下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

葛飾区

続 立石 鳥房

今日は「柴又・立石点描 後編」です
IMG_1540
柴又を後にした私たちは一路立石に向かいました。
勘の良い方はお分かりのように立石にある「鳥房」さんに唐揚げを買いに行ったのです。
すごいですよこのお店・・・
8時50分に予約の電話を入れたのですが、こんなに朝早い時間の予約でも、できあがりは14時なのです。
中途半端な時間だったので柴又を逍遥したのでした。

最近立石はのん兵衛さんの聖地になっているみたいで、お酒を飲んでいる人の入店禁止の「宇ち多``」さんを皮切りに、「榮寿司」さんに行ってお寿司を食べて、焼肉屋台「牛坊」さんでの焼肉経由「鳥房」さんの唐揚げで締めるというのが正規ルートとか。そんなに飲んだり食べたりしていましたら糖尿病になってしまいます。
まぁ雰囲気の画像をアップしますがその内の3枚はネットからの借用です。
個人的には「宇ち多``」さん以外は顔をだしていますが、このようなにぎわいをみていますと敷居が高くて再訪できませんよね。
IMG_1555

original-a6470e7a29541175f3ca52780fc7db0cf8741ba9

d9826376-s

IMG_1554

IMG_1553

original

IMG_1543

停酒して5年目に入りますが「昼飲み」の誘惑には負けそうになります。
IMG_1556
いいですね、昼から飲みだして気がついたら深夜だったというのは、酒飲みの快感でしょう。
特に最近超ディープなところにも行っていませんし、いかがわしいチャンネエのお店なぞも無縁ですので冒険家の名が廃れそうです。

この「呑んべ横丁」ではどれだけ怖い目にあったか・・・
IMG_1546

IMG_1548
この様にこの横丁をふらついていますと、どこかのお店の扉がバカンと開いて、小僧、ここで会ったが百年目だ。
テメェが踏み倒した飲み代(しろ)、利息1百万円つけて返しやがれ、と噛みつかれそうな気になります。
嘘ですよ、いつもニコニコ現金払いしていました。
但し泥酔しないかぎりですが・・・


ということで今日のお店は「鳥房」さんです。

住所: 東京都葛飾区立石7-1-3
電話番号:03-3697-7025
定休日:火曜日

IMG_1558
お店の外観です。

IMG_1541
店内の雰囲気です。

このお店の裏が居酒屋スペースになっていて、日曜日は15時(日曜日以外16時)から営業しています。
IMG_1559
しか〜しまだ14時だというのにすでに待っているお客さんがいます。
相変わらずの人気ですね。

今日のオミヤ「Mサイズ唐揚げ×3個」@680×3個=2,040円です。
IMG_1563

IMG_1564

IMG_1568

IMG_1567
どうですこの威容これでMサイズですから。
このお店の唐揚げの妙技は、鶏のお腹の中への油のかけ回しです。
これが巧みなのです。
味ですか比類なき美味しさです。
特にパリパリとした皮は筆舌に尽くせません。
そしてその皮の下に格納されているプリンプリンのゼラチンの脂身はまさに極上の極みであります。
奥様、次男ともに言葉を失くしてこの唐揚げにむしゃぶりつています。
本当は裏の飲み屋で揚げたてを冷たいビールでいただくのが至福なのですが、まぁオーブンで温めればほぼほぼ同じです。

番外編です。
柴又のハイカラ横丁の私のオミヤです。
IMG_1560

まずは「あんこ玉」です。
IMG_1562
子供の時これを食べない日はありませんでした。
まさに私のエネルギーです。
味ですか、しっとりとした甘さは子供の頃の味わいと変わりません。
し・あ・わ・せ・・・です。

そして世界のよっちゃん食品工業の「す漬いか」です。
IMG_1646
この世の中のために何の役にも立たない低俗なすっぱさは微塵も変わっていません。
美味しい・・・
これは食べ始めましたら止まりません。
まさに病みつきです。
元巨人軍の清原選手もこれを愛用していましたら薬物には手を出さなかっただろうに、と思う今日この頃であります。

それでは(^_-)

柴又 大和屋

今日は「柴又・立石点描 前編」です
IMG_1479
奥様と久々に柴又に来ました。
渥美清さんが亡くなって20年ですか・・
さすがの寅さん人気も下火になって閑古鳥が鳴いているのかと思えばそれは危惧でした。
帝釈天の参道のみっしりと人並みをみて安堵しました。

IMG_1536
個人的に渥美清さんといえば、本人が親友の谷貫一さんにも言っているとおり、若いころはアメ横あたりでチンピラをやっており、かなりの不良だったのです。
その為に映画でときおり見せるただでさえ細い目を糸の様に細めてすごむシーンは演技ではなく地であり、私は当時のやんちゃだった頃の渥美さんのイメージをその糸のような目に重ね合わせていたのでした。
柴又にくるといいようのない寂寥感にさいなまれます。
この不可思議な気持ちを分析しますと、柴又の全盛期を知っているものからすると、寂びてゆく柴又を見るのは、年老い両親を見ているようなあえかな気持ちになるからです。
前フリがながくなりました、柴又点描です。
宜しかったらお付き合いください。

#柴又ハイカラ横丁其の壱
haikaratennai

IMG_1458

IMG_1471
こんな昭和レトロな場所があった事を知りませんでした。

まずは梅宮辰っちゃんの出迎えです。
IMG_1459


そんで懐かしのブロマイドです。
IMG_1467

IMG_1468

ピーターと研ナオコの違いがわかりません。
IMG_1465

#柴又ハイカラ横丁其の弐
IMG_1460
ピンボールです。
昔はピンボールの天才少年といわれていましたので試してみました。
往時のサエはなかったものの周りで見ていた人から、すごいね!このニイチャン、と声掛けされました。
正しくはニイチャンではなくオジチャンであります。

#柴又ハイカラ横丁其の参
IMG_1461
ケロリンです。
奥様がこのコップとオケを手のひらに汗がにじむくらい握りしめていました。
買うのかなと思いきや、あまりにも値段が高いので悩んでいたら、上述のようなパフォーマンスになったそうです。
奥様はお金持ちだから買えばいいのに・・・

#柴又ハイカラ横丁其の四
IMG_1525

IMG_1524

IMG_1475
デストロイヤーVS力道山です。
どうでもいい話ですが「り・き・ど・う・さ・ん」とワードに打ち込んでも「力道山」って変換されないのですね。
時代を感じました。
亡くなった父はプロレスが好きでした。父は軍隊に行ったものの戦地にはいかない天麩羅兵隊でしたので、かえってアメリカ人に対して過剰な敵意をもっておりました。
家族団欒で夕食をとりながらTV桟敷でプロレス観戦をしていますと、父が興奮して大変でした。
特に隠し持ったセンヌキでの凶器攻撃はマジにきれて収拾がつかなくなりました。
懐かしい思い出です。

#松屋の飴総本店さんです
IMG_1515
「寄ってけ!買ってけ!」というリズムにのせながらまな板をたたいて140年だそうです。現在は5代目が跡をついでいます。これって柴又だけのパフォーマンスだと思っていましたので、川崎大師でまったく同じパフォーマンス見かけた時には腰が抜けるくらい驚きました。
多分500回以上このパフォーマンスを見ていますが、ここの飴を買ったのは3回だけです。
ごめんなさい。いつも只見でした。

#帝釈天です
IMG_1509

IMG_1508

IMG_1506

IMG_1507
ここにも500回以上お参りに来ています。
飴やさんと回数が同数なのは当たりまえですよね。
ご利益は・・・
あったに決まっているでしょう。

#金のうんこ
IMG_1537

IMG_1530

IMG_1533

IMG_1534
ここのお姉さんバイ(商売のテキヤ用語)が上手いですね。
寅さん顔負けでした。
今日もほろ酔い気分の観光客に金のうんこを沢山売りつけていました。
運子だけに運がつくって、結構ご利益があるみたですよ。


という事で今日のお店は「大和屋」さんです。
亡き母がここの天丼が好きでした。
亡き父はここのビールが好きでした。
今思うに・・・
父がこのお店のビールが好きだったのは多分参道のお店でこのお店のビールの値段が一番安かったからでしょう。

住所: 東京都葛飾区柴又7-7-4
電話:03-3657-6492
定休日:不定休

IMG_1480

IMG_1481

IMG_1496
お店の外観です。

店内の雰囲気です。
IMG_1485

IMG_1494

IMG_1495
基本的なしつらえは私の子供の頃と変わっていません。
今のお店はたんに経年変化して古びただけです。
きれいになったのはトイレだけでした。

IMG_1484
メニューです。

今日のオーダー
「天丼並」@1,080円です。
「草団子」@160円です。

待つこと5分で「天丼並」と「草団子」の到着です。
IMG_1489

IMG_1490
記憶で申せば子供の頃は「天丼並」は350円だったような。
約3倍ですが、値段は頑張っていますね。
具は、海老、鱚、獅子唐の3つです。
ここのウリは老舗の歴史がコクとしてはいっている甘辛の丼ツユとカラッと揚がった衣です。
具材は特筆するものはありません。
で〜もこれで満足なのです。
後で濃いお茶が欲しくなるようなちょっとくどい甘じょっぱさの味わいが好きなのです。

しか〜しここのお茶はほとんどデガラシなので「草団子」を頼むのがお約束なのです。
IMG_1491

IMG_1492
最初お店の人に、草団子お願いします、と言ったら嫌がられたので普段は供さないのでしょう。
何とかお願いし「草団子」が運ばれてきました。ヨモギの馥郁たる香りは相も変わらずで、横綱白鵬の拳のようなゴツゴツしたつぶ餡は野趣あふれて美味しいのです。
例えて申せばこのお店の斜め前にある「高木屋老舗」は山の手の味わいで、それに対して「大和屋」さんは下町の味わいかなと思います。
ちなみに奥様は「高木屋老舗」派であります。

それでは(^_-)

柴又 川千屋

今日は「My private」の話です。 
IMG_9267

タシケント

IMG_9272

IMG_9273
子供がロシアに留学にしました。ロシアといってもウズベキスタンはタシケントです。
9月6日に2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選第2戦が行われたところです。
タシケントは、人口210万人を越える、中央アジア最大の大都市です。旧ソ連、そして、現在のCIS諸国の中では、モスクワ、サンクト・ペテルブルク、キエフに次ぐ第4の都市です。そして、中央アジア諸国で唯一、地下鉄が通っていることでも有名です。

実は子供の語学力が心配だったのです。
成田空港で発券する時一緒に並んでいたのですが、後ろにロシア人の二人連れがおり子供に、彼等は何話しているんだ、と聞いたところ、全く分からない、と言っていたのでとても心配になりました。

子供の通う大学は何故か日本語学科があり日本に行きたいロシアの学生がたくさん学んでいるそうです。日本語を教える日本人教師も6人位おり全く日本語を話す人がいないわけでなく一安心です。
近くに日本センターというのもあります。そこにいけば日本語を話したくてウズウズしている学生が沢山いるそうで、そこで色々と情報を取れば何とかなるみたいです。
また日本からきているのは私の息子の大学だけではなく東京外語大学の学生もきており日本人学生一人ぼっちというわけでもないようです。
ロシアの中ではエリート大学のようで、勉強についていけるのかそれも心配です。
しかしそれらの事を今日知ったので、それまでは奥様と二人で子供のロシアでの暮らしをとても心配していました・・・親バカです。

屋外カラオケ屋
これはタシケントの路上カラオケだそうです。
歌える歌はウズベキ語、ロシア語、英語のみだそうですが、近い将来日本語曲の歌も用意されることを期待しています。

今日は成田空港からの帰路に柴又によりました。
ということでここから先はパチリでご覧ください。

IMG_9292

IMG_9293
「こち亀」電車です。知らない間に京成電鉄が複線になっておりクリビツしました。

IMG_9291
まずは「フーテンの寅さん」像です。
とうとう寅さんも石になっちゃったみたいです。

IMG_9274
帝釈天参道です。

IMG_9290
「金のうんこ」です。柴又のpower souvenirだそうです。
×××だけにウンがつくのかも

IMG_9283
帝釈天です。100回以上は訪れています。
子供の大願成就、安全健康を祈願しました。

IMG_9284

IMG_9285

IMG_9286
帝釈堂彫刻ギャラリーです。
昔はfreeだったのに今では400円の入館料が必要です。
昭和4年に完成し、この木彫りは法華経説話により取材し、当時の名人により彫られ、重要文化財的価値があるそうです。

IMG_9287

IMG_9288

IMG_9289
併設している𨗉渓園すいけいえんです。
緑がマブシイですね。

今日のお店は「川千家」さんです
柴又で鰻(うなぎ)鯉(こい)といえば「 川千家」 と親しまれてきたお店です。

住所: 東京都葛飾区柴又7−6−16
電話:03−3657−4151  
定休日:無休

IMG_9282
お店の外観です。

IMG_9275

IMG_9278
店内の雰囲気です。

IMG_9276
メニューです。

IMG_9277
鰻トリビアです。

IMG_9279
奥様と長男のオーダー「うな重竹」@2,730円です。
鰻は三河産です。鰻はホッコリしていて身が厚いです。
焼きもテリもよく、鰻の美味しさが堪能できます。

IMG_9280

IMG_9281
私のオーダー「柳川・ご飯・味噌汁」@1,900円です。
これは鰻と反して身が痩せています。身も臭みがあります
ごぼうのさきがけも量が少ないしこれでは「 川千家」の名がすたります。

それでは(^_-)

立石 鳥房

昨日父の話しを書いた後アド街ック天国立石版の「鳥房(亡父鳥房大好き)」を見ていたら,何故かここの唐揚が食べたくなって立石「鳥房」に行ってしまいました。
このお店5歳くらいから行っているので本当に腐れ縁のお店です。
今日は特に昨日アド街ック天国でオンエアーされたものですからお店は15:00の開店(日曜日のみ)から鈴なりとなっていました。
昔から変わらずお店のオバサン達の接客はヒドク、余りの混雑なのでかかってくる全ての電話を「本日閉店」で断っていました(最低ですね

仕方ないですね、下町のお店ですから・・・でも二代目の若女将とても感じが良いので許しましょう、癖の悪いオバサン達はそのうち死んでしまいますから(今日は15時から鳥房で飲んでいたのでマジコメントです)

ということで今日はヘラなのでパチリでお楽しみください。
今日のお店は「鳥房」です。

住所: 東京都葛飾区立石7-1-3
電話番号:03-3697-7025
定休日:火曜日


IMG_1402
 犬が字が読めるわけナイジャンとからんではいけません。これは飼い主の問題ですね(笑)


鳥房玄関

鳥房店舗です。これだけは変わりませんね
七桁の電話番号が歴史を感じさせます


鳥房メニュー

鳥房メニューです。この四十年間値段はあまり変わってないような気がします(徐くお酒)


突き出し
定番鳥皮生姜煮のお通し。個人的にはこここの唐揚よりこのお通しの方が美味しいと思うのですが(笑)


鳥ポン
2押しのぽんずさしです。これひそかに隠れている「鷹の爪」に当ると頭が破裂します。


600圓
メインエベンタの唐揚です。ビール飲みすぎてパチリ忘れました。よって家でのオミヤ(持帰り)のパチリです。久々に食べる下町ソールフードに子供達も舌鼓をうっていました。でも私は9:30に予約したのでお持ち帰りができたのですが、15:00に来た人は可哀相に15:00という時間帯にも係わらずオミヤ(持帰り)を拒否られていました。


宮田ジム
世界チャンピオン内藤の宮田ボクシングジムです。


宮田ジム内
宮田ジム内練習風景です。残念なことにチャンピオン内藤の出迎えはありませんでした(悲)



飲みい横丁
立石名物(笑)呑んべ横丁です。アド街で親しみやすいような感じで言っていましたが、100%嘘です。私はかなり恐ろしい目に会いました。


それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ