下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

葛飾区

立石 鳥房

これってカスハラなの 後半
usen
モデムが壊れて二日目になりました。
出荷手続きができたのかが気になってまたプロバイダーに電話しました。
今回は女性がその対応をしてくれました。
彼女の話では、既に出荷手続きは済んだので、後は到着を待つだけです、と言うので、インターネットが使えなくてもう今日で2日ですが、仕事ができずに困っています、というと、こればかりは配送次第なのでなんとも言えません、と言うので、こちらの不便は考慮してくれないの、と聞きますと、共有させてもらいます、というので、共有してもらうのはいいけれど、共有しただけでは短縮できなでしょう、と言うと申し訳ありません、と正に糠に釘の状態です。そこで話題を変えて、他の利用者も私の様に壊れてからモデムを手配するの、と聞きますと、そのような利用者様もおられます。
それ以外ですと、更新してから1年位で新しいものを頼まれますね、と言うのではありませんか、そこで今回のモデムが届いてから1年たてば新しいものと交換できるのね、と確認しますと、できます。
ただし今まで使用済みのものは返却していだきます、との事でした。
ちなみに料金は、と聞きますと、毎月の料金に含まれておりますのでご利用者様のご負担は一切ございません、との事でした。
何のことはありません。
2月の時点で「プロバイダーがモデムを自動的に送るべきだ」論を述べた時に、向こうの担当者が、不具合を懸念されるのであれば、新しいモデムを頼まれた方がいいですよ、と提案してくれればここまで大騒ぎすることはなかったわけです。
納得した私は、なんとか明日にはつけてください、と言って電話を切りました。

pixta_63518338_s
三日目になりました。
今日には着くと思っていましたが、何時頃着くのか気になってきました。
そこでまたプロバイダーに電話しました。
すると電話にでたのが今年の2月に話した共有君でした。
そこで彼に、今日の何時に着くの、と聞きますと、こちらには出荷情報のみ上がってきているだけで、その後の追跡調査はしていません、と言うので、こちらが急いでいるのにそれは聞きすてならなないぁ。君が3日と言ったから今日は朝からこうして待っているんだ。
君の会社は神奈川県の秦野にあるんだろう。
普通だったら次の日に着くんじゃないの、と言うと、お届け日については確約ができません、と言うので、こっちは困っていると何回も言っているのに斟酌してくれないのかい、と言うと、社内共有させていただきます、と返したのです。
そこで、2月の時点で、心配でしたら、新規のモデムを頼まれた方が宜しいのでは、と言ってくれればここまでの大騒ぎにはならなかったはずだ、と言うと、今、ここで過去の仮定の話をされることは、今更なのでなんの意味も持たないと思います、と言ったので方針を替えました。
そこで、△△(共有君の苗字)、もうこれ以上オマエと話してもラチがあかない。
上席と変われ、といいますと、そのような対応はできません、というので、だったら名前と電話番号教えろ、こっちから掛けるから、というと、それもできません、というので、意図的に怒気を込めて、オマエ、それ以上余計な事いうと殺すぞ、いうと、固まってしまいました。
そこで、なんで黙ってるんだ、というと暫くして、できません、と蚊が泣き入るような声で答えました。
ここで声のトーンを落としてソフトタッチに替えて、それじゃ上席からかけさせてよ、というと、分かりました、と言うので、できれば名前も教えてくださいなぁ、と頼みますと、スラスラと吐きました。
30分後に、上席から電話がかかってきました。
可愛らしい声の女性だったので驚きました。
そこで、ミエル化の昨今自社の商品の到着日がわからないのはおかしい、そして、緊急の場合の納期は配慮されてしかるべきである、そして最後に、2月の時点で御社から交換するような提案があればここまで大問題にはならなかった、と申しますと、全くおっしゃられる通りです。
大変ご迷惑をおかけしました。
モデムにつきましては天変地異がない限り明日にはお届けしますと言われたので電話を切ったのでありました。
すると自分の部屋にいた次男がやってきて、今のようなヤクザ言葉で脅かすと、カスハラで捕まるよ、と言ってきたので、何を言うんだ。
電話で言った言葉は商社用語で「お願いします」という意味だ、と言うと、お父さん、さすがに今ではそれは通用しないので止めてください、と言われました。
退職して2年・・・
時代は動いているのですね・・・


『LIFE with ART アートのある人生を』#10 篠原ともえ



IMG_0128

IMG_0129
今日は大学の悪友との飲み会です。
彼の母親は警視庁の刑事だったのです。
私が自ら起こしたタチの悪い事案のほとんどをお母さまにもみ消してもらいました。
若い頃は自らの可能性を腕力で試してみたかったのであります。
まさに青春の蹉跌です・・・
という事で今日のお店は「鳥房」さんです。

住所: 東京都葛飾区立石7-1-3
電話:03-3697-7025
休日:火曜日

IMG_0130

IMG_01311
お店の外観です。

IMG_0133

IMG_0139
店内の雰囲気です。

このお店は亡き父親が贔屓にしていてよく飲みに行っていました。
その時は毎回ここの唐揚げをオミヤとして持ち帰ってくれました。
そうすると母が蒸し器で温めて食べさせてくれたのです。
この世にこんなに美味しい食べ物があるのかと思いながら食べていました。
通算すると四捨五入で60年間ここの唐揚げを食べ続けていました。
私のソウルフードであります。
ただここの口うるさいオバアサンが嫌いなのです。
若かりし頃、イチイチこれはダメ、アレハダメと言われ続け、最初はこらえていたのですが、日本酒を飲んだあたりでコントロールができなくなり、200%言い返したら出禁になりました。爾来、来ていません。
現在は温厚になりましたしましてロンゲですから覚えていないでしょう(笑)

IMG_0132
まずはお疲れ様乾杯です。

IMG_0134
突き出しの鶏皮です。
ビールの友であります。

IMG_0135
待つこと30分で鳥からし@620円が到着しました。
過不足なく脂がのっていて美味しいです。
辛しと鳥は相性が良いのですね。
とてもご機嫌です。

IMG_0136
待つこと33分でぽんず刺し@620円が到着しました。
見た目宝石箱みたいです。
鳥とポン酢はgood chemistry(相性が良い)だったのですね、再認識しました。
このタレは後からくる唐揚げのキャベツにかけていただくのがお約束です。
長時間、胡坐をかいていたので古傷の左腰の梨状筋症候群が呻き出しました。
腰をモジモジしていると、オバアサンからキチンと座りな、と言われたので、怪我なのです、と言おうかなと思ったのですが、それなら治ってから来な、と言われそうだったので、その言葉は飲み込みました(悲)

唐揚げ
待つこと46分で唐揚げ@730円が到着しました。
これぞ唐揚げです。
友人は解体の仕方 が分らないのでオバアサンにやってもらいました。
私がその様子を動画で撮っていると、唐揚げを食べ易くするのは1人だけだよ。
そっちのニイサンは自分でやりな、と完璧に上から目線です。
私は上述のとおり60年も食べているのでどおってことはありません。
それにしても美味しいです。
東京壱ではないでしょうか。
特に揚げたては筆舌に尽くせないほどの美味しさです。

食べている時に、くだんのオアバサンがやってきて、脇に置いてあったマスクを見咎めて、こんなところに置くんじゃないわよ、と言われた瞬間、頭の中でパチンと何かがはじけてしまいました。
それならマスク入れを用意しろ。
この店は、文句か唐揚げかどっちを売っているんだ、とドスの効いた声で言ってしまったのです。
するとオバアサンは固まってしまいました。
それを見ていた友人が、このオバアサンの文句はこのお店のパフォーマンスなんだから、そうですねと受け止めろよ、と言ってくれたので、固まったオバあサンは動き始めました。
友人のナイスアシストに感謝しました。
閑話休題(お話は戻りまして)
やはり鳥房の唐揚げはできたが一番美味しいですね。
オーブンでの過熱は足元にも及びません。
再認識しました。

IMG_0140
その後、飲んべ横丁で飲み直そうかと思いましたらほとんどのお店の看板に火がはいっていまでんでした。
出勤時間が早すぎたようです。

IMG_0145

IMG_0146

IMG_0148

IMG_0151

IMG_0153

IMG_0154
仕方ないので柴又に行きました。
ここは逆に出勤時間が遅すぎてどこもやっていません。

IMG_0155
しばらく帝釈天周辺を逍遥して駅前の居酒屋で飲み直しました。
そのお店では私たちの思い出の歌がUSENで流れていたので二人でイントロ当てゲームを延々とやっていました。やはり悪友との飲み会は楽しいですね。
居心地が良いので神輿を上げるのを忘れていました。
そこでお愛想をして店をでました。

柴又の駅では寅さんとさくらが見送ってくれました。
IMG_0157

IMG_0158
家に帰ったら時計の針は明日になっていました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

立石 鳥房 リターンズ

北千住DE新発見
久しぶりにツアーガイド研修でした。
そこでツアーガイドとは少し距離を置いて私の切り口で北千住を紹介します。

※名倉医院
IMG_9034
子供の頃の私はよく骨折をしてこの名倉医院に来ていました。
亡き父にはこんな遠方まで連れてきてもらっていたとは改めて感謝しています。
当時の名倉医院はすごく混んでいて退屈でしかたがありませんでした。
それとここの先生は包帯の巻き方が上手くて一度巻かれると中の黒い湿布がずれないのです。
ところがこの黒い湿布はすぐに乾いて痒いのです。
よく孫の手を使っては、患部をゴシゴシと掻いておりました。
その為に骨が付いて包帯が外される日は本当に治ったんだなと実感していました。

※両津勘吉の実家
両津勘吉実家

IMG_9035
これは映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」での両津勘吉の実家「つくだ煮よろず屋」のロケ地だそうです。
確かによく似ていますね。
両さんの実家は浅草にある「よろず屋」という佃煮屋です。
両さんの父親・銀二が経営しています。
両さんの祖父・勘兵衛も、若いころ妹の夏春都と「よろず屋」の支店を仲見世で経営していましたが、夏春都が嫁ぎ店から離れると、たった10日で店をつぶしていました。

※千葉さなさん
7ef43df1

千葉さな

IMG_9040
天保9(1838)年生・明治29(1896)年10月15日59才病没
北辰一刀流剣術開祖千葉周作の弟・千葉定吉の二女。
小太刀に優れ、10代の頃に早くも北辰一刀流小太刀免許皆伝。
龍馬より3才年下である。
16歳の頃、北辰一刀流桶町千葉道場に学びに来ていた龍馬と知り合う。
文久3(1863)年、龍馬は千葉佐奈の事を姉の乙女に紹介している。
そのころ二人は婚約したらしいが、結婚には至らず、
龍馬の死を知った後も龍馬の事を思い続け、一生独身で過ごしたと伝えられている。
Wikipedia NPO法人 千住文化普及会より転載

545a55bf

お竜の写真
なんとさなさん(上図)はお竜さん(下図)より美人じゃないですか。
龍馬さんも「お龍の容姿は佐那より少し下」とはっきり手紙で書いておりました。
それ以外にも「佐那は美人だった」とう証言が当時の人の中でたくさんありましたが、こんなに美人だとは驚きました。お竜さんはなんかだらしないイメージが強くてあまり好きではありませでした。
有名な龍馬さんの袖は、実は紋付は龍馬に渡すべく千葉家の方から準備したものであり、さなさんはそれを龍馬の形見としていたとする説もあるようです。

※尾崎ハウスその後
G20111004001752420_view

IMG_9056
92年に26歳の若さで死去したロック歌手尾崎豊さんのファンが集まる交流の場「尾崎ハウス」として親しまれてきた東京都足立区の民家が老朽化のため建て直されることになったそうです。
という事で現在は「尾崎ハウス」はないのですが、その家を探しました。
探すのに結構時間がかかりました。
尾崎さんの死因はについて司法解剖医による見解検視を担当した支倉逸人によれば、尾崎の死因は肺水腫であることのみを発表し、肺水腫の原因が覚醒剤中毒であることは伏せられていました。
中毒は経時的な悪化によるものではなく、大量の覚醒剤服用(オーバードース、薬の多量摂取)による急性メタンフェタミン中毒が引き起こした肺水腫と結論づけられています。
内臓も覚醒剤を経口摂取した形跡があり、肺にも覚醒剤中毒の症状が見られたといいます。 
Wikipediaより転載
そんな死に方をしていても・・・
あらためて合掌です。


村上龍も絶賛!!男女論について語る上岡龍太郎



IMG_9059
今日は立石に出没です。
ここの唐揚げは四捨五入しますと60年も食べています。
私のソウルフードです。
ということで今日のお店は「鳥房」さんです。

住所: 東京都葛飾区立石7-1-3
電話番号:03-3697-7025
定休日:火曜日

IMG_9060
お店の外観です。

IMG_90621
店内の雰囲気です。

IMG_9065

IMG_9064
このお店の裏が居酒屋スペースになっていて、日曜日は15時(日曜日以外16時)から営業しています。

IMG_9066
今日はオミヤ「Lサイズ唐揚げ×3個」@750×3個=2,250円を注文しました、
どうですこんなに大きくてもLサイズですから。
普通のお店ならメガサイズでしょう(笑)
このお店の唐揚げの妙技は、鶏のお腹の中への油のかけ回しです。
これが巧みなのです。
味ですか比類なき美味しさです。
特にパリパリとした皮は筆舌に尽くせません。
そしてその皮の下に格納されているプリンプリンのゼラチンの脂身はまさに極上の極みであります。
家に帰って食べてもその美味しさは変わりません。
次回はクリスマスに食べる予定です。

それでは(^_-)

続 立石 鳥房

今日は「柴又・立石点描 後編」です
IMG_1540
柴又を後にした私たちは一路立石に向かいました。
勘の良い方はお分かりのように立石にある「鳥房」さんに唐揚げを買いに行ったのです。
すごいですよこのお店・・・
8時50分に予約の電話を入れたのですが、こんなに朝早い時間の予約でも、できあがりは14時なのです。
中途半端な時間だったので柴又を逍遥したのでした。

最近立石はのん兵衛さんの聖地になっているみたいで、お酒を飲んでいる人の入店禁止の「宇ち多``」さんを皮切りに、「榮寿司」さんに行ってお寿司を食べて、焼肉屋台「牛坊」さんでの焼肉経由「鳥房」さんの唐揚げで締めるというのが正規ルートとか。そんなに飲んだり食べたりしていましたら糖尿病になってしまいます。
まぁ雰囲気の画像をアップしますがその内の3枚はネットからの借用です。
個人的には「宇ち多``」さん以外は顔をだしていますが、このようなにぎわいをみていますと敷居が高くて再訪できませんよね。
IMG_1555

original-a6470e7a29541175f3ca52780fc7db0cf8741ba9

d9826376-s

IMG_1554

IMG_1553

original

IMG_1543

停酒して5年目に入りますが「昼飲み」の誘惑には負けそうになります。
IMG_1556
いいですね、昼から飲みだして気がついたら深夜だったというのは、酒飲みの快感でしょう。
特に最近超ディープなところにも行っていませんし、いかがわしいチャンネエのお店なぞも無縁ですので冒険家の名が廃れそうです。

この「呑んべ横丁」ではどれだけ怖い目にあったか・・・
IMG_1546

IMG_1548
この様にこの横丁をふらついていますと、どこかのお店の扉がバカンと開いて、小僧、ここで会ったが百年目だ。
テメェが踏み倒した飲み代(しろ)、利息1百万円つけて返しやがれ、と噛みつかれそうな気になります。
嘘ですよ、いつもニコニコ現金払いしていました。
但し泥酔しないかぎりですが・・・


ということで今日のお店は「鳥房」さんです。

住所: 東京都葛飾区立石7-1-3
電話番号:03-3697-7025
定休日:火曜日

IMG_1558
お店の外観です。

IMG_1541
店内の雰囲気です。

このお店の裏が居酒屋スペースになっていて、日曜日は15時(日曜日以外16時)から営業しています。
IMG_1559
しか〜しまだ14時だというのにすでに待っているお客さんがいます。
相変わらずの人気ですね。

今日のオミヤ「Mサイズ唐揚げ×3個」@680×3個=2,040円です。
IMG_1563

IMG_1564

IMG_1568

IMG_1567
どうですこの威容これでMサイズですから。
このお店の唐揚げの妙技は、鶏のお腹の中への油のかけ回しです。
これが巧みなのです。
味ですか比類なき美味しさです。
特にパリパリとした皮は筆舌に尽くせません。
そしてその皮の下に格納されているプリンプリンのゼラチンの脂身はまさに極上の極みであります。
奥様、次男ともに言葉を失くしてこの唐揚げにむしゃぶりつています。
本当は裏の飲み屋で揚げたてを冷たいビールでいただくのが至福なのですが、まぁオーブンで温めればほぼほぼ同じです。

番外編です。
柴又のハイカラ横丁の私のオミヤです。
IMG_1560

まずは「あんこ玉」です。
IMG_1562
子供の時これを食べない日はありませんでした。
まさに私のエネルギーです。
味ですか、しっとりとした甘さは子供の頃の味わいと変わりません。
し・あ・わ・せ・・・です。

そして世界のよっちゃん食品工業の「す漬いか」です。
IMG_1646
この世の中のために何の役にも立たない低俗なすっぱさは微塵も変わっていません。
美味しい・・・
これは食べ始めましたら止まりません。
まさに病みつきです。
元巨人軍の清原選手もこれを愛用していましたら薬物には手を出さなかっただろうに、と思う今日この頃であります。

それでは(^_-)

柴又 大和屋

今日は「柴又・立石点描 前編」です
IMG_1479
奥様と久々に柴又に来ました。
渥美清さんが亡くなって20年ですか・・
さすがの寅さん人気も下火になって閑古鳥が鳴いているのかと思えばそれは危惧でした。
帝釈天の参道のみっしりと人並みをみて安堵しました。

IMG_1536
個人的に渥美清さんといえば、本人が親友の谷貫一さんにも言っているとおり、若いころはアメ横あたりでチンピラをやっており、かなりの不良だったのです。
その為に映画でときおり見せるただでさえ細い目を糸の様に細めてすごむシーンは演技ではなく地であり、私は当時のやんちゃだった頃の渥美さんのイメージをその糸のような目に重ね合わせていたのでした。
柴又にくるといいようのない寂寥感にさいなまれます。
この不可思議な気持ちを分析しますと、柴又の全盛期を知っているものからすると、寂びてゆく柴又を見るのは、年老い両親を見ているようなあえかな気持ちになるからです。
前フリがながくなりました、柴又点描です。
宜しかったらお付き合いください。

#柴又ハイカラ横丁其の壱
haikaratennai

IMG_1458

IMG_1471
こんな昭和レトロな場所があった事を知りませんでした。

まずは梅宮辰っちゃんの出迎えです。
IMG_1459


そんで懐かしのブロマイドです。
IMG_1467

IMG_1468

ピーターと研ナオコの違いがわかりません。
IMG_1465

#柴又ハイカラ横丁其の弐
IMG_1460
ピンボールです。
昔はピンボールの天才少年といわれていましたので試してみました。
往時のサエはなかったものの周りで見ていた人から、すごいね!このニイチャン、と声掛けされました。
正しくはニイチャンではなくオジチャンであります。

#柴又ハイカラ横丁其の参
IMG_1461
ケロリンです。
奥様がこのコップとオケを手のひらに汗がにじむくらい握りしめていました。
買うのかなと思いきや、あまりにも値段が高いので悩んでいたら、上述のようなパフォーマンスになったそうです。
奥様はお金持ちだから買えばいいのに・・・

#柴又ハイカラ横丁其の四
IMG_1525

IMG_1524

IMG_1475
デストロイヤーVS力道山です。
どうでもいい話ですが「り・き・ど・う・さ・ん」とワードに打ち込んでも「力道山」って変換されないのですね。
時代を感じました。
亡くなった父はプロレスが好きでした。父は軍隊に行ったものの戦地にはいかない天麩羅兵隊でしたので、かえってアメリカ人に対して過剰な敵意をもっておりました。
家族団欒で夕食をとりながらTV桟敷でプロレス観戦をしていますと、父が興奮して大変でした。
特に隠し持ったセンヌキでの凶器攻撃はマジにきれて収拾がつかなくなりました。
懐かしい思い出です。

#松屋の飴総本店さんです
IMG_1515
「寄ってけ!買ってけ!」というリズムにのせながらまな板をたたいて140年だそうです。現在は5代目が跡をついでいます。これって柴又だけのパフォーマンスだと思っていましたので、川崎大師でまったく同じパフォーマンス見かけた時には腰が抜けるくらい驚きました。
多分500回以上このパフォーマンスを見ていますが、ここの飴を買ったのは3回だけです。
ごめんなさい。いつも只見でした。

#帝釈天です
IMG_1509

IMG_1508

IMG_1506

IMG_1507
ここにも500回以上お参りに来ています。
飴やさんと回数が同数なのは当たりまえですよね。
ご利益は・・・
あったに決まっているでしょう。

#金のうんこ
IMG_1537

IMG_1530

IMG_1533

IMG_1534
ここのお姉さんバイ(商売のテキヤ用語)が上手いですね。
寅さん顔負けでした。
今日もほろ酔い気分の観光客に金のうんこを沢山売りつけていました。
運子だけに運がつくって、結構ご利益があるみたですよ。


という事で今日のお店は「大和屋」さんです。
亡き母がここの天丼が好きでした。
亡き父はここのビールが好きでした。
今思うに・・・
父がこのお店のビールが好きだったのは多分参道のお店でこのお店のビールの値段が一番安かったからでしょう。

住所: 東京都葛飾区柴又7-7-4
電話:03-3657-6492
定休日:不定休

IMG_1480

IMG_1481

IMG_1496
お店の外観です。

店内の雰囲気です。
IMG_1485

IMG_1494

IMG_1495
基本的なしつらえは私の子供の頃と変わっていません。
今のお店はたんに経年変化して古びただけです。
きれいになったのはトイレだけでした。

IMG_1484
メニューです。

今日のオーダー
「天丼並」@1,080円です。
「草団子」@160円です。

待つこと5分で「天丼並」と「草団子」の到着です。
IMG_1489

IMG_1490
記憶で申せば子供の頃は「天丼並」は350円だったような。
約3倍ですが、値段は頑張っていますね。
具は、海老、鱚、獅子唐の3つです。
ここのウリは老舗の歴史がコクとしてはいっている甘辛の丼ツユとカラッと揚がった衣です。
具材は特筆するものはありません。
で〜もこれで満足なのです。
後で濃いお茶が欲しくなるようなちょっとくどい甘じょっぱさの味わいが好きなのです。

しか〜しここのお茶はほとんどデガラシなので「草団子」を頼むのがお約束なのです。
IMG_1491

IMG_1492
最初お店の人に、草団子お願いします、と言ったら嫌がられたので普段は供さないのでしょう。
何とかお願いし「草団子」が運ばれてきました。ヨモギの馥郁たる香りは相も変わらずで、横綱白鵬の拳のようなゴツゴツしたつぶ餡は野趣あふれて美味しいのです。
例えて申せばこのお店の斜め前にある「高木屋老舗」は山の手の味わいで、それに対して「大和屋」さんは下町の味わいかなと思います。
ちなみに奥様は「高木屋老舗」派であります。

それでは(^_-)

柴又 川千屋

今日は「My private」の話です。 
IMG_9267

タシケント

IMG_9272

IMG_9273
子供がロシアに留学にしました。ロシアといってもウズベキスタンはタシケントです。
9月6日に2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選第2戦が行われたところです。
タシケントは、人口210万人を越える、中央アジア最大の大都市です。旧ソ連、そして、現在のCIS諸国の中では、モスクワ、サンクト・ペテルブルク、キエフに次ぐ第4の都市です。そして、中央アジア諸国で唯一、地下鉄が通っていることでも有名です。

実は子供の語学力が心配だったのです。
成田空港で発券する時一緒に並んでいたのですが、後ろにロシア人の二人連れがおり子供に、彼等は何話しているんだ、と聞いたところ、全く分からない、と言っていたのでとても心配になりました。

子供の通う大学は何故か日本語学科があり日本に行きたいロシアの学生がたくさん学んでいるそうです。日本語を教える日本人教師も6人位おり全く日本語を話す人がいないわけでなく一安心です。
近くに日本センターというのもあります。そこにいけば日本語を話したくてウズウズしている学生が沢山いるそうで、そこで色々と情報を取れば何とかなるみたいです。
また日本からきているのは私の息子の大学だけではなく東京外語大学の学生もきており日本人学生一人ぼっちというわけでもないようです。
ロシアの中ではエリート大学のようで、勉強についていけるのかそれも心配です。
しかしそれらの事を今日知ったので、それまでは奥様と二人で子供のロシアでの暮らしをとても心配していました・・・親バカです。

屋外カラオケ屋
これはタシケントの路上カラオケだそうです。
歌える歌はウズベキ語、ロシア語、英語のみだそうですが、近い将来日本語曲の歌も用意されることを期待しています。

今日は成田空港からの帰路に柴又によりました。
ということでここから先はパチリでご覧ください。

IMG_9292

IMG_9293
「こち亀」電車です。知らない間に京成電鉄が複線になっておりクリビツしました。

IMG_9291
まずは「フーテンの寅さん」像です。
とうとう寅さんも石になっちゃったみたいです。

IMG_9274
帝釈天参道です。

IMG_9290
「金のうんこ」です。柴又のpower souvenirだそうです。
×××だけにウンがつくのかも

IMG_9283
帝釈天です。100回以上は訪れています。
子供の大願成就、安全健康を祈願しました。

IMG_9284

IMG_9285

IMG_9286
帝釈堂彫刻ギャラリーです。
昔はfreeだったのに今では400円の入館料が必要です。
昭和4年に完成し、この木彫りは法華経説話により取材し、当時の名人により彫られ、重要文化財的価値があるそうです。

IMG_9287

IMG_9288

IMG_9289
併設している𨗉渓園すいけいえんです。
緑がマブシイですね。

今日のお店は「川千家」さんです
柴又で鰻(うなぎ)鯉(こい)といえば「 川千家」 と親しまれてきたお店です。

住所: 東京都葛飾区柴又7−6−16
電話:03−3657−4151  
定休日:無休

IMG_9282
お店の外観です。

IMG_9275

IMG_9278
店内の雰囲気です。

IMG_9276
メニューです。

IMG_9277
鰻トリビアです。

IMG_9279
奥様と長男のオーダー「うな重竹」@2,730円です。
鰻は三河産です。鰻はホッコリしていて身が厚いです。
焼きもテリもよく、鰻の美味しさが堪能できます。

IMG_9280

IMG_9281
私のオーダー「柳川・ご飯・味噌汁」@1,900円です。
これは鰻と反して身が痩せています。身も臭みがあります
ごぼうのさきがけも量が少ないしこれでは「 川千家」の名がすたります。

それでは(^_-)

立石 鳥房

昨日父の話しを書いた後アド街ック天国立石版の「鳥房(亡父鳥房大好き)」を見ていたら,何故かここの唐揚が食べたくなって立石「鳥房」に行ってしまいました。
このお店5歳くらいから行っているので本当に腐れ縁のお店です。
今日は特に昨日アド街ック天国でオンエアーされたものですからお店は15:00の開店(日曜日のみ)から鈴なりとなっていました。
昔から変わらずお店のオバサン達の接客はヒドク、余りの混雑なのでかかってくる全ての電話を「本日閉店」で断っていました(最低ですね

仕方ないですね、下町のお店ですから・・・でも二代目の若女将とても感じが良いので許しましょう、癖の悪いオバサン達はそのうち死んでしまいますから(今日は15時から鳥房で飲んでいたのでマジコメントです)

ということで今日はヘラなのでパチリでお楽しみください。
今日のお店は「鳥房」です。

住所: 東京都葛飾区立石7-1-3
電話番号:03-3697-7025
定休日:火曜日


IMG_1402
 犬が字が読めるわけナイジャンとからんではいけません。これは飼い主の問題ですね(笑)


鳥房玄関

鳥房店舗です。これだけは変わりませんね
七桁の電話番号が歴史を感じさせます


鳥房メニュー

鳥房メニューです。この四十年間値段はあまり変わってないような気がします(徐くお酒)


突き出し
定番鳥皮生姜煮のお通し。個人的にはこここの唐揚よりこのお通しの方が美味しいと思うのですが(笑)


鳥ポン
2押しのぽんずさしです。これひそかに隠れている「鷹の爪」に当ると頭が破裂します。


600圓
メインエベンタの唐揚です。ビール飲みすぎてパチリ忘れました。よって家でのオミヤ(持帰り)のパチリです。久々に食べる下町ソールフードに子供達も舌鼓をうっていました。でも私は9:30に予約したのでお持ち帰りができたのですが、15:00に来た人は可哀相に15:00という時間帯にも係わらずオミヤ(持帰り)を拒否られていました。


宮田ジム
世界チャンピオン内藤の宮田ボクシングジムです。


宮田ジム内
宮田ジム内練習風景です。残念なことにチャンピオン内藤の出迎えはありませんでした(悲)



飲みい横丁
立石名物(笑)呑んべ横丁です。アド街で親しみやすいような感じで言っていましたが、100%嘘です。私はかなり恐ろしい目に会いました。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ