下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

札幌

札幌 175°DENO〜担担麺〜

今日は「ラストフライト」です。
IMG_0521
この間、札幌に出張に行った時の話です。
往路は機窓から函館の大沼が見えました。
何10年振りかの再会です。

IMG_0578

img_gallery2
帰路はC-3PO™ ANA JETに乗ることができラッキーだなと思ってよろこんでおりました。
機中で夕日に染まる支笏湖をうっとりと眺めていましたら、搭乗した機長からのラストフライトのアナウンスが流れてきました。
実は、私、機長のラストフライトのアナウンスを聞くのは生まれて初めてなのです。
内容はうろ覚えではありますが、以下に再現してみました。

IMG_0581

IMG_0585
皆様こんばんは、操縦席よりご挨拶申し上げます。
機長の△△です。
本日はANA076便、ボーイング747-400型機札幌から東京行をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
私は、この札幌から羽田に戻る便で、35年のフライト生活に終止符を打つ事となります。
思い返しますと、私が入社した時はANAという名前が知れ渡っていなく、海外の空港ではANAとはいったいどこの国の飛行機だと揶揄されたこともあり、たいへん悔しい思いをしていました。
しかし、今では世界各国のどこの国に降りてもANAと申せば日本の飛行機だと知られております。
これは偏に全社員が一丸となって安全・安心の航空を心掛けた賜物だと思っています。
[中略]
私のANAへの想いを、この熱い想いを、次の世代に繋げ、引き続き多くの方々に安全でそして夢のある航空をお届けできる様、従業員一同努力してまいりますので、引き続き見守って頂ければ幸いでございます。
それでは,後1時間20分程の飛行になりましたが、快適な空の旅を引き続きお楽しみ下さいませ。
改めまして、本日のご搭乗ありがとうございます。
失礼致します。

このように文章で書きますとあまり心を動かせられないと思いますが、沈みいく夕日の中でのこの淡々としたラストメッセージは、機長の人生を重ね合わせてしまい感動的なものでありました。
できますれば、私も退社するときは、このような自然な演出に巡りあえたら良いなと心より願っております。


介護をなさっているお父さん、お母さんは、
これをご覧になったら胸がつまるかと思います。




IMG_0570
ということで札幌に出没です。
今日のお店は札幌で人気沸騰のラーメン屋さんです。
今日のお店は「175°DENO〜担担麺〜ラーメン」本店さんです。

住所: 北海道札幌市中央区南1条西6-20 KYビル 1F
電話:011-777-1177
定休日: 日曜日 夜休みは→土、祝

IMG_0537
お店の外観です。

IMG_0554

IMG_0559
店内の雰囲気です。

IMG_0552
メニューです。

今日のオーダー「2痺担々麺汁無」@800円です。
このお店は、場所がわかりにくいですね、探すのに苦労しました。
今日の「2痺担々麺」は優しい美人のホールスッタフさんと相談して決めました。
IMG_0555
待つこと7分で「2痺担々麺汁無」の到着です。
ビジュアルがきれいです。
それでは実食です。
2痺は意外にも辛くないですね。
私的には普通の辛さです。
適度な甘味とピリ辛な辣油の刺激に加えて、フーガのように後追いしてくる山椒の痺れ感は高評価です。
特筆するのは麺の美味しさです。
ホールスッタフさんとも食後会話したのですが、これは「四川風味のパスタ」ですね、といいますと、言い得て妙ですね、とうなずいていただきました。
麻辣ジャンキーの方にお奨めですが、個人的には、札幌にお出でいただきましたら「味噌ラーメン」を食べて帰っていただきたいと思っております。

それでは(^_-)

新千歳空港 銀波露

今日は「My wife meets up again with her old friends. Final」の話です。
前回の続きです
午後からはまた奥様と別行動です。
昼一で札幌在勤時代の協力工場の工場長に会いに行き、久闊を叙した後は今度は小野幌にある「北海道開拓の村」に後輩の運転で出向きました。
ここへは通算5〜6回は来ていますかね。歴史的なものが好きな私としてはお気に入りの場所です。
それではここから先は画像でお付き合いください。

IMG_2888
#旧札幌停車場です。
この建物は明治41年(1908年)に建てられ、昭和27年(1952年)まで使われた札幌停車場の正面玄関を縮小再現したものです。

IMG_2887
#旧開拓使札幌本庁です。
外観は明治6年(1873年)に建てられた札幌本庁を再現しています。

IMG_2889
#旧浦河市庁舎です。
この建物は大正8年(1919)に地元の浦河村および道庁の費用で建設されたものです。

IMG_2890

IMG_2894

IMG_2896

IMG_2895
#来正旅館です。
東永山兵村に屯田兵として入植した来正策馬は、明治31年(1898)退役後、開通直後の宗谷本線の永山駅前に移り、待合所を開業しました。大正7年(1918)に大水の被害を受けたため、翌年に旅館兼待合所を新築し営業を再開しました。当時は、旅人の宿泊や汽車の待合などに利用されてにぎわったそうです。

IMG_2891

IMG_2893
#当時の車掌です。
その証左にボタンが車輪を表しています。

IMG_2897
#馬車鉄道です。

IMG_2898

IMG_2899
#旧三ます河本そば屋です。
この建物は、明治18年(1885)頃に石川県から小樽へ移住した河本徳松(当時18歳)が、そば屋の修行を積み、三ますそば屋ののれんを継いで新築した店です。小樽市街の中でも最も栄えた地域にあったこのそば屋は食事や宴会の場として多くの人々に利用されていました。

IMG_2902
#旧小樽新聞社です。
小樽新聞社は明治27年(1894)に創立されました。函館毎日新聞、北海タイムスとともに道内の代表的新聞の一つでした。この建物は、木造の骨組みに札幌近郊で産出する札幌軟石(溶結凝灰岩)を外壁に積み上げた構造で、明治期石造建築の特徴を示しています。
なお石川啄木が勤務していたのは小樽新聞社ではなくて小樽日報社ですから。

IMG_2903
#印刷機です。今でも現役です。活字の校正は大変だったようですね。
ちなみに活字は多面型をもっており、一回使用すると溶解していました。
活版印刷は線で構成されているのに対してデジタルは点で構成されているので、字の鮮明さは前者の方が勝っているそうです。

IMG_2909
#旧札幌警察署南一条巡査派出所です。
明治18年(1885)、札幌創成橋の脇に最初に建てられた交番は木造で、札幌創成橋交番所と呼ばれていました。同じ木造で一度改築されましたが、その後個人の篤志寄付で建てかえられたのがこの建物だそうです。壁のレンガは、小口面と長手面を交互に表して積むイギリス積み手法を用いています。
ちなみに瓦は三州瓦でかなり高価だったようです。

IMG_2914

IMG_2915
#旧山本理髪店です。
傾斜の急な切妻屋根、妻軒の棟折れマンサード、玄関の雨よけアーチなど、大正期の洋風建築の特徴を残したスマートな外観は理髪業とよくなじみ、北海道神宮裏参道沿いの「床屋さん」として長く親しまれてきたそうです。
ちなみにこのオジサンは大正末期から髭をあたってもらっていますが平成になっても終わりません。それでも文句ひとついわず髭をあたり続けてもらっています。

IMG_2920

IMG_2917

IMG_2918

IMG_2919

IMG_2920 (0)
#short breakです。
子供向けのシャボン玉の作り方コーナーで何故かハマってしまい夢中でシャボン玉を作ってしまいました。

IMG_2926

IMG_2927

IMG_2928
#旧青山家漁家住宅です。
青山家は、安政6年(1859)山形県から渡道し、小樽沿岸を中心に鰊建網などを経営した漁家です。建網経営には番屋をはじめ網倉、船倉のほか海産干場、船入澗など多くの施設、設備を必要としていました。鰊漁場の建物が、このように集約的に保存されているところは少なく、貴重な遺構の一つだそうです。
所謂鰊番屋ですね。
最盛期には900,000tも漁獲された鰊も乱獲、石狩湾の護岸改修、潮流の変化等で今ではほとんど獲れなくなってしまいましたが、最大の問題は乱獲です。
人間はやはり身の丈に合った漁獲が宜しいのです。

IMG_2930

IMG_2931
#廊下です。
廊下は、陸揚げしたニシンを一時収蔵するための施設ですが、漁期後は船・櫂・櫓などの大型の漁労具や加工用具を収納する倉としても利用されました。壁の落とし板構造は、魚の搬入や建物の周囲で行われた「ニシンつぶし」と称した加工作業に便利なように工夫したものです。

IMG_2950

IMG_2951
#旧広瀬写真館です。
この建物は、大正末期から昭和33年(1958)まで岩見沢市街で営業した写真館を再現したものです。外観は洋風ですが、内部の多くは和風で、和洋折衷の建物です。撮影には自然光を用いたため、写場は2階に設け、北側の屋根をシングルスラントと呼ばれた斜めのガラス張りとしています。

IMG_2956

IMG_2957
#旧近藤染舗です。
近藤染舗は、明治31年(1898)に創業された旭川で最も古い染物店です。この建物は、店の繁盛に伴い大正2年(1913)に地元の建築業者によって新築された店舗兼住宅です。外観や内部の間取りは、当時の店舗建築の様子をよくあらわしています。

IMG_2960

IMG_2961
#北海道百年記念塔です。
北海道百年記念塔(ほっかいどうひゃくねんきねんとう)は、札幌市厚別区の野幌森林公園の一角にあり、1968年に北海道開道百年を記念し着工、竣工は1970年9月。全長100mの塔です。

IMG_2962

IMG_2963

IMG_2964

IMG_2965
#野幌の風景です。

ということで「北海道開拓の村」を後にした私は後輩に新札幌まで送ってもらい、新千歳空港で私を待っている奥様と合流するために車中の人となったのです。
18時に新千歳空港に着いたので、少し早いのですが夕食となりました。
今日のお店は北海道ラーメン道場にある「らぁめん 銀波露ラーメン」 新千歳空港店さんです。

住所: 北海道千歳市美々987−22新千歳空港国内線ターミナルビル3F
電話:0123-46-4600
定休日:無休

IMG_2976

IMG_2966

IMG_2973
北海道ラーメン道場外観です。

IMG_2968

IMG_2967
店内の雰囲気です。

IMG_2969
メニューです。

IMG_2972
奥様のオーダー「醤油ラーメン」@780円です。

IMG_2971
私のオーダー「味噌ラーメン」@780円です。

江別市に本店を構える人気店です。
独特の香ばしい風味が特徴的な「新時代個性派拉麺」で、お店を代表する醤油らぁめんは、焼豚の煮汁が含まれた醤油たれと豚骨系スープが混ざり合い、細目の縮れ麺が特徴的です。口に入れた瞬間に広がる香り高いスープは癖になること間違いなしの一杯とのことです。

味ですか醤油、味噌とも濃いスープ味です。しかし味が茫洋としていて八方美人的味わいです。醤油は少し甘めですね、その逆で味噌はショッパ目です。
決して不味くはないのですが、再訪はno thank youという感じで宜しいかと思います

エンディングロール的なオマケです。

IMG_2974
#「味の時計台」さんの新千歳空港店限定のメニューです
画像imageとしては不味そうですね。じつは「味の時計台」さんのチャーシューはあまり好きではないものでして・・・

IMG_2975
#北海道ラーメン道場断トツ行列店の「えびそば一幻」さんです。
希少な甘えびの頭を大量に使用した、えびの旨味にこだわり尽くした渾身の一杯を是非ご堪能ください。味も去ることながら器にもこだわりが。深紅の色はスープのダシとなる南蛮蝦を連想させるもの。味と器にこだわり抜いた至高の一杯を味わってください。目で楽しみ、舌で楽しむ和の心を大切にした一杯ですとのことです。
本当に美味しいのかしらん?

IMG_2980

IMG_2979
#新千歳空港内でfreeのコーヒーがいただけるお店「北菓楼」さんです
このお店は商品を買い求るもしくは店内で頂く場合はコーヒーがfreeです。お得だと思います。

IMG_2983

IMG_2981
#私の和菓子の一押しの「もりもと」さんです。
アンコ系では道内絶巓です。自信あり!
ただ今「どら焼きヌーボー」の予約受付中ですので、早速申し込みました。

IMG_2984
#道産子から不人気の「花畑牧場」さんです。
時間帯のせいでしょうか、お客さんがまばらでしたね・・・

IMG_2986
#何と帰ってきました・・・
いつも思うのですが私達夫婦の旅行って忙しいですね。
多分、私に問題があるとおもうのですが・・・
結局羽田空港に着いたのが22時半でした。
さすがに電車で帰る気にはなれずリムジンバスを利用しました。
帰宅したのは四捨五入するとほとんど深夜1時でした(笑)

それでは(^_-)

南郷通り 根室花まる

今日は「My wife meets up again with her old friends. Part tree」の話です。
前回の続きです
今日の午前中は二つ予定があります。
一つはサッポロファクトリーの西館とレンガ館とをつなぐ地下道(やじうまトンネル)に収めた木製プレートの確認と二つは昔住んでいた厚別区は大谷地にあった住居及びその近辺を確認することです。

IMG_2808

IMG_2809
朝食前にぶらぶらサッポロファクトリーまで散歩です。
まずはJR札幌南口に表れました。南口には大丸札幌店や札幌ステラプレイスなどを擁する駅ビル「JRタワー」がそびえ立っています。

IMG_2810
JR札幌南口から大通方面の画像です。

IMG_2815

IMG_2816
札幌時計台です。
周囲をビルに囲まれており、その景観から「日本三大がっかりスポット」と称されていますが、できれば中に入って展示室で時計台の歴史を見てほしいものです。
私がいたこころは時計そのものの機構も見られたし、よくよく見ていいただければ、がっかりすることはないと思うのですがね。
そうそう私のランチスポットである時計台の前にあるロイヤルホストがなくなっていたのには驚きました。
結構お客も入っていた人気店でしたのにね。

IMG_2819
IMG_2828

IMG_2821
20分位歩くとサッポロファクトリーに到着です。
私が住んでいた頃、サッポロファクトリーはあまり人気がなかったのですが今ではどうなのでしょうか。

IMG_2822

IMG_2823
さっそくやじうまトンネルに入りました。
以外に時間をかけずに私と長男が作成しました木製プレートを発見しました。
実は今日の今日まで貼ってある場所を覚えていたのです・・・

IMG_2827
私のコメント「ビールがうまいと巨人が負ける」ですが、確かその当時は巨人が弱かったのです。従って「ビールがうまいと巨人も強い」とは書けず、さりとて「ビールがまずいと巨人も負ける」とも書けず、苦肉の策としてサッポロビールはいつも美味いのですよとサッポロビールさんへのヨイショで「ビールがうまくても巨人が負ける」とするところをひねって「ビールがうまいと巨人が負ける」としたのです。

IMG_2824
長男作はドラえもんとプヨプヨだと思います。

IMG_2826
SMAPの香取 慎吾さんもベタな木製プレートを作っていたのですね、知りませんでした。
1992年9月20日作成ですから、20年物の穴です。

IMG_2831
ご存じ札幌を東西に分断している創成川です。

IMG_2832

IMG_2844

IMG_2836

IMG_2837

IMG_2833

IMG_2834
その後道庁に立ち寄りました。
相変わらず綺麗な建物ですね。

IMG_2843
北海道新幹線が通るようです、新青森駅から札幌駅まで約360kmです。
一体誰が乗るのでしょうか?

IMG_2811

IMG_2845

IMG_2846

IMG_2847

IMG_2848

IMG_2849
札幌グランドホテルです。
ここで一押しはBIGJUGのラーメンサラダです。
これはお勧めの一品です。

IMG_2852
東西線に乗って大通りから大谷地です。
札幌の地下鉄って運賃が高いのですよね。何ていったって初乗り@200円ですもの。
大通りから大谷地まで約20分かかります。

IMG_2855
私の住んでいたマンションです。

IMG_2856
町並がすっかり変わっていました。
当時、高層マンションは私のマンションだけだったのですが今や4棟も林立しています。
今でも覚えていますが、家賃が当時140,000円でした。
本人は東京感覚で安いと思って、すすきのお姉さま方に話したところ、なんでそんな遠隔地(通勤時間Door2Doorで約30分の場所)の高級マンションを借りるのだと、言われました。当時の札幌での転勤族の通勤時間は15分が目安だったのです。
さらに、駐車場はロードヒーティング、地下には布団乾燥機、リビングにはエアコンがついている、と付け加えると、完璧に経済感覚が欠如している人間として扱われてしまいました。

IMG_2858

IMG_2859

IMG_2857

IMG_2860

IMG_2861

IMG_2862

IMG_2863

IMG_2864
私のマラソンの練習コースです。
昔は「サイクリングロード」と呼ばれていたのですが、いまでは「陽だまりロード」と換骨奪胎されていました。
根雪になるまでこの道を毎月200kmは走っていました。

今日のお店は「根室花まる」南郷店さんです。
道産子の高い支持をうけていますがはたしてその味はいかがでしょうか。

住所: 北海道札幌市白石区南郷通19丁目南8-2
電話:011-868-0870
定休日:無休

IMG_2865
お店の外観です。

IMG_2866
店内の雰囲気です。

IMG_2867
メニューです。

それでは実食です。

IMG_2877

IMG_2869
「生さんま」@189円です。
全く臭みがありません。これはすごいですね。
脂ののりも嫌みがなく、思わずうなってしまった一皿です。

IMG_2870
「ずわいがに」@231円です。
すこし鮮度が落ちますかね。
美味しいエキスが口内にあまりひろがりませんでした。

IMG_2871
「サーモン」@136円です。
これは安いですね。脂ののりが今一つですか、少し残念です。

IMG_2885

IMG_2872
「サーモンの中おち」@136円です。
これは安いですね。少しもさもさしています、甘みもそれほど感じられませんでした。

IMG_2878

IMG_2879
「活たこ」@189です。
少し水っぽいですか、今一つですね。

IMG_2880

IMG_2882
「めふん」@189円です。
これはシャリには合いません。相方は日本酒でしょう。

IMG_2875

IMG_2874
「生ほっきのひも」@189円です。
ウン、これは磯の香りがしておいしいですね。
貝は大好物です。

IMG_2881
「いくら」@231円です。
こういうのを北海道でだしてはイケません。
いわゆる東京の回転寿司ででてくるのと同じものです。

IMG_2884
「かずのこ」@271円です。
これは「かずのこ」ですね、もう少し味わいが深くないといけません。

読み返してみますとあまり感動していません。
たしかに値段は安いのですが、個人的には多少高くても納得の美味しさの寿司の方がすきです。
私は、東京ソラマチの「トリトン」の方をおおいに支持いたします。

To be continued!

それでは(^_-)

札幌 たこ八本店

今日は「My wife meets up again with her old friends. Part two」の話です。

IMG_2806

IMG_2807
前回の続きです。
20時半に札幌駅に着いた私達夫婦は宿泊先である、三井ガーデンホテル札幌にそそくさと向かいました。慌ただしくcheck inを済ますと、ここからは別行動です。
奥様はすでにホテルで待っていた友人と会食に、私は会社の後輩(転勤で北海道在勤)とすすきので待ち合わせしているので小走りに歩いて向かいました。

IMG_2795
TV塔の時計は丁度21時に変わっていました。
キレイなilluminationですね。

IMG_2796
狸小路です。
あまり人通りが多くないですね。JR札幌駅まで直通の地下道が開通したので、人の流れが変わり狸小路やすすきのに流れてこないとはきいていましたが、少しくりびつです。

IMG_2797
すすきの交差点です。
相変わらずの不夜城です。

青木商事
車中でnetを見て知ったのですが、すすきのを代表する青木商事さんが倒産していたのですね。
【紹介記事】
道内で飲食店などを経営する青木商事(本社釧路市・青木一晃社長)が経営破綻し12月8日、札幌地裁から破産手続開始決定を受けたことが、取引業者や関係者を中心に波紋を広げている。

釧路を発祥の地とする同社だが、以前から主戦場はススキノ地区。マンモスキャバレー「エンペラー」が閉店した06年9月以降も、高級クラブ「聖林華」、ラウンジ「ふりる」「邁」「はじまり」をはじめライブハウス「ケントス」、それに和食レストランや「美の家」の名前で知られるラーメン屋などを展開していた。

青木商事ばかりではないが、歓楽街で商売を営む飲食店の取引先は実に多岐にわたっている。大家であるビル事業者をはじめ業務用酒類販売業者、カラオケ業者…。今回の破産により、これらの業者の売り掛けが回収不能になったことは想像に難くないが、関係者が懸念するひとつは、青木商事の破綻が取引業者にどの程度のダメージを与えることになるかだ。
よ2008年12月9日「北方ジャーナル」り転載

青木商事の青木専務とはよく飲みに行っていました。たまには青木専務のゴチで「ケントス」にも踊りにいったりしていたので、当時の殷賑は肌で知っています。
従って今回の倒産はちょっと信じられませんね。といっても4年前の出来事ですか。
いずれにしても北海道の景況感の悪化を象徴する出来事なのでしょうね。不景気になれば真っ先の削られるのは遊興費ですから、さもありなんです。

IMG_2799

たこ八
「たこ八本店」さんです。
ここのタコ焼きは美味しいですよ。
少なくとも300回は食べています。
ここでは定番のたこやきを頼むといろんな味付けができますよ。
ダシにひたして明石焼とか、マヨネーズ、ソース、かつおぶしで関西風にするとか、まさにAs you likeで楽しめます。
関西からの出張族の取引先もここは合格といっていましたので外れはないと思います。
ということでここは紹介のみです。

住所: 北海道札幌市中央区南四条西3-3 第1グリーンビル 1F
電話:011-518-2065
定休日:日曜日

IMG_2800
「たこ八本店」さんを尻目にしながら後輩との待合場所に参りました。
このビルは所謂風俗ビルです。実はこのビルの地下に本日の食事をとる焼肉屋「焼肉亭」さんがあります。
ここのビルの前で、ボーっと立っていると一分間に一回は呼び込みのお兄さんに声掛けされます。
多分ですよ、すすきので声掛けNo.1spotだと思います。
地下は地下でド派手な風俗店が櫛比しており、初回で誰の紹介もなく「焼肉亭」さんに入る人はある意味ですごい人だと思います。

IMG_2801

IMG_2802
ここは安美味ですね、特に牛舌元とか・ギアラ・ガツなど塩味で食べる内臓肉が豊富で美味しいのですね、スペアリブみたいな“エッ、こんな部位あるの”肉もお勧めできます。
最近は鹿肉がboomのようです。
客筋はANAさんを始めとし、大手企業のビジネスマンが多く、location以外は安牌のお店です。なおここは私の札幌での隠れ家なので詳細は割愛させていただきます。
オジサン、オバサン、断りなしに画像アップしますが許して下さいね。
写真撮った後、断るのを忘れていましたm(__)m

IMG_2803
そのあと馴染みのsnackにいきノンアルコールビールでママと雑談していました。
今日の今日まで知らなかったのですが、ママの元旦那って多情性恋愛性癖でママと別れてから、現在の奥様が5人目なのだそうです。
ママは、元旦那は、ハッキリ言って“病気” よ。複数女性と絶えず関係していないと不安になるみたい、って言っていました。私は、じゃ最初はその性癖わからなかったの、って聞きますと、すぐにわかったわ、堂々とではないんだけれど、バレルこと事態に全く罪悪感がないみたいなのね、ヘーェッ・・・そんな人いるんだ。でもなんですぐ別れなかったの、と聞きますと、それがねぇ、すごく気配りするし、すごくマメなのね、それにすごく優しいし・・・それと浮気がバレた時には、本当に涙を流さんばかりに謝ってくれるのよ。だから自分の愛の力で取られた女から取り戻そうとしたのよね。この悪循環は分っていたんだけれど、正直なところ抜けられなかったの、と思いだしながら話してくれました。
ママ、それって今取りざたされている“モラルハラッサー”ですよ。よくモラ夫ともいわれていますが、そのような人を治すのは愛情では無理なようですよ。彼等は人間ではないのですから。結果として離婚して良かったんですよ、と言うと、ヘー、そういう人って治らないの、ということは本当に“病気”だったんだ、としみじみと自分の言葉を繰り返していました。

IMG_2804
ジンギスカンの行列店「だるま」さんです。
札幌の超有名ジンギスカン屋「だるま」さんは、2007年2月に巨額の脱税が発覚し、 北朝鮮へ送金していたという事件は全国ニュースにもなりました。しかし「美味しい物を食べることができれば問題なし」という人が多いのか、今日もそれなりに混んでいました
いくら美味しい物を提供するからといって脱税して北朝鮮への送金するお店にお金を落とす人の気心が知れませんね・・・

IMG_2805
時計の針が12時を廻ったのでホテルに戻ることにしました。
地下道ですすきのからホテルまで行けるときいたので早速に利用しました。
これは便利ですね、根雪になったらもう誰も地上は歩かないでしょうね。

IMG_2842

IMG_2841
ホテルに戻ってから大浴場にわざわざ行きました。
そしてその大浴槽で旅塵(りょじん)をおとしました。
やはり日本人は大浴槽で手足を伸ばして、のんびりとお湯に浸からないと疲れは取れませんよね。
高級ホテルなのに大浴場がある「三井ガーデンホテル札幌」って最高です!

住所: 北海道札幌市中央区北五条西6-18-3
電話: 011-280-1131
定休日:無休

To be continued!

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ