下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

埼玉県

川越 割烹 川島

最近「角打ち(立ち呑みのできる酒販店)」のお店が少なくなっています。しかし私の住んでいる高級住宅街には一軒だけ角打ちができる酒販店があります。
そこでのお話です。

ヘロオジイ「オタクさん、最近良くこのお店で一緒になりますが、ご近所の方ですか
ヘロヘロオジ「ご近所もなにもありませんよ。このお店出て右に曲がって歩いていくと最初の角に郵便局がありますよね。そこの右三軒隣が私の家です」
ヘロオジイ「アナタかなり酔っ払っていますネ、その右三軒隣の家は私の家です」
ヘロヘロオジ「アナタこそ酔っ払っていますヨ、申し訳ないけれど私は生まれたときからその家にすんでいるのですヨ(怒)」
ヘロオジイ「アナタこそ酔っている、私だって生まれたときからその家に住んでいるんダから(怒)」
お互いヘラヘラなので完璧にChain Spiralに入ったようです・・・しかし興奮してきているので今でも掴みあいになりそうです。
私「ご主人酔っているとはいえ、止めないとマズインジャないですか」
角打ち店ご主人「いつものことですから、ホットイテください」
私「・・・」
角打ち店ご主人「それに、あの二人親子ですから」
私「・・・

今日のお店は小江戸川越割烹「川島」です。
かつては大正天皇がご宿泊された由緒ただしき超有名割烹です。

川島1
お店の外観です。

住所: 埼玉県川越市通町18-5
電話:049−224−3456
定休日:日曜日
ここから先はパチリでご覧下さい。

川島2
枯山水の庭園です・・・ほのかに春がそこはかとなく来ているような気になりますネ


川島3
会席料理のコースです・・・今日は接待飯ですので苦しゅうありません。しかしご飯と会席料理だけです。お味噌汁はどうなっているのでしょうか。

川島4
料理を食べ終わった頃にやっとのことお味噌汁がきました。

BlogPaint
このお椀ササクレがあり、知らずにのんでいた私は唇の内側を切ってしまいました。中居さんを呼びその旨をお話しましたら「あら本当だ、すぐ下げます」とのことで「お詫び」とか「謝罪」の言葉も一つもありません。お客さんも同席していたので憤ることもしなかったのですがこのお店最低です(怒)

川島6
そういいながらもお味噌汁を飲み終わったころ本当に冷めた「天麩羅」がきました、その後珍しく暖かい「茶碗蒸し」と程よく冷えた「季節の果物」が供されたのですが、もうコメントする気にもなりません。
このお店本当にRubbishですねshock・・・お願いですからこのお店スミヤかにツブレてください(笑)

それでは(^_-)

上尾 あばん

昨日は大阪お好み焼き名店「ゆかり」の店内で店長との歓談です。ちなみに私と後輩は当然の事ながら呑みながらの参加です。

店長「アキマヘンワ埼玉は
後輩「ナンデ?」
店長「ここんとこのお客さん、お好み焼きと広島焼きともんじゃの違いが分かりませんもの」
私「そうなん
店長「せやさかいいちいち説明せなあきません。ほんまに・・・疲れまんがな」
後輩「セヤネ」

後輩「大体関東の人は昼飯でもお好み食べひぃんし」
店長「せやせや」

店長「うちとこの親父には関東では関西人がいてへんところにお店出したらあきへんゆうたんやけど聴きよりません。そもそも「ゆかり」の最初の関東のお店は横浜にお店だしたんやけど、関西人なんかいてないもんですからお客が来ぃよりません。
せやさかい黒字になるまでエラゴッツウ苦労しましたわ

中略

店長「大阪の店長でいたとき、梅田の繁盛店の「きじ」に敵情視察にいきましたんや。まだ「きじ」の頑固親父が元気な頃ですわ。私はスパイやから色々お好み頼みますわ。すると「きじ」の頑固親父が若いもんは銭(ジェニ)粗末にしらアカン、腹八文目が丁度エエンヤといわれます。しかし「きじ」の味を盗みにきたんやからこれには困りましたわ(笑)」

でも今では「きじ」より「ゆかり」の方美味しいから良かったのではないでしょうか

今日のお店は上尾No.1横浜ラーメン「あばん」です。
期待がもてます

あばん1
お店の全景です。


住所: 埼玉県上尾市谷津2-1-35
電話番号:048-775-7244
休日:不定休

あばん2
あばんラーメンです。実はこのお店きらいなのです。今日は個人的なことですが朝ご飯食べ忘れてとてもお腹が空いていて、このお店の開店15分前から待っていたのです。なおかつお店の人には何時から開けますかと確認していたのにここのご主人そんなことも考慮せず事務的にお店を開けたのです。並ぶのはこちらの都合ですからいいのですけれど、私が店主ならリップサービスで招きいれたでしょう。
さらにこのご主人調理は女性に任せているようで、「チャッカマンないか・・・あるだろう・・・どこだ」の連発です。なんでしょうか開店時の緊張感がありません、さらに目はショボショボしていて目ヤニもついてます(顔洗ってきなさい)・・・駄目ですいくら美味しくてもこういう店主のお店は(怒)

あばん3
トッピングは充実していますネ(笑)

あばん4
味ですか・・・美味しいですね。でも化学調味料が多いような感じです、舌がピリピリとしびれます。横浜系ラーメン共通で盛りはすくないです。豚骨、鶏ガラを大量につかっているのでスープは美味しいのですが、何かそこらの「家系」との差別化がないような気がします(残念)

それでは(^_-)

山田うどん 新座道場店

今日はアキレス腱烈断をしてからはじめての駅伝レース(壮年&女子中学生混合レース)でした。
久々のランはやはり少しアキレス腱が引きつって全盛期のイメージでは走れなかったものの、以外にも女子中学生には一人しか抜かれませんでした。
結果タイム的にはチームの皆に迷惑かけましたが、皆が私の復帰を本当に喜んでくれたので感激しました。

今日は奥様と二人夕飯でしたので外食にしました。
今日のお店はB級グルメの王者「山田うどん 新座道場店」です。

住所: 埼玉県新座市道場2-1-4
電話:048-481−7288
定休日:無休

今日の獲物ですが私は「パンチセット」@780です。
パンチセット

これは山田うどん特性煮こみ、たぬきそば、ご飯にお漬物がついてこの値段です。
ここの煮込みは美味しいのです、程よく脂ののったモツはプリプリで、生姜、牛蒡、蒟蒻等の脇役も充実しています。味もくどくなくさりとてあっさりともしてなく本当にイタダケマス。チョット量が多いのが玉に瑕です

奥様はかき揚げ丼@420です。これは定番の味で、安定しています。
かき揚げ丼

程よい甘ショッパさがタマリマセン。これでこの値段は満足でしょう。

今回のもちフェアのスウィーツ系の目玉「お汁粉」@290です。
お汁粉2

国産餅米100%使用自家製餅つきの餅が二個はいっており、これが香ばしく焼けており程よい甘さにマッチしておりなんともいえない美味しさです。
量も値段も申し分ありませんね。これは秀逸です

それでは(^_-)

北浦和 丸新

今日大宮のお取引様との打合せの後、お定まりのジェットコースター飲会です。

今日のお店は北浦和「丸新」です。
このお店埼玉県で一番美味しいという「モツ焼き屋」さんです。

ご主人は慶應義塾大学卒業後某一流証券会社勤務の後モツ焼き屋の親父になったという変り種です。でも味はピカ一です。

住所: 埼玉県さいたま市浦和区北浦和1丁目2-3
電話:048-831-3473
定休日:土・日・祝日

さっそく行きましょう。
まず最初はレバテキ、多分レバステーキの略だと思います。
新鮮なレバをギリギリなレアで焼いて、美味しい甘辛いタレと非常に辛い和芥子でいただきます。
今日はご主人が体調悪く不在で変わりに奥様が焼いていたのでいまひとつレアの部分が少なかったのです(これはこれで仕方ないのかな




そして「コブクロ刺し」これは、新鮮なコブクロをニンニクと生姜醤油で食するのですがこれはコリコリ、ポリポリでタマリマセン。
別にコブクロ自体は味がなく大半がつけるシンプルな醤油と薬味の味で決まってしまうのですが新鮮なためにハマるのです。



そして焼きトンの王者タンとサガリです。
これは辛い和芥子でもイケますし、豆板醤系の芥子でもいけますが肉が美味しいのでこれら辛味系も単なる応援団ですね。
しかしこれは美味しい、肉の滋養が歯茎に染み入ります



そして本日のメインエベントの豚ナンコツを叩いてハンバーグ状にした「ナンコツたたき」です。これは手間隙がかっているから美味しいのか、美味しいから手間隙かけるのか判断が分かれますがこれは美味しい。
ポリポリコリコリと軽快なリズムをキザミ続けると美味しい軟骨の肉汁が口内のありとあらゆる所にいきわたります。
しかしこの食感はタマリマセン、噛めば噛むほど軟骨のポリポリが口内でハジケマス。特に軟骨を奥歯でポキポキと噛み砕く感触って本当にいいですね(笑)


しかしこのお店の後お取引様と次の店ヘ行ったものですから、結果へロヘロになったので、今日のブログもアヤシイ限りです。

それでは(^_-)

鳩ヶ谷 勝まさ鳩ヶ谷店

今日帰りの電車で立っている酒臭いオジサンの視線が熱く本を読んでいた私は顔をあげその視線に対峙しました。よくよく見ると高校の同級生のKまい君です。
私は「何だkまいか」といったものの、毛もなくメタボの同級生がとても同じ年に見えず、定期的に会っているのにも係わらずあらためて驚きを禁じ得なかったのでした。
結局当然のことながら飲みにいき今現在二日酔いの予感がする今日この頃です。

今日のお店は「勝まさ」鳩ヶ谷店です。


ここのお店は、自然の中で健康に育てられた国産銘柄豚を丹念に熟成。ジューシーで柔らかな旨みが特徴な本格こだわりとんかつ。肉はもちろんのこと、ソース・野菜・油・パン粉・米・玉子にもこだわり続けるというのが惹句です。

埼玉県鳩ヶ谷市八幡木1-22-3
住所: 埼玉県鳩ヶ谷市八幡木1-22-3
電話: 048−285−6606

前回ここで「ロース豚カツ」を食べその美味さに絶賛したものですから、今日は連食です。
獲物は「カキフライ定食」@1,380です。


味ですか、一見美味しそうに見えるカキフライですが、衣が厚く身と衣の間がスカスカです。
カキ肉もそれほどに美味しくなく、海のミルクの感じは全くありません。
豚カツが美味しかっただけにとても残念でした。
こういう日もありますよね(悲)

それでは(^_-)

熊谷 富田屋

今日は熊谷にお取引様の打合せで出向きました。
しかしこのような地方で美味しいB級グルメ店を探すのは至難の技です。

仕方なくいつものように昼食を食べに行こうとする地元ビジネスマンのデレゲーションの後についていきます。
これはかなりの確率でB級グルメ店に当るのですね。

ということで今日のお店は日本蕎麦「富田屋」です。
店内は熊谷のビジネスマンで満席です。
なにか期待が持てそうですね(笑)


最近日本蕎麦屋が好きで良く行くのですが、不思議なことがあります。

それはカツ丼と親子丼の値付けが同じなのです。
個人的にはカツ丼の方が高いとおもうのですが・・・
さらにキツネとタヌキも値段が同じです。これについては絶対にキツネ(アブラゲ)の方が高いと思うのですが如何なものでしょうか。
さらにこの店は大盛そばとザル蕎麦の値段が一緒です。
これも個人的には大盛ソバのほうが高いと思うのですが如何なものでしょうか。

日本蕎麦屋の値付けは不可思議です。

さて今日の獲物は「親子丼」@530です。

まず値段はB級グルメに相応しいです。
味ですか、まず鶏肉が固く脂分がなくパサパサしています。
卵はガチガチに硬めです。
玉ネギ含めた野菜が少ないです。
さらに割下が甘すぎでしかもかけすぎのためご飯がベチャベチャです。
不味くはないのですが・・・美味しいくもありません。
こういう獲物はコメントが難しいものですね。
しかしハッキリいえば美味しくなかったかな(笑)

それでは(^_-)

川口市栄町 琉菊

最近の若い人(特にオタク系)は「秋葉原」のことを「アキバ」ではなく「ハバラ」と読んでいるそうです。
もともとは「秋葉原(あきばはら)」と呼ばれていたので「バハラ」の方がロックぽくって良いと思う私なのですが・・・
ちなみにこの「あきはばら」の読みは、秋葉原駅の駅名をつける際、秋葉原(あきばはら)の読み方を知らない鉄道官僚が勘違いして「あきはばら」と付けたことで生まれたものです。

そういえば最近六本木(ポンギ=ギロッポンではありません)、自由が丘(オカジュー)、新宿(ジュク)、銀座(ザギン)、上野(ノガミ)、池袋(ブクロ)とか呼ぶ人が少なくなったような気がします。ちなみに我ら浅草はエンコです。これは六区にあった浅草公園をひっくり返して呼んだなごりです。

今日は埼玉高速鉄道で南鳩谷までお仕事で行きました。
ところがここ食べるところが全くなく仕方なく隣駅の川口元郷まで食べるところを探して歩いてしまいました(何てコッタ

今日のお店は久々のB級グルメ店川口市栄町「琉菊」です。



住所: 埼玉県川口市栄町1-13-16
電話:048-252-0716
定休日:金曜日


今日の獲物は「ラーメン+唐揚+飯ライス」定食@700です。
このお店一見汚い店構えですが、なな何と味はよいのです。
まずラーメンですが鶏ガラと野菜でしっかりと取ったスープは少し大目のラードでしたが濃いめの醤油にしっかりと合っています。中太縮れ麺はこのスープをしっかりと受け止めています。シナチクもシコシコショリショリで筋っぽく美味しい。チャーシューも濃いめの味付けで深みがあります。付け合せのサヤエンドウも一服の清涼剤的でさわやか、それに昔風ラーメン定番のナルトと海苔もベリッグッでした。
さらに副食の唐揚もジューシー、ホクホクでイケました。
さらにこれに半ライスですがほとんど全ライスがついて@700です。
これをB級グルメ店といわずに何というのでしょうか(押忍)

それでは(^_-)

蕨 壽門飯店

今日はSAKI’S ROOM Blogよりの転載です
【QOT】
「赤塚不二夫サンシェーインギャラリー」に寄せられた、大橋秀和さんからの質問

バカボンのパパの口ぐせで「これでいいのだ」とよくマンガの中で言うけど、その根本的な発想はどういう意味からきているのですか?

パパの答え
世の中のすべてを肯定するのだ。なってしまったことすべてが正しいのだ。


【UNQOT】
これは読者の質問に赤塚不二夫先生が、バカボンのパパの変わりに解答するというギャラリーです。
これはスゴイ、スゴスギル、赤塚先生は真の「哲学者」だと思います。

今日のお店は蕨一番の中華料理店「壽門飯店」です。




住所: 蕨市塚越2-4-18
電話番号:048-40-2722
定休日:不明

今日打合せでいったお取引様から蕨駅前で絶対はずれないと言われたお店「壽門飯店」です。
しかしこのお店ランチタイムに行ったのですが地元の人で混みすぎです。
私が頼んだのは「エビ餡かけ焼きソバ」@750です。



これは美味しい!蕨一番の理由がすぐにわかりました。
エビ餡かけ焼きソバの名前にたがわず、エビ君5尾ありましたし、塩味の味付けもくどくなく最高です。久々の地方ベリグッでした。

それでは(^_-)

麺家うえだ

今日は二回目の診察のため会社はお休みです。
今日は窮屈なギブスから装具への切替です。
ギブス足
ギブス足です。圧迫により足の指先が赤紫色に変色していますネ


装具足
装具足です。この装具ナナ何と@70,000もします(本当にマジなのです)。しかもドクターから出来が良くないので作り直しといわれましが、何故かつけています(不思議)


知らなかったのですがギブスって電気ノコギリで切って取るのですね。あまり気味のよいものではありませんでした。

ということで今日は半日以上病院にいた為前振りネタはありません。
今日のお店は立教高校の学生の支持が高い志木にある「麺屋うえだ」です。
麺屋うえだ店構え
屋根に乗っている竹箒がここに来る時の目印です。土日は行列になりますので時間差出勤をお勧めします。

麺屋うえだ店内
店内パチリです。子供の絵画が見受けられます(このパチリでは写っていません)。たしかここの女主人特に子供に対する思いやりが深かったと記憶しております。


住所: 埼玉県新座市東北2-12-7
TEL:048-471-8808
定休日:月曜日(祝日の場合翌火曜日)

ここは女性二人で切り回している活気溢れるお店です。
女主人は創作ラーメンを定期的に上市されていますが、今日は奥様と一緒だったのでチエックできませんでした。

ここから後はパチリ主体です。
軍鶏醤油ラーメン
奥様が注文した軍鶏醤油ラーメン@680です。狂牛病や鶏インフルエンザに悩まされた前のお店が、豚を使うメニューを軸にして今のお店にリニューアルしました。その時の残滓が軍鶏スープだったと記憶しています。結構このスープサッパリしているのです。イケますよ


特濃ラーメン
私が注文した特濃ラーメン@700です。まさに特濃です。これは豚骨ダシの粘性によるものです。これをさらに煮詰めたのが特濃です。魚スープもコンパウンドされているようです。味はこってりなのにスイスイは入ります。後半飽きてくると、スープで割ってもらうのがお約束です


スーパーハード
私が頼んだのは特濃のスパーハードです。まさに箸が立ちそうですネ。これはすごいと思います。


TV出演
TV出演するそうです。女主人から少ない時間だけど見てくださいといわれました。皆さんもお時間あればゼヒ


埼玉まで出没しているのに下町っ子か・・考えさせられるな(笑)

それでは(^_-)

デニーズ

B級グルメというより身体障害者日記みたいになってきました。
今日は怪我後初出勤です。
生憎の門出を祝うように雨です。
そうなのです、先生から患部を雨に濡らすことは厳禁とされているため、今日の朝は患部を濡らさない雨対策からスタートです。要はビニール袋でグルグル巻きです。
そして雨合羽の用意です。
三本足には雨は不倶戴天的な存在ですね。
何とかバスに乗り継ぎながら重役出勤です。
やはり階段は苦手です。
会社に行けば担当役員から何で手術して休まないのだと叱責されましたが、休んだらどんなことになるのか・・・それこそ怖くてデキナイデキナイです。
それにしても三本足歩行がこんなにきついとは今日は会社に着いただけでスゴイ疲労感に包まれました。もう仕事モード気分エンプティです。

今日は先日食べに行ったデニーズの「ひとくちロースステーキ」@1390円です。


ソースはおろしポン酢、香味しょうゆ、わさびおろしポン酢、にんにく醤油、マスタードソース、から選べますのでおろしポン酢を選びました。
味ですか、味以前にこの肉硬すぎます。まるで石です。
歯が欠けたら一体どうしてくれるのでしょうか
天狗のサイコロステーキと比べると月とスッポンです。
ちなみにオリコンランキングは19位です(当たり前か
最下位はスカイラークです。
頼むからこのメニュー抹殺してください、できない場合は潰れてくださいネ(笑)

そうそう帰宅途中社員食堂のベトナム料理のおばさんに心からのお見舞いの言葉をかけられ、思わずホロリとなりました。私のこと覚えていてくれたんですね、カレーしか頼まないのに(涙)

それでは(^_-)

山田うどん

本日は雨なのでグダグダしていました。
お尻(ヘモ)の調子が大分良くなったので久々に走りに行きました。
軽めに10km走ったのですが、少し高速ランができないものの、それほど落ちてなく3月のフルマラソンはいけそうな感じです。
まーそのためにジオン注(痔の簡易手術)してその術後苦しんだのですから当然でしょう。

そうそう走る前にギャオで月光仮面見ていたのですが、まー古いですね。
月光仮面は、月よりの使者・月光仮面が活躍する痛快活劇です。
主題歌どおり、最後まで月光仮面の正体が誰だかわからないというのも魅力のひとつです。
何処の誰だか知れないけれどと歌っていましたが、誰もが皆その正体を知っているというほとんどチョンバレなのが今となっては懐かしいです。
オープニング画面の月光仮面がオートバイで走るシーンは、国道1号の品川辺りなのですが本当に何も無いですね。
一体昭和何年の話だったのでしょうか

今日は長男と「山田うどん」です。
山田うどんは、1935年創業のうどん、そばを主力にする外食レストランチェーン。正式社名は山田食品産業株式会社(Yamada-udon co.,LTD )。2006年10月現在、埼玉県内を中心に関東地方1都6県で店舗を展開している。【Wikipediaより抜粋】
でも全店舗の50%は埼玉県に集中しており東京は10%。神奈川県は7%という殆んど都心では知られていない外食レストランです。

今日の獲物は私がチャーハンセット、長男が牛スジうどんです。

チャーハンセット


牛スジうどん

これこそB級グルメの王道です。味ですか、マズマズで美味しいです。
個人的にはここのチャーハン大好きです。これに福神漬けをのせて食べるのが私流です(通常はタクワンです)。
そうそう言いわすれましたが、ここのもつ煮込み (パンチ)350円とても美味しいので是非皆様一度チャレンジして下さい。



これから英会話なので予習しなくちゃ


それでは(^_-)


かにチャーハンの店

本日は年始挨拶廻りです。
といってもほとんどが形骸化しており実態は名刺配りという極めて生産性のない行為をしているだけです。しかしこれは何処の会社も同じですよね。

今日は大宮駅中にある、「燃える炎と踊る米」の惹句で有名な行列のできる有名店「かにチャーハンの店」です。
普段は行列ができているので並ばないのですが、今日は四人位だったので列の後ろに付くことにしました。
並んでいるアイドルタイムの間、調理時間というか「あおり」の回数を数えていました(ヒマ人)。大体完成まで70回前後ですね。そしてあおりのトップギアに入るのが40回以降ということが判明しました(大発見)。

ということで今日の獲物は、かにチャーハン、かに味噌汁、中華ネギ鶏(2個付)セット@680円です。

調理人さんは皆ポパイの様な腕をしています(笑)

このチャーハンには、レタス、胡瓜、葱、かにが入っており、レタスと胡瓜のシャキシャキ感はこのチャーハンにサッパリとしたアクセントを与えています。
さらに炎を御して作られた踊る米は一粒一粒が際立ちその存在感を表しています。

味ですか美味しいのですけれど・・・この際はっきりいいましょう
このチャーハン暖かくないのです。以前青山に有る広東名菜「富徳」でチャーハンを食べた際は、あまりの熱さで口の中を火傷しそうになりましたが(もっとも周富徳はその人生において火傷していますけれど)、ここはそれなりに暖かいのですけれどチャーハンとしては冷たすぎます、食べ終わりの頃にはほとんど冷えチャーハンとなっているのです。
何故なんでしょうか、かなりの高い炎であおっていますが不思議です
多分調理する油の温度管理の問題なのでしょうね。
美味しいだけに残念です。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ