今日は「走れメロス異聞」です。
走れメロス
「走れメロス」は、太宰治による短編小説です。初出版は1940年5月発行の雑誌「新潮」です。
処刑されるのを承知の上で、命をかけて友情を守ったメロスが、人の心を信じられない王に信頼する事の尊さを悟らせる物語です。
信頼と友情の美しさを基本に描きつつ、そこに還元されない人間の葛藤をも描いた、日本文学における傑作のひとつでもあります。
国語の教科書にも載っていますので人口に膾炙しているのは言うまでもありませんし今でも日本人に愛され続けている小説であります。

この小説が愛され続けるのには理由があるのです。
「走れメロス」は日本語の深淵に突き刺さるものを持っており、臘化語が多用されることが多い最近の小説と比較しますと、ある種の小気味よさがあるからなのです。

なんのこれしきと掻き分け掻き分け、獅子奮迅の人の子の姿には、神も哀れかと思ったか、ついに憐憫をたれてくれた。ああ、神々も照覧あれ!濁流にも負けぬ愛と誠の偉大な力をいまこそ発揮してみせる。

広告会社が作った映画のコピーと比較しても遜色はありません。
言葉のリズムがあってすごく心地よい響きがあるのです
また状況を説明するのが大変にうまいのです。

さらに小説の後半、メロスがラストスパートをかけた時の描写が秀逸なのです。
それを以下に記します。

少しずつ沈んでゆく太陽の10倍も早く走った。

早く走る表現は色々とあります。
例えば、目にもとまらぬ速さで走ったとか、足の動きが見ないくらいの速さで走ったとかありますが、
太陽の10倍も早く走った、というのは空前絶後でしよう。

実際この速さはどのくらいのものなのだろう、と検証した先生がいます。
それは柳田理科男先生です。
その先生の解説によりますと、二人がいたのはイタリアのシチリア島ですから、だいたい北緯37度位のところらしいのです。その場所で太陽の10倍も速く走ったというのは、それは地球の自転スピードに置き換えられますので時速1,300kmになります。
さらにそれの10倍ですからマッハ11という事になります。
マッハ11というのは新幹線のぞみ号の44倍の速さになります。
これを人間の速さに置き換えますと、現在最速で走るのはウサイン・ボルトさんです。
彼は100mを9.69秒で走ることができます。
一方この距離をメロスが走ったとすれば100mを0.02秒となります。
0.02秒とは早すぎです。

当然、マッハ11という超スピードで走れば衝撃波が起こります。
メロスの走る半径2km内にある硝子が衝撃波によりことごとく割れます。
結論・・・「走るなメロス」なのです。

小説や物語の中で作家は非常に大きな話をすることで物事をふくらませます。
つまり誇張することで、伝えようとすることを分りやすくさせるのです。
これが表現の面白さなのですね。
TBS「ぴったんこカンカン」参考


1992年東京の風景


IMG

IMG_0254
今日は札幌に出没です。
早朝、羽田空港に直結している京浜急行が人身事故で40分の遅延です。
いつもだったら空港に30分前に着くようにしているのですが、今日に限って60分前に着く様にしていましたので事なきを得ました。このような偶然の最悪回避ってあるのですね。

IMG_0277

IMG_0276
札幌の大通公園にはまだ雪が残っていました。
まだ、春遠からじ、であります。

IMG_0272
今日のランチは恵庭です。
久々の恵庭ですが、ここの駅周辺って食べるところがありません。
唯一あったのがこのお店です。
今日のお店は「Mojo Hand (モジョハンド)」さんです。

住所: 北海道恵庭市相生町142
電話:0123-33-4447
定休日:1、第3日曜日

IMG_0255
お店の外観です。

IMG_0264

IMG_0260

IMG_0258

IMG_0262

IMG_0269
店内の雰囲気です。どうやらこのお店はロックのライブハウスの様です。
インテリアがロックです。


IMG_0268
ベルを押さないと何も始まらないようです。
今時、ほんとうに珍しいですね(笑)

IMG_0256
メニューです。
料金が書いていません。
しか〜し恵庭ですからね、たいしたことはないでしょう。

IMG_0265

IMG_0267
今日のオーダー「ナポリタン+コーヒー」@950円です。
待つこと11分で着皿です。
スープも付いています。
見た目、焼きスパですね。
ケチャップがしっかり絡んだナポリタンはシャツに飛ばない系です。
味ですか濃いですね。
野菜がおおいのでヘルシーですか。
多めに入っていた真っ赤なウィンナーが高評価です。
全体的に申せばまずまずです。
いずれにしても昼食抜きをまぬがれる事ができたので感謝です。
ご馳走様でした 

IMG_0273
その後札幌に戻り打合せを済ませてから、支店の元部下に顔をみせましたら、熱烈歓迎を受けました。
結果最終便になったのです。

IMG_0278

IMG_0280
新千歳空港はほとんど人影がありません。
そうか今日は金曜日だから出張族はほとんどが宿泊出張かと思いなおしましたら、この閑散に納得ができました。
帰宅したのは01時30分でした、2年ぶりに風邪をひいたので実は一日中熱があったのです。
さすがに疲れました。こんな日もあります・・・

それでは(^_-)