下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

東久留米市

続 東久留米 ガズル

今日は「産婦人科医不人気」
maxresdefault
産婦人科医が不人気だそうです。
基本的に赤ちゃんが生まれる時間は読めません。
それにより絶えず待機していけなければならないので産婦人科医は勤務時間が安定しません。
勢い過酷な労働環境となっています。
産婦人科医の1ヶ月当たりの当直回数は平均5.8回と他科に比べて多くなっています。
内科では3.2回、外科で3.1回、忙しいイメージのある救急科でも4.5回となっており、産婦人科での当直の多さは突出しているといえます。
その受難に輪をかけたのが「県立大野病院事件」です。
福島県立大野病院で平成16 年12 月に腹式帝王切開術を受けた女性が死亡したことに関し、手術を担当した医師が、平成18 年3 月10 日、業務上過失致死、および医師法21 条違反の罪で起訴されたのです。
医師が手術の是非によって起訴されるのは前代未聞の話です。
最終的には無罪となったものの、日常的に行なっている診療業務によって逮捕された事例としてこの事件は多くの産婦人科医の心に刻まれることとなりました。
付け加えますと、医師1,000人当たりの訴訟件数は4.8件と、形成外科(美容手術なども含まれるため多い)の7.1人に次いで2番目に訴訟が多いことがわかります。
那辺は産婦人科医が敬遠される最大の要因です。
さらにここにきて高齢出産が増えてきています。
リスクが高い出産であるのにも関わらず、普通に出産できるという認識が増えてきています。
これは医療技術の進歩のおかげなのです。
それなのに出産のリスクは一般の人には過少評価されがちです。
産婦人科医師は他科に比べても不足しており、上述の通り訴訟リスクの高い診療科でもあります。
それでも、年間300〜400人程度の若手医師が新たに産婦人科を専攻しています。
全くもってありがたいことです。
「医師転職研究所」より転載

実は私たち夫婦に孫がさらに1人増えます。
ありがたいことであり感激しております。
うまくいけば全国で30,000位且つ130人しかいないという我が希少苗字のバトンがつながります。
これはそれほど気にはしていません。
初孫の白蓮はすくすく育っております。
気になるのはその体力です。
同世代の子供と比べるとその体力はかなり勝っております。
彼女が今度生まれるその弟妹と遊ぶとしますとついていけない可能性は高いと思います。
ひとたび遊び始めますとほんとうにノンストップで遊び倒すのです。
まさ〜に、疲れを知らない子供そのものであります。
このような姉に遊んでもらう弟妹に同情するというか心配をしております。
このような悩みを抱けるのはありがたいものです。
この悩みも身を粉にして産婦人科医として頑張ってくれる方々のおかげです。
二人目の孫も無事に生を受けさせてくださいますようお願いする次第であります。


”三太郎”ヤバイ鬼は有村架純!?可愛さ倍増”鬼ポーズ”でニッコリ サプライズ結婚式をみんなでお祝い! 
au三太郎シリーズ新CM「つながる話」篇



IMG_1214
今日は東久留米に出没です。
今日のお店は「ガズル」さんです。

住所: 東京都東久留米市幸町4-5-7
電話:050-5597-6226
定休日:無休(年末年始は休み)

IMG_1199 (2)
お店の外観です。

IMG_1213 (2)

IMG_1212

IMG_1201
店内の雰囲気です。

IMG_1202 (2)
メニューです。

今日のオーダー「日替わりカレーセット&ラッシー」@950+@150=1,100円です。

IMG_1203
座るや否やテーブルセットが用意されました。

IMG_1204
待つこと3分サラダの到着です。
サウザンアイランドドレッシングは安定感あります。
サラダ自体は特筆するものはありません。

IMG_1207

IMG_1206

IMG_1209
待つこと16分で「日替わりカレーセット&ラッシー」が到着しました。
今日の日替わりカレーはキーマ(ひき肉)と野菜です。

それでは実食です。
ナンは香ばしくて美味しいです。
カレーもコクがあり美味しいです。
まずは無難ですね。
辛さは「辛口(激辛の下)」を選んだのです。
ちょっとパンチ不足ですがこのくらいの方が味わいとしては良いのでしょうね。
安定感のあるカレーでした。
ラッシーは本場の味わいでした。

それでは(^_-)

東久留米 ガズル

今日は「Ginza Debut Vol.2」
シシリア
重い木の扉を押し開けると重厚なイタリアンテイストの店内が目に飛び込んできました。
店員さんに案内されて席まで行く途中、メラメラと赤い炎を立ち上げるピッツァ窯が私の眼をとらえました。
さすが銀座勤めの友達の姉が紹介したお店のことだけあります。
いくらめかし込んできたとはいえこの雰囲気には圧倒されます。
友達は、俺が仕切るから余計な事はいうなよ、と言ってはいますが、緊張で眼が完璧に吊り上がっていました。
私はこんな場違いのところわざわざ来なくてもよかったのにと思っていましたが、この雰囲気に憧れていたので何をかいわんやであります。

pene
店員さんがお水とテーブルセットを持ってきました。
テーブルセットと時間差でコッテリとしたペンネアラビータが運ばれてきました。
これを見て友達は、これって頼んでないけれど、と言いますと、当店のアミューズでございます。
彼は、あっ、そうなのね、とシドロモドロの対応でした。
私は、こんなに豪華なのにもしかして付きだし、って聞きますと、彼は答えにつまり固まっていました。
付きだしにしては、かなりの量がありましたので値段は高いのかなと思い、聞けば、そんな事知るわけないじゃん。
だからといってそんなこと店員に聞くのはカッペ(田舎者の意味)だと思われるからやめてくれよ、との事でした。
聞くわけないけど、姉貴からは聞いていないのかよ、と言えば顔を真っ赤にしていました。
彼はこの様なアミューズ(料理の前にサービスされる一口サイズの食べ物)が出る事を姉から聞いてなかったのです。勿論、銀座お初の2人はアミューズなるものを全く知らなかったのであります。
しばらくして店員さんがメニューを持ってきました。
2人でメニューを見ていますと、知らないイタリアン用語ばかりで、何を頼んで良いかわかりませんでした。
そこで彼は目を皿のようにして、メニューの中からある名前を見つようとしていました。
有ったようです。
そしておもむろに店員さんを呼びました。
アンチョビ・ベーコンピザ2枚とそれぞれに食後の珈琲をつけてください、と銀座での初オーダーを通しました。
それと私たちは食べ慣れているので、ナイフとフォークはいりませんので下げてください、とも言ったのです。

アンチョビ
しばらくして、なんでアンチョビ・ベーコンピッツアにしたの?
と聞けば、通は皆これにするんだって、というので、初めての店は「マルガリータ」を頼んでその店の技量を見るって本に書いてあったよ、というと「マルガリータ」を頼むのは、私はあまりピッツアを食べたことがありませんとお店に言っているようなもんなんだぜ、と切り返してきました。
そうかなとは思いながらこれについては何にも言いませんでした。
アンチョビって. カタクチイワシの塩漬けをオリーブオイルに浸したものだろう。
家ではカタクチイワシって食べないよ。
それこそカッペ農家の畑の肥料だろ、というと彼の地雷をふんだんにみたいで激怒してしまいました。
それを無視して、そもそもカタクチイワシってペルーとかチリの沿岸で獲れるものだろう。
イタリアンならイタリアの地のものを使うんじゃないの、と畳み掛けると、姉貴がそういっているんだから仕方ないだろう、と答えていました。
彼の限界が見えてきました。
それとピッツァは手で食べるの?
と聞けば、それしかありえない、と一刀両断です。
フォークとナイフで食べたらそれこそ店員にナメれるぜ。
銀座で恥かきたくないだろ、というので、そうは思うけど。
こんな高級イタリアンでナイフとフォークがでてくるのだからそれを使うのがお店の流儀じゃないの、というと、じゃ、お前だけカッペ扱いされろよ、と気色(けしき)ばんできました。

アンチョビベーコン
しばらくしてアンチョビ・ベーコンピッツアが到着しました。
ピッツァのフレィバー(香り)、ブラウン(焼き色)、ドゥ(生地)、コルニチョーネ(ピザの縁)の立ち上がり等さすが銀座の一流イタリアンレストランで素晴らしいものでした。
嫌がっていたアンチョビの塩辛ッさはアンチョビがそれほど盛られていなく程よい味わいでした。
周りを見回すと手で食べているのは私たちだけでした。
郷にいては郷に従えです・・・
少し恥ずかしくなりました。
銀座レストランの食事は雰囲気もよく緊張しながらも楽しめました。
食後の珈琲になりました。
すると彼は、私たちは正統派のブラックなので砂糖とミルクはいりませんから、と言ってポケットからおもむろにショッポー(ショートホープ)とアンティークなマッチを出して、コジャレタ技を使って煙草に火をつけ大きな紫煙の輪っかを私の前に作ったのです。
私はこれには驚きました。
いつから煙草を始めたのと聞けば、大人のたしなみよ、とほざいていました。
よく言うよ、去年まで中坊だったのにとは言いませんでした。
全ての料理が終わり支払いになりました。
サービ税とかなんとか税がついて想定外の値段になりましたが、いたしかたありませんこれは授業料です。
お店を出る時、黒服のマネージャーさんから、当店は未成年者の喫煙はお断りしています。
次回来られた時は入店をお断りしますのであしからずご了承ください、と友達は言われていました。
全部チョンバレだったのですね。
多分、高校生が背伸びをしてザギンのレストランに来たものとして扱われていたのでしょう。
私たちの銀座デビューはこれにて一件落着したのでした。
しか〜し、今このように振り返りますと、かなり前のめりにつんのめっていて恥ずかしい限りであります。


東洋水産「マルちゃん 赤いきつねうどん」が
「同じ俳優を起用したTVCMを最も長い間放映し続けている商品」としてギネス世界記録トレードマークに認定されました。



今日は美味しいカレー屋さんがあるとの事でテイクアウトしに行って参りました。
今日のお店は「ガズル」東久留米店さんです。

住所: 東京都東久留米市幸町4-5-7
電話:050-5597-6226
定休日:無休(年末年始は休み)

IMG_0815
お店の外観です。

IMG_0817

IMG_0821

IMG_0820

IMG_0818

IMG_0822
店内の雰囲気です。

IMG_0819
メニューです。

今日のテイクアウトのオーダーは以下のとおりです。
バターチキンカレー@950円
チキンカレー@850円
サグチキン@950円

IMG_0826
家に持ち帰って食べ比べてみました。
バターチキンカレーはトマトベースです。
生クリーム、カシューナッツ、バターがたっぷり入っていて濃厚だけどほのかに甘さを感じます。
これはレベルがちがいます。
超美味しいです。

IMG_0824
チキンカレーは鶏肉を煮込んだ正統派カレーです。
安定感あるカレーです。
美味しいです。

IMG_0823
サグチキンは鶏肉入りのほうれん草かレーです。
以外にも野趣溢れていて癖になる味です。
美味しいです。
食後な感想としては、いずれも甲乙付けがたかったのですが、できればお店で食べたかったものです。
店内の雰囲気はオサレでかなり気にいっています。

それでは(^_-)

東久留米市 夢庵

今日は「江戸時代にtime slipしたら」の話です。 
もし私達が江戸時代にtime slipしたらどうなるのでしょうか、下級武士のご新造さんの朝の一日で紹介してみます。

最初にご新造が起床、便所を済ませます。
汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんで用をたすのはきついですぞ。

次に井戸端で洗顔します。
釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、真冬は寒いですぞ。

朝食の準備にかかります。
井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。

竃(かまど)に火を着けます。
火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。

雨戸を開けます。
障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。

家族そろって朝食。

食器などを洗います。
油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。

井戸端で盥(たらい)で洗濯します。これも大変です。
女性は大変でしょう・・・
田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。
教えてGoo「もし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?」より転載

私が江戸時代にtime slipしたら即に捕まるのではと思います。
というのも身元引受人なり出身地の証文などの証明書がなければ無宿人になってしまいますからね、Go to jail!でしょう
それと平均身長155cm前後の当時に177cmの身長ですからすごく目につくでしょう。
その上言葉が通じないでしょうし多分草書字も読めないと思いますので異国人と間違えられるでしょうね、多分。
子供の時にチャキチャキの江戸っ子オジイサンが近所にいましたが、ほとんど何を言っているのか分らなかったことが思い出されます、それと同じでしょう。
仮に無事に江戸の町に入り込めたとしても即に水あたりでしょう、正露丸売ってないだろうし、お金も持ってないでしょうし・・・ドラッグストアなどあるわけもないし。
食べ物も毎日野菜や精進料理の類(たぐ)いやお魚(さかな)ではまいってしまうでしょうね。
夏場では蠅、蚊に悩まされるでしょうね、さらに暑さでしょうか。
トイレも匂いで苦労するでしょう。
一番の問題は帰れることが前提でしたら我慢もできるのでしょうが、No Returnでは精神的に辛いのでは・・・
でも住めば都ともいいますので、慣れたら不夜城の吉原でも見学(あくまでも見学)してみますか。
下町っ子ですから土地勘はありますので、ハイ。


今日は同僚の見舞いで東久留米へ参りました。
なんだかんだ病院で話しこんでいたら14時になってしまい、その病院から一番近いファミレスに入りました。
今日のお店は「夢庵」東久留米弥生店さんです。
いわゆる一つのスカイラークグループです。

住所: -0034 東京都東久留米市弥生1丁目7−2
電話:042-462-9681
定休日:無休

IMG_8842
お店の外観です。

IMG_8846
メニューです。

IMG_8847

IMG_8848

IMG_8849
本日のオーダー「海老天もりそば(2玉)」@943円です。
この料理お得なのです、838円のInitial price@838円に+105円で2玉、3玉、4玉
全て値段が同じです。
家族連れできたら4玉頼んでshareするのではと思いきや、しっかりとそれはご遠慮くださいと注意書きに書かれていました。
味ですか、蕎麦はそこそこですが、水切りが悪く最後はベチョベチョになりました。
問題は天麩羅です、海老は痩せていて栄養失調海老です。
これまた揚げ方が悪いのかさらに引っ繰り返しが悪いのか裏面に油が残ってグチャグチャしていました。
ウーン、アルバイトの社員教育が徹底されてないとか、マニュアル至上義で応用が効かないとか色々と問題は内包されているのでしょうが、基本店長の問題でしょうね。
何故ならば我が家の近所の同じスカイラークグループのバーミヤンさんはいつ食べに行っても美味しいですよ。
こんな日もあります。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ