下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

岐阜県

岐阜 すき家

今日は「最近の疑問 その壱」です。
今日は世の中にある、常識、先入観、思い込みがどれ程あてにならないかを紹介しましょう。
宜しかったらお付き合いください。
Then let’s get started!

#計算式の疑問
図1
この計算式の答えが現在世界中で2分されています。
理系で高校での数学の成績が超良かった私が計算しますと以下の様になります。
余談ですが私は高校現役の時、大学は理学部数学科に進学しようと真面目に考えていた程なのです・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
6÷2(1+2)
=6÷2×(1+2)
=6÷2×3
=6÷6
=1
この様に答えは1になります。

それに対してこの計算に異を唱える人達は以下の様に計算します。
6÷2(1+2)
6÷2×(1+2)
=6÷2×3
=3×3
=9
この様に答えは9になります。

計算式
ちなみにエクセルでの答えは9です。
なぜかマイクロソフトのエクセルも壊れていました。

sono3
この問題は台湾のfacebookコミュニティに投稿されたことで注目されるようになり、答えが19で二分されました。
一体正解はなんなのでしょうか?
結論を出す前に、両者の主張を整理してみましょう。

答えが1派の前提は 四則演算のルールがbaseとなっています。
.ッコ内の計算
掛け算 or 割り算
Bし算 or 引き算

の順に優先されるのです。
要は
6÷2(1+2)
=6÷2(3)
=6÷6
=1
というのが1派の主張です。
「×」の記号を省略した場合、他の計算記号よりも優先度が高いと考えるのが1派の根拠なのです。
というかこれは常識でしょう(笑)

それに対して9派はどうでしょう?
6÷2×(1+2)
=6÷2×3 
=3×3
=9
「×」や「÷」といった同じ優先度の記号がある時には、「左から順番に計算していく」というのが9派の根拠なのです。
一体全体、誰がこのようなルールを決めたのでしょうか?

纏めに入らせていただきます。
答えとしては何が正しいのでしょうか?
このような計算方法をめぐる議論について、静岡大学の熊倉教授は以下の論文を出しているので紹介します。
乗除混合演算式についての理解と指導に関する研究 「 A÷B×CとA÷BC」のタイプの式に焦点を当てています。
この論文によりますと、中学1年の指導要綱では「左から計算すること」と教わり、中学2年の指導要綱では「記号が省略された乗算記号を優先する」と教わることになっていますので、中学1年までは答えが9で中学2年からは答えは1になるのです。
要は中学1年までは「記号が省略された乗算記号を優先する」を理解させるのは難しいという判断なのでしょう。
ということで上記のことから、中学2年から「記号が省略された乗算記号を優先する」の計算法が上書きされますので、答えは1が正解なのです。
問題はエクセル等の計算ソフトが中学1年までの計算式になっていることです。
個人的にはかなり不思議ですが、「記号が省略された乗算記号を優先する」というプログラムは意外と難しいのかもしれませんね・・・
やはりそんなことはないでしょう。
これは一種のfoolproof(誰もが間違わない)ということで宜しいのではないでしょうか。
いずれにしもてすっきりしました、ハイ。
参考文献:WHAT’S


Fishing in Her Cleavage



IMG_6253

IMG_6254
今日は早朝の岐阜にいます。

IMG_6255

IMG_6256
最初「宮本むなし」さんに行こうと思ったのですが、開店は9時からでした。
しかたないので唯一やっている「すき家」さんにお邪魔しまた。
今日のお店は「すき家」名鉄岐阜駅前店さんです。

住所: 岐阜県岐阜市神田町9-14
電話:非公開
定休日:無休

IMG_6263
お店の外観です。

IMG_6262
店内の雰囲気です。

IMG_6257
メニューです。

今日のオーダー「牛小鉢たまごかけご飯トン汁変更」@430円です。
「牛小鉢たまごかけご飯」は、ごはん、トン汁、たまご、たまごかけしょうゆ、ひじき煮、牛小鉢、のりで構成されています。

IMG_6259

IMG_6260

IMG_6261
待つこと4分で着膳です。
見た目、私の好みです。
私は牛小鉢の牛を卵につけて食べるのがお約束です。
Dippingした卵と紅生姜を交互に頂きますと美味しさが倍加します。
白眉はトン汁です。これって以外にピリ辛で美味しいのです。
@430円でこれだけの口福をいただけるとは感激です。
やるな「すき家」さんであります。

それでは(^_-)

岐阜 劉屋 西安刀削麺

今日は「splashなエスカ」です。
今日は土曜日だというのに岐阜県は垂井で打合せです。
朝6時に家をでて21時に帰宅です。
まったくいまいましい話です。
クレームですから仕方ないです。
This problem may be a silly matter but this will develop into a serious matter if we ignore it.
しかたないですか、本来の土曜日はblogを書く日なのに・・・

IMG_6872

IMG_6853
帰路の途中、名古屋駅はエスカに立ち寄りました。
エスカとは「名古屋駅」の「新幹線改札口」からすぐの所にある「地下街」で1971年の開業、今年で44年たちます。
店舗エリアはおよそ6000屐△気蕕鵬竺の「駐車場」は1万屬剖瓩すさを誇ります。
出張者ならば帰りの「新幹線」までの限られた時間でも訪問する事ができます。
80を超す「テナント」の内、31店舗は「飲食店」で、「ひつまぶし」「きしめん」「みそかつ」「味噌煮込みうどん」などの「名古屋めし」が堪能できる他「若鯱屋カレーうどん」「コメダ珈琲店」「ラーメン寿がきや」など「名古屋」が発祥の店舗も充実しています。
ちなみに「エスカ」の由来は「駅西ショッピングセンターアベニュー」の「英単語」の頭文字をひとつずつ取ったそうですよ。
E:eki nishi(駅西)
S:shopping(ショッピング)
C:center(センター)
A:avenue(アベニュー・通り)

エスカ人気店top3
私が現地で人気店を調査しました。暇人ですかね・・・

#top1. コメダ珈琲店
IMG_6855

IMG_6854
なんですかこの混雑は、本当にごった返しています。
私は東京で実食済みですが、やはり食べてない方は興味ありますよね!

#top2. 山本屋本店
IMG_6860

IMG_6859
名古屋名物の一つ、味噌煮込うどんの専門店さんです。厳選したこだわりの生麺に、地元赤味噌・白味噌、かつおだしの旨味が効いた出汁で合わせたアツアツのうどんはやみつきになる味ですよね。
ご飯セツトの「名古屋コーチン入り味噌煮込みうどん」で確か2,500円位でしょう。
普通の味噌煮込みうどんでも1,500円位するし、それにはお肉も入ってないのですからね。
うどんがそんな値段するだがね、という人は入らないほうがいいと思います。

#top3. 備長(びんちょうひつまぶし)
IMG_6857

IMG_6858
このようなお店です。でも東京にもあるのですよね、銀座店、池袋パルコ店、東京スカイツリータウンソラマチ店さんですか。
しか〜し上ひつまぶしが@3.980円ですと、netをのぞいてみたら美味しそうですが、ちょっとtoo expensive!ですね。
実川憲一さんがご贔屓だとか・・・
個人的には鰻は好きですがひつまぶしは好きではないので、接待飯以外では行かないでしょう、多分ね。


最近の名古屋土産
名古屋はお土産もハジケテいます(笑)

IMG_6862
#カルビー  じゃがりこ(手羽先味)

IMG_6864
#グリコ PRETZ 八丁味噌

IMG_6865
#栗山米菓 ばかうけ 手羽先味

IMG_6866
#松永製菓  しるこサンド

IMG_6867
#明治製菓 きのこの山 小倉トースト風味

IMG_6868
#世界の山ちゃん まぼろしの手羽先風味あられ

IMG_6869
#▲▲▲ 手羽先風味 柿ピー

IMG_6871
これはグリコのオマケです(笑)


ビヨンセのこのミュージックビデオも大好きです。一時期ジェガーさんとはまって何度も観ていました。そのうちジェガーさんがビヨンセのマネをして踊るようになり、面白すぎてジェガーさんの踊りにもはまった記憶があります。



ということで今日のランチは岐阜です。
今日はアスティ岐阜の端(はじ)にある「劉屋 西安刀削麺」岐阜店さんです。

住所: 岐阜県岐阜市橋本町1-10 アスティ岐阜1F
電話:058-265-8088
定休日:無休

IMG_6852
お店の外観です。

IMG_6849
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「にんにく炒飯・秘伝の唐揚」@550+@360=910円です。
待つこと8分でにんにく炒飯・秘伝の唐揚ともども到着です。

IMG_6850
にんにく炒飯です。
このにんにく炒飯ですが、にんにくがあまり炒まっていなく、少し生っぽいため辛さが残っています。
逆にこれが奏功していて味を引き締めて炒飯が美味しいのです。
これを狙って作ったのなら、ここの調理人はスゴ腕ですよ。
美味しいです、満足しました。

IMG_6851
秘伝の唐揚です。
最初oilyに感じたのですが後半は全く気になりません。
これは秘伝のタレで仕上げた衣が美味しいのです。
中の鶏肉もjuicyでイケます。
これまたすごく美味しいのです。
アスティ岐阜の本当の端(はじ)にあるので不人気店かと思ったのですが、とんでもございません、実力店です。
中国の若い女性が気迫あふれる外連味(けれんみ)の無い接客が好印象です。
単品ではなくセット品を頼めばコスパもぐっと良くなります。
お薦めのお店です。

それでは(^_-)

岐阜 六三六

今日はフリネタはありません。 
35f72d16[1]
まずこのパチリの釘は一体どのようにして打ったのでしょうか?
悩まなくていいんですよ、答えは次の動画で確認できますから。



だまし絵②
次はこのだまし絵です。まったく同じ図形の配置を並び替えただけなのに隙間ができした。
一体全体どうしたのでしょうか?
これは答えが簡単なので皆さんよく考えて下さい!

IMG_7357
そしてこれは最近私がよくいく「てんぐ道場」の焼酎メニューです。
ここの「阿波のしずく」という焼酎はデカンタ500mlとボトル500mlとでは値段が違います、どうしてでしょうか?
答えはデカンタは一升瓶からの小分けでボトルはボトルです。
当然のことながら一升瓶のほうがml単位の値段が安いのでこのような値付けになっているのです。じゃあ誰がこの高いボトルを頼むのでしょうか?
そこで「てんぐ道場」の店長にお聞きしましたところ、“無開封のボトルを好まれるお客様が本当にたまにおられるのです。この値付けをみてボトルキープができると思われるお客様も多くおられるのですが、当店は飲みきりなのでそのサービスはできません。そのご質問が合った際は、鄭重にお断り申し上げています”とのことでした。

IMG_7354
今日は岐阜に出張です。
今日のお店は「六三六ラーメン」さんです。

住所: 岐阜県岐阜市神田町9-11-3
:058-262-1636
定休日:不定休

IMG_7344
お店の外観です。岐阜駅の周辺ってあまり美味しいお店がなくいつも残念に思っていたので今回は気合で探しました。この「六三六」さんはもともと製麺屋さんです、その製麺屋さんの屋号が「六三六」なのですね。

IMG_7352
店内の雰囲気です。このお姉さんにパチリの許可をとったのですが、何故か背面なのに“恥ずかしいわん”とのことでした、申し訳ございません。

IMG_7349
メニューです。

IMG_7350

IMG_7351
今日のオーダーは「味噌にぼしらーめん」@750です。

それではお店のHPよりの書き出しです。
【スープ】六三六のスープは、千葉県産の煮干しと、北海道産の昆布でだしを取り、鶏がらを5時間煮出したものと、豚骨と大量の野菜を、14時間煮込んだものを三つ合わせて作り上げます。
化学調味料を一切使用せず、背油や魚油をほとんど使用せず作り上げたこのスープのとろみは、すべて野菜のとろみです。
【麺】胃にやさしい、おいしいスープをつくるには、手間と時間がかかります。
細麺ではスープに負けるため、スープにあった太麺を作る為に研究をかさね、厳選した粉を使って調合し、スープに負けない極太麺が出来上がりました。スープとの相性は抜群で、もちもちとした弾力の歯ごたえをお楽しみ下さい。
【チャーシュー】厳選した三元豚を使用し、秘伝のたれで数時間煮込んでおります。香り・おいしさをより一層ひきたたす為に、お出しする前に焼く事により、肉の持つ味わいを最大限にだしております。麺もチャーシューも仕込みから手袋をはめて清潔にお客様にお出ししております


味ですか、濃厚なトロミのスープですが、ちょっと野菜の甘みがですぎでしょうか。
麺は正直この濃厚なトロミのスープに負けているような気がします・・・たしかHPとはちがって細麺だったような。
チャーシューはトロトロで美味しいですネ。
全体的には満足でした!

このお店の雰囲気大好きです。
麺の湯切りのときスタッフ全員で“よいっしょ!”ってご発声するのですが、皆さんはにかみ屋さんなのか小さな声なのですね。それでお分かりのようにこのお店、スープのようなこってりした接客ではなくほのぼのとしています。
フーテンの寅さんではないのですが、いかにも旅先で巡り合ったという感じのラーメン屋さんです。
私はこのような旅情あふれるお店に強く心が引かれるのです。
ご馳走様でした 
 
それでは(^_-)

岐阜市 あお井

今日は「実録池田屋事件」です
新選組VS長州藩士の池田屋の大乱闘は映画、TV、芝居等ありとあらゆるメディアで再現されていますが実際はどうだったのでしょう。今日は池田屋事件の唯一の生き証人、永倉新八氏の証言を紹介することでその臨場感を味わってください。
永倉は撃剣の加勢でもする気で横合いから敵に「お小手ッ」と右の小手をのぞんで斬りこむと、敵もさるもの、「そうはいかね」とうけ流し、今度は藤堂にはかまわず永倉へ斬ってかかる。これはなかなか撃剣(うで)ができるものとみえてよういに永倉を斬りこませない。両人とも必死となって奮闘したが、なかにも敵の刃先が永倉の胸の当たりへスッスッとくるので、傷こそうけぬが永倉の衣類がさんざんに切り裂かれたという。かかるおりしも敵は「ヤッ」と一声小手にきたのを永倉はひきはずし、得意の面を試みると、敵はみごとに左の頬から首へかけて切りさげられ血煙たってうち倒れた。そこでふたたび刀をとりなおし、さいごの一太刀を加えたさい、土間は漆塗(たたき)になっていたので剣はポキリと折れてしまったから、そばにすててある敵の刀をひろって起きなおるとき、ふと自分の左の手がベトベトするのに気がつき、よく見ると親指の付け根の肉を切りとられていたのであった。
【中略】
無類の惨劇を演じた三条小橋の池田屋の跡はじつに惨たんたるものであった。襖障子など一枚としてまんぞくなものがなくこっぱみじんにうちこわされ。天井板はその上に隠れたものがあったのを下から槍で突きあげたからこれもさんざんに引き裂かれた。階上階下の座敷のいく間は鮮血班々として畳を染め、ことにむざんなのは斬りおとされた腕や足が狼藉として散乱し、毛髪のついたままの鬢などが殺(そ)がれて落ちちっているのであった。
「新撰組顛末記」永倉新八著より転載

なんというリアルシーンなのでしょうか、当事者だけが知りえるドキュメンタリーですね。しかし命のやりとりに剣道の気合がでてくるとは、実話だけに正直驚かされました。
このような騒乱の時代に生まれなかったことに感謝です

岐阜に出張です。寒かったのでお昼はうどんにしました。ということで今日のお店はUDON DINING「あお井」さんです。

住所: 岐阜県岐阜市橋本町1-10-1ACTIVE G2F
電話:058-269-4121
定休日:奇数月第三火曜日


あお井1
お店の外観です。

あお井2
店内の雰囲気です。
のどが恋するうどんの艶コシ。旬の肴で今宵も一杯。との惹句から推察しますと、夜は居酒屋さんになるみたいです、沢山の全国名産の焼酎ボトルがそれを物語っています。

あお井3
今日のオーダー季節限定「味噌煮込うどん」@780です。
お店のお姉さんに、山本屋さんより美味しい、と聞きますと、自信あります、とのことでしたので、躊躇なく「味噌煮込うどん」を頼んだのでした。
味ですか、麺は、コシ良し、肌良し、艶良し、縮れ良しで申し分ありませんでした。汁(つゆ)も濃いめの八丁味噌が鰹節の出汁(だし)で溶かれておりこれも申し分ありません。美味しいじゃないですか!満足です。しかし麺量が少なすぎですね、それが唯一の瑕瑾(かきん)です。個人的な感想としては、山本屋さんより美味しいと思います?

それでは(^_-)

垂井 好々(ハォハォ)亭

今日は「お昼を食べるところが無い町」の話です。
今日は下町ビギナーさんとよく行った岐阜県は垂井に出没です。着いてから思い出したのですが、確かお昼はいつも一つ前の大垣(一応都市です)だったよなと反芻したのでしたが、厭な予感がした通り結果はやはり×でした。
好々亭1
画像でお解りの通り駅前通りだというのに、犬っ子一匹猫の子一匹歩いていません。為念駅前通りのクリーニング屋のオバチャンに、お昼食べるところないんですか、と聞きますと、今日は無かろうね(明日はあるのか?)、です。エツ!マジスカ、と叫んでも仕方なくワンコでは無いのですが、商店街を三回りして全くお昼を食べるところがないのを再確認し、この町でのお昼を断念したのです。そして駅前のタクシーの運転手さんにこれから行く取引先の場所を告げて、その道中にお昼を食べるところは無いかと尋ねますと、取引先の側に美味しいラーメン屋があるとのことです。

今日のお店は垂井のタクシードライバーお勧めの「好々(ハォハォ)亭」さんです。

住所:岐阜県不破郡垂井町878
電話:不明
定休日:木曜日

好々亭2
お店の外観です、鄙感漂う味わいあるお店です。

好々亭3
お店のメニューです。

好々亭4
店内の雰囲気です。二人のオバチャンがキリキリ働いて躍動感が店内に溢れています。

好々亭5
初めてなので何が美味しいのか分りません。ということでいつものお約束でオバチャンにこのお店の一押しをききました。オバチャンは、味噌ラーメン、味噌坦々麺、塩ラーメン、五目蕎麦といわれたので迷わず「味噌坦々麺ラーメン」@750にしました。

好々亭6
具はコーン、ネギ、シナチク、モヤシ、チャーシュー、白菜、ニンニクの芽と盛りだくさんです。スープはお約束の熱々です、そしてこのスープが美味しいことhappy01、美味しいことhappy01、ただ者ではありません。少し脂っこいのですが、それがかえって坦々麺の鋭い辛さをマイルドにしています。麺は少し茹ですぎで柔らかったのですが、不味くは有りません、白眉は何気ないチャーシューです。見た目はごついのですが、噛むとトロトロ、ジワジワとデラ美味です、これには本当に吃驚しました。
こんな寒村で美味しいラーメン屋さんに遭遇するとは、気分は「フーテンの寅さん」ですかね(笑)

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ