことで脚光を浴び、現在も多くの歌舞伎役者や芸能関係者が頻繁に足を運んでいるそうですよ。

#わだ家
IMG_2116

IMG_2115

wadaya2

無題
和田アキ子さんのご主人が経営をしている豚しゃぶしゃぶと創作和菜が楽しめるお店です。
銀座にありながら良心的な値付けのお店です。
今度お邪魔しようかなと思っています。

IMG_2114
今日のお店は再訪店です。
今日のお店は稲庭うどんの絶巓「銀座 佐藤養助 」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-4-17 出井本館1F
電話:03-6215-6211
定休日:無休

IMG_2117
お店の外観です。

IMG_2129
店内の雰囲気です。

IMG_2120

IMG_2119
メニューです。

本日の料理
二人でシェアした「カマンベールチーズ天麩羅」@800円
私のオーダー「二味せいろ」@1,300円
奥様のオーダー「山かけうどん」@1,400円
です。

IMG_2121
待つこと5分でアミューズでしょうか・・・
ディナータイムなのでしかたありませんが、これで@350円です。
うどんの素揚げですか。
二人でお茶を飲みながらしみじみと食べていました。
意外に美味しいのです。

IMG_2123
待つこと13分で「カマンベールチーズ天麩羅」の到着です。
外剛内柔で且つチーズがとろけて絶妙なお味です。
美味しいです。

待つこと19分で「二味せいろ」と「山かけうどん」の到着です。
IMG_2124
まずは私の「二味せいろ」です。
滝の沢のきらめきのように輝く光沢に日本の匠の技をみました。
このお店は、秋田の万延元年創業の老舗稲庭うどんの直営店です
佐藤養助といえば七代目の代で一子相伝だった「稲庭うどん」の技術の門戸を開き、広く大衆にひろめたそうです。「稲庭うどん」が人口に膾炙するようになった最大の功労者なのです。

IMG_2125
それでは実食です。
独特芳醇な香りが、うどんをすすると同時にふわぁっと清流のようなひんやりとした香りに包まれました。
付け汁は醤油、胡麻味噌どちらもいいですね。
当り前ですが、付け汁は醤油からいただいた方が宜しいでしょう。
美味しいです。

IMG_2126
続いて奥様の「山かけうどん」です。
IMG_2127
これは出汁の妙です。
鰹節を主とした外連味のない味わいが心を鷲掴みにします。
透明感ある出汁の秀逸さは、この画像だけでも読み取れると思います。
とても美味しいです。
両方ともとても美味しゅうございました。

それでは(^_-)

銀座 東方一角

今日は「熱海五郎一座」です。
IMG_1447

IMG_1450

IMG_1454

IMG_1451
新橋演舞場で公演中の熱海五郎一座の「消えた目撃者と悩ましい遺産」を奥様と見てまいりました。

IMG_1456

news_header_atamigorou_4_visual
熱海五郎一座の観劇は「ヒミツの仲居と曲者たち」に続いて二回目であります。
今回は片岡愛之助の妻でそのために梨園の妻も演じている藤原紀香さんがゲスト出演されています。
紀香さんの梨園での評判は悪いですよね。
紀香さんは、着物姿の時は、胸を強調しすぎてして不評をかうし、私服の時は、土足厳禁の楽屋前の廊下をブーツでズカズカ歩くし、且つ愛之助の弟子を呼びつけ注意をするし、舞台の間はスマホをいじるし、といった傍若無人なふるまいで梨園関係者はあきれ果てられている逸人でもあります。

まずは「消えた目撃者と悩ましい遺産」のあらすじの紹介です。
夫婦デュオのボーカルとして活動していた安藤京香(藤原紀香)は類まれなる美貌の持ち主で、相方・原中イクラ(小倉久寛)の痴漢の容疑という不祥事で芸能界を引退し、今は銀座の高級クラブで働く身である。
原中の裁判は絶対的に不利な状況であるものの、弁護士・橋上通(三宅裕司)は無罪を勝ち取ろうと躍起になる。
だが、彼らの前には腕利きの検察官・木曽賢治(東貴博&深沢邦之)が立ちはだかり、裁判の行方は混迷を極める。 一方で、京香の元夫で医者の藪診誤(渡辺正行)は京香を諦めきれず、京香と交際中の資産家の弁護士事務所代表、黒伊賀護(ラサール石井)との間を引き裂くため、黒伊賀の担当医という立場を利用し何とか二人を別れさせようとする。
さらに、藪は黒伊賀の全ての遺産を京香に残させようと画策する。
だが、絶縁された黒伊賀の息子・六法禅宗(春風亭昇太)が突如現れ、遺産の相続人として名乗りをあげたことから、激しい遺産相続争いの火蓋が切られることになる。
欲にまみれたアホな男たちの狭間で、京香の心は揺れ動く・・・
絡み合うそれぞれの思惑…そして、全員を巻き込んでいよいよ法廷闘争に❓❢
冤罪は晴らされるのか❣❓
遺産の行方はいかに❣❓
芸能界、仏教界、法曹界、サービス業界を舞台に
歌あり、ダンスあり、ミステリーありの大爆笑エンターテインメント作品❣
ラストまで目が離せないミステリアス大爆笑東京喜劇❣
というものです。

今回の劇は落語家関係者が多いですね。
まず、藤原紀香さんは、高校で落研にいましたし、三宅さん、リーダー(渡辺正行)は明治大学の落研ですし、ラサール石井さんや小倉さんもいろんな落語会をやっています。
加えて昇太さんは新作を得意とする落語家というか笑点の迷司会者であります。
落語の笑いというのは、いろんなものがそぎ落とされていいものだけを残した無理のない笑いですから、そういう笑いとこの一座の笑いが共通しているのかもしれません。
感想ですか、面白かったですよ。
上映時間の2時間40分はあっという間に過ぎ去りました。
しか〜し、脚本家の吉高寿男さんですが、芸能界、仏教界、法曹界、サービス業界という多方面を描いたものですから、広範囲すぎて消化不足ですね。
結果、ドリルダウンに深浅がありすぎて、雑駁な感じになってしまいました。
ストーリーテーラーとしては今ひとつでしょうか。
さら〜に、演出の三宅裕司さんは、楽屋落ちを多発しすぎです。
具体的には、小倉久寛さんの低身長、春風亭昇太の滑舌の悪さ、SETメンバーの若ハゲ、藤原紀香さんのスケバン等あまりにもいじりすぎです。
特に、低身長とか若ハゲとかで、笑いをとるのは、落語でいうバレネタ(下ネタ)と同じで、やはり工夫がないというか、安直すぎますよね。
もう少し、何気ない日常会話で笑いを取ってもらいたいものでした。
全体を通してはかなり面白かったので、あえて画竜点睛を欠くという意味で辛口で述べさせてもらいました。

o0480085413956227730

藤原紀香

SET
最後に、ナマ藤原紀香さんは綺麗でしたよ・・・


こりゃ強いわ!



20時半に公演がはねたのですが、この時間でしかも演舞場からの近隣では多分このお店しかないでしょう。
私は普段使いのお店として来ています。
今日のお店は「東方一角」銀座さんです。

住所: 東京都中央区銀座5-15-18 銀座東新ビル1F
電話:050-5589-5036
定休日:年中無休

IMG_1459
お店の外観です。

IMG_1460
店内の雰囲気です

IMG_1461
メニューです。

今日のオーダー
私は「茄子と豚肉細切辛み炒めかけご飯」@800円。
奥様は「海鮮中華丼」@800円。
二人でシェアした「焼き餃子」@449円。
です。
このお店は中国人が経営しています。
個人的には、中国人は電気代に細かいと思います。
多分、お国柄でしょう。
入店していた頃には、それなりの人がいたので店内の明かりは煌煌と輝いていました。
それが櫛の歯が欠けるように、二人抜け、四人抜けと客が退店しますと、客のいないところの明かりを消していきます。那辺は日本人には理解しがたいところであります。

IMG_1462
待つこと8分で奥様の「海鮮中華丼」の到着です。
餡がどんよりとか輝いています。
味ですか、具、トロミともどもそこそこの味ですが、すこし塩味がたりないですね。
でもそれなりにご機嫌ですよ。

IMG_1463
待つこと11分で「茄子と豚肉細切辛み炒めかけご飯」の到着です。
見た目、メニューと盛り付けが違うぞ!であります。
これは、うまく纏めたなという一品です。
美味からず不味からずです。
無難な味です。

IMG_1464
待つこと13分で「焼き餃子」の到着です。
焼き加減はまずまずです。
餡がインパクトないすが美味しく食べられます。
どうでしょう、銀座においては「コスパ良し」といえると思います。
やはり特別な日ではなく普段使いでのご利用をお勧めします。

それでは(^_-)

銀座 カフェ絵李花

今日は「狂人が祭りを創る」です。
私たちは神に対して何をするのかというと「祈り」ということをします。
この祈りというのが、また遊びの基本になっております。
たとえば、私たちは跳び上がります、跳ね上がります。
どうしてこういうことをするのかというと、人間が跳ね上がった高さまで穀物が実る、それを祈っての行為が跳躍の始まりです。従いまして、高く飛び上がれるほど尊敬されて仲間の代表になります。
これが発展した究極のかたちがオリンピックの跳躍競技です。
なぜ高く跳べた人が金メダルなどで祝福、尊敬されるのか。
これはその集落、部族あるいは人類の繁栄を担う能力をもった人間だからです。
オリンピック競技は祈りに基づいているのです。
それから「走る」という事について。
早く走るということは一つの能力です。
しかし、日本の文献にもあることですが、昔は、走る人間というのは「狂人」と認定されていました。
くるくる回る運動、素早く走る動きとは正常な状態からどんどん逸脱していくことで、このような状態が「くるう」で、その異常な人間は狂人ですが、このような人間に神のお告げが伝えられる、あるいは神がそのものに近づくことができる。ですから今でも神前に舞踏が捧げられます。
「遊び少々」中西進著より転載

夏祭りが全盛です。
IMG_1114

IMG_1116

IMG_1118

IMG_1120

IMG_1122
今日は鳥越神社の本祭です。
亡き母は赤ん坊だった頃の私がぐずって泣き止まないと近隣であった鳥越神社におぶって連れてきて、池の亀を見せに来ていたそうです。
当時の私は、この池の亀を見ますと、必ず泣き止んだそうです。
長じた私は、それほど亀は好きではありませんので、この母の対処法には?マークが付くのですが、今このように思い返しますと母の労苦には感謝ではあります。
私たち親子はくだんの通り三味線堀の西寄りの佐竹町に住んでいました。
当時の父は、鳥越は職人の街で嫌っていました。
特に錺(かざり)職人の町である三筋町は猫跨ぎ(鼻も引掛けない)でありました。
理由は簡単です、当時の父は、銅真鍮の問屋に勤めていて、台東区東部を担当していて、その取扱商品の特性から、銅真鍮で飾り物を作る職人さん達が顧客でした。
その為に、よく職人独特のいわれなきクレームに閉口していたようです。
それだけなら我慢もしたのでしょうが、職人さんは短気でして、勝手に独り炎上をするのです。
そしてその帰結は、鑿(ノミ)とか鋸(ノコギリ)を手に持ち、テメエなんかぶっ殺してやるから表に出ろ、ですからほとほと嫌気がさしていたようです。

IMG_1134

IMG_1162

IMG_1164

IMG_1142

IMG_1155

IMG_1159

IMG_1170

IMG_1174

IMG_1187

IMG_1191

IMG_1194

IMG_1202
そんな負の歴史を持つ父ですから、私が長じて神輿担ぎに傾注した20歳前の頃、下町生まれなので神輿担ぎは由としていたのですが、鳥越神社の祭礼の参加は認めませんでした。
当時の父の口癖は、行けば手足を取られる、でした。
実際、弟が仲間と鳥越神社の本社神輿を担ぎにいったのですが、帰ってきた弟曰く、兄貴、鳥越は乱暴すぎるわ。花棒取っただけでボコボコニ殴られて、即に引きずりだされるので着ている法被の片袖が取れちゃったよ、とその片袖がない法被を見せながらこぼしていました。
さら〜に、狭い下町の町内を渡御するので、大きな胴体に比べ太く短い担ぎ棒のために担ぎ手一人の負担も大きく、より重く感じると聞いていたのだけど、掛け値なしにマジに重かったわ、と笑っていました。
フリネタの通り、祭礼には狂人が必要なのはわかりましたが、今でも鳥越神社の祭礼には依然として往時とは趣を変えた狂人が神輿渡行を連綿と続けておりうれしい限りであります。


Trevor Booker Sinks the Craziest Circus Shot of the Year!



IMG_1066
今日は、銀座は新橋演舞場に出没です。
今日のお昼はこの方のお父様が経営している喫茶店です。
今日のお店の名前は「カフェ江李花」さんです。

住所: 東京都中央区銀座7-17-4 日産不動産ビル 1F
電話:03-3543-2006
定休日:無休(年末休業)土日祝で、なおかつ新橋演舞場休演の場合は当店もお休み

IMG_1053

IMG_1068
お店の外観です。

IMG_1058
店内の雰囲気です。

IMG_1054
メニューです。

今日のオーダー「和風ハンバーグ」@1,020円です。
店内は超満員です。
人気店のようです。
IMG_1055
待つこと3分で「和風ハンバーグ」の到着です。
見た目、美味しそうです。

IMG_1057
それでは実食です。
あれっ、これは見た目より数段美味しいです。
デミグラスソースがホンマモンですね。
肉は特筆するものではありませんがソースはコクと香りの点でかなりのレベルです。
芸能人の父親のお店ということで軽くみていたのですが大違いです。
先にお店ありきでした。
宮本亜門さんは、ここで育って、新橋演舞場は遊び場だったようです。
渥美清さんは、藤山寛美が公演している期間は、何度も観劇をし、幕間のときに来店していたというそうです。
当時学生だった亜門さんは、将来、演劇の世界に進みたくて、渥美さんに進路の相談をしていたこともあるそうだですよ。

IMG_1052

IMG_1061

IMG_1069
食事後、新橋演舞場の看板を見ていましたら、大好きな「熱海五郎一座」が公演していました。
実は買い忘れていて、切符売り場で空いている席を確認しましたら、場所はよくないのですがかぶりつきの席がありましたので、たまらず買ってしまいました。

それでは(^_-)

続 交通会館 西田

今日は「負け惜しみ」です。
高校の友人がレンタルスタジオをオープンしました。
とてもおめでたい事なのですが実は私は大心配していたのでした。
と申しますのは、彼は正業に就いていないのです。
要はお金を持ってない人なのです。
さら〜に、正しく申しますと、友人は大学を卒業して以来、きちんと働いたことはありません。
このように書きますと自堕落、ふしだらの人間に思われるでしょうが、さにあらずで、真面目で高校時代の学業は優秀でした。その証左に現役で早稲田大学工学部に入った程の学力の持ち主です。
しか〜し、その後がいけません。
大学入学後、ジャズにはまり、大学ではバンド活動にいそしみ、卒業後は就職もせず、プロになる為に塗炭の苦しみの中でライブ活動を続けていました。
しか〜し、ウレませんでした。
個人的には、演奏技術は秀でたものはあったのですが、イカンセン華がありませんでした。
結果、母親が見かねて、父親の会社の外注業者にしました。
本当は正社員にしたかったのですが、すでに後を継いでいる長兄が、30歳までブラブラしていた友人を認めていなく、友人もまたそんな兄を煙たく思っていて、ここではお互いの思いが合致して正社員にはならなかったのです。
家は母親の実家にある自由が丘の家に住んでいたのですが、それもいつの間にか生前贈与で彼のものになり、さら〜に、不憫に思ったのか45歳の時にこれまた生前贈与で40百万円ほどを小遣いとして彼に渡し、それを元手に喫茶店を開業しました。
その後、同年代の女性と結婚して、当然のことながらマルコウをとっくに過ぎていたので子供はできず、二人で細々と暮らしていました。
仄聞するに自由が丘で開業したので、内装はコジャレタものにした事から、お小遣いの40百万円の半分の20百万円は内装に投資したようです。
その後、自由が丘という土地柄お店の家賃が高いため、そこそこ客が入っていたのですが、赤字黒字を繰り返して青息吐息の経営だったようです。
それに追い打ちをかけるように奥様が精神の病を患い、入退院を繰り返しいたので、お店も不定期な営業になり、経営的にはレッドラインに入っていたようです。
かかる中、だらだらと説明した通り、ジリ貧の彼が乾坤一擲でレンタルスタジオを新築しオープンさせたのです。
私は、そんな投資をするより、今からでも安定した所得が得られるような仕事に就くべきだと思っていましたが、そこまで言うのは内政干渉ですので、敢えて控えました。

stand01
高校の友人達もオープニングセレモニーに呼ばれたので、皆で何かお祝いに贈ろうという事になり、私は真っ先に「商品券」と言いましたら、皆から空気読めと笑われました。
結果、見栄えよい生花になったのです。

P027233446_480
当日のセレモニー会場には、昔のバンド仲間が多数訪れ、加えてプロのミュージシャンも呼んでいたので、式典のほとんどがバンド演奏の中で行われていたので、とても華やかなものになっていました。
食事は近隣の有名なフレンチレストランのケータリングでしたし、お酒はどこから見ても高級なワイン、シャンパンであふれかえっておりましたし、来場者の服装も時代の先端のファッションの方が多く、どこから見てもセレブリティのパーティでした。
健康を回復した奥様も会場に来て接客をしていたので、久闊を叙して話をしていましたら、どうやらこのレンタルスタジオは、自分がギターの練習をしたいから作ったとか、その為に音響に多額のお金をつぎ込んだみたいで、今回のレンタルスタジオの建設資金は約40百万円との事でした。
私はお酒も飲んでないのに何か悪い白昼夢を見ているようでした。
ほとんど収入のない彼があらたに40百万円ちかい金をつぎ込んで、恐ろしい事に自由が丘の活性化というご題目で始めたみたいで、投資金額の早期回収という事は考えていないようなのです。
要は彼のコンセプトは自由が丘発信のあらたな町おこしみたいなのです。
少し説明が正しくなかったのですが、正確には自由が丘から少し奥まった深沢に彼は住んでおり、そこで彼は自宅の一階を改装してレンタルスタジオにしたのです。正しくは、深沢発信のあらたな町おこしでその新たな文化のインキュベーター(孵卵器)としてこのスタジオを創ったのです。
私の大きなクエスチョンマークに気がついた友人がいて、シャンパングラスをマイク変わりにして私に説明してくれました。
その説明によりますと、彼の母親は数年前に亡くなったのですが、その際に遺言で彼に1億円以上をあげたみたいです。それにより現在の彼の懐は温かいのでした。
ナンだ、心配した私が馬鹿でした。
私よりお金持ちの友人の懐を気にしていた私は一体全体何だったのでしょう・・・
しか〜し、私はそんな不労所得で潤った生活より、毎日一生懸命働いて築った今の生活の方が良いと思っています。やはり人生山谷があり、それを乗り越えたからこそ家族の絆が生まれるわけで、苦労をしないとやはりその絆のバインドは緩くなるものだと思っています。このような事を下町言葉で「負け惜しみ」と申します。



鉛筆画 桐谷美玲 完成までの一部始終



IMG_0945
今日は、有楽町は交通会館に出没です。
今日は美味しい唐揚げです。
今日のお店は「西田」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
電話:03-3216-5429
定休日:日曜・祝日

IMG_0947
お店の外観です。

IMG_0955
メニューです。

今日のオーダー「若鶏一口カツ定食」@600円です。
このお店は多分兄弟と思われる老齢な二人が切り回しています。
このお店は厨房から店外が見えるらしく
「さあどうぞ!入ってください!」
「おひとりさま!すぐ入れますから!どうぞ!どうぞ!」と厨房の大将が発声しますと、まったく店外がみえないはずのホールの大将が唱和します。
結構大音量の発声ですから迫力があり、ブラックホールのように客を引き込みます。

IMG_0949
待つこと瞬殺で「タクアンと昆布の佃煮」の到着です。
私はここの昆布の佃煮が大好きです。
所謂「ご飯のお友」略すと「ハントモ」ですが、これは友達ではありません。
親友であります。

IMG_0954

IMG_0951
待つこと3分で「若鶏一口カツ定食」の到着です。
見た目、茫洋としています。
しか〜し、一たび口に入りますと美味しいのです。
まず衣美味し。
美味しい油を程よく吸っていて香ばしいのです。
これは塩でたべませんと衣の美味しさが引き立ちません。
ソース好きでもまずは最初の唐揚げは塩で食べてください。
加えて鶏肉が柔らかいのです。
これ程柔らかい唐揚げは見たことがありません。
美味しすぎます。
このパフォーマンスで600円しかも消費税込みですよ。
老齢のお二人ですが長々とやっていて欲しいものです、ハイ。

それでは(^_-)

銀座 タマリンド

今日は「ユーモア」です。
funny_advertisments01
ユーモアは、ラテン語で液体を表すフモールが語源です。
人体の中の液体、体液の意味です。
本来は医学的な概念です。
中世の医学者たちは、人体に含まれる体液を一括してフモーレス(フモールの複数形)と称し、これこそが人間を生かしているのだと考えました。
フモーレスは生命の源泉の本質であり、その流れが人体に活力を与え、創造的な力となって命を満たし、補っているのだと判断したのです。
ユーモアは、心と心のふれあいから生まれます。
相手に対する愛とか思いやりが、ユーモアの原点です。
私たちが、相手に対して思いやりや愛を示したいなら、出発点は相手が何を期待するか、何を希望するか考えることです。私たちは思いやりに満ちたユーモアによって、和やかな雰囲気を作ることができるのです。
「ユーモアについて」アルフォンス・デーケン著より転載

我が家は父がアルコール依存症で社会人になるまではかなりつらい日々でした。
その影響で、私はACになってしまいました。
しか〜し、家の中はそれほど暗くはありませんでした。
その理由は、母が明るかったのでした。
スインクポジティブというよりもネアカといった方が正しいのでしょう。
よく冗談をいっては、家の雰囲気を明るくしていました。
これでだいぶ救われた気がします。

9X8A7805c
仕事では部下には厳しく接していました。
4〜5年前、ある役員の叱責を受けてから、厳しく指導するのが嫌になったのです。
叱責の主因は、確かに役員が申すように、私の脇の甘さが問題を複雑にしたのですが、私が嫌になった理由はそこではなく、分らないだろうけど、俺ならこのようにしていたな、とか、三国間取引で国際的な大問題になる処を、俺の機転で事なきものにしたんだ、みたいな本件の解決とは別な次元の話にすり替える事だったのです。
分かりやすく申せば「レガシー(過去の自慢)」だったのでした。
私は、怒声のシャワーを浴びながら、なんだ!猿のマウンティング(順位確認の行為)ではないか、と思ったのです。要は位の高い者には唯唯諾諾と従えと申していたのです。
以来、この役員と話すときは斜に構えて、半分喧嘩腰です。
これではいい仕事はできません。
で〜も、私はこの役員のミラーリングだと思ったのでした。
私が部下を叱責している姿はまさにこの役員と同じだったのです。
以来、部下との接し方を変えました。
まず、なんでこんな問題になる前に報告しなかったんだ、と怒鳴るのは止めて、穏やかに時折ジョークを交えて、問題がおきる原因・背景を突き止める事にしたのです。
これは奏功しました。
彼らからのインタビューの結果、これらの問題のすべてがPDCAにおける「Doをしない」若しくは「Checkをしない」だったのです。
これでは問題が起きるのは当たり前です。
上位者としては部下にまかせっきりで「マネージしていなかった」という反省もでてきました。
たまには報告もせずにミスした場合は叱責するのですが、これも部下が言いにくい環境を自らが醸し出したのが遠因だと、反省するようになりました。
要はマネージメントに肝要なのは「北風と太陽」における太陽となり部下を暖かく包みこむ事です。
そうすれば問題も発芽する前に摘み取れるのです。
人間は笑う事ができる唯一の動物らしいです。
笑いの効用を改めて認識する今日この頃です。
人間は、顔の表情だけでも、アイラブユーを伝えることができる動物なのです。
笑う門には福来る、ですぞ。


クリスマス、戦地からお兄ちゃんが帰ってきた ・・・



IMG_0836
今日は銀座に出没です。

ギンザシックスに参りました。
IMG_0834
まずは正面の洋風暖簾です。
誰もこれが暖簾だとは思わないでしょうね。

IMG_0772
店内の吹き抜けです。

IMG_0774

IMG_0773
6階のレストラン街です。
まずは@9,800の値付けのビズトロオザミさんです。
この値段なのに満席です。
金満国日本であります。

IMG_0775

IMG_0782

IMG_0777

IMG_0801
銀座大食堂です。
長蛇の列です。
昔のデパートの大食堂とは趣を異にしています。

IMG_0826

IMG_0828
13階の高級レストラン街です。
ここは会社の財布でないと厳しいですね。

IMG_0806

IMG_0808

IMG_0802

IMG_0812
IMG_0815

IMG_0817
屋上庭園です。

という事で今日のお店は「タマリンド」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-10-1 Ginza Six 6階
電話:03-6264-6541
定休日:Ginza Sixに準ずる

IMG_0779
お店の外観です。

IMG_0796
店内の雰囲気です。

IMG_0781

IMG_0786
メニューです。

今日のオーダー「Bランチ」@1,296円です。
実はこのお店を選んだのは一番空いていたからです。
それでも待つこと36分で入店です。
店内は思ったより広くなく女性天国でした。
男性は私一人です。
女性の方々(画像の女性方々ではありません)は食事が終わっていてもおしゃべりに夢中になって席を立ちません。
これではお店もたまらないでしょう。

IMG_0787
待つこと5分でお水の到着です。

IMG_0789
待つこと7分でBランチの到着です。
見た目、プアですね。

それでは実食です。
IMG_0792
まずはチキンバターマサラからこれ酸味が強いですね。
続いて南インド風エビカレーです。
これは海老がプリンプリンしてイケました。
最後はキーマです。
安定感ある味です。
カレーは、まずまずのあじです。

IMG_0790
ナンは難なくいただきました。
銀座でこの値段ならコスパは良いのではないでしょうか。
但し、接客が上から目線なのでほっこりした気分ではいただけませんよ。
まさに「インド人もびっくり」な女性ホールスタッフさんでした。
多分に、連日連夜の息もつかせぬ来客でお疲れなのでしょう。

IMG_0794
フルーツライタは掛け値なしに美味しかったです。
ホンマモンの味です。

それでは(^_-)

交通会館 交通飯店 5th

今日は「狭い国土だから・・・」です。
日本人は時間にきびしいから鉄道が時刻どおりに走るというわけじゃないのです。
日本人は時間にルーズなほうじゃないですか。
それなのになぜ日本の鉄道が時刻表どおり正確かといいますと、それは、じっは、線路がたりないからなのです。
外国だと、ちょっと輸送量が増えると、すぐに線路を複線にしたり、複々線にしたりするようですね。
線路容量といいますが、線路がたっぷりとあるのです。 
ところが、日本では、なかなか線路を増やそうとはしませんね。
たとえば、東海道本線を複線のままにしておいたり、東北本線など、かなり長いあいだ単線でした。
これがもし外国だったら、とっくに線路を倍にしていたことでしょう。
日本では線路を増やさずに、列車の連結車両を多くしたり、ドアを多くして乗降を早くすませて停車時間を縮めようとしたり、そういった方向で、問題を解決しようとしてきました。 
もちろん、日本は超過密な国で、とくに大都市の周辺は、おそろしく地価が高いからそうなるのかもしれません。 
少ない線路の上を各駅停車は走る、特急は走る、そのうえ、貨物列車は走るとなると、時刻どおり正確に走らなかったら、当然、全線大混乱になってしまいます。
だから、正確に走ることが厳格に義務づけられることになるわけです。
「私の途中下車人生」宮脇俊三著より転載

1418864739164
日本の鉄道の運行が時刻表通りになっているのは、国土が限られているから地価が高くなり、その結果として敷設する線路が限定されてしまうからですね。
そもそも日本人は時間のルーズのようです。
日本国民に「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と呼びかけ、時間の大切さを尊重する意識を広めるために設けられたのが「時の記念日」ですからね。
時刻表の正確さを知っているだけに、日本人は時間に正確だというのは、誤った擦り込みです。
多分どこの会社でも会議の終わる時間はルーズのはずですから、これが日本人の時間のルーズさの最大の証明です。

これと似たような話で、江戸の末期における識字率が、世界最高水準であったことは皆が知るところですが、これは正確な電車運行同様、日本人が優秀だからではないよういです。
要は、少ない平地に人口が過密する国土がもたらした結果のようです。
この地勢的背景により教育が受けやすく、読み書きにより意思伝達が必要とされていたからです。
ともあれ明治維新という人類史上の奇跡は、この全国民的教養度の高さによって実現されたのです。
国家の方針を、国民がいち早く理解し、正確に伝達し合ったおかげで日本は植民地にならずにすんだのです。
今日の繁栄は、やはり狭い国土と過密な人口という宿命の中で、誰もが教育を受ける事ができ、盛んに読みかつ書くことによって意思伝達を行ってきた結果なのでしょう。

Let us, then, be up and doing, With a heart for any fate.
それでは、立ちあがり、行動しよう。
いかなる運命のもとでも、精いっぱいに。
Henry Wadsworth Longfellow(ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー)


45年後から来たのび太



今日は銀座に出没です。
IMG_0737

IMG_0739
銀座から少しあるく有楽町にある交通会館に参りました。
今日のお店はヤンキースのイチローさん御用達の中華料理屋さんです。
ということで今日のお店は「交通飯店」さんです。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話:03-3214-5558
定休日:日、祝日

IMG_0741
お店の外観です。

IMG_0749
店内の雰囲気です。

640x640_rect_43699820
イチローさんの画像です。
イチローさんが帰国時に通うという中華の名店らしいですよ。
私の調査では日本で野球をしていた時に、裏方さんらを連れてきては貸し切りで楽しんだとのことでした。
為念お店の奥様に確認しましたところ、私の質問には答えず、最近はお見えになりませんね、との事でしたので、やはり過去(日本在住時)には来ていたのでしょう。

今日のオーダー「きくらげ、肉、卵炒め定食但しご飯は小」@850円です。
IMG_0743
待つこと0分でだくあんの到着です。
これが来ないとこのお店に来た気がしません。
どこから見てもまっ黄色のタクアンです。

IMG_0744
待つこと10分で「きくらげ、肉、卵炒め定食但しご飯は小」の到着です。
見た目、きくらげこんもりです。

それでは実食です。
IMG_0747
柔らかく弾力のある肉厚の厚いきくらげは噛みしただくためにふくよかな液汁が口内に溢れかえりまさに口福であります。豚肉の炒め加減も柔らかくて申し分ありません。
玉子はきくらげによく合います。
今日は特にきくらげが美味しく感じました。
多分に口内食感が良いのでしょう。
@850円でこれだけの満足が味わえるのはある意味での至福であります。

それでは(^_-)

銀座 石島

今日は「転勤はもう時代に合わない」です。
yjimage
1年間に転勤を言い渡される人は約40万人もいる。
リクルートワークス研究所が全国4万9000人を対象に行った調査から明らかになった推計だ。
転勤という慣行は日本独特のもので、終身雇用を背景に、転勤命令権として広く認められている。
企業が転勤を行う理由は大きく3つある。
全国に展開する拠点の人員の需給調整のため、人材育成のため、そして単なるマンネリ防止のためである。
しかしこの仕組みはすでに制度疲労を起こしているのではないか。
転勤の理由は崩れ始めている。採用難の現状では転勤がないことを売りにした方が人材は集まりやすい。
高速交通やモバイルツールの普及も転勤しなくてよい環境を作っている。
人材はそれぞれの地域で採用することを基本にすべきで、余人をもって代えがたい人材(管理職以上の幹部社員)だけを送り込めばよい。
人材育成なら担当職務の変更やプロジェクト任用などで十分だ。
マンネリ防止には「単身赴任で羽を伸ばす」という古い価値観が含まれているのではないか。
長い間勤務すると取引先との癒着・不正が生じるというならば、不正がみつかるように長期休暇を取らせれば済む。
共働き世帯は全世帯の6割を超え、働く夫と専業主婦の妻という高度成長期の家庭像は崩れてきている。
夫の転勤についていけば妻のキャリアが阻害される。
単身赴任すればワークライフバランスが崩れる。
どちらも働く個人にとってはマイナスが大きい。
転勤する人には手当や転居費用の補助などで年間100万〜150万円程度の経費がかかるとされる。
わざわざそのような出費をするほど転勤は必要なのだろうか。
厚生労働省は先月発表した「転勤に関する雇用管理のヒントと手法」の中で、適正配置や人材育成などが転勤という手法でなければ果たせないのか検討すべきとしている。
一歩前進だが、さらに進めて転勤を廃止する企業が出てきてほしい。
転勤は個人が希望または合意した時のみ。
企業から転勤命令を出すのは一部の管理職だけにするのだ。
これは勤務地、職務、労働時間を限定しない正社員のあり方を根本から変えることにつながる。
本来、雇用とはローカルなものである。
地域限定社員をつくるのではなく、地域限定社員をふつうの正社員にする。
先んじて実行した企業は働き方改革の先進企業という名声を得るはずだ
日本経済新聞「転勤はもう時代に合わない」大久保幸夫氏より転載

ついにこの時代がきましたか。
隔世の感があります。
高速交通やモバイルツールの普及も転勤しなくてよい環境を作っている事がこれらの背景になっているのですが、実際、私は会社にいくものの、携帯電話とiPadがあれば、どこでも仕事ができますので、会社に行く理由はエクセルで業務をする為だけです。
理由は至ってシンプルでiPadのエクセルは複雑な表ができないからなのです。
これだってiPadのエクセルが進化すれば全く問題なくなります。
紙媒体もPDFに置き換えられますのでこれまた不便がありません。
北海道だって無理すれば日帰りもできます。
一昔前に言われたSOHO(small office、home officeの略)などの小規模オフィスに代表される、分散型のビジネス環境に対応して、個人を対象とした機器が増加し,家電や文具との融合が、今や極めて現実的なものになってきたのです。

yjimage1
元人事の立場で申せば、転勤による家族崩壊、具体的にはご子息の非行等は、男性の単身赴任時に起きています。また帯同しても、転勤先の学校になじめず不登校になったご子息はかなりの数に上ります。
それを日本の閉鎖的社会環境に問題があると、すり替えられる方がおられますが、それなら自らのご子息を、小学校6年生、中学校3年生の時に、転校させてみたらいかがですか、と申し上げたいですね。
この間も、高齢で社内結婚したカップルの話をしましたが、結婚した途端にご主人に転勤辞令がでて、奥様はその転勤についていけば彼女のキャリアが阻害される事から、新婚から別居生活という暮らしを強いられています。
うがちで申せば、その会社の人員削減のトラップにはまったとも申せます。
人間の幸福というのは、滅多にやってこないような、大きなチャンスではなく、いつでもあるような、小さな日常の積み重ねで生まれる、とはベンジャミン・フランクリンの言葉ですが、転勤が大きなチャンスであるのはいまやレガシーになっていると言えるでしょう。


奇跡です!



IMG_0329
今日は生まれて初めて接待以外で初めて銀座の高級寿司屋さんの暖簾をくぐりました。
今日のお店は「鮨 石島」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-24-3
電話:03-6228-6539
休日:日曜・祝日

IMG_0338

IMG_0330
お店の外観です。

IMG_0332
店内の雰囲気です。

IMG_0331
メニューです。

今日のオーダー「ばらちらし」@ 1,500円です。
このお店はいつも行列ができていて敬遠したのですが、夜にいけば普通に@20,000円/人ですのでランチ寿司しかいけないのです。
たまさか今日は行列ができていないので、店内に入りました。
店内には立ち待ちの人はたった1人だったので直ぐに座れるかなとニコニコしていたのです。
しか〜し、カウンターに座って食べていた10人の内8人はお酒を楽しみながらお寿司をつまんでいて、内奥の4人はご酒を頂きながら寿司をおまかせ(ランチではない)で食べていたので長っ尻モードです。
結果、奥の4人は私が食べ終わった後もまだ飲み且つ食べ続けていました。
結果、店内で1時間、立ち待ちでした。
こんなに立たされたのは、小学校の時に、女子の筆箱に干からびたミミズをいれて立たされて以来です。
店内は店主が弟子に対してピリピリ感を横溢していてまるで89383の事務所みたいでした。
その一方で客との会話はソフトムードでして、すごい違和感を感じました。
なんでこの店主は弟子に対してここまでの罵声と虚勢をはるのだろう、と不思議な感慨にふけっていました。
もしかして新手のパフォーマンスか・・・

IMG_0334
待つこと10分で「ばらちらし」の到着です。
ビジュアルは良いですね。

IMG_0337
それでは実食です。
中とろ、あなご、白身、まぐろの中落ち、ホタテ等に赤酢をきかせたシャリが絶妙に合い、とても美味しいのです。これで@1,500円ならかなりのお得感はあります。
大行列も納得です。
しか〜し、客に対する慇懃無礼に近い接客と、その真逆で、弟子をあたかも奴隷のように叱咤する光と影を目の当たりにしますと、落ち着いて食べていられません。
この店主はサービスという事をはき違えていると思います。
従いまして、再訪はありません。
今、このようにブログを書いていても、何かにおびえたようなお弟子さんの双眼が容易に浮かんできます。

それでは(^_-)

銀座 セントル ザ・ベーカリー

今日は「禍福は糾える縄の如し」です。
高校の友達と不定期によく会います。
彼らとの紐帯は体育会つながりです。
総勢7名です。
剣道部×4名、卓球部×2名、バスケットボール部×1名がその内訳です。
体育館で共に汗を流した仲間です。
7名の内4名が私と同じ大学に進学したので実は高校大学の友達はほぼほぼ同じです。
皆が進学した大学は東大、東工大、一橋大という超難関大学ではありませんでしたが、それに準じた大学でした。
高校時代はそんなに真面目に勉強はしていませんでしたので皆よく入学できたものです。
という事で親はそれなりの地頭があったといってもよいでしょう。
しか〜し、その一方でその子供たちは劣勢遺伝なのでしょうか、彼らの子供たちの中で超難関大学にいったのは1人もいません。
親越えもなく所謂MARCHレベルの大学に入学したのでした。
昨今のご時世では珍しい、大学に行かなかったのは3名もいました。
大学に行かなかった3名のうち2名は就活に失敗し続けて今ではフリーターです。
残りの1名は娘さんで婚活こそ成功したのですが、最近離婚が成立して家に戻って参りました。

今までこの3名の子を持つそれぞれの親即ち友達を同情していました。
しか〜し、最近になって超難関大学卒のような高学歴は、ある一時期に一生懸命やってきたという証明であって、医師免許みたいに一生をかけて通用する幸福のパスポートではないと思えるようになってきたのです。
幸せというのは相対的なものであって絶対的なものではないという確信に変わってきたのであります。
従いまして、よそ様の子供を他人が同情すること自体が僭越な話であり、それこそ豆腐の角に頭をぶつけて死んじまえ的な不遜なふるまいだったのです。

7-kahukuha
現在幸せな人は、実は過去にかなり苦労をされていてそれを乗り越えたからこそ今の幸せがあるのではないかと思えてきて、今までご苦労されてきたのですねと尊敬の念すらわいてきます。
しか〜し、その幸せも長く続くこともなくいつかまた不幸が襲ってくるのかもしれません。
人生はまさに「禍福は糾える縄の如し」なのであります。
禍が去れば福が来る、そして福が去れば禍が来る、という無限地獄の世界に我々は暮らしてしいるのです。
従いまして、何か困った事があって落ち込んでも、大丈夫だよ、これからがいいことがたくさん待っているよ、とお気楽な気持ちでいこうと思っています。
この方が精神衛生的にはよいのではないでしょう。

Happiness is a butterfly, which when pursued, is always just beyond your grasp,
but which, if you will sit down quietly, may alight upon you.
幸福とは蝶のようなものだ。追い求めている時には、掴もうとしても逃してしまう。
しかし静かに座っている時には、みずから近寄ってくる。
Nathaniel Hawthorne(ナサニエル・ホーソーン)


坂崎先輩のビートルズサウンド解説


IMG_7954

IMG_7955
今日は銀座に出没です。
今日のお店の前はいつ通っても長い行列ができています。
いつかいかなきゃという攻略店でした。
今日のお店は「セントル ザ・ベーカリー」さんです。

住所:   東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 1F
電話:03-3567-3106
定休日:不明

セントル ザ・ベーカリーさんはVIRON系列の食パン専門店で本当に美味しい食パンを作るためだけにつくられたというお店なのだそうです。
IMG_7962
それにしてもスゴイ行列です。

IMG_7983
外もすごいですが店内もすごいですね(笑)
ちなみに私がお邪魔しましたのはイートインスペースです。
こちらでは、種類豊富なサンドウィッチやフレンチトースト、食パンの食べ比べができるセットなどが頂けるのです。

IMG_7960
しか〜し、待たせ過ぎです。
理由は、店内にいる女性が談笑しながら食事をしているので、席が空かないのです。
空腹であったこともあり、思わずマシンガンを持って一斉掃射して、店内のおしゃべりを駆逐しようかと考えたほどです、ハイ。最終的に待つこと30分で入店がかないました。

IMG_7985

IMG_7986
お店の外観です。

IMG_7972

IMG_7979

IMG_7982

IMG_7978
店内の雰囲気です。

IMG_7964
メニューです。

本日のオーダー「バター食べ比べセット」@1,188円です。
入店して驚いたのはこんなに混雑している店内ですが男性は私1人でした。
間違えて女湯にはいったような気分です。
妙に緊張します。

IMG_7969
待つこと4分でテーブルセットの到着です。

IMG_7970
セントラルトーストセットの概要です、

待つこと7分で「バター食べ比べセット」の到着です。
IMG_7973
パンは左からイギリス食パン、北米産強力粉を使用したパン、国産小麦粉を使用したパンです。

IMG_7974
バターは左から国産メーカーのバター、北海道美瑛ファーム産バター、フランス産エシレバターです。
それでは実食です。
実はパン好きでしたのでこのような食べ比べができる所を探していたのです。
本当に巡り合う事ができて感激です。
まずはパンですが、北米産強力粉を使用したパン(真ん中)が無茶苦茶に美味しいのです。
香りが高く弾力にあふれまさに夢心地であります。
バターはフランス産エシレバター(右端)が最高ですね。
濃厚でコクがあり塩加減も最高です。
また冷たい牛乳(画像撮り忘れ)がパンに良く合います。
全てのパンが美味しくてまさに盆と正月が一緒に来たような気分です。
本当に「僕は死ぬまで君を放さないぞ」的なパンの聖地での昼食でした。
また来ようっと・・・

それでは(^_-)

銀座 天朝

今日は「勝負服」です。
f_08419471
「勝負服」とは競馬の選手がレースの時に着る服です。
赤と黄色のダンダラ縞であったり、銭湯のタイルも顔負けの大きなチェッカークラブだったり、兎に角遠目でも判る極彩色のにぎにぎしい服の事です。
最近では勝負パンツや勝負下着という言葉が定着したおかげで、ここぞという時に着る洋服のことを、勝負服と言うようになりました。
実は、私は知ったような顔をして書いていますが、その「勝負服」の本来の意味を知らなかったのです。
おそらく女性ファッション雑誌が使い始めた事により「勝負服」における新解釈が人口に膾炙したのでしょう。

D686088_x1-500x686
最近ビジネスの世界では、機能優先の女性のパンツスタイルが増えています。こうしたパンツスタイル派の女性たちも、たまに履くとスカートという洋服の持つ不思議な力を実感するのだそうです。
かつて私が人事だった時に、私の会社を担当しているリクルートの女性営業は、毎日パンツスタイルだと、女を忘れやすくなるので定期的にはく様にしているんです。
特に今日のような重要な商談では勝負服でくるのですが、さすがにパンツスタイルではなくスカートになりますよね、と言っていました。
さらに彼女は、確かに、スカートを履くと電車で座るときも足を開かないように気をつけるようになるんですよ。
女らしさを引き出したいときは、スカートを履いてみるのもいいかもしれないなとは思っているんですが、リクルートは女性といえども重たいカタログ持ち歩いたりするガテン系営業ですからスカートは機能的ではないのです、とこぼしていました。

bf12ee858b5952c25b2424799c55c551
今年の正月に初詣に浅草に行き驚いたことがあります。
よそ行きで正月の浅草の街を歩く人の中に「晴れ着」が激減しています。
「晴れ着」とは、表立った場面で着る晴れやかな衣服の事です。
正月のドレスコードです。死語ですか?
「よそ行き」も死語ですか?
子供の頃には「よそ行き」といって、普段は着ない服がありました。
と申してもその服で行くのは親戚の家くらいでした。
さら〜に「一張羅」も死語ですか?
その人が持っている衣服の なかで、最もよいものを「一張羅」といいました。
私は今でも「よそ行き」の「一張羅」は特別の管理をしています。
わかりやすく申しますと、特別の日以外は着ないだけです。
昔、大晦日になりますといつ買い求めたのかわかりませんが、母は風呂上がりには新年を迎える為のおろしたての真っさらな下着を着せてくれました。
新しい下着の匂いが体を包みこむと新しい年がくるという喜びで胸がときめき、来年は良い年にしようと思ったものです。新年になっても年が改まったからといって格別の変化が自分に起きるわけではないのですが、それでも私は、新年を迎えると自分も周囲も新しくなったように感じられました。
外国のような元旦の日に大晦日を昨日という国に生まれなくてよかったなぁと思っておりました。


この夫婦いいなぁ・・・



IMG_7829
今日は銀座に出没です。
今日のお店は銀座の名店「天朝」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-27-8 セントラルビル 1F
電話:03-3564-2833
定休日:日曜・祝日・第2月曜

IMG_7840

IMG_7830

お店の外観です。

IMG_7833
店内の雰囲気です。

IMG_7831
メニューです。

本日のオーダ「天丼」@2,000円です。
坪庭に差し込む春の陽ざしが天内を光り輝かせています。
気分が良いですね。

IMG_7832
席に着くやいなやテーブルセットが到着しました。

IMG_7836
待つこと6分で「お新香」の到着です。
浅漬けの「お新香」です。

IMG_7837
待つこと8分で「天丼」の到着です。
天丼の具は、小海老×3本、穴子、鱚(きす)、蓮、椎茸、獅子唐です。

IMG_7838
それでは実食です。
丁寧な仕事で作られた具はみな美味しく揚がっています。
具はそれぞれを丼つゆにくぐらせてから丼に載せます。
味ですか。
美味しいです。
白眉は蓮です。
なんとも甘く揚がっています。
ちょっと丼つゆが濃くないのでちょっと物足りなさを感じましたが、食べ終わってみましたら、このくらいの濃さの方がかえって心残りがありました。

IMG_7841
センチュリーで来られたセレブ親子は常連らしくてあたかもお店を貸し切り状態のようににしていました。
天麩羅屋で我が儘放題、私の夢でもあります。
いつになる事やら・・・

それでは(^_-)

銀座 ソバリストランテナール

今日は「認識の差」です。
yjimage
東京都文京区の自宅で昨年8月、妻(38)を殺害したとして、警視庁捜査1課は10日、殺人容疑で、大手出版社講談社で青年コミック誌「モーニング」の編集次長を務める朴鐘顕容疑者(41)を逮捕した。
関係者によると、朴容疑者はかつて、漫画「進撃の巨人」などのヒット作を生み出した「別冊少年マガジン」の創刊と編集を中心的に担っていたこともあった。
2017年1月10日日刊スポーツより転載

この容疑者は地元で有数な超進学校を経て京都大学法学部卒業後、1999年に講談社に入社し「週刊少年マガジン」の副編集長などを経て、2009年10月号の「別冊少年マガジン」創刊に編集長として携わり、昨年6月から「モーニング」担当となりました。
「モーニング」では「GTO」などを担当したヒットメーカーで、15年に担当した「七つの大罪」が講談社漫画賞を受賞するなどの誰もが認める超絶エリートなのです。
加えて韓国籍であることから、講談社ではこれから伸長が見込めるアジア向けコミックの担い手としての期待は高く、将来の役員候補なのです。

殺人の立件は司法に任せるとして、最近このようなDVを含めての夫婦仲の悪さの一端が分ってきました。
それは夫の栄達を妻が理解しようとしていない事だと臆断しています。
この韓国人の編集長は、日本では超エリートで多分社内では天皇的な扱いになっているはずです。
それなのに家に帰ればイクメンを演じ、加えて妻がその育児に超神経質な為に何かとこのエリート編集長に細かく育児を指図していたみたいです。
会社で天皇、家では奴隷、この落差が問題なのです。
取引先の役員連の中には、同様な落差問題があり、それを会社で行っているような、強権統制で乗り切ろうとしている人は少なくありません。
結果、夫婦不仲になっています。
一般的にどんなエリートの妻でも、彼女たちは会社での夫の活躍の全容を知らずにいると思います。
彼女たちには会社での夫の頑張りより、家事に積極的にかかわる方を評価するのでしょう。
その認識の差(difference in recognition)が時間とともに拡大していきますと、極端な例として上述のエリート編集長の殺人にまで至るのです。
私もかつてこのギャップ問題があり、それを乗り切るために会社で行っているやり方を家庭に持ち込んだところ、奥様に総スカンを食いました。

最近になってやっとわかりました。女性はそこまで浅はかではありません。
多分に妻は夫の頑張りをよく見ています。
ただし会社と異なり、昇進や加給がないだけです。
個人的には、会社は自分が演技できる舞台であり、そこでは猛烈リーマンを演じたり、部下に愛される上司を演じたりする事ができる唯一の自己表現の場なのであります。
家に帰れば、素に戻って昔からのバディ(相棒)と笑顔が絶えない家庭を創っていけばよいのです。

20150705_9
かつて阿木陽子さんが夫の宇崎竜童さんに、家に帰っても「ロック命」みたいな話し方をしていたので、いつまで宇崎竜童演じているの。家では似合わないわよ。はやく木村修司(本名)に戻りなさい、と言っていましたが、これが正しいのです。
人生は夢と同じ糸で紡がれ、眠りによってその輪を閉じる、の通り、毎日、粗末でも美味しいものを食べて、笑いが絶えない暮らしをして、ぐっすり眠りさえすれば、人生は幸せなのです・・・


橋本環奈、撮り直し600回超!
CMで大技披露 カップヌードルCM「バカッコイイ」編



IMG_7597
今日は銀座に出没です。
今日のお店はこの間行った神楽坂の「和み」のオーナーから「是非ビックリマーク」と言われた娘婿さんのお店です。
今日のお店は「Soba Ristorante na-ru (ソバリストランテナール)」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-19-8 銀座サクラビル 1F
電話:03-5579-9949
定休日:日曜日、第4土曜日

IMG_7598
お店の外観です。

IMG_7601
店内の雰囲気です。

IMG_7600
メニューです。

本日のオーダー「Aセット(もりそば、野菜サラダ、ルネサンスご飯)」@900円、珈琲@100円、パンナコッタ@50円、計1,050円です。
お店は銀座というより宝町ですね。
今日は天気が良くなかったので最初はまばらだった客数ですが、すぐに幾何級数的な勢いにて女性客でみっしりとなりました。

IMG_7602
待つこと4分で野菜サラダ、ルネサンスご飯、蕎麦汁の到着です。
見た目、すべてヘルシーです。
まずは、ルネサンスご飯をいただきました。
ルネサンスご飯とは、いりこ、昆布、アーモンド、岩塩をオリーヴオイルで炊いたご飯のことです。
岩塩とオリーヴオイルの相性の良さに驚きました。
脇役の、いりこ、昆布、アーモンドがよいアクセントになっています。
美味しいですね。

IMG_7603
待つこと5分でもりそばの到着です。
蕎麦は一九蕎麦です。
蕎麦汁につけていただくと、口の中で山椒入りのオリーヴオイルと鰹の風味がはなやかにひろがりましたが、蕎麦が旬を過ぎていました。
出すタイミングを間違えたのでしょう。
この蕎麦の質感は私の好みではありませんでした。

IMG_7604
蕎麦湯で割るとこのような感じです。
蕎麦汁の味は悪くありません。

IMG_7605

IMG_7606
食後のパンナコッタと珈琲は美味しいですね。
これを頂いてそういえばこのお店はイタリアンのお店でもあったのだと思いなおしました。
接客もよいし銀座の端とはいえこのパフォーマンスで1,050円は感動です。
また来ましょう・・・

それでは(^_-)

続 銀座 一木

今日は「弟との会話」です。
IMG_7181

IMG_7182

IMG_7180
新年、奥様の実家に家族全員で年賀に参りました。
奥様の実家では、料理の得意な義妹が舌鼓を打つ料理をひっきりなしに次から次へと創ってくれます。
とても美味しいくて結構なのですが、いつも1kg以上太って帰宅します。
マラソンをやっているので絶えずウェイトコントロールには気を使っているのですが、この時ばかりは気にせずにいただいています。

義弟とどうでもいい話をしていました。
かかる中彼から、年末に何気なく、賃貸家屋の家賃の管理通帳を見ていたら、ある家から事もあろうに2016年1月から振込がないのに気が付いたとの事でした。
その店子とはたまに顔を合わせていたので、まさかと思いもう一度その通帳を見直してみましたら、2015年12月の振込履歴で終わっていたのです。
そこですぐさま、その店子の家に行き呼び鈴を押したところ出てきません。
家にいるのは電気メーターから分っていたので、3分位ひっきりなしに押し続けたら、とてもバツの悪そうな顔をして出てきました。
彼は、なんで来たかわかりますよね、と言いますと、店子は、すみません。溜めていた家賃の件ですよね。
明日には必ず払います、と言って詫びを入れたのでその日はそのまま帰ったそうです。
次の日に集金に行きますと、駐車場には車がなく且つ昨日とは打って変わって生活感が無くなっているので、まさか首でも吊っているのはないかと思い、その店子の親戚のところに行き、その親戚立会のもと開錠しました。

20130826_3b1bc2
男臭いムワッとした空気のこもった部屋に入りますと、大量の大五郎の1.8リットルの空のペットボトルが所狭しに置き去りになっており、部屋の換気が足りていないのかサッシの枠にはカビが生えて緑色に変色していたそうです。
男やもめに蛆がわくとは言ったものです、蛆の代わりに苔が生えていたそうです。
そして当の本人は鴨井からぶら下がってはいないものの、生活用品がきれいに無くなっている事からどうやら車で夜逃げしたみたいです。
この店子は奥様、子供から既に愛想をつかされて離婚をし、それ以後一人暮らしの身となっていたのです。
御年65歳なので支給さえる年金を基に地味に暮らしてさえいれば糊口をしのげたのですが、その大半をどうやら飲んでしまったようです。
義弟は、管理しなかった自分の不明のいたすところなので仕方なかった、と反省しているのですが、それにしても通帳は時折見ていたのに、信頼しすぎてチェックしなかったというのは、慙愧に堪えないとしていました。

AS20160614000347_comm
この話には後日談がありまして、一週間後にとある橋の下に車の中で寝起きしている、くだんの店子が、街の人に目撃されています。
しか〜し、年金というのは住所不定ですと支給されません。
このままですと、車のガソリンも買えなくなります。
残された道は生活保護しかありません。
65歳と申せば人生の最終章に入ったといえます。
そのチャプターは、奥深く、味わいにあふれ且精神的に贅沢な生活にしなければなりません。
それなのに俺は酒愛してやまないから、それで死んでも本望だよ、といって人生をあきらめ投げ出すとは、それは人生に対してあいすまぬ怠慢と言わざるを得ません。
何の為に、ご両親は彼を世に出したのでしょうか。
多分ですよ、人生の最後の日まで、希望と理想を持ち続け生きていく事を願っていたと思うのですが、違うのでしょうか・・・


地ゲイ隊?


今日は銀座に出没です。
夜の銀座を逍遥しました。
IMG_7048

IMG_7047

IMG_7046

IMG_7045

IMG_7044

IMG_7043

IMG_7042

IMG_7039

IMG_7037

IMG_7036 - コピー

IMG_7035 - コピー

IMG_7034 - コピー

IMG_7033

IMG_7017
私がどのようにして今日のお店にいったのか分かった貴方は銀座通です。
今日のお店はグルマン定食屋「一木」さんです。

住所: 東京都中央区銀座8-7 銀座ナイン2号館 B1F
電話:03-3573-7676
定休日: 日曜日・祝日

IMG_7020
お店の外観です。

IMG_7023
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「オムレツ定食」@980円です。

IMG_7022
まずは取り放題の総菜の中から、ピリ辛蒟蒻と牛蒡をいただきました。
うん、これはスパイシーですね。
大好きな味わいです。

IMG_7025
待つこと4分でご飯と味噌汁が到着しました。
さすがにご飯は半盛にしてもらいました。

IMG_7027
待つこと5分でオムレツが到着しました。
見た目、ジャンクな様相を呈しています。
それでは実食です。
まずは玉子をいただきました。
ひき肉のそぼろ煮とケチャップのトッピングに玉子は良く合います。
餡は海老とハムで構成されています。
これは美味しい。

IMG_7026
背面には焼きそばがあるではないですか。
まるで無国籍料理だ(笑)

IMG_7029

IMG_7030
次に取り放題の隠元と牛蒡と葱の天麩羅ににんにく葱醤油をかけ回していただきます。
これまた美味しです。
天麩羅好きですからたまりません。

IMG_7032
湯豆腐にもにんにく葱醤油をかけ回していただきます。
これまた美味しです。
もう堪りません。
ほとんど天国状態であります。
なにかこのお店癖になりそうです。
また来ましょうビックリマーク

それでは(^_-)

銀座 アマンド

今日は「眼科医との会話」です。
96958A9F889DE
日経トレンディがスタートアップ商品大賞に選んだ製品の中から健康&食部門の大賞となったオルソケラトロジーレンズを紹介する。
眼鏡やコンタクトレンズの煩わしさから解放され、裸眼で過ごしたい。
視力が弱い人のそんな切実な願いをかなえるには、たとえ安全性に不安があってもレーザーで角膜を削るレーシック手術に頼るしかなかった。
この状況を大きく変えそうなのが、ユニバーサルビューが全国250以上の眼科医院を通じて展開する「オルソケラトロジーレンズ」(商品名はブレスオーコレクト)だ。
夜に装着して寝るだけで、日中はレンズを外してスポーツを楽しむなど、「夢の裸眼生活」を送れる。
ハードレンズの内側に4つの特殊なカーブがあり、角膜上皮を僅か0.05mmの範囲で平らに矯正することで、近視でズレていたピントを正常化する。
就寝中に寝グセのように角膜に型が付き、翌朝レンズを外しても維持されるというわけだ。
装用をやめると数日で視力は元に戻るが、同社の臨床試験では、視力0.06から0.4の患者のうち、実に9割が視力1.0程度に改善しているという。
NIKKEI STYLEより転載

実は勉強のしすぎ。嘘です。
本の読み過ぎで視力は良くなく永いことコンタクトレンズを着用しています。
しか〜しコンタクトレンズは、便利は便利ですが目にゴミが入れば痛いし、最近はiPadairの使い過ぎでドライアイになって絶えず目薬をさし続けませんと、コンタクトレンズが使えません。
そこで上記の朗報を聞きつけて、たまさか目薬がなくなったので処方箋をもらいに眼科医に行ったついでに、この「オルソケラトロジーレンズ」の事を先生に聞いたのです。
すると、いいね、と言うかと思い耳をダンボにしてその言葉を拾おうとしていましたところ、これは眼科医としては勧められません、との事でした。
先生に、なんでですか、と尋ねますと、まずこの嬌正の効力は12時間程度です。
仮にこの効果で運転していて、今日は12時間も運転しないよ、と軽い値踏みをしていて大渋滞に巻き込まれてしまい、渋滞の間にその効力が徐々に落ちてきて、且つその時に眼鏡を忘れていたら大事故につながりますよね、と笑いながら言われたのです。
それよりも、眼科医として、コンタクトレンズをつけたまま寝るなんて認められません。
多分に角膜を傷つけます。従いましてそれの処方箋はまともな眼科医なら書きません、と蟻が入り込む隙間もないような一刀両断でした。
それなら、その旨を周知させるべきではないですか、と聞きましたら、この会社は高額でこのレンズを売っていて、今回厚労省の認可がとれたので安い価格設定にしたわけで、もともとは営利主義の会社ですよ。
そんな不必要な事を言うわけないじゃありませんか、との事でした。
私は流行に敏感なのでこのような話題にはスグに食いつくのですが、良かったです、先生のお話を聞いておいていて。ところがこの話には続きがあります。
脱コンタクトレンズを望む私は先生にレーシックの話も聞きました。
先生は即座に、日本で最初にレーシック手術を行った北里大学眼科教授の清水先生は、2008年に完全にレーシック手術を止めています。 理由は、手術後6年後までに矯正視力を保っていた患者はたったの半数だったからだそうですよ。
最近、当院にもレーシック手術をして大分経ってから、視力が落ちてきたので、もう一度コンタクトレンズにしたいのですが、という患者さんが増えています。
甚だ残念なことに、レーシックで角膜が平らになっているのでコンタクトの処方はできないのです。
カーブがあるからコンタクトレンズは装着できるのであって、平らな目には無理ですし、仮に作ったとしても目に張り付いてしまい危険なのです、との事でした。
そう言われてみますと、私の会社でもレーシック手術をした人間はかなりいて、最近その内の一人が眼鏡をしているので不思議に思っていたのでした。
涙は心の汗ではありませんが、コンタクトレンズの装着で心の汗でこまっているのに、さらに深みにはまるところでありました。
目出度し、目出度し、の一席でございます。
お後が宜しいようで・・・


CRAZY MAKES the FUTUREL
.


IMG_6813

IMG_6815
今日は年末ジャンボの行列が歳時記になっている銀座に出没です。
まぁ、買わなければ当たらないのですが、他にやることないのでしょうか・・・

IMG_6810
以前六本木のアマンド前で人を待っていたとこ食べてみたいなと思っていたメニューがありました。
今日たまさか銀座のアマンドの前を通ったのでその願いを果たします。
今日のお店は「アマンド」銀座店さんです。

住所:東京都中央区銀座6-9-13

電話:03-3571-1801
定休日:ランチ営業、日曜営業

IMG_6801

IMG_6802
お店の外観です。

IMG_6803
店内の雰囲気です。

IMG_6806
メニューです。

今日のオーダー「フレンチトースト・プディング“モンブラン”栗とマロンアイス&珈琲」@1,380円です。
長年の疑問だった店名のアマンドですが、諸説あるみたいですが、「甘人=あまんど」若しくは「仏語でアマンド(アーモンドの意味)」らしいですよ。
私の卒業した大学では、アマンド前でといわれれば、今日はポンギのDISCOでフィーバーか、と読み替えられる程親しまれたお店でした。
ちょっとフィーバーって古いですよね、書いていて恥ずかしくなりました。

IMG_6807
待つこと20分で「フレンチトースト・プディング“モンブラン”栗とマロンアイス&珈琲」の到着です。
見た目、小学校の給食みたいです。
小学生はランチで珈琲は飲みませんか(笑)

IMG_6809
それでは実食です。
厚み3cmのデニッッシュパンを使用しており、甘くはありませんが、深みはあります。
卵液にもたっぷり浸してあるようでふわぁっと仕上がっております。
味ですか、くどからず私の好きな味わいです。
もう少しマロンテイストを前面に押し出せばさらにいいのにと思ったものの最後まで飽きずに美味しくいただきました。たまにはランチにスィーツもよいものですね。

それでは(^_-)

交通会館 交通飯店 4th

今日は「なのにあなたは京都へゆくの」です。

 2014年後期に放送されたNHK連続テレビ小説「マッサン」のヒロインを務めた米女優シャーロット・ケイト・フォックス(31)さんが今年初め、米国人の夫と離婚していたことを16日、自身のブログで公表しました。 
シャーロットさんは14年3月2日、「マッサン」撮影のため、米国に夫を残して単身来日しました。
その後も日本での女優活動が多く、米国と日本で遠距離の夫婦生活を送っていたのです。
当然の帰結でしょう・・・
約2年のすれ違い生活ではご主人もたまらないでしょう。
従いましてこのアレ場のシーンは素の演技だと臆断しております、ハイ。
それにしてもシャーロットさんのビールの飲みっぷりは見事でしたね(笑)

私の髪に 口づけをして♪
「かわいいやつ」と 私に言った♪
なのにあなたは 京都へ行くの♪
京都の町は それほどいいの♪
この私の 愛よりも♪

この曲は、メロディーラインがとてもきれいで私のフェイバリットソングのトップに入っています。
でもこの歌って何でしょう、歌詞からしますと多分女性の歌(作詞は女性)ですよね。
彼氏が京都大学か同志社大学か立命館大学でも合格して、京都に住むことになったのですね。
私を愛しているのなら、なんで北海道大学を受けてくれなかったのよ、そんなに京都へ行きたいの。
もしかしたら京都に女でもできたんじゃないの、という道産子女性の嫉妬の歌だと思っています・・・


「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」予告



IMG_6822

IMG_6821
今日はクリスマス前の銀座に出没です。
今日は有楽町にある交通会館に出没です。
今日のお店はヤンキースのイチローさん御用達の中華料理屋さんです。
ということで今日のお店は「交通飯店」さんです。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話:03-3214-5558
定休日:日、祝日

IMG_6824
お店の外観です。

IMG_6826
店内の雰囲気です。

640x640_rect_43699820
イチローさんの画像です。
イチローさんが帰国時に通うという中華の名店らしいですよ。
私の調査では日本で野球をしていた時に、裏方さんらを連れてきては貸し切りで楽しんだとのことでした。
為念お店の奥様に確認しましたところ、私の質問には答えず、最近はお見えになりませんね、との事でしたので、やはり過去(日本在住時)には来ていたのでしょう。

IMG_6825
メニューです。

今日のオーダー「きくらげ、肉、卵炒め定食但しご飯は小」@850円です。
IMG_6827
待つこと9分で「きくらげ、肉、卵炒め定食」の到着です。
見た目、黒く塗りつぶせ♪です。

それでは実食です。
IMG_6828

IMG_6829
まずは肉厚の厚いきくらげです。
柔らかく弾力のある肉厚の厚いきくらげは噛みしただくためにふくよかな液汁が口内に溢れかえりまさに口福であります。豚肉の炒め加減も柔らかくて申し分ありません。
玉子はきくらげによく合います。
昔、カムイ外伝「きくらげ」の中で、断崖絶壁に自生するきくらげを命を賭けて採る古老の話を取り上げていましたが、そのくらいに中華料理ではこのきくらげは欠かせないものなのです。
個人的にはここの「きくらげ、肉、卵炒め」は東京でもトップクラスに入る一品だとおもっています。
ネッ、イチローさん・・・

それでは(^_-)

有楽町 ジャポネ 9th

今日は「帽子を取りた〜い!」です。
私は幼少の頃から変に自己顕示欲が強くキテレツな行動をよくしていました。
どちらかといえば任侠的なはじけ方をするので結構痛い目にあっています。
そういう意味では暴走族のふるまいはよくよくわかります。
さすがに歳ですし、それなりの立場にありますので、軽々な事はしないものの、キテレツ
な行動をしたいという思いは、絶え間なく沸々と体の中で煮たぎっています。

IMG_6689
かかる中、以前から駅構内の駅員若しくは電車の車掌の帽子を取って脱兎の如く逃げおおせたい、という欲望にかられて仕方がありません。
いまだそのような軽犯罪が新聞紙面を賑わしていないので未遂ではあるのですが、なぜなのでしょう。

sick-girl-boy-toy-cap-black-asos
幼少の頃、近所に美容室があり、そこのマスターはいつも帽子をかぶっていました。
たまさかその子供が私の友達であり、よく遊びに行っていたのですが、家の中でも帽子は取りません。
子供心に不思議でした。
その当時は多分風呂の中でもかぶっているのだと確信しており、どうやって頭をあらっているのかという副次的な悩みも出現し、まさに「若きウエルテルの悩み」とあいなったわけであります。
ところがある日偶然にも、そのマスターが帽子を取る瞬間に遭遇したのです。
なぜ見れたかと申しますと、その遭遇の瞬間は幼少時でしたので背も低く、マスターの死角に入っていて、多分マスターは私の事を気づかなかったのでしょう。
おもむろに帽子を取った瞬間、私のつぶらな双眸(そうぼう)に飛び込んできたのは、見事なカッパはげの頂頭部でした。私はそれを見てあまりにも驚いたので、ギャッ、と叫びその声が漏れてしまったのです。
するとそのマスターは、声の方に体の向きを変えて、見・た・な、とスタッカートをかませながら私の方ににじり寄ってきたのです。
私は恐怖でその場から脱兎の如く逃げ家に帰ったのですが、その恐怖のせいでしょうか原因不明の高熱を発し寝込んでしまいました。

多分ですよ、それのトラウマが駅員の帽子を取りたいという処に繋がっているのではないかと臆断するところであります。それなら警官のでもいいではないかと言われるのでしょうが、かつて警官とのストリートファイトにおいては別のトラウマができており、その気にもならないというのが正直なところであります。
いずれにしても、痴呆が入ってきたら要注意人物になることは間違いないでしょう(笑)



メリークリスマス



IMG_6638

IMG_6636

IMG_6640

IMG_6637
今日はサンタクロースが、今日がクリスマスか、と間違えて降りてきそうなザギンに出没です。
今日のお店は19時ちょっと前に銀座打合せが終わったので、もしかしたらまだやっているかもと走ってむかいました。今日のお店はロメスパの絶巓「ジャポネ」さんです。

住所: 東京都中央区銀座西1-2 銀座インズ3 1F
電話:03-3567-4749
定休日:日曜・祝日

IMG_6644
お店の外観です。

IMG_6643

IMG_6651
店内の雰囲気です。

IMG_6641

IMG_6645
メニューです。

今日のオーダー「インディアン(麺少なめ)」@500円です。

IMG_6646
オランダ人のように大きな調味料の面々です。

IMG_6648
待つこと8分で「インディアン(麺少なめ)」の到着です。
インディアンとは、カレーソース、こまつ菜、玉ねぎ、生しいたけ入り焼きスパです。
見た目美味しそうです。

IMG_6649
私はこれに福神漬けとパルメザンチーズをかけ回していただきます。
それでは実食です。
ここのカレーは鐵板ですね。
美味しい。
焼きスパのゴワゴワ感とこのカレーソースはよく合います。
加えて福神漬けとパルメザンチーズがナイスアシストでして、完璧に私好みの味になっています。
ご機嫌です。
満足な夕食でした。

それでは(^_-)

銀座 桂庵

今日は「喪中葉書」です。
年末ですので喪中の葉書がポツポツとポストに入り始めます。
一年以内に近親者に不幸があった場合、喪に服するために新年の 挨拶を欠くことを事前に知らせる挨拶状は日本的であり礼にかなって宜しいことかと思います。
しか〜し、その一方で喪中であることを知らない相手にまで喪中葉書を送るのは慇懃無礼だと思っています。
最近では、そのような方にはあえて喪中葉書は送らず、「寒中見舞い」で代用する方が増えているのは望ましい事だと思います。

e73c2f72
ある日ポストの郵便物を取りに行きますと、悲しみの喪中葉書が入っていました。
差出人は、私の在札時代に仲の良かったお医者さんの奥様からです。
その文面は、酒と煙草を愛した人生でしたが、肺癌に天国に持っていかれ残念な幕切れになってしまいました。
△△さんとの再会を楽しみにしていました、という簡潔な文面でした。
実は次回の来札においてはこの友人との再会を楽しみにしていたのです。
二人の紐帯は小学校の「おやじの会」でした。
当時はこのような会が全盛でした。
二人ともノリノリの性格だったので、積極的に会をひっぱっておりました。
色々な企画をやりました。

千葉君
この画像の方は、現在は新進気鋭の考古学者であります。
彼は私たち「おやじの会」がサポートした小学生の一人です。
彼の小学校時代と申せば、恐竜が大好きな少年にとどまらず、好きな恐竜を独学で勉強をし続けていたのでした。
ある時、教科書に載っていた恐竜の写真と名前に違和感があったので、彼が詳しく調べたところ教科書会社の誤植ではないとかという事が分かったのです。
彼はその事を先生に報告し、そして先生がその旨を教科書会社に報告しましたところ、後日教科書会社から監修の際の誤植だった、と訂正を含めた丁重なお詫びの電話が入ったそうです。
私の記憶で申せば、恐竜の顎の形が微妙にちがう程度でしたので、この発見はスキー場で落としたコンタクトレンズを探すような快挙であります。
私達「おやじの会」では、彼の偉業をたたえ、発表会を企画実行し大好評裏に終了したのです。
もしかしたらこの発表会の感動が彼を考古学者にならしめたのではないかと思うところでもあります。

それにしても、医者が酒と煙草の飲み過ぎで早逝してしまうというのは残念です。
人生の最終章は、奥深く、味わいにあふれ且精神的に贅沢な生活になろうかと思います。
その証拠にドラマでも最終章がいちばん面白く且つ感動的なものになっているではありませんか。
それが、俺は酒と煙草を愛してやまないのでそれで死んでも仕方ないよ、といって人生をあきらめ投げ出すとしたのなら、それは人生に対してあいすまぬ怠慢と言わざるを得ません。
若しくは消極的な自殺と申しても良いでしょう。
いずれにしても、とても残念な北の国からの便りでした。
合掌・・・


こりゃスゴイ!


IMG_6691
今日は銀座に所用があり出向きました。

IMG_6699
その所用を片付けて目に飛び込んできたのがこの看板です。
来年は酉年だし、鳥どんでも食べるかとこのお店の暖簾をくぐったのです。
今日のお店は「桂庵」さんです。

住所: 東京都中央区銀座3丁目10-14
電話:03-3541-1704
定休日: 年末年始

IMG_6698
お店の外観です。

IMG_6704
店内の雰囲気です。

IMG_6700
メニューです。

IMG_6702
今日のオーダー「鳥どん」@650円です。
待つこと8分で「鳥どん」の到着です。
見た目、貧弱です。

IMG_6703
それでは実食です。
佐賀産の鶏肉はどちらかと申せば固めで私の好みではありません。
しか〜しここの衣が絶妙です。
カリカリ感がたまりません美味しいです。
甘しょっぱいタレも私の好みです。
なんだろう至福の美味さではありませんが、充分に美味しいです。
花の銀座でこのコスパは驚きです。
ちなみに素面で食事していたのは私だけでした。
お酒のついでに蕎麦ですか、昔の蕎麦屋さんみたいで結構でした(笑)

それでは(^_-)

銀座 一木

今日は「17歳の思い出」です。
IMG_5981
銀座にバスで行くとき偶然にもこのビルの前で少しの間一時停止をしました。
実は、高校二年の夏休みにこのお店の中にあったとあるレストランでバイトをしていたのです。
私は当時このビルの二階で珈琲をネル袋でドリップするのとプリンアラモード等のデザート用のフルーツの皮むきをの仕事を毎日していました。
ここで世の中の縮図を見たような気になりました。
このレストランの一階には厨房がありここはコックさんの世界です。
コックさんの上下関係は年功序列が重んじられていると最初は思ったのですが、それは表面的なことで、実質はその技量の軽重で上下関係が決まっていました。
面白いのは当時の渡り歩きのコックさんは履歴書がないので、どこそここの有名レストラン△△でサブを勤めていました、と自己紹介をするのですが、こればかりは仕事をさせるとスグに分ってしまいます。
そうなると、なにがサブだよ、あの腕ならストーブ前がいいところだ。ふかしやがって、という事になるのです。
言う方も、言ったもん勝ちみたいなところもあったので、いきおい自分の経歴に箔をつけたのでしょうが。
しか〜しひとたび鼎の軽重がつきましたら、それなりの仕事即ち適材適所の場所での仕事に付きます。
これは一目瞭然と申しますか事理明白なのでかえってすがすがしい感すらしました。

49_main
真正面にある歌舞伎座によく出前を届けに行っていました。
正面右側にある裏口から入るのですが、一階には大きな浴場がありました。
暑苦しい湯気に追い立てられながら階段を登っていくと、二階には端役の役者が集う大部屋がありました。
その中で、女形役者(おやま)の方々のほとんどが婦(おんな)言葉を話されていました。
異様な倒錯感と白粉の香りとが混じりあって、その周辺には独特の雰囲気を醸しだしていました。
当時のことですからスキンケアは現在みたいに整っていませんので、化粧を落とした端役の役者の顔には化粧で皮膚が傷んだのでしょうか、沢山のまだらな茶色い斑点があったのには驚いたものです。

10123497172
このレストランのオーナーにはお嬢さんがいまして、たしか若干年上だったように記憶しています。
眼鏡をかけ下膨れの顔をしていました。
これがステレオタイプのお嬢さんで、本当にわがままでした。
たまにふらっとデザートのところにやってきては、チョコレートパフェ作れだの、ホットケーキを焼けだの、まさに暴れん坊将軍です。
デザートのチーフはオーナーの娘なので唯唯諾諾とこのディレクションは聞いていました。
このレストランにはなぜか東京大学のボクシング部の人がアルバイトで働いていました。
このお嬢さんはこの荒ぶるエリートがお好みみたいで絶えず秋波を流していましたが、さすが東大生ですのでそのような危険な申し入れには一切のってきませんでした。
その東大生との話に飽きると私の方にやってきて何かと茶々を入れます。
驚いたことには、私が下町生まれで且つアルバイトしている事から、私の事を赤貧を洗うが如くの家の出自みたいに思いこんでいたのです。
私は当時から服装には気を使っていましたので、それを見て貧乏人がちょっと気どった格好しているのが気に食わなかったみたいです。
そこで、貧乏な親にこんな高い服代を払わせてこのアホ息子、みたいな言い方をして私を揶揄していたのです。
さら〜に、大学はどこ狙っているの、と聞かれたので、一応慶應です、といえば、あそこは金を積まなければ入れないの。私の家なら慶應くらいなら簡単に入れるけど、あそこはボンボンだからね。やはり男の子は東京大学よ、って言ってからカラカラと笑うのですが、貴女だけには言われたくないよという気持ちが強すぎて、逆ギレしていました。
あのお嬢さん、今はどうしているのでしょうか・・・
気になりました。多分あの性格ですからデビ婦人みたいになっているのでしょうか。
色々な事が走馬灯のように思い出された一時停止でありました。


歌は有名なバラードの「アイラヴュー・オーケー」。
これを歌う時、よく蘇るそうです。
広島から東京を目指して
汽車に乗り込んだ日のことを・・・



IMG_5982

IMG_5983

IMG_5984

IMG_5985
という事で今日はザギンに出没です。
今日のお店はグルマンの聖地「一木」さんです。

住所: 東京都中央区銀座8-7 銀座ナイン2号館 B1F
電話:03-3573-7676
定休日: 日曜日・祝日

IMG_6002
お店の外観です。

IMG_5994

IMG_6000
店内の雰囲気です。

IMG_5987

IMG_5989
メニューです。

今日のオーダー「ウィンナー玉子」@960円です。

IMG_5990

IMG_5991
まずは取り放題のお惣菜です。
お品書きに何も書いていないので何を取ったかは不明ですが総じて美味しかったです。
しか〜しこれが取り放題とは驚きです。

IMG_5995

IMG_5993
待つこと3分で「ウィンナー玉子」の到着です。
すごい予定調和ですね。
良くみたら玉子焼きの下には焼きそばが隠れているのではないですか。
気を取り直して実食です。
美味しいです。
特にトロトロ玉子焼きは私の大好物です。
ウィンナーもカリッと焼かれていてご機嫌です。

豚汁です。
IMG_5996
スイトンも入っていてボリューミイです。
豚汁美味しです。

カレーご飯です。
IMG_5997
カレーもいただきました。
想像以上に辛かったのですが美味しいです。

蒟蒻の炒めものです。
IMG_5999
よせばいいのに蒟蒻の炒めものも取ってしまいました。
これまた美味しいのです。

食べ過ぎました。
満腹の為に午後からの仕事に対する戦闘能力が急激に落ちてしまいました。
こんな日もあります。

最後に昔の銀座を紹介して終わります。
IMG_6004

IMG_6005

IMG_6006

それでは(^_-)

続 銀座 グルガオン

今日は「通勤電車」です。
22321023860
猛烈会社員を演じている私の朝の通勤は早いのです。
と申しましても始業の一時間前に行っているだけです。
それ以上早く行こうとしますと、奥様に早起きを強いらせますので無理なのです。
隣駅からは始発電車に乗れますので、始業15分前に会社に着くのであれば、それに乗ればいいのですが、そんな始業前ギリギリにつくようなアタフタは嫌いなのです。
やはりリーマンは始業一時間前には会社に行きアイドリングをしておいて、始業のベルが鳴りましたらトップギアに入っていないといけないというのが私の仕事に対する向き合い方です。

従いまして一時間の通勤は立っていく事になります。一時間くらいの立っての通勤は苦にもならないのですが、車内でもiPadairで仕事をしたいのでできれば座りたいのです。
そこで途中下車する人を選ぶハウツーを考えました。
一番簡単な方法は、すぐに途中下車する人のデータベースを作る事です。
しか〜しすぐに途中下車する人の大半がリーマンではないのでレギュラーコミューターにはなりえないのです。
要は蓋然性に欠けますので、この目論見はあまり機能しません。
次に考えたのは、すぐにではないのですが途中下車する人の大半はリーマンではない一般の方ですので私服です。これらの方々の前に立っていれば座れる可能性はかなり高いのです。
しか〜し女性の私服によく騙されました。
多分、事務服がある会社、ちなみに事務服って死語ですかね、その制服がある会社の女性はかなりカジュアルいでたちをしているので成功率は低いのです。
要は一般人に成りすましたビジネスウーマンが多かったのです。
次に考えたのは老人です。
しか〜し朝のラッシュアワーに老人が乗る事はすくなくこれもあまり機能しません。
問題はリーマンです。
これが難しいのです。
で〜も一つ言えるのはきょろきょろと落ち着きのない方は早く下車する可能性は高いのです。
かつてチック病(一見すると普通の癖のように見える神経疾患)の方の前に立ち痛い目にあったことがあります。
で〜もこれって結構楽しいのですね。
仮説が当たり座れたときは知らない間に莞爾として白い歯をこぼしている私がいます。
これだけITが進化していますの、できますればAR(拡張現実)を駆使して、座っている方の降りる駅を表示してくれればと切望する今日この頃であります。


こういう流れってスキです。



IMG_5656
今日は銀座に出没です。
今日のお店は「グルガオン」さんです。

住所:東京都中央区銀座1-6-13 銀座106ビル B1F
電話:03-3563-0623
定休日:年中無休(年始年末を除く)

IMG_5648
お店の外観です。

IMG_5650
店内の雰囲気です。

IMG_5649
メニューです。

今日のオーダー「三色カレー&チーズクルチャ」1,150円です。
女性スタッフにナンの代わりにチーズクルチャを頼みましたら、チーズ入りナンですね、と言われました。
少し気になったので、チーズクルチャと頼んだのですがなんでチーズ入りナンと言い換えたのですか、と聞けば、まったく同じものです、と言われました。
それであれば、お客の注文を言い換えるのって失礼ではありませんか、と申しましたら黙殺されました。

IMG_5655
感じが良くないのでメールでもチェックしようかと思いiPadairを開けますと、今度は男性スタッフがすっ飛んできて、当店ではパソコン及びiPadの仕様はお断りしていますのでおしまいください、と上から目線で言われました。
どこにそんな断りがあるのですか、と聞けばはるかかなたの入り口のドアに貼ってあります、との事です。
こんなインド料理の店員さんと揉めるのも嫌なので大人しくiPadairを閉じました。
しか〜しパソコン及びiPadが駄目でなんでアイホンはいいのでしょう。
まして他のお客様がいないテーブル席で、料理がくるまでのアイドルタイムの有効活用であります。
繁盛店ですから食べ終わったらそそくさと帰りますよ。
こういうオイコラ警官みたいなお店は大大大嫌いなのです。

待つこと5分で「三色カレー&チーズクルチャ」の到着です。
IMG_5652
今日の三色カレーは、辛口はポークカレー、中辛は中華チキンプルス、甘口はインゲン、人参と茄子の野菜カレーです。

それでは実食です。
IMG_5654
どうなのでしょう。
なにも訴求するものもありません。
味に深みがありません。
チーズクルチャは美味しいのですが、さりとて他店と比べて抜きんでているかと申せばそんな事もなく、ただただ接客の横柄さというスパイスが効いていただけです。
もう銀座でインドカレーは食べるのよそうと決めさせたランチでございました。

それでは(^_-)

銀座 グルガオン

今日は「今どきのドラえもん」です。
main01_large
将来、どんな便利な道具が欲しいですか? 
取材班は子どもたちに聞いてみた。対象は7月に経済産業省が都内で開いた子供向け工作体験イベントの参加者。4〜14歳の男子49人、女子13人から回答を得た。
砂盃諒さん(12)は「暇な時に何をしたらよいか見つけてくれる機械」と答えてくれた。
人工知能(AI)の進化の先に見えてきそうな機械だ。
川瀬太一さん(13)はテレビの進化を期待した。「山の空気を吸えたり、食べ物の香りを嗅げたり味わえたりする」。
嗅覚や味覚に訴える映像を思い描いているようだ。
関口悠太さん(7)は「転んだらすぐにばんそうこうを貼ってくれる」相棒を求めた。
「子どもだけで操縦できる自動運転車」(諏訪光羽さん、11)など移動にかかわるモノへの関心も高い。
気になるのは今のスマートフォン(スマホ)の高機能化を求める声の多さ。
「充電が早くできるスマホ」「壊れないスマホ」……。
「ポスト・スマホ」の未来像がこれではちょっと寂しい。
子どもたちを驚かせる道具をつくり出せるか。
大人たちの腕の見せどころだ
「『ポスト・スマホ』は? 子供の期待様々」日本経済新聞より転載

子供たちの「あったらいいな」が意外に荒唐無稽でなくてクリビツしました。
私の「あったらいいな」は、AIを駆使した画像ツールです。
それは、夢の録画です。
私の夢はほとんどが他愛のないものですが、たまにもう一度見直したいなと思う夢があります。
こういう夢に限って、本当にいいところで終わってしまうのです。
たしか脳の働きも煎じ詰めれば、化学物質の量の増減ですから、パターニングは将来可能なはずです。
仮にそれが録画できたら、その次はその夢の続きを自分の思い通りに編集できるツールです。
これ完成したら売れると思いますよ。

閑話休題。
ビジネスのシーンでは「そこまでいうか」という場面がたまにあります。
そのシーンを耳の脇に小さなCMOSやCCDを搭載した超小型カメラで録画しておいて、後はくだんのAIでいいように逆襲するのです。
所謂、この恨みはらさでおくべきか、です。
たしか近未来のTVドラマは、シーンの分岐においては、ハッピーエンドで終わるのかアンハッピーエンドで終わるのか選べるようになります。
この技術の応用です。
ビジネスのシーンでは、私はかなり言いたい放題ではありますが、さすがにTPOにおいてはそれいなりに気を使いますので自然とストレスは溜まります。
これもあったら売れると思います。

parts_04
この間、電車内で私の右隣に座っている太った女性が爆睡していて、定期的に私の方にもたれかかってきました。
妙齢で見目麗しき女性であれば、甘んじて受け止めるのですが、身長は、違うか、座高は私より高い偉丈夫な女性なのです。
加えて上述のとおり太っておられますので、腐ったチーズが汗をかいたような匂いがするのです。
最初はスグに降りるだろうと我慢して20分程、彼女の人間枕になっていたのですが、とうとう堪らず体押し返しましたら、それで目が覚めたいなのです。
私は、すみません、という謝りの言葉を待っていましたところ、なんで起こしたんだ、と逆ギレされました。
多分寝起きが悪い方なのでしょう・・・
これは即座にAR(拡張現実)で、厚くて硬い竹の定規でお尻叩き100回します。
REALなら彼女の腐った体臭が飛散するのでノーサンキューなのですが、ARなら匂いはしないのでいいかなと思うところであります。


取り直し600回に納得!



今日は華のザギンに出没です。
IMG_4952
今日のお店はザギンで一番インド料理の美味しいお店です。
今日のお店は今「グルガオン」さんです。

住所:東京都中央区銀座1-6-13 銀座106ビル B1F
電話:03-3563-0623
定休日:年中無休(年始年末を除く)

IMG_4954
お店の外観です。


IMG_4962 (2)
店内の雰囲気です。

IMG_4961
メニューです。

今日のオーダー「三色カレー」@1,050円です。
グルガオンとはヒンドゥー語で「さとうきび」です。
このお店は「ダバ・インディア」の姉妹店なのですね。
なにか期待もてそうです。

IMG_4957
入店するとここの控えの間でウェイティングです。
なにやら面接を受けるみたいです。

しばらくしてから席に案内されそこで注文をし待つこと5分で「三色カレー」の到着です。
IMG_4964
見た目美味しそうです。
三色カレーは
辛口:ポークアチャーリ(インドのミックスピクルス入り、辛味と酸味)
中辛:チキンひき肉カレー
甘口:2種類の豆、ほうれん草マサラ
です。

それでは実食です。
IMG_4965
辛口は酸味が強すぎていけません。たまに遭遇する豚コマで口内味覚を整えていました。
中辛は茫洋としていて感想はなくひき肉が美味しいねというところです。
甘口は、辛口の味がのこり過ぎて味が分らずです。
さめたら意外にイケました。
IMG_4966
残念なのはナンです。
ナンだけに難ありですか。
私は旗艦店の「ダバ・インディア」のナンが一番東京で美味しいと思っていたのに、姉妹店はきれいに私の期待を裏切ってくれました。要は甘さと軽やかさが足りませんでした。

IMG_4968
どうですかね、不味くはありませんが、ちょっと行列にだまされました。
ここにいくなら少し歩きますけれど「ダバ・インディア」に行った方が良いかなと思います。

それでは(^_-)

続 銀座 俺のそばGINZA5

今日は「紀尾井町界隈」です。
slide160713180213_2x

IMG_4852

IMG_4877
「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、地上36階、地下2階建て、オフィス・ホテル(ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町)・紀尾井テラス(商業)・紀尾井カンファレンスを備える「紀尾井タワー」と地上21階、地下2階の135戸の賃貸住宅を有する「紀尾井レジデンス」、街のシンボルとして、東京都の指定有形文化財である旧李王家東京邸(旧グランドプリンスホテル赤坂 旧館)を保存、復原しつつ、新たな機能を備えた「赤坂プリンス クラシックハウス」からなる、新旧が融合する複合市街地です。
ホテルが入る高層ビルと旧李王家邸の「赤坂プリンスクラシックハウス」の間の歩行者通路には水が流れる涼しげな一角があり、200種類以上の木々や草花が目を癒やします。
草木にはツバキ、ケヤキといった具合にプレートが付けられ、ちょっとした植物園というおもむきです。
ビオトープ(生物生息空間)もあり、これからはトンボやチョウに出合えるでしょう。
犬をつなげるフックが設置してあり、愛犬家にもおすすめです。
散歩のついでにガーデンテラスの多彩な飲食店に立ち寄れるのも都心ならではですね。
クラシックハウスでもレストランやカフェが通常営業しており歴史ある洋館でのひとときは日常を忘れさせてくれます。参考文献「ミニ植物園、憩いの散歩道 東京ガーデンテラス紀尾井町」日本経済新聞

IMG_4876

img_eguchi

img_kintsuba

img_amo
奥様の実家への帰省土産購入というディレクションにより「東京ガーデンテラス紀尾井町」に行って参りました。
向かったお店は「叶 匠壽庵」さんです、
なにやら東京初の実演販売店だそうです。
女性菓子職人の江口綾さんがその場で焼き上げるのは銘菓「匠壽庵きんつば」です。
彼女がオーダーメイドの和菓子(お誂え菓子)をつくる職人になるという夢のため、志した最初の大きな一歩が、東京ガーデンテラス紀尾井町店だそうです。
いやいやこのお店の接客は素晴らしいですね。
あまりにも感じが良いので他にも爆買いしてしまいました。

IMG_4868

IMG_4869

IMG_4872
買い物の後、旧李王家東京邸(旧赤プリ)に向かいました。
かつて数多くの友人の結婚式場でした。
プチ懐かしいです。

IMG_4873

IMG_4874

IMG_4867
「東京ガーデンテラス紀尾井町」さんの目玉の水の広場です。
この日は35度を超える猛暑です。
絶え間ない水の流れは涼感を与えてくれます。

IMG_4855

IMG_4858

IMG_4860

IMG_4859

IMG_4856
折角ですので私たち夫婦が結婚式を挙げたニューオータニさんにも立ち寄りました。
ここの日本庭園はこのホテルで一番好きな場所です。


空飛ぶお相撲さん?



IMG_4878
紀尾井町の後は、弁慶濠の釣り堀を横目で見ながら銀座に移動です。  
150806_laox_001
銀座は「爆買い」失速で、ラオックス(蘇寧雲南集団傘下)さんは2016年の上期決算は約5億円の赤字になりました。で〜も中国人は依然多いですね。
財布の紐が締まったのではなくて単に爆買いが一服したみたいです。
私の知り合いの中国人は脱サラして中国の客にmade in Japan品を転売するブローカーになったのですが、中国の税制変更でコストが合わなくなって商売不調の中、爆買い一服で踏んだり蹴ったりですね。
お子さんがまだ小さかったので心配であります。
IMG_4839

IMG_4879

IMG_4841
今日のお店は、銀座や新橋エリアにて、立食い形式で高級食材を破格のお値段で提供するというコンセプトで業界の風雲児となった「俺の」ブランドの「肉そば」店です。
今日のお店は「俺のそば GINZA5」さんです。

住所: 東京都中央区銀座5-1 GINZA5 B1F
電話:03-6274-6894
定休日:無休(不定休)

IMG_4843
お店の外観です。

IMG_4849
店内の雰囲気です。

IMG_4844
メニューです。

今日のオーダー「俺の肉そば」@800円です。
2年ぶりの再訪ですが値段が+@200円上がっていました。
レジも新設されていました。
品数も増えていました。

待つこと1分で「俺の肉そば」の到着です。
IMG_4845
「俺の肉そば」は、どんぶりに黒っぽい蕎麦が大量にのっています。
その上にはたっぷりとした固まり状態の肉、ドサッとした白ネギ、そしてこれでもか、という刻み海苔がトッピングされています。つけ汁はかなり甘みの強い蕎麦汁にラー油を張ったものです。

それでは実食です。
IMG_4846

IMG_4848
作り置きなのですかね・・・
蕎麦に冷たい部分と妙に生暖かい部分が混在していますが、相対的には生暖かいです。
その代わりというのも変なのですが肉が柔らかく味がまろやかになっています。
肉は美味しいですね。
いつもの通り量に負けるのは嫌なので完食しましたが、ここまで大盛にしなくてもと思います。
所謂、B級グルメの立ち食いお蕎麦屋さんというところでしょうか。

それでは(^_-)

銀座 刀削麺園

今日は「キレたらアカン」です。
最近、妙齢で且つ美女が汚いお言葉を吐くのを目の当たりにしました。
ちょっとクリビツしたので紹介します。
宜しかったらお付き合いください。

#じゃまだろ。ドケヨ
normal
奥様と待合せして夕食をとった帰り、最寄り駅までトボトボと二人で歩道を歩いていました。
すると斜め前に駐輪場がありとても美しい女性が駐輪ラックから、えんやこらと自転車を出して、私たちの方に向かって押して進んできました。
道幅はどうでしょう、大人4人分くらいの広さで、私の方に自転車を押しながら向かって来る女性とは、余裕ですれ違うスペースでした。
そしてすれ違ったのですが、すれ違う瞬間に、なななんと、じゃまだろ。ドケヨ、とおっしゃられたのです。
すれ違ってからはスグに自転車にまたがり私たちと反対方向にゆっくりとペダルを漕ぎだしていったのです。
私は奥様の方に向き直って、今、彼女なんていった、と聞きますと「じゃまだろ。ドケヨ」とおっしゃっていましたよ、と答えたのです。
私は、あんなにキレイな顔をしているのに、何とも下卑た言葉を使うもんだね、と奥様にダメをだすと、最近の若い娘(こ)は顔だけではわかりませんわよ、との事でした。
万が一、そのような娘さんがお嫁にきたらまずいよな、と申せば、あなた様の子供でしょう。
その様な娘さんは絶対に選びません、とキメられたのです。
これってホメられたのかどうか悩んでしまいました。

#早く上がれよ
normal1
取引先に直行しました。
その取引先は六本木にあり、取引先が入居しているビルのテナントは有名な外資系企業が数多く含まれています。
時間は8時50分位です。
私がエレベーターに先に乗り込んだので、階数ボタンを押す場所に立っていました。
しばらくして昇降時間になりましたので、ゆっくりと扉がしまりました。
私の脇にはどこから見てもキャリアウーマンとおぼしき、背の高い目鼻立ちがはっきりした美女が立っています。
すると私の鼻孔に酒香が刺さってきました。
しかもこの酒臭いに匂いはナマ酔いの匂いです。
二日酔いのような熟柿した匂いではありません。
その匂いの発生源を鼻で探しましたところ、なななんと隣に立っている美女だったのです。
えっ、朝方まで飲んでいたのですか、と思わず聞きそうになりました。
さら〜に階が進んでいく度にくだんの美女は扉の「閉」ボタンをグーでたたきます。
多分、出社時間にギリギリなのでしょう。
とうとう三回目には勝手にキレて、恐ろしいことに「閉」ボタンをパーで叩いて、早く上がれよ、と叫んだのです。
多分その絶叫に凍り付いたのは私だけではないと思います。
しか〜しこれだけの美人は見たことがありません。
「獣顔善心」も嫌ですが、このような「残念美女」はさら〜に嫌ですね。


懐かしい・・・



今日はザギンに出没です。
IMG_4269
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は「刀削麺園(トウショウメンエン)」さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-12-1
電話:03-6807-6366
定休日:年末年始

IMG_4271
お店の外観です。

IMG_4274
店内の雰囲気です。

IMG_4270
メニューです。

今日のオーダー「揚げ豚バラの煮込み丼」@900円です。
日本語が上手ではない中国人が切り回しているのでちょっと変な雰囲気です。

待つこと2分でサラダとスープの到着です。
IMG_4275
特段のサプライズはありません。

待つこと8分で「揚げ豚バラの煮込み丼」の到着です。
IMG_4278
見た目ナッツケーキみたいです。

それでは実食です。
IMG_4279
これは単に豚バラを揚げて酸味の効いたトロミをかけ回しています。
ほのかに八角の香りが鼻孔に立ち昇ります。
中国の工場の食堂で食べた味に似かよっています。
所謂、中国版B級グルメですね。
味ですか、見た目通りの味がする料理は好みではありません。
ネットでみますと刀削麺のお店です。
それでもう一度リベンジしますか。

それでは(^_-)

銀座 銀座イタリー亭

今日は「大学時代の友人に会う」です。
私は走るのは苦にならないのですが歩くのは苦手です。
従いまして駅のホームでは極力エスカレーターに乗りますし、場合によってはエレベターにも乗ります。
とある駅で運よくエレベターが開いたので、勿怪の幸いとばかりに乗り込むと先に乗り込んだ年輩の方と目が合いました。パリッとしたスーツを着ている割には疲れた顔をしているなぁと思っいながら開閉ドア側に体の向きを変えると、まさかという大きなクエスチョンマークが頭に浮かび上がってきたのでした。
そのモヤモヤを確認すべくもう一度振り返りますと、そこには大学のテニサーの友人がスーッと立っていたのでした。
振り返った私の顔を見るなり、早く思い出せよ、と言って笑っていました。
お互い帰宅の途中でしたので、車中で近況を話しましたが、そんなにも間が空いてなく、2年ぶりの再会だったみたいです。
話している内に、向こうはすぐに私の事に気がついたようですが、私が同じように気がつかなかったのには理由があったのです。
それはこの2年間で、私の友人は急激に老け込んでいたのでした。
雑談の中でわかったのは、彼は脊椎の神経を病んでしまい、それにより歩行障害が起きているようです。
そういわれて見れば、歩くとき軽いビッコを引いていました。
体調がかんばしくないみたいです。
どうやらこの神経の病気が彼を急激に老け込ませたようです。
それまではテニサーの同期の中では、私と一二を争う若者風の相貌だったのですが、病気は人の外観も変えてしまうのですね。

80b567e4 - コピー
ある時、過去のアルバムを整理していましたら、大学時代一番に仲の良かった友人の結婚式の写真がでてきました。そういえば暫く会っていないなと思い調べてみましたら、なな何と2006年8月4日に会って以来ですから3,628日≒約10年も会っていませんでした。
これは遺憾ということでメールをしますと、すぐに返事がきて再会の運びになったのです。
再会の場所はとあるホテルのレストランにしました。
10年の歳月は彼をその時間以上に老け込ませていました。
前回会った時にすでにその兆候があったのですが、頭の真ん中の芝生が半分程無くなってきており、それが年以上に老けて見せている様です。
その真逆で私はお酒を停めたせいか若返っていたみたいです。
まぁ悪友ですからとりとめのない話に終始したのですが、彼の酔いが廻ってきた頃から、私の旧悪をあばき始めたのです。最初はふんふんと懐かしがって聞いていたのですが、そのうちに血の気が引いていました。
ほとんど犯罪者の所業なのです。よくもまぁ前科がつかなかったものです。
前科がつかなかったのには理由があります。
くだんの友人の母親が桜田門の捜査一課の刑事だったことから、数回にわたり事件性のものはもみ消してもらっていたからなのです。
そういわれてみれば桜田門のお母さまの処にはよくもみ消しのお願いに上がり、その度に悪気があってやったのではないからいいけれど、若気の至りは一度だけのはずですよ。
よくよく改心して、しっかりと大学を卒業してご両親を安心させてあげてね、と言われました。
そんなお母さまも今や天に昇られてしまい月日の移ろいを感じていました。

rite_01 - コピー
旧悪の中で唯一書けるネタがありました。
やった本人は完璧に忘れていたのですが・・・
学生だった私は父の会社のビルの最上階に一人で住んでいたのです。
なぜかそのビルの三階には教会があって、私は泥酔するとその友人を連れて牧師のところにいき、自分の悪行を悔いにいっていたそうです。
私は最初、嘘だ、と言いきって一顧だにしなかったのですが、話を聞き続けていますと思い出してきたのです。
そうなのです。当時の私は、キリスト教徒はすべての人に、あまねく愛を注ぐ博愛主義者なのだから、迷える魂の救済をするのが使命だ、と言ってグダグダとからんでいたのでした。
悔いに行っていたのではなく絡みに行っていたのです。
友人曰く、若い時はお互いに無茶苦茶していたので大概の事は驚かなかったけれど、泥酔して牧師に絡みに行った奴はお前しかいなかったぞ、と笑っていました。
あまりにも悔しかったので、お前だって、酔ったいきおいで大きな声で賛美歌を歌っていたじゃないか、そして最後は酔いつぶれて教会で寝てしまった事を忘れたのかと、語る人も語られる人もアホな人の話になってきたのです。
しか〜し牧師さんに泥酔して絡むとは、私には必ず神罰がくだりますでしょう。
その日に備えて毎日をキリキリと生きていくのです。
それにしても自らを呆れ果て久々に我が身を放擲したい気持ちになりました・・・


魔球?



今日はザギンに出没です。
IMG_4232
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は「銀座イタリー亭」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-6-8 第2上一ビルディング 1F・B1F
電話:03-3564-2371
定休日:無休

IMG_4234
お店の外観です。

IMG_4237
店内の雰囲気です。

IMG_4235
メニューです。

今日のオーダー「練りウニとイカのスパゲッティクリームソース(270g)」@1,350円です。
創業63年目を迎える銀座の老舗イタリアンです。
店内のしつらえもその雰囲気を醸し出しています。

待つこと1分でサラダの到着です。
IMG_4239
サラダ美味しいですね。
エッジが立っていて野菜が甘いです。

待つこと7分で「練りウニとイカのスパゲッティクリームソース」の到着です。
IMG_4241
このお店は爆盛りのお店です。
普通に頼みますとMサイズで350gとa little too muchであります。
私はそれでは量が多いのでMサイズの8分目の270gにしました。

それでは実食です。
IMG_4242
見た目ベチャコスパです。
ごめんなさい全くウニの味がしません。
一応クリームでウニを伸ばしているみたいですが・・・
体調の問題もありますので軽々には申せませんがチョットねぇであります。
ソースもくどく最後の方は飽きてしまって残してしまいました。
どうやら私の好みの味ではなかったみたいです。
こんな日もあります(笑)

それでは(^_-)

銀座 俺の揚子江

今日は「軽演劇鑑賞の巻」です。
久々に軽演劇を観に奥様と新橋演舞場へ行って参りました。
IMG_4092

IMG_4103

IMG_4102

IMG_4093
今回観に行ったのは、熱海五郎一座の新作「ヒミツの仲居と曲者たち」でした。
熱海五郎一座とは、伊東四朗さんを座長とする2004年旗揚げの「伊東四朗一座」をもとに、伊東さんがどうしても参加できない場合に、三宅裕司さんが座長として公演する際の劇団名です。
判じ物みたいですが、劇団名は、伊豆の伊東の隣にあるので熱海、四朗に対するリスペクトで五郎という二つをつなぎ合せて熱海五郎一座となったようです。
あらすじは、神奈川県内のリゾート地にある老舗高級旅館「ふじみ楼」が舞台です。
閑散としたその宿に住み込み希望の女性(松下由樹さん)がやってきて、仲居として働き始めます。
懸命な働きぶりですこぶる評判は良いでのすが彼女の素性は謎だらけです。
一方、その旅館の隣には神奈川県知事の息がかかったリゾートホテルが建っています。
ある日、そのホテルの不祥事が週刊誌にすっぱ抜かれてしまい奇想天外な展開になっていき最後は意外な結末に・・・

news_header_P1000206

news_thumb_matsushitayuki

news_thumb_P1000190
特に今回は、シリアスからコメディまでこなす演技派女優・松下由樹さんと、ピーターパンとして舞台に舞い降りて今やミュージカル界のスター・鈴本玲奈さんが加わったものですから、壮観極大捧腹絶倒波乱万丈的ハリウッドスーパーグレートエンターテインメント大爆笑喜劇となったのです。息が切れた・・・
news_thumb_P1000166
特に愛人を連れて温泉に泊まる知事(ラサール石井さん)が偶然にも前東京都知事のふるまいにかぶっており、随所に、非常に政治的な機微に関わることでありますし、相手方の プライバシーもありますから、これはお答えを差し控えさせていただきたいと思います、等の知事答弁ネタを連発させて笑いを取っていました。
news_thumb_P1000158
これはアンコールの時に演出担当の三宅裕司さんが、このような僥倖は生まれて初めてです。毎日、前知事がネタを提供していただくので、台本を書き換える苦労はあったものの、こんなに知事ネタで受けた事はありませんでした、と正直にウレシイ悲鳴を披露していました。
できれば千秋楽が終わった後に辞任してほしかった、と笑いながら結んでいました。
news_xlarge_shunputeishouta_art
さらに笑点の新司会者となった春風亭昇太さんは、局側の強い要請で、新司会者の発表当日の生放送まで、三か月間の箝口令がひかれていた裏話をしていて、プロデューサーから、いいですか、家族といえども話してはいけませんよ、と言われ、俺一人暮らしなの知っていて言ってんだから、独り言もしちゃいけないのかい、と言って笑いを取っていました。
news_thumb_P1000162
さら〜にさらに、共演者のリーダーこと渡辺正行さんからは、昇太ちゃん、俺、口固いので有名なんだ。
絶対に言わないから、新司会者教えて、教えて、と言われ続けたそうです。
自分で口固いという人に「秘密を漏らさない人」がいるワケもなく無視し続けていたのですが、この口固い人は、ひつこい人でもあったようです。
それこそトイレでふんばっている時でもトイレの外から、絶対にいわないから教えて、という執拗な質問攻めに根を上げ、とうとう、ここまでで勘弁してください、と前フリをしてから次のようにリークしたのでした。
新司会者は・・・、実は笑点メンバーの中から決めるようですよ、と言いましたら、そうか、昇太ちゃん以外の人か。わかった、わかった。絶対他人にはいわないよ。約束する、と言ったので、家族には、言うつもりだな、と思ったのと同時に軽い殺意が湧き上がってきた、と言っていました。
まぁ役者がそろっていましたね。脇を固めていたスーパー・エキセントリックシアターの演技は安定感あり、構成も良く、お蔭様で半年間溜まっていた「笑いの在庫」を全部放出しました。
心の底から笑うという事は良いことですね。




ということで今日は奥様とザギンで夕食です。
IMG_4106
今日のお店は「俺の揚子江」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-10-10
電話:03-6264-3390
定休日:不定休

IMG_4111

IMG_4133
お店の外観です。

IMG_4123

IMG_4121
店内の雰囲気です。
このお店は現役音大生のピアノ生演奏が楽しめます。
案内された席がなぜかカップル席だったので妙に緊張しました。

IMG_4118 (2)
メニューです。

まずは「お疲れさま乾杯」です。
IMG_4116
私は「生姜ジンジャーエール(@480)」で奥様は「ジンジャーエール(@380)」を頼みました。
これは意外にキレ味がよかったですね。
まずは喉の渇きを癒しました。

そして手始めは「空芯菜の炒め(@680)」です。
IMG_4126
実はこのような炒めたソースが多い「空芯菜の炒め」は好みではありません。
シャキシャキ感がないのでいきおいソースの味が全体を支配してしまいます。
味が良いだけに残念です。

そして「牛肉のブラックペッパー炒め(@980)」です。
IMG_4129
うん、これは安定感ありますね。
牛肉美味し、ソース美味しです。
ブラックペッパーが味を引き締めています。
これは高評価です。

締めは「エビマヨ10尾(@980)」です。
IMG_4132
あれ、今日の油場さんどうしたのでしょう。
揚げが良くないですね。
普段はもっとカラッと揚っていますのに。
これはこのカラッがなければ味は半減です。
で〜もこのお店「初見参」の奥様は舌鼓を打っていましたので、私の不満はこのエビマヨと一緒に飲みこんでしまいました。

このお店はよく接待メシで使っていますので私の好きな銀座のお店の一つです。
今日はディナーショーの時間に合わせてきたので奥様もご機嫌だったようです。
たまにくるならこんなお店です。
そうそういい忘れていました。
このお店のレギュラーポーション(盛り付け)は多いのであまり一気に頼まない方が宜しいですよ・・・

それでは(^_-)

続 銀座 不二家レストラン

今日は「銀座DEデート」です。
相も変わらず忙しく動き回っています。
今日は奥様の買い物のお付き合いでアフターファイブは銀座に出没です。
IMG_3936
待ち合わせ場所は帝国ホテルです。
さすが帝国ホテルです。
中国人が少ないですね。
中国人と申せば、最近、右肩上がりであった「爆買い」にブレーキがかかってきました、
中国は経済成長が鈍り、2015年に夏には上海株が急落しました。
これにより円高・人民元安が進み、この一年間で日本の商品の効用(消費者が財やサービスを消費することによって得る主観的な満足の度合い)は2割近くも失われたのです。
中国政府は4月、越境EC(電子商取引)に関する税制を変更しました。
事実上免税だった個人輸入扱いの荷物に一般貿易並みの税金が課せられるようになりました。
これはドラッグストアなどで買い付けた商品を本国の客に販売していた代理購入所謂ブローカーの排除であります。
この措置により、税制の抜け道を使って荒稼ぎするブローカー業者を締めだし、正規の貿易業者の不公平感を無くす事が狙いとみられています。
要は、人海戦術で商品を調達してきたブローカーは関税引き上げと円高で旨味がなくなってしまったのです。
「爆買い」は今や死語となりつつあるのです。
IMG_3937
しか〜し中国人の「爆買い」が沈静化しても我が奥様の「馬鹿買い」は依然衰えることはありませんでした。
色々なデパートで買い物をし続けた奥様が最後に向かった先は、東急プラザ銀座内にあるHINKA RINKAです。
HINKA RINKAは、大人の女性の「ドラマチックな生き様」を、銀座から提案する、東急プラザ銀座内の一画に誕生したセレクトストアです。
そこでチョコレートを買いたいのだそうです。
お店の名前は「CACAO MARKET」さんです。
017

018

original

original2
この画像はネットより転載
ここの創設者のマリベルさんは、世界で初めてチョコレートを食したと言われるマヤ族の末裔だそうです。
カカオの現状と素晴らしさを伝えたいと、日夜奮闘し続けています。
IMG_3966

IMG_3967

IMG_3980

IMG_3999
奥様は画像のように色々なチョコレートを選んで私の財布で買われました。
この量(画像は全体の約3分の1)で2,737円です。
高いでしょう(笑)
このお店は計り売りでして、そのチョコレートによってグラム単価が変わります。
従いまして、あれこれ詰め込んだら、結果としてこの値段になってしまったのです。
精算の時に高かったので、減らしてください、とは私が恥ずかしくて言えなかっただけです。
味ですか・・・
女性好みの味ですね。
私もチョコレートは好きで毎日のように食べていますが、ここのお店のテーストは口には合いませんでした。
確かに、ナッツ、プレッツェル、コーヒービーンズなどカラフルなチョコボールや、チョコボール以外にもドライフルーツをチョコレートでディップしたものや、貝殻の形をしたパスタをポン菓子にしミルクチョコとホワイトチョコをコーティングしたものなど様々売っていました。
要はこのお店は、女性の「選んで買う」という大好きなふるまいを極大化する戦術をデザインしたのでしょう、多分。

IMG_3962

IMG_3965

IMG_3963

IMG_3964
最後は奥様の火照った気持ちをクールダウンするために屋上のキリコテラスに上がり夜景を眺めていました。
キレイですね・・・
夏は、ここキリコテラスはビアガーデンになるみたいです。
会社の女子達とで〜も来ますか。
という事で私と奥様の「銀座DEデート」は無事に終了したのであります。


感動の再会



今日は銀座に出没です。
IMG_3952
今日はかなり奮発して高級レストランで食事をしたのですが、さすがに高級だけあって写真撮影は厳禁でした。
従いまして、今日のお店は食後のデザートを食べた「不二家レストラン」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-2-12
電話:03-3562-0681
定休日:無休

IMG_3953
お店の外観です。

IMG_3961
店内の雰囲気です。

IMG_3954
メニューです。

今日のオーダー
私は「モンブランケーキセット」@1,010円
奥様は「イタリアンショートケーキセット」@1,000円です。
銀座ウェスト
最初は銀座ウェストの銀座本店に行こうと思ったのですが財布が痩せすぎて・・・
ここにしたのでした。

待つこと3分で両方のケーキが揃いました。
IMG_3956

IMG_3955

味ですか・・・
IMG_3958

IMG_3957
モンブランケーキはギリ及第点ですか。
イタリアンショートケーキ甘さ控えめで高評価です。
それでも生クリームが少し緩かったですか。

今日は、結構熟年カップルが多かったのです。私たちみたいにお酒を飲まない人からしますとここはスウィーツの聖地でもありますし、今宵のにぎわいにも納得です。
そんな事を考えていましたら奥様の顔がペコちゃんみたいに見えてきてニヤけていましたら、どうやら私の考えている事を見透かされたようで、そんなふうにミルキー、と奥様から言われました。
どうやらお後が宜しいようで・・・

それでは(^_-)

有楽町 ジャポネ 8th

今日は「新入女子社員との会話」です
この間、取引先の接待で、役員と一緒にきた女子の新入社員と親しく話す機会がありました。
彼女は関西学院大学理工学部人間システム工学科卒の所謂「リケジョ」であります。
大阪に生まれて大阪の学校をでたものですから、関西から離れた事なく、今回は東京配属されたことから生まれて初めての東京体験をするのだそうです。
ちなみに彼女は会社の独身寮に入居しての自炊暮らしです。
今どきの若い関西人のふるまいにより、日常会話は標準語を話しますが、宴席ではさすがに緊張が解けているのか、随所に関西弁がでてきます。
雑談の中で、私は彼女に東京に住んで驚いた事を聞きました。
ここで一気に彼女の驚いたトップ3をご紹介します。

#1.エスカレーターの立ち位置が逆
無題
まだ東京在住三カ月ですからこれには苦労しているようです。
もともとこれはアジア初の国際博覧会となった大阪万博には、多くの外国人の来場が予想され、関西では意図的にエスカレーターの右側に立つように変えたのです。
しか〜し大阪は、かめへんのですが、問題は京都です。
ここは観光都市ですので、京都人の方以外の方が多く、エスカレーターの立ち位置がてんでバラバラです。
かんにんえどす。
国際基準の宮城県ですが、一説によると、宮城・仙台市の地下鉄の開業時にあわせて、国際基準の左立ちに合わせて地元民は、右立ちにしたようです。
これ本当かな?
ということで栄えあるトップ1は「エスカレーターの立ち位置が逆」でした。
以外でした・・・

#2.満員電車
train
関西もラッシュアワーがありますが、東京の満員電車には驚いたそうです。
最初は、なんかの事故やろ、と思って、数台見送ったのですが、しばらくしてこれは事故ではないことが分って驚いたそうです。
で〜も最近首都圏のラッシュアワーは昔ほどではありません。
その当時、関西を含んだ地方から来た人は、東京のラッシュアワーには驚いたのでしょうね。
知り合いの外国人は、乗車待ちの沢山の人が、余すところなく満員電車に吸い込まれていくのを見て、これは魔術だと本当に思ったそうです。
ということで「満員電車」がトップ2でした。
これまた意外でした・・・

#3.大根の葉がない
daikon-aokubi06
これは女性視点ですね。
関西では大根は葉付で売られているそうです。
ちなみに奥様にその旨を確認しましたら「大根の葉、いただけますか?」とお願いするそうです。
若しくは、八百屋さんに行くそうです。
実はこのことは全く知りませんでした・・・
ネットで調べましたら、大根の葉を切るのは、根菜部分の鮮度を保つために葉を短く切っているようです。
これまた意外でした。


美声をお楽しみください・・・




今日はザギンに出没です。
IMG_0182
今日のお店はロメスパの絶巓「ジャポネ」さんです。

住所: 東京都中央区銀座西1-2 銀座インズ3 1F
電話:03-3567-4749
定休日:日曜・祝日

IMG_3939

IMG_3942
お店の外観です。

IMG_3949

IMG_3945
店内の雰囲気です。

IMG_3940
メニューです。

IMG_3948
ビッグな調味料の面々です。

今日のオーダー「キムチスパ(激辛・レギュラー=350g)」@550円です。
20時ギリギリに行ったのですが、こんなにも混んでいます。
今日はグルマン(大食漢)系の方が多く、内3人が親方(900g)を頼んで、へっちゃらに食べていたのには驚きました。皆さん、ビアベリー(太鼓腹)にならないのかしらんと心配していました。
ちなみにこの間会った英国人の腹が出ていたので、beer berry(ビール腹)と言いましたら、俺はビールを飲んで太ったのではない、変な英語使うな。それを言うならfatだとキレていましたが、日本人としてはどっちでもデブだ、と言い返しました・・・

閑話休題
「キムチスパ(激辛)」は、豚肉、キムチ、シイタケ、オニオン、コマツナ入りです・
待つこと11分で「キムチスパ(激辛)」の到着です。
IMG_3950
見た目、味が濃そうです。
それでは実食です。
実はキムチスパ(激辛)は鷹の爪みたいな香辛料を増やして辛くするものだと思っていました。
しか〜しその実態はキムチのタレを増量したものだったのです。
従いまして、味のイメージが違っていまして私好みではありませんでした。
最近このジャポンさんでは、この「キムチスパ」が一番美味しいと思っていました。
とくにこの「キムチスパ」の辛さと醤油味のからみが絶妙なのです。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」という事が身に染みた夕食でした。

それでは(^_-)

有楽町 谷ラーメン

今日は「退屈せんように」です
今日は「大阪弁」の話です。
以下は平成七年の一月「阪神大震災」の時の被災者とその方を心配する知人の会話です。

#なんや急に体がほり出されて、真っ暗な中で一体なにがどないしたんかいな思て、ゆっくり見たら、二階で寝てたはずが一階でねてますねん。はぁ一階がのうなったんですわ。

#子供が「おかあちゃ〜ん」ゆうて泣くもんやから、しっかり抱いて、おかしいな、なんで風がスースー来るねやろ思て、左の方見たら、なんや火が燃えてますねん。
むこうの方で、はぁ、外が見えますねん。
壁に大きな穴があいてるんですわ。寒いはずや。

#子供の手ェひいて、はだしで逃げてねぇ、どこをどう走ったか覚えませんわ。
やっと人が集まってるとこへ着いてほっとしたら、目がはっきり見えませんねん。
いやいや、ケガとちがいます。
コンタクト入ってないんですわ。
「大阪ことば学」尾上圭介著より転載

img_0
どうですか、とても悲惨な体験なのにどことなく笑いを取りにいっていますよね。
大阪の人は、このような考えられない恐怖の体験でも聞いて退屈しないように、少しでも笑いも取りたいという感覚があるようです。そうせんと、話している自分自身が「惨めになってかなわん」という気持ちがあるみたいですわ。

私の大阪から来られた取引先の持ちネタです。
JR大阪駅の御堂筋口前の横断歩道で、赤信号の間に、道路のこちら側にいる信号待ちの人が急にピッチャーの投球モーションの身振りを始めたら、道路のむこう側で同じく信号待ちしている人はどう反応するかという実験したねん。するとな、こちら側の背広の男が頭上に振りかぶったら、向こう側の背広の男がまるで催眠術にかかったかのように、自然に座り込んでキャッチャーの構えをとったやんで。
これたしかNHKやったからやらせとちゃうよ。
どうですか・・・
東京の銀座でやったらまず馬鹿にされるでしょう。

私が在阪時代にいつも行く居酒屋での話です。
星野阪神が優勝を目前にしている「阪神VS巨人戦」を神戸サンテレビで観ていました。
この日はノッテいる阪神が強くて9時半に巨人に圧勝してTV放映が終わりました。
すると知人の中野さんが、嘘やろ、強すぎるわ。わかった。これサンテレビが視聴率取りたいが為に過去の試合の良いところのつなぎ合せかもしれん。10時のNHKで裏とろ、と言いましたら、店にいた全員が、そうや、そうや、サンテレビならやりかねん、との大ブーイングになったのです。
その場にいた私は、なにをアホな、と思ったのですが、さすが大阪人といたく感動していました。

個人的には2年間大阪に住んでいましたので、おかげさまで関西弁はほぼネィティブ並みに話せるようになりました。大阪の人間の笑いを取るというふるまいにしびれ、私もスキがあったらしょっちゅう笑いを取りに行っていました。
大阪には「笑いの文化が根付いているなぁ」と在阪時代に強く感じたものです。
街をあげて「笑いを愛好」し「笑いを奨励」するふるまいに強いシンパシーを持ちました。
今でも関西の方と話すのは大好きです。
私の時おり見せるクスグリは大阪時代に醸成されたのであります。


この曲でいつも元気をもらっています・・・


今日は有楽町に出没です。
IMG_3687

IMG_3688
何やら美味しいラーメン屋さんがあるという事でお邪魔しました。
まるで映画の書き割りのような昭和が横溢するガード下を進んでいくと今日のお店にたどりつきました。
今日のお店は「谷ラーメンラーメン」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-6-8(6月に移転します)
電話:03-3231-5332
定休日:土曜・日曜・祝日

20150112044317
お店の外観です。
※外観写真を撮り忘れたのでこの画像はnetより借用しています。

IMG_3693
店内の雰囲気です。

IMG_3690
メニューです

今日のオーダー「ラーメン」@630円です。
すごいですね。このような昭和のラーメン屋さんが現存していたのですね。
IMG_3691
待つこと11分で「ラーメン」の到着です。
透明感あるスープに驚きました。
それでは実食です。
IMG_3692
トッピングはチャーシュー、メンマ、海苔、刻みネギと昔の下町のラーメンのステレオタイプであります。
スープは豚骨からとられたスープに、創業時から継ぎ足してきた醤油ダレで合わせている様です。
このスープはほとんど雑味がないスッキリした味わいです。
麺は固めに茹でた中太縮れ麺です。
少し粉っぽさがありこれは私の好きな昔の中華麺であります。
チャーシューは脂身の少ない硬めのものです。
従いましてなかなかスープが染み込んでいかないのですが、このような昔の中華屋さんのチャーシューがいまだ現存していた事に驚きを禁じ得ません。
総括しますと、昔の東京ラーメンです。
従いまして麺量が少ないので腹持ちが良くありません。
ここだけは真似しないで欲しかった・・・
味ですか、自信をもって「美味しい」と言わせていただきます。
JRのガードの補強工事があるので6月から東京駅の方に移転するとの事です。

それでは(^_-)

東銀座 鴨亭

今日は「splashな丸の内」です
奥様と日曜日の都内を駆け回りました。
その後半戦です。

#明治生命館
IMG_3722
明治生命館とは
「東京都千代田区にある生命保険会社の本社ビル。
1934年竣工。明治以来の半世紀にわたる様式建築習熟の頂点とされる。
設計は様式建築の鬼才といわれる岡田信一郎。
ルスティカ石積みのベースメント、5階分通したコリント式の大オーダー、2段重ねのアティックという3層構成による堂々たるファサードとともに、秀逸な全体のプロポーション、細部装飾の充実が目を引く」
「ブリタニカ国際大百科事典」より転載
上記のようなナイスな建物なのです。
で〜もここにはあるものを探しに行ったのです。
保険証券ではありませんよ・・・

#外観
IMG_3755

IMG_3754


#内観
IMG_3737

IMG_3723

IMG_3743

IMG_3744

IMG_3734


#会議室・控室
IMG_3724

IMG_3727


#食堂
IMG_3729


#一般執務室
IMG_3738


#アンモナイト
IMG_3749
そうなのです、これを探しにきたのです。
2億年前のアンモナイトがなな何と丸の内で見られるのです。
これには感激しました。

#皇居外苑
IMG_3761

IMG_3756
昔、会社の陸上部にいた時に皇居外周は良く走っていました。
約41周は19分42秒が最高記録ですが、正確な外周距離は3.8kmみたいなのでそれ程誇れるものではありません。

#二重橋
f2e37168
二重橋は終戦の日に多くの軍人が自決したと父が言っていたのでちょっと腰が引けて行かなかったのです。
実際8月15日、午前11時過ぎに二重橋と坂下門の間の芝生上で畑中健二少佐と椎崎二郎中佐が共に自決しているのは事実ですしね・・・
IMG_3757

IMG_3759

IMG_3758
来てみたら大日本帝国の人は私と奥様と警備の皇宮警察の警官×2人の計4人だけで、後は中国人を含めた外国人でありました。ハイ、

#将門塚
IMG_3763

IMG_3764
将門伝説に付きまして以下に簡単に記します。
当時、平将門は京都の天皇に対して自ら新皇と称しており、当然、朝廷が黙って見過ごすはずもありません。
朝廷は、早速、諸社諸寺に怨敵(将門)退治の祈祷を命じ、藤原忠文を征東大将軍に任命して将門の乱の鎮圧に向かわせました。
結果は、この討伐軍が到着する前に、地元の武士である藤原秀郷等に討たれてしまったのです。
戦いに敗れた将門の身体は、現在の茨城県坂東市の延命院に埋葬されましたが、首級(打ち取られた首)は平安京に運ばれ都大路の河原にさらされました。
しかし、無念やるかたない首級は腐りもせず目を見開き「胴体と首をつないでもう一戦しよう!」 と、夜な夜な叫んだと云われています。
そして3日目には、その首級は切断された胴体を求めて夜空に舞いあがり、故郷の東国に向かって飛んでいき、数ヶ所に落ちたとされています。
その首級の落ちた最も著名な伝承地が、千代田区大手町にあるこの「将門の首塚」なのです。
ここは奥様のご希望だったのです。
IMG_3765
巷間で言われている「ここに来ると首がつながる」とか、左遷になった会社員が「元の会社に戻ってこられる」ように蛙をそなえるなど、所謂ダメダメリーマンンの聖地なのです。
私のサラリーマン人生を心配してその聖地を奥様が見たいということだったのですが、私にはその様な事は起きないと思いますので、「心配されてもねぇ」であります。
という事で「splashな丸の内」でした。


Leap Of Faith



今日は東銀座に出没です。
IMG_3783
今日のお店は美味しい鴨料理が食べられるという事でお邪魔しました。
今日のお店は鴨料理「鴨亭」さんです。

住所: 東京都中央区築地4-2-11 新橋演舞場別館1F
電話:03-6264-0504
定休日:日曜日・祝日

IMG_3766

IMG_3782
お店の外観です。

IMG_3781

IMG_3772
店内の雰囲気です。

IMG_3771
メニューです。

今日のオーダー「鴨せいろそば大盛」@1,350円です。
IMG_3775
店員さんに蕎麦のデフォルトを聞きましたら130gと言われたので170gの大盛にしたのです。
待つこと6分で「鴨せいろそば大盛」の到着です。
なななんとリゾットが付いているのではないですか・・・
それなら大盛にしなかったのに(笑)

IMG_3777
それではリゾットを作ります。
IMG_3778
まずは薬味を入れます。

IMG_3779
次にパルメザンチーズをかけ回します。

IMG_3780
鴨のつゆをこんもり入れます。
味ですか。すんごく美味しいです。
チーズと鴨つゆのマリアージュはイケますね。

そしてメインイベントの鴨せいろです。
IMG_3776
汁はそれなりに美味しいのですが蕎麦はぼそぼそして美味しくありません。
鴨そのものは弾力があり美味しいのですが、個人的には鶏肉の方が美味しいと思います。
いつもこのような△△せいろを食べる時に思うのですが、蕎麦は温蕎麦にしないと、温度差で蕎麦の味が壊れます。やはり温かいつゆには温かい蕎麦が合うように思います。
加えて鴨に対する市場評価が過大だと思うのです。
値段が高い=美味しいみたいな構図になっているのではないでしょうか。
もしかしたらB級グルメなので本当の鴨を食べていないというのであれば「あいすみません」という事になります。
失礼しました。

それでは(^_-)

銀座東急プラザ 根室花まる

今日は「サバイバルコミュニケーション」です
新年度になりどこの会社でも新入社員が配属されます。
私の部にも2名が配属されました。
私の会社ではイントラネットで配属前の新入社員の研修日誌を読むことができます。
上司、先輩、指導員達は毎日激励のコメントを入れています。
入社して如何許りの頃に、多くの人がその一挙手一投足を注視してくれるのはさぞかし嬉しい事かと思います。
rafting-444743_640
そのような新人に対して私は、彼等が身につける「サバイバルコミュニケーション」を作ってみました。
宜しかったらお付き合いください。

#経験から学ぶ
新入社員が入社して一番驚くのは多分仕事上での会話ができないという事だと思います。
それは偏に日本語のもつ不思議さにあります。
基本的に日本では、「目を見れば分かる」「阿吽の呼吸」など、一種の精神性に依存することが普通で、細かく説明すると、「やぼったい」とか、「空気が読めない」などと言われてしまいます。
これは日本語が低文脈文化の流れをうけていて、会話にすべての情報を入れなくても通じるからなのです。
さらに常識的なことは説明しないで会話が進行します。
今まで学生だった新入社員にはこれが大事件なのです。
世の中の常識は知っていても?仕事上の常識は知りませんし、加えて英語、ジャングリッシュ、専門用語、会社内での特殊用語が飛び交うのですから、分るわけがないのです。
従いましてこれにつきましては「経験から学ぶ」を励行してもらわなければなりません。

#レトリックが大事
会話の上で重要なのは相手との距離を適切に置くことです。
新人に多いのは一生懸命説明しようとするばかりに、例えて申せば、近い距離なのに思いっきり速い球を投げてしまうことです。
これでは良い会話は成立しません。
加えて申せば人間の記憶は曖昧です。従いまして、相手の印象を良くするには、論理の整合性、まぁこれが一番重要なのですが、それと共にレトリックが必要なのです。
例えば取引先の極めて自己韜晦(本心を隠して決して表に出さない)の強い人とのネゴになったら、間違っても、嘘をつくな、など言ってはいけません。
そういう場合は、お互いに正直にやりましょう、と言えば、言っている事は同じでも穏当な印象を相手に与えます。

#丁寧語が大事
相手との距離感は話し方を含めて会話全体の中で測ります。
分かりやすく申しますと、相手が距離感を感じるのは敬語です。
尊敬語や謙譲語の使い方など難しく考える必要はありません。
現代の日本社会はボーダーレス化しています。
従いまして、謙譲語や尊敬語が使い分けられなくても丁寧語さえ使えればそれで良いのです。
正直、私も謙譲語や尊敬語を正しく駆使できているかと申せば否です。
バターがマーガリンに変わったように謙譲語や尊敬語が丁寧語に変わり始めているのです。
ここは押さえておきましょう。

#日本語を正確に話す
英語は必要且つ重要です。
当社でもTOEICである程度のスコアに達していなければ管理職になれませんが、TOEICみたいなガラパゴス判定は近い将来なくなります。
昨今、私の会社でも帰国子女を代表として流暢な英語を話す新人が増えていますが、そもそも日本語がきちんとできるからこそ英語は付加価値になるのです。
仮に日本人でどんなに英語がうまくても、自国を知らず、自国語を知らない人間は、国際的にみて軽蔑の対象であっても、尊敬の対象にはなりえません。
よく英語ができれば国際人である、という事を言われていますが、大切なのは英会話力の優劣はなく、絶対的に内容なのであります。
これは、片言の英語で話しても尊敬されている日本人はごまんとおり、英語を得意とする英米人の中でも国際人はわずかという事でも自明であります。
要は中途半端な英語よりも、正確な日本語を正しい距離感で話せる事こそ、これからのグローバリゼーションを生き残る秘訣です。


プレイバック、プレイバック♪



今日はザギンに出没です。
IMG_3068

IMG_3044
銀座最大級の大型商業施設「東急プラザ銀座」が、2016年3月31日(木)にオープンしましたので早速行って参りました。建物の外観デザインは、「光の器」という建築コンセプトのもと、伝統工芸である「江戸切子」がモチーフだそうです。多様な文化や人・モノ・コトを受け入れ、新しい情報や文化を発信する「器」となろうという想いが込められているそうですよ。

水と緑をテーマにしたオープンテラス「KIRIKO TERRACE」です。
IMG_3047

IMG_3046

IMG_3045

館内の雰囲気です。
IMG_3049

IMG_3067

IMG_3066

折角来たのでレートランチをいただきました。
今日のお店は回転寿司「根室花まる」さんです。

住所: 東京都中央区銀座5-2-1東急プラザ銀座10F
電話:03-6264-5735
休日:無休

IMG_3051
お店の外観です。

IMG_3053

IMG_3057
店内の雰囲気です。

IMG_3052

IMG_3055
メニューです。

このお店、昔は道内だけだったので希少価値があったのですが、ちょっと出店しすぎですよね。
という事で東京では初体験であります。

今日のオーダー

まずは「炙りさば」@280円です。
IMG_3060
さば好きなのでいの一番で頼みました。
うん、これは鯖の鯵が違うか味が深いですね。
炙る事でまろやかになっています。
端から満足な一皿した。

そして「根室のさんま」@205円です。
IMG_3058
これは良く脂がのっています。
で〜も北海道ではこの脂ののりは普通です。
ちょっとクレームっぽいコメントみたいですが普通に美味しいです。


そして「サーモン」@205円です。
IMG_3059
これはちょっとガッカリポンです。
もう少し甘さが欲しかったですね。
普通以下のサーモンです。

そして「いかげそ握り」@140円です。
IMG_3062
これげそがコリコリしていて美味しいです。
ちょっと値段が安かったので軽く見ていました。
これはマジにビックリポンです。

締めは「たらこ」@205円です。
IMG_3063
味がはっきりとして美味しいです。
もしかしたら虎杖浜(たらこの名産地)のたらこでしょうか。
実はたらこ好きです。
とても満足な締めの一品でした。

番外編ですがここのガリ美味しいですね。
IMG_3061
ちょっと味はきついのですが、ガリとはこのようなものであると体現したものです。
すんごく美味しかったです。
所謂一つの「白眉」であります。

という事で締めて1,035円のレートランチでした。
コスパ良しでした。
プチ満足で銀座を後にしました。

それでは(^_-)

有楽町 バインセオ サイゴン 4th

今日は「史上最大の二日酔い」です。
今日のふりネタは「史上最大の二日酔い」です。
恥ずかしながらカミングアウトします。
それは18歳の大晦日です。
大学受験を12月から始めたもののあまりにも遅く・・・
ほぼほぼ浪人が確定してしまった高校三年生だった私は失意のどん底にいました。
そこで内部進学で無試験にて大学に行ける友人二人が「大学合格祈願を三浦海岸の初日の出に頼もうぜ」イベントを企画してくれたのです。

その日は有楽町で映画「サタデーナイトフイーバー」を観ました。
iytimgcomvicCs20mJcSkmaxresdefaultjpg
来年は受験勉強のために好きなディスコにも行けないんだ、と思うとジョントラボルタが踊る華麗なステップのすべてを脳裏に焼き付けていました。
映画を観た後、初日の出まで後7時間もあるというので、有楽町のピザ屋で軽く食事とビールを飲み、近隣のコンビニで日本酒(一升瓶)×3本とつまみを買って、東銀座まで歩き初日の出の場所の三浦海岸まで車中の人となったのです。着いたのは零時半くらいでした。
三浦海岸に行きますと、私たち同様に初日の出を見ようと「徹夜上等」の老若男女が大挙して焚き火をしていました。私たちもどこからか焚き木を探し、砂浜に深い穴を掘り、焚き木を井桁に組んでから、車中で読んでいたスポーツ新聞を付け火にして焚き火を始めました。

用意が整いましたので飲み始めました。
日本酒×3本を買いましたので一人×1本です。
つまみを食べながら飲み始めましたら友人二人が来年の櫻が咲くころにはキャンパスライフを謳歌するのか、それに反して自分は予備校かと、思いましたら、胸の中に墨汁を溶かしたような闇が広がってきたのです。
ヘッセがシュヴァルツヴァルトの石畳を歩いたおりに感じる哀愁。
ドーデーが風車小屋のすみで感じた寂寥。
話せば話すほどにひび割れたビー玉にひびを加えているような心象状態になってきました。
大学受験とは、コインの裏表で決まるようなギャンブルではなく、もっと緻密で、もっと持続的で、もっと継続的なところにこその王道があるのがわかっていたのに、12月まで何にもしなかった自分にほとほと嫌気がさしていたのです。

この様な状態で冷酒を飲めばどうなるのかお分かりですよね。
泥酔し始めたのです。3時には早々と日本酒×1本を開けた私は友人のお酒にもその触手を伸ばしたのです。
焚き火の炎がメラメラと揺れています。
それに合わせて私の体も揺れ始めました。
自分で、一升五合飲んだぞ、と高らかに笑った当たりで記憶が無くなっています。

f0205851_849536
その後は焚き火の中で寝始めたので友人が慌てて引き起こしてくれたそうです。
手に大火傷をおいましたが、本人は全く覚えていません。
初日の出を見て興奮して海に入って行ったことも覚えていません。
帰りの京浜急行では単独行動をして品川駅の車両基地まで行ってしまい、友人が私を引き取りに行ってくれたことも覚えていません。
酔歩蹣跚 (すいほまんさん)状態ではありましたが、剣道で鍛えた体力ですので家には自力で歩いて帰りました。
家に帰ると、両親から、どんだけ飲んだんだ。体全体から酒の匂いがする、と言われました。
母が見かねて風呂を入れてくれたので、風呂に入り、家族に新年の挨拶をしたあたりで記憶が無くなっています。
24時間寝ていました。
新年二日の日の朝、手の痛みで目が覚めました。
手の痛みの正体を見ましたら、左手の甲がケロイド状態でした。
さらに二日遅れの二日酔いになり、吐き始めました。
頭は寛永寺の釣り鐘を横綱白鵬が乱打しているような状態でまさに死に体です。
取り敢えず地元の緊急病院にいき火傷の手当てをしてもらいましたが吐き気が止まりません。
正月ですので日本酒のCMが多く、そのCMを見ると条件反射で吐いていました。
まさに生き地獄でした。
これが私の「史上最大の二日酔い」です。
ちなみに普段なら日本酒一升五合は許容範囲であります。
皆様、ストレスを抱えての飲酒はお控えください。
こんな私ですが目白にある大学には受かったのですが、考えるところがあって予定通り浪人したのでした。


こりゃ便利その7(Last)



今日は有楽町に出没です。
IMG_0825
気がついたらこのお店の前にいました。
今日のお店は「バインセオ サイゴン(BANH XEO SAIGON)」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア フードアべニュー B1 F
電話:03-3211-0678
休日:不定休 (有楽町イトシアに準ずる)

IMG_0826

IMG_0828
お店の外観です。

IMG_0830
店内の雰囲気です。

IMG_0829
メニューです。

今日のオーダー「選べるフォーセット」@1,065円です。
IMG_0831
待つこと10分で到着しました。
見た目こんもりしています。

「選べるフォーセット」の内容は鶏肉のフォー、生春巻き、ミニサラダ、タピオカぜんざいです。
IMG_0832

IMG_0833

IMG_0835
それでは実食です。
鶏肉のフォーはフォーがダマになっているのでほぐして食べなければなりません。
スープに訴えるものがありません。
塩味も薄めです。
生春巻きもミニサラダも特筆するものはありません。
タピオカぜんざい(チェー)はベトナムはホーチミン市で食べた感動が忘れなくて楽しみにしていました。
しか〜しこれは平板の味です。
心をとろけさすような味わいではありません。
これだけは頑張って欲しかったのですが・・・
今回で5回目(一回は未掲載)ですか来るたびに味が落ちていくように思えます。

それでは(^_-)

有楽町 ジャポネ 7th

今日は「常軌を逸した行動」です。
この間、通勤電車の三人掛けの優先席に女性を真ん中にして、その左側に私、その右側に私と同年齢の中年のリーマンが座っていました。
蒲柳の質1
真ん中の女性は蒲柳の質の美女ですがそのせいかマスクをしていました。
電車ですから揺れますよね。
その揺れで右側のリーマンが真ん中の女性の体を肩で押しましたら、キモイ、キモイ、と言ってその男性の脇腹を押し返しました。
私はその光景を見て唖然していましたが、今度は私が電車の揺れでその女性の体を肩で押しましたら同様にキモイ、キモイ、と言って私の脇腹を押し返し、加えて鋭い目で睨みつけられました。
何だ!この不条理の時空はと思っていましたら、くだんのリーマンと以心伝心となったみたいで、お互いにアイココンタクトで、やれやれ・・・
なんとも大変な人の隣に座ったものだな、と慰めていました。
しばらくすると、この女性の狼藉は、今度は目の前の中年女性にもふるまわれました。
同様に目の前の中年女性が電車の揺れで彼女の足にふれますと今度は新たな技です。
バックからハンカチを出して、触れられた足に大きな汚れがついたかのように、パタパタとその汚れを振り払っていました。久々に見た異常人です。
私は、普段iPadairでメールのチェック等をしているのですが、何をされるか、何を言われるか、わかりませんので寝たふりをしていました。
30分位しましたらくだんの彼女の降車駅に着いたみたいです。
席から立ちあがってわかったのですが、彼女は足がかなり悪いみたいで、その為に歩き方がぎこちないのです。
だからといって・・・
これ以上は留め置きます。

自分の行動や言動で、相手がどう思うか、といった「想像する」という力が弱い方がおられます。
くだんの女性も「これをしたらどうなるのか」という想像ができなかったのでしょう。
それ故に常軌を逸した行動になっていたのだと思います。
難しい問題です。
本来なら「君子危うきに近寄らず」なのです。
そのような仕打ちが嫌だったのなら我慢せずに席を立てば良かったのでしょうね。
で〜もその女性が私の家の隣人だったらと思いますと背筋に戦慄が走りました。

人は弱者をひいきにはするが、勝者の後ろにしかついていかない。
それでもなお、弱者のために戦いなさい。
Kent M.Keith


こりゃ便利その3



今日は銀座に出没です。
IMG_0182
今日のお店はロメスパの絶巓「ジャポネ」さんです。

住所: 東京都中央区銀座西1-2 銀座インズ3 1F
電話:03-3567-4749
定休日:日曜・祝日

IMG_0183
お店の外観です。

IMG_0186
店内の雰囲気です。

IMG_0184
メニューです。

IMG_0185
調味料の面々です。
いずれも特大サイズです。

今日のオーダー「チャイナ塩味」@500円です。
伺ったのが18時過ぎでしたので並ばずに座れました。
「チャイナ塩味」とは、ザーサイ、シイタケ、オニオン、コマツナ入りの焼きスパです。

IMG_0189
待つこと2分で「チャイナ塩味」の着皿です。
緑色のコマツナが目に鮮やかに写ります。

IMG_0190
沢山のパルメザンチーズを冠雪状態にしていただきます。
気持ちタバスコも数滴タラタラとかけました。
それでは実食です。
胡椒がかなりつよく、それ以外はほのかなバターの香りです。
うん、これはペケポンですね。
味がはっきりしません。
それなのに粉チーズを大量にふりかけたものですか味がさらに分からくなってしまいました。
しいていえばもう少しザーサイを投入していただきましたら味がしまったのでしょう。
いずれにしても大量のチーズをかけ回したのは私の責任です。
完食したのが私の誠意でした。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

銀座 ジョーズシャンハイ

今日は「土用の神」です。
今日の話は子供の時、夏休みに父方の祖母から聞いた話です。
私の祖母というのは根性が女性の格好をしているような人で、村で揉め事があると、一升瓶をもって出向き、必ず相手を酔い潰して話を纏めるなどその武勇伝は数限りないものがあります。

人魂
その話というのは父が戦争から帰ってきて家でブラブラしていた頃に起きたものです。
ある晩、近所の人が大声をあげて祖母のところに駆けつけました。
大変だ、お前んとこのシゲが村の辻の祠で、誰もいないのに誰かと話すようにして酒を飲んでいるぜ。
それだけならともかく、その頭の上に光るものが舞っている。あれは間違いなく人魂だよ。
このままほっておくと祟り殺されるぞ、と言ったのです。
それを聞いた祖母は井戸で身を清めてから、結界を作るしめ縄をもって、その祠に駆けつけたのです。
すでに父は一升瓶を枕にして酔いつぶれていて、真夏だというのに霊気がたちこめていて寒さすら感じたそうです。祖母はその場の四隅に柱をたて結界を作り、先祖伝来のありがたいお神呪(かじり)を一心不乱に唱えたそうです。しばらくして霊気にゆるみが出てきたので、もう迷われませんように、迷われませんように、と最後には、臨・兵・闘・者・皆・陳・烈・在・前を唱えながら、刀印(とういん)を結んで九字を切ってその邪を払ったそうです。
祠に静寂が訪れました。
それから祖母は酔いつぶれた父をおぶって帰宅したそうです。

その話を聞いていた私は、なんでお父さんは祟られたの、とききましたら、一ヶ月前の土用の日に、池をさらって、鯉を取るだけにしておけばよいものを、水を止めて池の底を掘って池を深くしたからさ、と言っていました。
何で土用の日に池を掘ってはいけないの、と聞きますと、土用というのは、立春、立夏、立秋、立冬というそれぞれの季節の変わり目の前の18日間のことだ。書いて字の如く、土用の時期は土の神が動くんだ。
それだからその時期に土いじりをすると土の神の怒りをかうのだ。特に土用の入りの日は一番いけない。
シゲが池をさらったのは土用の入りの日だった。それだからシゲにはそのことはとくとくと言ってあったんだけど、聞かなかったのだな、と言っていました。
私はそれを聞いて瞠目しました。
なんて博学多識の祖母なのだと。
エクソシスト的ふるまいだけでも驚きなのに、今回の顛末まで全てお見通しの見識と言いますかその洞察力には頭がさがりました。
祖母が男性に生まれたらどれだけ活躍したのかと子供心に思ったものです。

青みがかった空にそこはかとない茜色がただよいはじめてきました。
すると同級生のところで飲んできた父が真っ赤な顔をして戻ってきました。
▲▲ お前おばあちゃんと何話していたんだ、と聞かれましたので、僕がどのようにしたら偉くなれるかの話だよ、といったら、おばあちゃんが私の頭をなでながら、お前なら、なれるさ。お前のオヤジより数段ましさ、と笑いながら父に答えていました。
遠い昔の夏の日の思い出であります。


付録の地元の不思議画像です。
雨が降ると濡れる不思議なトンネル。
IMG_8927
白く見えているのは車の通る跡です。
ここは車が通りますから濡れないのです。

矢印を書くエアコンの室外機です。
IMG_8779
不・思・議です。


IMG_8908
今日は銀座に出没です。
今日のお店は奥様の誕生会に利用して大絶賛した「Joe’s Shanghai」の銀座店さんです。
ということで今日のお店は「Joe’s Shanghai Ginza」さんです。

住所: 東京都中央区銀座1-9-13 銀座柳通りビル B1F
電話:03-3535-5515
定休日:無休

IMG_8880

IMG_8905

IMG_8902
お店の外観です。

IMG_8901

IMG_8891
店内の雰囲気です。

IMG_8906
メニューです。

今日のオーダー「Joe’s 麻辣担々麺セット」@1,590円です。
さすが花の銀座店さんですね。
インテリアが豪華です。
なにか昔のグランドキャバレーみたいな感じです。

待つこと2分で「季節野菜のサラダ」の到着です。
IMG_8887
見た目綺麗です。
サラダに乗せている揚げ麺がサラダの美味しさを損ねています。
何のために乗せているのでしょう。
サラダドレッシングに合っていません。

待つこと10分で「Joe’s特性 蟹肉と蟹味噌入り小籠包と豚肉小籠包」の到着です。
IMG_8892

IMG_8893

IMG_8895
見た目美味しそうです。
すみません。これは間違えて黒酢を入れ過ぎて味がわからなくなりました。
しか〜しそれでもこの小籠包は熱々ではないので、池袋店とスープのみを比べますとかなり落ちます。

待つこと13分で「Joe’s 麻辣担々麺」の到着です。
IMG_8896
まだ小籠包を食べているのに拙速ではありませんか。
完璧にランチタイムの弊害です。
麻辣担々麺ですが、麺の湯切りは悪いし、スープは熱々ではありませんし、食べ物には頃合いがあります。
熱々でない麻辣担々麺は町中の味噌ラーメンと何ら変わりません。
美味しくありません。

待つこと21分で「パンナコッタ仕立ての杏仁豆腐」の到着です。
IMG_8898
これはさすがに良く冷えていて絶妙な味です。
コクがあり口内でとろけるような風情は至福であります。

このお店では「幼稚園未満の幼児の入店」をお断りしていますが、まずは幼稚園なみの配膳しかマネージできないフロアー責任者を更迭すべきでしょう。
若しくはお店のブランド維持のためにランチタイムサービスのような時間に追われる営業はやめるべきでしょう。
そう思われませんか湯浅総料理長様・・・

それでは(^_-)

交通会館 交通飯店 リターンズ

今日は「サザエさん秘話」です。
国民的アニメのサザエさん。日曜の夕方にサザエさんがテレビで流れるとなんだかホッとした気持ちにさせられます。 そんな家族の団欒の時間に流れるサザエさんのエンディングってどんなのか覚えていますか?
サザエさんが皆を引き連れて勢いよく家の中に飛び込んでいくシーンがありますよね。 このシーンです。
サザエさん1

最後に家がものスゴく揺れていて、家の中では一体何が起きているのか気になるところです。
その疑問を解決するためにこの家の中の様子を可視化した人がいました。
いつも平和なサザエさん一家からは想像もつかないような事が起きています。
その様子をとらえた連続画像をご覧ください。
衝撃的な内容なのでお子様には見せないで下さい。
サザエさん2

サザエさん3

サザエさん4

サザエさん5

サザエさん7

サザエさん8

サザエさん9

サザエさん10

サザエさん11

サザエさん12

サザエさん13

いかがでしたか?あの揺れの裏ではこんな大変な事が起きていたとは驚きですよね。
波平さんは息子のカツオ君に日頃溜まったうっぷんをぶつけ、マスオさんは婿入りならではのストレスを抱え笑顔の裏に隠された本性をあらわにしたという感じでしょうか?
もはやこれは事件です。(笑)
Cadot(かど)さんより転載

サザエさん通り
かつて長谷川町子先生が長年すまれ、かつ「サザエさん」の舞台となっている桜新町にある長谷川町子美術館に奥様と行ったことがあります。
この桜新町はいたるところに「サザエさん一家」が露出しています。
サザエさんにでてくるアニメキャラクターのそれぞれは数えこそしませんでしたが、この町には一体何人のサザエさん、カツオ、ワカメ達がいたのでしょうか。

三河屋

三河屋2
ちなみに「サザエさん」に登場する「三河屋」さん、は「サザエさん通り」にあるコンビニエンスストアのセブン-イレブン世田谷サザエさん通り店として実在しています。

ところで長谷川町子美術館ってサザエさん関連の展示が少ないのですよ。
長谷川町子先生が趣味で収集した絵画のコレクションが大半でサザエさんのコーナーはほんの一部です。
よってサザエさん目当てで行くとかなりショックを受けますので心してお出向きください。


まだ五歳ですって・・・



IMG_8240 (2)

IMG_8241
今日は有楽町に出没です。
たまには昭和の炒飯をたべるかということで出向いたお店はこちらです。
今日のお店はマイアミ・マーリンズのイチローさん御用達の中華料理屋さんです。
ということで今日のお店は「交通飯店」さんです

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話:03-3214-5558
定休日:日、祝日

IMG_8244
お店の外観です。

IMG_8245
店内の雰囲気です。

IMG_8246
メニューです。

今日のオーダー「炒飯」@730円です。
このお店は来る度に思うのですが、ここのご主人はいつになったらご子息に鍋ふりを任せるのでしょうか。
もしかしたら私が来ていないときに鍋ふりをしているのであればゴメンナサイです。
いつも気になっています。
私の同級生がやっているお寿司屋さんもそうです。
お父さんが頑張っていて、息子(同級生)はなかなかつけ場に立たせてもらえず、地元では口さがないオバサン達は、可哀想にあそこの息子は寿司の握り方も知らないで一生終わるのかしらん、と言っています。他山の石となれば幸甚です。

ということで今日の鍋ふりもご子息ではなくご主人です。
いつもながらご主人の鍋フリはリズミカルですね。
今日は107回まで数えましたが数えることになんら意味を見いだせなくなり途中で止めました。
しか〜しここのご主人の鍋フリの音を聞いていますと心地良ささえ感じます。

IMG_8251

IMG_8248
待つこと17分で炒飯の到着です。
見た目昭和の炒飯です。
香り良い油と焦げた醤油の匂いが食欲をそそります。
それでは実食です。
お米はパラパラと一粒一粒に油の膜がはっていて存在感があります。
この炒飯は油とご飯のハーモニーの妙ですね。
脇役のキザミハムが良い仕事をしています。
味ですか、美味しいです。

IMG_8249
清湯スープ(ちんたんすーぷ)もよい味わいです。
大満足の一品でした。
ご馳走さまでした


それでは(^_-)

続 銀座 佐藤養助

今日は「働き方」です。
IMG_6822

IMG_6823
長い事拒否っていたiPad をとうとう持たされてしまいました。
これって一つの労働強化ですよね(笑)

たとえば上述のようなiPadを使った帰宅後のメール、人脈を広げる勉強会、最近は激減しているものの無くならない取引先との接待これらは仕事の一つでしょう。
特にホワイトカラーのリーマンは仕事のonとoffの境目が曖昧です。
机上の基準で労働時間を管理するのは限界があります。
それならば「時間=報酬」の発想から抜け出して成果を基準に報酬を決めた方がよいのではないでしょうか。

週50時間以上働く日本人は32%もいます。
私もそうです。
これってアメリカ、イギリスの3倍だそうですね。
残業が当り前であるというふるまいは、換言すれば残業すれば残業手当がつくからです。
勿論私を含めた管理職は論外ですが。
政府は仕事にかかわっている時間ではなく、成果に報酬を支払う「脱時間給」の導入を目指していますが、対象は年収1,075万円以上の専門職としています。
外資系ならともかく邦人系でそんな高収入の専門職なんているわけもなく勢いその数は限られています。
政府のやることなんか聞いていられないということで、残業抑制のために残業をおおきく減らした部署には報奨金を払うという企業もあらわれており、その会社では仕事が早く終われば終わるほど給料が増えていくそうです。
それでも残業は一割弱しか減りませんでした。

政府は4月24日、霞が関の中央省庁が率先して朝型勤務・早時退庁に取り組み、民間にも働き方改革を促すため今夏に行う「生活スタイル変革」運動のキャッチフレーズを「ゆう活」(ゆうやけ時間活動推進)とすると発表しました。
明るい時間が長い夏の夕方以降を「自分の時間」にあて、生活を豊かにしてもらう為のようです。
かかる中、私は上述のiPad Air 2を持ってから大きな変化が表れました。
以前はガラ携だったので会社にきているmailは返信するのが面倒くさくて、ガラ携上で見るだけにしていて緊急性があった時だけ電話で対応していたのです。
しか〜しiPad Air 2はガラ携に比べるととても操作が楽なのです。
最大の要因はkeyboardを抱き合わせで用意してもらったからです。
PCほどのperformanceはないもののmailに限って申せばほとんど遜色がありません。
まして私は常在戦場リーマンなので、24時間は嘘ですが、セブンイレブン状態で働いておりますので、最近は早朝mailが激増しています。
即ち6時台のmailが当り前になってきているのです。
さすがにどこかで止めないと猿のラッキョウむき(きりが無い)になってしまうな、と考えている今日この頃であります。

わたしの人生が、一日八時間労働で成り立っていたとしたら、こんなに多くのことを成し遂げることは、出来なかっただろうね。(Thomas Alva Edison)


人生の選択・・・



IMG_6787
今日はザギンに出没です。
今日のお店は再訪店です。
今日のお店は稲庭うどんの絶巓「銀座 佐藤養助 」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-4-17 出井本館1F
電話:03-6215-6211
定休日:無休

IMG_6804

IMG_6789
お店の外観です。

IMG_6798
店内の雰囲気です。

IMG_6797
メニューです。

今日のオーダー「味くらべ温うどんと冷せいろ(醤油つゆ)」@1,300円です。
店内の絶世の美女客が眉間にしわをよせ、目の前の恋人に対して憂悲苦悩の瞳で噛みついています。
美女が怒るとこんなに美しいとは。
ぼーっと見惚れていましたら今度は私がその瞳で噛みつかれました。
ちょっとうれしかったりして・・・

IMG_6799
待つこと9分で「味くらべ温うどんと冷せいろ(醤油つゆ)」の着膳です。
見た目美しいですね。

IMG_6800
それでは実食です。
温かいものは温かい内にでまずは温うどんをいただきました。
鰹出汁が峻烈です、キレがあります。
透明感ある出汁にこのような深い味わい潜んでいるとは驚きました。
美味しいです。

IMG_6801
続いて冷せいろ(醤油つゆ)です。
涼感最高です。
加えて独特のいい香りが、うどんをすすると同時にふわぁっと清流のような涼しげな香りに包まれました。
これはたまりません。
美味しいです。

IMG_6802

IMG_6803
副食の海藻の佃煮と漬物(いぶりがっこ、青菜)も美味しいのです。
なんでしょうこの口福は・・・
心にやすらぎの光が差し込んでくるような気持ちになりました。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

銀座 佐藤養助

今日は「collection of jokes vol.1」です。
最近見つけた小噺です。
宜しかったらお付き合いください。

#モイシャの知恵
モイシャの知恵
新任の教師は、担当するクラスの生徒たちに「まぬけのモイシャ」とからかわれている少年のことが気になった。
早速、休み時間に、なぜそんな呼び方をするのか、生徒たちに尋ねる。
「だって先生、こいつ、ほんとに間抜けなんだ。
サイズの小さな10セント硬貨とサ イズの大きな5セント硬貨を出して、『好きな方を取りな』と言うと、必ず5セント硬貨の方を取るんだぜ」そう言うと、その少年はポケットから硬貨を2つ取り出して、モイシャに「選べ」と促した。
モイシャは、いつもどおり5セント硬貨の方を選んだ。
教師は驚いて、なぜそうしたのか尋ねると、モイシャは答えた。
「こっちの方が大きいんだもん」
放課後、先生はモイシャを呼び止めて聞いた。
「ねえ、モイシャ。5セント硬貨はサイズが大きいだけで、10セント硬貨の方がたくさん物が買えるということ、まさか本当に知らないわけじゃないだろうね」
「先生、そんなことボク、分かってますよ」
「じゃあ、なぜ5セント硬貨の方を選ぶの?」
「だって、ボクが10セント硬貨を選んだりしたら、やつら、ボクにお金くれなくなるもの」

「モイシャ」とは、モーゼというユダヤ人の名前の愛称形です。「旧約聖書」に出てくるモーゼと同じ名前ですね。
この小噺はモイシャの視点で語ると全く面白くありません。
騙していると思っている方が実は騙されていたという事に加えて、騙すほうの意外な騙しの手口を知った時に思わず笑ってしまうという小噺です。

#オマセな子供
母親が精神科医に訴える。
「先生、どうしたらいいんでしょう。息子がこの頃変なのです。女の子に対して何だかとても不健全な関心を持つようになってしまって・・・
早熟すぎると思うんです。まだ5歳ですし」
「ふ〜ん、そりゃ、面白そうだ。ねぇ、君は本当に女の子と遊び歩くのが好きなのかい?」
「うん、大好きさ」
「それで、女の子にどんなことするのかな?」
「公園に誘って、茂みの中に引きずり込むんだ。それから服を脱がせちゃうの・・・」
「ふむふむ、なんでそんなことをするのかな?」
「決まってるじゃん、パンツを脱がすためさ!」
「女の子のパンツを脱がしてどうするのかい?」
「パンツからゴムを引っこ抜いてさ、新しいパチンコを作るに決まってるじゃん」

これは笑えました。
子供のふるまいを大人の視点でみるとこのようなズレが生じるのです。
ゴムを使ってパチンコを作る、ですか、子供の時によくやりました。
最近見かけませんネ・・・
そういえば子供の時に葛飾区は水元にある水元公園にいき蛙を捕まえて、そのお尻に2B (クラス名ではありません爆薬です)を差し込んで蛙をロケットにして飛ばしていました。
今思うと少し残酷ですが、当時の思いは蛙がロケットになれたら喜ぶだろうな、と心底思っただけで他意はありませんでした。ちなみに蛙が喜んだかどうかは確認するのを忘れていました。

#髪の毛
加奈ちゃんがお客さんに挨拶すると、お客さんはさかんに加奈ちゃんの髪の毛を褒めた。
「まぁ、なんてきれいな艶々した髪の毛なんでしょう。きっと、これはママ譲りね」
「ううん、パパ譲りだと思うわ。だって、パパの頭には、一本も髪の毛が残ってないんですもの」

これは面白いですね。最初オチがわかりませんでした。
このような視点の切り替えはビジネスにも使えます。
好きな小噺であります。
「必殺小噺のテクニック」米原万理著より転載


こりゃすごい



IMG_6357

IMG_6358
今日はザギンに出没です。
今日のお店は攻略店です。
今日のお店は稲庭うどんの絶巓「銀座 佐藤養助 」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-4-17 出井本館1F
電話:03-6215-6211
定休日:無休

IMG_6349
お店の外観です。

IMG_6355
店内の雰囲気です。

IMG_6351
メニューです。

今日のオーダー「二味せいろ(胡麻味噌・醤油)・ご飯・小鉢」@1,100円です。

IMG_6352
待つこと8分で「二味せいろ(胡麻味噌・醤油)・ご飯・小鉢」の到着です。
目映いばかりの光沢に日本の匠の技をみました。
秋田の万延元年創業の老舗稲庭うどんの直営店です
佐藤養助といえば七代目の代で一子相伝だった「稲庭うどん」の技術の門戸を開き、広く大衆にひろめたそうです。「稲庭うどん」が人口に膾炙するようになった最大の功労者なのです。

IMG_6353
それでは実食です。
独特のいい香りが、うどんをすすると同時にふわぁっと清流のような涼しげな香りに包まれました。
この涼感は心を突き抜きます。
付け汁は醤油、胡麻味噌どちらもいいですね。
当り前ですが、付け汁は醤油からいただいた方が宜しいでしょう。
味ですか、とても美味しいです。

images
あきたこまちのご飯も美味しく、特に海苔と海草の佃煮はsuper美味しです。
漬物(いぶりがっこ)もクオリティーが高くこれらご飯のお伴は筆舌に尽くせません。
ご飯が美味しい時は、日本人に生れて良かったと思う時でもあります。
大満足のlunchでした。

それでは(^_-)

銀座 銀座スイス

今日は「方言コスプレ」です。
「花子とアン」に先駆けて方言の使い方が注目されたのが昨年の朝ドラ「あまちゃん」。
流行語になった「じぇじぇじぇ」をはじめ「登場したのは軒並みコスプレ的な方言」と田中教授は言う。 
能年玲奈さんが演じた主人公、天野アキは東京で生まれ、母の春子とともに東北の架空の町・北三陸市に引っ越してきた設定。「よそ者」のアキが使う方言は地元の方言とは異なる。
アキもドラマの中で自分の方言を「ズコリュー(自己流)」「インチキ東北人」と評する場面がある。 
「あまちゃん」の菓子浩プロデューサーによると、まずリアルな方言とは異なる架空の「あまちゃん語」をつくる作業を始めた。漁師や海女はなまりの強い方言、観光協会など地域外の人と触れる機会が多い人物は方言を弱めにし、アキとの違いを浮き彫りにした。 
さらに宮城出身で脚本を担当した宮藤官九郎さんが岩手県久慈市の一部一に使われていた「じぇじぇじぇ」に着目し、「コスプレ」的に使ったのが功を奏した。     
NHKは朝ドラや大河ドラマで、方言の使い方を工夫してきた。1970年代までドラマの「なんちゃって方言」が批判されたことを受け、83年の朝ドラ「おしん」で始めて「方言指導」のクレとジットを入れた。
2010年の朝ドラ「ちゅらさん」では沖縄言葉が人気になった。
2010年の大河「龍馬伝」では土佐弁、昨年の大河ドラマ「八重の桜」では本格派の会津弁が使われた。
この傾向を踏襲する一方、方言をあえてニセモノらしく軽やかに使ったのが「あまちゃん」。
ドラマに詳しい早稲田大学の岡室美奈子教授(メディア論)は「昔だったら地元から批判されてもおかしくなかった人工的方言が、「あまちゃん」では東北の人にも支持された。
フィクションが現実に働きかける力の大きさを思い知った」と話す。
「人工方言ドラマに花」日本経済新聞より転載

お嬢様2
あまちゃんの天野アキの話す東北弁は架空の方言で「方言コスプレ」だったのですね。
今の朝ドラの「花子とアン」のお嬢様言葉も一種の「方言コスプレ」みたいですね。
これはよくよくわかります。
聞いた事がありますから。
下町生まれの下町育ちの私が大学に入って、佐藤栄作(元総理大臣)の孫娘の家に電話して始めて聞いた、流暢なしかも一方的な山の手言葉には腰が抜けるくらいに驚いたものです。
本当に普段普通に山の手言葉を話している人がいる事をしりました。
たとえば、お困りのことよ、お食事したかしら、お話おすみになって、とかです。
極めつけは、ごめんあそばせ及びそれの短縮系のごめんあそべ、があります。
花子が多用する、ごきげんよう、は学習院女子、聖心女子、東洋英和、雙葉、白百合等のセレブ女子高では必須wordingでしたので下町っ子でも知っていました。
個人的には、ごめんあそばせ、とか、おでかけあそばせ、等のスーパー丁寧言葉をきくとジンマシンがでそうな心もちになったものです。
そしてこれらのスーパー丁寧言葉を聞いた後は、それなら勝手に遊べば、と揶揄していたものでしたが、今思うと天邪鬼でしたね。

「方言コスプレ」ではないのですが、私の日常会話はかなりめんどうくさいのです。
Basicallyは標準語ですが、関西弁は普通に混じります。
相手が北海道の人であれば北海道弁になりますし九州の人であれば九州弁にもなります。
激昂してくると巻き舌の下町言葉(江戸弁)になりますし、変なスィッチがはいれば英語を多用します。
さらにこのブログでもお分りの通り難解な四文字熟語が普通に会話の中にでますので一体この人はどこの出身なのかということになるのです。
そうそうこの間同級生の女子と話していたら、話し言葉でも普通に難解な言葉がでてきたので驚いたそうです。
といいますのも彼女はmail等で垣間見る私の難解な言葉は見栄張り使用だと思っていたのでした。
つまりmailの為にわざわざ辞書で調べた上で文章にしていたと思っていたらしいのです。
それが日常会話にも普通にでてきているのでその疑念が晴れたようです。
付け加えるに、難しい言葉を辞書で調べる事はできますが、その逆はできないでしょう、と言いましたら得心していました。
私にとっての難解漢字は、ある時諸般の事情で、刻苦奮闘漢字を勉強しなければならず、その時の残滓がいまだ抜けないだけで他意はなく私の中では普通になっているだけなのです。
で〜もいやらしいは、いやらしいふるまいですので直すように努力しています、ハイ。


猫をモチーフにしたセクシーでカラフルなタイツを着用した女性たちが並び、激しくかつ妖艶にダンスを踊るBOAT RACE 振興会のCM「ボートニャー」シリーズ。レッド、ブルー、ブラック、イエロー、ホワイト、グリーンという各カラーを担当する6人の女性がおり、CM放映当初は全員が仮面をかぶり、その正体を明かさない演出がされていた。
放映開始から早い段階で、その体型から正体が丸わかりだったお笑い芸人の渡辺直美がレッドであることが明かされ、その後ブルー、ブラック、イエローと順々に正体が発表されてきたこのシリーズは、この度ついにホワイトとグリーンの正体も明らかになった。これで全員の名前が判明したわけだが、なんと渡辺直美以外は全員が無名の女性出演者だったのである。
これが渡辺をフィーチャーしたCMシリーズだったらおかしいことは何もないのだが、シリーズ内では一貫して、「GUESS WHO?」(誰だと思う?)という言葉とともに仮面をかぶった女性それぞれの正体を視聴者に推測させる演出を入れてきたのだ。
では、明かされたその正体を紹介しよう。

ブルー:青山恵梨子(東宝芸能所属、女優の卵)
ブラック:今野晶乃(東宝芸能所属、女優の卵)
イエロー:Oh!YUKA(所属不明、ダンサー?)
ホワイト:クレメンティン(アフリカ出身という設定だが、実際にはフランス出身の黒人女性)
グリーン:ヘマ・モラレス(ブラジル出身とう設定だが、実際にはアルゼンチン出身の外国人女性)

なぜ視聴者に推測させる演出にしたのか、といった諸々の疑問は解消できないが、とにもかくにもこれで全員の正体が明らかになったということで、彼女たちがこのCMシリーズを機に活躍の幅を広げていくことに期待したいところだ。
<


IMG_2582
今日は夕闇迫るザギンに出没です。
今日もlate lunchです。
帰社する前に軽く固形食をお腹にいれるかということで老舗洋食店にお訪(とない)をいれました。
今日のお店は「銀座スイス」さんです。

住所: 東京都中央区銀座3-5-16
電話:03-3563-3206
定休日:火曜日

まずは「銀座スイス」さんの来歴のご紹介です。
「創業者の岡田義人は大正12年(1923年)に、今の東京都千代田区二番町に父・進之助の次男として生れました。
父・進之助(明治28年生)は、『天皇の料理番』として著名な秋山徳蔵氏 宮内省大膳職主厨司長(総料理長の事、現在では宮内庁管理部大膳課主厨長をさす)とともに、日本の西洋料理の礎を創った麹町の『宝亭』(空襲により焼失)と首相官邸・国会記者クラブにて総料理長(退官後、現在のニチレイに迎えられる)をつとめ、歴代首相の東條英機から吉田茂まで料理を提供しました。
独学でフランス語を学び、全てのメニューをフランス語で書き、パーテイ料理を得意としていました。
その父親の影響を受け、帝国ホテルへと修行の場を求め、『ムッシュ村上』こと村上信夫氏(後に帝国ホテル専務取締役総料理長・東京オリンピック総料理長)と同期に入社します。
年齢・実家が近いことから生涯の友となり、戦前・戦中・戦後の激変の中、ともに西洋料理の発展に寄与します。
敗戦後、グリル 『銀座スイス』を開店し、父親や帝国ホテルで学んだ技術を存分に発揮いたしました。
当時、当店のカレーは帝国ホテルと同じに『カルカッタ風カレー』と言いました。ステーキの『シャリアピンステーキ』の呼び名は現在でも多くの店で使っています。その仕事ぶりが評判を呼び人気店となり、昭和30年には越後湯沢のスキー場に出店しました。
当時としてはめずらしさもあり、盛況となり競技用のポールの旗すべてに当店の赤いロゴ(湯沢にて考案)を付けるほどでした。
創業者は昭和48年(1973年)に、49歳の若さで他界しますが、その味と技術は 義弟の庄子敏松に受け継がれました。当店のロゴは創業者本人がデザインしたものであり、味とともに大切に守っています。
千葉茂氏の『歴史は創るもの、伝統は守るもの』のお言葉を信念に、銀座の地にて明治・大正・昭和・平成と時代は変わっても、脈々と日本の洋食の伝統と歴史ある味を忠実に守っているのです。」
何か「店に歴史有り」ですね。

IMG_2584
お店の外観です。

IMG_2587
店内の雰囲気です。

IMG_2583

IMG_2585
メニューです。

今日のオーダー「オムライス」@1,050円です。

IMG_2586
待つこと2分で「クラムチャウダー」の到着です。
うん、これはホテル並みのスープの味です。
上品です、たおやかです、結構です。

IMG_2589
待つこと7分で「オムライス」の着皿です。
見た目特徴がありません。

IMG_2591
それでは実食です。
玉子はトロトロではありません。
デミグラソースも特徴はありません。
せめて玉子が芳しい良質のバターの味がすれば素敵なのですが、それもありません。
決してまずくはありませんが美味しくもありません。
お財布がやせただけです。
Netでみるとチバカツ(カツカレー)が有名なようですので、次回はrevengeで伝説料理を頂きにうかがいますか。

それでは(^_-)

銀座 篝(かがり)

今日は「行間を読む」です。
読者の皆さんの中には、海外発注するソフトウェアの仕様書をどこまで厳密に書くべきかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 日本側からよく聞く話として、「外国人エンジニアは仕様書の行間を読んでくれない」という問題があります。外国人プログラマーは、良くも悪くも日本人が書いた仕様書を文字通りそのまま忠実に実装しようとします。そのため、日本人が見落とした異常ケースをそのまま作り込んだりします。

そんなとき、「外国人エンジニアは仕様書の行間を読んでくれない!」とか、「向こうが作った成果物はバグだらけ。本当に使えないなぁ」などと、人のせいにしてはいけません。もちろん、相手が悪い場合もあるでしょうが、本当に日本側に落ち度がなかったのか、きちんと検証する必要があります。

なぜ、外国人エンジニアは仕様書の行間を読んでくれないのでしょうか? あるいは、読めないのでしょうか? “行間”とは、文脈(コンテクスト)や背景、前後関係のことです。文脈の解釈には、その国独自の文化背景と密接に関係します。日本、アラブ諸国、フランス、イタリア、ギリシャ、南米諸国などは、“高文脈文化”といわれています。中でも、日本は、高文脈文化のトップランナーだそうです。一方、イギリス、アメリカ、オーストラリアなどの英語圏、ドイツ、ノルウェーなどの国は“低文脈文化”だといわれています。

高文脈文化の言語は、文化を背景にして会話が成り立っていて、全てを言葉にしなくても通じる文化です。この最たる国が日本でしょう。一方、低文脈文化の言語、例えば、英語には、文中に全ての情報が入っているので、その文化に初めて触れても、「阿吽(あうん)の呼吸」や行間を読まなくても、相手を理解できます。

日本では、「目を見れば分かる」「阿吽の呼吸」など、一種の精神性に依存することが普通で、細かく説明すると、「やぼったい」とか、「あいつは子どもだ」とか、「空気が読めない」などと言われてしまいます。“目を見れば分かり合える文化”、例えば日本語では、主語がなくても何の支障もなく会話が続きます。まれに誤解を生じることもあるでしょうが、特に不便も感じず、私たち日本人は「主語なし会話」で生活しています。

行間を読む
アメリカ人からしてみれば、テレパシーや特殊能力に思えるかもしれません。アメリカは多民族国家ですから、低文脈文化は、人々のミス・コミュニケーションを避けることに役立ちます。アメリカ人の目から見ると、文字になっていない言葉、言葉として発せられていない情報が飛び交う日本はものすごく理解しにくく、ミステリアスな国なのでしょう。

以下で、低文脈文化と高文脈文化をもう少し掘り下げてみます。

高文脈文化の言語はその典型的な日本語など、伝えるべき情報の多くは社会的な文脈の中にあるため、コミュニケーションしている人々の間で、ある程度、情報を共有しています。つまり、言葉で表すこと以外に人々が共有しているものが多い社会のことです。日本語の場合、話の流れや背景により、伝える部分が非常に多い言語といわれています。

低文脈文化の言語の典型的な英語では、伝達する情報は、全て言葉によるメッセージの中に含まれています。は、文脈の解釈があまり得意でありません。文章中に全ての情報が入っているため、行間を読む必要がないのです。

以上から、日本語は、極めて抽象度が高い言語であることが分かります。日本語の曖昧な表現として、具体的に以下の2つがあります。

#主語がない場合が多い
日本語は高文脈文化を持っているため、主語を明示的に使わなくても、相手に意図を伝えることができます。主語を使用しなくても、相手に察してもらえる文化背景があるためです。また、例えば、「何を食べる?」「ボクはスパゲッティ」のように、主語が曖昧な場合もあります(「ボクはスパゲッティ」を文字通り解釈するなら、英語では「I am spaghetti.」となるはずです)。

#単数・複数の概念がない
日本語には、単数と複数の概念がありません。「山々」や、「国々」など、英語の複数に近い表現もありますが、基本的に日本語は単数と複数を区別しません。日本人が英語の勉強を始めて、最初に戸惑うのがこれでしょう。

以上の理由から、日本人向けに書いた要求仕様をそのまま外国人に見せると、相手にこちらの意図が全く伝わらない可能性があります。曖昧性を排除しようとして、日本人が無理やり英語で仕様書を書いても、日本語感覚で記述する限り、何も変わりません。日本の企業なのに「社内の公用語」を英語にするところもあって、話題になったようですが、日本語感覚で英語を読み書きする限り、「英語流の思考」は身に付きません。日本語を外国語に訳す、あるいは逆に、外国語から日本語に訳すためには、母国語と同レベルの知識の理解が必要になるのです。
「行間を読む文化VS読まない文化」山浦恒夫“組み込みな話”より転載

久々の「目から鱗」の話です。
海外の取引との打合せの際に良く言われるのは「日本の常識、世界の非常識」です。
これは全くその通りだと思っていました。
それは日常会話の中で日本人は常識的な事即ち「暗黙知」は言わなくても、会話が成立してしまうからです。
要は行間を読みさえすれば理解できるからです。
それは日本人が高文脈文化の言語の人種だったからなのですね。
したがって低文脈文化の国々の方々にとって、日本人が英語で話していても、日本人の英語は語学の優劣以前に、もともと文章の組み立て方に問題があったので通じにくかったのでしょう。
英会話はまだcommunicationをとろうということでS+VなりS+V+Oという構文で文章を組みたてようとするのでまだ救われるのですが、日本語が話せる外国人との商談になりますと、所謂巷間言われる「ムチャブリ」となるのでしょう。
その帰結として多くのクレームが起るのです。

個人的に言えば私は主語なし言葉を多用する人間であります。
従いまして家の中でもよく日本語が通じない時があります。
唯一私の主語なし言葉を理解してくれるのは我が奥様だけです。
一例をあげれば「あれどうなった」「あれどこにある」とかです。
しかも唐突にこれらの言葉を発するのですから、奥様以外しかわかりません。
多分その日の会話の中で「あれ」の具体的な説明がでているので、奥様は沢山ある過去会話の中から帰納して、その「あれ」がどれに該当するのかを瞬時に読み取っているのでしょう。
所謂「阿吽の呼吸」とか「啐啄同時(呼吸が合う意)」とかいう言葉で言い表せます。

近所のカナダ人と話している時、以前私がいわれた事の中で単数と複数を区別しない事がありました。
その時に、通じているからいいじゃない、と切り返したところ、通じているけれどね、英会話圏の人間は、その区別ができない人は即ち知的レベルの低い人とみなしているよ。
もし英会話圏の外語人相手に big businessをしたいと思っているなら、それは無理よ、と言い切っていました。
そうなのですね。何事も「郷に入っては郷に従え(when in Rome, do as the Romans do )」なのでございます、ハイ。


"史上最高を" と、GoPro とサーフィン情報サイト Surfline が開始したコンテストに届けられたクオリティーの高い映像たちの中でも、この、アンソニー・ウォルシュ (Anthony Walsh) が「1つの波で5つのチューブをくぐる」インドネシアの海で撮影した作品の、なんと素晴らしいことでしょう。
神々しいまでの域です・・・



IMG_1994
今日は銀座に出没です。
日中気温は35度まで上がっています。
もう少しで私の平常体温と一緒です。
そんな時に大行列が目に飛び込んできました。
そんな大行列は無視するんだ!
ってsplashさんに言ったのですけれど、時遅しでsplashさんはすでに方向転回していました。
熱中症になっても知りませんよ。
ということで今日のお店は「銀座 篝( かがり)ラーメン」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-4-1 銀座Aビル 1F
電話:非公開
定休日:日曜日

IMG_1989
お店の外観です。

IMG_1987
メニューです。

IMG_1985
待つこと25分、直射日光をもろに浴びて立ち続けていました。
今週の日曜日、同じく炎天下の中12時間耐久マラソンでハーフ(21km)を走っていてもヘッチャラだったことより多少の暑さは苦にしないものの、ランチでの耐久待ちはなぜか根性が無く完璧に顎があがってしまいました。
脳の水分が全部水蒸気になってしまったようです・・・
危険な昼食です!

26分立って店内に招き入れられた時には完璧に意識朦朧状態でした(笑)
本日のオーダー「GINZA涼麺(夏季限定)」@1,000円です。

IMG_1991

IMG_1993
待つこと6分で「GINZA涼麺」の到着です。
見た目綺麗ですね。

トッピングはローストビーフをメインに茄子、オクラ、冬瓜、帆立、京都産筍でした。
透明なプリンプリンは吉野葛なのからジュレなのかなぁ、ちょっと不明でしたが涼感を演出していました。
それでは実食です。
鰹節、煮干しの出汁は上品です。
麺は中太のストレート麺でもちもち食感です。

IMG_1992
途中からお店の指示によりトマトの別皿を加えました。
トマトの酸味が味を引き締めます。
味ですか、疑似熱中症だったみたいで良く分かりませんでした(笑)
しいていえば上品な味です。
夏だから灼熱の太陽に負けないような力強さが欲しかったですね。
まぁこのお店の味のこだわりからすると涼麺の路線が違うのでしょうね。
秋になってから再訪です。
こんな日もあります・・・

それでは(^_-)

銀座 俺のそば GINZA5

今日は「おいしい」です。
人はなぜ「おいしい」と感じるのか。現時点では、私は少なくとも五つの要因があると思っています。
一つ目は、生理的に必要なものが「おいしい」。
お腹がすくとご飯をすごくおいしく感じたり、疲れると甘いものが欲しくなる。このように体が欲求するものを取ったときに「おいしい」と感じます。
例えば、動物が生命維持に必要で、かつ体内で合成できない「必須アミノ酸」という物質がありますが、その内の一つを抜いた餌を与える実験をすると、動物は餌をあまり食べなくなります。そこに色々な餌を並べると、欠乏しているアミノ酸を含む餌をぱっと選んで摂取します。自分の体が今、何を欲しているか、つまり生理的に必要なものを選べたら、それを「おいしい」と感じている。

二つ目は、食文化に合致するものが「おいしい」。京都近辺では、卵焼きに砂糖を入れませんが、名古屋や東京は入れるでしょう? 私は東京で卵焼きを食べて「甘い!」とびっくりしたんですが、東京の人が京都に来ると「卵焼きが甘くない!」と言って驚くんですよ。これは身近な例ですが、自分の食文化、国の文化、民族、地域、家庭、そういう単位の中で小さい頃からなじんできた味、食べ物によって、その人の基本的な味の範囲が決まります。そしてそれと合致すると「おいしい」と感じるんです。

三つ目は「情報のおいしさ」です。これは人間特有の事なんですが、高いワインだと言われればおいしいし、行列ができる店のメニューがおいしい。つまり実際にそれを味わって「おいしいか」という問題よりも「どういうものがおいしい」のか、という情報の方が優先されているんです。情報で味わっている。これは「味わう」という感覚を越えた、先入観としての情報が「おいしさ」をリードしている例です。

四つ目は、「薬理学的なおいしさ」とでも言いましょうか。世の中には、無茶苦茶おいしいものが3つあります。それが「油」と「砂糖」と「だし」。「病みつきになる」つまり「中毒になる」ものは、全てこの3つからできています。例えば、砂糖と油が一緒になるとケーキ。油とだしが一緒になるとラーメン。

これにもう一つ、類人猿の研究者からの指摘で気付いたことなのですが「人が集まると何でもおいしい」。
猿が食事を取るときに、仲間同士集まって餌を食べる。私たちも、科学的な理由は分からないけれど、一人で食べるご飯よりも、気の合う仲間で食べた方がおいしいと感じている。
このように、薬理学、情報、文化人類学、生理学といった全然違う分野の「おいしさ」が交錯しているから、これまで誰も「おいしさ」とは何なのか、分からなかったんだと思うんです。
「かしこい生き方のススメ」伏木 亨(ふしき・とおる)談より転載

「おいしい」ですか・・・
見るからに「おいしそう!」と思えたなら、間違いなくそれはおいしいのだと思います。
従いまして「おいしそう!」と思ったら、迷わず食べたほうが良いと思います。
これは体内に埋め込まれたDNAのなせるものでしょう。
視覚で美味しく見えるというのは潜在下の意識(正しくは前頭眼窩野)がそのDBからの経験則で「美味しいはずだ」という指令を前頭葉にだしているのでしょう。
だからまちがいなく美味しいのです。

さらに言えばフリネタの京都大学農学部の伏木教授が述べている様に、生理的に必要なものが「おいしい」のだと思います。お腹がすくとご飯をすごくおいしく感じたり、疲れると甘いものが欲しくなるように、体が欲求するものを取ったときに「おいしい」と感じるのだと思います。
付而者(つきましては)美味しいものは体(健康)に良いのです

美味しい
個人的に「おいしい」は楽しみです。
美味しいものを食べたいが為に一生懸命働く、言いかえれば「自分に対するご褒美」です。
正直このために働いているようなものです。
美味しいものを口いっぱいにほおばり、噛みしだく快感は筆舌に尽くせないものがあります。
自分の中に大きく広がる口福の量は「口福即正」を体現するものでもあります。
今迄の人生に辛くてたまらない場面は何回もありました。
その際、おいしさに励まされては、仕事を続けてきました。
従いまして私の食べ歩きは宿痾(しゅくあ)であるかもしれませんが、私の元気の「」でもあるのです。
こんな事を書く日もあります。


命日に合わせて最高のPV。曲に合わせて過去のヒットPV合成はさすがです。永久保存版!



IMG_1612

IMG_1613
今日はザギンに出没です。
今日のお店は、銀座や新橋エリアにて、立食い形式で高級食材を破格のお値段で提供するというコンセプトで業界の風雲児となった「俺の」ブランドの「肉そば」店です。
今日のお店は「俺のそば GINZA5」さんです。

住所: 東京都中央区銀座5-1 GINZA5 B1F
電話:03-6274-6894
定休日:無休(不定休)

IMG_1615

IMG_1617
お店の外観です。

IMG_1618
メニューです。

今日のオーダー「俺の肉そば」@600円です。

IMG_1616
かなりの行列ですが・・・
回転がよいのか7分で入店できました。

IMG_1620
店内はご覧の通り超満員です。
すごい混雑ですね。

IMG_1621
このように並んで自分の順番を待ちます。
オーダーは商品名ではなく商品に付番されて番号でします。
e.g「肉そば」なら1番と言い換えます。

IMG_1626
生卵と天かすはfreeです。

IMG_1622

IMG_1623

IMG_1624
さらに並ぶ事6分で「俺の肉そば」を受け取りました。
見た目「港屋」さんの完コピです。
しか〜し「俺のそば」っていう店名でよいのですかね。
正しくは「おれの真似そば」でしょう(笑)

「俺の肉そば」は、平皿には黒っぽい蕎麦がのっています。
その上にはたっぷりの固まり状態の肉、ドサッとした白ネギ、そしてこれでもか、という刻み海苔がトッピングされています。
ここまで「港屋」さんにクリソツですと思わず中国系企業かと笑ってしまいます。
つけ汁はかなり甘みの強い蕎麦汁にラー油を張ったものです。
ここも「港屋」さんにクリソツです。

味ですか、これまた「港屋」さんにクリソツですので美味しいのです。
強いて瑕瑾をいえば蕎麦の涼感に欠けていますが、それを蕎麦の量感で補っていますので後半食べきれません。
換言すればtoo muchであります。
どうなのですかね、港屋さんみたいに超時間並ばなくてよく、味もほぼほぼ同じで、値段が港屋さんより4割程度も安ければ、港屋さんに行くのはありえないと思います。
マーケッテイング用語で申せば「フォロワーの戦略(業界のリーダーに追随し、競合企業からの報復を招かないように注意しながら経営成果の最大化を目指す企業)」が当てはまる典型的な事例でありましょう。

それでは(^_-)

銀座 KHANHのベトナムキッチン 銀座999

今日は「筆短情長」です。
「筆短情長」って言う四文字熟語を聞いた事がありますか。
「文は短く情は深く」という意味なのですが、この「筆短情長」の名手の一人が島崎藤村です。
島崎藤村は明治から昭和にかけて文壇の第一線で活躍した、ロマンあふれる処女詩集「若菜集」や自然主義文学の先駆けとなる小説「破戒」で人口に膾炙した作家であります。
藤村は随筆の中で手紙についてこう述べています。
「何も言い廻しの巧みさを求めるでもない
たくさんな言葉を求めるでもない
真心がありのままに書かれてあってその人がよくあらわれていればと思う」

以下は小説「破戒」を書き上げた時の信州の資産家神津猛へ宛てた時の葉書の文面です。
彼は藤村への資金援助を惜しまずまた生涯にわたってよき友人でありました
「草稿全部完了
十一月二十八日夜七時長き長き労作を終る
無量の感謝と長き月日の追懐とに胸躍りつつこの葉書を認む」
初の長編小説を書き上げた藤村のその充実感が短い葉書からひしひしと伝わってきます。

悲しい出来事もたくさんあったのですね。
その悲しみの中で書かれたのが 長女が亡くなる5日前藤村が病室で書いた葉書です。
「すべての望みは逝けり生等はただ幼きものの死を待つのみにこれあり候」
ほんとに心から絞り出すような文面ですよね。
ちなみに「生等」という言い方は、今は使われておりませんが「私たち」という意味です。
現代の私達からするとこの文面にはよく合っている言い方ですね。
『先人たちの底力 知恵泉(ちえいず)心をつかむ手紙術「文豪編」』より転載

現在はまさに手紙文化、言いかえればメール文化であります。
日本の歴史の中でこれだけ多くの人々が手紙を送るとは空前絶後でしょう。
その影響か最近の新入社員は文章を書くのが上手くなっています。

サトエリ
個人的に「筆短情長」だなと思った手紙を紹介します。
「先日結婚式であなたの姿を見て知っていたのにお中元に知らぬ名がありよく見るとあなたの名前の上に新しい名字がありびっくりしました。
結婚おめでとう。
お中元ありがとう。
楽しい夏の日々を…
まだ・佐藤えり子」
これいいですね。
名前が変わったという意外性の中に塗り込んだ友人への祝福と見てとれますよね、ほのぼのとします。
そして差出人が「まだ・佐藤えり子」なのでこの文章の纏まりをよくしています。
サトエリさんはかなりの知識人みたいです、その為か文章が上手ですよね。
Wikipediaみたらタレントさんの様ですが自己韜晦の強い方なのかもしれませんね。

そうそうメールは夜書かない方が良いみたいです。
私もそうなのですが、夜間は頭に浮かんだことを叩きつけるように書くことが多いので、文章は長いのに情というか内容が無いような文章になります。
言い換えれば先ほどの逆で「情貧筆長」ということになります。
ネールとメールは早朝に限ります。

私はラインはやっていませんので今一つ理解できていないのですが、最近ラインでは 「KS」即ち「既読スルー」というのが問題になっているそうです。
私達の感覚からすれば、内容的に即座に返事が必要なものでなければ「忙しいのかな?」「返事をし忘れているのかな?」と相手の状況を考えたり「あの人は無精だから、そのうち電話で確認をとろう」と切り替えたりするところですよね。もしくは、単なる連絡事項であれば「既読=相手に伝わった」と判断し、それ以上は求めないことも多のですが子供たちは違うようです。
仲間とはLINEでつながっていて当たり前、LINEのIDしか知らない友人もいるという状態では、「KS」は強い否定の意味合いを持つこともあるのですって。
結果、イジメや重大事件につながった例もあるそうです。
これって一種の紐帯(二つのものをかたく結びつけるもの)syndromeなのでしょうね。
この間取引先と行った「メード喫茶」での会話もtechnical termが多く、半分くらいは日本語で話しているのにもかかわらずその内容が理解できませんでした。
要はtechnical termを駆使できる事で繋がっているのを確認しているのでしょう。
これもある意味で紐帯syndromeなのです。

最後に個人的には「FaceBook疲れ」が起きています。
当初面白がって発信していたいのですが、楽しみが習慣になり義務となった時点から苦痛になってきました。
私のFaceBookは、日頃の付き合いのある友人が0%なので、かえって気遣いが多く、かなりのstressを感じてしまったからです。
加えてFaceBookに就業時間中にもかかわらず何回も投稿している人は、一種の業務怠業と見下すようになってきており、軽蔑的な評価になってきた事も側面的要因としてあります。
ちなみに我が社では業務時間中のSNSは厳禁です。当り前ですよね・・・
こんな事を書く日もあります。


米・Twitter社の無料動画投稿サービス・Vine(ヴァイン)に動画を投稿している日本のJKが世界で話題に!
Vineは最長で6秒の動画をUP出来るサービスなのですが。
そのVineで動画を投稿しまくってる日本のJKがとても面白いと海外で話題になってます。
彼女の超絶ハイテンションなトークスキルと顔芸の凄さに外国人も衝撃!
YouTubeにUPされてる彼女の動画には外国人からのコメントが殺到して凄いことになってます。
中には結婚してくれと言うファンも(笑)



IMG_1629

IMG_1630

IMG_1631
今日はザギンで打合せです。
時計を見ましたら20時を廻っていましたので帰社せずそのまま夕食を取る事にしました。
ついでにひさびさに「銀ブラ」をしました。
「銀ブラ」というと、銀座をブラブラすることだと思っていましたが、その語源は「銀座でブラジルコーヒーを飲む」ということなのです。
大正時代、慶應の学生が言い始めたそうですよ・・・
朝の連ドラ「花子とアン」でこの件(くだり)を紹介していました。

今日のお店は「KHANHのベトナムキッチン 銀座999」さんです。

住所: 東京都中央区銀座5-1 GINZA5 B1F
電話:03-6228-5465
定休日:不定休(銀座ファイブに準ずる)

IMG_1634

IMG_1632
お店の外観です。

IMG_1640
店内の雰囲気です。

IMG_1636

IMG_1635
メニューです。

今日のオーダー「ピリ辛ベトナム炒飯+さつま芋とバナナのチェー」@980+@580=1,560円です。
実はザギンでタフな打合せをしたために歩く元気がなくなっていました。
このお店に着いたらすでに満席だったのですが、空席待ちの椅子が並べてあったのでそこに腰を掛けていましたら爆睡してしまいました。
店員さんに空席ができたので起こされました。
時計を見ましたら座ってから35分過ぎていました。
結構寝てましたね・・・

ベトナム料理では、ミント、バジル、パクチー、レモングラス、ドクダミ、などだけではなく、じつにいろいろな香草を使っています。
私はこの香草の匂いが大好きなのです。
多分ベトナム人の生まれ変わりだからでしょう・・・

待つこと4分で「ピリ辛ベトナム炒飯」と「さつま芋とバナナのチェー」が到着しました。

IMG_1638
まずは「ピリ辛ベトナム炒飯」です。
思わず「学食かっ!」と独りツッコミを入れてしまいました。
気を取り直して実食です。
ご飯が熱々ではありません。
ご飯のパラパラ感もありません。
味付けは薄い塩味です。
辛さはほとんど感じません。
パクチーがアクセントになっていますが・・・

IMG_1637
これはベトナムでも評価の高いカィンシェフ監修レストランの料理ではないでしょう(笑)
味は行間を読んでください。

次に「さつま芋とバナナのチェー」です。
私の認識では「チェー」とは「ベトナム版あんみつ」です。
しか〜しその奥深さは日本のあんみつの比ではありません。
一番のちがいは、中にいれる具のバリエーションの多さです。
あずきや金時豆などの豆類から、だんご、ゼリー、芋の甘く煮たものなど多い店ですと20種類近くになります。
店頭に並んだそれらを、客は指で指しながら注文するのです。
店主はそれを受けて指定された具を次々にガラスのコップにのっけていき、その上にドロ〜リとして濃厚なココナツミルクをたらし、最後にかち割り氷をのせてできあがるのです。

IMG_1639
画像を見てください。
かなり貧弱な様相を呈しています。
芋は甘く煮ていません。
ココナツミルクの味わいはかすかにします・・・
これは日本仕様のチェーなのでしょう。
味は行間を読んでください。
ちなみにベトナムでは最高チェー「タッカー」でも2,000ドン(VND)ですから約10円(JNY)です。
従いまして日本仕様は現地の58倍であります、ハイ。

それでは(^_-)

銀座 あずま

今日は「American joke vol.4」です。

American joke
#安全性
「このパラシュートはもちろん安全だよな?」
「モチロン!その証拠に故障したという苦情は一件も寄せられておりませんよ」

#手の内チョンバレ
大学生A「カネがなくてよ、実家に電話したんだ。教科書が買えないからカネ頼むって」
大学生B「そんで?」
大学生A「そうしたらお袋のヤツ、教科書を送ってきやがった!」

#酩酊基準
息子「父ちゃん、酔っぱらうってどんなことなの?」
父 「ここにグラスが2つあるだろう。これが4つに見えだしたら、酔っぱらったってことだ。」
息子「父ちゃん、そこにグラスは1つしかないよ。」

#烏合の衆
エンジニアと物理学者と数学者の3人が一緒にいるところで、火事が発生した。
エンジニアは自らの知識を総動員し、火を消す方法を見つけ出した。
物理学者は自らの知識を総動員し、火を消すのに必要な水の量を算出した。
数学者は自らの知識を総動員し、火を消すことが可能であることを証明した。

#目には目を
とても内気な男が酒場に入っていくと、カウンターにきれいな女性が座っていた。
1時間ほど迷ったあげく、男はようやく女の方に近づき、ためらいがちに尋ねた。
「あのう、ちょっとお話をしてもよろしいですか?」。
この質問に女はあらん限りの大声で反応した。
「何、言ってんのよ。今晩あんたなんかと寝る気はないわ」
バーにいた全員がこの光景をまのあたりにした。
男は当然ながら救いようもなく、大恥をかいてすごすごと自分の席へ引き上げた。
数分後、女が男に近づき微笑みを浮かべながら謝罪し始めた。
「ごめんなさいね。驚いたでしょ。私、大学院で心理学を専攻しているんだけど、
ばつの悪い状況にみんながどう反応するか研究中なの」
今度は、男の方があらん限りの声で応えた。
「どういうつもりだ、200 ドルだって?」

#料理の味を聞いているのに・・・
女「ねえ、私の作った料理どうだった?」
男「愛してるよ」
女「料理の味を聞いてるのよ。食べたんでしょう?」
男「食べたさ。それでも君を愛してるよ」

#馬鹿は誰
「パパ〜馬鹿って何〜?」
「相手に何かを伝えるとき、簡単に済むことでも、
 わけのわからない長ったらしい方法で伝えようとしてしまって
 結局相手に何が言いたいのか伝わらなくなってしまうような人のことだよ
 わかったかい?」
「わからないよパパ」

#近所迷惑?
「この前、娘にピアノを買ってやったんだ」
「どうでした?」
「儲かったよ」
「どうして?」
「隣の家を半値で買い取った」

#ムチャブリ
子「ねぇお母さん、アメリカって遠いの?」
母「黙って泳ぎなさい」

#視野狭窄
アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、
無重力状態ではボールペンで文字を書くことができないのを発見した。
これではボールペンを持って行っても役に立たない!
NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、
10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、
どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!


The Sausage Thief !!
こんな犬飼ったら面白いでしょうね。
大変だと思うけど・・・


IMG_1046

IMG_1056
今日は銀座に出没です。
ナイスなお店を求めてそぞろ歩きをしていましたら、忽然と像が現れました。
これが“本当の驚いたゾウ“です。
今日のお店はレストラン「あずま」さんです。

住所: 東京都中央区銀座6-7-6 西六ビル 1F
電話:03-3571-0392
定休日:無休

IMG_1047
お店の外観です。

お店からの案内です。
「銀座6丁目でご愛顧頂き40余年、アットホームな昔ながらの洋食屋さんです。
ボリュームあるじゅうじゅう焼、ふっくらとろりとしたオムライス等、変わらぬ味・値段に惹かれ長年のリピーターさんも多数いらっしゃいます。是非一度気軽に寄ってみませんか。きっと貴方を笑顔にする事が出来ると思います。
皆様のご来店お待ちしております。」

IMG_1054
店内の雰囲気です。

IMG_1049
メニューです。

今日のオーダー「ケチャップオムライス」@1,000円です。
銀座は隅から隅まで知っているつもりでしたが、このお店はなぜか見落としていました。
創業から44年との事ですが、外観からは古き良き庶民の銀座を感じることができました。
どこからみても下町の洋食屋さんですよね。

IMG_1050
待つこと4分でコンソメスープの到着です。
所謂洋食屋さんのコンソメスープです。
安定感あります。

IMG_1051

IMG_1052
待つこと10分で「ケチャップオムライス」の到着です
見た目昭和のオムライスです。

それでは実食です。
卵はあまりフワフワ感ありませんが、バター勝ちなのでしょうか、美味しいです。

IMG_1053
中のオムライスはベチャコちゃんです。
確かにこのような作り方はありますが・・・
かなり汁気が多いので、もう少し飛ばして欲しかったですね。
白眉はサイドメニューのハンバーグです。
かなり弾力感があり、肉も美味しいです、これは秀逸です。
全般的にはハンバーグ勝のオムライス負けでしょう。
で〜も銀座であればまずまずのコスパではないでしょうか。

それでは(^_-)

有楽町 ジャポネ 5th

今日は「手洗い励行」です。
唐揚げ
私は唐揚げが大好きです。
この日も特製ソースの期間中ということで地元の唐揚げ屋さんに奥様と行き、唐揚げと珈琲を求めて席に着きました。小さなアルミ袋からソースを絞りだし唐揚げの皿の脇に添えようとした時でした。
せっかちの為にソースをかなり強く押し出しため、手の指の脂ですべりソースの袋を床に落としてしまいました。
「アー、もったいないなぁ」
と悲鳴にも似た声をだした私はそれを数秒見つめていました。
それからとった行動は、腰をかがめて獲物を狙う鷹のようなスピードで床におちたソースを紙ナプキンで拾いあげ、唐揚げの脇におき、そのソースに唐揚げをつけ食べたのです。
「汚いじゃない」
とそれを見咎めた奥様が絶叫しました。
「だって上の方だけしか使ってないじゃない、汚くないでしょう、上の方は」
と言い返しました、ものの見事に奥様はキレました。

基本的に私はすごく大雑把なところがあります。
今回の事態を俯瞰していえば、落ちたソースの底部は汚いと思いますが、上部は汚れていません。
さらに熱いものは熱い内にと、亡き父から躾られていたことから、この一連の動作は私のルールにおいては正しい行動なのです。

尾籠(びろう)な話で恐縮ですが、我家のトイレは立っての使用は厳禁です。
大であろうが小であろうが動作は同じにしなければいけません。
小の場合は、ズボンを下ろし、便座に腰かけ所定の行為をすませた後は、ズボンを引き上げてフラッシュバルブのレバーを左に引き上げ水を流すだけです。
従いまして手は不衛生にはなっていません。
その為トイレを出た後は手を洗いません。
衛生的見地からしてまったく問題がないと思っていました。
しか〜し我が奥様は「不衛生です、トイレを使用した後は必ず手を洗ってください」
と注意をします。
で〜も無視していると、そんな事を繰り返しているからノロ(一昨年罹患した)になるのよ、と注意から教育的指導になります。

私は典型的な理科系人間ですので、非論理的なことはできません。
頭と体がそのように連動するようになっているのです。
今日の今日までそのように行動してきました。

手洗い励行
しか〜しこれは大きな間違いであることがわかったのです。
用を足した後に、トイレのふたを閉めずに水を流した場合の微生物の飛距離と滞空時間を英国リーズ大学のMark Wilcox教授らが調査測定した結果、トイレの便座の上空25.4cmまで微生物が飛散し、90分間も空中に浮遊していること、が判明したのです。
従いまして手が不浄なものを触る触らない以前にトイレの後は手洗いが必要なのです。
要はトイレというところは細菌をシャワーの様に全身に浴びてしまう場所なのです。
これを知ってからは小といえどもトイレの後は手を洗う事を励行しました。
貴方はなんとも柔軟性に富んだ方ですね、見上げたものです。

この間取引先と話していたら、そのお宅は冷蔵庫を開ける前には手洗いがmust、ですって、これはさすがにいきすぎ様な気がします、ハイ。
いずれにしても帰宅したら手洗いを励行しませう!


日本最南端のスキー場「五ヶ瀬ハイランドスキー場」のCMがくだらない其の弐



IMG_8835
今日は銀座に出没です。
時計を見たら15時です。
どうやら今日もランチを食べそこねたようですが、この時間であればquick lunchならいけるなと判断しました。
ということで今日のお店はロメスパの絶巓「ジャポネ」さんです。

住所: 東京都中央区銀座西1-2 銀座インズ3 1F
電話:03-3567-4749
定休日:日曜・祝日

IMG_8837
お店の外観です。

IMG_8843
店内の雰囲気です。

IMG_8838
メニューです。

IMG_8839
調味料の面々です。
いずれも特大サイズです。

IMG_8841
今日のオーダー「ジャポネ(レギュラー麺少なめ)」@500円です。
さすがに15時を10分過ぎているので並ばずにあっさりと着席できました。
待つこと3分で「ジャポネ」の到着です。
「ジャポネ」とは肉、シイタケ、オニオン、小松菜入りの醤油味の焼きスパです。

IMG_8842
小松菜の緑が目に優しいですね。
ここでのお約束はdefaultを確認したらcheeseで冠雪状態に変えます。
味ですか、少しパサパサ、モソモソ感有りますが、ロメスパには醤油が合う事を確信できます、言い換えれば美味しいという事です。
麺量も丁度良く、目の子でいえば200g位ですか、これぐらいが丁度よいというか、普通ですよね(笑)
ここのところロメスパづいていますが、やはり安定感ではここが一番でしょう。
ご馳走様でした 

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ