下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

甘味

銀座 アマンド

今日は「眼科医との会話」です。
96958A9F889DE
日経トレンディがスタートアップ商品大賞に選んだ製品の中から健康&食部門の大賞となったオルソケラトロジーレンズを紹介する。
眼鏡やコンタクトレンズの煩わしさから解放され、裸眼で過ごしたい。
視力が弱い人のそんな切実な願いをかなえるには、たとえ安全性に不安があってもレーザーで角膜を削るレーシック手術に頼るしかなかった。
この状況を大きく変えそうなのが、ユニバーサルビューが全国250以上の眼科医院を通じて展開する「オルソケラトロジーレンズ」(商品名はブレスオーコレクト)だ。
夜に装着して寝るだけで、日中はレンズを外してスポーツを楽しむなど、「夢の裸眼生活」を送れる。
ハードレンズの内側に4つの特殊なカーブがあり、角膜上皮を僅か0.05mmの範囲で平らに矯正することで、近視でズレていたピントを正常化する。
就寝中に寝グセのように角膜に型が付き、翌朝レンズを外しても維持されるというわけだ。
装用をやめると数日で視力は元に戻るが、同社の臨床試験では、視力0.06から0.4の患者のうち、実に9割が視力1.0程度に改善しているという。
NIKKEI STYLEより転載

実は勉強のしすぎ。嘘です。
本の読み過ぎで視力は良くなく永いことコンタクトレンズを着用しています。
しか〜しコンタクトレンズは、便利は便利ですが目にゴミが入れば痛いし、最近はiPadairの使い過ぎでドライアイになって絶えず目薬をさし続けませんと、コンタクトレンズが使えません。
そこで上記の朗報を聞きつけて、たまさか目薬がなくなったので処方箋をもらいに眼科医に行ったついでに、この「オルソケラトロジーレンズ」の事を先生に聞いたのです。
すると、いいね、と言うかと思い耳をダンボにしてその言葉を拾おうとしていましたところ、これは眼科医としては勧められません、との事でした。
先生に、なんでですか、と尋ねますと、まずこの嬌正の効力は12時間程度です。
仮にこの効果で運転していて、今日は12時間も運転しないよ、と軽い値踏みをしていて大渋滞に巻き込まれてしまい、渋滞の間にその効力が徐々に落ちてきて、且つその時に眼鏡を忘れていたら大事故につながりますよね、と笑いながら言われたのです。
それよりも、眼科医として、コンタクトレンズをつけたまま寝るなんて認められません。
多分に角膜を傷つけます。従いましてそれの処方箋はまともな眼科医なら書きません、と蟻が入り込む隙間もないような一刀両断でした。
それなら、その旨を周知させるべきではないですか、と聞きましたら、この会社は高額でこのレンズを売っていて、今回厚労省の認可がとれたので安い価格設定にしたわけで、もともとは営利主義の会社ですよ。
そんな不必要な事を言うわけないじゃありませんか、との事でした。
私は流行に敏感なのでこのような話題にはスグに食いつくのですが、良かったです、先生のお話を聞いておいていて。ところがこの話には続きがあります。
脱コンタクトレンズを望む私は先生にレーシックの話も聞きました。
先生は即座に、日本で最初にレーシック手術を行った北里大学眼科教授の清水先生は、2008年に完全にレーシック手術を止めています。 理由は、手術後6年後までに矯正視力を保っていた患者はたったの半数だったからだそうですよ。
最近、当院にもレーシック手術をして大分経ってから、視力が落ちてきたので、もう一度コンタクトレンズにしたいのですが、という患者さんが増えています。
甚だ残念なことに、レーシックで角膜が平らになっているのでコンタクトの処方はできないのです。
カーブがあるからコンタクトレンズは装着できるのであって、平らな目には無理ですし、仮に作ったとしても目に張り付いてしまい危険なのです、との事でした。
そう言われてみますと、私の会社でもレーシック手術をした人間はかなりいて、最近その内の一人が眼鏡をしているので不思議に思っていたのでした。
涙は心の汗ではありませんが、コンタクトレンズの装着で心の汗でこまっているのに、さらに深みにはまるところでありました。
目出度し、目出度し、の一席でございます。
お後が宜しいようで・・・


CRAZY MAKES the FUTUREL
.


IMG_6813

IMG_6815
今日は年末ジャンボの行列が歳時記になっている銀座に出没です。
まぁ、買わなければ当たらないのですが、他にやることないのでしょうか・・・

IMG_6810
以前六本木のアマンド前で人を待っていたとこ食べてみたいなと思っていたメニューがありました。
今日たまさか銀座のアマンドの前を通ったのでその願いを果たします。
今日のお店は「アマンド」銀座店さんです。

住所:東京都中央区銀座6-9-13

電話:03-3571-1801
定休日:ランチ営業、日曜営業

IMG_6801

IMG_6802
お店の外観です。

IMG_6803
店内の雰囲気です。

IMG_6806
メニューです。

今日のオーダー「フレンチトースト・プディング“モンブラン”栗とマロンアイス&珈琲」@1,380円です。
長年の疑問だった店名のアマンドですが、諸説あるみたいですが、「甘人=あまんど」若しくは「仏語でアマンド(アーモンドの意味)」らしいですよ。
私の卒業した大学では、アマンド前でといわれれば、今日はポンギのDISCOでフィーバーか、と読み替えられる程親しまれたお店でした。
ちょっとフィーバーって古いですよね、書いていて恥ずかしくなりました。

IMG_6807
待つこと20分で「フレンチトースト・プディング“モンブラン”栗とマロンアイス&珈琲」の到着です。
見た目、小学校の給食みたいです。
小学生はランチで珈琲は飲みませんか(笑)

IMG_6809
それでは実食です。
厚み3cmのデニッッシュパンを使用しており、甘くはありませんが、深みはあります。
卵液にもたっぷり浸してあるようでふわぁっと仕上がっております。
味ですか、くどからず私の好きな味わいです。
もう少しマロンテイストを前面に押し出せばさらにいいのにと思ったものの最後まで飽きずに美味しくいただきました。たまにはランチにスィーツもよいものですね。

それでは(^_-)

秋葉原 ザ・フレンチトーストファクトリー

今日は「好き嫌い」です。
私は幼少の頃は好き嫌いが激しかったのです。
別にオマセな子供ではなく、たんに偏食だったのでした。
換言しますと病弱だったのです。
しょっちゅう熱を出しては寝込んでいました。
幼稚園もカスタネットみたいに休んで休んで行きまた休むみたいな調子でした。
小学校に上がるまではたっぷり砂糖の入ったきな粉をかけ回したご飯とバターピーナッツを大量にはさみこんだコッペパン以外はあまり食べられませんでした。
その為に小学校に上がるまではガリガリに痩せていて、まるで大飢饉があったアフリカの子供みたいでした。
実際当時も色が黒かったのでたとえて妙です。
その為に、父は私の事を長生きできないと思っていた節があります。
その為に新たに子供が欲しかったのですが、腎臓病で病弱だった母には赤ん坊を生む体力がなく、後継ぎをあきらめていました。
かかる中、第二子が授かりましたので父は小躍りをして喜んでいました。
そのために生まれた弟の名前は、今度は健康に育つようにという願いを込めて付けられていました。
昔は医学も発達していなく、子供の早死にはそれほど珍しいことではありませんでしたが、今このように思い出して書いていますと、ずいぶん残酷な話であります。

ウルトラマン
私の偏食は上述のように病弱からのものでしたが、今の子供は食べたこともないのに、見ただけで嫌だという「食わず嫌い」です。
これはとてももったいない事です。
食べてみたら意外と美味しいものだという事がわかるかもしれないからです。
知らないというだけで嫌いになるのはとてももったいない事です。
長じて健康になった私は食べ物の好き嫌いはなくなりました。
何でも食べますので海外に行っても特段の痛痒は感じません。
加えて幼少の頃の負の経験から、すごく好奇心が旺盛になりました。
今でもなんでも挑戦してみようという気持ちは高く、それは仕事でもまずはぶつかってみてから考えるというようになっております。

どんなに見た目が嫌でもまずは一口食べてみましょう。
こんなに美味しかったと思うものはいくつでもあります。
人付き合いにおいてもそうです。
嫌いな理由をたくさん見つけるのではなく、まずはひと言話してみましょう。
意外な良いところを見つけることがあるかもしれません。
昔の下町の長老は人付き合いにおいては以下のように私たちを躾ていました。
ご参考にしてみてください。

いつの世も人と人との繋がりは
ご縁に始まる義理人情
意気に感じて人肌脱いで
いなせ通すにゃやせ我慢


ナイスキャッチ!


今日は秋葉原はヨドバシカメラに出没です。
IMG_5000
なにやら美味しい「フレンチトースト」のお店があるという事でお邪魔しました。
今日のお店は今「ザ・フレンチトーストファクトリー」ヨドバシAkiba店さんです。

住所:東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba
電話:03-3255-1201
定休日:施設の休みに準ずる

IMG_5003
お店の外観です。

IMG_5006

IMG_5002
店内の雰囲気です。

IMG_5004
お店の紹介です。

IMG_5001
メニューです。

今日のオーダー「FTFクラシックトースト」@1,296円です。
まずはお店の紹介文からです。
丸型の厚切りパンで焼きあげた「世界一の幸福感」を味わえるフレンチトースト専門店。
当店オリジナルのパンに、アパレイユをたっぷりと浸みこませて、じっくりと香ばしく焼き上げた今までに無い全てにこだわり抜いた極上のフレンチトーストは、一口食べた瞬間に笑顔がこぼれること必至。

ななんと女子率99%のお店です。
まさか私以外に夕飯にこのようなスィーツを食べる輩がいたとはクリビツです。
IMG_5007
待つこと14分で「FTFクラシックトースト」の到着です。
付け合せは下からキメ細かく泡立てた最高級の発酵バター、メイプルシロップ、北海道産生クリームと蜂蜜を使用した極上ハニーホイップです。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_5008
ホールスタッフのディレクションは、下から順に味わってください、とのことでしたのでまずは発酵バターで頂きました。うんまろやかです。
そしてメイプルシロップです。
以外に甘さ控えめです。
最後にハニーホイップです。
これ極上ですね。想像を超えていたのか食べていて自然と笑みがこぼれてきました。
美味しいじゃないですか。
大満足なスィーツでした。
瑕瑾をもうせばもう少トーストはもう少し外硬内柔で焼き上げて欲しかったです。
量が少なかったので体重に影響はなかったのですが、次の日に体重計に乗りましたら3%も体脂肪が増えていました。当たり前ですか(笑)

8-300x300
次回は、香り高い宇治抹茶のムースとあずき、バニラアイスで構成されたコクのある和のフレンチトーストに挑戦しま〜す。

それでは(^_-)

宮島 藤い屋

今日は「センチメンタルジャーニー 其の弐」です。
今回の旅行の地は大学の頃、友人と行った観光名所なのですが、休憩してはちょっと飲み、休憩してはちょっと飲みで、旅行しましたという思い出は残ったものの、ほとんど酔っていて記憶に残っておりませんでした。
そこで今回はそのリベンジということで奥様を誘い「安芸の宮島・厳島神社と原爆ドームと平和記念公園二日間」という旅行に参加しました。
今日は二日目です。
今日は尾道です。
ご当地は初見参であります。
宜しかったらお付き合いください。

#尾道
IMG_4421
広島県の尾道は、前方に海、背後に山を控えた瀬戸内海の小京都で、海上交通の要衝として栄えてきました。
港が拓かれたのは平安時代の末、およそ800年前のことです。
戦災を免れた町には、由緒ある寺や趣深い通りが残っています。
山の斜面に建てられた寺は20以上、麓から山肌を縫うように走る坂道を辿ると、必ず寺に行き着きます。
結構肉寺(繁盛しているお寺)が多く、多いところでは2,000家もの檀家を有すようです。
IMG_4425
明治21年、神戸から下関までの鉄道(山陽本線)建設が始まります。
尾道市内の区間は明治24年に開通しますが、これにより、尾道三山の中腹にある寺院の参詣路が分断され、線路敷きにあった多数の家屋が立ち退きを余儀なくされました。
鉄道の敷設は、まさに平野部(海の手)と山麓部(山の手)線引きすることとなり、立ち退いた家屋は山側に移転し、それまで古刹が伽藍を広げる神聖な地であった山麓部の中腹には、移転民家が立ち並ぶこととなりました。
時代とともに寺院信仰が薄れていく中で、移転民家の建設が契機となり、豪商達が先を争うように山手に「茶園」と呼ばれる別荘建設を行うようになります。
加えて、船を住居とする海上生活者達も漁業不振も相俟って現代生活への移行を始めそれも民家ラッシュの後押しをしたようです。
これが、「坂の町」尾道の始まりとなるそうです。

恋人の聖地碑
IMG_4406
千光寺公園展望台は、恋人の聖地に認定され、頂上の展望台から見る夜景は夜景100選にも選ばれている場所です。ここは地元の人でも夜景のメッカとして知られているので、デートで訪れる人が多くいるそうですが白昼の明るさの中では気恥ずかしい「聖地」でありましょう。

頂上展望台
IMG_4399

IMG_4400

IMG_4402
ここからは美しい尾道の町をパノラマで見渡すことができます。
眼下に見える尾道水道は尾道と向島に挟まれた緩衝地帯で台風の被害が少ない事から20数社に及ぶ造船会社が点在していてそれを鳥瞰できます。

文学のこみち
IMG_4408

IMG_4412

IMG_4410
文学のこみちには、点々と続く自然石に刻まれた25の文学碑があります。
千光寺公園の山頂からつづく尾道ゆかりの作家、詩人の名作がつづる静かな散歩道です。
彼らが愛した尾道の風景、そこに住む人々の心が、刻まれた詩歌の中から聞こえてきます。

千光寺
IMG_4429

IMG_4430

IMG_4424

IMG_4422
大同元年(806)、弘法大師の開基とされる真言宗のお寺です。
千光寺山の中腹に位置し、尾道を代表する観光地「千光寺公園」はこのお寺を中心に整備されています。

千光寺公園の奇岩
IMG_4415

IMG_4414

IMG_4416

IMG_4409

IMG_4427
灯台代わりの鏡岩、奇岩「三重岩」等この千光寺公園は奇岩の名所です。
先ほど紹介した「文学のこみち」もすべて山中にある自然石で作られているのです。

映画のロケ地
7944

kanji-file-name-1124-1024x768
尾道は地元の大林宣彦監督の尾道三部作、小林聡美、尾美としのり主演「転校生」(1982年)、原田知世主演「時をかける少女」(1983年)、富田靖子主演「さびしんぼう」(1985年)等の作品のロケ地として有名です。
今回ツアーなので仕方なかったのですが、「タイムトラベラー」のケン・ソゴルとすれ違いたかったなぁ・・・

松ぼっくり
IMG_4432
松の語源は松が神様をマツ(祭)るあらたかな樹だからとか、神様が下りてくるのをマツ(待つ)からとかなんと20以上の諸説が上げられているそうですが・・・
実は松の実を見たのは生まれて初めてなのです。
マジに感動しました!

ボランティアガイド
IMG_4434

IMG_4436
今回の尾道はボランティア活動の人達が説明してくれました。
私はボランティアではありますが無償とは思っていませんでしたが・・・
実は、彼らの報酬は約50分でなななんと4,000円だったのです。
時給5,000円ですか。
プチあこがれます!

ということで尾道を後にした私たちが向かったのは安芸の宮島です。
IMG_4439

IMG_4440

IMG_4442

IMG_4444
ここからは船で移動です。
約10分位で宮島に着きました。
着きましたら小休憩です。
私たちがブレイクしたのはこのお店です。
今日のお店は「藤い屋」宮島本店さんです。

住所: 広島県廿日市市宮島町幸町東浜1129
電話:0829-44-2221
定休日:無休

IMG_4478
お店の外観です。

IMG_4472

IMG_4477
店内の雰囲気です。

IMG_4473
メニューです。

今日のオーダー
抹茶@520円
珈琲@480円
冷やしぜんざい@670円

待つこと7分ですべてが整いました。
IMG_4480

IMG_4481

IMG_4479
実はここの餡が秀逸という事で参りました。
そもそももみじ饅頭のつぶ餡は、昭和初期、高松宮宣仁親王が厳島を訪問した際、所望したのがきっかけで誕生したと言われていますので、ご当地のつぶ餡がまずいわけがなく、さら〜にこのお店はもみじ饅頭の絶巓だそうです。
確かにこの小豆は美味しいです。
豆が良いのでしょう。
甘さ控え目で豆の美味しさを前面にだす、これが私の好きなつぶ餡です。
下調べしておいてよかったです。
値段は高いような気がしましたが観光地の割にはリーズナブルな値付けでしょう。
満足の甘味でした。

それでは(^_-)

続 銀座 不二家レストラン

今日は「銀座DEデート」です。
相も変わらず忙しく動き回っています。
今日は奥様の買い物のお付き合いでアフターファイブは銀座に出没です。
IMG_3936
待ち合わせ場所は帝国ホテルです。
さすが帝国ホテルです。
中国人が少ないですね。
中国人と申せば、最近、右肩上がりであった「爆買い」にブレーキがかかってきました、
中国は経済成長が鈍り、2015年に夏には上海株が急落しました。
これにより円高・人民元安が進み、この一年間で日本の商品の効用(消費者が財やサービスを消費することによって得る主観的な満足の度合い)は2割近くも失われたのです。
中国政府は4月、越境EC(電子商取引)に関する税制を変更しました。
事実上免税だった個人輸入扱いの荷物に一般貿易並みの税金が課せられるようになりました。
これはドラッグストアなどで買い付けた商品を本国の客に販売していた代理購入所謂ブローカーの排除であります。
この措置により、税制の抜け道を使って荒稼ぎするブローカー業者を締めだし、正規の貿易業者の不公平感を無くす事が狙いとみられています。
要は、人海戦術で商品を調達してきたブローカーは関税引き上げと円高で旨味がなくなってしまったのです。
「爆買い」は今や死語となりつつあるのです。
IMG_3937
しか〜し中国人の「爆買い」が沈静化しても我が奥様の「馬鹿買い」は依然衰えることはありませんでした。
色々なデパートで買い物をし続けた奥様が最後に向かった先は、東急プラザ銀座内にあるHINKA RINKAです。
HINKA RINKAは、大人の女性の「ドラマチックな生き様」を、銀座から提案する、東急プラザ銀座内の一画に誕生したセレクトストアです。
そこでチョコレートを買いたいのだそうです。
お店の名前は「CACAO MARKET」さんです。
017

018

original

original2
この画像はネットより転載
ここの創設者のマリベルさんは、世界で初めてチョコレートを食したと言われるマヤ族の末裔だそうです。
カカオの現状と素晴らしさを伝えたいと、日夜奮闘し続けています。
IMG_3966

IMG_3967

IMG_3980

IMG_3999
奥様は画像のように色々なチョコレートを選んで私の財布で買われました。
この量(画像は全体の約3分の1)で2,737円です。
高いでしょう(笑)
このお店は計り売りでして、そのチョコレートによってグラム単価が変わります。
従いまして、あれこれ詰め込んだら、結果としてこの値段になってしまったのです。
精算の時に高かったので、減らしてください、とは私が恥ずかしくて言えなかっただけです。
味ですか・・・
女性好みの味ですね。
私もチョコレートは好きで毎日のように食べていますが、ここのお店のテーストは口には合いませんでした。
確かに、ナッツ、プレッツェル、コーヒービーンズなどカラフルなチョコボールや、チョコボール以外にもドライフルーツをチョコレートでディップしたものや、貝殻の形をしたパスタをポン菓子にしミルクチョコとホワイトチョコをコーティングしたものなど様々売っていました。
要はこのお店は、女性の「選んで買う」という大好きなふるまいを極大化する戦術をデザインしたのでしょう、多分。

IMG_3962

IMG_3965

IMG_3963

IMG_3964
最後は奥様の火照った気持ちをクールダウンするために屋上のキリコテラスに上がり夜景を眺めていました。
キレイですね・・・
夏は、ここキリコテラスはビアガーデンになるみたいです。
会社の女子達とで〜も来ますか。
という事で私と奥様の「銀座DEデート」は無事に終了したのであります。


感動の再会



今日は銀座に出没です。
IMG_3952
今日はかなり奮発して高級レストランで食事をしたのですが、さすがに高級だけあって写真撮影は厳禁でした。
従いまして、今日のお店は食後のデザートを食べた「不二家レストラン」さんです。

住所: 東京都中央区銀座4-2-12
電話:03-3562-0681
定休日:無休

IMG_3953
お店の外観です。

IMG_3961
店内の雰囲気です。

IMG_3954
メニューです。

今日のオーダー
私は「モンブランケーキセット」@1,010円
奥様は「イタリアンショートケーキセット」@1,000円です。
銀座ウェスト
最初は銀座ウェストの銀座本店に行こうと思ったのですが財布が痩せすぎて・・・
ここにしたのでした。

待つこと3分で両方のケーキが揃いました。
IMG_3956

IMG_3955

味ですか・・・
IMG_3958

IMG_3957
モンブランケーキはギリ及第点ですか。
イタリアンショートケーキ甘さ控えめで高評価です。
それでも生クリームが少し緩かったですか。

今日は、結構熟年カップルが多かったのです。私たちみたいにお酒を飲まない人からしますとここはスウィーツの聖地でもありますし、今宵のにぎわいにも納得です。
そんな事を考えていましたら奥様の顔がペコちゃんみたいに見えてきてニヤけていましたら、どうやら私の考えている事を見透かされたようで、そんなふうにミルキー、と奥様から言われました。
どうやらお後が宜しいようで・・・

それでは(^_-)

続 大泉学園 靜かの海

今日は「ロボットに恋していいの?」です
E5AD90E4BE9BE382ADE382B9EFBC91
「2025年にはロボットとのセックスがありふれたことになる」
米国の有力民間研究機関ピューリサーチセンターが14年にまとめたロボット産業予測にこんな指摘が盛り込まれた。絵空事ではない。これを先取りするような動きがある。
英BBCや米CNBCなどは昨年秋、ある米国企業がつくる女性の姿をした「セックスロボット」のことを報じた。
その経営トップは配偶者を亡くした人の悩みを解決できると主張している。
ウェブサイトを確認してみた。
「世界初のセックスロボット」として等身大の製品が6995ドル(約80万円)で売られている。
「社交的」「従順」といった複数の性格を備えるという。
この企業の実態や販売実績ははっきりしていない。
だが、こうした動きに敏感に反応し、国境を越えて反対の声が上がっている。
「セックスロボットは人間のからだへの欲望をさらに作り出す」
英デ・モントフォート大で倫理学を研究するキャスリーン・リチャードソン氏はネットで警鐘を鳴らす声明を発表し、世界中から賛同者を募っている。
ロボットに没頭しすぎて「人への共感力を損なう」と危機感を訴える。
「ロボットに恋していいの?」日経産業新聞より転載

どうなのでしょうか・・・
まずはセックスロボットというワーディングが直截的で良くないですね。
c8f8ec123fcd8523c85a8e24e70e68b3

snap9169_m
このワーディングは日本に合っていなく、パートナーロボットとかに改変した方が良いように思います。
個人的には理想の異性を教育で創り出せることができるわけですからこれには驚かされます。
多分恐妻家の男性のほとんどは愛人としてセックスロボットを欲するでしょう。
創作物の世界ではすでに馴染みのあるセックスロボットですが、いよいよ現実の製品として市販されるわけです。
セックスロボットという言葉だけを見れば性的な利用目的しか浮かばないかもしれません。
しか〜し人工知能を有したロボットと考えれば人間の代わりとして活用することもできるそうです。
例えば女性形のセックスロボットに亡くなった妻の外見と性格を与えることで代わりにすることもできます。
また、今後は男性型のセックスロボットも制作される予定なのだそうです。
これによって夫を亡くした女性が精神的な支えとしてパートナーの代わりに男性型のセックスロボットを傍に置くことも考えられます。
いずれにしても、公共の場での性的な話題を欧米以上に避けがちな日本でも、そろそろ本格的に議論すべき時期が来ているのかなと思います。
倫理的な観点からの検討のほかにも、セックスロボットの普及が未婚率の増加と少子化に拍車をかけることがないよう、何らかの対策が必要になるのかもしれません。

もし私の仮説を疑うのであれば添付のYouTubeをご覧ください。



今日小糠雨ふる大泉学園に出没です。
IMG_2067
前回お邪魔した時に気になったメニューがあり再訪しました。
今日のお店は「静かの海」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉町1-35-2
電話:03-3921-1534
定休日:日曜日

IMG_2108
お店の外観です。

IMG_2103

IMG_2102
店内の雰囲気です。

IMG_2101
メニューです。

今日のオーダー「フレンチトースト(チョコソース半掛け)&ホットミルク」@600+@480-@100(セット割引)=980円です。これが前回訪問した時に気になったメニューなのです。

「火曜サプライズ」でのTV出演の過熱も冷めやりどうやら普通のお店に戻ったみたいです。
「静かな海」というのは、月の表面にある月の海の一つで、月で餅つきをしているウサギに海を見立てた場合、ウサギの顔に相当する場所です。
アポロ11号の月着陸船が着陸した場所でもある「静かな海」にちなんで店名が付けられたそうです。

IMG_2104
待つこと8分で「ホットミルク」の到着です。

IMG_2105
待つこと10分で「フレンチトースト(チョコソース半掛け)」の到着です。
見た目きれいですね。

それでは実食です。
IMG_2106

IMG_2107
うん、美味しいです。
このお店ご自慢の「丈夫卵」を使用したフレンチトーストは味にコクと深みがあります。
チョコソースと生クリームを混ぜていただきますとご機嫌の極みです。
後半にメープルシロップをかけ回しましたらさらに味がしまりました。
フレンチトーストにはホットミルクが合います。
まるで幼児に戻ったようにムシャムシャといただきました。
大満足の一皿でした。

それでは(^_-)

神保町 タムタム

今日は「ある女性との会話」です
29808145_m_600-600x300
女性はとにかく話を聞いてほしい、聞いてもらうことでストレスも解消し気分もスッキリするそうです。
さらに付け加えれば女性はスッキリする為には、一日約6,000語を話さないといけないようです。
これを時間になおすと1時間程になります。
そして男性は、聞いてもらいたいがためのとりとめのない女性の話を聞くのが苦手なのです。
もう一つ女性の会話で重要なことは共感を醸成する事です。
似たような経験や感情の話題になりますととても話が盛り上がります。
しか〜し男性はこのような共感するだけの話も聞くのは苦手なのです。
男性はとりとめのない話は、満足とはならず逆にストレスがたまってしまうのです。

つい最近取引先の若手男子と飲む機会がありました。
CXPRgqLUkAUizPP
するとその若手の先輩女子アシスタントがその話を聞きつけて、私と話したいというご指名がありました。
折角のご指名ですので一緒に飲む事としました。
先輩のアシスタントの御年は33歳です。
かなりの美人ですのでモテ女でみたいです。
で〜も現在は空き家だそうです。
そこでくだんの話をふりネタにしました。
彼女曰く、確かにかつて彼にいろんな相談を持ち掛けていたけれど、勘違いして真面目に答えるのはうざいです。
単に聞いてもらえるだけでいいのに、ひどい人になると会社の会議モードになって説教を始めます。
そんなこと頼んでないのに面倒くさい人だなぁって思います。
大事な相談は女友達にしますのでお呼びではないのです。
少し話を変えまして、男性って論理的な話をする傾向が強いのだけど、論理的な話をする男性ってどうなのよ、って聞きましたら、最初は頭のいい人だなぁって思ったりしますけれど、毎回それじゃ絡みづらいですね、ですって。
プライベートでも仕事用語を使う男性も正直うざいです、とも言っていました。
彼女の最近の悩みは、疲れた時や立ち上がる時、座る時などに、どっとらせ、どっこいしょ、よいしょ、よっこらせ、が口癖になっているそうです。
まるでおっさん女子だわ、と言っていましたが、まだ33才なのに大丈夫でしょうかと心配してしまいました。
正直、最近の若い女性の実態?をまじかに見聞きし心底ビックリポンだった飲み会だったのです。


動物好きな人は見ない方が良いです・・・



今日は神保町に出没です。
IMG_1890
美味しいフレンチトーストのお店があるとのことでお邪魔しました。
今日のお店は「タムタム」さんです、

住所: 東京都千代田区神田神保町1-9
電話:03-3295-4787
定休日:不明

41032908
お店の外観です。

IMG_1898

IMG_1893
店内の雰囲気です。

IMG_1891
メニューです。

IMG_1895

IMG_1894
今日のオーダー「フレンチトースト&ブレンドコーヒー」@600+@380=980円(内税)です。
待つこと37分で「フレンチトースト&ブレンドコーヒー」の到着です。
見た目フレンチトーストではないみたいです。

まるでホテルのバーのようなオサレな店内には男性は私だけのアマゾネスカフェです。
完璧にアウェーであります。
それでは気を取り直して実食です。
IMG_1896
これは鋼製のココット(小鍋)にパンを焼き上げたものに富士山の冠雪のような大量の生クリームが乗っています。

original
味ですか、最初はご機嫌でしたが、後半生クリームが熱で溶けてまるで雪解けのぐしゃぐしゃ道みたいになってきました。それによりかなりコッテリな味わいに変わってきたのです。
このコッテリ感を薄めるために追いメープルシロップをかけたのですが、それは対処療法であって根治療法にはなりえませんでした。
どうでしょうかあくまでも好き好きの問題ということわり付ですが、私は完食できませんでした。
このコッテリが胸にきてしまいムカムカが止まらなくなりギブアップとなったのです。
私にとりましてこのような残す事は珍しいのです。
自分の体調の問題もあるので軽々に書けないので、会計の時に「フレンチトースト」を食べた2〜3人の人のココットを覗いたのですが、皆きれいに完食していました。
ウン、これは好き好きですね。そのように思いました・・・

それでは(^_-)

上野桜木 ラ・クール櫻

今日は「葵の間」です
07

08
色々な偶然が重なり、私と奥様と長男は寛永寺内にある徳川慶喜公謹慎の部屋である「葵の間」を特別に見せてもらいました。なお室内は写真撮影厳禁ですのでnetよりの転載です。
歴史を紐解きますと、江戸幕府が慶応3年(1867)に大政奉還し、慶喜は征夷大将軍職を返上し、翌慶応4年(1868)に慶喜は、ここ寛永寺書院「葵の間」に二か月間蟄居していました。
案内していただいた僧侶の話では、慶喜さんはこの間でず〜っと瞑想し続けていたそうです。
それに疑問を持った私は僧侶に、慶喜さんは、その実読書三昧ではなかったのですか、と聞きますと、ひたすら恭順の意を示すために終日ひたすら瞑想し続け、部屋も雨戸を閉めており、わずかに開けた雨戸の隙間から差し込む日の光で時間の移ろいを確認されていました、との事でした。
さらに非公開の慶喜様が使用した雪隠も見せていただきました。
三畳くらいの畳敷の部屋の中央に雪隠がありました。
皆さんご存知でしょうか、今の和風便所は前方に金隠しがありますが、正しくは後ろにあるのが正しいのです。
ちょっと冷静に考えれば、ひどい下痢でもあんなところまで我が身の分身は飛沫しません。
実はあれって、もともとは金隠しではなく「きぬかくし」とか「きぬかけ」と呼ばれていたのです。
昔の人は裾野長い着物を着ていましたから、それが汚れないように、着物の裾をまくりあげて立てかけておくための板が金隠しの由来です。
その板はトイレの前ではなく、後ろに設置されていたのです。
ちなみに慶喜様の「きぬかくし」は上品な飾り装飾が施された井桁の横三本格子でした。
さらに慶喜様は用便をすますとお付きの者が紙を手渡してくれるので雪隠内には紙置きがありません。
すごいですね。
さらにこの雪隠は深く底までは4〜5Mもあるそうです。
そこで、なんでそんなに深く掘ったのですかね、と聞きますと、それは不明です、と返されたのですが、正しくは便所の底に暗殺者がひそみ槍で突き殺されるのを防止されるためなのですが、さすがにそこは槍だけに突かなかったのです。いずれにしても歴史の1ページを見る事ができました。

個人的には慶喜さんと言えば、10男11女に恵まれ合計21名の「子宝チャンピオン」の方という認識です。
これは、11代家斉(55名)、12代家慶(29名)に次ぐ第3位です。しか〜も産まれた子供は全て明治に入ってからの子供であり、厳密に言うと、将軍で無くなってからの記録と言えます。
正室との間には一子が生まれましたが、夭折してしまい、以後、子供が生まれる事はありませんでした。
慶喜さんの子供は、全て二人の側室との間に出来た子供です。
普通、側室同士と言えば、仲が悪いモノと思いますが、それは慶喜の側室に関しては当てはまりませんでした。
側室は、幸さんと信さんの二人でしたが、慶喜の寵愛を競う事もなく、夜の勤めも、日替わりで勤めるなど関係も良好でした。
慶喜もそんな二人をとても気に入り、就寝では、3名で川の字になって寝るなど奇妙な程に仲良しだったのです。
側室二人は、21名の子供も分け隔てなく愛し、子供達は、どちらの親のお腹から産まれたか分からない程だったと言います。ここまで、居心地のよい環境なら、子供も自然に多くなるのはうなずける理屈だと思われます。
その影響か現在徳川家は18家にも増殖したそうです。
さもありなんです。


第6回公共広告CM学生賞優秀賞「猫と女子高生」



今日はふりネタの通り上野に出没です。
IMG_1826
今日は甘味です。
いつも行列ができているお店ですが、今日は空いていたのでお邪魔しました。
今日のお店は「ラ・クール櫻」さんです。

住所: 東京都台東区上野桜木2-19-1
電話:03-3821-4463
定休日:月曜日(祝日の際は翌火曜日)

IMG_1831

IMG_1830
お店の外観です。

IMG_1837
店内の雰囲気です。

IMG_1828
「ちい散歩」でも紹介されています。

IMG_1827
メニューです。

今日のオーダー
私「あんみつ」@500円
奥様「おしるこ おぐら 餅入り」@550円
長男「(冷)ぜんざいアイスクリームのせ」@550円
店内は外国人夫婦と私たち家族だけですので陽だまりのまったりした空気に室内は支配されていました。
待つこと12分ですべてが供されました。
甘味には全て本格的な抹茶が付きます。

見た目きれいですね。
IMG_1833

IMG_1836
私が頼んだ「あんみつ」は寒天、ギュウヒ、ミカン、パイナップルが乗っていました。
味ですか、とても美味しいです。
と申しますのはここのつぶ餡は甘さ控えめで私の好きな味わいなのです。
脇役のミカン、パイナップルとの相性も抜群でした。

IMG_1834

IMG_1835
おしるこ、ぜんざいも同様に甘さ控えめです。
このお店は美味しいですね。
まったりとした空間で甘さに心をとろけさせたいお方にお奨めです。

それでは(^_-)

交通会館 おかめ 5th

今日は「どうでもいい話」です
CZ5DzzpVAAIH70i
今日はどうでもいい話です。
肩の力を抜いてお付き合いください。

#北極の反対
セールストークでよく「この件は北極から南極ほどの差があります」という事があります。
本人は北極のような厳寒なところから南極のような酷暑のように極端な例えのつもりで話しているのでして、相手もその例えの意味で話は通じているのです。
しか〜し正しくは「北極から赤道」ですよね・・・・

#実は娘が・・・
ある人と話していましたら「実は娘が200キロ・・・」と言って言葉をのんでしまいました。
聞いている本人は、もともとデブ系だったのにとうとう200キロにまで太ってしまったのか、と思い、それは大変ですね、と言おうとしましたら「離れた彼氏のところで同棲をはじめたのですよ」とつなげました。
デブ娘の太った話じゃないのかい!と思わず突っ込みたくなりました。

#アーユーレーディ
「アーユーレーディ」といえば「アイアムボーイというんだぜ」と塾帰りの小学生の一人がしたり顔で友達に話していました。正しい答えですがね・・・

#たき火
垣根の垣根の曲がり角 たき火だ たき火だ落ち葉焚き♪
あたろうか あたろうよ 北風ぴーぷー吹いている♪
これは名曲「たき火」の歌詞ですが、この「あたろうか あたろうよ」をもーれつア太郎の名前のように「亜太郎か?」と聞かれたので「亜太郎よ!」と答えたものだと思っていた人がいましたが、個人的にはありえないと断じています。


手のひらのコインを一瞬で消すマジック


IMG_1427

IMG_1418
実はきな粉好きです。
幼少時は偏食でした。
多分5歳になるまでご飯は砂糖のたんまりと入ったきな粉ご飯でないと完食できませでした。
長じてもその残滓があるのです。
ということで今日はきな粉の食事です。
今日のお店は「おかめ」交通会館店さんです。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話:03-3216-6008
定休日:日・祝日休み

IMG_1419

IMG_1420
お店の外観です。

IMG_1421
メニューです。

今日のオーダー「きな粉おはぎあんど胡麻おはぎ」@540円です。
2a5df7e1b68f4f32066252f26956ef76
このお店は「蔵王あんみつ」が有名です。
この甘味は山形出身の奥様が帰省できない貧乏な山形出身者の為に東京にいても故郷を思い出すことができればと作られた一品なのです。

IMG_1422

IMG_1425

IMG_1423
待つこと0分で着皿です。
どうですかこのこんもりしたボリュームは見応えあります。
いずれもこのきな粉と胡麻の中には脳髄をとろかすような甘〜いつぶあんが格納されているのです。
味ですか、きな粉美味しです。胡麻美味しです。
最後の方になりますときな粉と胡麻の国境がなくなり完璧に渾然となった味わいになります。
これはたまりませんね。
毎日では食傷気味になりますがひと月に一回は食べたくなるマイフェイバリットであります。

それでは(^_-)

浅草 舟和 リターンズ

今日は「浅草七福神巡り」です
地元三田会主催の「浅草七福神巡り」に参加しました。
実は土地っ子なのに「浅草七福神巡り」に行ったことがありません。
折角なので参加しました。しか〜しほとんどが訪れた寺社仏閣なので会員の方々にトリビアネタを紹介していましたら、途中から観光ガイドをさせられました。
諸先輩にちょっとでも疑問が沸きますとすぐに質問され続けた「浅草七福神巡り」です。
朝9時にスタートして昼の13時に終了するという約4時間、20,000歩≒7kmの旅でした。
「こいつぁは春から縁起がいいわい」であります。
ちなみに、ここで言う春は、新春、正月のことです。
正月から縁起がいい、ということですからね。
全部紹介しても詮無きことなので私が個人的に興味を持ったところを紹介します。
宜しかったらお付き合いください。

#浅草七福神巡り
asakusa_map
コースは図の通りです。

IMG_1112
端からこの色紙を買えば一件落着なのですが、それはそれで天の邪鬼ですので、きちんと自分の足で回ってお参りしましょう。
ちなみに各寺社の署名は@300円ですので掛ける9か所で@2,700円です。
それに色紙が@300円ですので計3,000円になります。
出来合いを買っても値段は同じです。
塾員から一番多かった質問は、お寺と神社の違いでした。
わかりやすく紹介しますと「お墓のある所がお寺で、鳥居のあるのが神社」で宜しいかと思います。
しか〜しもう少し難しくお寺と神社の区別方法を説明しますと「仏尊像を安置し、仏教の教えを説く僧侶の住むところがお寺で、 日本の神様の御魂を祀るところが神社」なのです。

#今の日本堤
IMG_1127
日本堤とは昔の山谷です。
ここは昔本当に危険でした。
路上には酔いつぶれた日雇い労働者が櫛比しており、油断してあるけば寝ているオジから、オアシ(お金)をくれ、と言われてガシッと足を掴まれました。その度にその手を踏みにじり、オジが痛さで手を離した瞬間に脱兎のごとくその場から逃げ去ったものです。
今はそのような人間はいませんでした。

IMG_1121

IMG_1122
朝7時半からやっている寿司屋さんっていうのにもクリビツしました。

IMG_1124

IMG_1125
酔っ払って頭を刈にくるな、って当たり前でしょう。
しか〜し床屋さんは刃物がたくさんあるので、泥酔者が暴れたら危険なことこの上ないのであります。
必然の防衛策であります。

#鷲神社
tori

IMG_1135

IMG_1143
しか〜しお酉様と非お酉様ではこれだけちがうのですね。
うすうす想像していましたがここまでとは思いませんでした。

#ごはん500人前お釜
IMG_1147
これいくらすると思いますか?

IMG_1148
なな何と22萬円ですと。
ちなみにみそ汁ですと1,000人前です。

#矢崎神社
IMG_1152

IMG_1154

IMG_1157
訪問したことがないのは、この神社だけです。
拝殿の格天井(ごうてんじょう)には、神武天皇の御代から今日にいたる「日本馬乗史」を描いた100枚の絵が奉納されています。
人物、馬の姿態、武具、服装などすべて精密な考証のもとに描き上げられていて、馬にまつわる歴史が一目瞭然に理解できる貴重なものであります、
揮毫は、海老根駿堂画伯です。
最近では「ラストサムライ」公式ガイドブックに天井画×10枚が使われたそうです。

IMG_1161
ちなみにこの神社の斜め前は七代目新門辰五郎・浅草神社宮頭杉林さんの会社です。
この方の三本締めの発声がありませんと三社の神輿はあがりません。

この後昼食を兼ねた新年会がありました。
私はお酒を飲まないので諸先輩の方々の他愛もない話を聞いていましたが、大先輩の話が面白かったのです。
こともあろうに、石原裕次郎は中卒だ、と言い放ったのです。
理由を聞きますと、裕次郎は塾高(慶応高校日吉)で成績が劣悪だったので、志木高に転校せられたのですが、その後は学校にいかなかったので除籍されました。
だから中卒なのだそうです。
するとそれを受けて塾高卒の先輩が、それは違うよ。裕次郎は塾高を目指すが受験に失敗し、慶應義塾農業高等学校(志木高)に籍を置いたんだけれど運よく塾高に編入学したんだよ。そんで卒業後は法学部政治学科に内部進学したんだけれど放蕩生活に明け暮れて大学にいかず中退したので高卒が正しいんだよ、との事でした。
面白かったのは裕次郎の中卒話ではなく、塾高での落第者は志木高に編入されていたという話でした。
さら〜に昔の塾高には20歳の高校三年生が当たり前にいて、休み時間には普通に煙草をくゆらしていたそうです。
今では考えられません。ヘェ〜×5個でありました。

今日のお店は浅草元祖みつまめ王「舟和」さんです。
IMG_1172
居酒屋の昼食というかおつまみは味が濃いものばかりでしたので甘味が食べたかったのです。
という事で今日のお店は浅草元祖みつまめ王「舟和」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-22-10
電話:03-3842-2781
定休日:無休

IMG_1163

IMG_1165
お店の外観です。

IMG_1169
店内の雰囲気です。

IMG_1166
メニューです。

今日のオーダー「小倉白玉」800円です。
店内は女性比率が高く単身での男性は私だけでした。
IMG_1168
待つこと9分で「小倉白玉」の到着です。
見た目甘そうです。

それでは実食です。
IMG_1170
小豆が良く炊けていて美味しいです。
甘さも控えめで小豆の風味が良く味わえます。
白眉は白玉です。
私は白玉ののっぺりした味わいが口に合わず普段は残します。
しか〜しこのお店の白玉でだけはしっとりしていて食べられるのです。
白玉粉が良いのでしょうか。
いやいやこれは老舗の技でしょう。
満足な浅草の甘味でした。

それでは(^_-)

丸の内 パパス・カフェ

今日は「トイレの話 其の壱」です。
先日女子社員達から誕生祝にコーヒーマグと上質の珈琲粉をもらいました。これは私に人徳があるのではなく日頃のたゆまないスィーツの手土産の返礼みたいなのですが、正直うれしかったです。
ところが拙宅にはドリップコーヒーメーカーがありません。
そこで奥様と秋葉原のヨドバシカメラに買いに行ったのです。
ドリップコーヒーメーカーを選ぶのには時間がかかりませんでした。
会社のグループ内に置いてあるドリップコーヒーメーカーの上級機種に端から決めていたからです。
いちいちマニュアルを見ながら作るのは好きではないからです。
正しく申しますと、マニュアルを見ながら作るのは、実は好きなのです。
しか〜しそれをしますとマニュアルを読み込むのに大変な時間がかかるのであえてその愚行を避けたのです。

私の買い物が終わったので奥様の洗濯機の機種選びに付き合っておもむろに地下5階にある駐車場に降りていきました。イグニッションキーを回し地下5階の車の最後尾に着きました。
IMG_0766
なにやら車がスタックしているようです。
10分位しますとヨドバシカメラの管理人がきて、ただいまヨドバシカメラの周辺道路が渋滞していて、地上にでるのに少しお時間がかかります、との事でした。
そこで私は、おおよそどのくらいかかるのですか、と聞けば、私が質問をした人は、同じ案内をするためにすでに後ろの車に向かっていたのでした。
まぁたいして時間がかからないだろうと思ったのが悲劇の始まりです。

30分を過ぎた当たりから下腹部に膨満感を感じ始めたのです。
まずい、トイレに行かなければ、と思ったのですが、この渋滞の列からトイレの為に抜けて最後尾に再度つきましたら、途方もない時間がかかるのは自明です。
そこで奥様にヨドバシカメラの管理人を呼びにいかせました。
すると奥様は、そんなことをしたら迷惑がかかるので「尿もれパンツ」を買ってきます、とすごく魅力的な提案をしてくれたのです。
この時すでに私の膀胱は限界を超えて赤信号状態になっていたのです。
それは今度お願いしますので、取り敢えず管理人をヨドバシカメラの管理人よんできてください、と哀願したので、仕方なく奥様は管理人探しの旅に出たのです。
待つこと10分、管理人がきました。
私は彼に事情を話して、私がトイレに行っている間に私の代わりに運転をしてもらうか、もしくは私がトイレから戻ってきたら渋滞を待っている人に事情を話して、誘導して途中入車をさせてもらうか、のいずれかをお願いしました。
彼が取った結論は後者です。
それが決まったので、取り敢えず息子にあと数分の辛抱だから我慢をし、と言いくるめてから臨時駐車をして、多分ウサイン・ボルト(ジャマイカ)さん並みのスピードでトイレに駆け込みホースのシールを外したのでした。
か・い・か・んでした。
結局薬局放送局で地上にでたのはそれから30分後、通算しますと一時間後に地上に出ました。
秋葉原のヨドバシカメラは日曜日の夕方頃には車で行ってはなりません。
もしどうしても行きたいのなら「尿漏れパンツ」の携帯をお勧めします。


この歌好きです。



今日は有楽町に出没です。
IMG_0775

IMG_0777
お昼を食べ損ねたのですがあまり空腹感もないものですから軽くスィーツでもとお邪魔し
ました。今日のお店は、「パパス・カフェ」 丸の内本店さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル 1F
電話:03-3284-0884
定休日:無休

IMG_0774

IMG_0773
お店の外観です。

IMG_0769
店内の雰囲気です。

IMG_0768

IMG_0770
メニューです。

今日のオーダー「ケーキセット(ストロベリーカスタード)」@1,188円です。
IMG_0771
待つこと14分で「ケーキセット(ストロベリーカスタード)」の到着です。
しか〜しほとんどお客(私以外二人)がいないのにあんで14分もかかるのでしょうか?

見た目プチ豪華です。
IMG_0772
それでは実食です。
うん、スポンジが柔らかく生クリームもたおやかな味です。
美味しいですね。
コスパ感はよくありませんがいかんせん丸の内ですからね。仕方ありません。
で〜も仕事をするのには最適ですよ・・・

それでは(^_-)

池袋 ベル・オーブ

今日は「それで言い訳」です。
大学二年の時、学校の反対側に札幌ラーメン屋がありました。
いつも行くチャーメンが美味しい「眠眠」が休業日でしたので、仕方なくその店に友達と入り私は塩ラーメン、友達は醤油ラーメンを頼みました。
しばらくして両ラーメンとも着丼しましたのでおもむろに食べ始めました。
食べ始めてすぐに、味が薄いというか味がしなかったのです。
最初は麺の湯切りが悪いのでお湯が多めにはいったのかなと思っていましたがさもあらずです。
ためしに友達に味見させたところ、塩が入っていないとは言えないけれど、味がしないのは確かだよ、との事でした。そこで以下のやり取りとなったのです。

私「オジサンこのラーメン味がしないよ」
ここですみませんというのかと思いきや
オジ「ちゃんと作っていますよ、これがうちの味です」
この辺りで私はすこしキレてきました。
私「あそうなの、でもこのスープ飲んでからいってよ。隣の友達も味がしないといっているよ」
言われた手前渋々とオジサンはスープの味見をします。
すると顔色が変わりました。何となく塩と化学調味料を間違えたように見受けられたのです。
オジ「決して塩加減は間違えてなんかいませんよ。
うちの味付けは薄口ですから、初めての方は物足りなく感じるのかも知れませんね」
私「このお店始めてじゃないけどさあ、そう塩加減を間違えてないっていうの」
といってすぐさま隣の友達の醤油ラーメンを奪い取りそのスープをレンゲですくって一口飲みました。
私「じゃこの醤油ラーメンは普通にショッパイけれど、それならばこの醤油ラーメンは塩加減を間違えているよね。」
オジ「・・・」
オジサンのコメカミの血管が浮かび上がりそしてヒクヒクと震え始めてきました。
私「そうか、それなら俺はこの味では食べられないから作りなおしてよ。
塩加減を間違えてないんだから作り直し代は払うよ。
その代わり友達の醤油ラーメンは普通にしょっぱいので塩加減をまちがえているよね。
こっちはそちらの問題だからタダで作り直してよ」
ここで私は席から立ち上がり店内の隅々まで響き渡る声で
「このお店のラーメンの味は超うすくちだそうです。
もし皆さんが食べているラーメンが普通の塩加減ならそれは作り間違いです。
このお店の店主は、根っからの職人なのでそのようなラーメンは絶対に作らないと言っていますが、万が一あったら即作り直してくれるそうです」
と吠えたのです。

結局友達が、いいかげんにしろよ、と取り直したので何となく収まったのですが、お店の客はみんなこの騒動に面白がってラーメン食べるのを止めて私とオジとのやり取りの一部始終に注目していたのです。
負けず嫌い
20歳の時の蹉跌であります。一方でこのオジの負けず嫌いもここまでくるとお見事ですね。
人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい、とは言いますが、このオジだけは愛せませんでした。


I love Kyoto!



今日は夜のとばりが降りた池袋に出没です。
IMG_9928

IMG_9930
ちょっと落ち着いて仕事がしたく大きなテーブルのある店を探していました。
ユーリカ!(私は見つけた!)
今日のお店はベルギービール カフェ 「ベル・オーブ」 東京芸術劇場さんです。

住所: 東京都豊島区西池袋1-8-1 東京芸術劇場 1F
電話:03-3987-7895
定休日:不定休(東京芸術劇場に準ずる)

IMG_9927
お店の外観です。

IMG_9937
店内の雰囲気です。

IMG_9932
メニューです。

今日のオーダー「ブリュッセル風ベルギーワッフル ベルギーチョコレートとホイップクリープ添え&コーヒー」@960円です。実はこの「ベル・オーブ」さんは、直輸入ベルギービールとべルギー料理のお店だったのです。
そうですか、飲まないから楽しめません。
ホールスタッフさんが妙に体育会のノリで接客していたのが少しうるさかったのです。
落ち着いて仕事ができないじゃないか、といっても一応レストランですからね。
私の方が横車を押していたのでした、あいすみません。

待つこと13分で「ブリュッセル風ベルギーワッフル ベルギーチョコレートとホイップクリープ添え&コーヒー」の到着です。
IMG_9934

IMG_9935

IMG_9936
見た目デザートじゃないですか。
まぁ仕事を片付けにきたのだから良しとします。
味ですか、不味からず美味からずです。
ベルギーワッフルは熱々で頂きたかったものです。
仕事が一段落したのであたりを見まわしましたら素面なのは私だけでした。
完璧に「みにくいアヒルの子」状態でした。
なにか不条理の世界に迷い込んだような心もちでした、ハイ。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

横浜山手 カフェ・ザ・ローズ

今日は「朝ドラ『まれ』のロケ地を訪ねて(後編)」です。
IMG_7861 (2)
あまり楽しみのない私ですがプチ楽しみがあります。
それは帰宅して就寝前に奥様とNHKの朝ドラ「まれ」を見ることです。
基本的にこのような「頑張ろう」的ドラマは大好きなのであります。
ということで「まれ」のロケ地横浜に行くことにしました。
加えてこのドラマのロケ地は大学が近かったこともあり、よくテニスクラブの女子と行ったり、はたまた同級生とハマトラコーデのフェリスの女子大生と親しくなるためにいったりして私の青春が埋まった街でもあります。
今この街にいかなければ、ここのところ感じている靴の中に小石が入りつづけているような違和感が払拭できなかったのです。ということで画像主体ですが後編も宜しかったらお付き合いください。

#港の見える丘公園
IMG_7783

IMG_7788

IMG_7786
後編はまれの両親が結婚する前にデートした山手が主体です。
まずはまれのお父さん徹さんが「結婚して下さい! 絶対、苦労させません。いつも笑顔にします。お願いします」とお母さん藍子さんにプロポーズした「港の見える丘公園」です。

IMG_7793

IMG_7792

IMG_7794

IMG_7790

IMG_7795

IMG_7798
庭がきれいです。
咲き誇った薔薇に心を盗まれました。

#横浜市イギリス館
IMG_7813

IMG_7811

IMG_7801

IMG_7812

IMG_7804

IMG_7803

IMG_7810
ここは「まれ」とは関係なのですがon the way toでしたので立ち寄りました。
イギリス館は、昭和12(1937)年に上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在の地に建てられたものです。
ここではあるがままの自然の植物と人の手で加工された植物、これらの違うキャラクターを持つものが共存する美しさを堪能しました。

IMG_7816

IMG_7815
頭上注意!
どうやら収穫の季節にはヤシの実が落ちてくるみたいです。

#山手111番館
IMG_7821

IMG_7825

IMG_7822

IMG_7826
前述の徹さんと藍子さんがデートしていたカフェ、山手111番館さんです。
イギリス館の南側、噴水広場を挟んで立っているスパニッシュスタイルの洋館が、山手111番館です。
ワシン坂通りに面した広い芝生を前庭とし、ローズガーデンを見下ろす建物は、大正15(1926)年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として現在地に設計されたそうです。
「ジューンブライド」素敵な響きの6月のウェディングは、娘が嫁ぐ日を家族がそれぞれの想いを感じながらのひと時を過ごします。そんな祝いの門出を装飾にしてみた作品です。
まさにgorgeousですね・・・

IMG_7828
まれの両親のプロポーズシーンはここの一番奥のテーブルで撮影されました。
個人的には藍子さんが、お父さんのだらなでかい夢聞いて一緒に笑うとる方や、強くなれたさけ、という台詞に感動していました。

#横浜外人墓地
IMG_7850

IMG_7852

IMG_7854

IMG_7859
ここも「まれ」とは関係なのですが、私のマラソンクラブの先輩がこの墓地の墓守をしていたのでまだ働いているのかなぁと思い立ち寄りましたが、既にお辞めになられてまたオーストラリアに戻ったようです。
この地の夏の夜は涼しいのですよ、と上述の先輩がかつて自慢気に私に言われていましたが意味が違うような気がします・・・

IMG_7858
猫が墓地で戯れていましたので、パチリしました。

IMG_7846
帰りは奥様の希望でこのバスで帰りました。

一応グルメブログなのでデザートを紹介します。
ということで今日のお店はここしかありません。
今日のお店は「カフェ・ザ・ローズ」さんです。

住所: 神奈川県横浜市中区山手町111番地山手111番館内
電話:045-622-3332
定休日:第2水曜日(水曜日が祝日の場合は翌木曜日がお休みとなります)

IMG_7829
お店の外観です。

IMG_7833

IMG_7839
店内の雰囲気です。

IMG_7836

IMG_7835
徹(大泉洋)さんと藍子(常盤貴子)さんのサインです。

IMG_7832
メニューです。

今日のオーダー
私は「ソフトクリーム(北海道ミルククリーム)ドリンクセット」@1,100円
奥様は「オリジナルカップケーキ(ローズ)ドリンクセット」@800円
です。

IMG_7840

IMG_7842

IMG_7843
待つこと16分で二人のオーダーが到着しました。
見た目綺麗です。
味ですか、このような場所は雰囲気も味に含まれているのですが、それなりでしたよ。
目の前のローズガーデンを見ながらのtea breakは、そよかぜに吹かれるタンポポの綿毛のような軽やかな気持ちにさせてくれました。
たまにこのようなくつろぎも良いですね・・・

それでは(^_-)

続 大泉学園 ナカタヤ

今日は「野次馬」です。
yjimage
「野次馬」とは自分に関係のないことに、興味本位で騒ぎ立て、見物する人の事をいうそうです。
告白します。私は典型的な「野次馬」人間です。
個人的には好奇心が異常に強いだけなのではと思っているのですが、そういう人を「野次馬」人間というのだよ、と切り返されれば言葉の接ぎ穂(つぎほ)がありません。

行列があれば必ずなんの行列なのかを聞きますし、場合によってはその行列に並びます。
交通事故であれば救急車がくるまで見ています。
近所に火事があれば見にいきます。小さい頃は火事見物にいったのはよかったのですが、燃えているところに行く事ばかりに注意を払いすぎて、帰路がおろそかになり交番に迷子として保護された事もあります。
要は落ち着きがないというか、好奇心のおもむくままに行動する人間なのであります。

ある日録画していました「ガイアの夜明け」の次週の予告をみていましたら以下のナレーションが流れてきたのです。
「昔ながらの個人経営の喫茶店。いわゆる『純喫茶』は、大手カフェチェーンやコンビニのコーヒーなどにおされ、およそ30年前の半分以下にまで減っているという。
実は、「ネスレ日本」はこうした喫茶店を支援するという新たな戦略に乗り出していた。
14種類ものコーヒーを作ることができるマシンを喫茶店に貸し出し、経営支援などもしようというのだ。果たして、ネスレによって昔ながらの『純喫茶」は復活するのだろうか?」

高岡浩三
実は私、ネスレが好きなのです。
正しくはネスレ日本社長である高岡浩三氏が好きなのです。
高岡氏の名著「ゲームのルールを変えろ」は何回も熟読しました。
特に同社の「ネスカフェアンバサダー」の大成功は、視点の切り替えをうまく行った事例として高く評価しています。
ちなみに「ネスカフェアンバサダー」とはアンバサダーになりますと、無料でコーヒーマシンを職場に設置しもらい、その後本格的なコーヒーメニューが楽しめるもので、支払うのはコーヒーの粉代等という荒唐無稽のビジネスモデルなのです。

今回はネスレがフルサポートしてじり貧だった喫茶店を再生させるようです。
これまた録画して見たのです。
2015年2月17日(火曜日)放送の番組タイトルは「ニッポンの"カフェ" 新時代!」という内容でした。これは「ネスカフェアンバサダー」同様のビジネスモデルで「ネスカフェミラノ」というマシンの設置(2百万円相当)、メンテナンス費用を無料で行ってくれます。
今回取り上げられたお店においては、一階のパン売り場のリニューアルも無料で行ってくれるという破格な対応です。なんとも太っ腹の椀飯振舞(おうばんふるまい)であります。
要は「損して得とれ商法」なのですが、ここまでやってしまうのはすごいものです。
やるなネスレであります。
具体的には以下の動画でご確認ください。

この番組を見ていた私と奥様はこのお店に行ってみようということになり出向きました。
ちなみに奥様は「野次馬」ではありません。
しか〜し夫唱婦随なので、このような場合はついてくるのです。

IMG_5900
今回の「ガイアの夜明け」でfeatureされたお店はこちらです。
ちなみにこのお店はパン屋さんではありません、地元で評判のパティスリーさんです。
今日のお店は「ナカタヤ」さんです。

住所: 東京都練馬区大泉学園町7-19-11
電話:03-3924-8102
定休日:無休

IMG_5877
お店の外観です。

IMG_5880

IMG_5884

IMG_5888

IMG_5896
店内の雰囲気です。

IMG_5882

IMG_5881
メニューです。

今日のオーダー
私は「バレンシアケーキセット(珈琲付)」@750円
奥様は「スペシャルショートケーキ(ココア付)」@850円です。

辻口博啓
ここからは「ナカタヤ」さんの蘊蓄です。
この「ナカタヤ」さんは自由が丘「モンサンクレール」の有名パティシェである辻口博啓さんが、若いとき修行したお店です。辻口さんの母親は、大泉のお店のご主人がいい人でね「厨房(ちゅうぼう)の材料でも道具でも、なにを使ってもいいから、修業してりっぱな菓子職人になれ」と言ってくれたらしいです、とこのお店に対して感謝をしておりました。というのが今日まで信じていた話だったのですが、実は違うようです。
辻口博啓さんは石神井公園〜大泉学園の間にあった名店「ら・利す帆ん」にて修行されていて、「ナカタヤ」さんは辻口博啓さんが知り合う前若しくはお付き合いしていた頃の奥様が働いていたお店、というのが正しいようです。

さら〜に今回のネスレの件は、このお店の中田社長の友人がネスレにいて、そこからの提案だったそうです。
そこに「ガイアの夜明け」のproducerが食いつきfeatureするに至ったようです。

さらにさら〜に今回は13分27秒の放映ですが、お店の拘束時間は7日間とか、いかにTVが長時間に亘ってテープを回し、その中で「撮れ高」のよいものだけを選りすぐっているかの証明となりました。

さらにさらにさら〜にTV放映後、ネスレに問合せのあった全国の喫茶店、その数200店ですと、これまたTVの影響力のすごさの証明となりました。
いずれにしてもテレビ東京、ネスレ、ナカタヤさん間でのwin-win-winというtriple winの大団円となったようです。
如何ですか、ここまで調べ上げたのはかなりの野次馬根性でせう・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_5889
ケーキのお味ですが、まずは私の「バレンシアケーキ」です。
ベースの上にオレンジをおきカステラ?パウンドケーキ?でくるみそこにチョコレートコーテイングをしたものです。
見た目gorgeousですし、味もgorgeousでした。
なかなかのケーキです。

IMG_5892
奥様の「スペシャルショートケーキ」は糖度の高い、大ぶりの「とちおとめ」を大量に使用し、甘さ控えめの生クリームで仕上げています。
これは王道の味です。
とても美味しいです。

IMG_5893

IMG_5894
そうそうネスレさんの珈琲とココアは過不足ない味わいです。
所謂優等生的な飲み心地です。
感動はなかったものの美味しかったですよ。

それでは(^_-)


新百合ヶ丘 リリエンベルグ

今日は「日本一美味しいケーキ屋さん」です。
とうとう待ちに待った年末・年始休暇に突入しました。
このブログのアップ日は1月7日なのでだいぶ時間差がありますよね。
お許しください。纏め書きの弊害であります。

実は甘党です。
停酒する前は大の左党を自負していたのですが、実は隠れ甘党だったのでした。
そして停酒をきっかけにもう隠す必要がないというか、隠さなくなったので全開になったわけです。
ということで年末・年始休暇の初訪問は日本で一番美味しいケーキ(オーストリアンケーキ)屋さんに行って参りました。このお店はこのブログを書いた時に知り得たのでした。

今日のお店はウィーン菓子の絶巓「リリエンベルグ」さんです。

住所: 神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17
電話:044-966-7511
定休日:第1・3月曜、火曜

このお店、年内はすべてのcalendar dayを営業するですが、新年は1月1日から9日まで9日間のlong holidayをとる為に、作り置きの焼菓子の在庫が払底するみたいです。
したがいましてただでさえ行列店なのですが、この状況により大行列必至なのです。
そこで10時の開店よりだいぶ前に行く計画をたてました。
前日、カーナビが高速を使えば70分で到着と計算してくれましたので、当日は余裕を持って8時に家を出ました。
道すがらの東名高速はめずらしく空いており、なな何とお店には8時40分に到着してしまったのです。
わかりやすく申しますと、開店1時間20分前に着いてしまったのです。
さすがに到着一番でした。
この日はみぞれがまじる悪天候で震えながらお店の玄関で待っていましたら、そこは玄関ではなく喫茶室(tearoom)の入口だったのです。
うかがった時には店内超混雑の為にその喫茶室(tearoom)は臨時閉鎖されており、駐車場整備の方々の出入口となっていたのです。
最初は新しい整備のアルバイトさんに間違えられたのですが、すぐにお客だと分かったみたいで、このお店の警備主任がその失態にひどく恐縮されまして、時間になったら呼びに参りますので車で待っていて下さい、という事にあいなったのです。
そして開店10分前、車中にいた私は警備主任に呼ばれ、正しい玄関に向かいますと、そこには既に長蛇の行列できていました。
その行列を警備員さんの声掛けで、このお客様が、今日の最初のお客様です。道をお譲りくださ〜い、と大きな声で叫んでくれましたので、恥ずかしながらも沢山のお客さんが待っている右側にある入口用階段の脇の左側の出口用階段を登っていって一番札の場所を取ったのであります。

ここのシェフは、街のケーキ屋さんとして、地元の人に愛される温かい店でありたいと考えていて、そのこだわりは、洋菓子の味以外にも及ぶのです。
具体的に申しますと、お店の外回りはジブリ映画にでてくるお城の様な雰囲気を醸し出しており、その店内と申せば、おとぎ話から飛び出したような幻想的なしつらえとなっているのです。
ちなみに店名の「リリエンベルグ」とはドイツ語で「百合の丘」を意味します 。
「ここにこんなお店があってよかった」と思ってもらえる様な店にと願い「新百合ヶ丘」に1988年にオープンしたそうです。

それではお店の外観と店内の様子を一気に公開します。
宜しかったらご覧ください。

#お店の外観です。
IMG_4503

IMG_4497

IMG_4498

IMG_4500

IMG_4504

IMG_4506

IMG_4507

IMG_4508

IMG_4509

IMG_4511


#店内の様子です。
IMG_4513

IMG_4515

IMG_4517

IMG_4518

IMG_4519

IMG_4532

IMG_4545

IMG_4546

IMG_4551


#お菓子の面々です。
IMG_4522

IMG_4534

IMG_4536


まずは横溝オーナーシェフのこの言葉を紹介させてもらいます。
「ケーキは決してアートじゃない。子どもから大人まで、誰もが食べたときに温かみを感じてくれるような菓子を作りたいと、40歳で独立して以来、思い続けている。
何より心がけているのは素材の味を大切にすること。イチゴ、マンゴー、ラフランスなど北海道から沖縄まで十数軒の農家と直接契約している。農家が届けてくれる新鮮な食材をなるべく早く使い切る」
そしてその思いが塗り込められた数々のケーキを以下に紹介します。

#ザッハトルテ
IMG_4571

IMG_4575
実はこれを食べたかったのです。
ウィーンの代表的なチョコレートケーキです。
横溝シェフの修行時代のウィーンの老舗のレシピはそのままにし、独自のテクニックで口当たりを軽くして、甘みを強く感じさせない様に作りあげたものです。
スイス産スイートチョコレートとフランス産カカオマスをブレンドしています。
味ですか噂とおりの絶品です。
横溝シェフの苦心の作であるチョコレート粒子の微細な質感がすごいですね。
美味しいです。
掛け値なしに日本一の「ザッハトルテ」でしょう。

#イチゴのタルト
IMG_4572

IMG_4573

IMG_4574
見た目がキレイです。
カスタードクリームをたっぷり流し込んだ生地の上一面に いちごが隙間無く並んでいます。
甘酸っぱくて幸せな味わいです。
イチゴが美味しいです。
カスタードクリームのまったりとした質感がイチゴに良く合っています。
外連味(けれんみ)のない素材重視の一品でしょう。

#トムテン
IMG_4564
トムテン(妖精) をケーキに仕上げました。
これはセカンドパティシェの作品です。
食べるのがはばかれるような可愛らしいお菓子です。
紅茶風のケーキですが、中は苺がぎっしりと詰まっています。
何度も横溝シェフからダメだしを受けて完成しました一品ですので瑕瑾はありません。
完成度の高さに拍手です。

#ウィリアムス
IMG_4566

IMG_4577
ウィリアムスは洋梨とラム酒のケーキです。
金粉がさりげなくゴージャス感を醸しだしています。
クリームと洋梨のとろとろ感がたまりませんね。
これは見た目からは想像できませんが、言葉を無くすほど美味しいです。

#抹茶のロールケーキ
IMG_4568

IMG_4578
緑があざやかなロールケーキです。
横溝オーナーの「あんこ」好きが高じて、小豆を自家炊きしているという、絶品ロールケーキです。
香り高い抹茶生地と抹茶のクリームとのバランスが素晴らしいです。
美味しいです。
和風テーストと申してもよろしいでしょう。
私も「あんこ」好きなのでたまらない一品でした。

#カプチーノ
IMG_4565

IMG_4653
マスカルポーネチーズを贅沢に使ったムースとエスプレッソにつけたスポンジがアクセントです。
コーヒー味のケーキです。ホワイトチョコのウサギが飾りになっています。
大人の味です。美味しい。

#ショコラーデオーバス
IMG_4567

IMG_4654
口当たりの軽いチョコレートスポンジにアールグレイティのシロップを浸しチョコレートクリームをサンドした優しい味のチョコレートケーキです。
これはチョコレートケーキの最高峰です。
美味しい、思わずため息がでました。

IMG_4544
焼菓子もかなり求めましたが、焼菓子はとれ高がよくないのであえて画像upはしなかったのです。
このお店はケーキより焼菓子の方が美味しいです。
そして一番強調したいのはこのお店の販売員さんです。
接客の仕方、そのhospitalityは今まで訪れたケーキ屋さんの中では最高です。
ケーキは美味しいのだけれど待っているお客の順番を間違えたり、ケーキの説明がきちんとできなかったりするお店は多いのですけれど、このお店はそんなことは皆無でした。
これって「言うは易く行うは難し」であります。

IMG_4561
ケーキの名前を妻に教えてあげたいのだけれど、とお願いすればあわただしい接客の中でもきちんとこの様にケーキの名前を納まっている場所毎に明記してくれました。
多分ですよ、これって販売部門の責任者である横溝マダム(社内では真弓さん)がこのような躾というかサービス体制を作ったのだと想像するに難くありません。
横溝オーナーが奥様である横溝マダム(真弓さん)にまったく頭があがらないというのは那辺にあるのかもしれませんね。本当にハードとソフト両面に亘って本当にすごいお店でした・・・

それでは(^_-)

ヒルトン東京  夏のストーン・フルーツ デザートフェア

今日は「フルーツ デザートフェアな一日」です。
楽しかった夏休みもとうとう最終日です。
本当にアッという間でした。
仕事もこのようにアッと終わればよいのですが・・・

IMG_2183

IMG_2182
最終日の今日は、奥様と帰省中の長男とでヒルトン東京はマーブルラウンジで催されている「 夏のストーン・フルーツ デザートフェア」に出向きました。
このデザートフェアは大人気です。
夏休みのフィナーレということで、この日を狙って一月半前には予約を入れてこの日に臨んだのです。
実は大酒飲みでもあったのですが、甘いものにも目がないのです。
昔の言葉で申しますと「両刀使い」であります

シェフパテイシェ
ということで今日はフリネタなしでlet’s get startedです。
まずはシェフ・パティシエの 坂倉加奈子さんのヒルトン東京のHPよりの紹介です。
「2012年7月にヒルトン東京初の女性シェフ・パティシエに就任した坂倉は『ミッシェルブラン』などで修業を積み、また、ミシュラン2ツ星シェフ、ヤニック・デルペッシュなどに師事しました。
2008年にはノルウェーの首都オスローの名店Bagatelleにてシェフ・パティシエとして活躍。
同店は坂倉の就任後、ミシュラン2ツ星を獲得しました。
2010年に帰国をした後、名古屋のラ・グランターブル・ドゥ・キタムラにてシェフ・パティシエを務めた後、2012年にヒルトン東京シェフ・パティシエに着任しました。チョコレートのデザートを最も得意とする坂倉は、フランス産高級チョコレートの代名詞、ヴァローナ主催のデザートコンクールC3世界大会にて、2010年、12年に2位を獲得。2012年にはプレス賞も合わせて受賞した実力の持ち主です。」
上記の通り優秀な経歴の女性シェフ・パティシエです。

IMG_2184
アート・バルーン・アーティストの女性です。
写真をお願いしましたらポーズを決めていただきました。

IMG_2211

フルーツビュッフェ
夏のストーン・フルーツ デザートフェアとはストーン・フルーツの代表、桃、旬を迎えるメロンなど季節のフルーツをふんだんに用い、シェフ坂倉さんの女性らしい美的センスが光るスイーツ約30種類のほか、チョコレートファウンテン、コールドマーブルアイスクリームとサンドイッチなどの軽食がいただけるものです。
ブッフェ台にはラベンダーの花やフレッシュレモンが飾られ、南仏プロヴァンスの夏を演出されています。
「マーブルラウンジ」で爽やかな夏の風を感じてみますか。
ちなみにこのフェアの料金は@4,000円/人、時間は3時間以内です。

IMG_2181

IMG_2185
「 夏のストーン・フルーツ デザートフェア」の準備の様子です。
毎日30種類ものデザートを時間通りに作るのは大変な事でしょう。

IMG_2176

IMG_2225

IMG_2242
マーブルラウンジの雰囲気です。

それではデザートの数々を一挙に紹介します。

IMG_2189
#メロンのショートケーキです

IMG_2199
#トロペジェンヌ・オレンジの花の水風味です

IMG_2191
#季節のフルーツタルトです

IMG_2192
#ピーカンナッツのブラウニーです

IMG_2193
#季節のフルーツとラズベリーのグラタンです

IMG_2196
#ミルクチョコレートムースです

IMG_2212
#すもものパン・ド・ジェーヌです

IMG_2201

IMG_2190

IMG_2202
#蜂蜜のムース・ドライフルーツと共にです

IMG_2239
#ピーチとゴルゴンゾーラのピザです

IMG_2220
#ミュスカスイートワインゼリーです

IMG_2235
#ミルクチョコレートファウンテンです

IMG_2240
#オレンジチョコレートです

IMG_2237

IMG_2238
#軽食のピラフとサモサ(カレーのパイ包揚げ)

IMG_2203

IMG_2205

IMG_2207

IMG_2208
#ワッフルの実演調理です

味ですか皆美味しいですよ、当然です。
以外に甘さが控えめでしたので高評価です。
ちなみに今日一は最後に登場しました、ワッフルです。
特にこのワッフルは好みでcustomizeできます。
大大大満足のフルーツ デザートフェアでした。
加えてシェフ坂倉さんの色彩感覚の見事さ、感じいっていただければ幸甚です。
デザートは眼でも味わうものだということが理解いただける事と思います。

最後に・・・
かなり綿密にデザートの名前は控えたのですが、いかんせん沢山ありすぎました。
名前の錯誤、誤謬等はお許しくださいm(__)m

それでは(^_-)

池上本門寺 お休み処

今日は「I can feel signs of spring coming!」です。
春めいてきました。
とはいうもののまだまだ寒いのですが、我らおとぼけ夫婦は啓蟄の如く春の兆しを求め胎動し始めました。
ということで出向いた先は「池上梅園」です。
「池上梅園」は四季折々の風情を楽しむ、丘陵斜面等を利用した閑静な庭園です。
園内には、梅が約370本あり、初春には芳香を放ちながら紅白の花が咲き乱れます。

IMG_9492
個人的にはこの梅園嫌いです。
といいますのも俳句にのめり込んでいた頃、吟行(俳句の題材を求めて、名所・旧跡などに出かけること)にこの梅園に結社の皆と出向いたのです。
そこで我が句をとことん酷評されて、それ以来俳句の筆を折った場所だったからです。
私の句は俳句というより川柳みたいになってしまい結社の諸先輩の方々から嫌われていたのです。
ちなみにその際に詠んだ句です。
「梅見のち冷えを蕎麦湯で温むる」by splash

ということでこれからは画像で「池上梅園」の梅をお楽しみください。
IMG_9501

IMG_9479

IMG_9480

IMG_9481

IMG_9483

IMG_9487

IMG_9488

IMG_9493

IMG_9499

IMG_9494

IMG_9500


その後に日蓮宗の大本山の池上本門寺に足を伸ばしました。
IMG_9516


山門の階段に咲いていた「河津桜」です。
IMG_9530

IMG_9532


そして今回の最終目的地である「力道山」の墓です。
この画像の通りにいけば「力道山」の墓には苦もなくたどり着けます。
力道山

IMG_9518

IMG_9519

IMG_9520

IMG_9522

IMG_9523

IMG_9525

IMG_9524

IMG_9528

IMG_9526
私が読んだ梶原一騎の「プロレススーパースター列伝」の死亡説は以下の通りでした。
暴漢に刺された力道山の腹膜炎はほぼ完治に近い状態まで回復していましたが、腹膜炎を患っている期間の食事は勿論のこと、水の服用も厳しく制限される状態にあったそうです。
ところが食欲が非常に旺盛であった力道山は、空腹に耐えきれず、付き人に行きつけの寿司屋に寿司を注文するように命令し、ついでに酒も買わせたのでした。
届けられた寿司と酒を飲食して空腹感を抑えた力道山だったのですが、生ものである寿司やアルコールが完全に完治しきっていなかった患部に障り、これによって病状が急変、急死したというふうに書かれていました。
戦後のスーパーヒーローではありましたが、最後はなんともなさけない亡くなりかたをされたものです。

ということで今日のお店はフリネタの流れで池上本門寺「お休み処」です。

住所: 東京都大田区池上1-1-1
電話:03-3752-2331
定休日:無休

IMG_9507
お店の外観です。

IMG_9509
店内の雰囲気です。

IMG_9508
メニューです。

今日のオーダー
私は「クリームあんみつ」@600円です。
奥様は「おしるこ」@600円です。

待つこと9分で「クリームあんみつ」「おしるこ」共々到着です。
見た目いずれも美味しいそうです。

IMG_9513

IMG_9514

IMG_9515
それでは実食です。
「クリームあんみつ」は「黒みつ」を好きなだけかけ回しできます。
味なのですが、これが意外に良い味なのです。
つぶあんは豆の香りがほのかに感じられ且甘さひかえめで良いのです。
他の脇役達も各々存在感があります。
美味しいですね、かなり満足しました

IMG_9511
「おしるこ」は熱々でいいのですが・・・
奥様はその熱さを知らずに口にいれたものですから舌を火傷したそうです(悲)
ちょっと甘さがとんがっていますね。
その為にその見合いで塩を投入されているみたいで、私の好きなたおやかな甘さでは
ありませんが、この辺りは好き好きでしょう

そうそう最後にここのほうじ茶美味しいですよ。
ここだけが際立っていました・・・

それでは(^_-)

砂町 銀座ホール

今日は「砂町銀座」です。
銀座AppleでiPod nanoを直してもらった帰り、夕飯のおかずを求めて「砂町銀座」に訪れました。
勿論いつものように奥様帯同です。
最近この商店街よくmediaに露出していますね。
訪れた日が日曜日だったこともあり、商店街は賑わっていましたが、正直申しましてTV等のmediaの風評に仮託している様な気がしました。
理由ですか、下町っ子の私としては、この商店街の最盛期の殷賑(いんしん)を知っているからです。
当時はあまりの賑わいで人の往来そのものが困難でした。
その為か「スリに注意!」などという貼紙が随所に貼られていました。
そして活気が違います、活気というか狂気に似た狂騒のなかで物が飛ぶように売れていました。
今回久々に行ってみましたら、混んではいましたが通りの往来の行きかいには不自由がなく、商店街のお店の2割位はシャッターを下ろしたまま即ち閉店の状態となっていました。
どうしてなのでしょうか・・・
シャッターを下ろしたお店に新たなお店ができない理由はどこかにあると思います。
考えてみました。

まずヨーロッパのマルシェ(市場)のように、Only one(ここでしか買えない)店が存在していませんので「わざわざ来たのよ」感が充足されません。
Only one店ではありませんが、それに近いところで評判の高い「焼鳥」のお店には行列ができていましたので並んで求めました。それは数あるお店の中で一件だけです。確かに価格は安いです。
で〜も価格が高くても近所のスーパーでも同等のものは買えるわけですよね。
スーパーとこの行列のできるお店との価格差は30〜50円/本ですので、10本買ったら500円のお得ですが、ここまでのガソリン代を考えたら損です。
要はこの部分を切り出しますと「わざわざ来たのよ」感にはならないのです。

さらにどこのお店でも個人経営なので、評判のよい食べ物は「売切御免」となっています。
今回の私達夫婦が「わざわざ来たのよ」の理由は、ある焼鳥屋さんの「鳥皮」を求める事だったのです。
数週間前にTVでそのお店が放映されたため、そのお店は混雑していて訪れた時には私達が求めたかった「鳥皮」はすでに「売切御免」となっていました。
消費者の心理としては期待して買ったものの満足より、期待して買えなかったものの不満の方がおおきいのです。最近のスーパーではこのような事はあり得ません。
加えてこの商店街には「驚き」がありません。
こんなものがあったのだという予期せぬものがなく、品揃えは私が子供の頃売っていたものとたいして変わってないというか変わっていたのは値札だけです。

上記の二つ、即ち「消費を正当化する理由の欠如」と「機会損失の不満」に私の疑問の答えが含まれているのではないでしょうか。換言すればさびれた理由はやはり那辺にあるのでしょうね。
他にも理由はあると思いますが、これ以上の言及はいらぬお世話ですのでこの当りで留め置きます。
要は「不易流行」に取り組む事に遅れていて、昔の財産で生きてきたように思えます。
なんで長命でいるかといえば、徹底した低価格戦略でしょうか?

その一方で、喜びは下町特有の対面販売です。
これはnostalgicな気分とcommunicationの楽しみを久々に味わえました。
それ以外は、わざわざ来てよかったなぁ、という気分にはなれなかったのです。
なにか論調が辛口ですね。
そのようなつもりはなかったのですが、やはり華やかりし頃の「砂町銀座」を知っているだけにすごく寂しかったのです。それの裏返しだと思います・・・

という事でここから先は画像でお楽しみください。

IMG_9001
西口から入りました。
人通りはまばらです。

IMG_9015
婦人服が100円ですと。
原価一体いくらなのでしょうか(笑)

IMG_9016

IMG_9017
安床さんです。
@1,000円は超安いと思います。
子供の時に「刈ってくるぞと勇ましく♪」と歌いながら、床屋に行ったことがあります。

IMG_9018
Yシャツが750円です

IMG_9019
商店街に銭湯があります。
この当りは下町ぽくっていいですね。

IMG_9020

IMG_9023
大根はどこでも@150円/本です。
これってカルテル(価格協定)では?

IMG_9021

IMG_9022
大人気の焼鳥屋「地鶏の鳥光」さんです。
ここの鶏は房総の赤鶏を契約養鶏場に作らせているので高品質でかつ美味しいのだそうです。
この画像の右側の看板奥さんは超有名人です。

IMG_9026

IMG_9025

IMG_9027
今回二番目の目的のお店の「花トマト」さんです。
これこそまさにonly one店です
ここの甘いトマトが欲しかったのですが、お目当てのものは全てsold outでした(悲)
仕方がないので「匠」@350円を大人買いしてしまいました。

IMG_9029

IMG_9030

IMG_9031

IMG_9028

IMG_9034

IMG_9035
大行列の「竹沢商店」さんです。
並んで求めました。
「煮込み」×500g、「ホルモン焼き」×@500g、焼鳥×15本を衝動買いしました。
帰宅して食べたところ、このお店の「ホルモン焼き」最高です。
食べ終わった後に写真を撮るのを忘れていた事に気がつきました。
これは、久々の「ウマシ」でした。

ということで1時間もこの商店街にいました。
やはり下町っ子なのでこのような商店街は歩いていて懐かしいです。
昔のような輝きを一日も早く取り戻していただきたいと強く願うところであります、ハイ。


今日のお店は二人でお茶したおもかげ食堂「銀座ホール」さんです。

住所: 東京都江東区北砂3-33-20 砂町銀座商店街内
電話:03-3644-6354
定休日:水 曜日

IMG_9013

IMG_9014
お店の外観です。

IMG_9003

IMG_9010

IMG_9009

IMG_9002
店内の雰囲気です。

IMG_9012
メニューです。

IMG_9006
今日のオーダー「巴焼」@105×2個=210円あんど珈琲@300円です。
「巴焼」は「今川焼」と読み変えてください。
味ですか、自家製あんこは甘さ加減丁度良く美味しかったです。

IMG_9011
待つこと15分、わざわざドリップで落としてくれた珈琲です。
苦み、酸味過不足なく美味しかったです。

このお店は下町では馴染の深い「純レバ丼」が美味しいとの事です。
今度機会があったら挑戦してみましょう。

それでは(^_-)

浅草 山口屋

今日は「splashな浅草最終章」です。
年末年始休暇中です。
今日の話は前話の続きです。
「待乳山聖天」様を後にした私達は最終目的地である「吉原」に歩を進めました。

# 山谷掘跡
IMG_8547

IMG_8548

IMG_8549
山谷掘は音無川と隅田川を結んだ水路で、往事は吉原に通う水路として賑わいをみせていました。
庶民は歩いて、セレブは舟で吉原に遊びに行ったのです。
堀に沿って今戸橋から箕輪浄閑寺にかけて土手(日本堤)がありましたが、関東大震災で削られ、現在は「日本堤」「土手通り」の地名だけが残っています。

page
かつてあった橋の親柱です。
言い忘れましたが山谷掘は、現在は暗渠(地下に埋設された河川や水路のこと)です。

# 大嶋屋
IMG_8553

IMG_8554

大嶋屋
大嶋屋恩田の創業は、安政元(1854)年です。
現在は六代目がその伝統を守っています。
余談ですが札幌の家には玄関の小上がりのところに赤い弓張提灯×2丁と浮世絵の和凧を壁に飾っていました。
ある日書留を持ってこられた郵便局員の方が、扉を開けて中をのぞき込んだら即座にバタンと閉めた事があります。
不思議に思いその理由を聞きましたら、893の家だと思った、のですって。
郵便局員さんが帰ってから奥様と大笑いしました。

大嶋屋2
浅草から700mの日本堤の道行を経て吉原にきた客の多くは、この大嶋屋さんで懐(ふところ)提灯を求めたのです。
そしてここから約500m先の吉原の大門まで、懐提灯で足元を照らしながら向かったのでした。
もうすぐですね、吉原は・・・

# さくら鍋 中江
IMG_8556

IMG_8560

IMG_8559
1905年(明治38年)創業の老舗です。
味噌ダレを使ったさくら鍋の元祖です。
吉原に20軒以上さくら鍋の店で、現在残っている2軒の一つです。
残りの1軒は中江さんから3間位隣のところにあるのですが賑わい感がありません。
経営の妙ですね。
吉原は周辺に田圃が多かったことから、農作業に必要な農耕馬が多かったのです。
その為にさくら鍋屋が20軒以上もあったのです。
さくら鍋は滋養強壮によいとされ「馬力をつける」の言葉は吉原のさくら鍋を食べることが語源となっていました。
個人的にはさくら鍋はすぐ煮えてしまい、一度硬くなったら美味しくないのです。
従いまして食べるのが忙(せわ)しなくて好きではありせん。
馬肉は刺身が一番美味しいと思います。特にコウネ(たてがみ部分)はデラ美味であります。

IMG_8561
ちなみに隣の「伊勢屋」さんは創業100年を超える江戸前の天丼店です。
昭和2年建造の店舗は戦災で焼けることなく残りました。
デラ盛り天丼で有名ですよね・・・

# みかえり柳
IMG_8576

IMG_8574 (0)

IMG_8575
この柳のあたりで、吉原から帰る客が名残を惜しんで振り返ったのでこの名前が付いたそうです。
現在の柳は6代目だそうです。
この柳を探すことができなかったのです。
2回も見逃していました。歴史上の史跡でこれだけ貧弱のものがあったでしょうか(笑)

# 五十間通り
IMG_8566

IMG_8568
土手から吉原の入口である「大門」までの道です・
外から遊郭が見えないように配慮されS字カーブになっています。

# 吉原大門(おおもん)
IMG_8570

IMG_8571

大門
吉原の入口です。
江戸の頃は黒塗り木造のアーチ門が有ったそうです。
朝6時に開き、夜10時に閉じられたそうです。

IMG_0001

IMG_8601

IMG_8600
やっと私達夫婦のゴールです。
約2時間の行程でした・・・

# 花新
IMG_8595

IMG_8596
To tell the truth・・・
この日はまだ12月29日なのです。
私のブログは纏め書きなのでこのような事が起きるのです。
吉原大門から帰り際に怪しい喫茶店が多々あり、歩き疲れた奥様が、休もう、休もう、と疲労の秋波を送っています。
私、吉原ソープ街は全く詳しくないのですが、この喫茶店って喫茶の目的ではないのは自明です。
そんなところに夫婦で入りたくもないですし、居るお客さんも迷惑がるでしょうから通り過ごしました。
Ignorance is bliss(無知は至福)だな、と強く思った次第です・・・

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_8604
我家の新年の花です。
百合と薔薇が入ってこの組合せで3000円でっすって、年末なので「花新」さんの大サービスです。
奥様はすご〜く喜んでいました、ハイ。
三越なら軽く8000円越えです、間違いありません!

ということで今日のsweetsは私の大好きな甘辛屋さんです。
浅草で一番コスパあんど美味しいsweetsのお店です。
今日のお店は「山口家本店」さんです。

住所: 東京都台東区浅草5-30-10
電話番号:03-3876-0844
定休日:水曜日

IMG_8593
お店の外観です。

IMG_8591

IMG_8590

山口家」
店内の雰囲気です。

IMG_8589
メニューです。

今日のオーダー「クリームぜんざい」@470円です。
千束まで足をのばしたらsweetsはかならずここです。
ここの甘味はすべて美味しいのです。
実はここのタンメンが絶品だそうです。
いつかいただきませんとね・・・
IMG_8588
待つこと7分で「クリームぜんざい」の到着です。
餡が良く炊けている感じが見た目でもわかります。
それでは実食です。
うん小豆の味が濃厚にします。
甘さは控えめです。
味ですか、とても、すごく、きわめて美味しいです。
同じものをたのんだ奥様も大絶賛です。
梅園、舟和もイケますが、コスパでは太刀打ちできないでしょう。
お奨めの甘味店です。
欠点はすこし浅草(雷門)からは遠いですね・・・

それでは(^_-)

池尻大橋 エクセルシオール

今日は「我が人生に余熱あり」です。
「毎日が長くて仕方ない」「何もすることがない」等中身が空っぽの人生は唾棄するものであります。
受動的な生き方に人生はあれもこれもと与えてくれません。
Ask, and it shall be given you.(求めよさらば与えられん)
言い換えれば“人生とは白い紙に一生懸命に絵を描いていくような道のり”なのです。
50歳を過ぎたあたりから人生のゴールテープが遠目にも見える様になってきました。
そのゴールまでの距離を漫然と流すのではなく、激しく叩きつけるような意気ごみで駆け抜けたいと思っていましたし、そうあるべきだと思っていたのです。

ところが本日あるdiscrepancy(食い違い)にふと気がついたのです。
実は我が奥様から、そのようなこと言っているけれど、定年後にはやりたいことがやれないし、食べたいものは食べられないのよ、と常日頃言われ続けていたことを曲解していたのでした。
それまでこの奥様の発言を、定年後には経済的問題が立ちふさがり行動・食生活が制限されるものと理解していたのですが、それはそれで存在するものの、最大のdiscrepancy(食い違い)は体力の衰えを全く考慮していなかった事なのです。
奥様の発言の真意はそこにあったのでした。
人より体力に自信があることから、2020年の東京オリンピックにはマラソンで出走するんだ、なんて広言していましたので、すご〜くお目出度いというか浅慮至極というかこの性格の為に、指摘されていた大きな欠落に全く気がつかなかったのです。
加齢により食べたいものが食べられないとか走りたい距離が走れないとかいう事は、私の人生には絶対に有りえない、起きないと勝手に擦り込んでいたのです。

老いる事は悲しい事ではありません。
老後には自由が満ちています。
会社からも、家族からも、時間からも、今まで縛り付けられていたしがらみからも解放されます。
加えて他人の目からも解放されます。
楽しみが溢(あふ)れかえっています。
心を入れ替えました。
二度とない人生、畢竟低空飛行になろうともいきいきと飛び続けるのです。
その様な状況下の中で完全燃焼し、素晴らしい達成感、豊かな満足感を得るのです。
幸いな事に定年まではまだまだ時間があります。
今なら大きな軌道修正ができるはずです、人生のゴールテープを切る間際には思い残す事が無いようにしたいのです、いやしなければならないでしょう一度限りの人生ですから!

The unexamined life is not worth living.
吟味されざる生に、生きる価値なし。
Socrates(ソクラテス)

アルバイト店員が店の冷蔵庫内で寝そべったり、厨房で汚い行為をしたり、回転すし店で客がすしにタバコを指したりする写真をツイッターなどにアップする迷惑行為が相次いだが、今度は「迷惑動画」がアップされているとネットで騒動になっています。
動画のタイトルは「コンビニへのイタズラ」というもので、セブンイレブンで大量の商品を買い物かごに入れ、計算後に「カネが足りない」と返却する、というものです。
動画が投稿されたユーチューブのコメント欄には「ふざけるな!」などといった批判が殺到し、「炎上」状態になっています。
このような中学生もいます。
ちなみにこの若者は大津市立田上中学校の生徒らしいですよ。
ここまで身元がばれた現在、ご両親は一体どうようにけじめ終息なされるのでしょうか・・・
少年老い易く学成り難し(しょうねんおいやすくがくなりがたし)ですからね。



今日は池尻大橋に出没です。
ちょっと仕事に空き時間がありましたので目黒天空庭園に立ち寄りました。
目黒天空庭園とは、目黒区大橋にある首都高速道路大橋ジャンクションの屋上にオープンした巨大なループ状の公園です。
全国初のジャンクション上公園となる同園は、1周400メートル、総面積約7000平方メートルの敷地に、高木・中木およそ1,000本、低木・地被類およそ3万株を植栽。緑豊かな園内を回遊し、四季折々の自然や日本の文化に親しむことができるのです。
エレベーターで上がっていくとそこには不思議な空間が出現しました。
公園の下に高速道路が走っているのにもかかわらず、この日本庭園は都会の喧騒を忘れさせてくれます。
目黒天空庭園

IMG_7713

IMG_7695

IMG_7697

IMG_7700

IMG_7698

IMG_7699

IMG_7701

IMG_7702

IMG_7703

IMG_7704
IMG_7706

IMG_7707


今日はなぜか昼食を食べそこねました。
といってもそれ程の空腹感もなく、珈琲でも飲もうかと立ち寄ったのがこちら「エクセルシオール」池尻大橋店さんです。

住所: 東京都目黒区大橋2-23-1 西渋谷ハイウェービル1F
電話:03-5465-6400
定休日:無休

IMG_7711
お店の外観です。

IMG_7708
店内の雰囲気です。

本日のオーダー「フレンチトーストショコラバナナ&珈琲」@480+@280=760円です。
「ドトール」さんに良く行く割には「エクセルシオール」さんが「ドトール」さんの関連会社だとは知りませんでした。
ちなみに「ドトール(doutor)」とはポルトガル語で、「医者」「博士」という意味で、英語でいう「doctor」とほぼ同じ意味になるそうですよ。
創業者の鳥羽博道さんがブラジルのコーヒー農園で働いていたころ、下宿していた場所が「ドトールピントフェライス通り85番地」であったことから、その後日本に帰り会社を設立した際にそのころの気持ちを忘れないために名づけたそうです。
今回訪れた「エクセルシオール(Excelsior)」さんは、ラテン語で「優れた」、「気品のある」あるいは「常に向上する」を意味する単語です。
「ドトールコーヒー」さんは、低価格で人気を博していた「ドトールコーヒーショップ」とは別に、新たな事業を模索していました。
その最大のテーマは日本人の嗜好にフィットするような店があったらとの思いだったそうです。
そして、その思いから誕生させたのがエスプレッソコーヒーや、カフェラテ、カプチーノなどのスペシャリティコーヒーをドリンクメニューのメインとしたイタリア流のお店が「エクセルシオール」さんなのでした。
しかし、販売するものを変えても「ドトールコーヒーショップ」と差別化ができるか否かが大きな焦点でした。
その為、カップの重さや椅子の座り心地、つくりおきの豆は一切使用しないなど細かい部分まで差別化を図り、独自の店舗を展開しているのです。

閑話休題おはなしはもどりまして
IMG_7709

IMG_7710
待つこと10分で「フレンチトーストショコラバナナ&珈琲」の到着です。
見た目、生クリームこんもりトースト、です。

それでは実食です。
フレンチトーストはできあいです。冷蔵庫に入っていたパンをトースターで焼く?温めるだけです。
従いまして玉子は表面にうっすらと付着しているだけで中まで浸透していません。
トースト自体はパサパサしていてどちらかといえば揚げパンの風情です。
生クリームはちょっとoilyですが甘さは控えめですか。
見た目勝ちですね(笑)
味ですか、このようなジャンクな味は大好きです。
チェイン店さんにきて多くを望んでいけません。
そういう輩はそのようなお店に行けばよいのです。
High calorieの為かなり血糖値があがり元気がでました。
今日も深夜まで働くぞ、おう!

それでは(^_-)

交通会館 おかめ リターンズ

今日は「リミッターを外す」です。
IMG_5250IMG_5248
マラソンの世界ではsub four(サブフォー)sub three(サブスリー)という言葉が飛びかいます。このsub four(サブフォー)とは市民ランナーが42.195キロを走るフルマラソンで4時間を切るタイムで走ることをいうのです。
マラソンをやっている人からするとsub four(サブフォー)ができていわゆる普通のrunnerです。sub three(サブスリー)で一目置かれて、sub two point five(サブツーポイントファイブ)で尊敬されるという感じです。
ちなみに私は3時間38分がフルマラソンの最高記録ですから普通の市民ランナーということができます。

フルマラソンではsub two(サブツー)がいまだなされていません。
しか〜しこの夢の記録sub two(サブツー)が夢ではなくなってきました。
現在の予想では遅くとも2025年には達成されそうな感じです。
一口に42.195kmを3時間きって走るというのは時速21km、若しくは100mを17秒で走り続けることを意味しています。
これはかなり早いspeedで走っていると言えますよね。
現在のworld top threeはパトリック・マカウ(ケニア)2時間3分38秒、ウィルソン・キプサング(ケニア)2時間3分42秒、ハイレ・ゲブレシラシェ(エチオピア)2時間3分59秒です。現在この三人が3時間切りの最有力候補です。

ところで2015年までまてないというせっかちな国があるのです。
過酷な練習で成果をだすのではなく、もっと簡単にsub two(サブツー)をなしとげたいと考えています。
それは、マラソンをやっている時に感じる、苦しいとか辛いという感情のリミッター外してしまえ、という方法なのです。
このリミッター外すということなのですが、そもそも脳というものは、体が死んだら自分も一緒に死んでしまうということから、自分の体がおかしくなる前に走るのをやめようとさせます、これをリミッターがかかるといいます。
北京オリンピックの頃から米国はこのリミッターを外そうと真剣に考えていました。
そうなのです上述したせっかちな国というのは米国なのです。

山下佐和子さんはバルセロナオリンピックで銀メダルを獲得した有森裕子さんと同世代のrunnerでいつも彼女の後塵を拝していました。
山下さんは現在第一生命の女子陸上部監督をしています。
過去の屈辱から山下さんが導き出したのは、リミッターを外すという練習だったのです。
選手が練習中にいっぱい、いっぱいになると、眉間にしわを寄せたり、悲鳴をあげたりして、自分が限界にきている事を山下監督に訴えます。
そういう状態になりますと山下監督はその選手にさらにキツイ練習を課すのです。
これがリミッターを外す要諦なのです。
このような指示であれば私にもできるのですが、山下監督のすごいところはここから先なのです。
キツイ練習をその選手に課した後はびっちりと選手に付き、リミッターが起こすつらさなのか本当に選手の体が限界にきているのかを見極めながら練習をcontrolしていくのです。
プラ〜ス山下監督はoffではお酒も恋愛も許可しています。
これは極めて珍しい事です!
さら〜に練習日誌ではいつも“貴女ならできる”というコメントを多用して選手のmotivationをあげ、選手に高い目標を目指すように仕向けています。
その結実として尾崎好美さんをロンドンオリンピックに連れて行きました。

「悲しいから泣くのではなくて、泣くからかなしいのです」
要は泣くから悲しいし逃げるから怖いのです。
この事例を参考にしてつらい時とか悲しい時にに何をすれば良いかと申しますと
「笑う門には福来る」なのです
昔からいわれているように心が滅入った時でも笑いを作れば楽しくなります。
これって仕事にもあてはまります。
皆さん自らの仕事に低めのリミッターを作っていませんか。
本当はもっとできるはずなのに自らリミッターをかけて無理をしないようにしていいませんか。
与えられたmissionがきついので無理だと言っていませんか、高いhurdleの予算をあたえられて端(はな)から無理だと言い訳していませんか。
要はきついと言っているのからmissionが乖離しているように感じるのです。
無理だと言い訳しているから予算が達成できないように感じるのです。
この件(くだり)は精神論ではないかと言われればその通りです。
しか〜し「笑う門には福来る」という事を今一度思いおこして下さい。
このような事を書く日もあります・・・


軽井沢万平ホテル

IMG_6551

IMG_6544

IMG_6547

IMG_6550
今日は有楽町に出没です。
交通会館では現在「風立ちぬ」の画像を展示しています。
モデルとなった軽井沢万平ホテルが大混雑の様ですよ・・・

今日は甘いものが食べたくてしかたありませんでした。
有楽町で甘味といえばここしかありあません。
今日のお店は「おかめ」交通会館店さんです。

住所:東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館B1F
電話:03-3216-6008
定休日:日、祝日休み

IMG_6531

IMG_6532
お店の外観です。
記憶をさかのぼればこのお店にはこのお店が日比谷にあったころから来ています。

蔵王あんみつ
貧乏な山形出身者は帰郷できません。
ここの名物の「蔵王あんみつ」は、山形出身のこのお店の奥様の手によって東京にいても故郷(ふるさと)を思い出すことができるように作られた一品なのです。

IMG_6539
店内の雰囲気です。

IMG_6534
メニューです。

今日のオーダーは「おはぎ(あん・きなこ)」@260×2=520円です。

IMG_6538
あずき」は体に良いのですよ。
「あずき」の歴史は古く既に古代中国の薬学書に「あずき」の煮汁が解毒薬として用いられた記述があり、「あずき」は薬効のある食材として王侯貴族中心に珍重されていたのです。
昨今、癌を予防する食材として「あずき」の持つ薬功成分に注目が集まっている今日この頃です。

IMG_6535

IMG_6536

IMG_6537
待つこと2分で到着しました。
うわっ、どこから見ても「おはぎ」だheart02
美味しそう、しか〜しあいも変わらず量がおおいですね。
味ですか、ここの「おはぎ」は甘さ控えめでとても美味しいのです。
で〜も美味しいのは1個までです。
2個目は男性には厳しいものがあります。
ここの「おはぎ」はオミヤで持ち帰りが宜しいでしょう。
そうすれば自分の体調と相談しながら食べられますものね・・・

それでは(^_-)

千駄木 ミスタードーナツ

今日は「谷根千ブラブラ」です。
熱いので土日会社へ行くのをヘジり、土曜の朝から家でシコシコと仕事をしていましたらさすがに日曜日の午前中に疲れ果ててしまいました。
もうこれ以上やってもキリがないので夏の谷根千に奥様とリフレッシュしに行きました。
私の夏の谷根千です。

宜しかったらパチリでお付き合いください。

IMG_6259

IMG_6260
旧安田楠雄邸です。
文京区千駄木にある旧安田楠雄邸は大正8年築の近代和風住宅です。
平成8年、相続のために存続が危ぶまれましたが、市民運動の橋渡しにより、ご家族から財団法人日本ナショナルトラストに土地・建物・調度などが寄贈され保存されました。
建物の修復が終わり、平成19年4月から毎週水曜日と土曜日に公開されています。
ということで出向いたのですが、行った日が日曜日だったため見られませんでした。
やはり事前checkは必要ですね。ここらへんが下町っ子特有のおっちょこちょいのところであります。
いずれにしてもこのような歴史の息吹にふれることは私の楽しみの一つであります。

IMG_6262

IMG_6264

IMG_6265

IMG_6266
須藤公園です。
千代田線千駄木駅の裏手に位置する公園です。
文京区のサイトによれば、ここは加賀前田藩の支藩大聖寺藩主松平備後守の屋敷だったそうです。ということでここは江戸時代から続く庭園です。
しかしこの公園はあなどれません。
一見の価値があります、とても素晴らしいです。
江戸時代から続く庭園というと浜離宮や六義園のような広大なものを連想してしまいますが、それ以外の小さな庭園もこうして頑張って存在し続けているのであります。

IMG_6268
巨大な若き日の毛沢東の肖像画が有名な毛家麺店(マオラーメン)の看板です
不忍通り沿いを歩いたことがある方ならご存知な方も多いはずです。
看板には「人々都来吃担々麺毛家」と書いてありますが、おそらく意味は、「みんな毛家の担々麺を食べにやってくる」という事ではないかと思います。
即ち「千客万来」と同意語ではないでしょうか。このお店は未見参です。
逆によく行っていた「天外天」さんの本店が閉店となり別館のみの営業となっていました。
このお店は美味しかったのに、何故閉店になったのでしょう?

IMG_6280

IMG_6281
創業明治八年菊人形見物客に何かお土産をと誕生したのが「菊見せんべい」さんです。
「円は天、方は地」という言葉から、当時からめずらしい四角い形のせんべいとなり、その形は今も変わらないままです。
たまにここのせんべいを求めますが、味はせんべいの味です。
それ以上それ以下ではありません・・・

IMG_6285
上野公園で暑さにやられてぐったりしている飼い主とそのワンコです。
なんか絵になるので許可なく取らせてもらいました、失礼・・・

IMG_6290
上野公園で遊んでいる子供に頼まれて蝉を採ってあげました。
子供の時に隅田公園で鍛えた蝉取りの技を披露しました。
少し尊敬されましたかね・・・

IMG_6284

IMG_6286

IMG_6292

IMG_6291

IMG_6295

IMG_6294

IMG_6306
上野公園の忍不池の蓮池です。
来週蓮の花の開花する音を聴きに行くのでそれの下見です。
ところで上野の山で戦い敗れた彰義隊ですが、この忍不池にも悲劇がおきていました。
戦いに敗れ、忍不池の蓮池に潜み、ときおり水面に出て息を吸うところを生け捕りになり殺された彰義隊士もいたのでした。
この池にも歴史の一ページが刻まれていたのです。
でも綺麗ですね、来週は蓮の花が見ごろとのことですので楽しみにしています。

IMG_6309

IMG_6313
東京根津にある串揚げの“はん亭 根津本店”さんです。
建物は、明治時代に建てられた総けやき造りの三階建てで、登録有形文化財に指定されている歴史あるお屋敷です。
1人4〜5,000円でこの老舗の味が堪能できるそうですが、なにかあざとらしくこのお店には入った事がありません・・・
Netでみたら評判よいようですよ。


ヴェネチア国際映画祭が悲鳴の渦に陥った話題作!水中からは巨大な人喰いザメが、天井からは無数のカニ、水上には高圧電線が垂れ下がり・・。
『パニック・マーケット3D』 8月24日公開


IMG_6257

IMG_6279
今日はこのながれで団子坂にきて信号待ちをしていました。
するとミスドで新しいドーナツの無料試食券を配っていました。
暑かったこともあり今日のお店は「ミスタードーナツ」千駄木ショップさんです。

住所: 東京都文京区千駄木3-37-20
電話:03-5815-6688
定休日:無休

IMG_6269
お店の外観です。

IMG_6270

IMG_6272
店内の雰囲気です。

今日のオーダーは
私が「コーヒー+プレミアムあずきクリーム」@0+@262=262円です。
奥様が「“ぷるぷる”カルピス マンゴー+プレミアム抹茶あずきクリーム」@0+@220=220円です。

IMG_6275

IMG_6274

IMG_6276

IMG_6278
味ですか「プレミアムあずきクリーム」はそこそこウマウマでしたが、「抹茶あずきクリーム」はこのクリームには抹茶の味はあいませんでした。
いわゆる日光の手前“いまいち(今市)”でした。

「“ぷるぷる”カルピス マンゴー」はよくもこのtasteであの面倒臭いダスキン(ミスドはダスキンのミスタードーナツ事業部)にこの商品企画を通したものだなとカルピスの営業に敬意を表します。
この飲み物の味は行間を読んで判断してください。

それでは(^_-)

高岡 ジャカッセ

今日は「Bさんのこと(後篇)」です。
居酒屋の前に近づくとAさんが、押し殺した声で私に言ったのです。
「ビンゴ!・・・Bさん、いたよ」
私も目を凝らして居酒屋を見ると、間違いなくBさんが廃屋の居酒屋を覗きこんでから、店のドアを開けて中に入ろうとしています。
二人は期せずして
「Bさん」
って大きな声で叫んでしまいました。
するとBさんは私達の突然の声に驚きしばし固まっていました。
それからおもむろに私達の方に体の向きを変えました。
そしてBさんは
「貴方達はどなたですか」
と質問をしたのです。
私は
「貴方はBさんではないのですか」
と私が畳みかけるようにいいますと、Bさんは少し考え込みながら
「もう一度聞きます。貴方達はどなたですか」
というので
Aさんが
「私達は、亡くなったBさんの友達です。最近夜な夜なこの店の前にBさんが現れるというので確認にきたのです」
と答えました。
するとBさんは、落ち着いた声でゆっくりと
「私はS警察の田久保という捜査二課の刑事です。Bさんの事件を担当しています。
本件、正直なところ少し難航しています。何か手掛かりがないかというので、私達刑事(デカ)言葉でいう“現場百回”を実践していたのです。
そうそう私の顔は亡くなられたBさんに似ているみたいですね。
私自身そうは思ってないのですが、Bさんの奥さんは初めて私の顔を見た時に言葉を失っていましたので・・・」
「そうだったのですか、公務中失礼しました。私達、Bさんには生前大変お世話になっていました。
できましたらなんとかBさんの犯人を捜し出して、Bさんの霊が安らかになるようにしてください」
と言って、Aさんと顔を見合せ田久保刑事に深々と挨拶をしてから別れたのです。
という事でAさんの写メに写っていたBさんは、この事件を捜査していたBさんに瓜二つの田久保さんという刑事だったのです。

それから3週間経ちました。奥様がチャリに乗っている時に車が接触して軽い怪我をしました。
私は刑事事件にするような交通事故でもないので、奥様に民事にするように指示をしました。
そしてその手続きの為に二人でS警察に出向いたのです。
私は付き添いなので奥様が手続きしている間手持無沙汰だったこともあり、受付に行きBさん事件の担当の田久保刑事がおられるのならお会いしたいとお願いしたのです。
すると受付の女性は、田久保という刑事は当所轄にはおりません、というではありませんか。
私は驚いて、まさか・・・3週間前に会ったばかりなのですが、とかなり興奮した声で詰め寄ったのです。
すると受付の女性は極めて事務的な口調で、過去にも、もちろん現在おいても田久保という刑事は当所轄にはおりません、とケンモホロロ全く取りつく島もありませんでした。
それであれば私達が金曜日の深夜に出会った人物は一体誰だったのでしょう。
もしかするとBさんが田久保さんという方にとりつき現世に現れたのかもしれません。
いやいや田久保さんという人間はそもそも実在していなかったのでしょう…

如何でしたか”Bさんの話”は…
この不思議な話の後日談は皆様の想像にお任せします。


マトリックスをCG無しで再現した日本人がアメリカで大絶賛。
アメージング!


IMG_6069
今日は高岡に出張です。

IMG_6082
高岡駅前はすごく寂れています。
昔日の殷賑をしっている私としては、いま零落してシャッター商店街となった現実を目の当たりにすると、正直驚きを禁じ得ません。
さらに2015年春に北陸新幹線が開通すると新幹線の駅が約2km先に出現するわけですから、さらにその零落に拍車がかかるわけですので、完璧にghost townとなってしまうのでしょうね、大丈夫なのでしょうか・・・

折角ですので高岡の駅前の画像を紹介します。

ドラえもん電車
ご存じ「ドラえもん電車」です。

IMG_6078
地元が生んだ大漫画家藤子・F・不二夫先生の記念オブジェです。
マジに「ドラえもん駅(駅名候補になっていた)」にすれば良かったのに・・・

IMG_6070

IMG_6071
往事は高岡に来たら「銀寿し」さんと言わしめたのに、面影もありません。
そういえばここで一度も食べた事がありません。
あるうちに行っておかなければ・・・

ということで今日はランチではなくsweetsです。
なにやらオサレなお店が高岡駅前にあるということでお邪魔しました。
今日のお店は「ジャカッセ(Jacasse)」高岡店でさんです。

住所: 富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
電話:富山県高岡市末広町1-7 ウイングウイング高岡1F
定休日:年中無休

IMG_6077
お店の外観です。

IMG_6076

IMG_6075
店内の雰囲気です。
このお店は鄙にも稀と申し上げたら失礼ですが本当にオサレです。
ホールスッタフさんの接客も感じ良いです。
プラ〜ス料理もおいしいらしいですよ。
特にオムライスが絶品とか・・・

IMG_6074
メニューです。

IMG_6072

IMG_6073
今日のオーダー「バナナココナッツタルト+コーヒー」@460+@390=850円です。
見た目、しっとりタルト、です。

ここのsweetsバナナココナッツタルトはしっとり感が横溢しているものの甘さ控えめです。
バナナフレバーが芳(かぐわ)しく味に奥行きを与えています。
ココナッツがコリコリしていてよいaccentになっています。
特段の美味しさではありませんが充分に楽しめる味です。
電車を待つ間のひとときに心を軽くしたい時にお奨めのお店です。
宜しかったらお立ち寄りください。

それでは(^_-)











西新井 田口屋菓子舗

今日は「最近の屋台」の話です。
IMG_4178

IMG_4179
今日は奥様と子供の就職祈願のだるまを買いに行くという口実で草団子を食べに西新井大師に参りました。

まずは西新大師の紹介です。
真言宗豊山派の寺院。
平安時代、弘法大師空海により創建。多くの人が厄除けなどで訪れる事でも有名です。
「お大師さま」として地元の人々に親しまれている西新井大師の本堂は、昭和41年の大火災により全焼。ご本尊の弘法大師像と柱が奇跡的に焼け残りました。その時の柱は、無数の数珠として街の人々に配布。それぞれの家の家宝となって、今も大切にされています。
出没アド街ック天国「西新井大師」より転載

しか〜しこのお大師さんには何回だるまを買いに来たことでしょうか。
今回もそうですが、このお大師さんって、近隣に駐車場が少なくっていつも駐車場を探すのに一苦労しています。
だるまを買いにくるので手も足も出ないって、それは言えます。

IMG_4157

IMG_4174
西新井大師の参道です。

IMG_4173
参道内にあるお煎餅屋さんです。冬場はうらやましいお仕事ですね。

IMG_4182
早々とお参りを済ませてだるまを求めました。
合格とか採用祈願のだるまの色は“白”なんですってね。
理由は白星をあげるという験担(げんかつ)からきていいるようです。
お店の人に白旗をあげるとか、白紙答案とかで”白”は験(げん)が悪いのではというと、そういうお臍が横に向いている人にはご利益がありません、ですと。さもありなんです。

最近の人気屋台です。

IMG_4176
#餡餅(シャーツピン)
中国風オヤキです。皮がパリパリしていて美味しそう。
島がピリピリしているのは尖閣列島です。

IMG_4175

IMG_4181
#ラーメンバーガー
喜多方ラーメンバーガーは、福島県喜多方市のご当地バーガーのことです。
仕事でよく喜多方にいきますが、このバーガーは見たことがありません?
しかし超混雑屋台と超暇屋台があるなんて、テキ屋商売は地割りで決まると言いますが、何となく納得です。

IMG_4177
#鶏かわ鉄板焼
今治名物らしいですね、見るからに美味しいそうです(^_-)
奥様が許せば買ったのに・・・

IMG_4180
#金印とりから
骨なし、皮なし、味よしだそうです。
からあげは安定感ありますのでこの行列に納得です。

ということで今日のお店は「田口屋菓子舗」さんです。
草団子ガツンと食べるぞです。

住所: 東京都足立区西新井1-9-13
電話:03-3890-2350
定休日:月曜日

IMG_4168
お店の外観です。

田口屋菓子舗
店内の雰囲気です。

IMG_4171
メニューです。

IMG_4172
草団子の材料です。

今日のオーダー「草団子(煎茶付)」@500です。
まずはお店の惹句です。
餡は職人が長年の経験を生かして季節を考慮し、甘さを微妙に調節しながらあずき本来の味を大切に作っております。
団子の材料新粉もその時々産地にこだわり上質のもの、餅草は古来より薬草としても用いられてきた天然のよもぎです。
四季を通じて味わって頂く為、一番おいしい時期に摘み冷凍保存したよもぎを使用し、人口着色料などは使用しておりません。
是非本物の味をご賞味ください。
「田口屋菓子舗」HPより転載


IMG_4169

IMG_4170
待つこと4分で着皿です。
見た目美団子です。美味しそうですね。
お茶は煎茶が切れてしまったということで抹茶です。
こういう逆迷惑は嬉しいです。

それでは実食です。
天然よもぎのよい香りが鼻腔に伝わります。
よもぎの香りにほっこりするのは、日本人ならではでしょうね。
上新粉がさらに香りをたかめています。
さぁ前置きはそこまでにしてガブリといきましょう。
うん、あんこがいいですね、柴又の草団子とはちがってしっかりと豆の香りが前面にでています。甘さもしっかりとしています。多少柴又よりは甘いように思いますが、団子の香りがその甘さをしっかりと受け止めるのでいわゆる相乗効果となっています。
これは香りの勝利ですね、とても美味しい。
抹茶がナイスアシストです。
これは大大大満足です。
美味しゅうございました。
このお店は柴又の高木屋老舗より上でしょう、恐るべし田口屋菓子舗でした。

それでは(^_-)

丸の内 ショコラティエ パレ ド オール

今日は「東京駅リニューアル」の話です。
1914年の開業以来、日本の鉄道の表玄関として重要な役割を果たしてきた東京駅ですが、関東大震災には耐えたものの、第二次大戦末期の空襲ではドームの丸屋根などが破壊され、応急処置を施しただけで推移してきました。このほど、5年にわたる丸の内駅舎(通称「赤レンガ」駅舎)の「復原」工事が完了し創業時の美しい姿を取り戻しました。また、駅舎内のステーションホテルも復活し話題となっています。
ということで早速に奥様と一緒に見学してまいりました。
画像でご覧ください。

東京駅全景
まずは東京駅全景です。

IMG_4042

IMG_4052

IMG_4043
東京駅外観です。

IMG_4040

IMG_4041

IMG_4039

IMG_4045
東京駅内観です

IMG_4044
東京ステーションホテルです。
ここのホテル高いですね。スーペリア・ツインルーム・喫煙・朝食付で56,080円ですもの。
さらに1部屋しかない「ロイヤルスイート」(3046号室)は、1泊808,500円という度肝を抜く価格で話題となっています。
下町っ子の経済事情では泊まれませんね。

ロビー

IMG_4051
東京駅ステーションホテルロビーです。

IMG_4046
レストラン「ブラン ルージュ」入口の雰囲気です。

ホテルロビーラウンジ
ロビーラウンジです。
ケーキセット@1,900円を食べようかと一応ならんだのですがお客が全く回転しないので速やかにあきらめました。


コーヒーが飲みたくてたまりませんでしたので、お店を変えることにしました。
ということで今日のお店は「ショコラティエ パレ ド オール TOKYO (CHOCOLATIER PALET D’OR)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング1F
電話:03-5293-8877
定休日:不定休

IMG_4058

IMG_4057
お店の外観です。
「パレ ド オール」はフランス語で"金の円盤"を意味し、 金箔をデコレーションした丸いチョコレートとして フランスの人々に親しまれているショコラのひとつだそうです。

IMG_4054

IMG_4053

IMG_4055
メニューです。

IMG_4056

IMG_4062

IMG_4063
今日の私のオーダー「ガトーセット」@1,575円です。
ガトーセットはケーキとドリンクが選べるセットです。
ドリンクはコーヒーを選びました。
私はこのお店初見参ですのでどのケーキが美味しいのかわかりません。
こういうときにはstaffさんに聞くのが一番です。
Staffさん一押しは「アルチョコラ―タ」でした。
味わいは、濃厚なチョコレートの甘さが全面にでていますが、嫌みな甘さではありません。
全てがギリギリの甘さです。もうほんの少しでも甘味がでていたら全てが台無しでしょう。
IMG_4059
コーヒーは深く煎られた濃い味わいでしたが、このケーキには良くあいます。

IMG_4061

IMG_4060

IMG_4065
奥様のオーダー「ショコラショーノーマルセット」@1,575円です。
最高級カカオを使った濃厚で香り高いチョコレートドリンクです。
これも想像していた甘さではなく上品な味わいでした。
結構ですね。
チョコはマールショコラです。ガナッシュに砂糖を全く使わず、かわりにハチミツを使ったショコラです。
美味しさを堪能するにはこの量では正直わかりませんでした。
蠱惑(こわく)的な味わいの一端は少し理解できました。

このようなお洒落な日もあります・・・

それでは(^_-)

京島 オー・デリス・ドゥ・ケンジ

今日は「キラキラ橘商店街(旧橘銀座)」の話です。
キラキラ橘商店街
昔々東京の下町、京島に華やかな大商店街がありました。
奇跡的にも戦災にもあわなかったため昭和の息吹を完璧に残していました。
どうでしょう通算1,000回以上はこの商店街には訪れています。
平成になって札幌転勤から戻ってきたら、すっかり寂れてシャッター通りになっていたのは、驚いたのと同時にとても寂しく感じました。

今日はこの商店街に次男ともに訪れました。
宜しかったらお付き合いください。

IMG_2459
まずはマンモス公園です。
高さ6m滑り台は城東地区最大だと記憶していました。
でもこのようにあらためて訪れるとあまり大きくないなぁっていう感じですかね。
当り前ですよね、子供だったので背も低かったし、それに滑り台を仰角で見上げていましたもの。
でもこの急角度の滑り台は、手を放して滑り降りると真中の段差のところで大きく弾んで滑り台から飛び出てしまうので、それはそれは命がけで滑っていたものです。
そうそう弟が幼稚園の年中になると、弟はこの公園がお気に入りとなり、よく連れて行って、と哀願されました。するとまだオシメがとれそうでとれない妹がそれを聞き付けて、一緒に行きたい、と駄々をこねるのです。
正直オシメを変えるところを友人に見られるのが恥ずかしくて、私は妹を置いていこうとするのですが、感がいいというのか必ずそれを察知して母親に聞こえるように大泣きをします。すると母親がえらく怒って、長男だからしっかりと妹の面倒見なさいと、叱られて仕方なく、お豆だからね、といって連れて行ったのですが、何故かそういう時には必ず持っていったオシメが役にたったのでした・・・

IMG_2460
キラキラ橘商店街入口です。

IMG_2461
キラキラ橘商店街案内板です。

それではお店の紹介です。お店によって知悉の浅深があります。

IMG_2462
「一五八青果店」さんです。
あまり記憶にはありませんね・・・

IMG_2463
タコ焼き・鯛焼「こんこん」さんです。
ここもあまり記憶にはありませんね・・・

IMG_2458
「大国屋」さんです。
ここのおでん種は我が家ではおでんを作るとときにはここの種ものは必須でした。
私はここのウィンナー揚げはが大好物でした。
ここのスリ身は魚を築地で仕入れて、店内にて石臼で挽いてつくるというコダワリのものです。このお店は次男の竜太さんが跡をつぐようで、私の未来の孫もここの味が楽しめることができそうです。

IMG_2457
「鳥よし」さんでも総菜は良く買いましたね。
揚げたてのものはその場でたべると、美味しかったように記憶しています。
特に唐揚げは美味しかったなぁ!

IMG_2456
「ハト屋パン店」さんです。
TVでこの商店街をとりあげると必ず出演するという、そういう意味でTV局側としてはイジリ易いパン屋さんのようです。個人的にはなにもここでわざわざ買わなくてはという感じのお店でしたね。パン屋さんにしてはちょっと衛生面では?マークがついてしまいます。
たまに猫がショウケースの中で寝ていましたもの・・

IMG_2455
「ぺロケ」さんです。
母親の休憩所でした。
甘味が美味しかったですね。

IMG_2454
「くるみ」さんです。
「鳥正」京島店さんの戦略的な橋頭堡(きょうとうほ)店さんです。
実は「鳥正」京島店さんは全く知りませんでした。
というのも我が家はいつも「キラキラ橘商店街」の錦糸町口から入るのでグルメシティ京島店(旧ダイエー)まで来ると引きかえしていました。そのために我が家にとって「鳥正」さんとのお付き合いは錦糸町口の入口近くにある本店だけでだったのです。今日「鳥正」京島店さんは「キラキラ橘商店街」の惣菜の頂点らしいですね。
メニューは50種類以上で、特に「チキン餃子」は一日に150個も売り上げるメガヒット品になっているようです。
ちなみにご主人は墨田区のカラオケチャンピオンだったそうですよ。
長男亮さん、次男夏樹さんともども跡を継ぐようなので、私の未来の孫もこのお店(「鳥正」京島店&「くるみ」)の味は楽しめることができそうです。その前に私が食べてみなくては・・・

IMG_2453
最後はモツ焼「きくのや」さんです。
ここでは結構飲んでいます。当時のモツ焼きは安いことは安かったのですが、味もそれなりのものでした。最近では塾帰りの子供達が買い食いにくるそうで、味も変わったのかもしれませんネ?

ということで「キラキラ橘商店街」のプチ紹介でした。
全国の商店街はここ同様にシャッター通りに変貌していますが、「キラキラ橘商店街」だけは下町のド根性で何とか再生してほしいものです。そして昔みたいにワクワクしながら買い物できる日が来ることを切望しています。
頑張れ「キラキラ橘商店街」、「スカイツリータウン」なんかに負けるな!です。


今日のお店は飛び抜けて美味しいケーキ屋さんが「キラキラ橘商店街」にできたというので折角ですので立ち寄りました。今日のお店は「オー・デリス・ドゥ・ケンジ(AUX DELICE DE KENJI)」さんです。

住所: 墨田区京島3−19−4
電話:03−3612−4679
定休日:水曜日(不定休有り)

IMG_2464
お店の外観です。
「オー・デリス・ドゥ・ケンジ(AUX DELICE DE KENJI)」というのは日本語で「健志のおいしいもの」という意味だそうです。
ご主人の堀健志さんは仏蘭西で厳しい修行をつんだ本格派パティシエだそうです。
その実力は如何?

店内は写真撮影禁止でしたので店内画像はありません。
でも店内では、このお店のdouble angel、とても可愛い湖麦(こむぎ)ちゃん、藍月(あずき)ちゃんの両娘さん達には会うことができましたので、はるばる遠方から来た甲斐がありました。

今日の買い求め品です。

IMG_2467
#フロマージュ@380円です
これはマイルド感が横溢していて美味しいですね。

IMG_2468
#ティラミス@4000円です
濃厚な味です。ティラミスはかなり食べ歩いていますがこの味はtop-levelです。
ほのかなリキュールが味を深めています。全般的に味が深くて食後の余韻が長く続く優れもののケーキです。

IMG_2470

IMG_2465

IMG_2466
#サラバン@420円です
これは新商品です。生クリームもよし、アルコールシロップによる濡れ具合もよし、パンもよしで、いうことのない美味しさですが、ご主人がいっていたとおりアルコール、多分ブランデーがかなり入っており驚きました。
仏蘭西人ってこのようなサラバンを毎日たべているのかなと遥か遠く仏蘭西に思いを馳せるとともに羨ましさを感じました。

それでは(^_-)

浅草 舟和 本店

今日は「My prediction(私の予言)」の話です。
20歳の頃、30年後はこうなると予言したものが三点あります。
全て外れましたが、それを責めるのは、大理石を見て、これはミケランジェロにそこなわれた結果だと言い張り、画布を見て、これはラファエルに汚されたのだと叫び、紙を見て、これはシェークスピアに穢(けが)されたのだと憐れみ、沈黙を見て、これはバッハに破られたのだということと同じです。
ということで結界線を張っておきましたので、私への反駁無しでお付き合いください。

#今から30年後には神輿が担ぎやすくなる
20歳の頃、私の身長は178cm(現在は177cm=1cm縮まる)でした。
当時ではかなり大柄の方でしたので、神輿を担ぐ時にはその身長の為にかなり圧力がかかり、長時間神輿を担ぎ続けるのには無理がありました。
腹筋、背筋を鍛えれば何とかなるのかなと思い、その両筋を鍛えたものの結果的には長時間神輿を担ぐことはかないませんでした。
そして、まぁいいさ、30年後には日本人の体格が向上して、平均身長が175cm位になるよ、と嘯(うそぶ)いていたのでした。
確かに青年男子の体格は向上したものの、その一方で神輿渡行に女性の担ぎ手が多くなり、彼女達は神輿に背が届かない場合はぶら下がるので、結果として神輿の担ぐ高さはあまり変わらなかったのです。
確かに神輿の棒が低くて肩が合わないのは調整できますが、棒に背が届かない場合はやりようがないのでぶら下がるしかなく、これはこれで致し方ないのでせう・・・
という事でこの予言は外れたのです。

#今から30年後には少子化により大学が入りやすくなる
私の大学受験の頃は同級生が180万人位いまいしたので、難関校の倍率は20倍前後とまさに“二階から目薬=入らない” みたいなものでした。
でも30年後には少子化となり大学なんて、難関私大(難関国立大は元々倍率が低い)以外は誰でも入れると、信じていました。
しかし30年後の我が豚児達の受験の際には、そんな予言はかすりもしなく、MARCHクラス以上になると簡単に入ることは難しく、これまたキレイに外れたのです。
但し確かに不人気大学はすごく入りやすくなりましたが、そのような大学にいってもね、大学で勉強することは、通過儀礼ではありませんから・・・

#今から30年後には翻訳機の技術が格段に上がるため英語を覚える必要はない
これが一番当たると思っていたのですがこれまたキレイに外れたのです。
アニメの世界では2003年4月7日に鉄腕アトムが生まれていて、アトムの世界での英会話はすべて翻訳機でされていたのですが、これは世界の技術がついてこられませんでしたね。
AI(人工知能)の急激な進歩で、かなりのlevelまできていたものの、今一つです。
後4〜5年は待ちませんと、実用化は難しいのでしょうね。
まさか英語を使う仕事につくとは思いませんでしたので・・・
いまさら不勉強をなじってもしょうがありません、今でも英語には苦労しています。
正直きちんとした文書を書くのは苦手です、ハイ。


IMG_2182

IMG_2183
今日は浅草に奥様と出没です。

早世した友人が死ぬ一週間前に、私に渡したメモが心に重く圧(の)し掛かっていて、捨てるに捨てられず9年間も持っていました。
彼は末期の肝臓癌でこのメモをもらった時は、ほとんど会話も厳しい状況だったので、筆談を多用していたのです。メモの内容は他愛のないものなのですが、彼との最後の会話がこのメモを受け取ったときだったものですから、心にその時の情景が深く刻まれていました。
当初は友人の奥様に返却したのですが、その奥様は私に持っていて欲しいと言われていたので持ち続けていたのです。
見返す度に悲しくなります。
もう自分としては、頃合いだなと思って熟慮した結果は、彼の菩提寺である東本願寺の住職にお願いしてこのメモを焚き上げてもらうことにいたしました。少し胸のつかえがおりました。

ということで焚き上げお願いの後は、友人の墓参をしてから、奥様と一緒に浅草にsweetsを食べに行きました。ここから後はパチリでご案内します。

IMG_2167
浅草名物、人力車さんです。
車夫さんって従量給ではなく時間給なのですね、知りませんでした。
時給1,000〜3,200円でプラス各種イセンティブがあるようです。
年齢制限があり、20歳から28歳までだそうです。
外国人専用ガイドやろうと思ったのに年齢制限で引っ掛かってしまいます(笑)

IMG_2179
大人のオモチャ店です。
このお店は、私が物心ついた頃からあります。
なんとvintageなお店でしょうか(笑)
300回以上はこのお店の前を通っていますが、一度も中に入ったことがありません、ハイ。
一体何を売っているのでしょう?
大人のオモチャです、キッパリ

IMG_2181
浅草「染太郎」さんです。
二三回食べに来たと事があります。
たしか値段は高かったような、それと夏はクーラーが無かったよう記憶があります。
扇風機でお好み焼きは勘弁してほしいものです。
それにどうしても食べたかったら北千住駅で売っていますので・・・

IMG_2180
浅草漫才協会です。
名誉会長は内海桂子さん、 会長は青空球児さん、 副会長は昭和のいるさん、おぼんさんです。
結構こぢんまりとしていて、ちょっとクリビツです。


今日のお店は浅草元祖みつまめ王「舟和」さんです。

住所: 東京都台東区浅草1-22-10
電話:03-3842-2781
定休日:無休

IMG_2169
お店の外観です。

舟和
舟和さんのHP「みつ豆 明治36年」をご紹介します。 
モダンな洋銀の器を使用して、角寒天、甘煮杏、ぎゅうひ、赤えんどう豆を盛り、特製の白蜜、黒蜜のどちらでもお好みにかけて銀製のスプーンで召し上がるみつ豆を、舟和が初めて考案いたしました。当時しん粉を用い、赤えんどう豆、糖みつをかけただけのみつ豆を、現在のみつ豆のように、内容を充実し、衛生的に高級感を増して売り出したのです。
今では、全国の喫茶店で召し上れるようになりましたが、舟和が世に先駆け「みつ豆ホール」を開設し、初めて喫茶店でみつ豆をご提供したのが、「舟和がみつ豆の元祖」たる所以です


IMG_2174
今日の私のオーダー「冷製和フォガート エスプレッソ珈琲ゼリー添え」@650円です。
これって見た目以上においしい、エスプレッソとアイスクリームと餡子(あんこ)って合うんですネ。
このような和洋折衷を考えた人に座布団一枚です。
美味しゅうございました。

IMG_2175
奥様のオーダー「冷たい抹茶しるこ」@740円です。
見た目美しるこです。
これはすごい、抹茶としるこのmariageですが、奥深い味わいに拍手です

今日二人でいただいたものは、舟和さんの旧来の伝統甘味とちがって貪婪な甘味に対する意気込みを感じさせます。老舗なのに不易流行を忘れない舟和さんにも座布団一枚です。

それでは(^_-)

板橋 はちや

今日は「近藤勇異聞」の話です。
近藤勇さんは新撰組の中では土方歳三さんの次に好きな方です。
まあ実際に会ったことが無いので、すべて浅田次郎著「新選組読本」、「壬生義士伝」、司馬遼太郎著「竜馬がゆく」、「新選組読本」、子母澤寛著「新選組始末記」、「新選組遺文」「新選組物語」等の本からの擦り込みですがね。
真面目な多摩の田舎剣士がひょんなことから時代の潮流に巻き込まれてしまい、その中でひたすら武骨に誠の武士になろうと邁進していたのです。そして土方歳三という名producerを得たことにより最後は旗本まで栄達したのですね。
しかし滅私奉公した為政者が徳川慶喜というlame duck(政治的な影響力を失った権力者)だったが為に、最後はあたかも急な坂道を転げ落ちるようにしてその終焉を向かえたのでした。
特に近藤勇さんのbehaviorで好きなのは、大政奉還後に「甲陽鎮撫隊」を結成し甲府へ政府軍との最終戦争に向かう際の酒池肉林のハチャメチャ道中です。
もうこの時点で近藤勇さんは端(はな)からやる気なくしていたのでしょうね。
後はどうやって死のうかと考えていたようで、素の多摩の成り上がり侍に戻ったような言動、振る舞いはとても共感がもてたものです。

IMG_2204

IMG_2205

IMG_2206

IMG_2207
そうそう今日は板橋に出没しました。
久々に近藤勇さんの墓でもお参りしようかと思い墓地にいったところ、なな何と近藤勇さんの仮埋葬の場所が分かったのです。
ここには何度も来ていますが、全く気がつかなかったのです。
ということで今日は近藤勇さんの遺体を郷里まで搬送した秘話を以下によりご紹介します。

慶応4年4月25日、近藤勇は板橋で斬首、享年35歳でした。
板橋で斬首された勇の首級は、平尾一里塚で晒された後、京へ送られ三条河原に晒されました。
刑場に埋められた首のない遺体は勇の近親者の手によって、三日後の夜掘り出され、三鷹市大沢にある近藤勇の生家宮川家の菩提寺竜源寺に運ばれ、埋葬されました。
いつの世にも歴史の表面や、定説には出てこない言い伝えや秘話がありますが、この近藤勇の遺体運搬に関しても興味深い話しがあります。
近藤勇五郎の娘、こんさんの夫君である峰岸徳太郎氏から直接私が聞いた話なのですが、板橋刑場から竜源寺へ、勇の遺体を運ぶ途中、いったん成願寺へ立ち寄ったというのです。
その理由は、成願寺におつね(近藤勇妻)と瓊子(近藤勇娘)がいたからというばかりではなく、夜道恐ろしい刑場から遺体を納めた箱を荷物に見せかけて、駕篭で運んでくるその恐怖と疲労で、一同たいへんだったからというのです。
それで、成願寺に立ち寄り、ここで一休みしたのだと徳太郎氏は説明しました。
今までの通説をくつがえす、青天の霹靂とはこのことでしょう。しかし、この話は十分ありうることです。
板橋刑場からどんな道を通って成願寺まで来たのか、一行の足取りはよくわかりません。いずれにしても人目を避けて間道から間道を、近道を選んで走ってきたのでしょう。
徳太郎氏の話から想像すれば、成願寺にはこの時おつね母子がいて、勇の遺体の到着を待っていたものと考えられます。
そうでなければ、成願寺へ立ち寄る必要は半減してしまいます。また、成願寺側の受け入れ態勢は、すでに福田平馬によって万全に調えられていたとみてよいかもしれません。
成願寺へ辿り着いた一行は、おつねが差し出す浄め酒や、茶菓子の接待で、どんなにかホッとして、生き返った心地になったでしょう。むろん、近藤勇の霊も、東堂黄河源霊大和尚によって、手厚い供養を受けたことと思われます。
一息いれた一行は、また夜陰を黙々とひた走ったのです。
ここからの行程は、おそらく成願寺から青梅街道へ出て、現在の地下鉄新高円寺駅付近を左折して五日市街道に入り、間道(当時は畑道)伝いに南進して甲州街道へ出たか、あるいは、五日市街道を西に進み、高井戸宿の手前で人見街道に入り、大沢へ出たのかもしれません。
「物語・成願寺と新選組」赤間倭子著より転載


すごいでしょう、近藤勇さんの首なし遺体を郷里まで運んだ人がいたのです。
これは近藤勇五郎(勇の養子、当時18歳)の証言によると、近藤勇五郎の実父で勇の長兄の宮川音五郎、近藤勇五郎、宮川弥吉(勇の親戚)、村の駕籠かき4人合計7人で、板橋へ向い、処刑から3日目の4月28日の深夜、近藤勇さんの遺体を堀出し、帰還したとしています。

これって何気ない偶然が端緒なのですよ。
近藤勇五郎さんは、たまさか最近の養父の動静をみに処刑の日まで逗留させられていた板橋にきたところ、まさにその日が偶然にも近藤勇さんの処刑の日だったのです。
彼はその処刑の一部始終と近藤勇さんの埋葬された場所までを見届けています。
その日の内に多摩調布の上石原の実家に戻り家族・親戚一同にその日の顛末を報告しています。そして家族・親戚が密かに持ち帰る段取りをつけて上述の遺体搬送の運びとなったのですね。

真夜中とはいえ煌々とした明かりで作業すると官軍に発見されるriskがありますので、ほとんど漆黒の闇の中で行われた作業です。この場所は刑場ですから処刑された死体が夥(おびただ)しく埋まっているのです。したがって皆首がないために取り違える可能性もかなり高いわけです。
近藤勇五郎さんが埋めた場所を覚えていたことがこの蛮行を推進できたのですが、唯一の手掛かりは、御陵衛士達から京都、墨染でうけた「左肩の鉄砲傷」です。
この傷は油小路の変で伊藤甲子太郎らを新撰組に殺害された高台寺党の残党、篠原泰之進や阿倍十郎らが伏見街道を通って帰ってくる近藤勇さんを待ち伏せし、丹波橋、墨染あたりで銃をかまえ、富山弥兵衛が発砲し近藤勇さんに命中させたものです。これは近藤勇さんの肩の骨を打ち砕く重傷となり、命に別条はなかったものの大怪我となりました。

閑話休題おはなしはもどりまして
いずれにしてもかなりオドロオドロしく、気味の悪い作業であることは間違いありません、よくやり遂げたものです。
反逆人の屍を掘り出すなど、当時としても大胆不敵すぎる行動ですし、もし捕らえられたら、彼らも投獄され連座の罪で処刑される可能性があったのですから、本当に昔の人って偉いものですよね。この話を思い出す度に、私は心を揺さぶる感動を禁じ得ないのです。

板橋刑場から中野成願寺までざっと9km、3時間弱ですか。中野成願寺から三鷹市大沢にある龍源寺までざっと15km、5時間弱ですか、深夜の道行ご本当に苦労様でした。


今日のお店は板橋名物の甘味屋「はちや」さんです。

住所: 東京都板橋区板橋1-18-6
電話:03-3961-1495
定休日:水曜日

IMG_2208
お店の外観です。

IMG_2210
店内の雰囲気です。

IMG_2209
メニューです。

創業から52年と地元板橋で営業をしており、現在は二代目店主夫妻と三代目さんの3名でお店を切り盛りしています。ちなみに三代目さんは現在独身(40歳越え?)でお嫁さん募集中だそうです。

IMG_2211

IMG_2212
本日のオーダー「白玉ぜんざい」@500円です。
実は私は、大の甘党です。断酒してから特にその傾向が強くなってしまいました。
ここの餡子(あんこ)は、一切塩を入れてなく直球の甘さだそうです。

はたしてどうなのでしょう直球の甘さは・・・
待つこと6分で着器です。
それでは早速味わってみませう。
うん、これの甘さは鮮烈です。
何て言えばよいのでしょう、懐のない甘さっていうのでしょうか。
メリハリがきいています。
これは白玉で箸休めしないと、咥内がこの錐のようにな鋭い甘さに耐えきれません。
まどろこっしくない甘さを頂いたのは生れて初めてです。
とても心に残る一品でした。
美味しゅうございました。

それでは(^_-)

東北道蓮田SA上り線 錦市場「京丹波」

今日は「私が持っている記録」の話です。
私が持っている記録と書くとおこがましいのですが、28年間に亘って電車の中で立っている妊婦さんを見かけると席をお譲りしています。
これは私が特段妊婦さんに優しいというのではなく、長男が奥様の胎内にいた時に、よく奥様が席を譲ってもらっていたので、その恩返しの意味で始めたのです。
その長男も27歳(28年−胎内1年)ですので、そろそろ長男にもはやく結婚してほしいと念じているこの今日この頃です。

最近、若い女性は栄養が良くなったせいでしょうか、たまに妊婦さんでない方を妊婦さんと間違えて席を譲ることがあります。とても失礼な行為なのですが、ほとんどの人が怒らずに許してくれることが私の救いとなっています。しかしこの間違いは、怒らずに許してくれているものの、間違えられた方のお気持ちを忖度するに憤懣やるかたないものがあると思います。

マタニティマーク
そこで見分け方を研究し始めました。
まずは「おなかに赤ちゃんがいます」というmaternity markを付けている方がいますので、このmarkを見つけたら即座に席を譲ります。このmarkそのものは賛否両論があるようですが、個人的には、意識不明で倒れた場合や交通事故にあった場合に赤ちゃんの命を最優先に助けてもらいたい時には、大いに役立ちますので結構かとおもいます。
次にはお腹の大きい女性の顔を見て妊娠可能なお年ごろかどうかよくよく見極めてから席を譲るようにしています。これはかなり確度が高くなりました。
そして最後は、“疑わしきは席を譲らない” これが一番いい様でして、良かれと思って相手に不愉快な思いをさせても意味がありませんからね。

年々車内で妊婦さんを見ることが少なくなってきているのは寂しいかぎりですね。
いつか私も老境にさしかかれば、逆に席を譲ってもらうことになるかもしれませんが、その日が来るまで続けていきたいと思っています。


足で弾く巨大ピアノで「トルコ行進曲」がスゴ過ぎますね。
完全にダンスしかもタップダンス。
スタミナもかなりのものでしょう!



IMG_1960

IMG_1965

IMG_1961

IMG_1963
今日は佐野アウトレットに出没です。
ここは高速に乗れば自宅から45分と極めて短時間で行ける場所にあります。
そのせいか最近本当によく買物に来させられます。
今日のお店は東北道蓮田SA上り線にあるハイウェイドライブグルメ錦市場「京丹波」さんです。

住所: 東北道蓮田SA上り線
電話:不明
休日:不明(臨時出店かもしれません)

IMG_1966
東北道蓮田SA上り線外観です。

IMG_1968
お店の外観です。

IMG_1967
特殊圧力機械です。

IMG_1970

IMG_1969
今日のオーダーは「焼きポン(150g)」@525円です。
焼ポンとはポン菓子の作り方を応用した特殊圧力製法で焼き上げた栗のことです。
厳選された糖度の高い栗を使用しておりますので調味料などの添加物を一切使用せず、栗本来の甘さが味わえるのですよ。本来は京都丹波の栗を使用するのですが、現在は時期外れなので韓国産のものを使用しています。
美味しいそうかなんと冷やかしていたら、店員さんが、お一つご試食ください、と言って「焼きポン」×1個手渡してくれたので、口にいれてみました。
そうしたら美味しいこと美味しいこと、かなりクリビツしたので、買い求めた次第です。
家に帰ってからまとめて食べてみましたが、とても美味しいですね。これは栗の美味しさが、特に甘さが凝縮されております。それと特殊圧力製法で焼き上げた栗は剥きやすく、栗丸ごと一粒を本当にきれいに剥くことができます。
久々にniceな和菓子に出会うことができました、ハイ。

それでは(^_-)

護国寺 群林堂

今日は「NHK放送禁止用語」の話です。
NHKは商品名を言ってはいけない放送局だというのは御存知だと思います。
今回その例を以下のように纏めてみました。
ご参考になれば幸甚です。
NHK禁止用語
しかしスゴイですよね(笑)
No.4の「ペッパーソース」は、一体全体何のことやらでしょう。パスタのソースの一つかなと普通は思いを巡らしますよね。
No.8の「縁起物の矢」は、これこそ「破魔矢」って言い変えてくれないと全くそのもののimageがわかないじゃないですか。
No.12の「粘着テープ」は「セロテープ」よりも「ガムテープ」を連想してしまいすよね。
No.15の「けん盤ハーモニカ」なんて聞いた日には、「ピアニカ」以外のものが新しくできたのかしらんと変な方向に考えが及んでしまいますよね。
No.16の「リバーシ」から「オセロ」を連想した方は個人的に表彰します。
唯一人口に膾炙しているのは「うまみ調味料」ですか、これは即座に「味の素」と関連付けられますが、それ以外は関連付けにかなりの困難を要しますね。

まだここら辺りは可愛いいほうでしてpolitical correctness(ポリティカル・コレクトネス=政治的な正しさ)になるともう言葉の説明がつかないというか、これってほとんど死語でしょう(笑)
いくつか例を挙げてみます。
ロンパリ→斜視
かさっかき→性病患者
しらっこ→白皮症
つんぼ桟敷→聞こえないところ
めくら判→ろくに見ないで判を押す
てんぼう→隻腕
おわい屋→清掃員
おんぼう→火葬場従業員
三助→浴場従業員
ニコヨン→自由労働者
チャンコロ・ポコペン→中国人
支那チク→メンマ
ペイ患→麻薬患者
チャリンコ→掏り
最後の「チャリンコ」から「掏り」を連想された方がいたら、それはそれでその方が有る意味ですごいのではと思います。
Generally speakingで申せば「チャリンコ」は申せば「子供」でしょう。
違いますか、それは「ジャリンコ」・・・
「チャリンコ」と申せば正しくは「自転車」ですよね。
私はそれ以外の言葉もかなり知悉しておりますが、今の若者の中でこの言葉を何人の若者が理解できるやらです。
一番お気の毒なのはこのような禁止用語を定期的にmaintenanceしているNHKの担当の方でしょう、極めて不条理なお働きに対して労(ねぎら)いご言葉を贈らせてもらいます。


he was the best entertainer and best boxer:D



今日は音羽に出没です。
今日は珍しくsweetのお店です。
以前から食べたくて食べたくて仕方なかったのですが、訪れる時間が遅いのか、売り切れる時間が早いのか微妙なところではありますが、毎回品切れ必須なのです。
ということで今日のお店は東京三大豆大福(群林堂、瑞穂、松島屋)の絶巓(ぜってん)との評判の高い「群林堂」さんです。

住所: 東京都文京区音羽2-1-2(講談社の斜め前)
電話:03-3941-8281
定休日:日曜日

IMG_1562
お店の外観です。

池田正一さん
お店の紹介記事です。
講談社の斜め向かいに店を構える「群林堂」。看板商品の「豆大福」は、吉川英治、三島由紀夫、松本清張といった作家への手土産として愛用されてきた。
粒餡を包み込むやわらかな餅には、赤えんどう豆がたっぶり。開店と同時に訪れれば、はねっと湯気の上がる出来立ての「豆大福」を手にできる。  
「味の秘訣は素材を選び、その良さを引き出すこと」と、2代目の池田正一さん。小豆は十勝産えりも小豆、もち米は佐賀産、赤えんどう豆は富良野産。いずれも風味豊かな厳選素材だ。毎日、朝5時過ぎから作り始め、午後2時ごろには完売。その日に作ったものはその日に売り切る。 
最近、「この豆大福は明日でもやわらかいですか?」と聞くお客がいる。頑固一徹な父・長寿郎さんなら追い返したところだが、正一さんは「固くなりますよ。自然なものしか使っていませんから」と笑顔できっぱり、当たり前のことが当たり前でなくなりつつある現代において、なお実を貫く職人の誇りが「豆大福」から伝わってくる、       
(料理通信社・瀬戸理恵子)


IMG_1564

IMG_1608

IMG_1609
今日のsweetsは「豆大福」@160円です。
最初の画像は一人で行って近くの公園で食べたものです。
次の画像は後日、次男に買いにいってもらったものです。

まず最初に驚いたのは一人で買いにいったきに手渡された「豆大福」は、ほわっと湯気あがっていて温かいのですよ。
温かいのなら早めに食べなきゃというので走って近くの公園までいったのです。
そしておもむろに包まれた包装紙を開いて味わいました。
まず飛び込んできた食感は赤えんどう豆の程良い硬さです。
なんですか、この赤えんどう豆はとても美味しいじゃないですか。
そしてさらに味わっていくと、なかにはみっしりとつまった大量のアンコとの会遇です。
しかもアンコは私の大好きな粒餡です。
そしてこのアンコの美味しい事、美味しい事、ちょっと筆舌に尽くせない程です。
例えて言えば「天女の降臨」のような上品でしかもまったりとした風情の甘さです。
これは最高ですネ。
他の和菓子の追従は許さないでしょう、自信ありです。

次男が買ってきた「豆大福」は、この「豆大福」自体にもち米を柔らかく維持するような添加物は一切含まれないため、その日の夕方には表面が少し乾燥し始め、段々と固くなってきました。
しかし霧を吹いてトースターで軽く焼くと、焼き餅のような食感になり、中の餡が柔らかくなり、これはこれで美味しいものでした。
でもこれだけの美味しい「豆大福」ですので、買ってすぐに味わうことをお勧めいたします。
このようにしてこの「豆大福」を頂けば、貴方にも間違いなくこの上ない口福が訪れることでしょう・・・

それでは(^_-)

須田町 万惣フルーツパーラー 本店

今日は「Winter holidays' omnibus」の話です。 
私はこのblogで何度もupしていますが所謂“一糸乱れね” freakです。
最近ハマっている“一糸乱れね”はフラッシュモブ(Flash mob)です。
フラッシュモブ(Flash mob)とは、 インターネット、特にEメールを介して不特定多数の人間が公共の場に突如集合し、目的を達成すると即座に解散する行為です。
以下に最近のmy favoriteを紹介します。
如何でしょうか。

これはCentral Station SydneyのMobです。



これはSydney Opera Houseのmobです。


冬休みいちばんショックweepを受けたことは、このあなたのKY度チェック です。
私は何度やってもあなたのチエック結果は【KY度は99%】で、“まったく空気が読めないタイプです!!”となるのです。
何でやネン
この診断が壊れていると思ったので、奥様にも診断してもらったのですが、逆に奥様は空気が読めるタイプでした。
興味のある方は試してみて下さい。


今日のお店はThe next top restaurant to visit before you die(死ぬ前に行きたい二番目のレストラン)です。
ちなみに一番目は京都の「安参」さんです。
そのお店の名は「万惣フルーツパーラー 本店」さんです。

住所: 東京都千代田区神田須田町1-16-1万惣2F
電話:03-3254-3711
定休日:日曜・祝日・第3月曜日

IMG_0336
お店の外観です。

IMG_0338
店内の雰囲気です。

IMG_0337
メニューです。

今日のオーダーは「ホットケーキセット(ホットケーキ+コーヒー)」@1,150円です。
私の死ぬ前に行きたい二番目のレストラン、正しくは食べ物ですが、ここのホットケーキが食べたかったのです。
何ていったって銅のフライパンで丁寧に焼かれた生地は表面キツネ色ですべすべでだそそうですよ、この一文だけでも生唾ものです。

IMG_0341
ところで先ほどから誰ぞの視線が、私は決してophthalmophobia(視線恐怖症)ではないのですが気になる。
何気なく右側に目やると・・・カーテンの柄だったのですね(笑)

IMG_0340
すぐに到着したバターとメープルシロップ君です。
バターが惜しみなく入っています。

IMG_0343

IMG_0342
待つこと20分で着皿です。
それでは実食です。
見た目美ホットケーキですが、想像していた大きさより少し小ぶりでおやせになられていました。
バニラオイルの匂いか?ほのかに甘い香りが鼻腔に立ち込めてきます。
この香りは子供の頃、毎夜夢に見たまさにお菓子の国の香りです。
そしてこのホットケーキを八つ切りにして、たっぷりとバターを塗りそれと同等のメープルシロップをかけて口に運ぶと至福のflavorが口内に充満します。
そしてその食感は銅のフライパンで焼いただけありedgeはカリッとしていて、さらに中は真夏の雲みたいにフワフワです。
これはスゴイ味です。本当に驚きました。

童話にシンデレラの話があります。
舞踏会に行きたがるシンデレラを、不可思議な力(魔法使い、仙女、ネズミ、母親の形見の木、白鳩など)が助け、準備を整えますが、12時には魔法が解けるので帰ってくるようにと警告されてしまう童話ですよね。
そうなのですこのホットケーキの味も時間制限がありその有効時間は5分間だけなのです。
だんだん冷めてくると味わいが普通のホットケーキと変わらなくなってしまうのです・・・
でも5分間だけでも “見果てぬ味”をみせてもらったのだから由(よし)としますか。
こんなことを最後に書くからKY度99%というjudgeになるのでせうね・・・よせばいいいのに。

それでは(^_-)

新御徒町 白根屋 リターンズ

今日は「龍馬伝」世間山(よもやま)話です。 
ryoma1125-4-thumb-300xauto-98471[1]
今日は楽しみにしていた土曜スタジオパーク「龍馬伝」スペシャルを見ていたがじゃ。
そして待ちに待った『あなたがもう一度みたい「龍馬伝」Top10』の発表がされたぜよ。

1257票  第1位 寺田屋騒動 (第36回)
757票   第2位 坂本一家で桂浜へ 龍馬が夢を語る (第7回)
478票   第3位 龍馬vs後藤象二郎 清風亭の対決 (第40回)
395票   第4位 龍馬とお龍 新婚旅行 (第38回)
383票   第5位 龍馬、武市、弥太郎 牢での再会 (第28回)
314票   第6位 武市切腹 以蔵の最期 (第28回)
300票   第7位 高杉と龍馬 最後の語らい (第41回)
287票   第8位 龍馬 黒船目撃 (第5回)
273票   第9位 龍馬とお龍 最後の休日 (第45回)
265票   第10位 脱藩前夜 家族との別れ (第13回)
土曜スタジオパーク「龍馬伝」スペシャルより転載


そうか第1位は「寺田屋騒動」か、さもありなんです。
個人的には第3位の「龍馬vs後藤象二郎 清風亭の対決」ですね。
やっぱしシェイクハンドは胸にしみるがじゃ、たまらんきに!
後藤象二郎役の青木宗高さんいい役者ですね、この役作りのために10kgも体重を増やし、そして今度は次のドラマの為に激ヤセさせているとか見上げた役者根性です。
そういえば岩崎弥太郎役の香川照之さんがド二日酔いで福山雅治さんとの思い出を話していました。寝不足なのか目がボッタリと腫れていましたよ。
福山雅治さんってcleverな役者ですね、話が軽妙洒脱で面白かったです。でも少しcoolかな、妙齢の女性に人気があるのが良くわかりました。
福山雅治さんがこぼしていましたが、「龍馬伝」の大友監督ってあまりカット割をしなくて長回しを多用するのですって、その為どこで終わって良いのかがわからず仕方なくアドリブで続けていくのですが、それが大変だったそうです。
一度隣のスタジオでやっている2011年度大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」を見学にしに行ったのです、そうしたらそこではキッチリとカット割りがされており、それを目(ま)の当たりにして、大友監督だけが異常だったんだと納得して帰ってきたそうですよ。
アドリブといえば西郷隆盛役の高橋克己さん、あまり薩摩弁が得意ではないので福山龍馬のアドリブに薩摩弁でかえせません。なす術(すべ)もないので、ただ笑うのみでしのいでいたそうですって、役者さんも色々と大変なのですね・・・

役者さんといえばこれ、インドキャッチプリキュアです。
ちなみにプリキュアとは、ABCの日曜朝アニメとして制作された「ふたりはプリキュア」に始まる女児向けアニメ作品群です。シリーズ全体では東映アニメーション女児向け作品として最長年数及び放送回数が継続されており、「美少女戦士セーラームーン」シリーズ(5年間、通算200回放送)や「おジャ魔女どれみ」シリーズ(4年間、通算201回放送)以上ですが、本作はこれらの作品とは異なり、ストーリーに連続性はなく、1年、あるいは2年ごとを区切りに1シリーズとしており、シリーズ間の登場人物や世界観などの連続性もありあません。
これはフリネタの流れで記しましたが、私はこのアニメ興味もありませんし、一度も見たこともありませんので、ハイ。
「プリキュア」Wikipediaより転載

閑話休題。

この役者さんたちスゴイですね。実は私、一糸乱れずという踊りが大々々好きなのです、これには大感動です、芸術的でさえもあります、ブラボー!

今日は私のホームタウン、竹町に出没です。
妙に甘いものが食べたくて、「白根屋」さんにお邪魔しました。

住所:東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

IMG_7086
お店の外観です。このお店は昭和35年創業ですから今年は50年の節目の年です。
今の経営者は二代目、創業者は新潟から上京してきたそうです。
このお店は佐竹商店街の長い移ろい、その殷賑から零落を見てきた歴史の証言者でもあります。
ちなみに「白根屋」さんは「しらねや」さんではなく「しろねや」さんが正しい読み方なのです。

IMG_7087
店内の雰囲気です。

IMG_7088

IMG_7089
今日のオーダー「クリームぜんざい」@390です。
甘味は脳の疲労を瞬時に回復させてくれる特効薬でもあります。
スプーンでこのぜんざいを口に運ぶ度に疲れた脳が生き返ってきます。
そうそう味ですか、バリ美味ですよ。量がデラ盛りなのも嬉しいかぎりです。
いつまでも美味しい甘味を提供してください。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

大泉学園 おはしCafeガスト

今日は「オナラが臭いわけ」の話です。
今日のフリネタはオナラです。
「本来であれば」というのが難しいのですが、オナラというのは、口から入った食べ物が、身体の各消化器官で消化されていく時に発生するガスのことで、正常な状態であれば無臭となるのです。
「本来であれば」とか「正常な状態であれば」なんて回りくどい表現を使っていますが現代人は、この「本来であれば」とか「正常な状態であれば」という状態が極めて難しい現実があります。
では、どういう状態のときが、オナラが臭い時になるのでしょうか?
おならが臭う、臭わないは、主に腸で食べ物が分解されたときに出るガスの種類によって決まります。
おならは、豆類やイモ類などが消化された時にできる発酵型のガスと、肉や卵などの動物性たんぱく質が消化された時にできる腐敗型のガスの2種類に分けることが出来ます。
おならが臭いのは、肉食中心による腐敗型ガスのせいで、臭いの原因物質は、インドール、スカトール、アンモニア、硫化水素などが強いにおいを発生させるのです。
他の原因では、腸内の悪玉菌が増えすぎているとき、胃腸の働きが悪い時、ストレスが多い時、玉ネギやニンニクといった、硫黄分の多いものを食べた時もおならの臭いは強くなる傾向があります。
現代人は、どちらかというと肉食中心です。
つまり腐敗型のガスを作りやすいのです。
昔の日本人は肉よりも魚中心の食生活で、野菜もたくさん摂っていたので、食物繊維なども十分摂取していたと言えます。
このおかげで、あまりオナラが臭くなかったのです。
今、肉食をやめて魚や野菜中心の食生活に戻せ、といっても普通の人は無理でしょうけど・・・。
ところで健康な人のオナラは臭くないと言うと、ウソのように聞こえるかも知れませんが、本当のことです。
健康な人のお腹のなかでは、悪玉菌などが繁殖していないので、オナラの臭いの元になるガスが作られないので臭くないのです。
そして善玉菌が多くて、大腸の前のほうで炭水化物を分解してガス(二酸化炭素や水蒸気)を出すので、臭いもなく、害が無いどころか、腸管を刺激して腸の働きを高めてくれるということです。
「おならが臭い原因、くさいおならの悩みを解消しましょ!」さんのblogより転載


ガスト1
「安住紳一郎の日曜天国」のアシスタントの中澤有美子さんも一日に10数回されるというカミングアウトを番組で聞いて驚いたことがあります、エッあんなに美人なのに!
ちなみにオナラをすると英語でいうとDid you cut the cheese?です。
外国でもオナラは臭いようです…当り前か(笑)
赤ん坊のオナラは臭くないというので、長男で確認しました。
これは本当でした、私はこのままの成長を願ったのですが、流動食あたりの頃から大人と変わらなくなり、愕然とした思い出があります・・・親バカ!
何れにしても、人前でするのは問題ですが、溜めるのはよくないようですし、ですぎるのや臭いのも健康に問題があるようですのでhealth checkの一つの目安とすべきでしょう(笑)

今日は長男が帰省していたので、奥様と長男とでdinnerに「おはしCaféガスト大泉学園店」さんに出向きました。この店は「オトクーポン」が使用できるので最近このお店よく行っています。

住所: 東京都練馬区大泉学園町2丁目20−37
電話:03-5387-7057
休日:無休

ガスト2
お店の外観です。

ガスト3
店内の雰囲気です。

ガスト4
今日はスウィーツ編です。まず奥様オーダーの「イチゴケーキ」@418です。
これはイチゴの香りが丁寧に混ぜられています。まず無難な裏切らない味です。

ガスト5
私のオーダー「クリームあんみつ」@313です。これは粒餡が美味しい、ファミレスでこの味はスゴイ!さらにコスパもいいですね。

ガスト6
長男オーダーの「チョコケーキ」@208(オトクーポン使用)です。これはケーキの王様、ビターな甘さがタマリマセン。

「おはしCaféガスト」は 「いつでも 心地よく ココロ とカラダ にやさしいおいしさが味わえるガスト」というのが惹句です、要は健康志向ファミレスなのです。

さらにガストとは、「より身近に、より気軽に、我が家の食卓代わりに」ご利用いただけるようにと願いを込めてスペイン語で、「おいしい」という意味のGUSTOと名付けられたようです。

何か最近「オトクーポン」につられて、スカイラークグループばっかり行っていますね。

それでは(^_-)

大泉学園 ナカタヤ

今日は「横浜親不孝通り」の話です。
ナカタヤ1
京浜急行線「日ノ出町駅」から「黄金町駅」を結ぶガード下の路地は俗に「黄金町」と呼ばれ、かつては「ちょんの間」という小さな特殊飲食店が軒を連ねる風俗エリアだった。良くも悪くもハマのある側面を象徴してきた存在でもある。一昨年、近隣住民の浄化活動と神奈川県警の一斉摘発によって売春が一掃されたが、それに伴い人の往来が減り、無人となった店舗がそのままになっているのが実情だ。一口に「黄金町」といっても、正確には日ノ出町、初音町、黄金町という3つの町からなるエリアである。この地域は戦前から大岡川の船運を活用した問屋街として栄えたが、終戦後はまずガード下にバラック小屋の住居が集まり、次第に飲食店に変わっていった。そんな店の中から女性が客を取る店、いわゆる「ちょんの間」が現れ、いつしか関東でも屈指の「青線地帯」として知られるようになる。現在、この街に放置されたままの特殊飲食店の店舗は、終戦直後のバラック小屋に端を発している。そのため、地権者などの権利関係が複雑で調査に時間がかかってしまうのである。ちなみに「青線」とは、昭和31年に施行された「売春禁止法」で売春が公認された地域が「赤線」と呼ばれたのに対し、非公認で売春が行われていた地域を指したものだ。警察が地図上で赤い線と青い線で書き分けたのがその由来だと言われている。
「ヨコハマ経済新聞」より転載

新入社員の時初担当の一社に横浜黄金町にある老舗の硝子問屋がありました。とても真面目に通っていたのでその問屋の社長に気に入られていました。いつもは日中行くのでこの街の異常さに全く気がつきませんでした。
ある時打合せが夕方になりいつものコースを通ってその問屋さんに行くのですが、すると街の角々に妙齢の女性が立っており、お疲れ様、ご苦労様です、と声がけしてくれます。最初は何と挨拶のしっかりとした街なのだろうと思いましたが、街の角々で夕方のみ女性が挨拶するわけもなく、やはりこれはイカガワシイことをする女性なんだろう、と思いをめぐらせていました。

打ち合わせが終わり七時過ぎになったものですから、先方の社長が、××君(私のこと)近くに美味しい煮込み屋台があるからそこで軽く飲もうか、と誘っていただきました。断る理由など全くないものですから、即座に快諾してそのお勧めの煮込み屋台さんについていきました。4〜5分歩くとその店の前に着きます。
着くやいなや私は目の前に広がるこの不思議な光景にキョトンとして社長に質問しました、社長、「煮込み屋さん」といわれましたが、ここってただの戸締りした酒屋さんじゃないですか、社長は、そうだよ、酒屋だよ。少し待ちな、意味が分かるから、とのたまいます。しばらくするとシャッターが開き中から、鼻腔をくすぐるよい匂いのする屋台が現われお店の外に設置されました。
屋台の支度が整うと社長は、ここの煮込みはハマイチだよ、といいながら、中の酒屋に入りカップ酒を買ってきて、煮込み串を数本頼み私に口にするようにすすめました。

確かに社長が横浜で一番美味しいというだけあって、この煮込み串はトロトロ、ホクホク、ジューシーです。それに七色唐辛子をタップリかけ、それを冷酒とともに食べますとこの上のない至福が訪れます。

しばらく歓談していると、件(くだん)のお姉さんと思(おぼ)しき一人がお店に立ち寄りました。屋台のオジサンとの話を聞いていますとそのお姉さんは地元のお方で、どうやら立ちんぼのお姉さんではないようです。10分位すると今度は開口一番、今日はお茶ッピキだわ、しけた客しかいないネ、と煙草を燻(くゆ)らせながら、蓮っ葉な女性が屋台に首を差し入れてきました。おじさん煮込みちょうだい、といいながら酒屋に入り、カップ酒を求め戻ってきました。

すると先にいたお姉さんが、その女性に気がつき、あなたまだ客とってるの、もう家庭があるんだから、そんなことしちゃだめじゃない、と即に叱り飛ばしました。エツ、姉さんいたの、見なかったことにしといてよ、とおたおたしながら哀願しています。さらに叱り飛ばしたお姉さんは、もう戦争が終わって何年たつと思うの、苦労して家庭もったんだから、昔に戻っちゃ駄目じゃないの、といっています。叱られたお姉さんは、内の宿六、博打ばっかやって、まったく家にお金いれてくれないもんだから、仕方ないのよ。私だってこんな汚れた仕事したくないわよ、と言い訳をします。
そんな会話を酒のツマミにしながら、そのあとも社長と取り留めない話をして別れました。

しかしこの話はとても恐ろしいのです。何故ですって、この女性の会話をまとめますと、二人はともに戦争未亡人です。そして私がこの社長と飲んでいたのは昭和60年前後です。仮にこの二人が昭和元年生まれで戦争が終わった昭和20年に二十歳で結婚してその年にご主人が戦争で亡くなったとしても、御年60歳です。そんなわけもなく二人とも由(ゆう)に60歳を超えていたのです、そういう意味で恐ろしい話なのです。さらに取引先の社長の話を付け加えますと、この町は戦後、麻薬取引のメッカとして暗黒化し、それに戦争未亡人が糊口を凌ぐために春を鬻(ひさ)ぐ仕事に大挙流入して、このような一大売春窟に伸張したとのことです。“This is an old story!” でした。

ナカタヤ2
海外版です、「売春婦に注意」ですって、一体どういうふうに注意したらいいのしょう(笑)

今日は疲労が溜まりすぎて朝起きられず、雨模様の一日だったこともあり会社にいかず、ゆっくりと心と身体の洗濯をしました。家でくつろぐかと思えば性格なのかセカセカと雑用を片付けていました。外出のさなかなぜかコーヒーが飲みたくなり、さらに甘いものもあればいいかなと思い大泉学園の有名洋菓子店の一つである「ナカタヤ」さんを訪れました。

住所: 東京都練馬区大泉学園町7-19-11
電話:03-3924-8102
定休日:無休

ナカタヤ3
お店の外観です。このお店は自由が丘「モンサンクレール」の有名パティシェである辻口博啓さんが、若いとき修行したお店です。
彼の母親も、大泉のお店のご主人がいい人でね、「厨房(ちゅうぼう)の材料でも道具でも、なにを使ってもいいから、修業してりっぱな菓子職人になれ」、と言ってくれたらしいです、とこのお店に対して感謝をしております。

ナカタヤ4
店内の雰囲気です。何故かお客はご高齢の方ばかりです、最初養老院のティールームかと勘違いしました。

ナカタヤ5

ナカタヤ6

ナカタヤ7
今日のオーダー「ケーキ(モンブラン)セット」@700です。このお店安いですね、まずモンブランが@350です、さらにコーヒーが@400でさらにサービスコーヒー@400もつくので@1,150のものが@700でいただけるわけですからお徳感アリアリです。
味はすごく丁寧な仕上げで、甘さもクドクなくとても美味しくいただきました。中の栗も美味しい味わいです。隠し味のラム酒も絶妙な風味を醸しだしています。とても結構でした。店員さんの接客もよく繁盛店なのは納得です。
ご馳走様でした

それでは(^_-)

神田淡路町 近江屋洋菓子店

今日は下町ブラリ旅です。
今日はヨドバシカメラマルチメディアAkibaに所用があり奥様と下町をブラリ旅をしました。パチリでその足跡(そくせき)をご覧下さい。

近江屋洋菓子店1
まずは浅草に出没です。浅草寺は観光客で大混雑でした。特に吉永小百合さんと笑福亭鶴瓶さんが山田洋次監督とともに主演映画「おとうと」のヒット祈願を浅草寺で行なったため、観光客を含む大勢のファンは大歓声を上げていました。

近江屋洋菓子店2

近江屋洋菓子店3
そして酒飲みの旧聖地「松風」の前を通りますと、なな何と閉店した「松風」が「浅草ビアホール」に居抜きで変わっていました。店内はなかなかオサレです。


浅草「馬賊」さんの麺打ち作業です。1本の麺が2本に、4本に、と倍に増えていきます。ちなみに20回繰り返すと麺の数は2百万本なってしまうのですが、さすがにこれは有りえませんね(笑)
下手な職人が打つと麺の太さが揃わず、とても食べにくくなにります
このお店は高校生の頃から通っていますが、麺打ちのパフォーマンスは流石なのですが、ラーメンは美味しいと思ったことが一度もないので、個人的には「いつも裏切られ店」です。
住所: 東京都台東区雷門2-7-6 豊田ビル1F
電話番号:03-3841-6002
定休日:無休

近江屋洋菓子店4
その後神田は万世橋に歩を進めました。万世橋からの神田川のスナップです。子供達をよく連れて行った「交通博物館」は閉館されたのですね、取り壊されていました。

神田老舗五店の内四店のパチリです
近江屋洋菓子店5
鳥料理「ぼたん」(千代田区神田須田町1-15)さんです。戦災をまぬがれた昭和初期の建物で「東京都歴史的建造物」に指定されています
近江屋洋菓子店6
そば処「まつや」(千代田区神田須田町1-13)さんです。明治17年創業、江戸前ちょっと濃いめの下町の味を継承する老舗蕎麦処です。
近江屋洋菓子店7
甘味処「竹むら」(千代田区神田須田町1-19)さんです。昭和五年創業という歴史ある老舗甘味処(東京でいう「お汁粉」屋さん)です。
近江屋洋菓子店8
あんこう料理店「いせ源」 (千代田区神田須田町1−11−1)さんです。「東のあんこう、西のふぐ」とも言われる都内唯一の鮟鱇料理店です。「東京都歴史的建造物」に指定されています。このお店だけが日曜日にもかかわらず店を開けていました
『藤木旦の「小さな画室」水彩画の画集サイト』のcaption参照

だいぶ歩いたのでBreakしました。今日のお店は下町ならではの洋菓子屋「近江屋洋菓子店」さんです。
住所: 東京都千代田区神田淡路町2-4
電話番号:03- 03-3251-1088
定休日:無休

近江屋洋菓子店9
お店の外観です。

近江屋洋菓子店10
店内の雰囲気です。かなり昭和の雰囲気が色濃く残っているお店です。実はこのお店には、一体何回訪れているのでしょうか、私お酒も飲みますが、甘いものも大好きなのです。

近江屋洋菓子店11
今日のオーダーは、モンブラン@315、ショートケーキ@441、洋梨のタルト@263、ドリンクバー@525×2=1,050です。ケーキの見てくれはold-fashionedではありますが、味は本格的な力強い味です。しかもお安いという下町ならではの名店であります。

近江屋洋菓子店12
ドリンクバーの面々です。バラエティー(コーヒー、紅茶、ミルク、チョコレート、ストロベリー、マンゴとパパイヤ、みかん等)に富んでいます。

近江屋洋菓子店13

近江屋洋菓子店14
ドリンクバーには何故かボルシチがおいてあります。これがまた美味しいのですね、しかし洋菓子店に何故ロシアのスープがおいてあるのでしょうか

このあとヨドバシカメラマルチメディアAkibaに戻り、サクサクと用事をすませ家路に着いたのです。如何でしたか私達夫婦のブラリ旅は…やはり歩きすぎでしょうか(笑)

それでは(^_-)

近江屋洋菓子店 神田店 ( 淡路町 / ケーキ )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ

大泉学園 パティスリー プラネッツ  

今日は「チョコレートは虫歯になる」の話です
日本大学歯学部の福島和夫教授の実験によれば、虫歯菌を与えたラットにチョコレートの原料であるカカオ成分を与えたグループ、与えないグループに分けて結果を比較してみたところ、カカオ成分を与えたグループでは明らかに、虫歯の発生率が低いという結果がでたのです。
長いこと、虫歯の原因はミュータンレンサ菌だと考えられていましたが、福島教授の実験によって、むしろ、ソブリナス菌のほうが虫歯を作りやすいことがわかりました。カカオ成分は、このソブリナス菌の活動を抑え込む働きがあるそうです。
また、ラットに、ホワイトチョコ、スィートチョコ、ホワイトチョコ+カカオパウダー、スウィートチョコ+カカオパウダーを食べさせたところ、カカオ成分の入ってないホワイトチョコとスィートチョコを食べたグループ以外はすべて虫歯を抑える効果が見られたのです。こうして、チョコレートを食べているといむしろ虫歯になりにくい事も証明されました。
チョコレート協会のコメントによると「チョコレートを食べると虫歯になる」という言葉は、その昔、チョコレートは高価なお菓子だったため、子供には贅沢品です。そこで、チョコレートを遠ざける為に“嘘も方便”だったそうです。
「雑学の王様」幸運社編より転載

土曜の夜から、会社のチームの懇親旅行で河口湖にいってまいりました。予想していたのですが、ただひたすらダラダラ飲んで寝不足になるという、お約束の展開でした。結局帰宅してから仕事をしているというアホみたいな日曜日になりました。

プラネッツ1
富士山一合目からのパチリです。ここは日本かという感じです、というのも日本人は私達グループだけで、後は全員中国人です。いたるところで“請笑”(Qing xiao)という “笑って”を連発しながら、記念写真を撮りまくっており圧巻でした(笑)
プラネッツ
宿泊したホテルです、結構高級感ありましたね。
プラネッツ3
河口湖駅前にあったボンネットバスです、あらメズラシイ!

プラネッツ4
今日はフリネタの通り、「スウィーツ」です。大泉学園に美味しいパティスリーがあるということでワザワザ買い求めにいってまいりました。
今日のお店は「パティスリー プラネッツ」さんです。
ここのオーナーパテシィエ山本光二氏は、フランス国内菓子コンクール多数受賞、第六回1999年「洋菓子ワールドカップ」個人戦・チョコレート部門二位受賞するなど輝かしい経歴を持たれた方です。

住所: 東京都練馬区大泉学園町5-8-20
電話:03-5933-1233
定休日:水曜日

プラネッツ5
お店の外観です、

プラネッツ6

プラネッツ7
店内の雰囲気です。

プラネッツ8
ドゥセー@400です。二種類のチョコレートのクリームが層になったケーキです。底はさくさくのキャラメルショコラ味のアーモンドクッキーです。

プラネッツ9
プラネッツモンブラン@500です。渋皮マロン入り、カスタード、生クリーム、底はサクサクのサブレ生地です。

プラネッツ10
サンマルク・オ・テ@400です。香り豊かな紅茶(アールグレイ)のクリーム、ミルクチョコレートの組合せです。

プラネッツ11
ミルフィーユキャラメル@450です。パイ生地の間にカスタードクリームをサンドし、上に塩入キャラメルを流したシンプルなミルフィーユです。

プラネッツ12
ケーキの王者ショートケーキ@400です。

プラネッツ13
チョットビターなチョコショート@400です。

このお店味については、他のパティスリーより頭一つ抜けています。特にチョコがお得意なようで、素晴らしい味わいです。わざわざ大泉学園駅から長い時間をかけてバスで買い求めにくるRepeaterがいるのも頷けます。

それでは(^_-)

佐野 コールド・ストーン・クリーマリー

今日から夏休みです。夏休み初日は恒例の車のオイル交換で始まります。朝早くに近所のタイヤ館に行きました。なな何と混んでいます。店員さんが申すには40〜50分かかるとか、仕方なくFreeのBeverageを飲みながら普段全く見ない写真週刊誌を拝読していました。
やはりこの手の週刊誌はツマラナイですというか読むところがありません。一体こんなの誰が買うのだろうと嘯(うそぶ)いていたらあるページで目が釘付けになりました。
BlogPaintBlogPaint
まさかこのお二人あの方々ではと思ったのですが、あまりの変貌に驚き桃の木です。
為念キャプションを見たら間違いありませんでした。
しかしこのような老醜を掲載して私たちの夢を壊さないで欲しいものですね。よって名前を書くような野暮なことはあえてしません、皆様のご想像通りで間違いないと思います。なおこの画像は多分フラッシュさんかフライディさんからの転用です。多分というのは、本を読んでいたら突然店員さんが「お支払いお願いします」と声掛けされ、週刊誌を元のところに片付けて立ち上がりそれから即に支払いをしたので、よく週刊誌名を確認していませんでした。一応肖像権を気にしてモザイクかけて見ましたが、そもそもこの方々の肖像権は一体どのように扱われるのしょうか?
コールドストーンクリーマーリー3
今日、夏休み初日は奥様の実家に帰省です。そうなりますとお約束の佐野プレミアム・アウトレットに立ち寄りです。
今日のお店はこのブログでは二回目の登場の「コールド・ストーン・クリーマリー」です。

住所: 栃木県佐野市腰名町2058番地佐野プレミアムアウトレット1125区画
電話:0283−27−2148休日:無休

コールドストーンクリーマーリー4
店内の雰囲気です。

コールドストーンクリーマーリー5
今日の奥様のオーダー「グリーンティーベリー」@600です。これはフローズンティードリンク、スィートクリームアイスクリーム、ストロベリー、抹茶パウダーで構成されています。味ですかこれは美味しいです。抹茶パウダーが涼感を演出します。ストロベリーの甘さがフルーティなアクセントになっています。見た目も綺麗ですし、お薦めの一品です。

コールドストーンクリーマーリー6
コールドストーンクリーマーリー7
私のオーダー「キャラメルタートルテンプテーションwithワッフルボール」480+60=@540です。これはスィートクリーム、アイスクリーム、ピーカンナッツ、チョコファッジ、キャラメルコーンで構成されています。
まるQ10
これは、前回食した同系列の「ファウンダーズフェィバリット」です。これの構成は、スィートクリーム、アイスクリーム、ブラウニー、チョコファッジ、キャラメルコーンです。味はこちらの方が美味しいです。いずれにしてもいずれも高水準のレベルの味です。しかし上述の通り構成を見比べてみると「キャラメルタートルテンプテーション」と「ファウンダーズフェィバリット」はブラウニーがあるかないかなの差分なので殆んど印象なのでしょうね(笑)

このお店パフォーマンスで定期的にアイスクリームを作りながら英語の歌をコーラスするのですが、唾がとんでとても不衛生に思うのです。そんなこと思っているのは私だけでしょうか…しかし知らない人の唾液は食べたくありません(悲)

それでは(^_-)

続 華屋与兵衛 土支田店

今日は「意外と知らないモノの名前」です

ものの名前1
醤油を入れる四角くて仕切りのあるこの皿の名前は?
これは「薬味醤油皿」といいます。

ものの名前2
カレーを入れるこの容器の名前は?
これは「グレイビーボート」といいます。
この容器の銀器としての用途は、カレールウを入れるためにつくられたのではなく、実は、フランス料理などでサラダにかけるドレッシングや、ローストビーフにかけるグレイビーソースを入れるために考案されたものです。

ものの名前3
ラーメのドンブリの縁についているナルトマークは?
これは「雷紋」といいます。
ラーメンどんぶりに限らず、中華料理店のチャーハンのお皿にも酢豚の鉢にもこの模様は描かれています。これは中国伝統の模様で、稲光を表した「雷紋」といいます。魔除けで祖先の幸せを祈る気持ちがこもっているそうです。

ものの名前4
水割りを作るとき氷をつかむもの名前は?
これは「トング」といいます…これは結構知れ渡っていますね
ベーカリーショップでよく使われている二本の棒の一方の端を留めて支点にし、なにかを挟んだりつかんだりするための大型のピンセットのような道具が「トング」です。もともとは火ばしを意味する言葉でした。

ものの名前5
ラーメンのスープを飲むときついてくる小さなおたまは?
これは「レンゲ」です…これも結構知れ渡っていますね
レンゲは匙の形が散ったハスの花びらの一片に似ていることから、「散り蓮華(ちりれんげ)」と呼ばれるようになり、それが略されたものです。

【「日本人の知らない日本語」蛇蔵&海野凪子著、「モノの名前がズバリわかる本」素朴な疑問探求会偏】】より抜粋

今日のお店は「華屋与兵衛 土支田店」です

住所:練馬区土支田3-28-13
Tel:03-5933-2878
休日:無休

店内に入るとお母様グループが座敷にて懇親しており、連れてきた子供達を放置しています。箍(たが)の外れた子供達ははしゃぎたい放題です。
思わず「ウルサイゾ」と叱りとばしましたら、スーッと扉が閉まり完璧個室にしただけで、ご迷惑をかけたことの謝罪もありません。
世も末ですね…こんな母親に育てられた子供の行く末が心配な今日この頃です。

華屋与兵衛1
今日の私の獲物は「あんみつ」@399です。これは美味しいですね。フルーツも盛り沢山で満足です。蜜も甘すぎず好きな甘味の味です。値段は@400円切りしており申し分有りません。

華屋与兵衛2
奥様の獲物は「小倉白玉」@294です。これは餡がとくに美味しく白玉も上品の味わいです。値段は@300円切りでさらに申し分ありません。

「華屋与兵衛」の甘味はイケますねheart02

それでは(^_-)

新御徒町 白根屋

今日は寒いのでコーヒーでものもうかと思い甘辛屋に入ったらお汁粉を頼んでしまいました、実は甘いのも好きなのです

ということで今日は佐竹商店街に出没です。
ここは私が4歳まで暮らしていたMy hometownです。
むかしの殷賑をしっている私としては、今の零落はとてもとても信じがたいものがあります。
小さい頃チンドン屋さんの笛の音色に連れられ遠くまでついていき、迷子になったことは遠い思い出です。

今日のお店は台東区最強の甘辛屋「白根屋」です。
知らなかったのですが上戸彩と白鳳のオロナミンCのツッパリリーゼントヘアシリーズCMのロケ現場になっていたそうです。

白根屋1
お店の全景です。

住所: 東京都台東区台東3丁目30-11 佐竹商店街
電話:03-3831−6709
休日:不明

ここから後はパチリでご覧下さい。

白根屋2
まず品揃え半端ではないですね、驚きました。
【撮り忘れたので台東探検隊より画像転載】

白根屋3
有名なワンコインランチです。これは安いですね.
【撮り忘れたので台東探検隊より画像転載】


白根屋4
本日の獲物「田舎汁粉」@420です。大きなお餅が丸まる一枚入っていて食べ応え充分です。味ですか・・・残念なことに今一つですね合格合格合格
小豆がウマク炊けていません。それと隠し味の塩味が舌にわずかに残ります。値段は良いのですがね。
隣のオバサンが食べていた「タンメン」は美味しそうな匂いをさせていました。
ここは「甘味」より「中華」が得意のようです(笑)

最後に再度の佐竹トリビアネタを紹介します。
1. 金沢の片町商店街に続き明治31年に商店街が結成され日本で二番目に古い商店街です。
2. のど藥「龍角散」は佐竹藩の家伝薬だった。
3. 佐竹に明治時代見世物の大仏があった。明治18年高村光雲が高さ15Mの見世物用の大仏を作った。
4. 日本で最初の洋風画を描いたのは、秋田県佐竹家の藩主「佐竹義敦」だった

それでは(^_-)

吉祥寺 たい菓子 天音

今日は所用で奥様と吉祥寺に出没です

今日のお店は有職たい菓子本舗「天音」です。
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9(ハモニカ横町内)
電話:0422-22-398
定休日:不明

このお店一年前位に突如吉祥寺ハモニカ横丁に忽然とできたたい菓子屋さんです。
TVのグルメ番組に取り上げられる度に行列が長くなってきています。今日も結構の行列です。
天音行列


昔はすぐに買えたのに・・・それとたい菓子を焼くところも見えたのに今は隠して見られません。それとなにやら作りおきの鯛焼が敷居の隙間から見受けられます。
何で焼くところを隠すのか?とても不思議な感じがするのです。もしかして焼きたてとうたっているので作りおきの鯛焼を見られたくないのか(笑)
天音店内




北海道産小豆の粒餡に甘味を黒砂糖でつけています。味ですか、不味くはないのですが甘みが黒砂糖なので、なにやら黒砂糖を食べている感じがします。

今日で三回目の召し上がりですが、私は下町生まれなので両国の浪花家総本店の味に慣れてしまっておりこの味はいまひとつですね。
でもこの味が好きな方はハマるでしょう・・・当たり前か(笑)
ちなみに値段は一尾@150です。

この後吉祥寺をブラリしたのでパチリでご覧下さい。


楳図邸近景です、綺麗ですね。


楳図邸、鐙屋です、可愛くないですか(笑)

ブルースマン
井の頭公園超名物オジサン「ブルースマン」です。あいもかわらず元気です。

旧いせや本店

吉祥寺最大人気焼鳥店いせや本店の建て替え前です。

新いせや本店
そしてこれが地下2階、地上14階のい新せやビルです。焼鳥屋さんて儲かるのですね。


それでは(^_-)

チャーリーとチョコレート工場 ウォンカチョコレート

昨日マンションの展示場前で警備員のオジサンに誘導され停車しました。
な何だ最近のマンション販売はそこまでやるのかと立腹していたら、呼び止めたのは警備員ではなく警察官でした。

この人達用もないのに人を呼び止めるはずないので・・・何か嫌な予感
警察官「旦那さん、そこの踏み切り右折しましたね」
私「何か・・・」
警察官「あそこの場所は時間制限の右折禁止なのですよ」
私「標識あったんですか」
警察官「確認の為に見に行きましょうか」
私「・・・」

よく見れば前にも一台捕まっていて・・・珍しく素直に観念しました。
しかし悔しい20年間無事故無違反だったのに時間制限の右折禁止の標識に気がつかないなんて。

頭にきたので
私「あなたはこの違反切符を取るためにこんな人通り少ないところにいるのですか?右折したら何か危ないのですか?交通量が多い日ならともかくこんなに交通量が少ない日右折しても問題ないじゃないですか、それとも踏切内で事故が起こるとでもいうのですか(怒)」
警察官「無言」

しばらくして違反書類に振り仮名を記入する為に、私に三回目の名前を聞きました。
私「すでに二回もいいました。もうこれ以上あなたにいいたくはありません。何でメモしておかないのですか」
警察官「すみません、私の不注意です。もう一度だけお願いします」
私「不注意というならお互い様じゃないですか」
あまり嫌がらせしても仕方ないので、程々にしがのですが…法律は法律ですからね(笑)
でも悔しい、石神井警察の根性悪

今日はご存じ「チャーリーとチョコレート工場」で
劇中に登場するウオンカチョコレートです。


金曜日に晴海トリトンにいったら売っていたので思わず買い求めてしまいました。



映画ではとても美味しく思えたので・・・どうしても食べてみたかったのです。


味はライスクリスプとキャラメルの味で口の中でライスクリスプがプチプチとはじけます。
おいしいけれどもしかすると甘すぎるかも。
でも私は完璧にハマり、毎日食べています。

でもこのチョコ映画を見ていないとなんでのめりこむのか分からないでしょうね(笑)

それでは(^_-)

業平 くわた

昨日は実家の祭礼で神輿担ぎに次男坊といってきました。
3月にアキレス腱切ったばかりなので、奥様からは再断裂しないようにクレグレも言い含められましたが、こればっかりはワカリマセンよね・・・
「落石注意」みたいな話で不可抗力だと思うのですが、最善策はそのようなリスクのあることをしなければよいのでしょうが、できないからな(笑)

今日のお店は「くわた」です
これこそ下町最強の甘辛系B級グルメ店でしょう。
わたしはこのお店40年以上通っていて思いいれのある店なので載せたくなかったのですが・・・
何を食べても「安くて」「美味しい」のです。
オジサンとオバサンが高齢のため頓珍漢のところも見え隠れしてきていますが、そこは誰もが通る道ですので暖かく受け入れてください(笑)

住所: 東京都墨田区業平3-4-16
電話番号:不明
定休日:不明

くわた玄関
お店の全景です。ここの店内いつ行っても「清潔」です。飲食店はこのようにあって欲しいものです。

くわたショーケース
くわたさんの食べ物サンプルです。甘辛屋さんですからアンミツからカツ丼までないものはありません(当たり前か)

くわたメニュー
くわたさんのメニューです。これは「辛系」メニューです。安いでしょう

くわたメニュー
これは「甘系」メニューです。チョコパが@300とは本当に安いですね

焼きソバ
今日の獲物の「肉入り焼きソバ」@400です。この肉の多さすごいでしょう。味は下町一番、理屈抜きでとっても美味しいですよ。

drawing
祭りの反省会は親戚が集まって「カラオケ」です。やはり歌いすぎてしまいました。


この盆踊り「洋楽」で踊っていたので面白いのでビデオってしまいました。
変でしょう(笑)

それでは(^_-)

コージーコーナー

宮崎勤君お亡くなりになりました。
当時下町にいた私は、深川警察署から小菅拘置所に移送される勤君を、まだ幼子だった長男を連れて移送される瞬間を見に行きました(モノ好き)。
しかしあまりの報道陣の多さに深川警察署は恐れをなして、勤君を裏口から移送させてしまいました。
怒ったのは私です(笑)、一時間位子供を肩車して待っていたわけですからタマリマセンよね。

しかし鳩山法相はこれで死刑執行は四回で計十三人は記録だそうです。
個人的には、死ぬまでの無期懲役(恩赦無し)がいいと思います。
もし死刑執行が続くなら模範死刑囚は、執行前に安定剤などの注射が許可されればといったら今日一緒に飲んでいた人から、殺された人の死の直前の慄(おのの)く気持ちを考えろと一斉に怒られました。

今日の獲物はコージーコナーのシューモンブラン@945です。


実は少しヘラだったので、家族へのお土産なのです。
結構サクサクで値段の割には美味しかったですね。
特に私モンブラン大好きですので満足でした。

それでは(^_-)

仙太郎 ご存知最中

今日は「ジンギスカン」の話です。
札幌に移住して最初に訪れたグルメスポットは札幌ビール園です。
地元のお取引様に連れて行ってもらいました。
しかしそこで私が見た羊肉はなんと真丸いお肉です。どうやってこの肉を切ったのだろうと悩んでいると、お取引様が説明してくれました。これは羊肉の色々な部位を一定の長さに切り海苔巻きのように丸め、それに凝固材を加え冷凍すると円柱状の肉のカタマリになります。それをスライスするとこのような丸い形になるのだそうです。
成程なと感心しましたが、ただしこの肉の味は生肉と比べるとかなり落ちるそうです。
その後食べ比べてみて納得しました

当時の北海道って結構仕事にかこつけて遊びに来る取引先も多く、そのお相手をするのも仕事の一つになっていました。
ある取引様が打合せに東京から来られて、お昼はどうしてもジンギスカンが食べたいと哀願します。そういう時私はいつも ツキサップじんぎすかんクラブにお連れします。
ここは札幌市内とは思えないほど自然が豊かで小高い丘の上にあり、まわりは林に囲まれています。敷地内の緑の絨毯は目にまぶしいほどです。そして数頭の羊が柵の中で放し飼いにされています。

お取引様が席に着くと、私はいつものように話しかけます。
私「はるばる札幌まで仕事の打合せに来てもらったので、美味しいジンギスカンをご馳走しましょう」
取引先「それは楽しみだね(笑)今日は丸い肉ではなく生肉を食べたいね」
私「そう来ると思いここにお連れしたのですよ。そこで目の前で遊んでいる若い羊の中から一頭お選びください」
取引先「あれを食べるの
私「勿論ですよ。羊のツブシたての肉はたまりません。昨日来られたお客さんも大層喜んで帰られましたヨ」
取引先「しかし・・・」
私「人間は悲しいかな、生きているものを食べてその命を保っているのです。ここで今更きれいごとを言っても仕方ありません。さあ選んでください」
取引先「そりゃそうだけど・・・今日は遠慮しておくということにしてヨ」
私「そうですか、あえて無用な殺生はしないということですね。分かりました」
と言って私はメニューの中から、いつもお勧めしている定食を頼んだのです。

美味しい食事が終わって帰り際に、お取引様は私に次の様に質問しました
「さっきの羊をツブス話は嘘だろう」とそれに対して私は間髪おかず「当たり前です」と微笑みながら答えたのです。取引様はヤラレタナという顔をして「夜も付き合え」と誘ってくれたのです(笑)

今日のお昼は揉めながら食べていたためパチリする気にもならず、その代わり今日の獲物は最近嵌っている老舗仙太郎の「ご存知最中」@240です。
ご存知最中 皮ご存知最中全容です


ご存知最中 餡ご存知最中の餡です。美味しそうですね

ここを知る前は鶴屋八幡の最中が一番かと思っていましたが、いまや仙太郎が一番です。
餡が全然違います。甘すぎずしつっこくなく丹波大納言の質感も最高です。これこそ餡の王様でしょう。
皆さんも是非お試しください

それでは(^_-)

トリュフチョコレート

今日は私が大学生の頃の「山谷」の話です。

明治通りは白髭橋を越えて三ノ輪に方にしばらく行きますと歩道橋があります。
昔そこには大きな横断幕で「人の飛び出しに注意!南千住警察署」と書かれていました。
そうなのです、その当時の山谷は浮浪者の当たり屋さんが横行しており、被害件数はかなりものだったと聞き及んでいます。

吉原大門の当たりを歩いていると、泥酔した浮浪者達が昼間から熟した柿のような甘酸っぱい匂いを撒き散らし、路上でマグロのように横たわっています。
その傍らを通ればいきなり足を掴まれ「おアシをチョウダイ」と無心されることは日常茶飯事です。でも足を掴まれたからといって怯(ひる)んではいけません、そういう時は間髪いれずに、掴まれていない足で浮浪者に掴まれた手を踏みにじるのです。
下手に痛いだろうと妙な仏心をだすともっととんでもない目に合うのですよ。

ある日私は友達に頼まれて、山谷にある友達の車の修理工場まで私の車で乗せていってあげたのです。
友達の用件はすぐに終わり後は帰るだけです。
当時(今もかな)の山谷はあまり区画整理がされてなく、かなり道が入り組んでいます。
案の定道に迷いました。しばらくすると小路に入り込んだのですが、そこを突き抜けると江戸通りに通じる大通りのようです。
しかし問題は私の進行方向に多数の浮浪者がタムロして道を塞いでいます。
後で分かったのですが、この小路には何と山谷で唯一の立ち食い鮨屋さんがあり賑わっていたのでした。
私は徐行しながら進んでいったのですが、誰もどきません。友達はどうしたものかと思案しています。私はセッカチなので車で蹴散らかしていけばなんとかなると思っていました。
しばらくしても誰もどこうとしません。
私はたまらずクラクションに手をかけたのと同時に、友達がそれは駄目だと大声で叫んだのです。

信じられないことが起こりました。怠惰に路上に寝っころがっていた浮浪者達が一斉に立ち上がり、私の車のボンネットに登ってきたのです。フロントグラスには数え切れない人の歪んだ顔が張り付いています。
私は南無さんといいながら咄嗟にギアをバックに入れ後ろに急発進したのです。
ほとんどの人間は振り下ろせたのですが、一人の浮浪者が左のワイパーのところにしがみついていていました。友達が窓を開け手刀を二三発振り下ろし何とか振り切れることができたのです。

ここはサファリパークか、マジにシビレマシタ
山谷では鳴らしちゃ鳴らないクラクション!


今日は日曜日だというのに一日会社です。
お昼も外に行くのが面倒くさくアンパン&牛乳で済ませたのでした。

夕方仕事が終わりブラブラしていると、道すがらにオーガニックフェスタをやっていました。
実は私チョコが大大好きです。
美味しそうなトリュフチョコレート@500を売っていたのでつい買ってしまいました。

トリュフチョコレートこのお店の一押しはラムレーズンチョコです。しかし試食しましたらトリュフチョコレートが一番美味しかったのでこれを選びました。上品な味です、なんだろうカカオの味は押さえめですが、味が深いのです。う〜んハマりそう


説明書説明書です、オーガニックだから体に優しいのですね(笑)


チョコ断面コアがトリュフなのですが分かりませんよね


それでは(^_-)

続 甘味おかめ

今日で三本足(松葉杖)歩行とうとう12日目に入りました。
筋力がついてきたので、長距離といっても7〜800mは休まずに歩けるようになりました。
それに比例して掌の豆が増えてきて痛いの何のです

今日二つ良いことがありました。
一つは某地下鉄駅で地下鉄に乗ろうとしたとき生憎上りのエスカレーターしかなく、駅員さんに下りのエスカレーターは何処ですかと聞きましたら、かなり放れているとの事でした。その言葉を聞いて呆然としている私に駅員さんは絶対に内緒ですよといって目の前の上りのエスカレーターを私の為だけに瞬間下りに変えてくれました。これは本当に助かりました。ありがとうございます。
もう一つはいつも下を見て歩いているので、お金を拾うのではないかと期待していたのですが今日50円玉を拾いました。信じてみるもんですね(笑)

今日は大手町のお客さんのところに打合せに出向きました。
この駅身体障害者に優しくなく、殆どエスカレーターは有りません。
そして駅構内がすごく長く本当に歩き疲れ何か甘いものが食べたくなり、お昼はイトシア内の「甘味おかめ」に行きました。
お昼のメニュー少ないというか殆ど無いのにも係わらず何故かおば様達で混んでいました。

住所: 東京都千代田区有楽町2-7-1
TEL:03-3211-0585


今日の獲物は「煎茶・おはぎ(あずき、きな粉)セット」@680です。



ここのおはぎ、お客の顔を見てから作りますので暖かいのです。
今時作り置きしないのって珍しくありませんか
特にあずきときな粉は相性がよく途中から、あずきおはぎにもきな粉の粉をつけて食べてみました(イケました)。
先にあずきおはぎを完食したので次にな粉おはぎを平らげていると中からアンコがでてきたのには驚かされました。
きな粉おはぎの中にもアンコか、やるな「おかめ」ですね(笑)
最初は程よい甘さでしたが、何ていったって「おかめ」のおはぎは大きいので、最後のほうは若干持て余し気味でしたがいけましたね(満足)
煎茶も口内の甘さ消しに丁度よかったです

「あずき」は体に良いのですよ。
「あずき」の歴史は古く既に古代中国の薬学書に「あずき」の煮汁が解毒薬として用いられた記述があり、「あずき」は薬効のある食材として王侯貴族中心に珍重されていたのです。
昨今、癌を予防する食材として「あずき」の持つ薬功成分に注目が集まっている今日この頃です。

ここのところ仕事が忙しくまっすぐに帰宅しても午前様です。
俄か身体障害者にはキツイですね(大欠伸)

それでは(^_-)

甘味おかめ

本日は2008 年始動の日です。
通勤電車ガラ空きかと思いきやそれなりに混んでいて驚きました。
私ども商社は海外(海外は正月が無い⇒当たり前か(笑))とのお取引があるので仕方ないとしても、他の方々は大型年末・年始連休の狭間に出てくるのは一体どんな訳ありの職業なのでしょうか、一度に聞いてみたいです。
会社に来てメールを開ければ1月2日から海外からのメールで真っ赤かです。
お屠蘇気分も秒殺です。

ということで年始挨拶の途中有楽町でポッカリと時間が空いた為、最近はまっているイトシアは「甘味おかめ」に立ち寄りました。
今日は時間帯にもよるのでしょうが、あまり並んで無いので列の後ろにつきました。
そうそう一昨日観た映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の一コマで誰かが「並ぶのは田舎者のシルシ」と言っていましたが、昔はそう言って行列を忌避していた事を思い出しました。

閑話休題

このお店確か?昔イトシアの敷地内に有って、イトシアが竣工した際テナントとしてリスタートしたお店ですよね。
大学の時テニス用品を有楽町に買いに来た時チョコチョコ寄った記憶があります(実はナンパなテニス部員だった)。

今日の獲物は甘味通なら「蔵王あんみつ」と思うでしょう。
これも確か?なんですが、この品は貧乏な山形出身者が帰郷できなくて、ここの奥様の侠気によって東京にいても故郷を思い出せる様作られた一品のはずです(すこし自信ない)

私はこの「蔵王あんみつ」のベースの金時豆が嫌いなのです。
あんみつの王道はあくまでも「つぶ餡」それ以外は絶対に絶対に許しません(酔っているか元々おかしい
そうなのですね、やはりあんみつはつぶ餡ですよね。

ということで今日の獲物は「ミックス(バニラ&抹茶アイス)ぜんざい」@630です。


味ですか、とても美味しいです。
餡はやはりお豆さんの炊き方です。甘さは砂糖の質によって多少違うのでしょうけれどお豆さんが美味しくなければその甘さも活きません。
そういう意味ではここの餡最高です。おまけに甘さ控えめでとても結構です。
となりのオバサン達も絶賛していました。

ところで食べている途中、頭の中に大きなクェスチョンマークが浮かんできました。
もしかしてここ交通会館にも支店が有ったのではと思ったのです。

地下鉄に乗る途中確認したら、やはりありました。
ここに最初から来れば、こんな寒空にわざわざ並ぶ苦労をしなくても良かったのにと思う前に、このお店厨房改修工事のため2月中旬までお休みでした。
こういのうを結果オーライというのでしょうね(笑)

それでは(^_-)

PS 
旅にでますので2〜3日休載となるかもしれませんm(__)m

舟和 お汁粉

新年明けましておめでとうございます


元旦の今日は初詣です。
当初は柴又帝釈天に行こうと思ったのですが、ひどい混雑が予想されるので取りやめました(以前エライ目にあったのです)
熟考の末準地元の下谷、浅草地区にしました。
最初は私の育った竹町近くにある下谷神社でガラガラ(鈴を鳴らす音)パンパン(拍手)しました。

そしてその次は浅草伝宝院敷地内にある「おたぬきさま」で親しまれている鎮護堂でガラパンをしました。この神様は商売繁盛の神様です。

この神社普段は開いていること見たこと無いのですが、新年だからですかね?

明治5年浅草寺境内に生息している狸が暴れた為それを鎮めるためこの地に祀ったことがこの神社の縁起だそうです。

怖そうなタヌキ君です。それでももう一匹君よりは愛嬌が有ったのでパチリしました。
ここ結構マニアックでな場所ですが、かなり外人さんが来ており皆神妙にガラポンしていたのが奇異に思えました。

そして最後に私の信心している?浅草神社裏手の被官(出世)稲荷に行きました。
私はこの稲荷には40数年以上お参りに来ているのですが、その縁起は良く知りません。
新門辰五郎所縁の神社で出世に御利益がある程度の認識でした。
案内板を読んでみますと、新門辰五郎の妻女が重病で床についた時、京都府南部にある伏見稲荷神社でその快癒を祈願したところ全快した為その守護神を当地に勧請してできた神社だそうです。

伏見稲荷は去年の秋に訪れたばかりなのであらためて親近感が湧きました。
そのため今日は特別にローソクを献納しさらにお賽銭も相当奮発したのです

一番突端のローソクが私が献納したものです(笑)

今日の獲物は甘味三連発です。
一つは「舟和」のお汁粉@200です。これ舟和本店にてお正月の七日間だけの限定店頭販売サービスです。
ここのお汁粉結構甘いので、私としては小茶碗一杯程度の分量で大満足です。
餅も良く焼けていて大満足でした。もう一杯食べたいな位が一番の口福です。
二つは「舟和」定番芋ようかんです。
この芋ようかんは明治30年前半、浅草寿町で芋問屋を営んでいた創業者小林和助が、練りようかんと一味異なったようかんを造ろうと発想し完成したようかんだそうです。
味はさつまいも独特の素朴な風味と控えめな甘さはとても美味しく、私以外にも多くのご贔屓を擁す名品です。
今日も美味しく頂きました
最後は甘味のカテゴリーキラーの「きらら(浅草店)」の黒豆大福(10個=210円)です。
甘味では一流処の名店で使用されている十勝小豆を使用しており、安さ+美味しさを追及した一品です。
味ですか、美味しかったです。特に黒豆が甘さの絶妙のアクセントをつけており、これで一個@20円はハイパフォーマンスの名品といえるでしょう。

ほとんどの人このお汁粉の店頭販売サービス知らないと思うのですが
このお店かなり裏に入った所にあるので、良くぞ見つけたという気持ちです
以外に混んでなかったのは舟和は何処でも買えるからかな

それでは(^_-)

甘味徒然

Che Guevara, his eyes framed by heavy brows, a single-starred beret pulled over his unruly hair …で始まるのは英語の宿題でゲバラの記事を読んでいたからです。


ゲバラの略歴は以下の通りです。
【Q0T】
チェ・ゲバラ(Che Guevara)、本名エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Rafael Guevara de la Serna, 1928年6月14日 - 1967年10月9日)は、アルゼンチン生まれのマルクス主義革命家で、キューバのゲリラ指導者。「チェ」はアルゼンチンのスペイン語で「ねぇ君」などと相手に呼びかけるときに使う言葉に由来するあだ名である。そのため、現地では通常「チェ」もしくは「エル・チェ」(elは英語のtheに相当する定冠詞)と呼び、「チェ・ゲバラ」と呼ぶことは少ない。
【UNQ0T】
なかなかナイスガイで一見荒々しく見えますが、とてもチャーミングで悪戯っぽいキャラだったようです。
さらに医者でもあり外観とは裏腹にかなりのインテリで読書を愛する勉強家でした。
世界で一番「格好良い男」とあのジョン・レノンに言われていたそうです。
宿題もたまには勉強になります

ということで午前中は宿題をやり、午後から奥様と池袋に買い物です。
三時のおやつに、池袋にあるあんみつ「みはし」に行きました。
実は私は、「辛い」ものも好きなのですが、「甘い」ものも好きで、いわゆる「両刀使い」なのです。
今日行った「みはし」はよく「上野本店」でも食し、好きな甘味屋の一つでもあります。
しかし「甘い」ものは、体調が悪いと特に美味しく感じられず難しい食べ物ですね。
一度湯島の甘味処「みつばち」で「ぜんざい」を頼んだところ、とても甘くて三口で箸を止めたことがあります。
自分の舌がおかしいのかしらんと思い、確認のため一緒に食していた奥様にも味見をしてもらいましたが「これはヒドイ」というコメントもいただき、体調以前の話ということでした。
私が思うに「みはし」は店員さんの教育=躾もよくいつ行っても感じがよいのですが、「みつばち」の店員さんは私語も多く応対も悪く、何か「老舗の看板」に胡坐をかいているような感じがします。
調理をしている所を見たわけではないので、異常な甘味についてこれを関連付けて裁断してはいけないのですがそのように思えたのです。
甘味屋だけに、脇が甘かったり(笑)
今日の獲物は私が「白玉ぜんざい」


奥様が「田舎じるこ」

どちらも美味しく口福感一杯で帰路に着きました。

それでは(^_-)

訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ