下町っ子の上の空

好奇心が人一倍強く、見栄っ張りで、お人好しの下町っ子のBlogです。 ウンチクネタがくどいのがたまに傷ですが、お気軽にお立ち寄り下さい。

千代田区

御茶ノ水 ナポレターノ

今日は「時代はMARCHから早慶明」です
meiji
明治は18年度から4年間の「第2期中期計画」をスタートさせた。その柱の一つが、11年に定めた長期ビジョンとも深く関連する国際化だ。
具体的には、受け入れる留学生を現状の約2000人から3700人に引き上げると同時に、海外に留学生として送りだす学生を1800人から3250人に増やす。
「大学にしては珍しく数値目標を立てました」と柳谷氏は笑う。
さらには、英教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」の世界の大学ランキングで、アジアの大学トップ100入りを目指す。現在、日本の私立大では早大も慶応大学もトップ100には入っていない。
もし明治がランクインすれば、世界的には両校を上回る評価ということになる。
明治の関係者が密かに期待する。
早・慶・上智大学に次ぐ首都圏の私立大学グループ「MARCH」からの卒業と「早慶明ビッグスリー体制」が見えてくるかもしれない。
大きな課題は、今後ますます厳しくなる大学の経営環境だ。
少子化に加え、政府は18年度から、人口の東京一極集中への歯止めの一環として、東京23区の私立大学の定員増や学部の新設を凍結した。
一方で私立大が一部の学部を他大学に譲渡できるようにする法制度の導入を検討するなど、規制緩和も同時に進みそうだ。
柳谷氏は「大学の再編、淘汰が進む中、経営上の選択肢は多いに越したことはない。
文科省が検討している学部限定のM&A(合併・買収)が可能になれば、もちろん重要な選択肢の一つとしてとらえていきたい」と自信をのぞかせる。
野村時代に投資銀行業務の責任者として数々のM&Aを手掛けてきた同氏にとっては、ホームグラウンドでの試合といえるかもしれない。
明治大学の運営は、学校法人明治大学の理事長である柳谷氏と、明治大学の学長である土屋恵一郎氏による「二長制」を敷いている。
土屋氏は教育・研究、柳谷氏は経営という役割分担だ。
これに対し、一人が経営、教育・研究の両方を見る一長制は、意思決定は早いがチェック機能が働かずに間違った方向に進むリスクも高いと柳谷氏は指摘する。
第2期中期計画の最終年にあたる21年に創立140周年を迎える明治。
その時にどれだけブランド力が高まっているかは、柳谷氏が「非常に改革熱心でアイデアが豊富」と信頼を寄せる土屋学長との「二長」の手腕にかかっている。
「明大、脱バンカラで早慶超え 元証券マン理事長の改革」より転載

明大学がMARCHから抜けだいして早慶明というグループを創るという構想を練っていて、その構想が現実味を帯びてきたみたいです。
確かに我が社でも明治大学卒の人間はバンカラ系の人間は少なくなってきて、コジャレタ人間が多くなってきています。彼らに共通しているのは明治大学の校歌を歌えません。
なんでやねん!
私は中学・高校から剣道をやっていて、学業不振の際は、道場の先生の推薦で明治大学剣道部への入学が約束されていました。従いまして、私の高校時代の剣道の先輩は圧倒的に明治大学の方が多かったのです。
それ故に「茶話会」と称する酒だけを飲む宴会には明治大学の高歌放吟は必定だったのです。
よその大学ではありますが、良い校歌です。

maxresdefault
昨年の明治大学の第九十六代応援団長は日比谷高校卒の新宅杏子さんです。
以下に彼女の応援と挨拶の動画がありますので後でご覧ください。
礼節にのっとって、わかり易いものです。
当初は男性化した応援団長を演じるのかなと思っていましたが、女性らしさを前面にだしながら且つ明治の應援團のDNAは引継ぎながらメリハリのあるものでした。
新しい應援團の一つの形を表したものではないでしょうか。
それに反してエールをきっている同期の男子の応援の姿はどこから見ても漢明治(おとこめいじ)であります。
このような爽快な応援は見たことがありません。
感動しました。
頑張れ、明治であります。


明治最高の応援!



IMG_7233
ということで明治大学の前にやって参りました。
今日のお店は、吉野家さん傘下の「一口茶屋」さんが展開するファーストフードタイプのワンコインピザ屋さんです。
今日のお店は「ピッツァ ナポレターノ カフェ」 御茶ノ水店さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-20-4 第2龍名館ビルディング 1F
電話:03-6273-7828
定休日: 無休

IMG_7237
お店の外観です。

IMG_7238

IMG_7239

IMG_7240
店内の雰囲気です。

IMG_7234
メニューです。

今日のオーダー「ゴルゴンゾーラ」@756円です。
吉野家さんの系列なので全てがセルフサービスです。
待つこと4分で「ゴルゴンゾーラ」の到着です。
IMG_7241
見た目、牛丼風ではありません。
当たりまえか(笑)

IMG_7242
それでは実食です。

IMG_7243
蜂蜜をかけ回していただきます。
うん、釜で焼いているのでふっくらとしています。
モチモチ感もかなりあります
ゴルゴンゾーラも表面の4割くらい締めていて満足です。
ちょっとコシがありませんが@756円のコスパを考えたら満足です。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 18th

今日は「両国ぶらり旅」です
IMG_7281
大学の先輩たちと両国を逍遥してきました。
画像主体ですが宜しかったらお付き合いください。

#土俵祭り
IMG_7277

dohyo_image03

IMG_7290

IMG_7292

IMG_7293

IMG_7294
土俵祭とは立行司が祭主となり、祝詞を奉上し、供物を捧げて場所中の安全と興行の成功、さらには国家の安泰、五穀豊穣を祈念するものです。
土俵の中央に穴を開け、塩、昆布、するめ、勝栗、洗米、かやの実などの縁起物が沈められます。
理事長、審判部の親方衆、三役以上の力士、全行司、溜会幹部らが出席して行われます。

#優勝額贈呈式
IMG_7296

IMG_7300

IMG_7305

IMG_7312

IMG_7320

IMG_7322

IMG_7334

IMG_7340
ナマ鶴竜さんとナマ栃ノ心さんを始めてみましたが、黄色い声は圧倒的に栃ノ心さんが多かったですね。
鶴竜さんは完璧に引き立て役でした。

#回向院
IMG_7344

IMG_7347

IMG_7348
下町っ子ではありますが回向院に入った事がありません。ここには時代劇で義賊として活躍するねずみ小僧の墓があります。江戸の街を探せた義賊 ねずみ小僧は、大名屋敷のみをターゲットに盗みに入っていましたが、警備が厳重な大名屋敷に90回以上も盗みに入っても捕まりませんでした。
そのことから、「どんな難関でもスルッとすり抜ける」ということが転じて「どんな難しいテストでもすり抜ける=合格する」という意味で、御利益があると言われています。
またずっと捕まらなかった運の良さや、ねずみ小僧がギャンブル好きだったことから、金運やギャンブル運にもご利益があると言われています。
長年捕まらなかった運にあやかろうと、墓石を削りお守りに持つ風習が当時より盛んで、現在も特に合格祈願に来る受験生方があとをたちません。

#吉良邸跡地
6ffe52dc77aefed1f05a5eeb93663800

IMG_7354

IMG_7355

IMG_7356
この地に来るたびに思うのですが、吉良邸討ち入りというのは、単なる民間テロです。
朝の4時頃、47人のフルリーアームド(完全武装)した兵士が乗り込んできて、死者17人、負傷者24人という大殺戮が行われたのです。
寝混みのところを襲撃したのでここまでわずか二時間程でミッションコンプリートしています。
吉良側の死者は15人、負傷者は23人であったそうですが、被害者の全てが警護の武士ではなかったはずです。
中には民間人の下働きの方もいたはずです。
客観的に俯瞰しますと近隣の迷惑等考えますと何ともひどい惨劇であります。
kirayasikizumen1
それにしましても2,500坪の広大な敷地の中からよくも吉良上野介を探しおおせたものであります。
指揮官である大石内蔵助の統率力がなしえた帰結でしょう。

#八角部屋
20130127022519d79[1]

IMG_7367

IMG_7365

IMG_7366

IMG_7368
八角親方ともうせば名作「のたり松太郎」の田中君のモデルであります。
田中君のころは保志でしたが、この漫画が後押して、その後横綱北勝海となり、現在は八角親方とあいなったわけであります。
田中君は気が弱いのに、お酒を飲みますと酒癖が悪くて大暴れします。
そうしますと強気の松太郎が田中君の手下になりさがります。
その田中君は、酔いが覚めるといつも自分のした事に愕然するのです。
このジキルとハイドみたいな落差がたまらずこの漫画のとりこになっていたのです。


IMG_7222
今日は神田に出没です。
美味しい和食が食べたくなりました。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_7224

IMG_7225
お店の外観です。

IMG_7232
店内の雰囲気です。

IMG_7226
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、かつお刺身・香味野菜・生生姜醤油、煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸、豆乳と湯葉の茶わん蒸しきのこあん掛け、海苔なめ茸ご飯、漬物、味噌汁です。

IMG_7227
待つこと6分で「日替わり定食」の到着です。
見た目、THE和食です。

それでは実食です。
IMG_7228
まずは「かつお刺身・香味野菜・生生姜醤油」です。
かつおが色鮮やかです。
美味しいです。
かつおは、胡麻辛子醤油も楽しめますが、王道は生生姜醤油ではないかと思います。
日本人に生まれて良かったなと思う瞬間です。

IMG_7229
それに合わせたのが「海苔なめ茸ご飯」です。
海苔となめ茸の相性は最高です。
山海の美味です、
これも美味しいです。

IMG_7231
「豆乳と湯葉の茶わん蒸しきのこあん掛け」です。
ここのご主人は蒸しものの天才です。
食べているだけで幸せの雰囲気に包まれます。
これも美味しいです。

IMG_7230
「煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸」は鐵板の味わいです。
今日は高野豆腐にノックアウトされました。
これだけでも充分です。
今日の定食は完成度が高かったですね・・・

それでは(^_-)

内神田 桃山

今日は「笑いが絶えない家族が最高!」です
最近、受験生を持つ中堅社員と話していますと、子供が受験なのでお金がかかって大変だ、とこぼしています。
私も長男が大学受験の時に似たような思い出があります。
奥様が長男可愛さから身の丈の倍くらいの教育投資をしたものですからかなり生活はひっ迫しましたが、それでもなんとかつつがなく暮らしていました。
子供が生まれた時から、今の世の中では大学へいくのは必定なので、その為の蓄えはある程度していましたが、やはり過ぎたるは及ばざるが如し、なのでありましょう。

大学の同級生の中には会社の役員も多く、それに比例してかなりの高所得者がいます。
それ故、彼らは外的なふるまいもプレステジアウス(一流)な暮らしを強いらせられるようで、イクスペンディチャー(支出)もそれの見合いで多く、差し引きしますとカツカツで暮らしているようです。
意外に大変みたいです。

maxresdefault
基本的にお金のあるのと無いとの相関関係では人の幸せはあまり関係がありません。
貧乏だと家族が協力して働かなくてはなりません。
自分の好きなことを我慢して家族のために労力を費やさなくてはなりません。
そうなると誰でもイライラしてきます。
病気などで働けなくなったら仕事と看病でくたくたになるはずです。
それでも家族がお互いに気遣って生きていけるのなら、もうこれはスーパーハッピーなのかも知れません。
家族の思いやりこそが人の幸せです。
お金ではありません。
要は、金持ちは幸せで貧乏は不幸せというようなステレオタイプではないと言いたいのです。
やはり家族が元気で健康であって、身の丈の中でいろんな工夫をして一生懸命生活をしていれば幸せを感じる事が出来ると思います。中でも一番大事な事は家庭の中で笑いが絶えない事です。
これさえあればたいがいの苦労は乗り越えられます。

19
私が幼少の頃、隣家は夫婦で橋のたもとで「松越」という小さな洋品店をやっていました。
お世辞にも裕福とは言えなかったと思います。
子供の私はたまに遊びに行ってはよく三男さんに勉強を教えてもらった記憶があります。
たしか、一階が家族共有の場で、二階が寝室兼勉強部屋になっていました。
まるで蚕棚のようでした。
お子さんたちは皆優秀でした。
長男さんは東京大学、次男さんは横浜国立大学、くだんの三男さんは東大を目指していて、確か東大に入学できたと記憶しています。
幼い私は失礼にも、こんな狭いところで、勉強して身に染みるの、と聞きました。
すると、広々としたした所で勉強しても、集中できなければ意味ないよ。
僕は、このような汲々とした所で勉強した方が、しっかりと励めるんだよ。

800px-Tekijuku_01
江戸の終わりに大阪に適塾というオランダ語の塾があったんだ。
そこはうちよりもっと狭くて汚いところなんだけれどそこで大勢の学生が勉強していたんだ。
そこの学生は皆優秀で明治になって大活躍したんだよ。
たしか福沢諭吉もここで勉強したから慶應を創れたんだよ、と言いながら、勉強は机の広さではなくてヤル気だよ、と笑いながら言っていたら、それを聞いていた蚕棚の上で勉強していた次男さんが、△△、それって兄貴の受けいりじゃないか、と同じく笑いながら茶化していました。
これが私の向学の原点であります。
それなのに私は苦学生が集まる頂点の大学である早稲田大学を目指さなかったのは、幼い時に現在の天の邪鬼的性格が萌芽していたからでしょう・・・・


体育祭の最後を飾る整理体操をビデオで撮影しました。こんなに一生懸命にラジオ体操をしている風景を私は見た事がありませんでした。



IMG_6993

IMG_6994
今日は神田橋に出没です。
あんですかね「山形そば」って?
体験してい見る事にしました。
今日のお店は「桃山」大手町店さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-4-2 ポイントビル 1F
電話番号:03-5244-5485
定休日: 土曜日・日曜日・祝日

IMG_6986
お店の外観です。

IMG_6991
店内の雰囲気です。

IMG_6992
メニューです。

きょうのオーダー「肉そば(冷)」@600円です。
IMG_6988
待つこと1分でお水と蕎麦揚げの到着です。
手持ち無沙汰だったので揚げ蕎麦を口に入れましたが美味しくもなんともありませんでした。

IMG_6989
待つこと2で分「肉そば(冷)」の到着です。
見た目、肉の存在感が大きいな、です。

IMG_6990
それでは実食です。
肉そばといっても、豚肉ではなく、鶏肉のスライスが5枚、細く切った白髪ねぎがトッピングされています
蕎麦つゆは鶏油が浮いていて鶏出汁が効いているので、想像していたよりはこってりした印象で塩味も濃い目です。お蕎麦は、固めといえば固めなのですが、なんかちがう歯ごたえです。
これは好き好きですね。
ちなみにこの蕎麦は味のインパクトが弱くて私の好みではありませんでした。
残念、こんな日もあります。

それでは(^_-)

小川町 チャントーヤ ココナッツカリー リターンズ

今日は「ジョンさんとマキさん」です
私はあまりTVを見ないのですが、奥様は意外にもTV好きです。
TVを見ない私ですが、日曜には家にいますので、14時からフジテレビで上映されています「ノンフィクション」は付き合いでみています。
この番組はフジテレビで1995年から放送されているドキュメンタリー番組です。
これまでにも大きな反響を呼ぶ作品を次々に世に問うてきたなかなかの人気番組なのです。
著名な人物を取り上げることもありますが、基本的には市井の人の人生を追いかけた作りになっています。
かかる中、最近以下の番組「マキさんの老後〜絶望と希望の旅立ち〜 後編」を観ました。
917200055_51

917200055_53
女性姿の方が夫のマキさんこと宮本昌樹さんは早稲田大学教育学部卒(60歳=昭和33年生)です。
宮本さんの実家は市議会議員を40年以上も続けた地元の名家です。
跡取り息子の生き方が許せない母からは遠い昔に勘当されています。
妻の佳江さんは(68歳=昭和25年生)です。
佳江さんはこのあべこべ夫婦のたつき(家計)を支えるために2011年に介護福祉士の資格を取る程の頑張り屋さんなのです。一方、ご主人の宮本さんは水商売をやめて、家でゴロゴロしているのですが、これでは生活は苦しくなるのが当然です。
そこで宮本さんは宝くじで一攫千金を狙うのですが絵に描いたように失敗して以下のフジテレビの紹介文に繋がるのです。
2008年放送から続く大人気シリーズ「マキさんの老後」
ご存じ、おかまの夫マキさんとオナベの妻ジョンさんのあべこべ夫婦が主人公。
2人は、老いへの不安と生活苦の中でもがき苦しんでいた・・・
そこへ、番組を見てマキさんに興味を持ったという1人の男優が現れる。
ポルノの帝王と呼ばれる久保新二さんである。
同性愛者の老いや多くの哀れな末路に、自らにも忍び寄る老いも重ね合わせ、2人に共感するものがあるというのだ。久保さんは、マキさんに自分の舞台に出演するようお願いをする。
だが、この9年余、定職も持たず、ジョンさんの世話になってきたマキさんの煮え切らない態度に久保さんは怒り爆発、仕事の依頼もよそにマキさんをののしり始めてしまう。
痛いところを突かれたマキさんは、帰宅し、今度は、ジョンさんに八つ当たり、最悪の事態に・・・
だが、強引で老獪な久保さんの話術にマキさんは、ついに老骨にむち打ち、ステージに立つ決意をする。
果たして、マキさんは、ショーダンサーとして復活できるのか・・・
同性愛者として生きる道を決心したものの、世間の波に翻弄され、自らの性に悩み、傷つき、もがく老いた同性愛者2人のつらい現実と深い絆を描きます。

正直に申してこの「マキさんの老後」シリーズに限ってはそのノンフィクション性を全く信用していません。
もしこれが本当に真実ならばご主人は地獄に落ちるべきです。
この夫婦を見ていますとアルコール依存症がいる家庭のアルコール依存症維持連鎖を想起します。
宮本さんのような怠惰な生活の常習者は、飲酒をやめさせようとすればするほど逆効果になり、その結果、本人は飲酒にはしるというアルコール依存症にかぶります。
アルコール依存症にはenabler(後押しする人)という家族がいます。
何らかの依存症にある人物に対して、その依存状態を支えてしまう人のことや共依存の関係を後押しする人のことを指します。多分に妻の佳江さんはこれに当たるのでしょう。

しか〜し、番組を観ていますと、宮本さんはかなりスマート(頭がいい)なので、プロデューサーと番組の構成、シナリオ等を綿密に打合せしているのではないかと臆断しています。
カット割りにしても、結構、上手に組んでいます。
もしこれが偶然の産物というのであれば、その偶然の連鎖は確率的にありえないでしょう。
一番の疑念はこれだけこの番組の視聴率が良くて、経済的利得を得るのは、CX(フジテレビ)のプロデューサーとこの宮本夫婦だけでしょう。
加えて、この番組にでた演劇集団が今にもつぶれそうな演出をされたので驚いたみたいです。
番組放送後に自らのブログで視聴者(多分に関係者)に、そんなことはありません。
CXの演出ですから、と訂正していたのを見たことがあります。
実際の舞台裏はこんなものです。
いずれにしましても宮本夫人は御年70歳ですから、介護士からは早くリタイアされて安寧な暮らしを仲良く送られる事を祈っております。


私と娘、そしてパイナップル【タイ通信会社CM 日本語字幕】


IMG_6749
今日は神田は小川町に出没です。
カレーは食べたくなかったのですが、気がつきましたら入店していました。
今日のお店は「チャントーヤ ココナッツカリー (CHANTOYA COCONUT CURRY)」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-28-7 昇龍館ビル 1F
電話:03-5281-4747
定休日:無休

IMG_6750
お店の外観です。

IMG_6751
店内の雰囲気です。

IMG_6753
メニューです。

きょうのオーダー「チキンとナスの焼きチーズカレー」@1,030円です。
このお店は圧倒的に女性客が多いです。
女性はカレーが好きなのでしょうか?

IMG_6754
待つこと0分でサラダの到着です。
見た目、色鮮やかなグリーンサラダです。
イケますね。

IMG_6756
待つこと7分で「チキンとナスの焼きチーズカレー」の到着です。
なにか溶岩ドームのような風情です。

それでは実食です。
IMG_6755

IMG_6757

IMG_6758
白いご飯の上にルーを少しずつかけ回していただきます。
このお店はタイカレーと日本のカレーのフュージョンです。
その中で特にこだわっているのはパクチー、カー、ライムの葉、レモングラス、ココナッツミルクは本場タイ産を用いているようです。
それでは実食です。
一口食べた瞬間に私の味覚中枢が震えました。
これはとても美味しい。
チキンのジューシーさは群を抜いています。
ナスはこの味に染まっておりよい意味でのバイプレーヤーです。
特筆するのはほのかな酸味がするトマトです。
味を引き締めています。
本場のココナツミルクがルーをマイルドに仕上げています。
そしてこれらの個性を大きくつつみこみ抱きしめているのがこんがりトロトロチーズです。
なんというオーケストレーションでしょう。
久々に食べても美味しいでしょう。
女性に人気があるのは納得です。
理由ですか、ココナッツミルク効果でしょう・・・

それでは(^_-)

続 丸の内 トナリ

今日は「こんな朝もあります」です
p2
この間、会社の大きな組織替えがあり、私の部門においても半分くらいスクラップアンドビルドが行われました。
そこで解散式を兼ねた送別会となりました。
久しぶりに会がアレました。
多分に飲み物がスパークリングワインで且つ長時間であったことが遠因だと臆断しています。
私の部門は女性がツオイのです。
特にベテラン女性が飛ばしていました。
会が始まって1時間位経ってから、自ら一気飲みの見本を見せてから、お酒はこのようにして飲みなさい。
若いんだから!と言って若手の男性社員に一気飲みを何度も強要させていました。
まさにパワハラです(笑)
多分に雰囲気の良い部門だったから、別れが悲しいのでしょう。
しか〜し、素面でこの荒場(アレバ)を見ていると、体中の毛穴が慄然として縮こまっていくのがはっきりとわかりました。実は、早く家に帰りたい、と本当に思っていました。
会の締め前には恒例の挨拶です。
人数的には4人が他部門に異動します。
従いまして、各々がお別れのショートスピーチをします。
しか〜し、ベテラン女性の怒号で折角のスピーチがかき消されて話す内容が聞こえません。
そしてかかる中、今回の解散式のキーである更迭されたとある部長の挨拶が始まりました。
部長は今回の解散は自らの不徳の致すところであると本当に申し訳ない的な流れを創り、今回の解散の原因は自らにあると纏めたのです。
極めて真っ当な正鵠を射た内容だったのですが、このような場での挨拶ですから、表層的な部分で纏めてその本質には触れなかったのです。
これにキレたべあるベテラン女性社員がやおら立ち上がり、そ・れ・は・ち・が・う!と絶叫しながら、その違う理由を泣きながら説明し始めたのです。
私は、一体全体何をいうのだろう、と半分ビビりながら聞いていたのですが、これが聞いた事がないような名スピーチだったのです。
起承転結をきちんと踏まえていて、その内容は過不足なく且つ話すトーンも抑揚がはっきりしていて完璧でした。
まるでこの為に作られたスピーチのようでこれを即興で行うとは本当に感服しました。お見事でした。
うちのマネージメントの中でもこのようなツボを押さえたスピーチができる人間は限られていると思います。
しか〜し、普段の彼女はこのようなそぶりは微塵も見せず、マサに酒神バッカスの造形物のような感さえありました。酒の効用かそれとも能ある鷹は爪を隠すかはあずかり知らない処であります。

hqdefault
これで終われば大団円だったのです。
そのスピーチの後しばらくして彼女は昏倒してしまいました。
他にも飲みすぎで倒れる女性が続出していたので、私は名スピーチの女性を介助する事とあいなったのです。
30分過ぎて意識を取り戻したので、私は彼女の右脇に腕を入れて、地下にあるお店から地上へと私の右腰にのせて引きずるように地上へと上がっていったのです。階段を半分くらいのところで、彼女は私に抱きかかえながら、あたかもスプラッター映画のワンシーンを演じたのでした。
私はかろうじてその吐しゃ物を避けました。
それですっきりしたのか彼女は正気に戻りました。
それからしばらくして真人間になった彼女を、私は彼女の家の方面の若手を付けてタクシーで送らせたのです。
こんな日もあります。
帰宅してからスーツに汚れがないか確認しましたら、ズボンの足元にかなりの吐しゃ物が付着していました。
風呂場でそれを洗い流して、洗濯物の一番奥に格納してその夜は床につきました。
次の日の朝、洗濯場から絹を引き裂くような絶叫が聞こえました。
どうやら奥様が私の隠匿物を発見したようです。
この後の顛末は皆さまが想像した通りで宜しいかと思います。
こんな朝もあります・・・


14歳で売り上げ2億円!? 手作りバッジで起業した天才少年


IMG_6681

IMG_6682
今日は丸の内に出没です。

IMG_6683

IMG_6686
私の大好きな「きじ」さんはこのような行列です。

IMG_6684
珍しく今日はお腹が空いていたので並ぶかどうか悩んでいましたらこの看板が目に飛び込んできました。
今日のお店は行列で有名な東京タンメン「トナリラーメン」丸の内店さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B1F
電話:03-3240-6066
定休日:年中無休

IMG_6685
お店の外観です。

IMG_6688
店内の雰囲気です。

IMG_6687
メニューです。

きょうのオーダー「焼きそば+半熟玉子」@650+@100=750円です。
IMG_6689
待つこと6分で「焼きそば+半熟玉子」の到着です。

IMG_6690
それでは実食です。
ここの焼きそばと半熟玉子は別々になっていて自分でこのように焼きそばの上にのせるのです。
この焼きそばは茹で麺に焼きそばソースをからめているのですね。
要はインスタント焼きそばと同じ製法です。
味ですか辛美味ですが美味しいです。
もう少し具体的に申しますと、平内麺は辛めソースに良くからんで且つプリプリして美味しいです。
炒め野菜もしんなりしていてグートです。
辛し揚げ玉が味をコワク的にしています。
温泉玉子は味をマイルドにしています。
白眉はからっと揚がったイカ天です。
これらがハッチポッチとなって味をオーケストレーションしているのです。
これはたまらんばい的な味わいです。
私の好きな焼きそばです。
丸の内においては「コスパ良し」といえます。
並んで食べても損はしませんよ!

それでは(^_-)

神田 きくかわ

今日は「このブログが始まったきっかけ」です
c7d8ea9ae9ecf4d9708c58cc9d5f1f61_600
人事異動の季節です。
当社は今回の異動で業績不芳による降格人事が数多く散見されました。
私の元部下の部長もその例にならって降格されたのです。
彼は、部の業績が赤字になったのは自らの不徳のいたすところで、営業努力の甲斐もなく黒転できなかったのは、自らの管理手腕のなさの露呈であります、と言っていましたがそれはまだ現職であるから言えるのです。
その後に起こる惨めな気持ちにまだ気がついていないのです。
私もかつて似たような経験をしました。
同期のトップで部長職になって、生まれて始めて大きなガラスを背面にしたひな壇に座り且つ机の面積が増えサイドキャビネットが通常の二つから三つになった時の感激は今でも忘れません。
位が人を創るといいますが、まさにそのような感慨を持ちました。
隣の席の役員から、私が拝命したこの新規ビジネスを軌道にのせれば次は役員だな、と言われて満更でもなく否定をしない自分がいました。
というかこの新規ビジネスを立ち上げようとそれこそ不撓不屈の精神で臨みました。
それから2年・・・
悲酸な結末が大きな口を開けて私を飲みこみました。
新規ビジネスは失敗しました。
その理由についてはいまだ関係者がいるので割愛します。
常務から常務室に呼ばれ、会社と承認した新規ビジネスだ。
責任は会社にあるが、△△が所管している部をこのまま存続することはできない。
したがって部は解散。
△△は大阪に転勤で、輸入ビジネスをやって欲しい。
決して左遷ではないからな。
個人的には構想は良かったが時期尚早だった。
従って発展的解散だという事で理解してくれ、と得々といわれ且つこの常務は大学の先輩でもあり、悪いようにはしないのだろうな、と思い、発展的解散ですか。わかりました。
くれぐれも部員には私以上の特段の措置をお願いします、と言って胸を張って役員室を出てきました。
今、このように思い返しますと、敗軍の将は兵を語らず(失敗した者はいさぎよく失敗を認め弁解がましい事を言うべきでない)、みたいな英雄的な気持ちが横溢していたのです。
これから起きるである労苦まで思いが至らなかったのです。
しばらくして人事発令があり、その発令簿では降格になっておりました。
一応その内容は常務から聞いていましたが、常務から善処するといわれたので降格なしかなと勝手に想像はしていたのですがまずは順当な人事でしょう。

残務整理が終わり大阪に単身赴任で着任しました。
そこで待ち受けていたのは冷徹なな事実です。
従前は部長でしたが大阪では部長付ですから所謂ラインではなくスタッフです。
従いまして、指示は部長から受けますし、机も普通の机に戻りました。
さら〜に、今では絶対に当社には入社できないのですが、当時の私は英語が話せなかったのです。
転勤初日の打合せは、取引先であるドイツのメーカーとの木曜日・金曜日の二日に亘るタフミーティングでした。
このミーティングで英語が話せないのは私だけでしたので通訳も付かず、打合せは延々と続き、大学卒業以来の英会話が私の頭上を頻繁に往来しました。
私の脳ミソは疲弊していました。
言っていることはまだ理解できるのですが、話せません。
これには参りましたなんて言っている場合ではなく、ドイツ人が帰った次の日の土曜日に大阪は梅田にあるベルリッツに入学して英語の勉強を始めました。
しか〜し、ドイツ人が帰った翌週から英文のメールが海外から多数入ってきて、その内容を理解して、返信するのが大変というかほとんどできなかったのです。
それから半年くらいは23時過ぎには帰った事がありませんでした。
中学・高校・大学・模試でも英語の成績は良くて、その自分が英語で苦労するとは思いもよりませんでした。
他にも沢山の苦労がありましたがこれも割愛しあます。
しか〜し、ここから這い上がってきたので今の自分があるのです。
懐かしい思いです。
ここでの要諦は、社員はその人のキャラクターを見ているのではなく、その人の肩書だけを冷徹に見ているという事実なのであります。

sty1601070018-f4
さら〜に付け加えますと、この臥薪嘗胆の時代の副産物が、私の無聊を癒す京都往訪と家族に近況を告げる「浪花綴り」だったのです。
これらがあったので今のブログが始まる嚆矢になっていたのです。


ボーリング・スーパープレイ


IMG_6481
今日は間違えて北海道時代の取引先に電話をしてしまいました。
ワン切りした後、ごめんなさいミスタッチです、とのショートメールを入れようとしたら返信がありました。
20年ぶりの会話です。
先方は私の事をとても懐かしがっていてこれこそが本当の久闊を叙す(久し振りに友情を温める)であります。
再会を約して電話を切ったらすごく興奮していました。
何かその後、食べ物でも幸せな気分を味わいたくてこのお店に入りました。
今日のお店は「神田きくかわ」神田店さんです。

住所: 東京都千代田区神田須田町1-24-2
電話番号:03-3251-1506
定休日: 月曜日(月曜が祝祭日は営業、翌日を休業日 2012年9月より)

IMG_6482

IMG_6494
お店の外観です。

IMG_6491
店内の雰囲気です。

IMG_6484
調味料の面々です。

IMG_6485
メニューです。

きょうのオーダー「うな重イ」@3,940円です。
店の外にお品書きがなかったので、鰻は相場ものだから出せないのだろうな、と自分に納得させて席につきました。
確か前回食べた時は2,500円だったので3,500円くらいかなと思っていましたらBingoでした。
ただしその時は消費税が3%でしたので結果英世さん×4人が財布から退場となりましたがそれはそれで仕方ないなと自らを思いこませました。

IMG_6489
待つこと9分で「うな重イ」が到着しました。
えっ、早すぎる!
作り置きだなと腹を決めました。
で〜も、ビジュアルは良い面構えをしています。

IMG_6490
それでは実食です。
表面の皮は、香ばしく炙られていて、中身はフワトロに柔らかくいです。
皮の近くは上質な心地よい脂分がのっています。
たれが足りなく感じましたので、少しかけ回しましたら味が締まりました。
これは美味しいです。
熱々でしたら満足度120%でしょう!

IMG_6493
お吸い物は熱々で高評価です。
パリッとした麩が美味しいです。

IMG_6492
ライチは普通のライチでした。
これは仕方ありません。
次回は口開けの11時にきて焼き立てを食べませう・・・

それでは(^_-)

神田 穂のか

今日は「そんなこと誰に聞いたんや!」です
丹後半島の絶景めぐり最後の天橋立観光の帰路の山手線の話です。
maxresdefault
私たち夫婦の前には腕をしっかりと組み合ったバカップルが座っていました。
二人の相貌は美男美女とはかけ離れたものです。
途中、このバカップルの両脇が開いたので、私たち夫婦もその脇に腰をかけました。
特にする事がなかったので、このバカップルの話を聞いていました。
バカップルの男子が最近吉原に出向いたそうです。
そこで吉原の蘊蓄を騙(かた)り出したのです。
吉原は当然のことながら私の守備範囲ですのでしっかりと聞き耳を立てて聞き始めました。

IMGP0247
男子は、昔ね、吉原に大門(だいもん)という門があってね、そのわきに馬肉屋さんがあるんだってさ、と来たもんです。吉原にはダイモンはありません、それをいうならオオモンです。
ダイモンは浜松町にあるのです。

original
さら〜に馬肉屋さんではありません。
桜鍋屋の中江さんです。
ちなみに中江さんは大門の脇にはありません。
歩いて800Mくらい離れたところにあります。
その馬肉屋さんの馬肉を食べると精がつくのでさ、吉原に行く人は馬に乗って来てさ、その馬をそのお店でつぶしてもらい、その馬肉を食べてから吉原に行ったんだってさ、というとバカップルの女子は、馬肉だから精がつくかもね。昔の事だから精力剤っていうかそれを売っているドラッグストアなんかないから仕方がないかもね、と答えているではありませんか。
違うと思います。
正しくは、そもそもこの地に「蹴飛ばし屋」ができたのは、馬に乗って吉原を訪れた客が、揚げ代のカタに馬を置いてゆくようになり、馬の始末に困った人々が、つぶして食べるようになったからだとか聞いています。
さら〜に、当時の吉原の周辺の農家は多くの農耕馬を使っており、働けなくなった馬は食べていましたが、当時の老年の農耕馬の肉は固くて美味しくなかったので、多分に「蹴飛ばし屋」に流していたのではなかったのかと臆断しています。
そこで「蹴飛ばし屋」は食べやすいように特製の味噌だれを駆使して舌に合うようにしたのが正しいのではないでしょうか。
那辺は歴史的なエビデンスがありませんので、所謂、a chicken and an egg problemであります。
いずれにしましても乗ってきた馬をその場でつぶして食べていたというのは噴飯ものです。
sty1601070018-f4
この男子はこの話がウケたので、今度は祇園に行った話をしはじめたのですが、祇園には風俗店ばかりで芸舞妓がいないので、祇園も寂れてしまったみたい、と話し始めたのです。
ちなみに祇園にはそのうような一角はありますが、それは祇園のほんの一部ですから。
それを聞いていた女子は、なにが面白くて日本髪の女性と酒を飲むのかしらん。
この間テレビで観たけど、彼女たちって髪洗うのは週に一回なんだって。
臭い頭でお座敷に出ているんだよ。
そんでその匂い取るためにお座敷に上がる前にファブっているんだってさ、と来たもんです。
まぁ確かに洗髪はその通りなんですけれど、そもそも髪結するのが大変なので、仕方なく一週間髪形を持たせるようにしているのです。
匂いはビンツケ油で消臭できているはずです。
いずれにしましても、今の若い人は教養がなさすぎます。
このままだと亡国の徒に成り下がりますよ。
特に馬肉屋の男子は、一体そんなこと誰に聞いたんや!であります。


映画が火付け役?卒業式に「袴姿」の小学生が急増



IMG_6098
今日は神田に出没です。
何やら美味しい立ち食い蕎麦屋さんがあるとかで行っていまいりました。
今日のお店は「十割蕎麦 韃靼 穂のか」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-12 サトウビル 1F
電話番号:03-3518-8102
定休日: 日曜日・祝日

IMG_6099
お店の外観です。

IMG_6106
お店の十割蕎麦の案内です。

IMG_6102
店内の雰囲気です。

IMG_5988
メニューです。

きょうのオーダー「田舎そば(300g)+生卵」@500+@100=600円です。
このお店は立ち食い蕎麦なので並んで蕎麦ができるのを待っています。
IMG_6103
待つこと6分で「田舎そば」ができました。
見た目、ほんまもん感横溢しています。

IMG_6104

IMG_6105
それでは実食です。
さすが10割蕎麦ですので香りが立っています。
蕎麦のエッジも立っています。
蕎麦は美味しいです。
しか〜し、付け汁がイマイチです。
深みみがありません。
ネギもべシャッとしていていただけません。
どうでしょう蕎麦だけならかなりのレベルです。
このお店は二回目ですが前回も満員でした。
もしかしましたら10割蕎麦の聖地なのかもしれません・・・
次回、三度目の正直にかけますか。

それでは(^_-)

神田 天兵 リターンズ

今日は「逆ごっつあんの相撲協会」です
l_ikko_001
京都府舞鶴市で開かれていた大相撲の春巡業で、土俵上でのあいさつ中に倒れた多々見(たたみ)良三市長(67)を救命中の複数の女性に対し、土俵から降りるよう場内アナウンスがあった問題で、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は4日夜、協会の行司が「女性は土俵から降りてください」と複数回アナウンスしたことを認めた。
そのうえで「行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。
深くお詫(わ)び申し上げます」とのコメントを出した。
「朝日新聞DIDITAL」より転載

京都府舞鶴市で開かれていた大相撲の春巡業で、土俵上でのあいさつ中に倒れた多々見(たたみ)良三市長(67)を救命中の複数の女性に対し、土俵から降りるよう場内アナウンスがあった問題で、救命行動後に、大量の塩がまかれていたことがわかった。
複数の観客によると、女性を含む救護にあたった人たちが土俵から降りた後、相撲協会関係者が大量に塩をまいていた。大相撲では、稽古中や本場所の取組中に力士がけがをしたり、体の一部を痛めたりしたようなときに塩をまくことがよくある。
日本相撲協会の広報担当は取材に「確認はしていないが、女性が上がったからまいたのではないと思う」と話した。
より「HUFFPOST」より転載

なにか土俵の上が違う意味で喧(かまびす)しいですね。
土俵上での女人禁制が、相撲界の重要な伝統文化であるとするならば、アナウンス自体には問題はなく、協会による個人批判はおかしいと思います。
さら〜に、八角理事長がこの後でナウンスについて「行事が動転して呼びかけたもの」とし、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫び申し上げます」と謝罪していますが個人的にはこの謝罪の方がタチは悪いと思います。
アナウンスした行事の人道的な是非は別にして、相撲協会のルールに則って行ったことですので彼に業務上の非はありません。
さら〜に、この後に清めの塩をまいたのも前段が正であるならば、これまた人道的な問題の是非は別にして正しい業務だと思います。
問題は、正しい業務を遂行したのにそれを認めず糊塗しようとした相撲協会の隠蔽体質にあるのです。
換言すれば臭い物に蓋をする的ふるまいこそが問題なのです。

大相撲春巡業といえば相撲協会幹部も帯同して行われているはずです。
従いまして、今回の愚行に気づき、すぐにアナウンスで訂正できるチャンスがあったはずなのに騒ぎがおきてから陳謝するという逆ごっつあん体質が今回の問題の遠因なのです。
具体的にはアナウンスで、先ほどは協会ルールに準じたアナウンスは極めて適当でなく申し訳ございません。
大変失礼いたしました。
現在、市長は病院へ行かれています。
救護に携わった女性のみなさん、本当にありがとうございました、という詫びをいれてから塩をまいたらまた違ったのかもしれないと思うのです。
そして、その後でこのような想定外の対応について協会内に徹底すべきだと思うのです。
そもそも相撲協会は部屋持親方の集合体であることからガバナンスが効いていない事に加えて先般の貴乃岩殴打事件で露呈したリスクマネジメントの欠如が再現してしまったという事で宜しいのではないかと思います。

2F
そもそも明治42年に両国に国技館が出来た頃、相撲はスポーツでさえなく単なる見世物扱いだったそうです。
だから今でも相撲は「興行」といいます。
普通、歌謡ショー、サーカス、プロレスなどでは「興行」を使いますが、スポーツではあまり「興行」は使いませんよね。ですから相撲はスポーツではないのです。
明治42年に出来た国技館も「国技館」とは名ばかりの見世物小屋としてデザインされていたのは有名な話です。
遊園地と同じで建物自体も外国風で「見世物」だったようです。
そもそも相撲を国技と決めた法律もなく、どうやら国技館という建物でやっているので国技らしいというような脆弱なものなのです。
このような事がこれからも続くのであれば国技という名前を外す時期が来ているのでないでしょうか。
よしんば相撲協会が国技という名前に拘泥するのであれば、相撲協会に入門する際に、平幕以上の力士は日本国籍を有するものという一文を加えそれを承諾し誓約したもののみ入門させれば良いかと思います。


でこぼこシャッターへのぶっつけ書き


IMG_6496
今日は神田に出没です。
このお店は若かりし頃、仕事に行き詰るとよくここの天丼を食べに来ました。
私の「青春の蹉跌」を埋めに来たお店ともいえます。
今日のお店は神田「天平(てんぺい)」さんです。 

住所: 東京都千代田区神田須田町1-2
電話:03-3256-5788
定休日:土曜、日曜、祝日

IMG_6498
お店の外観です。

IMG_6499
店内の雰囲気です。

創業時のお店です。
IMG_9155

IMG_9152

IMG_9156
もともとはお米屋さんだったので「天米」なのです。
このメニューは創業時のものでしょうか、完璧にデフレ価格ですね(笑)
ここでお店の紹介です。
「神田淡路町の「天兵」は法外な値段ではなく、昔からの東京の天ぷらを楽しめる一軒だ「天兵」の創業は昭和15年。以来、64年間、神田の地元客や東京の天ぷらを愛する客が集まる店となっている。
この店の味の特徴は、まずはクリスピーな表面の下に厚さ1ミリに満たないマシュマロのような層ができる「衣」。
さらに「天兵」の天タネは東京湾で獲れる魚介を主としているところだ。天兵のような正統派の店に通う楽しみは単に天ぷらを味わうことだけではない。
江戸前の技術が目の前で進化、発展していくところを見守るところにもある。
「東京カレンダー」より転載

IMG_6497
メニューです。

今日のオーダー「天丼」1,250円です。
IMG_6500
待つこと5分で「天丼」の到着です。
今日のネタは、海老×2本、メゴチ、鱚(きす)、ピーマン、茄子です。

天平

c599712e-s

IMG_6502
来るたびに天丼のネタが小さくなります。
誤解しないでください。
私は相場物の海老等を扱いながら値段を落とさないというその神田っ子の心意気を褒めているのです。

IMG_6502
それでは実食です。
ここの天麩羅はカラッと揚げないので衣にちょっとウェット感ありです。
丼つゆはちょっと濃い目の下町風です。
このお店では、私は海老のみ単独で食べて後は小分けして少しずつ纏めて渾然と食べるのが私の好みの食べ方です。味ですか、美味しいとか不味いとかではなくてここの味が好きなのです。
換言すればこの天丼が好物なのです。
今日はともすれば庶民の財布に優しい心意気も味付けに加わっていたのでとても美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

それでは(^_-)

丸の内 きじ 8th

今日は「悲しき天使」です。
o2448326413808382509
最近、サントリーF.A.G.E.のCM曲で懐かしい「悲しき天使」が流れていました。
小学生の時、友達の家に遊びに行った時、友達の兄がギターでこの曲を歌っていたのを覚えています。
その後、中学生になって簡単な英語の歌を訳してみようと、このレコードを買いました。
しか〜し、最初の難しい単語の“tavern(居酒屋)”を“heaven(天国)”と訳し間違えました。
さら〜に、Those were the days, my friendは、死んだ友達の事だと錯誤して、だから「悲しき天使」なんだと妙に納得して、この抒情的な楽曲に聞き入ってしまいい、訳すことを止めてしまい、今日に至りました。
今日、NETでその歌詞を発見しました。
この邦題から想像すると失恋の歌を連想しがちですが、歌詞の内容はもうちょっと深い、若かりし頃と過ぎ去った人生が描かれています。
宜しかったらこの訳をみながら、この名曲を楽しんでください。

Once upon a time, there was a tavern
Where we used to raise a glass or two
Remember how we laughed away the hours,
Think of all the great things we would do
昔のことだけど、一軒の居酒屋があったの
そこで私たちは一、二杯グラスを乾して
私たちは時の経つことなんか笑い飛ばしてたわ
私たちが成すであろう素晴らしいことを考えて
Those were the days, my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we’d choose
We’d fight and never lose
For we were young and sure to have our way
あれはそんな時代だったわね、そうでしょ(友よ)
私たちは、そんなことに終わりはないだろうと思っていた
私たちは歌い踊るだろう、永遠と一日(ずっと変らずに)
私たちは私たちが選んだ人生を生きるだろう
私たちは戦いそしてけして負けないだろう
私たちは若かったし、私たちのやり方を確かに持っていた

La La La La La La
La La La La La La
La La La La La La La La La La

Then, the busy years went rushing by us
We lost our starry notions on the way
If, by chance, I’d see you in the tavern,
We’d smile at one another and we’d say
Those were the days, my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we’d choose
We’d fight and never lose
Those were the days, oh yes, those were the days
それから、忙しい年月が私たちの傍を急いで過ぎ去った
私たちは(星空のような)煌めく考え方をその途中で失くしてしまった
もし、偶然、私があの居酒屋であなたにあったなら、
私たちはお互いに微笑んで、私たちは言うでしょう
あれはそんな時代だったわね、そうでしょ(友よ)
私たちは、彼らが終わることがないだろうと思っていた
私たちは歌い踊るだろう、永遠と一日(ずっと変らずに)
私たちは私たちが選んだ人生を生きるだろう
私たちは戦いそしてけして負けないだろう
あれはそんな時代だった、ああそうさ、あれはそんな時代だったね

La La La La La La
La La La La La La
La La La La La La La La La La

Just tonight, I stood before the tavern
Nothing seemed the way it used to be
In the glass, I saw a strange reflection
Was that lonely woman really me?
ちょうど今夜、私はあの居酒屋の前に立って
いつもするように何気なくしていると
ガラスの中に、私が奇妙に映ってるのを見たの
あの淋しそうな女性は私だったの?

Those were the days, my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we’d choose
We’d fight and never lose
Those were the days, oh yes, those were the days
あれはそんな時代だったわね、そうでしょ(友よ)
私たちは、彼らが終わることがないだろうと思っていた
私たちは歌い踊るだろう、永遠と一日(ずっと変らずに)
私たちは私たちが選んだ人生を生きるだろう
私たちは戦いそしてけして負けないだろう
あれはそんな時代だった、ああそうさ、あれはそんな時代だったね

La La La La La La
La La La La La La
La La La La La La La La La La
La La La La La La
La La La La La La
La La La La La La La La La La

Through the door, there came familiar laughter
I saw your face and heard you call my name
Oh, my friend, we’re older but no wiser
For in our hearts, the dreams are still the same
ドアを通ったら、馴染み深い笑い声が聞こえて来たの
あなたの顔を見えたわ、そしてあなたが私の名前を呼ぶのを聞いたわ
ああ私の友よ、私たちは年とったけど、賢くならなかったね
それは私たちの心のため、夢はずっと同じままなんだもの

Those were the days, my friend
We thought they’d never end
We’d sing and dance forever and a day
We’d live the life we’d choose
We’d fight and never lose
Those were the days, oh yes, those were the days
あれはそんな時代だったわね、そうでしょ(友よ)
私たちは、彼らが終わることがないだろうと思っていた
私たちは歌い踊るだろう、永遠と一日(ずっと変らずに)
私たちは私たちが選んだ人生を生きるだろう
私たちは戦いそしてけして負けないだろう
あれはそんな時代だった、ああそうさ、あれはそんな時代だったね

「悲しき天使」の原曲はウクライナの歌曲「長い道」という失恋の歌です。
1920年代にアレキサンダー・ヴェルテンスキーがレコードをリリースし、1962年にジーン・ラスキンがアレンジしたものを1963年にライムライターズがレコード・リリースしました。
これをポール・マッカートニーがジーン・ラスキン夫妻のコンサートでこの歌を聴いて気に入っていたものを、1968年に当時のトップ・モデル、ツィギーが紹介してくれたアップルの新人で、自分がプロデュースしたメリー・ホプキン(Mary Hopkin)に歌わせようと考え、新たなアレンジと歌詞を加えました。
「悲しき天使」、この邦題は、歌の内容とメリー・ホプキンの清純なイメージを併せたものです。
また当時の日本で「悲しき○○」というタイトルが興行的にヒットしたことにあやかったものです。
「悲しき街角」「悲しき雨音」「悲しきインディアン」・・・等々たくさんありました。
「MAGICTRAIN」より転載

Those Were The Days Byメリー・ホプキン「 悲しき天使」



IMG_5912

IMG_5902
今日は朝早くから夜遅くまで本当に一生懸命に働きました。
そんな自分にご苦労様をいってやりたくてこのお店にきました。
そのお店とはこのお店です。
今日のお店は「きじ」さんです。

住所:  東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルB1
電話:03-3216-3123
定休日:不定休

IMG_5903
お店の外観です。

IMG_5904

IMG_5906
店内の雰囲気です。

きょうのオーダー「モダン焼き」@1,150円です。
相も変わらず店内は満席です。
IMG_5905
待つこと0分でテーブルセットが到着しました。
普段ならこのタイミングで、お飲み物は何になされますか、と聞かれるのですが、流石に顔を覚えられたのか、黙ってお水がでました。
出世したものです。
今日は暇だったので作る所をじっくりと見ていました。
この「モダン焼き」はまず焼きそばを炒めるのですね。
炒め終わった焼きそばは、ステンレス製の円筒状の容器にいれて、その中にあるお好み焼きの生地にからましてから、一気に鐵板の上に流し込んで焼くのです。
ある程度焼けたらお客様の前に出しました。

IMG_5907

IMG_5908
待つこと6分で「モダン焼き」が焼きあがりました。
勿論、マヨネーズをリクエストしました。

それでは実食です。
IMG_5909
今日の「モダン焼」とは、とろとろの玉子がいつもよりそばに絡みついていて結構です。
何という美味しさでしょう。

IMG_5910
そうそう青海苔が以前はお店の人がパラパラとかけ回してくれたのですが、今回は自分でかけ回してよくなったみたいです。相撲取りの土俵入りの際の塩まきみたいにたっぷりとかけ回しました。
今日は小まめに胡椒と唐辛子をかけていただきました。
ソースの味が引き立ち豚肉がよい味わいになってきます。
今日の最後の方は美味しいカリカリになりました。
完璧な味わいです。
たまには自らを美味しい食べ物で慰労しませんとここまで頑張れません。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 16th

今日は「上司に話しかけられない」です。
fe405428b17cefe5407a766cd26641ef
仲の良い取引先が職場の管理職対象の新入社員フォローアップセミナーがありそれに参加しました。
その最後に、総務部長が今年の新入社員の悩みベスト10が配れたそうです。
くだんの彼がそのサマリーに目を通して、そのトップ1を確認しますと、そこには「上司に話しかけられない」という事が黒々と書かれていました。
さら〜に、その総務部長は、今の若い人のストレスのトップはここにあります。
特に女子社員は、どのように上司に話したらいいかわからないので、それをNETで調べてからそれを基に対策を講じてから話しかけているそうです。
この事についてどう思われますか、皆さん、これについてのコメントをお願いします、と総務部長は、くだんの彼を指名したそうです。
彼は、急に指名されてもコメントできないのですが、ローマは一日にして成らず、の通り、日ごろのコミュニケーションを良くして新入社員との温度差をなくす事だと思います、と答えたのです。
その後、他の管理職もコメントしたのですが、新入社員がそのような悩みを持っている事を知らなかったので、皆、しどろもどろのコメントになったそうです。
そこで総務部長はドヤ顔で、皆さんは、今の新入社員の実態を知らないどころか、実は今日このセミナーに出席している人たちがその元凶である事を充分に認識してください、とキメました。
そこで皆さんの中にはいないと思いますが、上司に話しかけにくいと言われる上司の特徴を紹介します。
1.顔が怖くて冷たい性格 具体的にはつめたく切り捨てるような物言いの上司
このような方は何か失敗したりするとかなりの勢いで攻め立てて頭ごなしに怒る事が多いようです。
2.質問に対して嫌な顔をする 具体的には質問に対して露骨に嫌そうな顔をする上司
こんなに忙しいのに、そんなこと聞いてくるなよという態度をとられるようです。
3.感情の落差が激しい 具体的には機嫌の良い時と悪い時の差が非常に激しい上司
機嫌の良い時はそこそこにお話ができるのですが、機嫌がわるいときは明らかにまわりに不機嫌オーラを出しまくり、パソコンのキーをたたく音など激しくなるそうです。
今日の出席者には流石にこのような方はおられないと思いますが、短期的に見ますと、そういう上司の方が緊張感はあって業務効率が良い場合もあるのですが、長期的に見るとコミュニケーション不全に陥りがちです。
段々と部下は上司に気軽に相談できなくなったりして連携が滞り、不満がどんどん溜まっていきます。
そうなると後戻りできません。
誰にでもバランス良く意思疎通できるような環境を用意してあげられるように努めてみましょう、と纏めたそうです。

個人的には、私の仲の良い方同様に驚きました。
この上司に話しかけにくいというのは、昨日今日に始まったわけではなく、昔から上司は怖いものでした。
往時の私は、その上司に話しかけるのはやはり傾向と対策を作ってからしたものです。
この労苦は今のコミュニケーション能力を形成の礎となりました。
しか〜し、過去の思い出を語るのは老人の証です。
時代が変わったのです。
これからの会社は、大学生のサークル活動のようにワイワイがやがやとがんばっている感じなのでしょうか。
むやみに威張り散らす上司はおらず、上の圧力で働かされているという感覚を持つ人もいなく、自分の成長機会が会社の中にあると思える会社なのです。
そのような会社は、社長自身も役割の一つだと思っているから、社員に偉そうに言ったり、威圧的な態度を取ったりすることはない会社だと思います。
そんな会社が日本にあふれる事を願っています。


お座り指導の犬



IMG_5839
今日は神田に出没です。
またまたこのお店にきました。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_5840
お店の外観です。

IMG_5843
店内の雰囲気です。

IMG_5841
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、まぐろ青さ山かけ丼・香味野菜、煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸、豆乳と湯葉の茶わん蒸し・きのこあんかけ、ご飯、漬物、味噌汁です。
IMG_5844
待つこと5分で「日替わり定食」で日替わり定食の到着です。
綺麗な彩りです。

それでは実食です。
IMG_5847
まずは、まぐろ青さ山かけ丼・香味野菜です。
これは鮪の赤と胡麻の黄色と青さの緑で彩りを整えています。
またこの「赤・黄・緑」は栄養バランスを考える上での基本となっているのです。
味ですか、鮪の美味しいのはさることながら、馥郁たる香りの青さと胡麻と香味野菜がこの丼の味を引きたてています。特にまぐろが美味しいです。絶品です。

IMG_5849
煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸はいつもながら鐵板の味わいです。
今日は定番の里芋の代わりに肉つみれを合わせてきました。
肉つみれは特に味が深く染入っいて美味しいです。

IMG_5848
豆乳と湯葉の茶わん蒸し・きのこあんかけはプリンみたいな味わいです。
こういう料理はご主人の得意とするところであります。
茶わん蒸しはいつもよりふっくらと炊きあがっておりこれは今までの中で最高です。
美味しいです。

それでは(^_-)

神田 コム・ヴィエト・カン

今日は「困ったら私の名前を叫べ!」です。
君がお腹にいることで、僕はもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんたちもとても幸せだった。
僕らは顔を合わせるたびに君の話をしたんだ。
君の体重がどうなったとか、性別はわかったのか、名前を決めたのかとかね。
君の体重が1グラム増えるだけで幸せだったんだ。
信じられないだろう?
そして君の家族は、みんな君が生まれることを1年近くも心の底から願っていた。
僕たちは君に会えるのを本当に楽しみにしていた。
そうして、君の誕生の時が訪れた。
ついに君が生まれた瞬間はもちろんみんな泣いた。
うれしくて。
うれしくて。
生まれてきたことがただうれしくて、僕もママも、おじいちゃん、おばあちゃんまでが泣いたんだ。
こんなことを綴って、結局何が言いたいかっていうと、君はなにかを成したりしなくても、なにか努力しなくても意味がある存在だってことだ。
君が生まれるだけで、神に感謝して涙を流した人を少なくとも僕は5人も知ってる。そして実は、君が生まれることを通じて、僕自身も生まれて初めて、自分は生きていていいんだと感じることができた。
もし君が自信をなくしてたり、不安を感じることがあったらこのお話を思い出してほしい。
君は生まれてきただけで本当に価値がある存在なんだ。
本当にうまれてきてくれてありがとう。
「いつの日か迷った君に伝えたい 」ゆるゆる倶楽部まとめDe goo!より転載

IMG_5452
初孫白蓮ができてから奥様との会話の幅が広がりました。
既に子育てが終わって本来なら安穏な生活が待っているはずでしたが、これはうれしい悲鳴であります。
これから白蓮がどのような人生を歩むのか想像するだけで胸が躍ります。
彼女には今現在で申しますと無限の可能性があります。
場合によってはノーベル賞も場合によっては日本初の女性総理大臣になるかもしれません。
このように想像の翼を広げますと際限がありません。
人生に疲れて果て、一日も早く天に召されたいという愚痴をこぼす人がいます。
人間は、毎日、肺に新鮮な空気が入ってくるような生活が一番大切なのです。
晴れ上がった空がのしかかってくるよう人生を歩んではいけません。
私たち夫婦は白蓮に、本当に生まれてきてくれてありがとう、と心の底からお礼を言いましょう。

ff2b5880-610d-4cbf-85bf-06524504646f
白蓮、困ったことがあったらな、風に向かって私の名前を叫べ!
お前が地球上のどかにいるのであれば、私は風になって必ず助けにいくから。
という気持ちでいっぱいな今日この頃であります。


短すぎる電車 World's Shortest Train <


IMG_5743
今日は神田に出没です。
このお店の前に立っていましたら、店員さんに呼び込まれてしまいました。
今日のお店はベトナム料理の「コム・ヴィエト・カン」さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-11-2 インペリアル御茶ノ水ビル 1F
電話:03-5577-2122
定休日: 日曜日


IMG_5725

IMG_5724
お店の外観です。

IMG_5732

IMG_5730

IMG_5731
店内の雰囲気です。

IMG_5727

IMG_5739
メニューです。

今日のオーダー「牛肉のフォーセット&グリーンピースのチェー」@980+@380=1,390円です。
店内はガラガラです。
お客様は私と当初はお店を間違えて入ってきたのですがそのまま居付いた女子会の4人組だけです。
そこに日本語がたどたどしいベトナム人のホールスタッフさんがいるという構成です。
このベトナム人のホールスタッフさんは親切なのですが少しその親切がしつこいのです。

IMG_5733

IMG_5736
待つこと6分で「牛肉のフォーセット」の到着です。
見た目、思いっきりベトナムしています。

IMG_5734
まずは「牛肉のフォー」を頂きます。
米から作られたフォーは低カロリーで且つヘルシーでさっぱりといただけます。
食感も良いですね。
じっくりと煮込まれたスープは美味しいです。
ただしトッピングの牛肉は少し固めでジューシーさに欠けています。

IMG_5735
次に生春巻きです。
大きなプリプリの海老とシャキシャキ野菜がぎっしり詰まった生春巻きは本場の味ですね。
美味しいです。

IMG_5740

IMG_5737
途中から親切のホールスタッフさんがやってきてニンニクと唐辛子の香辛料と辛みサテーをフォーに入れて食べてください、というのでその教えの通りに入れましたら、味がすごくしまり美味しくなりました。
これなら最初に言ってほしかったものでした(笑)

IMG_5742
グリーンピースのチェーが美味しいと親切のホールスタッフさんが勧めましたので追加注文しました。
これはホットな状態で到着しました。
これは美味しいです。
柔らかな甘味にホッとします
グリーンピースがチェーに合うとは思わなかったのですが、これはご機嫌な味でした。
途中から下手な片言ベトナム語で話しかけたら、親切のホールスタッフさんがとても喜んでくれたのでほっこりとした気持ちで食事が楽しめました。
こんな想定外の日もあります。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 15th

今日は「幽霊の正体見たり枯れ尾花」です。
V7A0490-1140x600
最近、会社の女子とよく行く居酒屋さんがあります。
居酒屋さんというと正しくはありません。
昼間は唐揚げをウリにした定食屋さんで、夜になると居酒屋さんになるのです。
夫婦二人で切り盛りしています。
夜のメニューが美味しいので女子に好評なのですね。
従いまして、女子と飲みにいくとなるとこのお店になるのです。
ここの大将は私たちの面白話に聞き耳を立てていて、自分の得意分野のネタになると、頼んでもいないのに私たちの話にカットインしてくるのです。
基本的には子供の受験ネタ・出身地北海道ネタ・美人芸能人ネタですか。
特に男性の部下の子供の受験ネタには100%食らいついてきます。
大将にはお嬢さんがいて、なかなか出来がよいみたいで、来年には日比谷高校を受けるみたいです。
私の部下の娘も大将の娘と同じ年で、彼の娘も出来がよくて来年は上野高校を受けるみたいです。
従いまして、大将は私の部下に妙なライバル意識を持っているのです。
加えて、大将は妙にカスタマーオリエンテッドが強く、来店二回目のお客様にはその名刺をもらってその名前を暗記して、三回目からはもらったお客さんには、その名前で話しかけて親和性を高めています。
私はそのような意図的な馴れ馴れしさは嫌いなので、名刺の拝受は頼まれたのですが、無視してあげていません。

最近、ある事に気がつきました。
名刺をもらった男性とある程度来ている女性にはその名前を憶えていてその名前で話しかけるのですが、私にはそのような振舞いは一度もないという事です。
基本的にこのお店は私との付き合いが一番古いのです。
というか私が開拓したお店なのです・
会社の飲み会の中では、私の事で盛り上がる事が一番多いのです。
従いまして、私の名前はよく分っているのに、なんで私の事を名前で呼ばないのだろうとふと思ったのです。
この間、その疑問が氷解したのです。
実は、私の名前は日本に100人位しかいない稀有な苗字なのです。
加えて苗字なのに発音は体言止めですので、ともすると苗字だか名前だか、本人に確認しないと分らないのです。
お店の夫婦は悩んでいるのです。
もし私が皆から呼ばれている名前が苗字ではなく下の名前若しくはニックネームだったら・・・
一番の上客をそのような直截な言い方をしてはいけないと悩んでいるのでしょう。
それで私の事を名前で呼べないのですね。
そりゃそうですよね、失礼ですもの。

NewImage33
かつて私の尊敬する上司は、みなからオーさんと呼ばれていたのです。
とある年の年末に仕事納めの帰りに、オーさんがいつもの居酒屋に行きますと、店主から、今年一年のご愛顧に敬意を表して、オーさんにお歳暮を贈呈したのです。
そのお歳暮の宛名は「王様」になっていたそうです。
オーさんの苗字は岡島です。
しか〜し、だれも岡島さんと呼ぶ人間はなく、誰彼となくオーさんと呼んでいたので、このような笑い話が産まれたのです。私もさら〜に通い続けますとそのような日が来るかもしれませんね(笑)


勝負はこの一撃で決まる



IMG_5708
今日は神田に出没です。
歩いているとキレイな女性から誰何されました。
ちょっと見に覚えのない美女ですから関係ないと思い無視して止めていた足を踏み出そうとしましたら、向こうが自己紹介してきました。
この妙齢の美女は実は元部下でした。
顔がかなりふっくらしたので、ちょっと私の脳内システムではパターンマッチングができなかったみたいです。
7年間ぶりの再会でした。
ちなみに私はまったく顔が変わっていなかったみたいです。
なんでやねん!
という事で今日のお店は、私のお気に入りの「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_5073
お店の外観です。

IMG_5713
店内の雰囲気です。

IMG_5711
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、さば味噌煮・豆腐・人参、お刺身2点盛り、合鴨治部煮、青菜お浸し、若布、海苔なめ茸ご飯、漬物、味噌汁です。

IMG_5718
待つこと8分で「日替わり定食」の到着です。
彩りが綺麗です。

それでは実食です。
IMG_5714
まずは鯖味噌煮です
さば味噌煮はほんのりした甘さの中にさばの美味さが凝縮されています。
かと申してもお味は上品に仕上げています。
ここのご主人は焚き物が上手ですね。
本当に柔らかく炊き上げます。
美味しいです。
付け合せの豆腐・人参も絶妙な味わいで結構です。

IMG_5715
海苔なめ茸ご飯です。
これは海の幸・山の幸です。
このご飯には毎回ノックアウトされます。
絶美味です。

IMG_5716
刺身二点盛りはぶり・さごし(さわらの幼魚)です。
ぶりは季節的にギリギリです。
今年度の食べ納めでしょう。
いずれもケレンみのない美味しさです。

IMG_5717
合鴨治部煮は煮汁の濃度が今日はジャスピンです。
合鴨はあまり好きではないのですが上手に炊き上げています。
美味しいです。
今日も満足なランチでした。

それでは(^_-)

神田 雲林 リターンズ

今日は「美人蒙昧」です。
大阪時代に仲の良かった取引先の京都生まれの女性が東京に去年転勤になりました。
私が江戸っ子だというので、何かと東京の暮らしについて尋ねてきます。

49973907
顔はこの画像にかなり近いので美人だと言いきっても良いかと思います。
しか〜し、天は二物を与えずのとおり、おつむりに問題があります。
それでもこのような美人が言う変竹林なたわごとなのでかえって皆の好感をよんでいます。
お父様が弁護士なので、幼少はかなり厳しく育てられたみたいです。
その副作用で吃音が残っています。
特にパニクルと聞いていて厳しいものがありますが、本人は全くその事を気にしていないのでそれはそれでエライものだと思っています。
お父様は京都大学法学部在学中に司法試験を合格したという超秀才なので、自分の娘にかける思いは強かったようです。
勉強はいわずもがなで習い事もかなりハードに習わせたみたいです。
しか〜し、親の心子知らずで、今となってはあんにも身についてないのです。
特に高校まで習っていたチェロは、子ぎつねこんこん♪しか引けないので笑えます。
この背景にあるのは劣性遺伝です。
お母さんの血というかお母さんの遺伝子が濃いのです。
ちなみにお母さんは祇園のクラブのNO.1ホステスさんで、勉強一筋のお父さんは、このエロい京美女に狂ったみたいです。実際に結婚に至るまでかなりのお金をお母さんには突っこんだそうです。
お父さんは京大のパワーエリートですから、自分が優位にたち、劣位の誰かを見下そうとする情熱が強い反面、その裏返しで優位にたてないとメロメロになってしまい優位の人間(お母さん)には全く逆らえず、家ではハイハイとうなずいているだけのようです。
これはこれで微笑ましいですね。

173f2929310c6815e71586ebf180ef66-600x457
彼女が引っ越した先は江戸川区の船堀です。
船堀は街中に金魚が泳いでいると言われるくらいの日本三大金魚の街です。
その彼女は引っ越してもう3カ月になるのにその金魚の街を実感していないのですね。
私は船堀駅には金魚の歩石があるから、それもみていないのと聞きましたら、明確に「ありません」と言われました。

e7d92eb2685a09782bef11cac54adc9d
ある日、彼女の会社に行く用事があったので、金魚の歩石の画像をプリントアウトして見せました。
すると、彼女は、えっ、もしかしてこれの事をず〜っといわれていたのですか?
確かにこの歩石は毎日みていますが、私の中ではこれは金魚にみえませんでした。
言われれば、金魚ですね、ですと。
皆さんどう思われますか?
私は彼女を見るたびに美人は得だなと思うのともし彼女がお父様の血を色濃く継いでいましたらここまで皆から愛されていないでしょうね。
ちなみに今日現在彼氏はいないみたいです。
結構、男には騙され続けた人生のように聞き及んでおります、ハイ。
美人蒙昧のお話でした・・・


Range Rover Sport 999 STEPS EXTREME CLIMB



IMG_5745
今日は神田に出没です。
今日のお店は「神田雲林(カンダユンリン)」さんです。
2年ぶりの再訪です。

住所: 東京都千代田区神田須田町1-17 第2F&Fロイヤルビル2F
電話:03-3252-3226
定休日:日曜日 (貸切宴会等のご予約は承ります)

IMG_5747

IMG_5748

IMG_5749
お店の外観です。

IMG_5750

IMG_5754
店内の雰囲気です。

IMG_5753
メニューです。

きょうのオーダー「焼味飯(シウメイファン)」@1,200円です。
「焼味飯(シウメイファン)」とは、香ばしく焼き上げた豚チャーシューと蒸し鶏と鴨を白飯の上にのせた香港飯です。
今日は11時36分に入ったのに店内は満席でした。
待つこと20分で席に通されました。
それにしてもすごい人気です。
大半は予約して来店しているみたいです。

IMG_5755
待つこと0分でテーブルセットの到着です。

IMG_5757
待つこと4分で「焼味飯(シウメイファン)」の到着です。
ビジュアルが綺麗です。

それでは実食です。
IMG_5756
まずは香ばしく焼き上げた豚チャーシューを頂きました。
美味しさに絶句です。
何という美味しさでしょうか筆舌に尽くせません。
チャーシューュの上に同色の色でかかっているジャムが味を倍加しています。
トロリとした密度の濃い脂の味わいが口内で膨らみます。
今まで食べていたチャーシューはなんという食べ物だったのだと言いきってもてもよいくらいです。
一言でいえば幸せを食べていると申しても過言ではありません。
後で、支配人にこの美味しさの秘密を聞きましたら、このチャーシューは朝一で仕込んで、ランチタイム直前に焼き上げるので美味しいのだそうです。
本当に美味しい合格合格合格合格合格
鴨も蒸鶏も美味しかったのですが、このチャーシューの前には顔色を失うので割愛します。
一食抜いても是非召し上がってください。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 14th

今日は「貴方何処子女」です。
この間、外国人の観光ガイドをやっている女子を介して、彼女の知り合いの英会話の女教師と話す機会がありました。と申しても御年は20代であります。
流石にイギリスの高校を卒業しているのでその英語の発音はきれいです。
英会話圏の方からすれば彼女の発音はネィティブでしょう。

200px-BodhidharmaYoshitoshi1887
ところでどうでもいいような話をしていました中で、達磨さんの話になりました。
私は、外国人に達磨さんをどのようにして訳すのですかと聞けば、Dharma dollで通じるわよ、と言われたので、それでいんだ、と納得しました。
ついでに、達磨さんの手と足がない理由はどのように英語で説明するのですか、と聞きましたら、達磨は七転び八起っていうでしょう、起き上がりやすいようにあのようなシェイプにしているのです、と言われたので、思わず、インディード(本当?) って聞き直してしまいました。
すると彼女は少し顔をあからめて、そうじゃなんですか、と言われたので、
達磨大師は実在の人物で 修行の為、嵩山少林寺(少林武術で有名なお寺)に入り、その壁に向かって9年も座禅をしていたという伝説があります。
そのため手足が壊死してしまったのでその伝説をもとに達磨人形ができたのですよ、と説明しましたら、本当なのですか。全く知りませんでした、と唖然としていました。

20090329164128
さら〜に、それでは招き猫の説明はどういうのですか、と聞けば、英語ではa happy come-come-cat ですよ。
この猫を家に飾っておくと幸福がくるのですよ、と言われたので、
その由来は、と聞けば、これにもそのようなエクストラエクスプレネーションがあるのですか、と聞かれたので、江戸時代に彦根藩第二代藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰りに豪徳寺の前を通りかかり、そのときこの寺の和尚の飼い猫が門前で手招きするような仕草をしていたため寺に立ち寄り休憩したのですね。
すると雷雨が降りはじめたのです。
雨に降られずにすんだことを喜んだ直孝は、後日荒れていた豪徳寺を建て直すために多額の寄進をし、豪徳寺は盛り返したという故事から招き猫ができたのですよ、といえば、そんな由来があったとは全く知りませんでした、との事です。
さすがに招き猫の由来は知らないのは仕方ないにしても、この彼女は日本の事は知らなすぎます、さら〜に申せば、イギリスの事もほとんど知りません。
今どきの可愛らしい顔立ちをしていますが、人生の一番多感な時期に、親の仕事の都合でイギリスに移ってしまい、日本の事を知らないのは仕方ないですけれど、一般教養がなくて英語だけが上手い人ってどうなのでしょう。
もし私が彼女なら、イギリスに滞在している間は、日本の歴史とかは必死で勉強していたかと思います。
それを怠っていたために、変な日本人、若しくは変なイギリス人になってしまいました。
このような方は「帰国子女」ではなく「貴方何処子女」と言い換えても良いかもしれません。
日本の多くの方々は一生の中でトータルで一週間も英語で話すことはないでしょう。
わが国の英会話の有用性はそのレベルなのです
加えて、英語を日常的に使う日本の会社でも、英語をできるだけでは、責任ある仕事にはつかせません。
当然のことながら英語ができる人は掃いて捨てるほどいるからです。
まだ若いのですから、これからの刻苦奮闘を願うばかりであります。


恋愛パラパラ漫画「きらり輝く」



IMG_5586
今日は神田に出没です。
気がついたらこのお店の前で並んでいました。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_5587
お店の外観です。

IMG_5590
店内の雰囲気です。

IMG_5589
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、かつお刺身・香味野菜・胡麻辛子醤油、煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸、根菜きんぴら、若布、白胡麻ご飯、漬物、味噌汁です。
今日は出遅れたみたいでかなりの行列ができていました。
仕方ないですね美味しいお店ですから・・・
IMG_5594
待つこと12分で「日替わり定食」の到着です。
見た目、今日は平板ビジュアルですね。

それでは実食です。
IMG_5591
かつお刺身・香味野菜・胡麻辛子醤油をいただきます。
かつおが新鮮で美味しいです。
これでもう少し甘みがあれば本場高知で食べたのと同じレベルです。
白眉は胡麻辛子醤油です。
胡麻辛子醤油ってかつおに会うのです。
胡麻と辛子のハーモニーはカニバル(食い合う)かと思いきや、まさにこれこそ相乗効果というか共創であります。
絶品です。

IMG_5592
煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸は鐵板の味わいです。
最近、肉つみれを多用していますね。

IMG_5593
根菜きんぴらは上品な味わいです。
口内がまったりした質感であふれかえりました。
しいて申せば豆腐料理がないのが残念でしたが美味しい日本料理を堪能しました。

それでは(^_-)

神田 スパイスボックス

今日は「人の悪口はいわない」です。
74ee3bf7159bbda4a7eff4f90fbd717e
この年にになって分ってきたのですが、女性がいう同性の悪口を信じてはいけません。
例えば、A子がB子の悪口を言っていても鵜呑みにしてはいけません。
普段は仲良く付き合っていてしょっちゅう食べ歩きをしているのです。
それと私は友達が少ないからと言ってもそれを信じてはいけません。
最近は特にSNSやLINEでつながっているので、友達が少なくても誰と誰が何をしたという情報は豊富に持っていますので、C子のここはおかしいわよねとD子に言われても、C子とD子はそもそも付き合いがないからと言ってその言葉に同調してはなりません。
どこかでつながる可能性はかなり高いです。
最近は雪解けムードを演出していますが、北朝鮮と韓国みたいな敵対している友達が実は地下水脈でつながっていることは良くあります。
北朝鮮と韓国みたいな敵対している友達はどこかで会っている事があります。
女子は一見敵対しているように見えてもそこは大人なのです。
なにかの女子会で会う時は仲良く話すことができるのです。
要は是々非々の達人なのです。

6467c2ffdf0a6868867758f94e9c1484
これは男子に多いのですが、自分と相手を比べた時に相手の方が勝っている部分があると、何とか相手の評価を下げようとて悪口を言う人がいます。
本来ならば自分のスキルアップを目指すのが一般的なのですが、悪口を言う人は何とかして相手の評価を下げようと思うのです。
そこで敢えて悪口を言うことによって、まわりにいる人が評価を下げるように悪口を言うのですね。
悪口を言う人は自分が悪口を言われている人に身になって考えることができません。
そもそも自分が悪口を言われると思っていないので、悪口を言われとどんなに辛いか考えることができないのです。悪口は本人には聞こえないように言うものなので、自分がまさか悪口を言われているとは思っていません。
悪口を言う人は怒りっぽく且つ攻撃的な性格の人が多いので、多くの人はできるだけ避けるようにしています。
だからこそ自分の悪口は耳に入ることはないので、他人からの悪口に対して免疫がないのです。

結論として、基本的に悪口を言う人には近づかない方がいいでしょう。
人の悪口は言われている方も気分が悪いですし、聞いている方もいい気はしません。
悪口を言うことで仲間意識を持つこともありますが、結局は罪悪感を持つようになるでしょう。
陰で悪口をいる人は、自分のことも言われていると思って間違いありません。
悪口を言う人にはできるだけ近づかないで、距離を置くようにしましょう。


Before→Afterr



IMG_5541
今日は神田に美味しいカレー屋さんがあるという情報が入りましたので行って参りました。
今日のお店は「スパイスボックス」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-12 第二斉木ビル 1F
電話:050-5592-6518
定休日: 日曜・祝日

IMG_5542
お店の外観です。

IMG_5545
店内の雰囲気です。

IMG_5544

IMG_5543
メニューです。

きょうのオーダー「野菜と豆のカレー(中辛)」@900円です。
南インド・ケララ州の5つ星ホテル「Casino Hotel」で腕を磨いた日本人オーナーシェフが作る南インド料理のお店です。化学調味料・添加物は使用していないので、素材とスパイスの味をしっかりと感じていただけるとの事です。

IMG_5547
待つこと2分で「ケララチキンサラダ」の到着です。
ケララチキンはジューシーです。

IMG_5548
待つこと5分で「野菜と豆のカレー(中辛)」の到着です。
見た目、トマトの赤色が良いアクセントになっています。

IMG_5549
それでは実食です。
野菜ダルカレーはかなりの野菜が煮込んであります。
従いましてこのルーの中には何が入っているのかは今やわかりません。
サツマイモチップスやパクチーの千切りがアクセントになった濃厚なカレーです。
これは中辛ですがかなり辛いですね。
個人的にはダルカレーは豆の食感を味わいたいのでこのダルカレーは私の好みではありません。
で〜も、なかなかでしたよ。

IMG_5550
食後にいただきましたラッシーですがカレーの辛さの副作用なのでしょうか絶品でした。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 13th

今日は「傷つきたくない人」です。

この伊藤君って面白いですね。
伊藤くんは何もしないで人で、ただただに人になにかをしてもらうだけなのです。
傷つきたくないから与えられるのを待つだけなのです。
いますよね・・・ルックスがよくて中身のない人って。
伊藤くんは何もしないポリシーで生きているだけの人のようです。
さら〜に原作である「伊藤くんA to E」では以下のように語っています。
テレビも映画も小説も「傷つく事を恐れるな」と言いつ続けているけれど、それは強者主導のルールですよ。
傷ついても平気な顔で生きていけるのは、恥をかいても起き上がれるのは、ごく限られた特殊な人種だけなんですよ。そのことに誰も気がつかないから、不幸がおきるんです。
たいていの人間が夢を叶えないまま死ぬのは、夢と引き換えにしてでも、自分を守りたいからですよ、
楽しいより、充実感を得るより、金を稼ぐより、傷つけられない方が本当は重要なんですよ。
僕もそうです。
でも、他の人と違って、ちゃんとそれを認めているし、隠すつもりももうないんです。

yjimage
伊藤くんは、傷つくのが絶対に嫌だから、自分は嫌なことが起こる土俵には上がらない。
だから勝負にはならない。
悪いのは全部、周囲だと思っているのですね。
会社の若手にもいます。
オレ、まだ実力を出していないんだよ。
オレが本気で実力を出したら、こんなもんじゃないだよ、を繰り返すだけで、実際は周りで成功した人間の足を引っ張るとか、マイナスのことしかできません。
挙げ句の果ては、オレは止まっている時計と一緒だぜ。
一日に二回は正確な時を指す。
他の時計は微妙に遅れるから、正確性という点ではオレの方が勝っているよな、とか同期に言っているようです。
個人的には、確かに人間は傷づく事が嫌ですが、傷つく事で耐性ができ、それを乗り越えることで人間としての節ができるのです。
竹もそうですが節のない竹は高く伸びません。
認めたくはないのですが、この手の人間は存在します。
私は彼らに会いますと、大晦日の除夜の鐘みたいな気分になります。
その心は、疲れる(撞かれる)だけです。
お後が宜しいようで・・・


可愛い女の子♪えっ?嘘じゃないよ!!ヽ



IMG_E5377

IMG_5389
今日は豪雪の富山から上野に戻ってきました。
上野まで来たなら神田に行くかという事でこのお店にきました。
という事で今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_5414
お店の外観です。

IMG_5416
店内の雰囲気です。

IMG_5415
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、まぐろ青さ山かけ丼・香味野菜、煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸、豆乳と湯葉の茶わん蒸し・きのこあんかけ、ご飯、漬物、味噌汁です。
IMG_5421
待つこと3分で「日替わり定食」の到着です。
見た目、THE和食ですね。

IMG_5417
それでは実食です。
まずは、まぐろ青さ山かけ丼・香味野菜です。
これは鮪の赤と胡麻の黄色と青さの緑で彩りを整えています。
またこの「赤・黄・緑」は栄養バランスを考える上での基本となっているのです。
味ですか、鮪の美味しいのはさることながら、馥郁たる香りの胡麻と香味野菜がこの丼の味を引きたてています。
これは絶品ですね。
美味しいです。

IMG_5418
煮しめ・高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸はいつもながら鐵板の味わいです。
今日は定番の里芋の代わりに肉つみれを合わせてきました。
美味しいです。

IMG_5420
豆乳と湯葉の茶わん蒸し・きのこあんかけはプリンみたいな味わいです。
こういう料理はご主人の得意とするところであります。
美味しいです。
今日の白眉は生海苔若しくは布海苔の味噌汁です。
本当に良い味わいでした。
こういう処の小技も好きなのです。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 12th

今日は「疑似京都・観光文化検定試験」です。
この間、取引先との飲み会がありその中で京都出身の人間がおりました。
酒宴の後半には、私の京都知悉の深浅を測定すべく、その京都出身の方と京都の話をしました。
事前情報では、くだんの彼は、京都は西陣の出身である事は分っていました。
このような場合にアドバンテージを取るには西陣ネタで、一点集中、個別撃破、奇襲戦法を仕掛けるしかありません。

西陣範囲図
まずは、西陣出身であれば応仁の乱(室町時代の応仁元年に発生し、文明9年までの約11年間にわたって継続した内乱)でこの京都バナシの戦線を開きました。京都の人に前の戦いはいうと応仁の乱やったといわはりますが、西陣は応仁の乱の際に西軍総大将である山名宗全らが堀川よりも西のこの土地に陣を構えたことで西陣というのですよね、といいますと、しっかり食いつてきました。
そうなんですわ、応仁の乱の後に、応仁の乱後には各地に離散していた織物職人が京都に戻り、西陣と呼ばれるようになったこの地で織物作りを再開したんですわ、と返してきました。
ウチトコのオヤジも昔は西陣ではたを織ってたんですわ、とカウンターをかましてきました。
つかみOKです。

02df225e-s

9f2331a5-s
さら〜に、向こうが西陣の自慢話をしてきたのでしばらく聞いていました。
向こうのネタが尽きたので、西陣ゆうたら、家内と船岡山温泉にいきましたえ、といいますと、え、そんなマイナーなとこ行きはったんですか、と目が点になっていました。
なんで、そんな、ディープなとこ知ってはるんですか、と感心していました。

Kunishige_Kamamoto_IMG_3322_20140110
それのカウンターで相手がまた地元の自慢ネタを話し始めました。
どこかでターンオーバーしようと、彼の自慢話を聞いていました。
私は、それなりに中学時は勉強をしておったんです。
正味のところ、地元の名門の山城高校は受かったんですが、学区制の影響で、山城やなくて他のどうでもいいような高校やったんです、と来たものですから、それは残念なことでしたな。
山城いうたら山城新伍は母校の名前を芸名にしはったし、タレントでは尾崎亜美、古い所ではGSのタイガースの瞳みのる、加橋っかつみは卒業生やないですか、というと、そうそう、それに加えてサッカーの釜本邦茂さんがおりますわ、ときましたので、なんちゅう絶好球を投げるんやと莞爾として高らかに笑いました。
そうそう山城高校のサッカー部の走り込みは学校から船岡山公園に行き、その山を昇って降りて帰ってくるラウンドコースなんですよね、と切り込むと、彼は目の前で話している私をまるで異邦人を見るかのようなまなざしに変わってきました。
完璧に地元民しか知らんネタですわ。
なんでそこまで詳しいんですか、と聞かれたので、京都ラブの賜物ですわ、といいますと、もしかしはったら俺より詳しいかもしれん、と脱防していました。
絵に描いたような一点集中のターンオーバーの勝利でした。

15623618_921733554623477_7009554367019745280_n

o0480048012383036286
そのご褒美にという事で、実は祇園にある田畑智子さんの実家の「鳥居本」さんに家内と行きたいんだけれど、できれば京都の方の紹介で行きたいんです、と言いますと、智ちゃんのオバサンと私の女子の同級生が友達ですわ、と言ってそのオバサンの名詞を見せてくれました。
行く時はゆうてください。
キッチリとお願いしておきますわ。▲▲さんに恥かかすようなことはさせません、と確約してくれました。
なんという朗報でしょうか、今年の秋は「鳥居本」の紹介文が書けそうです。
これまた京都ラブの賜物であります。


こんな子、クラスにいたら間違いなくヒーロー!



IMG_5366
今日は神田に出没です。
今日のお店は私のお気に入です。
という事で今日のお店は、私のお気に入りの「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_5367
お店の外観です。

IMG_5376
店内の雰囲気です。

IMG_5368
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、天然ブリレアステーキ・若布大根ポン酢、煮しめ・高野豆腐、里芋、人参、椎茸、嶺岡豆腐、海苔なめ茸ご飯、漬物、味噌汁です。
IMG_5371
待つこと3分で「日替わり定食」の到着です。
彩(いろど)りが綺麗ですね。

それでは実食です。
IMG_5372
まずは、天然ブリレアステーキ・若布大根ポン酢です。
今日の若布大根ポン酢は酸味を抑え気味で、ブリの味を上手に引き立ています。
ご機嫌な味です。

IMG_5374
次に、煮しめ・高野豆腐、里芋、人参、椎茸です。
これは鐵板の味です。
今さらなのですが、この味を普通に感じるようになった事がそもそもおかしいのです。

IMG_5373
そして、海苔なめ茸ご飯です。
なんて絶妙で深い味わいなのでしょう。
気分は海の底にいるかのような錯覚に陥ります。
なめ茸の食感も高評価です。
美味しいです。
そしてアップ画像は撮り忘れたのですが嶺岡豆腐はまさに上質なプディングを食べている風情です。
ここのご主人の豆腐料理名人の領域に入っていると思います。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 11th

今日は「青春の蹉跌」です。
この間、社内の横断的な飲み会に参加しました。
隣に座ったのは、入社2年目の若手です。
私は飲んだ席では仕事の話をしないので、他愛もない話をしていました。
どこの飲み会でも、最初はみなで共通の話題で盛り上がり、酔いが深まると個別の話になっていく事は皆さんも覚えのある事でしょう。
想定内のとおり、酔いが深まると隣の若手は自らの事をしゃべり始めました。
学生時代はヨーロッパをバックパックで一年くらい旅行をしていた事や、高校の時はバレーボールで東京都の高校選抜になったりした事など輝かしい経歴の持ち主でした。
私はそんな彼を気持ちよく酔わせてやろうと、思いきりヨイショし続けていました。
そんなヨイショで酒が進んだでしょうか、かなり酔ってきたたみたいです。
彼は唐突に、僕は桐朋高校なんですよ、と言い始めたのです。
あっ、そう・・・
3桐朋
昔の進学校だよね、と返して、君がそのようにいうからには大学は東大か東工大か一橋なんだろう、とヨイショでかえしました。
すると、現役では慶應の経済には受かりました。
しか〜し、第一志望の東大文化一類にはギリギリで落ちたので、二浪してまで狙ったのですが、結果「桜散る」で法政の法学部ですよ。
おまけに大学4年の時にヨーロッパを放浪していたので終活時期に戻ってこられず2浪1ダブです、と大きなため息をつきました。
▲▲さんは、慶應ですよね、と言われたので、同窓でもないんだから飲んだ時に人の大学の話はするな、と露骨に嫌な顔をしました。
すると、同期の塚田に聞きました、すごいじゃないですか、といいましたので、オマエ、俺のこと馬鹿にしているのか、とさら〜に体で怒気を発しましたら、そういう意味ではありません、と謝罪したので、私が話を変えました。
なんなのですかね、この若者は・・・
要は、私はあなたより頭がよかったといいたかったのですかね・・・

個人的には、私の大学には第一志望を落ちて慶應に入った奴の中には、一年間受験勉強して志望大学に入り直した奴は多くはありませんが存在しました。
実際、大学の同級生の中で、横浜市立大学の医学部に再受験して合格した人間もいました。
そもそも子供が慶應の経済を受けて合格したら、保険の意味でも入学手続きを取るのが世の親の常です。
それでも東大の一類に入りたかったら休学して再挑戦すればよかっただけの話です。

桐朋5
まして桐朋高校は斜陽に入り、慶應の経済受かっただけでも快挙なのであります。
結果、二浪しても東大に入れずで、再度慶應の経済ならともかく法政の法学部でしたら、もし私が彼の親でしたら、なんであの時に慶應に入学手続きだけでもさせなかったのかという事を「怒髪天を衝く」の勢いで責めたでしょう。
さら〜に、最近の採用では卒業大学は問わない傾向になってきているので、会社生活は入ってからの頑張りで伸びていくのです。

社長大学
東大、一橋、東工大のような難関大学を出たからといって、出世するわけではありません。
実際、社長の出身大学では東大は3759名で11位であります。
ランキング
で〜も、これは卒業生数のトリックで、このランキングを卒業生総数で割れば、慶應がダントツの1位になり東大は3位というのが実態であります。
いずれにしましても、彼は、青春の蹉跌があったのだといいたかったのでしょう。
それならそこだけに留めておけば良かっただけなのに、人の学歴を上から目線で見下した事が私の逆鱗に触れたのであります。
神様はその人しか乗り越えられる試練しか与えないとよく言います。
確かに受験の時にはつらく苦しいことかったと思います。
しか〜し、自分にとってこの労苦は必要なことだったのだ。
そして、今の私はそれを乗り越えるときに来たのだと思いなおして欲しいものであります。


This Volkswagen Hover Car Concept Is Going Viral In China!


IMG_5071
今日は神田に出没です。
今日のお店は最近遠のいていました。
実は、忙しくて行けなかっただけなのです。
という事で今日のお店は、私のお気に入りの「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_5080

IMG_5073
お店の外観です。

IMG_5075
店内の雰囲気です

IMG_5074
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、さば味噌煮・豆腐・人参、刺身2点、合鴨治部煮、青菜お浸し、若布、白胡麻炊き込みご飯、漬物、味噌汁です。

IMG_5076
待つこと9分で「日替わり定食」の到着です。
見た目、さばが綺麗に炊けていますね。

それでは実食です。
IMG_5077
さば味噌煮はほんのりした甘さの中にさばの美味さが凝縮されています。
ここのご主人は焚き物が上手ですね。
本当に柔らかく炊き上げます。
美味しいです。
付け合せの豆腐・人参も絶妙な味わいで結構です。

IMG_5078
刺身は佐渡のブリと天然のさわらです。
両方とも冬には美味しくいただける魚です。
特に佐渡のブリは極美味です。
今日一でした。

IMG_5079
合鴨治部煮は煮汁に濃度がつきすぎてイマイチでした。
それでも味はご機嫌でした。
ここは本当に美味しいですね。
今年も神田に来たら極力来るようにしましょう(^^)

それでは(^_-)

丸の内 きじ 7th

今日は「ゼネラル乃木 後編」です。
201208nogitaisho
今回、渡辺淳一さん著「静寂(しじま)の声」を読んだのは、乃木将軍夫妻の殉死の事が長い間モヤモヤしていたからなのです。実はこの殉死は乃木将軍と奥様との覚悟の死ではなく、奥様はつき合わされたというか殉死に見せかけるようにして殺害されたのではないかという事を確認したかったのでした。
そもそも、夫が尊敬してやまない方の後と追うというのは、肯定はしませんが、理解はできます。
確かに乃木将軍は、日露戦争でたくさんの将兵を死なせた罪の意識から戦争中から死に場所を探していたのですが、明治天皇から反対され「そういう事は朕がいるうちは許さん」と釘をさされています。
ですから明治天皇の大喪の礼の日に天皇陛下のあとを追ったのです。
ここでお分かりのように、奥様はたくさんの将兵を殺してしまった方の妻であるだけで、殉死する為の明確な理由は奥様にはないのであります。

本著で渡辺淳一さんは、この殉死の際に乃木将軍がまず自決して、夫人が後をおったという通説に対しましては、医者として当時の「乃木大将死体懸案始末書」を分析した上で、その逆であると結論づけています。
要は奥様を死に至らしめたのは将軍であるとしています。
さら〜に、色々な文献を読みましたら、最初、乃木将軍は妻を道ずれにするつもりはなかったらしいのです。
と申しますのは将軍の遺言状の宛名に奥様の名前があり、奥様に言い残す言葉もちゃんと添えられていた事でもわかります。
恐らく・・・
奥様は夫に説得されて一緒に死ぬ積もりになったものの、女の身で色々始末しておきたいものがあったに違いありません。それで「今夜だけは(階下にいた奥様の姉が効いた最後の言葉)」と頼んだのですが、乃木将軍が叱りつけて即座に自死を決行させたのでしょう。
もしかしますと、「今夜だけは・・・」は「今夜だけはあなたのいうことでも聞けません、という夫人の激しい拒絶の言葉だったのかもしれません。
そうなりますと、この奥様の死は乃木将軍の手によってなされた、妻君殺しの惨劇ではなかったのではないかと思わるのです。
実際は藪の中なので軽々な事は申せませんが、詳しく知りたい方はこちらの最下段にあるむすびのみをご覧ください。

個人的には、昭和天皇も尊敬されており日本の将来を担う子弟をはぐくむ教育者として生きる道があったわけで、明治天皇の亡きあとも、学習院の院長として長く国事に尽くされた方が良かったと思います。
その傍らでこの戦争で二人のご子息を亡くされた奥様の為にも、共に第二の人生を歩まれるべきではと思います。
まさに今さらではありますが・・・
いずれにしましても、乃木将軍は、沈着ですが半面短気で、一見雄々しく見えて気弱で、誠実な分だけ頑固で、傲慢だか照れ屋で、冷淡そうだがその実優しい、さら〜に稀代の怒り上手であったのではないかと思います。
この渡辺淳一さん著「静寂(しじま)の声」を読む限り乃木将軍は上述のように愛すべき方であります。
個人的には、中学・高校で剣道を教えていただいた恩師にその人柄がかぶります。
私の恩師は違う意味で愛すべき方でありましたが、先生からはサムライの考え方を教えていただきました。
平成も過去の年号になろうとする最中ですが、明治は本当に遠くなったものです。
個人的には、天皇を中心として纏まっていた革新的な明治の日本が好きなのでした。


バナナマン日村のバブリーダンス



IMG_4940

IMG_4939
今日はランチタイムに丸の内に出没です。
今日のお店は年末に来たばかりですがまた立ち寄ってしまいました。
今日のお店は「きじ」さんです。

住所:  東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルB1
電話:03-3216-3123
定休日:不定休

IMG_4930
お店の外観です。

IMG_4934
店内の雰囲気です

IMG_4931
メニューです。

きょうのオーダー「モダン焼き」@1,000円です。
相も変わらず店内は満席です。
今日は暇だったので「モダン焼き」を作る所をじっくりと見ていました。
この「モダン焼き」はまず焼きそばを炒めるのですね。
炒め終わった焼きそばは、ステンレス製の円筒状の容器にいれて、その中にあるお好み焼きの生地にからましてから、一気に鐵板の上に流し込んで焼くのですね。
ある程度焼けたらお客様の前に出すのでした。

IMG_4932

IMG_4935
という事で待つこと10分で「モダン焼き」の出来上がりです。
見た目、緑色の青のりが彩りを鮮やかにしています。

IMG_4937
当然のことながらマヨネーズでいただきます。

IMG_4938
それでは実食です。
今日の「モダン焼」とは、とろとろの玉子がいつもよりそばに絡みついていて結構です。
何という美味しさでしょう。
今日は小まめに胡椒をかけていただきました。
ソースの味が引き立ち豚肉がよい味わいになってきます。
今日の最後の方は美味しいカリカリになりました。
完璧な味わいです。
毎日は嘘になりますが、週三回食べてもこの「モダン焼」は飽きないでしょう。
この「モダン焼」はそれほどまでに私の舌を魅了します。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

神田 大鉄

今日は「頑張ろうぜ!」です。
最近の若手社員を見ていて思うことがあります。
それは、単に経験が伴っていないだけで、諸先輩から多くの指摘を受ける仕事をしていても面白くないだろう。
さら〜に、それなりの志を持って入社したのだから、その志を目標にして邁進すべきではとの同情が湧いてきます。
それにしても最近の若い人は覇気がありません。
勿論、この感想は統計学的な背景はないので印象誘導のそしりは否めません。
ヤル気がないが散見される背景としては、社内の年齢構成のいびつさがあげられます。
若手社員が新しいアイデアを出しても、職場で多数を占める中高年齢のベテラン社員が抵抗して受付してくれません。そんな事が繰り返されると、出る釘が必要以上に打たれすぎることになりますので、あきらめムードが漂い会議においても黙して語らずようになってきます。
かかる事態の処方箋としては、若手社員は意識して直属の上司とのコミュニティはかるべきです。
要はGood communication skills will help you find long-term successであります。

その一方で管理職にも問題があります。
営業ユニットにチームワークがありません。
1つのボールがあったら、皆そっちに行ってしまうのです。
自分の強みを生かしつつ、キックやシュートが得意な人もうまく活用するのがチームワークなのです。
そうすればボールがゴールまで有機的につながっていくのです。
部下に上から来たメールを転送するような仕事をしていませんか。
部下が仕事から帰ってきて、うれしい顔をした時や困った顔をした時に、きちんと声掛けをしていますか、していないのであれば声掛けの励行がmust-doなのです。
その為にはGreeting is a key to have good communicationなのであります。
亡くなれた星野監督のように、どのように気配れば職場が活気つくのか、上に立つ人はその為の管理職を選ぶ事がこれからのマネージメントの要諦であります。

7c190cc8
心のこもった言葉は、人の心に明かりを灯してくれます。
そんな言葉をみんなで発すれば会社は明るくなります。
2018年頑張ろうぜ!


放課後ミッドナイターズショートシリーズ 「スパイ○ーマン」



IMG_4846
今日は神田に出没です。
店名に魅せられて入店しました。
今日のお店は四季の味「大鉄」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-17-6 鹿島ビル1F
電話:03-3295-6171
定休日:土・日・祝日(予約のみ営業)

IMG_4838

IMG_4839
お店の外観です。

IMG_4842

IMG_4845
店内の雰囲気です。

IMG_4840
メニューです。

きょうのオーダー「さば塩定食」@880円です。

IMG_4841
待つこと1分でお茶とおしぼりが用意されました。

IMG_4843
待つこと12分で「さば塩定食」の到着です。
新年なのでお蜜柑がついています。

IMG_4844
それでは実食です。
鯖は脂がのっていて美味しいですね。
当店は、築地市場に買出しに行くのが趣味だと豪語する店主が毎日旬の食材を仕入れ、お客様に四季の味をお届け致します、とのキャッチでわかりますよう良い鯖を選ばれたようです。
身離れもよく焼きも良いです。
味噌汁も美味しいです。
これで@880円であれば「コスパ良し」ですね。
ごちそうさまでした

それでは(^_-)

丸の内 きじ 6th

今日は「天国と地獄」です。
330620864_0e9b58fefd
丸の内で打合せがあり、頃良い時間があったので「東京ミチテラス2017」を見て帰りました。
このきらびやかなイルミネーションを見ていますと、在阪時代に見ていた「神戸ルミナリオ」を思い出します。

e03_23_03
「神戸ルミナリエ」は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催されたものです。
以来「神戸ルミナリエ」は震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、毎年開催されているのです。

阪神・淡路大震災と言いますと、ある悲喜劇が思いだされます。
それは私の取引先の方ですが、この大震災が起きた1995年1月17日までは幸せの渦中にいました。
当時、付き合っている彼女が妊娠してしまいました。
ところがその彼女の父親というのは神戸永田では知らない人がいないという、頑固親爺でして、当時ですからそのようなフライング結婚(できちゃった婚)など許すわけもなく、仕方がないので片親である母親帯同のもと、結婚のお願いに行きました。
瀟洒な神戸の山手の豪邸に暮らす彼女の家をとてもまぶしく感じながら、その家の中にいる頑固親爺の激怒を考えると、家の扉をノックする勇気もなかったのですが、母から、生まれてくる赤ちゃんの為にも、おきばりなはれ、と言われて、インタホンを弱弱しく押下(おしげ)したのです。
家の中に招き入れられて、型通りの挨拶の後は、修羅の嵐が舞ったのですが、頑固親爺とて人の子で、生まれてくる初孫に免じて結婚の運びとなったのであります。
それは蝉が泣き叫ぶ夏の話でした。
それから半年後の1月17日の運命の日は、前の日が新年会だった事もありハジケ飲みをして二日酔いの朝に大地震を知ったのです。
この地震の悲劇は同じ関西に住んでいても、震源地近くに住んでいませんと、この被害の甚大さは分らないのでした。彼はガンガンする頭の中でしばらくTVのニュースをまばたきもせずに見ていますと、婚約者が住んでいる永田地区が壊滅状態であることを知りました。
彼の頭の中では、この世で一番大切にしている彼女とまだ見ぬ子供を失ってしまった事がおぼろげながら分ってきたのです。
彼は、どうしたらええんや、どないしよ、と狂乱状態からくる呆然自失となっていたのでした。
それからしばらくしましたら、家のチャイムが鳴りました。
誰かいな、と思って玄関に行くと、高校時代の親友がやってきて、彼女の家のあたりあかんな、と言われたので、俺は・・・人生の幸せをこの地震ですべて失ってしまったんや、と泣き叫ぶと、ダァホ、まだ死んだわけやない。
助けに行かなあかん、と言ったので、そやかて、電車も動いてへん、どないして行くんや、と言いましたら、せやから車で来たんや。
取り敢えず、水とか食べ物を仰山積んだら、いくで、と言われたのでその仕度をして、着の身着のままで車中の人になりました。
彼は、正直に言いますけれど、と前置きをして、永田に着くまでの10時間は頭が真っ白になっていて、この間の記憶はほとんどありません、と申していました。
海辺の道は道路閉鎖になっていたので六甲道を通っていったそうです。
加えて唯一使えるその道を、皆が使い始めたので10時間もかかったそうなのです。

f085-thumb-autox450-3430

x_05622895
永田に入りますと、いたるとろで家族を亡くした方々が泣き叫ぶ地獄絵が目の前に飛び込んできました。
彼もこの時間帯になりますと冷静さを取り戻してきて、必ず遺体だけは探そうと、肚を決めたそうです。
彼女の家から3kmくらいで、ここから先は車での進入は難しいので車から降りて、親友と二人で救援物資を詰めこんだリュクッサックの重さを肩にずっしりと感じながら、彼女の家に向かったのです。

x_05622910
眼に入ってくる光景は倒壊した家から家族を救出する人たちの魂を込めた救出活動でした。
50分位して見慣れた彼女の家が視界に入ってきました。
そこで見たのは奇跡でした。
まるでモーゼ十戒の海を割るシーンのように彼女の家の前の道路を挟んで、海側は壊滅状態でしたが、彼女の家のある山側の住居は何事もなかったかのようにたたずんでいたのです。
彼は、それを見届けると一目散に彼女の家に走って向かい、息を整える間もなく、家の玄関を開けると、彼女が大きなお腹をかかえて、なんや、遅かったやない、と言ってにっこりと笑って出てきたそうです。
そこから後は感極まって声にならず、人生でこれだけの滂沱の涙を流したことはなかった、と彼は言っていました。
世の中にはまさに「天国と地獄」が存在するという実話であります。

私は「東京ミチテラス2017」のようなきらびやかイルミネーションを見ると、上述の話を思い出すので、皆のように心の底からこのまばゆい光のページェントを楽しめないのですが、皆さまにはこの光の饗宴は画像でご紹介いたします。
IMG_4617

IMG_4619

IMG_4621

IMG_4623

IMG_4625

IMG_4626

IMG_4628

IMG_4630

IMG_4631

IMG_4632

IMG_4633

IMG_4634

IMG_4638


歩き疲れたので夕食です。
丸の内といえばここしかありまへん。
今日のお店は「きじ」さんです。

住所:  東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルB1
電話:03-3216-3123
定休日:不定休

IMG_4642

IMG_4643
お店の外観です。

IMG_4644
店内の雰囲気です

IMG_4641
メニューです。

きょうのオーダー「モダン焼き」@1,150円です。
IMG_4645
座るやいなやテーブルセットの到着です。

IMG_4646
時間差で「お冷」の到着です。
すんまへん、アルコール飲めまへんねん。

IMG_4647
美味しく焼いておくんなはれ・・・

IMG_4649
待つこと7分で「モダン焼」の完成です。
見た目、美味しそうです。

IMG_4650
当然のことながらマヨネーズでいただきます。

IMG_4651
「モダン焼」とは、そばをだしと玉子に絡めてオムソバ風にジューシーに焼き上げたものです。
これが美味しいのです。
とろとろの玉子がそばに絡みつくこのまったりとした感触がたまらないのです。

IMG_4652
焼き上げた後も過熱していますので「モダン焼」から立ち昇ってくる芳しい匂いが、時間とともに深まり美味しさを倍増させます。
豚とイカが入っているのですが、豚クンの存在がどうしても高まります。
この世に極楽があるとすればこの食べ物を食べている時でしょう。
まさに私の身に至福が訪れました。
このような場合は「天国と天国」と表現して良いのかもしれません・・・

それでは(^_-)

神田 はし本

今日は「母親の愛」です。
奥様の母が亡くなりました。
享年85歳ですので、大往生と申しても良いでしょう。
遡る7月2日に大腸憩室炎(大腸破裂)で一時危篤になったのですが、医師の奇跡の執刀で奇跡的に復活しました
しか〜し、その手術により口から食事がとれない体になり、点滴で栄養を取っていました。
その為、体力の消耗はボディブローのように効いてきて、亡くなる4日前には意識がない状態になり、薬石効なく12月11日に永遠の眠りにつきました。
母とは色々な思い出がありますが、それを書き連ねますと紙面が足りません。
今回の母の死で、一つだけ強く記憶に残ったのは母親の愛です。
母は大腸破裂になる前から、老齢による、ボケが始まっていたのですが、手術を受けて長い昏睡から覚めた時には、さら〜にひどいボケ症状を呈していたのです。
その為に家族のこともよく分からなくなっていました。
ボケというのは、絶えずボケているのではなく、ボケと正常な状態が交錯していて、その中でボケている時間が、長いことをボケが進んだというのです。

13d3a73f
かかる中、まさに「レナードの朝」のような、瞬間的に寛解した時間が数分あったのです。
その時、母は私に向かって、死んだ後の事はよろしく頼むね。
△△さんだけが頼りだから、と目をしかと開いて二度も言ったのです。
これには私も驚いて、何を言っているのですか、お母さん。すぐに元気になりますよ、と言ったものの覚悟の遺言と受け止めたのでした。
この後は、以前の状態に戻り、コミュニケーションは取れなくなりました。
その後、さら〜にボケが進んで、父の事も子供の事も分らなくなったのですが、唯一、私の顔だけは認識していて、私が来ると、△さん、よく来たね、と言ってくれるのです。
これは本当に信じられない事です。
多分に、残された娘(奥さん)の事が心残りなのでしょう。
奥様はこのブログでお分かりのとおり、些少の問題はあるものの、幸せに暮らしていますが、那辺は親心なのでしょう、娘の事が気になるのです。
親というのはこのようなボケた状態の中で死が近づいたとしても、残した娘の事を思うと、最後の力を振り絞って、死んだ後の事を私に託したのかと思います。
母親の愛情とはすごいものだな、と真摯に感動いたしました。
合掌。


あこがれのアマゾンCM再現に祖母歓喜



IMG_4292
今日は神田に出没です。
何やら隠れ家みたいな寿司屋さんがあったのでお邪魔しました。
今日のお店は鮨「はし本」さんです。

住所:: 東京都千代田区内神田1-9-12 小林ビル 1F

電話番号:03-5577-4748
定休日:日曜・祝日

IMG_4285
お店の外観です。

IMG_4286
メニューです。

本日のオーダー「ちらし」@1,000円です。
店内の撮影許可は取らなかったので紹介はできないのですが、なかなか落ち着いたしつらえの店内で茶髪の店主が握っています。
お客は、私以外は昼間だというのにご酒を召し上がっていて、いかにも会社の財布で飲んでるぞ的な人種が二組さんおりました。

IMG_4287
待つこと11分で「ちらし」の到着です。
見た目、刺身ネタがそのまま乗っています。

IMG_4288
それでは実食です。
うん、かなりのレベルですね。
シャリは富山のコシヒカリのブレンド米だそうです。
味ですか、美味しいですが、最後はシャリが余ってしまう私の嫌いなちらしであります。

IMG_4289
加えて、このお吸い物がチープです。
せめて味噌汁にして欲しかった。
コスパは良いかもしれませんが、もう少し値段を上げて、ネタに工夫をしてもらいたいなと思った次第です。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 10th

今日は「人生の幕引き」です。
私の同期の1人が癌になりかなり厳しい状況にあることを偶然にも知ってしまいました。
その知り得たきっかけとは、彼が病院に送る「病状説明書の承諾書」を間違えて、私に送ってしまったからなのです。
彼はその誤送信に即気がつき、この話は他言しないでくれとお願いしてきたので、誰にも言わずにいます。
そうは言いながらこのブログには書いていますが、この文面から私の同期にたどり着くことはできないので、皆さまにおかれてはご寛容の程お願いします。
私はこの「病状説明書の承諾書」を見て、かなり動揺しています。
この同期とは貴我の付き合いではありませんが、それでも同じ会社で同じ時間を共有してきたわけですから、決して他人事には思いませんでした。
人生は有限であるとはいいながらそのはいまだ漠としたものでしたが、彼においては間違いなくそのXデイに向かってカウントダウンが始まっているのです。
個人的には、会社なぞは1日も早く退職して、治療に専念する事を願っています。

ent1712084492-p1
かかる中、12月8日野村沙知代さんが亡くなりました。
8日昼過ぎ、夫の克也さんが東京都内の自宅で遅くに起床すると、寝室の隣のベッドで休んでいた沙知代さんが「左手を出して。手を握って」と話しかけてきました。
思いがけない妻の願いに、克也さんは「そんなことを言うなんて、珍しいな」と笑いながら、手を握ったそうです。
その後、沙知代さんも起き、ダイニングへ向かいましたが、用意された食事には一口しか手をつけませんでした。
しばらくして、テーブルで意識を失ったそうです。
その間、発した言葉は、どうしたんだろう?だけだそうです。
その後、救急車で病院に搬送されましたが、午後4時9分、夫克也さんに見送られて永眠されました。
何の苦しみもなく、元気なままに旅立ったそうでうす。
亡くなられた沙知代さんを冒涜するのではありませんが、なんと理想的な旅立ちでしょう。
昔の癌患者のように薬石効無く、病床で呻吟しながら亡くなるのに比べたら、どれだけ幸せでしょうか。
今まで、癌患者のような人生の終焉の日が分ったほうが、雑事を整理して後顧に憂いなく死ねるとおもっていたのですが、前言撤回です。
沙知代さんみたいな旅立ちを希望します。
神様お願いします。
私も前日まで元気でいて死ぬ日にはなんのためらいもなく逝かせてください。
最後に野村沙知代さんに合掌して締めさせていただきます。


荻野目洋子&登美丘高校ダンス部「バブリーダンス」 御堂筋ランウェイ 2017 11



IMG_4213
今日は神田に出没です。
今日のお店は、私のお気に入りの「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_4223
お店の外観です。

IMG_4222
店内の雰囲気です。

IMG_4215
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、大根含め煮、刺身2点、嶺岡豆腐、大豆、揚げいりこご飯、漬物、味噌汁です。

IMG_4216
待つこと13分で「日替わり定食」の到着です。
見た目「THE和定食」です。

それでは実食です。
IMG_4217
まずは「天然ブリ鍬焼き」です。
鍬焼きですから、小麦粉で焼く「和製ムニエル」ですね。
これを食べたら「ブリの照り焼き」はパンチ不足に感じるでしょう。
この焼き方はぶりの美味しさを充分引き出しているように思います。
これ無茶苦茶美味しいですね。
高評価です。

IMG_4219
刺身は鯖と鰤(ぶり)です。
まずまずの味わいです。
それでも鯖は味も光っています。

IMG_4220
大豆、揚げいりこご飯です。
揚げいりこと大豆って相性抜群です。
まさに海原と大地を一緒にいただいている感じです。
いりこの食感最高です。
これは今日一であります。

IMG_4221
最後は嶺岡豆腐です。
嶺岡豆腐って牛乳、生クリームを葛粉で固めたものですよね。
ここの店主の豆腐料理は外れ無しです。
美味しいです。
今日は珍しく店内もゆったりしていて、落ち着いていただきました。
今日は久々の三塁打でした。
ご機嫌なランチでした。

それでは(^_-)

神田 ぎょうざいってん

今日は「会議には前の席に座ろう」です。
01156
外資系から日本企業に転職したこともあり、「外資と日本企業で違うこと、ありますか?」とよく聞かれます。
確かにいろいろあるんですが、目に見えるもののひとつが、会議やセミナーでの席です。
海外では、セミナーや会議があると、一番前の席から埋まっていくのが普通です。
貴重な時間を割いて出席しているので、少しでも内容をよく理解して参加したい、という意思の表われでもあります。
でも、日本企業(または、外資系でも日本人が多い場合)は、後ろの席から埋まっていく場合がほとんどです。
もしあなたも、会議やセミナーで後ろのほうに座る(座ろうとする)ことが多いなら、いますぐやめたほうがいいです。大きな損をしているからです。
後ろのほうに座るということは、もしかして「日本的な礼儀正しさ(謙譲の心)」を無意識に実践しているだけかもしれませんが、「あまり積極的に参加したくない(目立ちたくない)」ということのボディー・ランゲージに他なりません。
これは、会議の主催者やセミナーのプレゼンターには、かなり失礼です。
後ろから埋まるという文化に慣れている方ならともかく、そうでない方にとっては、あなたは「やる気の無い、失礼な人」と映ります。
「HUFF POST」より転載

この間、会社で全社員出席のセミナーがあり、その講師が全く同じことをいっていました。
要は、会議やセミナーで後ろの席に座ろうとする人は、大きな損をしていることに気づいてないのです。
元人事の立場から言わせてもらえば、後ろの席に座る学生は、こちらもハナから無視ですし、そもそも印象にも残りません。やはり取りたいなと思う学生は、前の方に座っています。

私はそのような高邁な考えもなしで、会議の席は一番前に座ります。
基本的には眼が良くないので、他のoptionがないというのもあるのですが、なんか後ろの方に座るのって潔くないではありませんか。
基本的に、会議ではもの申すタイプですので、後方から発言したのではナメラレますからね。
やはり迫力があるのは前方で大音声での発言です。

最後に会社のセミナーの講師さん、難しいワーディングを多用しすぎです。
一例をあげますと、作動、生起、緒言です。
その中の緒言ですがこれはしょげんでなくちょげんです。
発音がちがいます。
大学の時ある発表会で、とある先生が、・・・君ネェ〜、今さぁ、発表の最初に「緒言」という漢字を「しょげん」と読んだでしょ?・・・違うんだよぉ。
この漢字はネェ〜正しくは「ちょげん」と読むんだよぉ〜・・・フフフッ・・・
君ネェ〜、学部生じゃあないんだから、修士の学生ならこんな漢字くらい読めないとネェ・・・、と嘲るように指摘したのが今でも目に浮かんできます。
今は昔の話であります。


キレッキレで踊りまくる指揮者ブラスバンド界のラッキー池田が発掘される!!



IMG_4062
今日は神田に出没です。

IMG_4099

IMG_4100
そうそう神田で一番安い居酒屋をご紹介します。
接客も値段と同じくらい安いのでご注意ください。
今日は新規店です。
今日のお店は「ぎょうざいってん」神田本店さんです。

住所:: 東京都千代田区内神田2-13-6 朝日電機ビル 1F
電話番号:03-6206-8277
定休日:無休

IMG_4065
お店の外観です。

IMG_4068
店内の雰囲気です。

IMG_4066
メニューです。

本日のオーダー
「海苔パク」@290円
「焼き餃子」@290円
「肉味噌ごはん(小)」@250円
です。

IMG_4069
待つこと5分で「海苔パク」の到着です。
「海苔パク」とは、パクチーサラダに海苔をトッピングしたものです。
これは爽やかな味わいです。
海苔とパクチーって合うのですね。
美味しいです。

IMG_4071
待つこと7分で「焼き餃子(ニンニク入り)」の到着です。
ここの焼き場の方は、なんで餃子をセンターにおけないのでしょうか。
折角の飴色の焼き加減が台無しです。
配列に難あれど味に難はありません。
程よくニンニクの効いた野菜餡は美味しです。
皮もこんがり仕上がっておりこれは掛け値なしに美味しいです。

IMG_4072
待つこと8分で「肉味噌ごはん(小)」の到着です。

IMG_4073
これはゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじみたいなウズラの卵が高評価です。
香ばしいピリ辛味噌は良い味わいです。
これは美味しいし餃子に良く合います。
みんな美味しいものなのでかなりお得な気分になりました、ハイ。

それでは(^_-)

続 神田 巴里の介

今日は「完璧主義者」です。
ビシッとした男性
今日は年に一回の人間ドックの日です。
検査の合間に、診察室の本を読んでいましたら「性格テスト」なるものがあり、興味本位でそのテストをやってみましたら、私は完璧主義者のようです。
マジかよ、と思ってその特徴を読んでいましたら、まさにその通りでした。
完璧主義者とはどのような人なのか、まずはその内容をご笑覧ください。

#責任感が強いが自意識も過剰
とても責任感が強いというのが、完璧主義者の大きな特徴の一つです。
この責任感の強さだけなら素晴らしいことなのですが、さらに自意識過剰な面も組み合わさっているため、他人からの期待やプレッシャーを必要以上に感じることで、妥協ができなくなってしまうのです。

#仕事の優先度を考えるのが苦手
完璧主義な人は、仕事の優先順位を付けられません。
社会人として働く中で、たった一つの作業だけを延々とやれば良いという状況の人はあまりいないと思います
様々な業務を任され、それを効率良くこなしていくためには、どの順番で、どのくらいの精密さで、いつまでに対応していくのかを考えながら取り組んでいく必要があります。
しかし完璧主義の人は、すべてを一律に、少しでも早く終わらせようとしてしまう傾向があり、これが残業に繋がったり休憩を取れなかったりという非効率な状態を引き起こすことになります。
本当に今日中にやらなければならないものなのか、その作業は本当にそこまで神経質になる必要があることなのかなどを考えた上で、明日やれば良いことを無理に今日中にやるのではなく、メリハリをつけながら効率的に終わらせていくことが大切なのです。

#自己陶酔する
完璧にこなした時、自分はすごい、自分はえらいと自己陶酔する傾向にあるのも完璧主義者の特徴です。
完璧にこなしてこそ自分を認められるため、逆に言えば完璧にしなければ自分を否定することになってしまいます。このような性質から、妥協というものを受け入れることができないのです。

#理想が高い
完璧主義の人はその潔癖さとストイックさから、当然のごとく理想も高いです。
歴史上の偉人、有名な天才たちに憧れ、そういった人物を自分の目標として掲げて頑張ろうとします。
向上心をもって生きていくことはとても大切ですし素晴らしいことではありますが、いきなり極めて高いところを目指してしまうと心も体も追いつかず、体調を崩す原因にもなります。

#考え方が両極端
完璧とは、つまり100点満点ということです。
完璧主義者の人は、常にここを意識するという傾向にあります。
完璧でなければ意味がないという極端な考え方により、少しでも何か減点されるような要素があれば「それでは駄目だ」という発想になるため、常に気を張って力を抜けない状態に陥ります。
よって、マイペースに取り組むよりも疲労感がかなり強くなります。
そして、順調に完璧に進めていた作業に何かミスが発生しようものなら、その完璧さが失われたことにより急激にモチベーションが低下してしまいます。
これにより、その作業を途中で投げ出してしまうことにも繋がってしまうのです。
完璧にこなすというスタンスから一見は器用に思える完璧主義者ですが、実は不器用だとも言えますね。

#周りの人たちにも完璧さを追求する
完璧主義者の人は、他人にも完璧さを求めます。
仕事であれば部下や同僚、プライベートであれば家族やパートナーに対しても完璧性を追求してしまうのです。
また、程度の差はあれど、基本的に自分の考えや方法が正しいと信じているため、その「完璧さ」というものは「自分にとっての完璧さ」ということになります。
このような自己中心的な思考も相まって、人間関係を壊す結果を招いてしまうことも少なくありません。

#力の配分ができない
責任感の強さも相まって、何事に対しても常に全力を注ぐのが完璧主義者です。
つまり、力の配分を上手くできないのが特徴の一つと言えるでしょう。
「効率の良さ」とは、「完璧さ」ではありません。
力を抜くところは抜く、入れるべきところは入れるというコントロールを上手く行いながら着実に作業を進めていくことが、効率の良さです。
完璧さを追求し、一つの作業にいつまでも時間をかけていたり、力を入れ過ぎて周りとの調和を乱したりしては元も子もありません。
one scene「性格」より転載

完璧主義者は
1.分らない問題を考え続ける
2.本は1ページ目から1行も欠かさず読んでいく
3.ノルマを消化しないと気がすまず、睡眠不足気味
とかの特徴もあります。
指摘の中で、心の中に深く矢が刺さったのは、勉強していて分らないところがあると、いつまでもそれについて考えているそうです。
実際にそうでした。
分らなくても考え続けるのは、いかにも頑張っている気がしますが、こんな時に脳は活発に働いていないそうです。
ある程度考えても分らないなら、潔く人に聞いたり、回答を見たり、した方が良いそうです。
要領よく勉強するのは、決してずるいことではないそうです。
このような「良い事は」早く教えてよです。
なにか魔法の鏡で心の中を映し出されたみたいで気味が悪いです。
この性格の為に、人生においてすご〜く回り道をしてきたみたいですね。
自己嫌悪になってきました。

ピーマン
で〜も、このような性格になったのは以下のような幼少期の躾にあるようです。
・両親が常に結果だけを見て判断した場合、その子供は期待に応えようと完璧主義者になる可能性が高いと考えられています。
・失敗するとひどく叱られるという経験が幼少期に多いと完璧主義になる原因だとも考えられています。
纏めますと、小さい頃からの親の結果至上主義の呪縛と自分自身の性格的なものが絡み合った結果、完璧主義になってしまうみたいです。
要は、幼少期に親から厳しく指導された人ほど完璧主義になりやすい傾向にあり、自分への自信のなさの裏返しが完璧主義になるのだそうです。
しか〜し、本当は何が重要なのかということを改めて見直し、効率良く物事を進めていくことができるようにすれば改善できるみたいです。
まだ間に合うかな?
頑張ってみませう!


矢沢永吉「暴徒化する観客にアドリブで説教」



IMG_3610

IMG_3595
今日はメトロ神田駅に、試運転車が入って行きました。
試運転者なのに人が沢山乗っているのを見てクリビツしていました。

IMG_3595
今日のお店は、神田司町にある炉端ふれんち「巴里の介」さんです。

住所: 東京都千代田区神田司町2-14大鷹ビル1F
電話:03-3254-1237
定休日:日曜・祭日

IMG_3596
お店の外観です。

IMG_3608

IMG_3599
店内の雰囲気です。

IMG_3598
メニューです。

きょうのオーダー@1,000円です。
このお店はパンが美味しいのでたまにくるのですが、その週のネタ選抜からもれアップは2回目です。
それにしてもすごい女性客ですね。
量少なめのお客様には4枚でドリンクサービス券を差し上げるなどのwoman orientedの気配りが女性ファンを集めているのでしょう、多分。

IMG_3607
座るやいなやウーロン茶が運ばれてきました。
普通のウーロン茶です

IMG_3602
待つこと8分「本日のオムデミ(牛ホホ肉の赤ワイン添えオムデミ)」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。

IMG_3605
まずはサラダです。
これはあまり特筆するものはありません

IMG_3604
続いてはトロトロのオムデミです。
まずはオムレツですがこれは完璧な味わいです。
そして18年間の調理歴史をもつ牛ホホ肉は肉の繊維が柔らかく、噛みしだきますと口内でホロホロになります。
那辺は鐵板の味わいです。
問題はデミグラスソースです。
ワインが強すぎるのでしょうか、すこし苦くかんじました
これはあんまりご機嫌な味わいではありません。
そして炊き込みご飯ですか、固めでぼそぼそしていて好きなご飯ではありません。
どうなのでしょうか、基本的にこのお店は何をたべても美味しいと思います。
しか〜し、このお店にも例外はあるのだなぁと思わせたランチでした。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 9th

今日は「焼鳥は串から抜いたらあきまへんえ」です。
鮒忠

p_about_sekitori
「焼鳥」は大好きです。
あの力道山は、鮒忠さんの「焼鳥」は大好きでした。
力道山は元力士でしたので、相撲取りは手をつかない鶏が好きで好んで食べていたのでその影響は間違いなくあったと思います。
そしてその力道山を好きだった父も鮒忠さんの「焼鳥」が好きでした
その為か、私たち家族は毎週日曜日には父親の大好きな浅草の田原町にある「鮒忠」さんには良く行っていました。
ここは「焼鳥」も美味しいのですが「もも肉」はさら〜に美味しいですね。
その父の遺伝なのでしょうか、私も「鮒忠」さんは今でも好きです。

閑話休題。
焼鳥の食べ方にビッグバンが起きています。
それは若い女性達からの発信なのでしょうか、焼鳥を串から抜いて食べる人が増え続けているのです。
私が子供の頃の「焼鳥屋」さんで、万が一でも焼鳥から串を抜いて小分けにして食べましたら、店のオヤジにどやしつけられましたので、そのような悪魔の所業は絶対にしませんでした。
そもそも焼鳥を小分けにしたら単なるバーベキューになってしまいます。
換言すれば切った肉をフライパンで炒めても同じですので、串に刺して焼くメリットはありません。
そこで今日のフリネタなのですが、焼鳥は串のまま食べた方が美味しいのか、小分にして食べた方が美味しいのかですが、結論は前者、即ち焼鳥は串のまま食べた方が美味しいのです。

その理由を簡単に説明します。
1.焼鳥は鶏肉の繊維が串と並行なるように刺しているので食べやすい。
2.焼鳥は一番先頭をボリュームの大きい鶏肉にして、徐々にその大きさを小さくして食感を替えています。
為念申しますと、焼鳥を俯瞰して見ますと必ず逆三角形になっているはずです。
小分けにしたら那辺の工夫が台無しになってしまいます。
3.焼鳥は一番先頭の鶏肉に塩を多めにふっていて、その次は少なくと、意図的に味の強弱をつけています。
小分けにしたら那辺の工夫がここでも台無しになってしまいます。
4.焼鳥を小分けにしますと串で止めていた肉汁が出やすくなります。
即ち冷めやすくなります。
その肉汁の流出を比率で申せば、外した場合は1.7で外さない場合は0.8と倍半分違います。
その為、小分けにしましたら10分後には鶏肉はすべて冷めてしまいます。
どうですか腹に落ちましたでしょう。
勿論、食べ方は各自の好みで良いのですが、折角、店の店主が手間暇かけて鶏肉を串に刺している理由がお分かりであれば、小分けのような蛮行はできないはずです。

IMG_7538
最後に親子二代で愛し続けている「鮒忠」さんですが、焼鳥の取り外しの金具は頼んだお客様のみに出してください。最初からついてきますと、小分けをお店で推奨しているように勘違いされますよ・・・


かっこいい行進に軍艦マーチ♪



IMG_3471
今日は神田に出没です。
今日のお店は、私のお気に入りの「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_3472
お店の外観です。

IMG_3481
店内の雰囲気です。

IMG_3474
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、天然ブリレアステーキおろしポン酢、煮しめ(高野豆腐、里芋、人参・椎茸)、あんきも豆腐、海苔なめ茸ご飯、漬物、味噌汁です。

IMG_3475
待つこと13分「日替わり定食」の到着です。
彩りがきれいですね。

それでは実食です。
IMG_3477
まずはメインの「天然ブリレアステーキおろしポン酢」です。
天然ブリは弾力があって美味しいのですが、ポン酢が前面にですぎて、口内はポン酢の味が占領していて、甚だ残念な結果になっています。
もしかすると食べ方が悪いのかもしれません。
個人的には、フグ刺しもそうですが、肴とポン酢は合わないように思っています。

IMG_3476
続いて「海苔なめ茸ご飯」です。
これは美味しいです。
海苔となめ茸は絶妙な組み合わせです。
とろとろの食感ってここまで美味しいのかと思わせる一品です。

IMG_3479
「あんきも豆腐」です。
あんきもと豆腐のマリアージュです。
あんきもの味わいが豆腐に溶け込んでいます。
店主は豆腐料理が得意なのでしょう。
今日の「あんきも豆腐」も大満足の味わいです。

IMG_3478
煮しめ(高野豆腐、里芋、人参・椎茸)は鐵板の味です。
安定感ありです。

大満足のランチでした。
最近、満席になる時間が、異常に早くなっています。
人気の裏返しなのですが、これだけ美味しいのですから仕方ないのでしょう・・・

それでは(^_-)

神田 磯じまん

今日は「スマホ難民」です。
AJP20160323001100882_01_i
「60歳以上のシニア層はITに弱い」と思い込んでいる方は多いかもしれないが、それは大きな誤解だ。
今や、パソコン、スマートフォン、タブレットを使いこなしている高齢者は確実に増えている。
Twitterでカリスマユーザーと呼ばれている81歳の女性、LINEのスタンプクリエイターとして人気の73歳の男性、クラウドファンディングで夢を実現させた91歳・・・
とはITライターの小野均さんの レポートです。

私は本当にそうなのかなという感想を持っています。
マラソンクラブでの打合スケジュール調整のツールは、今でもガラケイでのダイレクトコミュニケーションかガラケイでのショートメールです。
クラブの幹部でスマホを持っている人は誰もいません。
かかる中、最近の私はSNSを使って連絡を取るのが一番自然で便利で、電話もほとんど使わなくなってきました。
そういった中で、私はITリテラシーの極めて低レベルの方々との打合せとなったのです。
今回のマラソンクラブでの幹部会のテーマは、私がクラブ用に新たなグループウェアを作ったのでそのコンテンツの打合せなのです。
要は幹部の方々にこのグループウェアに入って頂かないとコンテンツの打合せができないのです。
自らのID、PWを作って登録するという極めて簡単な作業なのですが、幹部4人の内すぐにその設定ができたのは1人だけです。
その方も、設定が大変でとても苦労したとメールでこぼしていました。
会長にいたっては、その設定がわからず何度も電話で設定方法を私に聞いてきました。
これが実態です。
この延長戦上にある実例も紹介します。
副会長は高校の同窓会の幹事となり、その案内をメールと往復はがきでしたのですが、その内の3割くらいの方が、メールと往復はがきの二つの方法で回答をくれたそうです。
不思議に思った副会長が仲の良かった友人にその理由を聞きましたところ、メールだと着いたか着かなかったかが確認できないので、往復はがきにしたとの事でした。
良い悪いは抜きにして、これが「団塊の世代のITリテラシー」であると臆断した方が間違いないようです。

o0400028013985496768
ここ数年、ITの最前線にいる人たちによって、情報はタブレットやスマートフォンにどんどん集約されてきています。
そのうち「全ての意思疎通をこの領域で完結させれば便利じゃないか」ということになり、あらゆるコミュニケーションや情報の送受信が、Web上の狭いところに集められて、最先端の製品を使わない人はそれらの社会活動からは隔絶されることになろうかと思っています。
そもそもホモサピエンスだった頃の人類は、150人位の集落を単位として、何らかの形で情報を伝達する人は30人程で、その内、常時会話する人は10人前後らしくて、それは今の人間社会と何ら変わっていないのです。
ホモサピエンスの頃の人類はスマホなしでもなんの痛痒を感じてないわけですから、今一度基本に戻り置き去りにされていく人たち即ちスマホ難民に対する救済策を講じるべき時がきたようです。


錯覚ダンス。



IMG_3388
あx今日は神田に出没です。
値付けは高いのですが、評判のよい和食店があります。
今日のお店は「磯じまん」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-16-13 清水ビル 1F
電話番号:050-5872-9232
定休日:日曜・祭日

IMG_3390
お店の外観です。

IMG_3395

IMG_3394
店内の雰囲気です。

IMG_3391
メニューです。

今日のオーダー「天然ブリ大とろ照焼」@1,300円です。
店内は満席です。
10分くらい待たされて席に着きました。
このお店は何回も来ているのですが、ブログアップの週にこのお店よりナイスなお店があったので掲載見送りとなっていたのでした。

IMG_3396
待つこと14分「天然ブリ大とろ照焼」の到着です。
見た目、超美味しそうです。

IMG_3397
それでは実食です。
「天然ブリ大とろ照焼」は美味しいのは美味しいのですが、ブリそのものがあまりパンチはなく「今日のブリは脂がのっていて美味しいね」的な感動です。

IMG_3398
刺身は、上からカツオのたたき、天然のブリ、明太子です。
カツオのたたき、明太子にはサプライズはなかったのですが、やはり天然のブリは身に弾力があって美味しいですね。ブリは刺し身で食べた方が良かったのかもしません。
今日のところは「コスパ悪し」ではないかと思いました。

それでは(^_-)

九段 ボスボラスハサン

今日は「ドラレコ搭載」です。

この動画のような高速道路での悪質運転が問題になっています。このドライブレコーダーのおかげで、衆人環視の「天網恢恢疎にして漏らさず」状態になってきたのはご同慶の至りであります。
実際このようなあおり運転の被害に遭った場合には、被害者としては、あおり運転の被害を受けたという事実を証拠化しておくことが望ましいようです。
たとえば、運転する車にドライブレコーダーを搭載しておき、あおり運転を動画で残しておくのも一つの方法です。
ドライブレコーダーを前方にのみ搭載している方が多いですが、後方にも搭載しておきますと、後方からあおり運転をしようとする際に、カメラを加害者へ向けた形になりますから、加害者に対する一定の抑止力も出てくるかと思います。
加害者が執拗にあおり運転を続けてきて、身に危険が及んでいる場合には、同乗者に警察への通報を依頼しましょう。同乗者がいない場合は、窓やドアを開けず車外には出ないようにして、警察官がきてから話をするようにした方が賢明みたいです。
過去には、危険な追跡行為について、刑法上の暴行(刑法第208条)に該当すると認めた裁判例もありますのでドライブレコーダーは必須の時代となってきたみたいです。

b94bc333
個人的には、道を譲ってもらった際に1〜2秒点灯するのは「ありがとう」の合図を表す「サンキューハザード」、後続車に渋滞していることを早めに伝え、追突されるのを防ぐ「コンジェスチョンハザード」とか日本人の相手を思いやる気持ちは高速道路でも表れています。
さら〜に、今からそのスペースに停めますよという合図を後続車などにアピールするための「パーキングハザード」など見ていると、日本は本当に気配りの国だなと思います。
それにつけてもこの動画のDQN(非常識で知識や知能が乏しい者)ドライバーは一刻も早く排除されるべきでしょう。


シシド・カフカ feat. 横山剣 with CRAZY KEN BAND/羽田ブルース MV/Short Ver.



IMG_3361
今日は市ヶ谷に出没です。
今日のお店は候補店です。
hasann
今日のお店は新宿老舗のトルコ料理「ボスボラスハサン」市ヶ谷店さんです。

住所: 東京都千代田区九段南4-4-5 榊原ビル1F
電話:050-5869-2664
定休日:日曜日

IMG_3362
お店の外観です。

オーナー紹介です。
hasan
オーナーシェフのハサン・ウナルさんは1956年生まれ。
大人になったら「世界で認められる人になりたい」というのが子供のころからの夢でした。
幼少時代から人一倍人を喜ばせることが得意で、そして食べることがなによりも大好き!
そこで彼が選んだのは調理人の道でした。
14歳から、イスタンブールのレストランで見習いを始め、アンカラでピザ屋をオープン。
そしてその後、イスタンブールでレストランをオープン。
【中略】
2008年1月、市ヶ谷に2号店をオープン。続けて新宿に3号店もオープン。
創業以来の現地そのままの味をかたくなに守り続け、高い評価を得ることで、ゆるぎない基盤を築き上げたボスボラスハサンは、多くの人々を魅了してきました。
肩のこらない、気取らない「ボスボラスハサン」のトルコの味を誰にでも楽しんでもらうこと、それが彼の願いです。
これからも彼は、日本におけるトルコ料理の普及に日々邁進していきます。

IMG_3370
店内の雰囲気です。

IMG_3364
メニューです。

きょうのオーダー「D・ピデ(トルコのピザ)」@1,080円です。
店内は満席です。
市ヶ谷の人はトルコ料理が好きなのでしょうか。

IMG_3365
待つこと2分でサラダとトルコスープの到着です。
トルコスープはぬるめのトマト味のスープです。
なにか赤い色のぬるま湯を飲んでいるみたいで不思議な味わいです。
決して美味しくはありません。
サラダは特筆するものはありません。

IMG_3366
待つこと17分「D・ピデ(トルコのピザ)」の到着です。
見た目美味しそうです。
それでは実食です。
うん、これはミートパイですね。
美味しくもなく不味くもなく・・・
最後まで飽きずに食べられたのは高評価です。

IMG_3368
食後に異国情緒漂うチャイをいただきましたが、やはりこれも琥珀色のお茶レベルです。
どうやら私の舌はトルコ料理に合わないみたいです。

それでは(^_-)

続 市ヶ谷 らいむらいと

今日は「ダンディズム」です。
私たちの世代は、何の努力もしていないのに、運動ができる、勉強ができるというのがダンディズムでした。
要は持って生まれての才能で全てを処しているというものです。
私はそのような天賦の才能がないので、普段は遊びほうけたフリをしていましたが、試験の時なんかは真剣に勉強していました。
その度に、人生は地道にコツコツが大事なのではないかと思っていました。
私の大学に憧れたのは、まさに、そのダンディズムに満ち溢れた学生が集う学校だと思ったのです。
実際、入学してみたらそのような人がいっぱいました。
六本木のディスコで踊りに行って、踊り疲れたのでラウンジで飲んでいたら、隣に美形の外国人女性がいました。
言葉を聞いていたら英会話圏の女性ではなく、仏蘭西語で話していたので声掛けをあきらめていましたら、私の友人が、唐突に流暢な仏蘭西語で話かけ始めて日仏親善の仲介の労を取ったのであります。
彼の語学力ですが、英語は赤点だったと日ごろ聞いていましたのでこれには驚きました。
後で、この仏蘭西語の背景を聞きますと、中学まで父親の仕事の都合で仏蘭西にいたのだそうです。
彼以外にも、そのようなリターナーズは多かったのでした。
加えて、佐藤栄作元総理大臣の孫娘とか・・・
出自が貴族の家であったとかみたいな家柄が良い人は沢山いました。

top_img
勉強で申せば、石原裕次郎先輩は塾高時代、どうしようもない落第生だったのでその救済策で当時農業高校であった志木高校に編入させたとか聞き及んでいました。
在札時代に、私は小樽にあった裕次郎記念館には10回以上行っています。
そこで驚いたのは展示してあった裕次郎先輩の小学校の時の成績の良さです。
ほとんどがオール5でした。
昔はかなり優秀だったのですね。
作文なんかも見ましたが、小学生にしてはきちんとした文章を書いていました。

家柄が良いのは、親が立派だったので、本人には関係ないことではありますが、このようなセレブリティが醸し出す雰囲気には畏敬の念をもっていました。
とかとかですが、仏蘭西語のできる友人、家柄がよい人たちは、単に親が良かっただけですが、それに甘んじず一生懸命に勉強をしてきたのはすごいものです。
まして、仏蘭西語のできる友人は、この日の出来事がなければ、その隠れた才能は全く知りえませんでしたし、家柄の良さを広言する人なんかは、ほとんどいませんでした。
何かのきっかけでわかるようなものです。
やはり何かの時にその人の隠れた才能がわかるのには憧れます。
しか〜し、正直申してダンディズムの堅持は疲れます。
この間、部下の美形の女性と話していましたら、私は客観的に見て美人の部類に入ると人から言われますが・・・
私は私で、その評価を保つために、かなり化粧には時間をかけています。
こんなこと言うのも正直恥ずかしいのですが・・・
で〜も、本音で申せば、私のスッピンの顔見て、その後に化粧をパシッとして、それなりのコーデをした時に始めて決める時は決める人なのね、と言って欲しいのです。
さりとて、その為に、スッピンで会社にくる勇気もありません。
難しいですね、とこぼしていました。
私はこの発言には共感しました。
ダンディズムとはやせ我慢にさも似たり、とキメさせてもらいます。


衝撃のバブリーダンス 登美丘高校ダンス部



IMG_3282
今日は九段に出没です。
今日のお店は「旬菜ステーキ処 らいむらいと」さんです。
今日のお店は2年ぶりの再訪です。

住所: 東京都千代田区九段南3-4-8 パディホームズ一口坂 1F・B1F
電話:03-3230-2593
定休日:日曜・祝日

IMG_3281
お店の外観です。

IMG_3280

IMG_3273
店内の雰囲気です。

IMG_3270
メニューです。

今日のオーダー「特製ステーキ丼(牛ロース肉)100g」@1,280円です。

IMG_3271
座るいなやサラダの到着です。
出来合いですがまずまずの味です。

待つこと4分「特製ステーキ丼」の到着です。
見た目美味しそうです。
IMG_3277
それでは実食です。
ロース肉は甘酸っぱいタレを身にまとっての登場です。
味はまずまずです。
サイドディッシュのフライは作り置きですが、冷めても美味しいです。
可もなく不可もなしというランチです。

IMG_3279

IMG_3274
食後の珈琲を飲みながら厨房をじっと見ていました。
ここの名物のハンバーグは作り置きなのです。
注文が入ると、作り置きのハンバーグの上に大ぶりのチーズを二切れのせ、さら〜にその上に特製クリームソースをかけ回してからオーブンで焼いてできあがりです。
ちょっと興ざめですね。
それでもこのお店はハンバーグの名店ですから考え込んでしまいました。

それでは(^_-)

神田 マッコ

今日は「沈みゆく夕陽」です。
世界を席巻するようなヒット商品は姿を消し、韓国サムスン電子をはじめとするアジア勢に競争力で逆転を許した。
本業の「稼ぎ」を示す営業利益の過去最高はVHS型VTRが飛ぶように売れた1984年度の5757億円で、30年以上たった今も更新できないまま。「失われた20年」といわれた日本経済の縮図のような存在にも映る。
つまずきの石は何だったのか。
円高などの環境変化はあったにしても、それが根本の原因ではない。
2000年に社長に就任し、改革に辣腕を振るった中村邦夫相談役は「社長になる以前、米国に駐在していた時にマイクロソフトの『ウィンドウズ95』が発売された。
あの時の衝撃は忘れられない」という。
パナソニックにとって、会社の顔というべき商品は常にテレビだった。
リビングルームの中心にはテレビが座り、ビデオカメラなど他の家電もテレビとつながってはじめて機能を発揮する。
そんな「テレビが主役」のアナログ技術の黄金期は終わり、それとは異質のデジタル技術が世界を引っ張る。
「ウィンドウズ95」を搭載したパソコンや普及し始めたばかりのインターネットに接して、中村氏はこう直感したという。
だが、大阪の本社はのんびりしたもの。
国内のライバルとの内向きの競争ばかりに気を取られ、外部の変化への感度は鈍かった。
加えて単品家電の世界で腕を磨いてきたパナソニックにデジタル技術やネットワーク技術の蓄積は浅く、「米国のIT(情報技術)大手とまともに戦える能力は正直なかった」と中村氏は振り返る。

yjimage
ソニーの出井伸之社長が「インターネットは隕石(いんせき)」説を唱えたのもこのころだ。
地球上を我が物顔でのし歩いた恐竜が巨大隕石の衝突による気候変動で死滅したように、ネットという新たな環境に適応できない企業は衰退する。
そんな警鐘は残念ながら的中し、一時は世界に覇を唱えた日本のエレクトロニクス産業の競争力は後退した。
その後、携帯音楽プレーヤーやスマートフォン、そして今注目を集めるAIスピーカーなど21世紀のヒット商品はいずれもデジタル技術やネット接続がキモであり、日本勢の存在感は希薄なままだ。
製品ばかりではなく、部品ビジネスにも影響は及んだ。
日の丸半導体はテレビやVTRなど日本の家電が元気だったころに大きく伸びたが、パソコン時代の到来で米インテルなどに主導権を譲り渡した。
既存の産業秩序を根底から覆す――そんな技術革新をハーバード大のクリステンセン教授は「ディスラプティブ・イノベーション」と名付けたが、インターネットこそ近年最大の破壊的革新であり、日本の電機産業は「破壊する側」ではなく「破壊される側」の役割に甘んじた。
経営コンサルタントでパナソニックの社外取締役を務める冨山和彦氏は「日本の電機産業は今ようやく“敗戦”を認めた段階」という。三洋電機がなくなり、シャープが台湾資本の傘下に入り、東芝の事実上の解体が進む。
来年創業100周年を迎えるパナソニックもテレビなどは縮小し、自動車用の2次電池などの新分野に注力する。
次の1世紀を支えるに足る「ポスト家電」時代の事業モデルを構築できるか。挑戦は続く。
日本経済新聞「覇者・松下の失速 変化への感度鈍く IT勢の後塵、次の柱なお模索 昭和から平成へ」より転載

2夕やけ
この記事に記されているように日本の経済を取り巻く環境が厳しくなってきています。
あたかも沈みゆく夕陽のようです。
この背景は間違いなく「新たなパラダイムへの対応遅れ」であります。
ソニーの出井伸之社長が「インターネットは隕石(いんせき)」説を唱えたのもこのころだ。
地球上を我が物顔でのし歩いた恐竜が巨大隕石の衝突による気候変動で死滅したように、ネットという新たな環境に適応できない企業は衰退する、というくだりは改めてそのインパクトの大きさを知りました。
さら〜に、経営コンサルタントでパナソニックの社外取締役を務める冨山和彦氏は「日本の電機産業は今ようやく“敗戦”を認めた段階」という、くだりも衝撃を受けました。
これは多分に日経新聞の印象誘導もありますが、正直申して、寂しい限りであります。
これにさらに追い打ちをかけたのはかの天下無双の「アルファ碁」が、米国のグーグル系企業が開発したAIになななんと100回やって全敗したというニュースです。
このグーグルAIのすごいのは、定石はいっさい習わず、AIとの対戦のみを繰り返し、わずか3日で身につけた能力だそうです。
AIは人知が及ばない世界に来てしまったようです。
どうなのでしょう、メディアで喧伝されていた、人間とITとのすみ分けの時代は、想像しているより早いかもしれません。ここで悲観してもどうしようもありません。
やっとのこと頼るべき友人が現れたとした方が良いのかもしれません。


ハンセン全日本初登場でキレる馬場さん




IMG_3076
今日は神田に出没です。
今日のお店は行列のイタ飯屋さんです。
今日のお店は「マッコ (Macco)」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-16-12 青木ビル 1F
電話:03-3518-9662
定休日: 日曜日・祝日

IMG_3080

IMG_3079
お店の外観です。

IMG_3251

IMG_3248
店内の雰囲気です。

IMG_3242
メニューです。

きょうのオーダー「 パスタランチ(青のりしらすのオイルソースゆずこしょう風味」@1,030円です。
それにしても人気店です。
行列に並んでいる人の話では、早い人は11時半から並んでいるとか、驚きますすね。

IMG_3243

IMG_3244

IMG_3245
待つこと1分で「ポップオーバー 」の到着です。
私はこのパンが好きなのです。
固めの生クリームの上にメープルシロップをかけ回すと口福の神様が降臨します。
これは美味しいです、

IMG_3246

IMG_3247
時間差で「サラダ」の到着です。
この「サラダ」は作り置きです。
従いまして、期待のできない味なのですが、このドレッシングは塩分が強いですね。
これは好き好きですが、私の好みではありません。

IMG_3249

IMG_3250
サラダを食べた後手持ち無沙汰でしたのでまた「ポップオーバー」をいただきました。
このパンは本当に美味しいです。
正直これだけでいいです。

IMG_3253
待つこと12分で「青のりしらすのオイルソースゆずこしょう風味パスタ」の到着です。
しらすに睨まれているような感じがします。

IMG_3254
まあ気にせず実食です。
これはゆずこしょうが全体を仕切っています。
ちょっと辛いですが、塩味のソースの中で「得も言えぬ」味わいなっています。
もちもちした太麺の生パスタがこのソースをしっかりと受けとめています。
美味しいです。
ここのパスタはすごく美味しいというわけではありませんが及第点です。
しか〜し、その及第点を満点にするのがポップオーバーです。
是非お試しあれです。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 8th

今日は「貴方の嘘が分るのよ♪」です。
私の部門にはベテランの女性もいます。この中で、頭のネジが2〜3本抜けている女史がおりまして、とある飲み会でそのネジ抜け女史が私の眼の前に座りました。
この女史は酒癖があまりよろしくありません。
加えて大言壮語を吐くのですが、ほとんどが自慢話です。
それもご主人の一族が名家みたいで酔うと必ずご主人の家の自慢話になります。
個人的には、嫁いだ先が名家だったというだけで、それ以上それ以下でもないわけなのであり、必要以上に拡散されますと鼻白んできます。

605868_show
今回も似たような自慢話でした。
ご主人の実家は、名前を聞けば誰でも知っている老舗の天麩羅屋です。
その歴史は古くて、創業は慶應2年との事です。
ちなみにご主人は次男坊で、実家の仕事は手伝わず、倉庫会社で営業をやっています。
彼女の話によりますと、ご主人の母親即ち彼女の義母は、ご主人が亡くなってその息子(長男)に代が変わっても、依然おおいなる権勢を誇っているとの事でして、たまにお店に行きますと相も変わらず睨みを利かせているとの事でした。私はまたかよ、と言う感じで聞いていました。
ここまではよくある話ですが、酔っている人間の自慢話は本当に噴飯物であります。
まして、聞いている私は100%しらふなのですから。

ある時、お客様と会食するにあたり、そのお客様は下町の風情を楽しみながら、老舗天麩羅屋で食事をしたいという希望を言われたので設営の準備を始めました。
個人的には、彼女の実家での会食は夢想だにしなかったのですが、為念、彼女のご主人の実家のHPも見ました。
すると驚くべき事実が判明したのです。
まずご主人の苗字と、事業を継承している老舗天麩羅屋の社長との苗字が一致していません。
要は兄弟なのに長男、次男の苗字が違うのです。
どういう事なのでしょう。
彼女のご主人は、彼女の家に養子に来たわけでもありあませんので苗字は不変です。
それでは創業家が養子をもらうのかと申せば、次男がいますのでそのような珍事はあり得るわけもありません。
そこで悩んだ私は、その老舗天麩羅屋さんの会社名と彼女のご主人の苗字とでググってみましたら、ある項目にヒットしました。
そのサイトとはその老舗天麩羅屋さんの、採用担当の方の苗字が、彼女のご主人の苗字と同じだったのです。
頭の中に?マークでいっぱいになりました。
整理してみますと、彼女のご主人の兄は、老舗天麩羅屋の跡取りではなく、老舗天麩羅屋には採用担当して働いているという事は、このお店の関係者だと思われます。
そこから敷衍できるのは彼女のご主人の母親は、老舗天麩羅屋に嫁いだ方の妹で、何らかの形でその祖業の仕事にかかわっていたというのが正しいのではないかと思います。
そしてその息子はそのご縁でその老舗天麩羅屋で働いているとしたら、全ての辻褄が合ってきます。
ご主人の現在の年齢から演繹しますと、その母親の御年は少なくても85歳超えです。
そんな高齢の方が今でもお店で目を光らせているとすれば、それは化け猫に他なりません(笑)
この仮説が正しいかどうかは分りませんが、かなりトリッキーな名門伝説です。
もしそうであれば、かなりの印象誘導ですよね。
そこまでして、夫の家を自慢したいのでしょうか。
理解に苦しみます・・・


中条きよし うそ



IMG_3103
今日は神田に出没です。
今日のお店は、私のお気に入りの「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_3105
お店の外観です。

IMG_3108
店内の雰囲気です。

IMG_3106
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、鯛茶漬け、鴨ロース煮、卯の花のトリュフ煮、茄子・青菜浸し、牛蒡胡麻酢和え、チーズカステラ玉子、里芋粉かつお、漬物です。
最近、このお店でランチをいただくのは至難の業となってきました。
どうやら限定数が30食であることが分りました。
仕方ないですよね、二人で仕込みをやっているのですから。

IMG_3110
待つこと13分で「日替わり定食」の到着です。
見た目「The和」であります。

IMG_3112
まずは鯛茶漬けを頂きました。
鯛美味しです。
想像を超えた鯛の身の弾力にノックアウトされました。
さらに味噌出汁がこれまた美味しです。
鯛は味噌出汁の中で泳いでも美味しいのですね・・・

IMG_3111
副菜も美味しいです。
鴨ロース煮はもっと沢山食べたい感ありです。
この鴨ロース煮は類を見ない美味しさです。
里芋粉かつおの里芋は、粉かつおをコーティングしますと別な味わいに変じます。
これは香りでいただきます。
卯の花のトリュフ煮は、洋風ですが和の食べ物みたいな変幻自在の味です。
チーズカステラ玉子も纏めて食べたいですね。
このお店のご主人はチーズを使った和テーストが匠であります。
全て大変美味しゅうございました。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

丸の内 ダ・ボッチャーノ 4th

今日は「おらは死んじまっただ♪ Vol.4」です。
37c854506e465e5b0435679a550c4770--shocked-cat-teacher
救出劇の始まりです。
彼女の方に向かって泳いでいくと、目の前の川原に三毛猫が大きなアクビをして、私の救出劇をあざ笑っていました。笑いやがったな、万が一死んだら化けて出てやるぞ、と目で怒鳴ったら、意が通じたのかビビった顔に変わっていました。
彼女の救出劇は予定通りに進んだのですが、何かの拍子に私のネクタイが彼女の手に絡んでしましいました。
これが所謂命取りです。
私と彼女はネクタイで結ばれたままそのまま川底に沈み、二度と浮かばず、そのまま天国に直行したのでした。
合掌・・・

橋の上でも事件が起きていました。
この顛末の一部始終を見ていたC男です。
本来なら、私が飛び込んだ後、すぐにでも飛び込めば何とかなったのでしょうが、下手に関わると私に怒られると思ったのでしょうか、何もしなかったのです。
さすがこれはマズいと思い、偽装工作を始めたのでした。

IMG_4720
C男はこの事件を心中にしようと企んだのです。
2人の靴と所持品をきちんと揃え、彼女の落とした携帯のラインが使える状態であることに目をつけ、グループラインに、先立つ不孝をお許しください、とうってからその場を立ち去ったのでした。
完璧なる偽装工作の完成です。
これでお分かりのように、私の怨念は川原にいた三毛猫に乗り移っていたのでした。
そして私はその猫に憑依して我が家にやって来たのです。
当日のことを完璧に思い出した私は怒りに任せて、通夜に来ていたC男に何度も、何度も襲いかかったのです。
この度重なる執拗な攻撃に根をあげ、最後にC男は観念したのでしょう。
泣崩れながら、2人を心中に見せかけたのは私です。
悪気はなかったのです。
どうぞ許してください、と大泣きしながら皆に詫びたのです。
通夜会場にいた参列者は、そうだったのか・・・
▲▲が心中なんかするわけないからな、と笑いながら納得していました。
私は、ハナからそんな事あるわけないじゃん、とうそぶいておりました。
そして、この顛末の一部始終を間近で見ていた奥様が小さくガッツポーズをするのを私は見逃しませんでした。

187ca1773f13d8b12a1df0291025a229
そうか、奥様は独身になったんだ。
邪魔はしないから、いい人ができたら再婚していいよ、と言う意味を込めてニャーと叫ぶと、奥様は、どうやらこの猫お腹空いているんだわ、と言って私を抱き上げ、今日からこのニャンコを旦那替わりにしましょうか、と笑いながら私に頬ずりをし始めたのです。
私はこの頬ずりに赤面したのですが、果たして猫って赤面するものなのでしょうか・・・

おしまい。


PPAPで引っ張りだこ ピコ太郎さん、この1年を語る。



IMG_2878

IMG_2880
今日は丸の内に出没です。
久々にJPタワーにやってきました。

IMG_2890

IMG_3025

IMG_2882

IMG_2883

IMG_2887

IMG_2889

IMG_3023

IMG_3024
行った日に、偶然にも「香港ミニュチュア展」をやっていました。
香港の職人さんの匠の技に魅了されました。
スゴイですね。

IMG_2891
JPタワーといえばこのお店です。
今日のお店は「ダ・ボッチャーノ KITTE丸の内 (DA BOCCIANO!)」さんです。

住所: 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 5F
電話:03-3217-2013
定休日:不定休

IMG_2893
お店の外観です。

IMG_2896

IMG_2897
店内の雰囲気です。

IMG_2894
メニューです。

きょうのオーダー「マルゲリータ」@1,722円です。
今日は混んでいません。
ちなみに「ダ・ボッチャーノ」という店名は愛媛出身のオーナーが1号店を松山に出店したことから、夏目漱石の代表作である「坊っちゃん」からつけられたそうです。
即ち「坊っちゃん」→「ボッチャ」→「ボッチャーノ」だとオーナーご自身が説明されていました。

IMG_2898
テーブルセットです。

IMG_2899
待つこと9分でお水がきました。
お水が出るのに10分切るとはあら珍しい(笑)

IMG_2900
待つこと10分で「マルゲリータ」の到着です。
見た目美味しそうです。

IMG_2901
それでは実食です。
コルニチョーネ(pizzaの縁)は美味しいです。
しか〜し、ピッツアそのものは何のサプライズもありません。
オイルが多いような気がしますが、それよりもモッツアレラに力強さがないのですね。
これで約2,000円ですか。
損した気分になりました。
こんな日もあります。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 7th

今日は「スライドアウト」です。
無題
最近、若い人と話をしていてコミュニケーションが取れない事がよくあります。
今の若い人は「テーマ→結論→理由が基本」という話し方ができないのですね。
自分の頭に浮かんだ優先度で話しますので、どんどん話がずれていって、最後の方になって、私の方から、結局、何が言いたいんだね、と言われて、ハッとなって、軌道修正する人が多いのです。
例えば「ABC案件の報告です。結論から言うと・・・」といった言葉があれば相手は聞く準備もできるのです。
これは話し始めのフレーズとして毎回使えるようにてもらいたいものですというか指導しています。
要は、時間をかけて丁寧に説明すれば理解してもらえると本人は考えているみたいですが、実は逆なのです。
必要な情報と不要な情報が混在し、何を言いたいのかが不明確になっているのが実態であると敢えて言わせていただきます。
伝え方にも工夫が必要です。
初めに「要点は3つです」「理由は4点あります」など、数を挙げると聞き手の注目度も高まり理解もスムーズになるというものです。
ここら辺りは自らの努力で修正できるからよいのですが、たちの悪いのが問題を起こして謝る時に、多分にプライドが高いのでしょうか、スライドアウト(相手の質問を無視して回答をする)を駆使して謝罪を正当化する面々です。
これは若い人に限ったものではありません。
ベテランのアシスタントにもいいます。
共通しているのは、皆すみませんが言えないのです。
このような面々と話すときはメモをしながら話しています。
たいがいホップ、スッテプ、ジャンプと三つ目に思いきりスライドアウトが来るので、その時点でズレを指摘しています。するとその場では謝りますが、喉元過ぎれば熱さを忘れる、でこの人たちは又スライドアウトして逃げます。
そうは言いながら、聞いていると何が原因でミスが起きたかが、分ってくるのである程度の時に、聞きながらメモしていたら内容を図で整理して、要はここでミスがおきて、これからの改善点はこれです、と言ってキメだしします。
ここまでキメらめると観念して謝るのですが、それでもその後に、忙しい時はそこまで気が回らないのはあたりまえです、と必ず他罰・他責的なターンオーバーで終わるのが常です。
そこまでして謝りたくないのでしょうか。
この人たちはほとんど病気です(笑)
ちなみにスライドアウトとは話が行き詰った時に、考え方をアッパーに広げる手法で、謝罪逃れの為の手法ではありません。


プロバスケットCMがヤバイ!



IMG_2770

IMG_2771
今日は神田に出没です。
今日のお店は、私のお気に入りの「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_2773
お店の外観です。

IMG_2775
店内の雰囲気です。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、まぐろ青さ山かけ丼香味野菜、煮しめ(高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸)、モッツアレラ茶わん蒸し、漬物、味噌汁です。
今日は12時前にランチは売り切れでした。
このお店には早めに着いたので昼食難民にはならずにすみました。
IMG_2777
待つこと9分で「日替わり定食」の到着です。
赤色と緑色と黄色ではまさに信号機でありますが美味しそうです。
それでは実食です。

IMG_2778
まぐろ青さ山かけ丼香味野菜は香りが高く芳醇な香りが立ち込めています・
食べると、山葵が良い働きをして味をしめています。
ケレンミのない丼です。

IMG_2779
煮しめ(高野豆腐、肉つみれ、人参、椎茸)は鐵板の味わいです。
毎回、鐵板の味にするのも大変だとは思いますが、那辺は匠の技なのでしょう。

IMG_2780
モッツアレラ茶わん蒸しは美味しかったのですが、真ん中あたりでチーズが固まりで出現してきました。
ちょっと興ざめであります。
それでもまぐろ青さ山かけ丼が高評価でしたので全体を俯瞰して申せば満足の定食でした。
大変美味しゅうございました。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

続 御茶ノ水 きよし

今日は「ビバフランス」です。
2016-08-15-14_09_17
全世界で最も来訪外国人観光客が多い国はフランスだと周知の事実ですが、昨年より「訪日外国人観光客の増加」+「東京オリンピック・パラリンピックの開催決定」によって日本でもインバウンド(訪日外国人観光客)という言葉が世に浸透してきました。
日本のインバウンドマーケティングはまだまだ黎明期といった状況で、インバウンド大国フランスから学ぶべき点はたくさんあるかと思います。
本記事ではフランスがなぜインバウンド大国と言われるまで成長したのか簡単に説明していきます。
1.観光地が集約しており観光客にとって便利
それではどうしてこんなにフランスへの観光客が多いのでしょうか?
その一つは、観光スポットが多い上に、場所が集中していることです。
パリは直径10kmほどの小さな街なのでその中で動き回れるのは観光客にとって非常に便利です。
2.出張者が多くビジネスとしての来仏も多い
そして、もう一つは観光客だけでなくビジネス出張者も含まれるということが挙げられます
国の政策の一つとしてイベントや見本市でビジネス出張者を誘致するといった事も行われています。
世界的に有名なイベントとしては”パリコレ”があげられます。
他ではカンヌ映画祭、モナコグランプリ、全仏オープンテニスも人気が高く、見本市だと車、オブジェ、食関係はもちろんのこと、メガネ、建築などあらゆるジャンルの見本市がフランスには存在します。
他にもそのようなイベントや見本市を求めて渡仏するビジネス出張者の割合は観光客数の約4割を占めるそうです。
特にビジネス関係のパリ出張は一つのステータスでもあり楽しみでもあるかのように毎回出張を楽しみにしている人も多く、ホテルやレストラン代、サンプル購入などは経費で落とせるので、お金を落としやすいカラクリになっているのも注目すべきポイントです。
3.官民一体となりパリ市内の交通機関をしっかり整備
日本の(特に東京都内)交通機関は入り組んでおり、バス、電車、タクシーと会社も多ければ線も多いので、外国人にとっては非常に迷いやすく、日本人でも分からなくなる事が多々あります。
パリの移動手段はいっぱいあります。
・メトロ
・バス
・トラム
・レンタルサイクル
・巡回バス
・バトーバス(船)
パリの路上では、グレーの自転車をよく見かけます。
これは、Velib(ヴェリブ)というレンタサイクルで、2007年7月よりパリ市が運営を始め、街中のところどころにパーキングがあり、一度登録をすればどこからでも借りられ、どこへ返してもよいことになっています。
また30分以内の利用なら無料で、1日に何度でも借りることができます。
このようにして官民一体となり、インバウンド対策を行っているのもフランスの特徴です。
arrange「フランスに学ぼう!インバウンド対策」より転載

3337793i
長男は既に仏蘭西には行っており、その訪仏時の仏蘭西の印象はかなり良かったみたいです。
それに反して、フランスパンって食べ物に偽装した武器の一種として考案されたんじゃないかという説もあり、そんなものを主食にしている人が住んでいる国なんて、私はなんとも恐ろしいところだなぁという擦り込みがあるのです。
加えて英語が通じるのはパリ市とその近郊みたいで、ローカルに行くと仏蘭西語ができないとdiscommunicationになるとか、これまた言葉の問題があるみたいです。
私がよく話すカナダ人は当然のことながら仏蘭西語も話すのですが、一回打合せで仏蘭西人と当たり前ですが仏蘭西語で会話したそうです。
すると、途中から、お前の仏蘭西語かなりおかしい、と冷笑されたそうです。
カナダ人も仏蘭西語は母国語なのでちょっとムッとしたみたいですが、確かに随所にカナディアンアクセントがあり致し方ないなあ、と反論しなかったみたいです。
事程左様にステレオタイプの擦り込みですが、仏蘭西は嫌いです、ハイ。


クレージーキャッツ タモリ



IMG_2759

IMG_2761
今日は御茶ノ水に出没です。
今日は明治大学ワンゲル御用達のナイスなお店にいきました。
今日のお店は「きよし」さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-20
電話:03-3291-7451
定休日:不明

IMG_2762
お店の外観です。

IMG_2765
店内の雰囲気です。

IMG_2764
メニューです。

今日のオーダー「鮭かま塩焼き」@1,100円です。
相も変わらず店内は満席です。
そうでしょう、ここの鮭を食べたら虜になりますものね。
IMG_2767

IMG_2768
待つこと15分で「鮭かま塩焼き」の到着です。

IMG_2769
このままですと美味しさが分らないのでひっくり返してみます。
この身を見たら唾がこみ上げてきました。
それでは実食です。
鮭はオーストラリア産です。
ほっこりとほかほかに焼き上がっています。
身に弾力があります。
特筆するのは大将の絶妙な塩加減です。
その神業のような塩加減で最後まで飽きなくいただけます。
特に身と皮の間の脂身が・・・
特に鮭は隅っこの脂身が美味しいでしょう。
本当に猫になった気分でムシャムシャと頂きました。
完璧にかまの美味しさにノックアウトされました。
大変美味しゅうございました。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

続 神田小川町 武膳

今日は「個人的最高走」です。
IMG_2660
私はマラソンが趣味です。
5kmに限って申せば、19分台で走った事は3回ありますが、このような公式なエビデンスがあるのは第19回ねりま光が丘ロードレース大会のみです。
このレースは生まれて始めての10位入賞ができるかどうかの好機でした。
周回コースを4周(4km)廻った時点で、応援していたマラソンクラブの先輩たちから、ガンバ!あと独り抜けば10位入賞だよ、と言われてその気になり、目の前を走るゼッケン11番を追っていたのでした。
ラスト500M辺りで横に並んだのですが、ゼッケン11番はまだ足が残っていてラスト100Mでスパートをして、私をだいぶ離してゴールしました。
念願の入賞は叶いませんでした。
すごくがっかりしました。
あと少し死ぬ気で頑張ればなんとかなったのではないか、水補給しておけば自分も足が残っていたのではないか、挙げ句の果ては、所詮レベルが違うんだよ、と受動性攻撃で自らを正当化していました。
最近思います。
人生の価値を決めるメジャーメント(物差し)は、このような「何かを受け取った」のではなくて、自分のベストアクティビティ(最善の活動)、ベストビヘィビア(最善の行動)を出し惜しみしないことであり、結果は副産物ではないかと・・・
これってビジネスにも通じる事です。
どれだけ誇りに思える仕事を積み上げていけるか、どれだけ未来に収穫するための種を蒔くことができるか、そのためには、明日が来ることを頼りにせず、一日一日を不撓不屈に働くことです。
たしかイギリスの政治家であるウィンストン・チャーチルは、成功は決定打ではなく、失敗は致命傷ではない、重要なのは続ける勇気だ、と言っていました。
頑張りましょう、自分の信じる未来の為に!


Sky's The Limit sings "Only Human" TOP 9 LIVE SHOW


IMG_2622
今日は小川町に出没です。
今日のお店は「武膳」神田小川町本店さんです。

住所: 東京都千代田区神田小川町3-11-2 インペリアル御茶ノ水B 102
電話:03-5283-6226
定休日:日曜・祝日

IMG_2621
お店の外観です。

IMG_2617
店内の雰囲気です。

IMG_2612
メニューです。

今日のオーダー「坦坦うどん」@920円です。
前回、ここの「ごぼう天うどん」を食べて感動したのでそれの再現を願ったのです。
IMG_2618
待つこと9分で「坦坦うどん」の到着です。
見た目ジャンクな相貌をしています。

IMG_2619
それでは実食です。
だし汁はクリームベースに旨辛の練り胡麻を合わせたものです。
それに甘辛の牛肉をトッピングしたものです。

IMG_2620
うどんは細いながらもしっかりとコシのある麺だったはずですが、今日はどれ程のコシは感じられませんでした。

IMG_2616
甘さを感じたので三種類の唐辛子を均等に振りかけましたら、今度は味が締まりすぎて、正しく申せば、口内火事になりました。
味ですか、これは好き好きです。
個人的には、作り手のネライがわかりません。
もしかしましたら中庸をねらいすぎたのでコンセプトがぼやけたのでしょう。
不味くはありませんが残念なうどんでした。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 6th

今日は「誠の花」です。
世阿弥
能楽の聖典とされる世阿弥の「風姿花伝」の一節です。
ここでいう「時分の花」とは年齢とともに表れ、盛りが過ぎると散ってしまう花です。
これに対して「誠の花」は稽古と工夫によって初めて咲く花のことです。
10代は10代の花が咲き
20代は20代の花が咲き
30代は最後の花が咲きそして散る・・・・。
ここまでは時の勢いで誰もが咲く花です。
花の色はうつりにけりな いたずらに 我が身世にふる ながめせしまに 小野小町     
ここからが新たなる旅立ちです。
もう自然には花が咲かないのですから老いが始まります。
40才からは時分の花は枯れているのでそれこそ自分の花を咲かせて行かなくてはいけません。
それが出来る人と醜く老いていくだけの人との境目になります。

ところで「世界いや日本でもよいです。一番価値の高い土地はどこですか」と尋ねましたら皆さんはどのように答えますか。世界なら南アフリカの金鉱、日本なら銀座かな、ですか。
いずれも違います。
この世で一番価値の高い土地は墓場なのです。
墓場には、書こうとして書けなかった小説、立ち上げようとして立ち上げられなかったビジネス、和解しようと和解できなかった人間関係、それ以外にも人が「明日にはやろう」と思った事が埋まっているからです。
明日とは、突然来なくなってしまう刹那的な日なのです。
この裏返しは、もっと努力すべきだった、と後悔しながら亡くなる人が如何に多いかを物語っています。
今夜床につく自分が、それっきり二度と目覚めないとしたら、自分の中にある思いのたけはすべて出し尽くして死んでいきたいと思いませんか。
しか〜し、そんな死は偶然には訪れません。
ただ流されるのではなく、喜びを胸に目標を追いかけていくのはどのようにしたらよいか・・・
今からでも遅くありません考えてみませんか。

Life is half spent before we know what it is.
人生とは何かが分かる頃には、人生の半分は過ぎてしまっているものだ。
George Herbert(ジョージ・ハーバート)


電子レンジでチンしてもお皿が熱くならない方法!


今日は神田に出没です。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_2700
お店の外観です。

IMG_2701
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、さわら・賀茂茄子香味焼き、お刺身2点盛り、嶺岡豆腐、海苔なめ茸ご飯、漬物、味噌汁です。
今日は珍しく空席があります。

IMG_2696
待つこと6分で「日替わり定食」の到着です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_2698
さわら・賀茂茄子香味焼きから頂きます。
うん、さわら美味しです。
賀茂茄子も甘みがあって美味しいです。
那辺は鐵板の味です。
ブレがありません。

IMG_2699
お刺身はタコ・ハマチです。
ここらへんは普通の味です。

IMG_2697
今日の目玉はやはり「海苔なめ茸ご飯」でしょう。
絵的にはよくないのですがあに図らんや美味しいのです。
海苔となめ茸合うのですね。
このようなサプライズはうれしいです。
大満足なランチでした。

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 5th

今日は「テレビなど見ている暇などありません」です。
「キリンはビールを不味くしている」「だからアサヒに勝てないんだ」。そんな批判がネット上に広がった。
かつては販売量で圧倒的首位を独走したキリンビールだが、1990年代になってアサヒビールに抜かれ万年2位に甘んじている。
首位を奪還すべく活動する営業マンのドキュメンタリーがテレビ放送されたのだが、そのシーンの中に、居酒屋内でビールを目の前に先輩からパワハラ紛いの叱責を受け、涙を流す一人の社員の姿があったため、「ビールのイメージが悪くなった」というのだ。

■「お前、どれだけやっとんねん。やれや!できるやろ!! 」
DF8ltlzUMAAiwNt
キリンビールが批判を受けているのは2017年9月5日放送の経済ドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(テレビ東京系)。副題は「なぜ勝てない?万年2位…キリンの苦悩」だった。
番組では関西のビールシェアはアサヒビールの「スーパードライ」が44%と圧倒的で、キリンの「一番搾り」は15%と紹介し、キリンは全社を挙げて関西での販売拡大に邁進していると紹介した。
スーパーマーケット担当の営業マンが集まった17年8月21日の近畿統括本部会議室での会議の様子を撮影し、一人の男性担当者に「2倍売るにはどうするんだ!」などと迫るシーンもあった。
この迫られた担当者が今回の「主役」で、会議の終わった夜、「本当の会議が始まる」というナレーションとともに「主役」を含む営業担当者数人が居酒屋に入って行く。
営業マンたちが入った居酒屋の座敷には「秋味」といった、キリンのビール系商品のポスターが何枚も張られていた。それぞれの目の前にはキリンのものだろうと思われるビールのジョッキが置かれ、それを飲んでいるうちに、先輩のパワハラまがいの説教が始まる。
エリート街道を歩んでいるという「主役」に対し、「お前、今のまま上に上がられたら下の子が付いてこないでしょ。
俺できない、知らない、やだ、そんな奴にリーダーやってほしくない。
お前、どれだけやっとんねん。やってないねん。やれや!できるやろ!!」
などと強い口調で迫った。そしてその「主役」は居酒屋の座敷で涙を流し、その涙は流れ続けた。
「麒麟一番搾りだろ、部下を搾ってどうすんだよ」
番組の意図としては、情熱を持った若手社員たちがビールのシェアを伸ばそうと熱い議論を戦わせ、感動の涙を流す、そんなシーンが欲しかったのかもしれないが、これによってキリンに対する激しい反発が起きることになってしまった。
とにかく「ビールが不味くなる」というもので、
「こんな飲み会してるからキリンはアサヒに勝てんのや」
「麒麟一番搾りだろ、部下を搾ってどうすんだよ」
「ビール会社がビールを不味くするとか、本末転倒過ぎて そりゃ勝てませんわって感じですわw」
「飲み会は楽しい場ではありません、と見せつけたらいかんでしょ」
などといったことがツイッターや掲示板に書き込まれ、キリンだけでなくビール自体がこういうシーンを見せられると気持ち悪く感じてしまう、と大騒ぎになった。
キリンは今回の事態をどう判断しているのか。J-CASTニュースが9月7日に同社広報に話を聞いたところ、この番組を見たという人たちから「お客様センター」へ様々な意見が寄せられているということを明かした。
今後の対応について同社広報は、「日々いろんな意見を頂いておりますが、今回についても弊社の今後の取り組みの参考にさせて頂きたいと思っております」ということだった。
「キリンビール社員の飲み会映像に激しい反発 『だからアサヒに勝てない』とネットで非難轟轟」YAHOOニュースより転載

これって東京テレビのプロデューサーの演出でしょう。
要は東テレさんが欲しい絵が取れたので流したのです。
間接的なヤラせと言い換えてもよろしいかと思います。
東テレだって日経新聞が31.46%の株を持つ日経の関連会社ではありませんか。
視聴率重視のような適当な会社ではないはずです。
個人的にはこのような価値観の押しつけほど嫌なものはありません。
そもそも、コミュニケーションは退社後ではなく、労働時間内にやるべきです。
今の若い人は自己投資等退社後にやらなければならないことがある人はたくさんいるのです。
それを酒じゃないとコミュニケーション取れないとか、勢いでなんとかしようみたいなものは、高度経済成長期時代の遺物でしかありません。
そもそもこのようなレガシィで視聴率が取れると考えている東テレとか、このようなニュースを流すメディアとかが噴飯物なのであります。

9f72fffa
私が尊敬する伊藤忠商事社長の岡藤正広さんは、仕事が速い人の3つの共通点として
1.最も重要なものから手をつける
2.その日の仕事はその日のうちに
3.週末は翌週の「予習」を
を挙げています。
オフだからと仕事をすべて忘れるのではなく、次の戦略や会議のことを思案することでいつもとは違う発想が浮かぶはず。やりたいアイデアが出てきて、休み明けはやる気満々で出社できる、としています。

1709view019
月曜日の仕事はアイドリングから始めてはなりません。
最低でもロウギアからスタートできるようにしておきませんといい仕事はできません。
日々、ベストワークができるかどうかは、闘う場所を正しく選択できるかどうかにかかっているのです。
他人に見せるための戦いではなく、小さいかもしれないが、それが真の目的に向かう努力を重ねるべきなのです。
このようなくだらないテレビなどを見ている暇などないのです。

Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.
一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である。
Albert Einstein(アルバート・アインシュタイン)


海のゴミを吸い込む 魔法のバケツ


IMG_2467
今日は小糠雨降る神田に出没です。
今日のお店はお気に入り店です。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_2468
お店の外観です。

IMG_2471
店内の雰囲気です。

IMG_2470
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、かつお炙り、とうもろこし茶わん蒸し、煮しめ(高野豆腐、里芋、人参、椎茸)、枝豆、切り干し大根、木耳、炊き込み飯、漬物、味噌汁です。
IMG_2472
待つこと6分で「日替わり定食」の到着です。
見た目、大人のお子様ランチです。

IMG_2475
まずはかつお炙りです。
鮮烈な美味しいです。
本場高知で食べたのと比べると力負けしていますが、東京でこれだけおいしいカツオの炙りを供することころはないでしょう。これだけで大満足です。

IMG_2473
枝豆、切り干し大根、木耳、炊き込み飯です。
枝豆がほっこり炊けています。
木耳のアクセントが高評価です。

IMG_2476
煮しめ(高野豆腐、里芋、人参、椎茸)です。
今日は甘めの味付けです。
個人的には好きな味わいではありません。

IMG_2477
とうもろこし茶わん蒸しです。
トウモロコシの甘さが椀にはんなりと溢れています。
これは美味しい、美味しすぎます。
大満足なランチでした。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

小川町 野らぼー リターンズ

今日は「今すぐやるコツ」です。
AdobeStock_66882118-640x336
習慣化コンサルタント古川武士様によりますと今すぐやるコツは「朝令暮改」「仕掛かり中」だそうです。
そこで古川様のご高説のessentialなところをご紹介しますのでご参考にしてください。

1.朝令暮改OK
「◯◯したい」。そう思ったら、とりあえず動く。初手を指す。ここがポイントです。
しかし、その初手が間違っていたら・・・と、二の足を踏む人が多い。
そこで、今、仮にスタートしたとして、途中で違和感を覚えた時には方針を転換する。
「一度決めたら変更してはいけない」とこだわるのではなく、柔軟に対応する。
臨機応変に朝令暮改してよし、とするのです。
そうやって「あくまで仮の決定や行動」とすれば、踏み出しやすくなります。
真面目な人ほど決めたら確実にやらなきゃと考え、それゆえに行動が慎重になります。
「小さな決断や行動を積み重ねる」ことで、大きな決断ができたり、大胆な行動に踏み出せたりします。

2.なんでも「仕掛かり中」作戦
「今、このタイミング」で、「今の自分が決められること」を「小さく決断(仮決定)」をしましょう。
仮決定の内容を具体的に言えば、スケジュールに予定を入れる、お店に電話して予約を入れる、などです。
ある決断や行動を「仕掛り中」にしてしまえば、脳はそれを覚えておくことができます。
「誰かを誘う」「メールで問い合わせをする(相手からの返信待ち状態にする)」など、意図的に仕掛り中にしておくことで、次の行動は自然にリマインドされます。
まずは初手を指す。仕掛り中状態にする。

モチベーションカーブ
本が好きな人の中には、読まないまま長期間積んでおく「積ん読」本を解消したいという悩みを持っているケースが多いでしょう。
なぜ「積ん読本」が増えるのでしょうか? 
私の場合、本棚に未読本が溜まっていく大きな原因は、買った時の「読みたい!ワクワク感」が冷めてしまうことでした。読みたいと思って購入するときと、実際読むときのタイムラグが原因となるのです。
そして、新しく本を購入しても、他の「積ん読本」に手を付けず、新しい本のページをめくることに後ろめたさを感じ、また「積ん読本」が増えていくのです。いわゆる悪循環です。
そこで一計を案じ、書店で買ってその興奮とともに一気に読むようにしたら、どんどん本を読むことができるようになりました。
一心不乱にワクワク感をドライブにして読めるのは、買った当日、届いた瞬間です。
買った瞬間せっかく今あるモチベーションを利用して読まない手はありません。
読書を後回しにするのはもったいない。
時間とお金をムダにしてしま本が好きな人の中には、読まないまま長期間積んでおく「積ん読」本を解消したいという悩みを持っているケースが多いでしょう。
なぜ、積ん読本が増えるのでしょうか? 
私の場合、本棚に未読本が溜まっていく大きな原因は、買った時の「読みたい!ワクワク感」が冷めてしまうことでした。読みたいと思って購入するときと、実際読むときのタイムラグが原因となるのです。
そして、新しく本を購入しても、他の「積ん読本」に手を付けず、新しい本のページをめくることに後ろめたさを感じ、また「積ん読本」が増えていく。
これまた悪循環なのであります。
そこで一計を案じ、書店で買ってその興奮とともに一気に読むようにしたら、どんどん本を読むことができるようになりました。

yjimageMWQP7Q3T
これと正反対なのが「服」です。
私が「服」を買う時は、なにかのイベントで着ていこうと思って買います。
したがいまして「服」だけは、箪笥の肥やしになることはないはずなのです。
しか〜し、ワクワク感で「服」を買うものですから、そさそれ以外のイベントの時は妙に上滑りして着ない事があります。このような「服」は最終的には箪笥の肥やしなってしまう場合があります。
要はワンナイトカーニバルになってしまうのです。
「服」だけは極力普段使いのモノを買おうとしているのですが、なかなか難しいのであります。
で〜も、これが私にとっての「服」を買う楽しみなのであります。


Brave Kid Saves Little Girl's Life


IMG_1874
今日は夏の驟雨が路面を強くたたく神田に出没です。
今日のお店は讃岐うどんの行列店「野らぼー」錦町本店さんです。
店名の「野らぼー」は、方言で「野良くらぼー」と言い、野良仕事もしないで遊んでばかりいるなまけ者の意味だそうです。うどん(食事)を食べる時ぐらいは仕事を忘れてのんびり食べて頂きたい意味を込めて名付けられたそうです。

住所: 東京都千代田区神田錦町1-8-11 パシフィック錦町ビルB1
電話:03-3295-5121
定休:日曜日・祝日

IMG_1876
お店の外観です。

IMG_1879

IMG_1878
店内の雰囲気です。

IMG_1877
メニューです。

今日のオーダー「野らぼーうどん」@800円です。
このお店は6年ぶりです。
店内は驟雨のせいか雨宿りの酔客ばかりでした。
待つこと6分で「野らぼーうどん」の到着です。

IMG_1881
見た目、ゲゲゲの鬼太郎の「目玉オヤジ」みたいです。
それでは実食です。
流石に讃岐うどんの名店ですので、出汁、うどん共々美味しいです。
しか〜し、想定内の味でサプライズはありません。
で〜も、瀬戸内伊吹島産煮干しの天麩羅は格別です。
この煮干し美味しいです。
噛みしだけば噛みしだくほど味が深まります。
絶妙な味です。
後半、ツユを吸って天麩羅の衣がヤワヤワになりますと、尖がっていた味がまろやかな味に変貌します。
これまた美味しいのです。
これは食べる価値があると思います・・・

それでは(^_-)

神田 トリッペリア ミア 8th

今日は「Coming together is a beginning; keeping together is progress; working together is success.」です。
前回、計画を立てるのが好きと書きましたが、唯一計画を立てなかった大事な事があります。
それは結婚です。
今の奥様とは通算しますと四捨五入して約40年の付き合いですから、人生の3分の2以上一緒に暮らしたバディ(相棒)であります。
しか〜し、その出会いから結婚までは成り行きでなされました。
無計画でなかったのですが、最後は色々なことが重なり華燭の典へと相成ったのです。
大学生時代、正しく申せば今の奥様と付き合う前は、女性からの秋波の数は夥(おびただ)しいものがあり、所謂モテオでありました。

1-2-4
当時の私は派手で明るいデブキャラが好きで、取り巻きの女性もその手のタイプが多かったのですが、なぜか結婚した奥様はまったく違うのですね。
これが不思議なのです。
計画を立てるのが好きな私が好みとは異なる女性と結婚するというのは、今、もって不思議は不思議なのですが、でもこれって男性なら同じ経験をされていると思います。
で〜も、これって、家庭を創る上では必須のような気がします。勿論、今の奥様が嫌いで結婚したわけではありませんので、その点はよくよくお含みおきいただきながらお読みください。
私に限って申せば、私の好みのタイプというのは私のミラーリングなのですね。
従いまして、良い時は良いのでしょうが、反目に廻ったときは何の抑止力も効かなくなりますので、そこをシクッスセンスが不安に思ったのでしょう。
要は、好きなタイプと結婚しますと、牽制機能が働かないのです。
北朝鮮のような一種の全体主義になりますので、困難の時に共倒れになるのでしょう。
さら〜に、種の保存の観点で申せば、違う個性の血が混じった方が良い子供が生まれる可能性は高いでしょう。
我が家の子供を蕎麦で例えれば、蕎麦、つゆの味わいは同じですが、そのトッピングはキツネとタヌキ程ちがいます。これが同じ性格のモノ同士が結婚すると、トッピングまで似てくる可能性があります。

o0384029510822175648
纏めます結婚とは、出会いは始まりであり、寄り添うことは前進であり、共に歩むことは実りであるのだと思います。愛の量が一定であるとするならば、昔TVCMで大原麗子さんが言われた通り「少し愛して長〜く愛して」の夫婦が宜しいのではと思う今日この頃であります。


演芸パレード 清水ミチコモノマネ6連発。



IMG_1752
今日は神田に出没です。
今日はウサギになりたい気分です。
今日のお店は「トリッペリア ミア」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-5 310ビル 2F
電話:03-5244-5733
定休日:日曜日・祝日

IMG_1753
お店の外観です。

IMG_1760
店内の雰囲気です。

IMG_1757
メニューです。

きょうのオーダー「トリッパ、こうや豆腐のごまだれ和えサラダ&ジンジャーエール」@900円です。
今日も満席です。
スゴイ人気です。
IMG_1761
待つこと8分で「トリッパ、こうや豆腐のごまだれ和えサラダ」の到着です。
赤と白と緑のコントラストが良いですね。
それでは実食です。
トリッパ美味しです。
加えて箸休め的なこうや豆腐もよいアシストです。
全体をとおして申せばごまだれが味を引き締めています。
ご機嫌な味わいで結構でした。

IMG_1763
時間差でバケットの登場です。
カリッと焼けたバケットに溶けたバターが香ります。
美味しいです。

IMG_1762
今日は窓側の席でしたので炎天下の往来を灼熱の太陽にうたれながらうつむいて歩いている人並みを見ながら冷たいジンジャーエールを口にしておりますと、ブルジョア的なほくそ笑みが浮かんできました。
30分後は我が身にも起こる事なのに・・・

それでは(^_-)

神田 内神田うてな 4th

今日は「計画を立てる」です。
豊田真由子
豊田真由子さんの友人である田中絵里緒さんは、豊田真由子さんと私とはともに、私立桜蔭中学校に1987年4月入学、同高校を1993年3月に卒業し、東京大学文科一類にともに1993年4月入学、同法学部を1997年3月卒業で同じでした。
彼女は、東大合格を目指して、高校3年生で受かるには、今、何をすればいいかと前倒しでキッチリコツコツやっていくような人だった、と明かした上で、今回の暴言が運転中の秘書が目的地への道順を間違えたことに対してのもので、私はこんなに考えてやったという、豊田さんみたいなコツコツキッチリタイプの人には、つらいと思う、と分析していました。
個人的には、今年の流行語大賞は、このハゲ!違うだろ!になるのではないかと思っています。

16002965_10154988408829066_3541142085407768709_n
この田中絵理緒さんという方も変わっていますよね。
東京大学卒業後ニートということですが、田中絵里緒さんは卒業と同時にできちゃった結婚をされています。
お相手は5歳年下の天才韓国人男性で、株式会社クララオンライン執行役員を務めているエリート社員だそうです。
しか〜し、その後、離婚、再婚、離婚と2度の離婚を経験して、現在はなんと6人の子供を持つシングルマザーなのです。余談ですが、見事なシックスパックのお腹ですね。
だからエクスポージャー(公開)したのでしょう。

閑話休題
今日のフリネタは計画を立てるですが、実は私は豊田さん同様に計画を立てて、それに向かってコツコツと向かっていくのが好きなのです。
特に好きなのは、イベントの企画です。
私の現在のレギュラーオーガナイザー(イベントの仕切り)は、大学のテニサーの飲み会、高校の体育会の飲み会、家族の誕生日の設営、奥様との旅行等々、それ以外にも会社の若い女子との飲み会とかなりの数をこなしています。特に奥様との京都旅行は、今年の秋も行くとしたら、いままで春秋は必ず訪れておりますので連続且つ通算で22回目になります。
特に京都は企画書を作って、奥様と内容を詰めていますので、かなりのパワーをかけております。
正直、計画を立てるのが好きなのです。
行く店は、あそこだろう、ここだろう、料理はどうする、イベントのコンセプトはこれでいこうとか、悩みながら決める事は枚挙にいとまがなく、こんなに楽しい事は他にはありません。
特に、飲み会のグループによっては当然のことながら好みがちがいますので、そのグループのそれぞれの喜ぶ顔を想像しながら、ゲームプラン(作戦)を考えるのは大苦労ではありますが、それの引き換えとしての、喜んでいただいた時の達成感は筆舌に尽くせません。

IMG_1738
ちなみに直近のイベントは奥様の誕生日祝いです。
今回のテーマは「東京タワーの夜景を楽しむ」をテーマにしました、ハイ。

特に大きな目標から逆算をして、具体的で実現可能な小さな行動目標や計画を立てるのは、目標を成功裏に終わらせる最大の秘訣であります。
特にこのようなイベントは、予定参加者のドタキャンやその裏返しに突然の参加即ちトッサン等予想外のことが起きることもあります。そうした予想外のことが起きた時に、どのようにして解決するのかが私の腕の見せ所であります。
クリティカル(予断を許さない状況)になればなるほど、解決したときは、まさに自分のことをほめてやりたい、みたいな気持ちになります。
「コツコツ地道に花開く」は私の好きな言葉の一つであります。
たしか英語のRISKはスペイン語の「海図なき航海」から派生したと聞き及んでいます。
行き当たりバッタリの暮らしは、何の感動も産みませんよ・・・


北野武×志村けん タップダンス×三味線で奇跡の共演!



IMG_1742
今日は神田に出没です。
今日のお店は、私の最近のお気に入りのお店です。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_1743
お店の外観です。

IMG_1745
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、かつお炙り、とうもろこし茶わん蒸し、煮しめ(丸茄子、里芋、人参、椎茸)、枝豆しらすご飯、味噌汁、漬物です。

IMG_1746
待つこと9分で「日替わり定食」の到着です。
今日は、ビジュアルが良いですね。
それでは実食です。

IMG_1747
まずはかつお炙りです。
掛け値なしに美味しいです。
本場高知で食べたのと比べると力負けしていますが、東京でこれだけおいしいカツオの炙りを供することころはないでしょう。良い目利きをされています。

IMG_1748
次に煮しめ(丸茄子、里芋、人参、椎茸)です。
これは鐵板の味で揺るぎない美味しさです。

IMG_1749
そして枝豆しらすご飯です。
枝豆とシラスって合うのですね。
これは組合せの妙での美味しさです。

白眉はとうもろこし茶わん蒸しです。
ビュジュアルが平凡でしたのでパチリしなかったのですが、このような美味しい茶わん蒸しをいただいたのは始めてです。まさにアメージングです。
とうもろこしの甘さをいかんなく引き出しているこの茶わん蒸しはまさに5花丸です合格合格合格合格合格

それでは(^_-)

神田 内神田うてな リターンズ

今日は「新謙譲語」です。
近所のカナダ人との雑談です。
日本語検定
折角、日本に来たので日本語検定で〜も受けようかな、と言ったので、何級受けるの、聞き来ましたら、5級と言ったので、5級と言ったら小学校卒業程度だよ、と言いましたら、自分の日本語の能力からしたらそんなもんだよ、そんな事をいう前に、△△だって英検1級狙っているんだろ。そっちこそ先に取ったら、と返されました。
英検1級は、二次試験の面接が難しいの、とかわしてからフェイドアウトさせたのです。

5級
家に帰ってネットで日本語検定5級を見ましたら、それなりに難しいのですね(笑)
閑話休題。
彼が申すには、もし日本語に漢字がなければ、もう少し親しみが湧くのだけれども漢字がやっかいだよな。
文字がカタカナだけならなぁ、とぼやいています。
さら〜に、オジイサン、オバアサンだよ問題なのは、と言いますので、どういう事なのと聞き返しますと、私の妻は、オトウサン、オカアサンと両親の事を呼ぶのだけれど、甥っ子が呼ぶと、オジイサン、オバアサンに変わるし、というので、それは英語だって一緒じゃないの、と返すと、妻は兄を呼ぶときは、アニキだけれど、私がその兄を呼ぶときは、アニキでは駄目でオニイサンと呼べと言われるし、わけが分らないよ。
そうそう最初の頃、オトウサン、オカアサンは、カナダ同様に、ダッド、マムと呼んでいたら、「ダッド」は「だけど」に聞こえてしまうので、妻からは、使うのは止めて、となぜか怒られるし・・・難しいよ、日本語はね、と今度はため息をついていました。
家では英語で話しているだろ、と聞きますと、日常会話は英語で済ませているけれど、彼女の場合はオーストラリア留学の時の一年間で覚えた英語だから、細やかな感情の機微はうまく話せないんだ。
勿論、それなりの英語は話すけれど、おのずと限界はあるよね、ですと事程左様に国際結婚は難しいのです。
アニ、細かいことで揉めないからいいんじゃないの、と慰めますと、それには答えず、最近妻から、日本に来て長いのだから、日本語覚えなきゃ。その証明の日本語検定受かるまで、家での会話は日本語よ、という事で最近、家での会話は日本語になったんだ。
いいか△△、私はまだ検定5級には受かっていなんだよ。
という事は小学校低学年の日本語しか話せないんだ。
ストレスたまるよね、と最後は自虐的な話になってまいりました、ハイ。
というかこれを日本語でなく英語で聞いているこっちの苦痛も考えてよ。
こっちだってストレスが溜まっているんだから(笑)

ちょっと前フリが長くなりましたが、今日のフリネタは新謙譲です。
この間、ファミレスの隣の席で、海外から日本に転勤になった外国人女性に、日本人の同僚が日本語を教えていました。彼女は、日本に転勤になるくらいなので、日本語はそれなりに話せて且つ発音もきれいなのです。
その同僚がいうのには、日本人は相手によって、日本語の表現を変えるんだ。
例えば、△△は、まだ日本語がそんなにうまくないよね、それを日本人特に目上の人にいう時には、私の日本語はまだまだ下手くそです、っていうんだ、これを謙譲語っていうの。それ以外の人には、私の日本語はヘタです、とへりくだっていうんだよ、と言っておりました。
ちょっと待て、そこの若い日本人!
下手くそというのは、若くて技能や経験に乏しい人をあざけっていう表現なので、自らの事をいうものではないんだぞ、と大きな声で喝を入れたくなりましたが、私も最近大人です。
ただただ呆れておりました。
教える人も教わる人もの一席でありました。
お後が宜しいようで・・・


まるでゾンビ?



IMG_1653
今日は炎天下の神田に出没です。
日本橋から大きな声で電話をしながら歩いてきたので熱中症になったみたいです。
熱中症で死ぬ前になにか美味しいものを食べなければと思い今日のお店に向かいました。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_1654
お店の外観です。

IMG_1658
店内の雰囲気です

IMG_1656
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、太刀魚と丸茄子の香味焼き、お刺身二点盛り、ホワイトアスパラ豆腐、枝豆、玉蜀黍、炊き込みご飯、味噌汁、漬物です。

IMG_1659
待つこと9分で「日替わり定食」の到着です。
見た目、目に訴えるものがありません。

IMG_1660
まずは「太刀魚と丸茄子の香味焼き」をいただきました。
美味しいですが、味が分ってしまいますね。
個人的には太刀魚のしっとりした脂を味わいたかったのでした。

IMG_1661
お刺身は石鰈と蛸です。
夏に白身魚は珍しいですね。
石鰈は身がしっかりしていて美味しいです。
蛸もご機嫌な味でした。
熱中症の影響もあり、なにか今日はの料理は今一つでした。
まだまだ美味しいものを食べたいので、熱中症なんかでは死ねません、ハイ。

それでは(^_-)

神保町 キッチン南海 4th  

今日は「タクシー異聞」です。
タクシーに乗っていて遅れてしまった場合、追加の運賃を乗客が支払う。
しかしその一方で、鉄道に乗っていて遅れてしまった場合、一度払った特急料金をJRが返してくれる。
同じように遅れているのに、どうして対応が正反対なのだろうか。
タクシーの遅れは道路混雑が原因なのだから、払い戻す必要はないというのはわかるが、だからといって逆に乗客から追加で運賃を取るのは納得がいかない気がする。
しかし、混んだ道路を通って混んでいる目的地に向かうという選択は乗客がしている。
従って、混んだ道を通って混んだ目的地を指示する乗客は、空いた道を通って遠い目的地にタクシーを走らせ、運賃をどんどん稼ぐというタクシー運転手の選択肢を奪っていることになる。
このときの機会費用は、空いた道を通って遠い目的地に向かったときに得られるはずだった運賃収入である。
したがって、機会費用を発生させているのは混んだ道路を通って混んでいる目的地を走るように指示した乗客であり、機会費用を負担するのはそのタクシー運転手ということになる。
そんなわけだから、タクシーに乗ってたまたま渋滞にはまってしまい、メーターがどんどん上がっていくときには、「タクシー運転手さんの稼げる機会を奪ってしまったのだから仕方ない」とあきらめるしかない。
ま、あまりあきらめにはならないだろうが
「なぜ混んだ道で余計にタクシー運賃を払うのか?」東京女子大学現代教養学部教授竹内健蔵氏著より転載

1454640375_photo
この論文はメイクセンス(道理にかなっている)ですね。
ただし納得はできませんが(笑)
仕事柄よくタクシーに乗ります。
別に楽をしようとしているのではなく、いつも分刻みに働いていますし加えてタクシーには電車と違って乗り換えがないので自動車内で落ち着いて仕事ができますので、重宝しています。
そうなのです、私は巷間でいうレギュラーカスタマーであります。
とことろで、最近、タクシーの運転手さんは昔と違って礼儀正しくなりましたね。
その点で申せば、魚津(富山県)のタクシー運転手さんは、日本で最高ではないでしょうか。
タクシーに乗りますと、まずは、本日はご利用いただきありがとうございます。
私は運転手の△△です。
車内の温度は大丈夫でしょうか。
暑い寒いがありましたら、調整いたしますのでお気軽にお申しつけください、とまるでホテルマンみたいな応答です。
これには感激です。
さら〜に申せば、魚津の運転手さんは今のところ100%妙齢の女性の運転手しかお会いしていません。
その一方で、感じの良くない運転手さんは、今までのところ1人だけです。
勿論、東京近郊限定ですが。
これだけ乗っていて1人だけというのは、やはりサービスが向上しているからなのでしょう。
若い時はよく運転手さんとは口論になったのですが、タクシーの運転手さんはガチ喧嘩が強いという、椎名誠先生の実録小説を読んでから、寸止めで止めるようにしましたし、最近では全くそのような事はありません。

UBER
日本でもUBER(ウーバー)が始まりました。
Uberとは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリです。日本では2016年5月26日、京都府京丹後市のNPO法人がUberの仕組みを採用して、一般人による有償旅客輸送を開始しています。
東京でも利用できます。
要はタクシーの民間配車サービスです。
一番のメリットは、乗車を終了すると、乗客は5段階評価で乗車体験を評価するように求められます。
これにより、サービスの悪い運転手は駆逐されますし、好みの運転手を登録する事ができるのです。
Uberも次のようにお願しています。
ドライバーの評価を行い、今回のご乗車に関する匿名のフィードバックをお願いします。
お客様の協力により、Uber はすべてのご乗車を五つ星のクオリティーでご提供できるように努めています。
世界的に見て日本のタクシー運賃は高いのです。
その一方で、日本の運転手の給与体系は決してよくありません。
独逸、中国みたいに労働者(運転者)に低賃金労働を強いているのに運賃が高いのは、タクシー会社の利益搾取に他なりません。
このまま旧態依然の経営をしていますと海外みたいにUberに呑みこまれますよ。
余談ですが、G20ではくだんの独逸のメルケル首相は、突出した黒字は低賃金の恩恵と言われていました。
実際、独逸の昨年の賃金上昇率はわずか2.3%で、それまでの2年間より鈍化しているのです。
いずれにしてもタクシーのサービスが良くなってきたのはご同慶の至りです。
加えてUberが普及すれば運賃も安くなりますよ。
頑張れUber!


一瞬で消えた! スイカの早食い。



IMG_1635
今日は猛暑の神田神保町に出没です。
今日のお店は元祖カツカレー「キッチン南海」神保町店さんです。

住所: 東京都千代田区神田神保町1-5
電話:03-3292-0036
定休日:日曜・祝日

IMG_1636

IMG_1637
お店の外観です。

IMG_1641
店内の雰囲気です

IMG_1638
メニューです。

IMG_1640
調味料の面々です。

今日のオーダー「クリームコロッケ、しょうが焼き(ライス半盛)」@750円です。

IMG_1643
待つこと7分で半盛ライスの到着です。
どこが半盛やねん(笑)

IMG_1644
当然のことながら、福神漬けで日の丸ライスにします。

IMG_1647

IMG_1648
待つこと9分で「クリームコロッケ、しょうが焼き」の到着です。
見た目、ジャンクな雰囲気を醸し出しています。

IMG_1650
これもこのようなお化粧をします。
それでは実食です。
あれっ、今日はしょうが焼きは作りたてですね。
熱いですもの。
うん、冷めたしょうが焼きもそれなりに味わいがあるのですが、やはり肉料理はできたてが美味しいですね。
肉が柔らかいです。
ここのクリームコロッケは、牛乳、生クリーム、コンソメの配分が絶妙ですね。
味わいが深くて美味しいです。
しいて瑕瑾を申せば火が入りすぎです。
衣が硬くて口内がザワザワします。
それでも昭和の洋食は、私の心をゴム毬のように弾ませます。
満足な洋食でした。
ご馳走さまでした

それでは(^_-)

続 神田 内神田うてな

今日は「死体は生ゴミ」です。
日本における仏教徒は、ウィキペディアによりますと約8,470万人います。
日本の人口が1億2674万人(2017年6月1日現在)ですから、約3分の2が仏教を自らの宗教としているのです。
日本の仏教徒の多くは、仏教そのものを葬式仏教と錯覚しています。
加えて、私の尊敬する司馬遼太郎先生は、以下のように仏教を腐しています。
俗人が死んだら、これは僧になったということにして、中国名前をつけた。それを戒名と言ったわけです。
だから、中国人の名前をお坊さんがつけられて、それを戒名にして喜んでいるのも、お釈迦さんと関係ないのです。
その点が、どうもわれわれは日本仏教からだまされているような・・・
あまつさえ最近は、お寺が戒名にお金を取ります。それも法外なお金を取る。
遺族は誰だってみんな中学を出ているのですから、中国人風の名前ぐらいつけられるのですが、しかしつけさせません。戒名は極楽往生するための呪力ということにまでなっているのです。
本来の仏教には絶対呪術性はないのですけれども、お坊さんが戒名をつけたほうが極楽往生のための呪術性を帯びるというのか、わざわざ生まれもつかぬ中国名前をつけていただいているのです。

5bad2654
さら〜に、その仏教徒である多くの日本人は、近隣に遺体安置所ができると問題にしています。
火葬場しかりです。
おかしいですよね、仏教徒であれば、喜んで受け入れるはずなのに、要は、多くの日本の仏教徒は、遺体を生ゴミと同じ位置づけにしているのです。
私は、そもそも葬儀に懐疑的でありました。
葬儀とは、個人を仏さまに引いて導いてくださるようにお渡しする「引導」に主眼が置かれた法要です。
葬儀は、仏さまのお弟子として戒名を授かった個人に対し、あらゆるけがれを落として必ず極楽に行くという力だけでなく、個人をお送りする遺族も護ろうという大きな功徳のある法要なのです。
ただし「極楽」は仏さまの世界であることから、引導を渡してもすぐに行ける場所ではありません。
そこで一週間に一度、七回に亘ってさまざまな仏さまが極楽に行く準備を整えて下さいます。
その最初の週が「初七日」なのです。
とこのように説明されても、ピンとこないですよね(笑)
私は、生命の倫理などをめぐる議論も、それがとても大事なものであることはわかりますけれども、深くは考えません。要は「死」というものを軽々しく扱っていると見られたくなかったら、ただただ黙ってこの旧来の儀式に従うしかないのです。

個人的には葬儀は亡くなった方の為ではなく遺族の為にあると思います。
特に急な逝去の際は、どのように悲しみと向き合ってよいかわかりません。
その為に葬儀が必要なのです。
例えば通夜の読経は、故人に対してこれから向かう「極楽浄土」とはどのようなところで、極楽に住む「阿弥陀如来」がどのような仏さまなのかを説明するか内容なのですが、誰も分りませんよね。
しか〜し、なんだか分らないお経を聞くことで、心の平静が取り戻せることはあります。
墓参の際に、もし生きていたら△△してあげられたのに、と故人の気持ちを忖度することはよくありますが、ともすればそれは自らの慰めにもなっていることはご納得いただける事かと思います。
要は、墓参も一種の「心への寄り添い(その人の悩みや苦しみ聞いてあげて 痛みを分かち合う)」なのです。
とくに日本人のセンチメントにおいてはこの儀式が必要なのであって、決して仏教を信心しているわけではないのです。永きに亘って先祖から引き継がれたDNAのなせる技なのです。
外国人みたいに、人間は死んだら生ゴミだ。死んだ人の思い出は私の心に大事にしまってあるのさ、と簡単に割り切れない理由は那辺にあるのです。


スプーン曲げのトリック大公開!


IMG_1537
今日は神田に出没です。
今日のお店は美味しい和食が食べたくて向かいました。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_1528
お店の外観です。

IMG_1531
店内の雰囲気です

IMG_1529
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、鯖味噌煮、お刺身二点盛り、丸茄子青菜浸し、玉蜀黍、新玉葱ご飯、味噌汁、漬物です。
IMG_1533
待つこと2分で「日替わり定食」の到着です。
見た目、美味しそうです。

それでは実食です
IMG_1534
まずは「鯖味噌煮」です。
うん、鯖臭くなくふっくらと炊けています。
味噌がまろやかですね。
多分、今まで食べた「鯖味噌煮」ではここが一番おいしいです。

IMG_1535
続いてお刺身二点盛りです。
蛸と平目ですか。
これも美味しいです。

IMG_1536
玉蜀黍(たまねぎ)、新玉葱ご飯は、歯触り、甘さ共々美味しいです。
このお店の店主は「なだ万」で修行されたと聞き及びましたが、やはり「なだ万」で培った腕のサエはすごいですね。

それでは(^_-)

丸の内 きじ 7th

今日は「セブンティーン」です。
2014052000004_2
日本人に一番の衝撃を与えた17歳の若者は、山口二矢(おとや)さんです。
山口二矢さんは、日本の右翼活動家、民族主義者および反共主義者で、1960年(昭和35年)10月12日に発生した浅沼稲次郎暗殺事件の実行犯であります。
1960年(昭和35年)10月、政党代表放送で演説中の日本社会党の党首浅沼稲次郎を小刀で殺害しました。
逮捕後、「後悔はしていないが償いはする」と口にして裁判を待たず、東京少年鑑別所内で「天皇陛下万才、七生報国」との遺書を残して首吊り自殺しました。
わずか17年の人生でした。
犯人の山口さんは少年だったこともあり、この事件をきっかけに「子供に刃物を持たせない運動」が始まりました。
それにより、それまでは鉛筆削りや工作に使用されていた肥後守を始めとする刃物が子供から取り上げられ、以後続く刃物規制の始まりの一つとなったのです。

個人的には、この事件については特段の興味もありませんのでなにも語りません。
というか時代が古すぎて政治的背景が分らないのです。
しか〜し、この事件で一つだけ心に残った事があります。
それは山口少年の自殺の翌日の浅沼委員長の妻・享子さんの談話です。
山口少年の自殺は、けさ新聞ではじめて知りました。山口少年が憎いというより、むしろ気の毒な気持ちです。
17の少年にあのような思想を吹き込み、暗殺にかりたてた背後の力に対し、あらためて腹の底から憎しみが燃えあがってきます、というものです。
罪を憎んで人を憎まず、ですがなかなか言えるものではありません。
たいした人です。
ちなみに、浅沼委員長と享子さんとのなれそめは大正末から昭和に改元される頃で、当時社会主義運動に身を投じた浅沼委員長らは、享子さんが働いていた喫茶店をたまり場としていたそうです。
結婚後も恐妻家、愛妻家として知られていました。
合掌・・・

ちなみにこの事件の実録動画はかなりショッキングなので、見られる方はそれを承知でご覧ください。



IMG_1505

IMG_1506
今日は、大阪出張からの帰路、暮れなずむ東京駅に滑り込みました。
今日はライトランチでしたのでお腹がすきました。
東京に戻ってから、大阪で食べようと思っていたお好み焼きを、リベンジということで食べたくなりました。
今日のお店はお好み焼き「きじ」丸の内店さんです

住所:  東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルB1
電話:03-3216-3123
定休日:不定休

IMG_1507

IMG_1508
お店の外観です。

IMG_1509

IMG_1511
店内の雰囲気です

IMG_1510
メニューです。

きょうのオーダー「豚玉」@850円です。
IMG_1512
待つこと5分で「さんて寛皿」の到着です。
「さんて寛」という名前は、「来て」「見て」「食べて」の3つの「て」と「寛いで」が合わさった造語です。

IMG_1513
待つこと14分で「豚玉」の到着です。
見た目、茶色と緑色は合うなと思わせました。
それでは実食です。
いつも感じる生地のふんわり感と生地自体のうま味も感じられずどちらかといえば固めです。カリッと焼けた豚肉の美味しさも、今日はそれも感じられず、加えて赤囲みのオコゲが苦くて、ここは本当に「きじさんですか?」という感じです。
理由を考えたのですが、今日の焼き方は黒服Tシャツさんで、白の半袖コックコートの方ではありません。
私は特段黒服Tシャツさんを指名していません。
誰が焼いても構いませんが、いつも高品質で美味しいお好み焼きを供して欲しいと強く思うところであります。

それでは(^_-)

続 神田 すき焼ゑびす本廛

今日は「観光立国」です。
img_dd4b76f6b9498081d8529d2fbc837aa7980713
小西美術工藝社の社長であるデービッド・アトキンソンさんを尊敬しています。
今日のフリネタの大半はTVからの引用ですが、彼のすごさを感じ取って頂ければ幸甚です。

アトキンソンさんは、文化財こそ観光立国の切り札としています。
日本の観光業のGDPに占める割合は、世界平均9%に対して、日本は2.3%と平均を大きく下回っています。
アトキンソンさんは、観光業以外に伸びしろのある成長産業は考えられないとしています。
地方再生として観光業は、最高であり実際にはそれほど難しくありません。
衛星をつくる、リニアモーターカーをつくることに比べたら難しいものではありません。
日本の素晴らしい文化財や自然を整備すればいいのです。
人を呼んで泊まってもらっておいしい食事を食べてもらう。
暑い夏や冬の景色を見てもらう。
高度な技術など必要ありません。
観光業のGDPに占める割合世界平均の9%に持っていくだけで毎年38兆円の経済効果があり、雇用は400万人くらい増える、としています。

近年、インバウンドの観光客が増えています。
彼らは自国においては暇なお金持ちですので海外には暇つぶしに来ています。
従いまして、滞在時間の長い観光施設が好まれるのです。
京都で申せば半日から丸一日つぶせる伏見稲荷は、長く滞在できる観光施設という事で人気になっています。
伏見稲荷のような広大な敷地が用意できないところはイベントでそれを補えば良いとしています。

文化庁は文化財を修学旅行の延長線上のものとして考えています。
要は学生ですから、訪れる施設の歴史的な背景は知っており、従いその説明は極めて形而上的な施設の説明が多く、始めて訪れる外国人観光客には極めて不親切になっています。
その案内板を外国向けに大きく且つ歴史的説明を外国人向けにわかり易く且つ興味のあるものに変えるべきだとしています。日本の文化財は、修学旅行学生対象ですので、従来は安い値段で見せてやる的な上から目線的に施設が管理されていました。
それがおかしいとか、おかしくないとかの問題ではなくて、人口減少時代に変わったこと、でそれに即したやり方に変えなければならないとしています。
人口が減ったので、国民が一回しか行かなかった文化財を2回、3回、4回と何回もリピートで来させれば良いのです。

世界的に安い日本の拝観料も問題にしています。
所謂「600円問題」です。
海外の平均の移管料は1,891円ですが、それに対して日本は@593円です。
人口減少が進み、国家財政が疲弊している中、安い拝観料を維持することで社会に貢献しているのだ、という偽善行為は、本質から目をそらしてものとしています。
速やかに拝観料は世界標準にすべきだとしています。
一朝一夕にできないのであれば、例えば二条城であれば、庭だけの拝観、御殿に上がる拝観、ガイド付きの拝観、パーソナルガイド付きの拝観のようなサービスに応じた商品を作り収入増をはかるべきです。
そして日本国税金を払っていない外国人には速やかに世界標準料金にすべきだとしています。

個人的には、最後のパラグラフの「600円問題」は承知していませんでしたが、観光業のGDPに占める割合世界平均の9%に持っていくだけで毎年38兆円の経済効果があり、雇用は400万人くらい増えるというくだりはまさに刮目ものであります。
知識を世界に求めおおいに皇貴を振起すべし、は1868年に明治天皇が「五箇条の御誓文」で示した新政府の基本方針ですが、このような事例をいうのだなと改めて思い知らされました。


ドッキリで本当に起きたアクシデント



IMG_0507
今日は淡路町に出没です。
今日のお店は「すき焼ゑびす本廛」さんです。

住所: 東京都千代田区神田多町2-5-1 1F
電話:03-3254-9229
定休日:日曜日・祝日

IMG_0509
お店の外観です。

IMG_0514
店内の雰囲気です。

IMG_0510
メニューです。

今日のオーダー「牛すじ肉豆腐」@1,060円です。
IMG_0512
待つこと1分で威風堂々のお水が参りました。
どこから見ても見事なお水です。

IMG_0515
待つこと5分で「牛すじ肉豆腐」の到着です。
見た目、ジャンクぽい様相です。

IMG_0516
それでは実食です。
天かすをかき分けますと牛スジが出てまいりました。
一口噛みしだきますと、トロトロではありませんか。
脂分が過不足なくのっています。
これは美味しいですね。
割下も私の好きな濃さです。
お店自慢の越後屋の焼き豆腐も美味しいのですがそれを凌駕するのがトロトロの常陸牛の牛スジです。
思わず、こりゃ美味いわ、というセリフが口からこぼれてきました。
お値段は@1,060円と少し高いのですが、トロトロの牛スジに免じて「良し」としましょう。
美味しゅうございました。

それでは(^_-)

神田 トリッペリア ミア 5th

今日は「酒乱美女」です。
liquor_drink
4月になりましたので部の決算の打ち上げがありました。
珍しく部門長もやってきてにぎにぎしく打ち上げの宴が始まりました。
私の会社は仕事柄からかアグレッシブなところがあり、このような飲み会ではかなりハジケます。
特に女性がハジケるのです。
最近、そのハジケ方の伸張著しいのが4月で二年目を迎えた女性一般職です。
最初は、お酒が飲めないという触れ込みだったのですが、半年たった頃からその肩書を外したのを境にかなりの大酒飲みである事が判明しました。
誤解があるといけないのですが、酔っ払うとふるまいが下卑たり莫連になったりするのではなく、おしとやかな物言いなのですが、その内容が厳しいのです。

会が始まり一次会では穏当だった物言いは、二次会ではそのキレ味を見せ始めました。
まずその矢が刺さったのは部門長です。
その部門長に対して彼女は言うに事を欠いて、部門長がこられますと部内の雰囲気が暗くなります。
明るくふるまえないのであれば、我が部に来ないでください。
どうして明るくふるまえないのですか、と切り込んだのです。
部門長はその問いかけに対して目を白黒させながら、そのように思われていたとは驚きだな。
そんなに暗いかなぁ、と内省的な発言でかわしますと、その自覚がない事が問題なのです、と瞬時に一刀両断です。
yjimage5NKVPS30
さら〜に、同期の男子にいつも厳しい教育をしている定年間近のベテラン管理職には、加藤さん!文也(同期男子の名前)にはもう少し手加減して下さい。厳しすぎますでしょう、とこれまた一刀両断なのです。
言われた加藤さんとは瞬間湯沸器の異名をもつ人間なので、その爆発から周りはそれなりに気を使って接しているのですが、その彼によくぞ切り込んだものです。
言われた加藤さんは、実際にその通りなので、反論すらできず、開いた口が塞がらずハフハフと酸素が足りない金魚のような過呼吸状態になっていました。

takahatamituki-10-a
私はこれを見ていて、美人な女性は得だな、強く思った次第なのであります。
このような美女にはいくらショートテンパーの彼でもキレることはできないでしょう
実際、彼女の相貌は彼女の大学の先輩である高畑充希さんを肉感的にした感じで、このような発言をせず黙っていれば、どこから見てもモデルです。
加えて、仕事はできるし、気配りもできるので、社内での評価はうなぎ登りに上がっていっているのです。
二次会が終わったので我が部はこれでお開きがお約束です。
ところが、彼女は若手社員の3次会の誘いに手を上げ、女性では唯一3次会へ参加したのです。
私は立場上、女性なので3次会では早く返せよ、と厳命しておきましたが、次の日にその後の動静を確認しましたところ、最終電車で帰ったものの、寝過ごしてしまったそうです。
所持金がないので、父親に電話して迎えに来てもらい、家に着いたのは2時半だったそうです。
それから化粧を落としてお風呂に入り床についたのは3時過ぎだったみたいですので、4時間弱睡眠にもかかわらず、翌日、私の次に朝早く出社してきたのです。
しか〜し、その表情には二日酔いの痕跡は露ほども見られずケロッとして仕事に就いていました。
個人的には、業務に支障がないのであれば「斗酒また楽し」という考えの持ち主なのではありますが、23歳のこのうら若き女性の蛮勇を見る限り、将来が楽しみな今日この頃なのであります。


当たりはなかった?祭りくじで悪事を働く一部始終を公開です。



今日は神田に出没です。
美味しいハンバーグが食べたいという事でこのお店に訪れました。
今日のお店は「トリッペリア ミア」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-15-5 310ビル 2F
電話:03-5244-5733
定休日:日曜日・祝日

IMG_9278
お店の外観です。

IMG_9281

IMG_9280
店内の雰囲気です。

IMG_9279
メニューです。

今日のオーダー「パニーノランチ(ハンバーグ、目玉焼き、トマト、チーズ)・サラダ・ドリンク付き」@900円です。
IMG_0208
待つこと9分でパニーノランチの到着です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_0209
まずはファーストバイトです。
うん、これは美味しい。
ハンバーグ、目玉焼き、トマト、チーズというのはハンバーグ最強のコンビネーションでしょう、不味いわけはありません。特に今日のハンバーグはジューシーで美味しいですね。
所謂、鐵板の味です。
大満足のランチでした。

それでは(^_-)

交通会館 四条富小路 麺屋虎杖

今日は「日本最強の苗字」です。
日本最強の苗字は「山田」さんだそうです。
「山田」さんは、一般的な名字の一つで日本を代表する姓であります。
平凡な名字の代表として知られています。
その代表的な名前と申せば山田太郎さんです。
古くは私の中学の同級生の西川君のオジサンである芸能プロダクション「新栄プロダクション」社長である山田太郎さんがいます。山田さんが歌った「朝刊太郎」は大ヒットして、この曲で紅白歌合戦に初出場して以来連続で三回も出演しています。
074-00132-0135
その後に続く山田太郎さんと申せば野球漫画「ドカベン」シリーズに登場する人気キャラクターです。
ちなみに彼のポジションは捕手で右投左打です。
新潟県新潟市旭七ヶ町生まれの神奈川県横浜市育ちの甲子園出場選手です。
鞄の中にご飯だけを詰めたでっかい弁当箱(ドカッと大きいドカ弁)を入れていたことからドカベンのあだ名がついたのです。
山田姓が日本で周知したのはこの漫画の影響が多いと思います。
ちなみに、山田姓は全国で12番目に多く、2,017,604世帯で約83万人もおられます。
全国に平均的に分布していますが特に西日本に山田姓は多いそうです。
山田さんの地名は、全国に2,000か所存在しています。
よく役所で名前を書く時に、山田太郎、山田花子の記入例を見たような感じになっていますが、その率は約1%以下(正確には0.9%)でこれを世の中では「都市伝説」と申します。

山田姓がなぜ強いかと申しますと、山田と呼べば、明るく前向きな感じがします。
要は「ヤッホー」に近いものがあり、そこに山田姓のすごさがあります。
山田姓はYAMADAとすべて母音で構成されており、その為に口を大きく広げて発音されます。
これを言語学では音声の放射状態が良いといいます。
さら〜に、「や」は「い」から「や」になるように発声するのでストレスがありません。
さら〜に、「ま」は口唇破裂音と申して唇の刺激がなく発音できるので楽しいのです。
赤ちゃんが始めてしゃべる「ママ」は発音して楽しいから覚えるみたいです。
さら〜に、「だ」は華麗なるフィナーレを表す歯茎破裂音です。
例えば、これでいいのだ、のような言いきりです。
纏めますと「い〜や」ではじまる「や」を起承とし「ま」を転として「だ」を結としますとこの苗字はなな何と起承転結で構成されているのです。
即ち山田とパンダは皆が口にだして言い易い完成された名前なのです。
これが山田最強伝説の理由であります。
ちなみに私の苗字はかなり難しくて小学校の3年生まで自らの苗字を書けずにいた為に、山田姓には怒りさえ覚えたのですが所詮苗字で戦っても勝てる相手ではなかったのですね。
本内容は、NHK「人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!【山田】」からのテープ起こしとなっています。


山田太郎と言うと、何となく「新聞少年」がデビュー曲のような気がしますが、デビュー曲は1963年の「清らかな青春」で、何と10枚目のシングルがこの「新聞少年」なんですね。



IMG_9222
今日は有楽町に出没です。
長崎ちゃんぽんのお店「桃園」の閉店の後に新店がオープンしていました。
そのお店とは「四条富小路 麺屋虎杖(イタドリ) 有楽町」さんです。

住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
電話:03-3215-3955
定休日: ランチ営業、日曜営業

IMG_9224
お店の外観です。

IMG_9227
店内の雰囲気です。

IMG_9226
メニューです。

今日のオーダー「カレー担々麺」@780円です。
店内に入りますとホールスッタフさんのオペレーションがギクシャクしています。
いまだ慣れていないのですね。
IMG_9229
待つこと4分で「カレー担々麺」の到着です。
見た目美味しそうです。

それでは実食です。
IMG_0162
スープは熱々で結構ですが担々麺的な味わいではありません。
どちらかと申せばカレーラーメンです。
麺は細麺で表面積を少なくしていますがスープにパンチがないので中太麺でも良かったように思います。
まぁ不味からず美味からずです。
無料のご飯があったのが救いです。
この担々麺は日光の手前、即ちイマイチですね・・・

それでは(^_-)

神田 内神田うてな

今日は「至言」です。
temp_04
人間が生きていくうえで大事なことは、朝、希望を持って目覚め、昼は懸命に働き、夜は感謝と共に眠る。
この気持ちだと思います、とはみんな大好き麻生太郎氏の発言です。
なかなかの至言ですね。

個人的には、英語の「He has hard work who has nothing to do」というということわざが好きです。
直訳をしますと、する事が何も無い人は困難な仕事をしている、ですか。
人は長い人生のなかでは、このようなきつくて困難な状況になる時があるかもしれません。やがて、それが良い経験となるように、自分にあった活動、学問、仕事、趣味等との良い出会いを心掛けるべきなのでしょう。
同様に「止まない雨は無い」や「明けない夜は無い」も好きなことわざであります。
私のこのことわざの解釈は少し違います。
実際、人は人生のどん底状態の時には何もする気にはならないでしょう。
このような時は、今やらなければならないこと、今ならできることを精一杯やれたならそれでいいのです。
悲しい時に、心を奮い立たせてもかえって空しくなります。
それよりも悲しい気持ちを内包しながら、やらなければならない事を粛々とすればよいのです。
人生はまさにあるがままで、抗わず、逆らわず、一歩一歩踏みしめていくものではないのかなと思っています。
人生には終わりはないのです。
その限界を創るのは単なる自己欺瞞です。
悪魔のささやきによる言い訳で、人生をあきらめて投げ出すとしたのなら、それは人生に対してあいすまぬ怠慢と言わざるを得ないでしょう
そうやって考えていれば「止まない雨は無い」や「明けない夜は無い」という言葉がすんなりと入ってくるものと臆断しています。

hqdefault
さらにもっとシンプルに、のぼってゆく坂の上の青い天(そら)にもし一朶(ひとかたまり)の白い雲がかがやいているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼってゆけばよいのです。
坂の上に至れば、自らが想像だにしない光景が眼前に広がっているはずです。
ポジティブに生きましょう。


WOW AMAZING!



IMG_9180
今日は神田に出没です。
最近、行列のできる店を発見しました。
美味しいのでしょうか。
早速並んでみました。
今日のお店は「内神田うてな」さんです。

住所: 東京都千代田区内神田1-11-5 カーサ内神田 1F
電話:03-5577-4844
定休日: 日曜日定休 祝日不定休

IMG_9181
お店の外観です。

IMG_9184
店内の雰囲気です。

IMG_9182
メニューです。

今日のオーダー「日替わり定食」@1,000円です。
定食の内容は、鯛茶漬け、鴨ロース煮、卯の花のトリュフ煮、菜の花フリッター、牛蒡胡麻酢和え、チーズカステラ玉子、漬物です。
店内で店主と常連客の話を聞いていましたら、ご主人が、このお店は予約でなければ食事ができないとの風説が膾炙しているみたいでフリーの客がこないと、こぼしていましたら、それを受けて常連客が、美味しい証拠じゃない、とかぶせていました。
それに対して店主が、それでは新客が増えないのですよ、と返していましたが、いずれにしてもこの行間を読む限りでは人気沸騰の和料理のお店なのでしょう。

IMG_9187
待つこと9分で「日替わり定食」の到着です。
ビジュアルが美しいです。

IMG_9188
まずは鯛茶漬けを頂きました。
鯛美味しです。
想像を超えた鯛の身の弾力にノックアウトされました。
さらに味噌出汁がこれまた美味しです。
この板前さんかなりの腕です。

IMG_9189
脇皿の副菜もみな美味しいです。
一つ一つ味わいながらいただきましたが、過不足のない美味しさです。
特に鴨ロース煮は秀逸です。
さら〜に、このパフォーマンスで1,000円です。
長蛇の列に納得しました。

それでは(^_-)
訪問者数

    Archives
    Categories
    記事検索
    • ライブドアブログ