下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

群馬県

甘楽町 こんにゃくパーク

今日は「世界文化遺産を見てきました(前編)」です。
私達おとぼけ夫婦は「ぽけかる倶楽部」さんの「富岡製糸場&夏でもひんやり碓井湖・めがね橋&こんにゃくパーク見学バスツアー」に参加しました。

まずは今回参加した「ぽけかる倶楽部」さんの案内です。
「昔は、ダンスやお酒の付き合いを通して、様々な人と出会いながら遊びを謳歌しましたね。
遊びは人生を豊かにし、新しい友達が増えていきます。知的好奇心が満たされ、同じ楽しみを分かち合える友達まで増やせたら一石二鳥。『ぽけかる倶楽部』のイベントは『安心』『快適』『知的』『楽しい』『やさしい』をテーマに、『笑って』『学んで』『感動して』『集って』『食べて』元気になるお手伝いをします。
おひとり様からでも気軽に参加できます!
会員は、首都圏在住の50代以上のシニアが中心。『ぽけかる倶楽部イベント』に何度でも参加する、時間とお金にゆとりのある、好奇心旺盛なアクティブシニア層です。」

50代がアクティブシニアと冠されると抵抗感はあるのですが、私はこの会社のイベントは大好きです。
ちょっと天の邪鬼ですが一番好きなところは「集合時間に5分以上遅れたらおいていく」です。これいいですね(笑)
私みたいにきちんとしていないと嫌な人間からすると、時間にルーズな人は大嫌いです。
従いましてこのルールは大々歓迎です。
奥様も似たような気質で、私に輪をかけて几帳面ですからこのルールは大々々歓迎です
従いまして集合時間のキワキワになりますと、バスに向かって猛然と走ってくる人が続出するのです。
見ていて面白いですよ。
で〜もこの話は添乗員さんのbluffのようです。
帰宅してからイベント契約規定を確認したところ、そのような記載はありませんでしたもの・・・

IMG_1697

IMG_1793
Back to the theme,8時に待合場所で丸の内ビルに来た私達は車中の人となりました。
首都高速から関越に入り、渋滞もなく順調に最初の目的地である「碓井湖」に着きました。

IMG_1703

IMG_1702

IMG_1706
碓井湖です。
碓氷湖は坂本ダムにより碓氷川と中尾川の合流点をせき止めてできた豊かな緑に囲まれた人造湖で、一周1.2kmの遊歩道が整備されています。
鉄道廃線敷を整備した遊歩道「アプトの道」の途中にあり、めがね橋をイメージした朱色の橋がかかる湖面には周囲の木々が映え、ウォーキングの立ち寄り場所として多くの観光客が訪れ人気の散策コースとなっていますが、あまり知られてないので穴場的存在です。
です〜が散策をしない私達にとって、この山の向こうが軽井沢だよね。最近軽井沢にはいってないよな、程度の感想でした。

IMG_1713

IMG_1718

IMG_1732

IMG_1720
そして碓井湖から少しバスで移動して「めがね橋」に到着しました。
「めがね橋」は煉瓦アーチ橋で径間数4、長さ91m、高さ31mでわが国最大の煉瓦づくりアーチ橋です。
明治25年に完成し、アプト式鉄道を支えてきましたが、昭和38年新線開通に伴い廃線となりました。
平成5年に国の重要文化財に指定され、平成13年廃線敷を利用した遊歩道「アプトの道」として整備されたものです。情緒があり思わずタイムスリップしたような感じに陥りました。

IMG_1727
幽霊がでてきそうな隧道がありましたので入ってみました。
ま昼でもこれだけ不気味なのですから深夜にきたら肝冷えることでしょう・・・


本日の午前中の目玉の「こんにゃくパーク」です。
「こんにゃくパーク」とは日本最大級のこんにゃく製品生産量を誇る「ヨコオデイリーフーズ」さんが運営している施設です。
多くの人々にこんにゃくの文化とおいしさを伝えたいという思いから、2011年6月に「こんにゃく博物館」としてオープンしたそうです。さらに2014年4月26日には規模を拡大して「こんにゃくパーク」としてグランドオープンしたのです。
施設内は、こんにゃく・白滝製造ライン見学ゾーン、ゼリー製造ライン見学ゾーン、バイキング・お土産ゾーンに分かれており、楽しく、美味しくこんにゃくについて学ぶことができます。

蒟蒻ですか、じつは好きなのです。
ということでこの「こんにゃくパーク」は大いに期待して入館しました。
朝が早かったのでお腹が空いています。
ということでまずはlaunchです。
今日のお店は「こんにゃくパーク」さんです。

住所: 群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
電話:0274-60-4100
定休日:無休

IMG_1787

IMG_1788

IMG_1786
パークの外観・内感です。

IMG_1735
来館者が10万人を突破したようです。


IMG_1749
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「こんにゃくバイキング」0円です。
マジすか、料金は無料なのですね(笑)

それでは以下にこんにゃく料理の数々を紹介します。

#田楽みそおでん
IMG_1746
所謂味噌おでんです。
安定感ある味です。

#玉こんにゃくです。
IMG_1741
ちょっとこれは蒟蒻の臭さが際立っていて×でした。

#雷こんにゃくです。
IMG_1742
「かなりの辛さ」です、と書かれていたのですが、甘く見ていました。
こんなに辛いもの供して良いものでしょうか(笑)

#きんぴらこんにゃくです。
IMG_1743
まさにきんぴらです。
美味しいです。

#稲庭うどん風こんにゃくです。
IMG_1739
これはたれが美味しいので、個人的には高評価です。

#カレーこんにゃくです。
IMG_1744
今日一でしょう。
できたらご飯で食べたかったものです、ハイ。

#こんにゃくラーメンです。
IMG_1758

IMG_1747

IMG_1750
奥様高評価です。
で〜も大好物の紅生姜が付いていたからでしょう、多分。
個人的にはこれは有料でもno problemです。

IMG_1745
ということでこれが私の選んだlunch plateです。
しか〜し冷静に考えますと蒟蒻自体には味が無いわけで、味付けの善し悪しで雌雄が決してしまうわけですよね。
ということは蒟蒻はあくまでも触媒であり、味付けした調理人に座布団一枚ご進呈というところではないでしょうか。
強いていえばどの料理を食べても食感が同じなので、最後の方になってきますといくら味が変わっても飽きてまいります。

お土産コーナーも紹介します。
結構こんにゃく食品ってあるのですね・・・
IMG_1767

IMG_1759

IMG_1760

IMG_1761

IMG_1762

IMG_1763

IMG_1764

プチ工場見学もしました。
IMG_1768

IMG_1780

IMG_1783

IMG_1789

IMG_1790

IMG_1792
この辺で疲れてきましたのと「雷こんにゃく」で味蕾(みらい)を壊されたので、フードコートのアイスクリームで味蕾を回復させました。
これマジ美味です。
久々の「くりびつてんぎょのいたおどろ!」でございました、ハイ。

それでは(^_-)

太田市 レストラン マーブル

今日は「悔し〜い!」の話です。
私のblogにお立ち寄の方はご存じの通り、私はマラソンマンです。
基本的に走るのは得意でした。
高校のときには走るのが得意でない剣道部にいたものの、全校マラソンでは男子約400名出走する中でtop20には入っていましたし、クラスでも3km走はほとんどtop3に入っていましたので、走る事にかけてはそれなりのものだったのです。
これは遺伝です。亡き母が走るのが得意だったのです。
母はその健脚で市の大会に中学校の代表として出ていたようですし、我が妹も足は速くて中学校の時は学校代表で都大会にでていたようです。
まぁ私の妹の場合は、すべての栄養素が両足に集中した為に、肝心要(かんじんかなめ)の脳に栄養が行き届かず、今でも大変な思いをしているようですがね・・・

リンクのURLの顛末をご覧になれば私がマラソンにハマった理由はご理解できると思います。
お暇でしたらのぞいてみてください。
社会人になって初めて10kmを走ったのが1994年5月3日ですので、偶然にも今日で19年目です。
えぇ〜!もう19年も走っているんだ(笑)
フルマラソンのbest timeは3時間38分ですから、中の下位のrunnerでしょう。
2008年3月7日に取引先との接待剣道?で左足のアキレス腱の裂断をしてから一時期走ることから遠ざかっていました。その後、徐々に復帰したものの、その影響でspeedは出なくなってしまいました。
しか〜しマラソンは続けておりました。
ところが昨年の8月10日より世界のtop athleteの真似をしてforefoot contact running(爪先着地走法)に走法を変えたところ、アキレス腱の腱鞘炎になりその激痛のために走れなくなってしまったのです。
そしてその為に年末の駅伝に出走することができず、暇にまかせて走っていた次男に選手を代わってもらったのです。
その駅伝での次男の記録は2.48kmで10分17秒、4分9秒/kmでした。
まずまずの記録でしたが、私のbest timeは9分32秒、3分50秒/kmですので、まだまだ抜かれないだろうと高を括っていたのです。
ところが私のその記録って2000年のものなのですね。

IMG_5247

IMG_5248

IMG_5250
今回我がマラソンクラブ恒例の横浜駅伝に我がクラブの会長のたってのrequest(依頼)により、次男も出走することになったのです。
ともに5走、3kmがお互いのpositionです。
これは同条件ですので、父親としていやrunnerとしては負けられません。
実は本人は練習をすればスピードは戻ると軽く考えていたのです。
で〜も冷静に考えると私が早かったのは上述の通り10年前でして、徐々にそのspeedは低空飛行状態になっているにもかかわらずそれに気がついていなかったのですね。

レースの当日です。
私が4走から襷を受け継いで猛dashで掛け始めて遅れること40秒くらいで次男が襷を受け継いでいました。
コースは二つの折り返しのある周回コースなので先行していた私は早々と折り返しをして追走する次男と余裕のヨッチャんですれ違いました。
その時は心にも余裕があったので次男に、頑張れ、無理すんなよ、と声援を送っていたのです。
そして二回目の折り返しの時にまたまた次男とすれ違ったのですが、この時には距離がすごく縮まっていたのでした。
ここで私は40秒も差があったのに抜かれるかもしれないことに初めて気がつき驚いたのです。
マジかよ、ってツブヤキながらgearをtopにいれたものの、そのspeedは伸びません。
なんとか、かんとか逃げ切ることはできました。
最終結果はまだマラソンクラブからもらっていませんが、手元時計では私が13分30秒/3km、4分30秒/km次男が12分40秒/3km、4分13秒/kmという50秒差でした。
50秒の差というのは直線で申せば300m離されたというものです。
悔し〜い!と言ってはみたものの所謂ボロ負けです。
帰宅して奥様にその旨を告げると、当り前でしょう、年なんだから、と一笑に付されました。
そうなのかな、と思いながらもrevengeを誓いました。
今日から臥薪嘗胆の日々です。
死ぬまでに一回は次男にマラソンでaheadしてみせます。
無理かな・・・


女優さんの顔に注目!でもこれ本当にお寿司のCM!?



IMG_5261

IMG_5267

IMG_5262
今日は群馬県太田に出没です。
この太田の駅前って食べるところがありません。
やっとこさで探し当てたのがこちらです。
今日のお店はホテルパインヒル大田「レストラン マーブル」さんです。

住所: 群馬県太田市飯田町1308
電話:0276-48-0221
休日:無休

IMG_5266

IMG_5265
お店の外観です。

IMG_5264
店内の雰囲気です。

IMG_5263
メニューです。

今日のオーダー「タンシチューオムライス・コーヒー付」@1,200円です。
パインヒルでピンときた方はパチンコ通です。
「宇宙センター」チェーンはここの親会社である松岡商事蠅経営しています。
松岡商事蠅亮卍垢任△訃床英吉氏は、初代の「日遊協」会長であり現在、日本遊技産業経営者同友会の名誉会長も務めています。
いわば、パチンコ・レジャー業界の先駆者的な役割を果たし続けている会社なのですね。
そして私はこの系列のホテルパインヒルのheavy userだったのです。
ここのホテルは札幌在勤の時に急な東京出張でも予約がとれしかも安かったのでした。
当時は酔い潰れて寝るためだけにホテルを取っていたので駅近のホテルパインヒルは最高だったのです。
ちなみにこのホテル名は社長が松岡さんなのでパイン(松)ヒル(岡)という分かりやすい命名なのですね。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_5268
待つこと10分で、サラダの到着です。
見た目美サラダです。
野菜がシャキシャキしていて美味しいですね。
ドレッシングも軽やかな味わいで結構です。
白眉はトマトです。甘くて美味しいです。

IMG_5269
待つこと12分で「タンシチューオムライス」の到着です。
見ため美オムライスです。
な何とタンが光っているではありませんか。
それでは実食です。
タンがホロホロとしていてその肉繊維のほぐれは絶妙です。
オムライスはターメリックライスになっていて味付けは控えめです。
すべてタンシチューを引き立てるためです。
そのタンシチューにトロトロオムレツがからみます。
とても美味しいじゃないですか!
大田でこのような極上のlunchがいただけるとは・・・
ご馳走様でした 


それでは(^_-)

赤城 みやざき

今日は「大学生の馬鹿化」の話です。
東大生
アメリカはそれがうまくいっています。アメリカの国力の源泉もそこにあります。現代における国力は知力の総和をもって測ることができるといっても過言ではないほど、現代は知力の時代です。
 
かつては、アメリカの知力水準が問題にされるとき、アメリカには突出した個人は沢山いるけれど、全体的水準は日本のほうが高いとよくいわれましたが、今では(実は昔から)そうではありません。高校まではともかく、大学になったら、アメリカのほうが上です。日本では、大学に入るまでは熱心に勉強するけれど大学に入ると遊んでしまう学生が多いのに対して、アメリカの大学は学生をきびしく教育し、じゃんじゃん本を読ませ、遊んでいる学生は容赦なく落とすから、ここで完全に逆転してしまうのです。アメリカの大学は先に述べたように、学生を幅広いリベラル・アーツ教育で四年間しごきます。そして、大学進学率はほとんど50パーセントですから、それに上る知力の総和のレペルアップは大変なものです。

日本でも大学進学率は45パーセントをこえていますが、大学に入ってからの教育水準が低いから、知力の総和はグンと低くなる。アメリカとは大差がついています。どれほどちがうかは、本屋に行くとすぐわかります。アメリカでは、結構知的水準が高い本がベストセラー入りするのに、日本でベストセラーになるのは、ほとんどがタレント本程度の知的水準が低い愚劣としかいいようがない本です。TVはバカ番組のオンパレードだし、雑誌で圧倒的に売れているのはマンガ雑誌だし、日本の知的国力はもう取り返しがつかないほど下がっているといってよいでしょう。

問題がとりわけ深刻なのは、科学技術に関する社会一般の知識水準がどうしようもなく低下していることです。サイエンス系の本でベストセラー入りする本がほとんどないのはもとより、科学雑誌が日本では壊滅状態にあります。

その代わり日本では、科学的常識がちょっとあるんだったら絶対に手を出すはずがないバカげた本が売れたり、そういう言説をまきちらす雑誌の記事やTV番組に人気が集まって、似たようなものがとっかえひっかえ繰り返し市場に出てくる。

これが本当に大学進学率が45パーセントもある国なんだろうかと思います。大学でリベラル・アーツ教育がちゃんと行われていたら、そしてかつてそうであったように、その三分の一は自然科学系ということになっていたら、これほど、サイエンス系の一般の知識水準が低下するわけはないのです。

【中略】

このままいくと、日本は有名無実のとんでもない高学歴国家になります。いま現在の大学進学率47パーセントという数字は、アメリカ、ヨーロッパの大学進学率に近い、あるいはそれを抜く数字になっています(文部省調べによると、アメリカ66.2パーセーント、イギリス56.4パーセント、フランス38.0パーセント、ドイツ32.7パーセーント)。しかし、大学進学率と大学卒業率はちがうんです。アメリカでも、ヨーロッパでも、学生を容赦なく落第させます。アメリカなどですと、卒業できるのは、入学者の二割程度です。ヨーロッパの場合は、国によってかなりちがいますが、やはりバタバタ落されます。ドイツでは約30パーセーントが卒業できないし、イタリアでは実に64パーセーントが卒業できません。

ところが日本では、トコロテン大学といわれるように、ほとんど卒業させてしまうんですね。卒業するに足る学力があることをちゃんとテストして卒業させるわけではなく、単なる温情主義(「落第させるのは気の毒」など)で、入ったものをほとんど卒業させて
やっている。世界にこんな国は他にないので、OECDの資料で、日本の大学の非卒業者発生率は「世界で最低」と特筆されています。しかし、これは別に自慢になる話ではなく、できない学生もどんどん卒業させてしまうからそういう数字になってるだけで、それによってもたらされる卒業生の質の低下を考えたら、むしろ日本の恥といっていいのです。
「東大生は馬鹿になったか」立花隆著より転載

大学生の“馬鹿化”ですか。
卒業が楽な日本の大学ではしょうがないのでしょう。
たまにカナダ人とかイギリス人とかの若い人と話をしますが、彼等は本当に色々な事を深く、広く知っていますネ。
感心します。
真の大学卒の名に恥ずかしくないように思えました。

最近の若い社員は教養がないので当惑することがあります。
先日、若い社員に「とうとう▲▲(とあるメーカー名)もルビコン川をわたったよ」と話をしましたら、妙に話がかみ合いませんでした。
よくよく聞いてみたら、彼はこの「ルビコン川を渡る」という故事即ち「後戻りできない決定的状況に至る」ということを知らなかったのですね。
さらにその後でナポレオンの話をしたらまたまた話しがかみ合いませんでした。
今度はナポレオンのことを酒の名前だと思って話をしていたという嘘のような本当の話です。
彼曰く、高校の時に世界史を取ってなかったので知っている訳がありませんよ、と開きなおっていましたが、こういうのを立花先生を言わしめて“馬鹿化の実態”というのでしょうね。

かくいう私も偉そうなことはいえません。
大学の時は入学した時点から勉強は一生懸命しませんでした。
卒業したら漠然と家業を継ぐのだろうなと思っていたので、なんとなくモラトリアム人間となっていたのです。
したがいまして勉学ではなく遊学の方に傾斜していました。
さら〜に私の大学では学生はあまり勉強しませんでしたね。
最後は親のコネで一流会社に入るのがsmartとされていたので、学生のlevelは「推して知るべしで」した。
違うかな、多分違うような気もします・・・


日本ではリストカッターのCMが放送されてるのか!?
外国人「・・・呆然」
ちなみにこのCMは映画『東京残酷警察』の劇中CMとして流されたものだそうです。



IMG_4715

IMG_4716
今日は赤城に出没です。
この街はなぜか蕎麦屋さんが多いのです。
ということでお昼はお蕎麦ときめました。
しか〜しどこのお店が美味しいのかわかりません。
そこで打合せに出向いた時に乗ったtaxiの運転手さんに赤城でどこが一番美味しいお蕎麦屋さんなのかを確認しました。ということで今日のお店は「沼田屋タクシー」さん一押しのお蕎麦屋さん「みやざき」さんです。

住所: 群馬県みどり市大間々町大間々1501-2
電話:0277-72-1420
定休日:水曜日

IMG_4708
お店の外観です。

IMG_4711
店内の雰囲気です。

IMG_4710
メニューです。

IMG_4712
今日のオーダー「天ざるそば(蕎麦盛二枚)」@1,000円です。
待つこと8分で到着です。
見た目涼感があふれるお蕎麦です。

IMG_4714
それでは実食です。
蕎麦は美味しいですね。
香りも強いし、コシも充分にあります。
付け汁は想像以上に鰹節系の出汁が利いて美味しいです。
これはかなりのlevelですね。

IMG_4713
天麩羅は画像の通り海老、鱚、茄子、ピーマン、薩摩芋です。
しか〜し油切れが今一つでカラリ感が足りません。
それと熱々でないのが評価を下げています。
この時の客は私入れて4人でしたので油場の人は充分に天麩羅の温度管理ができたはずなのに、この結果には手抜きというか気配り不足を感じました。
で〜も充分に@1,000円の価値はありましたので、初赤城の昼餉は満足な昼餉でした、ハイ。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ