下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

宮城県

花巻 麺房高松庵

今日は「夏目漱石異聞 其の参」です。
夏目漱石さんは、江戸時代末期の1867(慶応3)年、江戸の牛込馬場下(現在の東京都新宿区)に生まれました。
東京帝国大学(現在の東京大学)の講師等を経て38歳にして「吾輩は猫である」で小説家デビューを果たし、以後亡くなるまでの約10年間に、「坊っちゃん」「こころ」といった数々の名作を著しています。
実は夏目漱石さんは大好きです。
高校三年生の時に名作「三四郎」を読んでノックアウトされた為です。
爾来、この作家とその妻の奥様である鏡子さんに興味をもって接してきました。
実際、次男の高校は敢えて漱石さんが住んでいた家の隣の学校にしたほどです。

c0287367_20313424
世間では鏡子さんはソクラテスの妻と並び称されるほどの悪妻として通っていましたが、当のご本人は、自分だからあの漱石とやっていけたのだと、むしろ褒めてあげたいくらいのことが沢山あったのだ、と自賛していました。
しか〜し以下のようなエピソードもありました。
漱石さんが大阪の講演の後、疲労による胃の不調で入院した時に、鏡子さんが東京からすっ飛んできたのですが、病室に入ったとたん、見舞客の菓子折りを見つけて「大阪ではこんなものを病室におくのか」と言って、詰めていた朝日新聞関係者をなじりました。
それを見ていた漱石さんは「まあそこまでいわんでもよかろう。お前はお守りなぞを、私にわからぬようポケットへ入れてくれたが、それでも病気になったじゃないか」と苦笑いしながらその場をとりなしたそうです。

th6VVLCZ4D
漱石さんは、写真で見る限りでは「苦虫を噛み潰したような顔」をしていますが、実態は東京の町屋の旦那といった風情で、学者や文士みたいに権威や退廃を自慢するような人ではなかったようです。
加えてドレスコードは、かなりラフだったようです。
特に性格は学者や文士とはおおいに異なり、几帳面で事務的且つ約束と義理は必ず守ったそうです。
実際、漱石さんは朝日新聞の社員であったことから、小説の過半は新聞での連載という形を取っており、連載中断を回避する為に胃潰瘍で病床にあった時も書き続けていたのです。

学業優秀、特に英語は頭抜けて優れていて、東京帝国大学では英文科特待生に選ばれ、J・M・ディクソン教授の依頼で「方丈記」の英訳をするなどの誉れがあります。
その一方で、大の落語好きで、特に柳家小さん(三代目)が贔屓でした。
「小さんは天才である。彼と時を同じうして生きている我々は大変な仕合せである」と名著「三四郎」の中で書いている程です。具体的に大ヒット小説「吾輩は猫である」の中では、随所に落語のワーディングが使われていました。
実際に漱石さんの講演では「どこかの新聞に僕の事を風上におけぬ奴だと書いてあったが、僕を肥桶(こえおけ)だと思っているんだろうか。吾輩は子の通り立派な男でハイカラにできている」とか「可愛い子には旅をさせろという事は、足の裏へ豆をこしらえろ、というのではない。つまり世の中の状態を知らせるために、可愛い子突き放すのであるから、自然派の親爺といってよろしい」とか言って笑いを取っています。
要は、漱石さんは、落語を通して、人が笑ったり、喜んだり、怒ったり、しんみりさせたりする言葉を熟知していて、実際に多用していたいみたいです。
さら〜に、イギリスに留学して最高、最新の英語、英文学を学び英語感に磨きをかけました。
夏目漱石
実際、奥様の鏡子さんは帰国後の漱石さんを、これだけ沢山の分厚い英文学書と毎日夜遅くまで格闘している姿を見ていて、何をしているかわからないけれど、このひたむきな姿が報われないとこはないと迄言わしめたほどでした。要は、漱石さんは、小さんの口語体を下地に当時の最高の言語学を学んで、平明でしなやか、しかも意識の内側のことや、大局的な事柄も搭載できる現代日本語を作り上げたことが最大の功績でしょう。

最後に次のエピソードを紹介します。
ある日のこと、胃の悪い漱石さんを気遣った鏡子さんは、食べ過ぎないように好物のようかんを隠したそうです。すると漱石さんは、ようかんが入っているはずの戸棚を必死に探し続けていました。
すると、その必死さを見かねた幼い娘さんが、お父さんここにようかんがありますよ、と教えてやりますと、漱石さんは娘を最上級のほめ言葉で称え、笑みがこぼれんばかりの破顔でようかんを頬張ったそうです。
私は、このような幼弱性を持った天才を愛しています。
さら〜に大衆をマスとしてとらえずインディビジュアルなマス、すなわち個人の集まり、独り独りの集積体と見る流れは、大正デモクラシーへと繋がっていくのですが、それを推し進めたのが漱石さんでした。
今、私たちが民主主義という自由や平等といった権利を謳歌できる礎を作ったのが漱石さんだったというのは、正鵠を射ているといっても過言ではないでしょう。
参考文献「新聞記者夏目漱石」牧村健一郎著


サプライズ?



IMG_5890
今日はイーハトーブ花巻に出没です。

5ef437a6
今日のお店は美味しんぼの海原雄山になりすました雁屋哲さんが大絶賛した「暮坪そば」のお店です。
今日のお店は「麺房高松庵」 花巻店 さんです。

住所: 岩手県花巻市高松第11地割172-1
電話:0198-31-2888
定休日: 不定休

IMG_5913
お店の外観です。

IMG_5906
「暮坪かぶ」の紹介です。

IMG_5903

IMG_5901

IMG_5900
沢山の芸能人の方が来店されています。

IMG_5899
お店のこだわりです。

IMG_5897

IMG_5904
店内の雰囲気です。

IMG_5907
メニューです。

今日のオーダー「暮坪そば松」@1,620円です。
このお店は、駅から1.4kmもありましたので歩いたら大変でした。
加えて良く来ていた花巻ですが、さすがに10年ぶりなので地理が不案内になりタクシーでお邪魔しました。
ちなみにタクシーの運転手さんは、この「暮坪そば」というかこのお店は一度も来たことがないそうです。
理由を聞きましたら、高いから、ですとメイクセンスであります。

IMG_5908
待つこと8分で「暮坪そば松」の到着です。
見た目豪華です。

IMG_5909
これが噂の「暮坪かぶのおろし」です。

天麩羅の面々です。
IMG_5910
今日の天麩羅は、海老、ピーマン、カボチャです。海老天麩羅の花の咲き方が弱いですね、やはりお蕎麦屋さんの天麩羅ですから素寒貧の海老じゃさまになりません。
実際、天麩羅の味は素寒貧とまではいいませんが、私の好みではありませんでした。

それでは蕎麦にいきます。
蕎麦は水切りが良くなくてだらっとした感じでしたがまずまずのお味です。
肝心の「暮坪かぶのおろし」です。
「究極の薬味」として海原雄山をうならせたこの蕪は、私の場合は峻烈すぎて喉がうなってしまいました。
どうでしょうか、蕎麦にここまでの辛い薬味が必要なのでしょうか。
それを希釈するかのように付け汁は甘く感じました。
部分最適ではありますが全体最適ではないような感じというのが総評です。

IMG_5912
最初の膳がきてから8分後に二枚目のせいろがきましたがtoo lateです。
ちょっと乾いていますね。
私が注文した時は、私しか客がいなかったのですから、頃合いをみて供して欲しかったものです。
その為に、甘いつけ汁に呻吟する事となりました。
所謂、観光名所蕎麦ですね。
失礼しました。私が海原雄山になれない事を証明できた花巻のランチでした。

それでは(^_-)

桜を求めて東北へ(番外編)

今日は「桜を求めて東北へ(番外編)」です。
二回に亘りまして「桜を求めて東北へ」をお付き合いいただきましてありがとうございました。
雨天催行必至な旅を覚悟していたのですが、まさかという坂に備えて仙台駅で傘を求めた謙虚さを雨神様がみておられて私達夫婦に慈悲を与えて下されたのでしょう。
全行程を晴れで乗り切りました。
全くもってありがたいことです。
今日は番外編です。
この二日間の私の疑問、驚きをまとめました。
宜しくお付き合いください。
それではlet’s get started!

#ガイドさん紹介
IMG_7220
今回のガイドさんの土坂(とさか)真美さんです。
画像のとおり美人です。
特筆すべきはネタの豊富さとハスキーな声です。
九州旅行でお世話になった舎利倉さんに勝るとも劣りません。
本当に素晴らしいガイドさんでした。

#焼卵
IMG_7158
皆さんご承知のとおり、私は卵好きです。
この看板を見て即奥様に、ねぇねぇ焼卵食べようよ。
珍しいよねぇ焼卵、って言ってからこのお店に駆け込んだのですが・・・
こんな事もあります。

#フランス語
IMG_7106
「ホテル安比グランド」のフロント前のソファーで彼女と雑談していました。
すると彼女の携帯が鳴り響いたので、彼女はかけてきた方と話し始めたのです。
別にそば耳をたてたわけではないのですが彼女の話し言葉は全く聞き取れませんでした。
最初仏蘭西人からの電話なのでフランス語で話しているのかと思ったほどです。
噂にはきいておりましたが「おそるべし東北弁」であります。

#角館で見つけた明治のイケメン
IMG_6995

益田孝
まずは益田孝さんです。
は益田孝さんは日本の著名な実業家です。
草創期の日本経済を動かし、三井財閥を支えた実業家であります。
明治維新後世界初の総合商社・三井物産の設立に関わり、自ら初代社長に就任しました。
日本経済新聞の前身である中外物価新報も創刊しています。
なかなかのイケメンです。
下段は晩年の画像です。

IMG_6993
新聞小政さんです。
現在でも通用するイケメンです。
新聞配達にくる小政さんを待っている妙齢の女性は巨万(ごまん)といた事でしょう。

#タカビーなお願い
IMG_7195
平泉中尊寺のトイレで見つけたタカビーなお願いです。
このようなお願いは始めてみました。
私は洗面所で思いがけず水が飛び散った際にはハンカチでその飛沫をふいていますが、このような事って個人裁量であってお願いするものではないと思います。
観光目的のお寺だけにこのような高飛車なお願いは唾棄するものです。
肉寺(儲かっているお寺)なので清掃の方はそれこそ巨万といますので全くもって意味不明であります。

#JRなのに乗車船とは?
IMG_7251
これは、JRグループには現在宮島航路しか鉄道扱いの連絡船はありませんが、かつては青函連絡船や宇高連絡船更に昔には関門連絡船などが鉄道の代わりの連絡船として有ったため乗車船用という文字がたんに残っているのだ、という説があります。
その一方で、JRでは旅行会社独自の様式のチケットを発券できるようになっています。
従いまして交通系のきっぷ(飛行機以外)においてはすべてそのチケットに印刷しています。
旅行会社では鉄道に限らず、バスやフェリーなど(東海汽船や佐渡汽船など)のきっぷも発券できますから、「船」という文字を入れているのです、という説もあります。
帰路のJRの駅員さんに確認しましたら、良く分かりませんがという断りはありましたが、どうやら後者が正しいようです。旅行会社のツアー切符を細かく分けて発券しますと、必ず紛失する客がいるから一本に纏めて発券せざる得ない、というのは私の考えです。

#ガイドさんネタ
土坂さんはまだお若いのですが小さい頃は東北の鄙びた村で生活していたそうです。
その生活の中で実際にあった話を紹介します。

肩こりはヒルで治す
ヒル
この話は聞いた事がある都市伝説ですが、土坂さんのおばあ様は肩こりをヒルで治していたそうです。
おばあ様は肩こりがひどくなると飼育?してあるヒルを患部にのせ痛みを吸いとってもらっていたそうです。
ネットで調べましたら、医療用ヒルを手に入れるのは困難だからといって、その替わりに野生のヒルを使いますと、野生のヒルは感染症の危険がありますのでやめたほうがよい、と書かれていました。
ちなみに土坂さんはシモヤケになった際には、ヒルに悪い血を吸いだしてもらっていたそうですが上記のような感染症は皆無だったみたいですよ・・・

マムシ酒のマムシは溶ける
マムシ酒
彼女の申しているマムシ酒は生きたマムシを焼酎につけたものです。
ただ〜し中のマムシが溶けていない間はかなり生臭いそうですが2年もすればマムシは溶けて無くなるそうです。
それまでの間、生臭い匂いは瓶の中からも洩れてくるそうです。
生きたマムシを瓶に入れるのが大変なのだそうです。
4ヶ月程絶食させて体内の糞とかを出しきらせ、それから焼酎で酔死?水死させてマムシ酒にするとのことです。
水死させるときに清潔な瓶に絶食マムシをいれかえるのだそうですが、飢餓状態のマムシは気が立っていてこの時に噛まれる事が特に多いそうです。
で〜もちょっとした切り傷なんかはマムシ酒をちょこちょこと付ければすぐに直ったそうですよ。
これを見て簡単そうだからといってお気軽にマムシ酒を作らないでください。
マムシは毒蛇ですから・・・

#一応グルメブログなので・・・
今回のツアー選定に重きをおいたのは食事です。
従いまして今回のツアー料金はかなりexpensiveなのです。
ホテルでの食事はバイキングなので割愛しておりますが、雰囲気だけ画像で紹介します。
味ですが、この様なツアーで泊まったホテルの中で最高でした。
全てが美味しい、特に揚げたて天婦羅は筆舌に尽くせない味わいでした。
IMG_7081

IMG_7079

IMG_7041

IMG_7075

IMG_7053

IMG_7059

IMG_7051

最終日の夕食は仙台でめいめい自達です。
そこで仙台通の私が奥様に仙台で一番美味しい「牛たん屋」さんに連れていったのですが、地元客がこのように団子になって客待ちしています。
IMG_7222

IMG_7223

IMG_7243
帰路の電車は決っており、それに乗り遅れる事は許されません。
「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」の故事ではないのですが断念して向かった先は「ときわ亭」仙台駅東口店さんです。 

住所: 宮城県仙台市宮城野区榴岡2丁目2-2
電話:022-295-1787
定休日:無休

IMG_7224
お店の外観です。

IMG_7230
店内の雰囲気です。

IMG_7231
メニューです。

今日のオーダ―
ときわカルビ×2=1,560円
特たん塩×2=1,960円
豆腐サラダ@480円
です。

IMG_7226
まずはサッポロフリーでお疲れさま乾杯をしました。

IMG_7233
待つこと5分で豆腐サラダの到着です。
うん、このサラダは胡麻ドレッッシングが豆腐によく合っています。
美味しい。

IMG_7234

IMG_7240
待つこと6分で特たん塩とときわカルビの到着です。
見た目美味しそうです。

IMG_7238

IMG_7236
タレは旨味噌ダレ、レモン、しょうゆダレが選べます。
個人的には旨味噌ダレが一番この肉には合っていました。
奥様も同意見です。

IMG_7242
肉の評価ですが奥様はときわカルビを一押しです。

IMG_7237
私は特たん塩を一押しとしました。

近くに店員さんが通ったので「利休」さんとの比較を聞きましたら、利休さんも牛は飼ってないはずですから、味は一緒ですよ。違いは知名度とテールスープのあるなしですよね。
もし目隠しテストをしたならば、うちの店の違いと「利休」さんの違いが分かる人っていないと思いますよ、ですと明言ですね。
そうそう味ですがとても美味しかったです
特に特たん塩・・・
新幹線の時間を予め店員さんにいってありましたのでかなりの気配りをいただきました。
ありがとうございました。

IMG_7245

IMG_7246

IMG_7249

IMG_7250
ということで「余裕のよっちゃん」で仙台駅に着きました。
仙台駅のぺディストリアンデッキにはもったりとした茜色の空が広がっていました。
楽しいたくさんの思い出をお土産にできました。ありがとう東北です。

それでは(^_-)

麺房 かくれ家

今日は仙台に出張です。
車中で暇だったのでクロスワードパズルをしていました。
一応完成はしたのですが以下の意味がわかりませんでした。

1.気の幹にできた空間→ウロ
2.淀みに浮かぶ泡→ウタカタ
これはさすがに知らなかったですね

今日の仙台は寒かった!
一応13:00にお取引様に着くようScheduleしていたので、到着駅「南仙台」には予定通り12:10 につき私は「牛タン定食」でも食べようかなと思っていたら・・・食べるところが本当に無いのです
あまりの寒さに途方にくれJRの人に食事をするところを尋ねたのが今日のお店、麺房「かくれ家」です。

隠れ家店構え


住所: 宮城県仙台市天白区大田区中田5丁目3-5
電話:022−306−2915
定休日:不明

きょうの獲物は辛みそ味噌ラーメン@760です。
辛みそラーメン?
結構自信ありのキャッチですネ(笑)

辛みそラーメン?
味ですか寒かったのでとても暖かく美味しゅうございました。麺が柔らかすぎるのを除けばイケますね。辛みそを溶く前もおいしいので、その後も間違いないと確信した次第です。

辛みそラーメン
この後南仙台駅の場所をお母さんにききましたら「いっちょん先に見れるべさ」と説明され、北海道が長かった私としてこの訛りは懐かしく感動したのです

明日から京都に「紅葉狩」です。
暫くBlogはお休みです・・・再見

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ